searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

お天気めがねさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
お天気めがねの家庭菜園日記
ブログURL
https://mt-vegetable.hatenablog.com
ブログ紹介文
気象予報士10年目。家庭菜園は2018年夏から始めた初心者。大小様々な約50個のプランターや植木鉢で30種類を超える野菜やお花を育てています。一緒に植物と天候の不思議を科学しましょう!
更新頻度(1年)

222回 / 365日(平均4.3回/週)

ブログ村参加:2019/01/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、お天気めがねさんの読者になりませんか?

ハンドル名
お天気めがねさん
ブログタイトル
お天気めがねの家庭菜園日記
更新頻度
222回 / 365日(平均4.3回/週)
読者になる
お天気めがねの家庭菜園日記

お天気めがねさんの新着記事

1件〜30件

  • ニラの花芽とチヂミ

    今育てている野菜でもっとも長期間栽培しているのがこのニラです。種まきから750日を超えています。 9月も中旬に差し掛かったある日、ふとニラを見てみるとある変化に気がつきました。 ちょっとピンボケしていて分かりにくいですが、花芽がでてきていました。これはまだツボミですね。 このまま放置していると花が咲くと思うのですが、咲かせてしまうと株が疲れてしまうそうなので摘み取っておきましょう。 ちなみに、ニンニクの花芽をニンニクの芽として食べられるように、ニラの花芽も食べられるそうです。ただ、花が咲いてしまうと固くなって食用に向かなくなるので注意です。 ついでに、刈り捨てもしておきましょう。 これは、柔ら…

  • トウモロコシにアワノメイガ?!

    ※最初に…。今日のブログは虫の写真が出てきます。苦手な人は頑張って見ましょう。 秋雨前線が南下する直前の9月18日、うちのエリアでは南西風が強まりました。 我がプランター菜園のトウモロコシたちはそろそろ収穫時期を迎えるので、ここで強風にやられるわけにはいきません。というわけで数珠つなぎで耐え凌ぎました。 あっぱれ。それなりの強風でしたが、無傷で済みましたよ。備えあれば憂いなしとはこのことですね。 さて、紐をほどきまして、今回はヤングコーンの収穫をしましょう。 赤丸で囲ったところですね。トウモロコシは1株につき一番上の雌穂1つだけ実を大きくするのがセオリーだからです。 さてと、ではまずは葉っぱを…

  • ピーマン撤収、お疲れ様でした!

    暑さが和らいだら回復してくれるかなと期待していたピーマンですが… 暑さによるダメージが大きすぎたのか、 カメムシにやられてから立ち直れないのか、 新芽に元気が戻ることはありませんでした。 第2弾ピーマンは、なかなか花も咲かなくなってきました。 そんな限界ギリギリの体力で、必死に実をつけてくれる様子をみているとグッとくるものがありますね。 ただ、やはりつける実は大きくならず小さいまま。そのまま放置していると、小さいままで赤くなってきてしまいます。 つける実にはやはりトラブルも多く、日焼け果のようなものもあれば… せっかく大きく育った唯一の実には・・・へたの近くに丸い穴。 中身を食害されているので…

  • トウモロコシの人工授粉と生育障害

    抑制栽培のトウモロコシ、成長スピードが半端ない。 まだ種まきから48日しか経っていないのに、もう雌穂から錦糸が出てきました!! 5月中旬に種まきしたときの48日目が気になって写真を引っ張り出してきたら、これ。 そうだよね、まだ雄穂も出てなかったよね。抑制栽培は真夏の高温のなかを生育するので、今回のように急成長するようですね。同じ品種なのに面白い。 しかも、前回は雌穂は1株につきほぼ1つしか出てこなかったけど、ガンガン2つ目がついております。 欲張って2つとも大きくしようとすると、二兎を追う者は一兎をも得ず状態になるらしいので、一番上の雌穂だけを着果させて育てます。ちなみに、他の雌穂はヤングコー…

