searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

お天気めがねさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
お天気めがねの家庭菜園日記
ブログURL
https://mt-vegetable.hatenablog.com
ブログ紹介文
気象予報士10年目。家庭菜園は2018年夏から始めた初心者。大小様々な約50個のプランターや植木鉢で30種類を超える野菜やお花を育てています。一緒に植物と天候の不思議を科学しましょう!
更新頻度(1年)

252回 / 365日(平均4.8回/週)

ブログ村参加:2019/01/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、お天気めがねさんの読者になりませんか?

ハンドル名
お天気めがねさん
ブログタイトル
お天気めがねの家庭菜園日記
更新頻度
252回 / 365日(平均4.8回/週)
読者になる
お天気めがねの家庭菜園日記

お天気めがねさんの新着記事

1件〜30件

  • 収穫日予測の結果発表!!〜あつみちゃんトマト〜

    みなさまはこちらの記事を覚えているでしょうか… Twitterでフォローさせていただいているミニトマト農家のあつみちゃんトマトさんの企画イベント「収穫日を予測して見事当たったら、抽選でトマト2キロをプレゼント」に挑戦したことをご報告しました。 ※企画のツイートはこちら↓ 写真載せ忘れてました💦 pic.twitter.com/JdlSlU6glZ— あつみちゃんトマト@農業生産額が日本一!愛知県田原市・渥美半島のミニトマト農家 (@atsumichantomat) 2020年1月4日 予報士の私としては、「当てて下さい!」と言われると無視できず、そのイベントを知った1月9日に全力で予測しにかか…

  • 大葉・葉ネギ・マリーゴールドの鉢上げとほうれん草の種まき

    室内育苗組はどんどん成長を続けています。卵パックの子たちも、外の世界に興味津々。 こちらが種まきから約20日目のマリーゴールド。 こちらは葉ネギくん。種まきから26日目です。 一番最初に種まきした大葉(手前の4株)も、26日目ですね。 ちなみに、その他のセルには追加で種まきした大葉や、予備苗として追加種まきしたミニトマト・ナス・ピーマンがいます。(追加種まき組はまだ種まきから10日です) ちなみに、葉ネギも追加で種まきしましたが、こちらはまだ発芽待ち。 さて、卵パックやセルトレイでは少し狭くなってきたので、ポットや鉢に植え替えたいと思います。 まずはマリーゴールドからいきますか。割り箸でほじく…

  • 強風でミニトマトの葉が痛んでしまった

    昨日は久しぶりの晴天でした。気持ちが良いですね〜。 東京でいうと、約1週間ぶりの晴天です。 室内育苗中の夏野菜たちが、「おい、晴れだぞ!」と騒ぎ出したので、外に出してあげることに。 と、外に出してあげて日光浴をさせてあげたまでは良かったのですが・・・ 昨日は風がすごく強かったんですよね。 植物って、風に揺らされることで植物ホルモンが分泌されるそうです。それによって、徒長せずに茎も太くなるそうな。室内だともちろん無風なので、昨日はちょっと風が強くても、植物ホルモンのために揺らせておこうと決めたのです。 だがしかし、室内に再び取り込もうと、夏野菜の苗たちを迎えにいくと、一部の苗はグッタリ・・・。大…

  • ジャガイモの芽かきと増し土と追肥

    新型コロナが猛威を振るっています。自粛要請が続く今、自宅のベランダや庭で野菜やお花を愛でましょう。今日の主役はジャガイモくんです。 「100日後に死ぬワニ」がバズっていましたが、それをあやかって「100日後に獲るイモ」をみなさまお楽しみいただければ。というのも、ジャガイモは植え付けから100日後が収穫の目安なのです。 33日目の今日は、久々の陽の光を浴びて、嬉しそうに光合成しています。 2つのプランターで計4株を育てていますが、どちらのプランターも、1株あたり3〜4本程度の芽が出揃いました。 株元をアップしてみましょう。ご覧の通り、1つの種芋から4本程度の芽が出ています。 芽の数が多いまま育て…

  • ほうれん草とクレソンの種まき

    昨日は雪が降りました。路面には積雪しなかったのですが、植木鉢は一時的に真っ白になっていました。こちらは芽が出始めたオリエンタル百合。 写真を撮った時にはだいぶ融けちゃってました。ピーク時には真っ白になっていて、寒そうでした。。。「春だ〜!」って芽を出したのにビックリだったね。 菜園のプランター稼働率100%を目指そうということで、先日ネモフィラを撤去した鉢で、ほうれん草を育てたいと思います!!今育苗中のキンギョソウやナデシコが花咲くまでの短期間で収穫を目指すぞ。 ほうれん草のタネはこちらを使用します。 すぐとう立ちさせてしまうとお困りの方がいたら、このサンライトという品種をお試しあれ。私は、ほ…

  • ししとうの種まきと葉ネギの収穫

    (前回までのお話)五輪延期に伴い、夏の長期出張がキャンセル。お世話ができないので栽培を諦めていた「ししとう」に今年初挑戦することに・・・ というわけで、さっそくししとうの種まきです。 例のごとく、セルトレイで育苗したいと思いますが、幸いにも5つ分にカットしたものが手元にありましたのでそれを使いましょう。 底に赤玉土を薄く敷きつめまして・・・ その上に、種まき用土を敷きつめます。 しっかり水をしみこませたら・・・ 室内に戻って、セルの中央にくぼみを作ります。 そしてタネを準備。ししとうのタネは、やっぱりピーマンとそっくりなんですね! つまようじを使って、くぼみに3粒ずつ丁寧に落としていきます。 …

  • 五輪延期を受けて栽培計画を見直し!

    東京オリンピックの延期が決まりましたね。それは世界中に劇的な変化をもたらすとは思いますが、我がお天気めがね菜園においても、大きな影響を受けることになりました。 というのも、私の仕事も五輪と関わっており、今年の6〜8月に計1ヶ月ほどの長期出張が予定されていたのですが、それが全てキャンセルになったのです。出張を見込んで、夏には栽培エリアを縮小する計画でしたが、キャンセルになった今、栽培計画の見直しを急ピッチで進めています。 ちなみに、昨年も同じ時期に同じぐらい出張が続いたのですが、そのせいで水やりのできなくなりました。その結果、多くの野菜やお花たちを見殺しにしてしまったのです。 五輪が延期になる前…

  • ミニトマト・ピーマン・ナスのポット上げ

    コロナウイルスが猛威を振るう今日この頃。自粛要請に伴う食料品の買い占めなどが横行しているようですが、野菜なら自宅で育てれば買い占めなくても大丈夫ですよ(ドヤ顔) さて、そんな今日の主役はセルトレイで育苗中の夏野菜たち。だいぶ大きくなってきました!!種まきから43日ほどが経過しています。 隣の株と葉が重なり合うようになれば、もうこのセルトレイでは狭い証拠。放置していたら、より光合成しようとして間延びした徒長苗になってしまいます。(若干少し遅れた感があるが目をつぶろう) ということで、今回はポリポットに移植していきたいと思います!!まずは土作り。 赤玉土:腐葉土:くん炭を6:3:1の割合で混ぜまし…

  • 【天気コラム】気温のジェットコースター、今後はどうなる?(2020/3/26更新)

    春分も過ぎ、随分と春めいてきましたね。3月22日には、全国のトップを切って東京都心の桜(ソメイヨシノ)が満開になったようです。ただ、ここ最近の気温はアップダウンが激しくなっています。今後はどのように推移するのでしょうか? いつものように、これまでの経過を振り返りつつ、最新の気象庁発表情報をもとに、今後の天気の傾向に迫りましょう。お天気コラムスタートです(・ω・)/ 目次 過去数か月の天気傾向 この先1週間の予報 この先1か月の予報 3か月先までの予報 今年の夏の予報 まとめ 過去数か月の天気傾向 まずはエリアごとに、12月からの気温の動向をみておきましょう。 出典:気象庁「前3か月間の気温経過…

  • いちごの脇芽かきとランナーのカット

    今年初めて花芽をつけたのが植え付けから142日が経った2月19日でした。 ただ、この時期につける花芽は、立派な実にならないどころか、実をつけることで余計な体力を使ってしまうということで、摘み取りました。 そして本日。植え付けから175日目です。 にんにくも随分おおきくなりましたが、いちごちゃんも元気です。 ただ、少し気になることが。 そういえば、去年初めて育てたいちごは、もっとこの時期に生い茂っていたような…。去年の写真をみてみましょう。 2株を育てていたのですが、もっと生い茂っていますね…。 なんでこんなに差があるんだろう、と気になって調べていたら、「そもそもの芽の数が違うかった」ということ…

  • ジャガイモ、発芽がそろった!!!

    種芋を植えてから20日以上が経過したジャガイモたち。 毎日、毎日、まだかな~?まだかな~?とプランターをのぞき込んでいましたが、ようやく植え付けた4か所すべてから芽が出てきました!!! この写真の株が最も発芽が早くて植え付けから19日後でした。 なかなか芽が出てこないもんだから、やっぱり腐っちゃったのかなって焦ったよ…。 植え付ける直前の種芋、こんなシワシワになってたもんね笑 調べてみると、ジャガイモって植え付けてから発芽するまでに15~30日ほどかかるそうなので、むしろ早かった方なのかな。でもさ、1か月も芽が出てこなかったら掘り返しちゃうよね笑 ちなみに、4か所すべての発芽がそろったのは昨日…

  • ゴールドクレストの挿し木に挑戦

    我が家にやってきてから3月13日時点で485日が経過していたゴールドクレストくん。 みんなの大黒柱として、今日も玄関の横にどどーんと居座っています。 我が家のゴールドクレストは、クリスマスツリーとして大活躍してくれましたね。 そんなゴールドクレストくんですが、実は日本の高温多湿の夏は少し苦手らしい。 ただ、うちの子はかなり生命力が強い子なのか、真夏に出張で10日近く水をあげなくても枯れませんでした。それに、コガネムシの幼虫に根っこを食われて倒れた時も、見事復活しましたもんね。うちの子すごい(親バカ) とはいえ、油断は禁物。今年も真夏に2週間×2回出張する予定が入っているので、今年はもしかしたら…

  • タキイさんの球根の寄せ植え鉢が開花続々!

    今日は、タキイさんに頂いた球根の現状のご紹介です。 タキイさんの球根のほとんどは、寄せ植えにしてフェンスの裏でひっそりと育てていましたが、次々と開花が始まったので、玄関の横の目立つ位置に移動したいと思います!(下の写真は2月末撮影) 今まで玄関の横にいたのはネモフィラたちです。まだまだ満開の株も半数近くある一方、 半数の株は見頃のピークを越え、枯れてきてしまいました。 枯れてしまった子は残念ですが、処分しちゃいましょう。大往生でした。ありがとう!! そして、このネモフィラを片付けたスペースに、タキイさんにいただいた秋植え球根の寄せ植え鉢を置くことにしました。 いや〜、雰囲気が変わりましたね〜!…

  • 玉ねぎの生育の違いはpHが原因か?!

    お天気めがね「玉ねぎがうまく育たなかった時、おれァ思ったんだ。この先に、またこんな栽培が難しい奴が現れるんなら、おれはもっと強くならなくちゃ、野菜たちを守れねェ…!! おれには、強くなんかなくったって、一緒にいてほしい仲間がいるから、おれが誰よりも強くならなきゃ、そいつらをみんな失っちまう!」 玉ねぎ「…では、どうする?」 お天気めがね「力いっぱい栽培する方法を考えた。誰一人、失わねぇように…。たくさん収穫できるように…。」 玉ねぎ(こいつの頭の中で何が起きている…?) お天気めがね「おれの栽培技術はみんな、一段階進化する! ギア! セカンド!!」 まぁ、そんなこんなで、栽培技術のギアをあげよ…

  • pH測定器で土の健康診断

    ついに買ってしまいました!!!じゃじゃーーーん pH測定器(土壌酸度計)です! ずーーーっと欲しいと思っていたのですが、節約生活真っ最中で、なかなか買いたいと言い出せず。 そんな中、先日たまたまAmazon見てたら、6,930円が45%OFFの3,791円で売っていたのでこのタイミングを逃すまいと、購入に踏み切ったのでした。 裏面はこんな感じ。お手入れはサンドペーパーで金属部分を磨くらしい。ってか電池不要なんですね、どういう仕組みなんだろう。 では、さっそく酸度を測ってみましょう。土の健康診断のスタートです。 土が湿った状態じゃないとうまく判定されないとのことですが、この日はちょうど雨上がりだ…

  • 玉ねぎの葉が波打つのは病気?それとも窒素過多?

    種まきから168日が経過した玉ねぎ「アイドルじゅんこ」。 だいぶ太ってきた株もいる一方、 まだまだ細い子も大勢います。まだまだこれからが肥大する時期だと思うので、長い目で見守っていこうと思います。 ただ、一つ心配なことが。特に大きく育った株の葉っぱが、デコボコになって波打ってしまっているのです。 こちらの株も波打っています。じゅんこ、どうしちゃったんだろうか・・・? ネットで調べてみると、症状が似ている病気を発見。 タマネギ萎縮病 症状(診断) 初め葉緑がモザイク状で淡黄色に変わり、後に縦長の黄色斑が入り、紡錘状の斑入りなどさまざまな症状を呈する。症状の激しい株では、葉がへん平になり波打って奇…

  • マリーゴールドの種まき

    去年買ったマリーゴールドの種がまだ15粒ほど残っていましたので、有効期限は過ぎてしまいましたが、種まきしたいと思います。 去年の開花の様子はこちら!きれいでしょ〜。 マリーゴールドはオレンジ色の花が主流ですが、嫁さんのリクエストによりエレガントな乳白色のマリーゴールドを育てたのでした。 マリーゴールドは、コンパニオンプランツとして名高いお花で、「植物のお医者さん」って呼ばれているんですよね。 コンパニオンプランツとは、一緒に植えると互いに良い影響を与え合う植物のことをいいますが、このマリーゴールドは野菜との相性がいいのです。 マリーゴールドの根っこはネコブ線虫等に対する殺虫効果があり、また、独…

  • オステオスペルマムに一目惚れ

    最近、仕事にやる気が出ない。疲れてきました。参ったよ。 先日、仕事のあと真っ直ぐ家に帰る気にもなれず、ふらふらとホームセンターに立ち寄ることに。行き先は、もちろん園芸コーナー。癒しを本能が求めている。 ----そこで運命的な出会いをすることになる------- 園芸コーナーに入って、最初に目に入ったのは、「オステオスペルマム」という聞いたことがない花。 美しい。なんて美しいんだ。 花の姿がかなりタイプです。なに、この「花!!」っていう感じ。 テンション急上昇が止まらず、隣接する別のホームセンターもハシゴ。 !!! 彼女と目があったその瞬間、すさんだ心が震え、忘れかけていた感情が蓋を弾き飛ばして…

  • レタスの定植

    昨日のブログで、ブロッコリーを撤収したとお伝えしました。今日は、その後釜であるレタスの定植のお話をしましょう。 こちらが、育苗中のレタスたち。種まきから1ヶ月が経過。あっという間です。 ※上の写真は1月22日作付となってますが、それは1代目のレタスでした。この2代目レタスは2月13日に種まきしました。 育苗中のセルトレイごと外に持ってきました。みんな、初めての外です。みんな、日向ぼっこ気持ちよさそうにしています。 レタスは最前列の5本。その後ろは、ナス・ピーマン・ミニトマトたちです。 レタスのなかで定植するのは1株のみ。 株間30cm必要らしいので、無理せず1株だけ植えました。秋に栽培したミニ…

  • ブロッコリー3度目の収穫と撤収

    種まきから177日が経過したブロッコリーくん。 知らぬ間に脇芽がたくさん出てきて、新葉も生い茂ってきました。 ヒヨドリに食われて丸坊主にされたあの日から、よくここまで復活を遂げました。 「ヒーーーヨ!!ヒーーーーーーヨ!!」 噂をされたことに気づいたのか、ヒヨドリが今日もけたたましく鳴いています。 カメラ、寄ってみましょう。お前さんにはホントに毎年困っているよ。 さらにズーム。まぁまぁ、ブクブクと太りよって。 そんなヒヨドリの攻撃にも負けず、ブロッコリーくんは側花蕾もどんどん成長し、本日、頂花蕾とあわせて3回目の収穫を迎えます。 頂花蕾よりは小ぶりですが、これだけたくさん出来てくれれば上出来で…

  • 卵パックで大葉と葉ネギの種まき

    今回は、大葉と葉ネギの種まきです。 葉ネギはもう種まき適期に入っていますが、大葉は4月からのようですね。でももう蒔きたい!衝動が!止まらない! そんなときは、室内で育苗するという手段をとるのですが、もう5×5のセルトレイを窓際に置ける場所がないのです。 だがしかし!!!これを使えば大丈夫!!! てってれー ( ・∀・)ノ 「卵パック~~~」 ※大山のぶ代 省スペースで管理ができて、なおかつ、保湿・保温に便利な蓋つきです。有効なアイテムなんですが、ただ一つ、ひっくり返さないようには気をつけて。昨年の前科ありです。 では、さっそく種まきをしていきましょう。 まず、この卵パックに種まき用の土を入れま…

  • ナスの間引き

    昨日に引き続き、ナスの間引きの様子をお伝えしましょう。 ナスはこちらのセルトレイの右から2番目の列にいます。右はレタス、左には、ピーマン・ミニトマトがすくすく成長中。 では、例のごとく、手前のセルから間引きを実施しましょう。 横から見ると、そう大差はないように見える。。。これまた接戦。間引きするのが心苦しいが・・・・ 上の苗が一番草勢が良いかな。本葉も一番大きい。 もったいないけど、、他の2本はカットです。 いやー、美しい立ち姿ですね。本葉の葉脈がえもい。 第2ブロックです。こちらも激戦。なんてこったい。 上から見ても、大差なし。一番の子が成長遅れ気味?とはいえ、若干である。 横から見ても大差…

  • ピーマンの間引き

    種まきから25日が経過した夏野菜の苗たち。ピーマンはこのセルトレイの真ん中の列にいます。 本葉も2枚出てきたので、間引きしましょう。 5列に並んだ苗の手前から順番にみていきましょう。 残すべき苗の特徴は以下の通り 葉の色やツヤが良い 葉の形が良く、左右対称である(奇形ではない) 芽に勢いがある(草勢が良い) ひょろっとしていない、真っ直ぐ伸びている(徒長していない) 胚軸(発芽した苗の茎)が太い 双葉が水平に開いていて、本葉が45度に持ち上がっている おさらいですが、こんなところでしょうか。ではいきますよー! 第一ブロック。ようやく顔を出したのんびり屋さんもいます。 上から見てみると、こんな感…

  • ミニトマトの間引き

    前回に続きまして、今回はミニトマトの間引きです。種まきから20日が経ちました。 90度右に回して、ミニトマト苗を手前にしましょう。1列目が矮性ミニトマトのレジナ、2列目が普通のミニトマトです。 どうですか、このミニトマトの可愛さ。全体的に産毛が生えていますね。 トマトの表面の毛は、トマトの元気の度合いのバロメーター。この毛は、乾燥や害虫から身を守ろうとして生えているそうです。毛がたくさんあれば、トマトが元気に育っているという証拠。 では、さっそくレジナの間引きから始めましょう。昨日に引き続き、左側のセルから順番に。まずはこちらのセル。3本無事に発芽しています。 右側のこの子、双葉に変なくびれが…

  • レタスの間引き

    種まきから20日経ったレタスたち。1代目が全員徒長してリタイアしたので、この子たちは2代目。 無事すくすくと成長して、本葉も2枚出揃いました。ということで、間引きをしたいと思います。 作業しやすいように、レタスの列を手前にもってきましょう。ちなみに、その後ろに並んでいるのは、ナス・ピーマン・ミニトマトたちです。 今回、生き残り間引き選手権にエントリーしたのは5組のセル。 左のセルからいきましょう。エントリーNo.1番。 他の4組に比べて、このセルの子たちは小さいです。 上からみると、その中でも左の子は一際小さめ。 残念ながら、この子はここでリタイアです。 左「いーやー!やーめーてー」 さて、次…

  • 【天気コラム】2019−2020年は観測史上最高の暖冬に(2020/3/3更新)

    今年度はメディアでも暖冬との報道がかなり多くなりましたが、実際にはどの程度の暖冬だったのでしょうか? 今年度の観測データと過去の統計データから、記録的暖冬を紐解きましょう。 目次 2019年12月〜2020年2月の天候を振り返る そもそも暖冬の定義とは 東・西日本で記録的な暖冬に 日本海側では記録的な少雪に 冬の日照時間は、東日本太平洋側でかなり少なかった 2020年夏にかけての最新予報は? まとめ 2019年12月〜2020年2月の天候を振り返る 下図は2019年12月〜2020年2月の地域平年差(比)です。 出典:気象庁「12 月の天候」 表にすると以下の通りです。 出典:気象庁「冬(12…

  • 【天気コラム】AccuWeatherの3か月先までの天気予報は当たるのか?(2020/3/2更新)

    AccuWeatherというアメリカの企業は、世界中の3ヶ月先までの詳細な天気予報を出しています。ふと、こんな先までの予報、どこまで当てることができるんだろうか…と思い、検証してみました。 目次 AccuWeatherとは 3か月先までの日々の予報がある?! 3か月先までの日々の予報はどこまで当たるのか 天気の予測精度比較 気温の予測精度比較 この先3か月の予測は? まとめ AccuWeatherとは AccuWeatherは世界中の天気予報を提供するアメリカの企業です。ペンシルベニア州立大学で気象学を専攻し卒業したJoel N. Myersという人が1962年に設立したとのこと。 世界270…

  • ジャガイモの土づくりと植え付け

    種芋をカットしてから丸3日が経過しました。 種芋たちは、しわしわになってしまいましたが、大丈夫かな? 切り口はこんな感じになりました。(ほんとに大丈夫かな…?笑) 土も2週間ほど前から作って寝かせておいたし、準備は万端! さぁ、植え付けよう!! …と思っていたのですが、先日お伝えしたように、ジャガイモは他の野菜よりも土を酸性寄りのph(5.5~6程度)にしなければならないと最近知ってしまいました。 pH7.0以上になると「そうか病」という細菌性の病気が発生してしまうらしい。 そんなことも知らず、事前に準備していた土は、有機石灰やもみ殻燻炭といった強アルカリ資材(ph8~10)を良かれと思って少…

  • 春をおすそ分け!〜我が家で咲き誇るお花たち〜

    気象の世界では、3月からが春ですので、今日は冬の最終日。 玄関横に植えている花々は、春を待てずに開花ラッシュです。あまりにも美しいので本日はそんな春をおすそ分け。 種まきから172日が経過したビオラたち。たくさんの花が咲きました! この淡いクリーム色と縁だけほんのり色づいたパープルの組み合わせがたまりません。 こちらは上品さが溢れていますね。左の子が写真に映りたがっています。「ねぇねぇ私も映してよ」って。 こちらは元気一杯。ムードメーカー的な雰囲気を感じます。黄色の花びらに入った細いブロッチも素敵。 こちらはシックなワインレッド。大人な雰囲気を感じます。 で、この子だけビオラじゃない?笑 パン…

  • ニラの植え替え

    昨日、ジャガイモの種芋をカットしました。 事前に土作りも済ませて、準備万端!・・・と思っていたのですが ジャガイモの土はpHは5.5〜6.0の酸性が良いらしいと初めて知りました。pH7.0以上になると「そうか病」という細菌性の病気が発生してしまうらしい。そうか病にかかると、イモの表皮がでこぼこになる病斑(かさぶた状)ができるとのこと。 ※ちなみに外見は損ないますが、食用は可能。 というわけで、ジャガイモの土作りでは、石灰(アルカリ性)のやりすぎに注意しなければならなかったそうなのですが、そんなことも知らず、そこそこの量の有機石灰をぶち込んでしまいました。プランター栽培なので、もう一度土を作り直…

カテゴリー一覧
商用
読者になる