  • オステオスペルマムの種まきと挿し木

    コロナでリモートワークが続いていますが、先日、久しぶりに会社に行きました。そのときに、何人かに「見ない間に雰囲気変わりましたね」って言われました。 それもそのはず、その前の日に自分で髪の毛を切ったのですが大失敗。前髪だけは短いパッツン、ほかはボサボサ。 植物たちの間引きは得意なので、自分の髪の毛の間引きも大丈夫、という謎な自信があったのが敗因です。嫁さんいわく、そういうバラエティ向けのカツラみたい、だそうです。ぴえん。 さて、そんな髪をなびかせる風も、少しずつ秋の気配をまとい始めました。ということで、昨日はお花の種まき。タキイさんのオステオスペルマムです。 長い名前ですよね。オステオスペルマム…

  • オクラのイボ果

    種まきから100日と1週間が経過したオクラくん。 随分と茎も太く立派になりました。 6号鉢にいるオクラも、元気に育っています。ちなみに、左奥がゴールドクレスト、右奥がバケツ稲、その手前にいるのが先日植えつけたブロッコリー、写真一番手前がミニ人参です。 さて、今でこそこんなに逞しく育ってくれたオクラたちですが、生まれたての頃は病気がちだったんですよね。心配が尽きない子達でした。 ようやく根付いた5株が、現在のオクラたちということです。 育苗の度重なる失敗により、初収穫が8月に入ってからとなりましたが、その後はコンスタントに収穫が続いています。毎日のお味噌汁の具になったり、そうめんに入れたりと大活…

  • 【天気コラム】冬にかけてラニーニャ現象続くか。日本の天候への影響は?(2020/9/11)

    昨日9月10日に気象庁から「ラニーニャ現象が発生したとみられ、それが冬にかけて続く可能性が高い」と発表されました。そこで、ラニーニャ現象とは何か、日本の天候にはどのような影響が想定されるのかを今回はみていきたいと思います。 目次 エルニーニョ/ラニーニャ現象とは 日本の天候への影響とそのメカニズム ラニーニャ現象の実況と今後の見通し まとめ エルニーニョ/ラニーニャ現象とは エルニーニョ現象とは、太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけて海面水温が平年より高くなり、その状態が1年程度続く現象です。 逆に、同じ海域で海面水温が平年より低い状態が続く現象はラニーニャ現象と呼ばれ、それぞれ数年…

  • 玉ねぎの発芽

    玉ねぎのタネを蒔いてから10日が経ちました。 ご覧ください。発芽が始まっております…! 写真の子は、まだ頭が土から抜けていません。もう少し時間が経つと、細い方の葉っぱが地面から抜けて、一本立ちするのです。 発芽率は、だいたい7割ぐらい?タネ袋に記載されている通りですかね。 この10日間の間、ゲリラ雨にもあったので、土がえぐれたり流出してしまったセルもあります。タネも流れちゃったのかも? そして、もう一枚のプラグトレイは玄関横に置いてますが、ここは室外機の風がちょっと当たることもあってか土が乾きやすく、ちょっと発芽率悪め。 さて、前回の種まきで4枚のプラグトレイに蒔いたとき、100粒ぐらい余った…

  • 放置しすぎたミニ人参の間引き・土寄せ

    種まきから早1ヶ月以上が経過したミニ人参。 間引きせねば間引きせねばと思い続けていましたが、優先順位の高い他の作業から片付けていたら・・・放置しすぎました。。。 ミニ人参「密です。密です。」 発芽したあとしばらくは、むしろ間引きせず競合させた方が成長は良くなるとは言うものの、放置しすぎるとさすがに混みすぎて衰弱するわな。 場所によってはかなり茎が貧弱…間引きしたら持ち直してくれるのだろうか。。。 うーん、わかんないけど、とりあえず間引きしていきましょう。刃先にある株は茎が太くて良い株なので、こういうのを見つけて残していきます。 まずは手前の列だけ、概ね数cm間隔になるように間引きました。 ミニ…

  • バケツ稲の出穂と開花!

    この残暑が厳しいなか、数日前にエアコンが壊れました。まだ4年目なのにね。 世間では台風10号が話題となっていましたが、我が家ではエアコン故障と戦っておりました。とはいっても1歳児がいるので、暑さを耐えるわけにもいかず、近くでホテル暮らしのアリエッティでした。昨日、業者さんに来てもらって無事直ったのでホッとしております。冷風が出なくなったのは、温度センサーが故障したのが原因とのことでした。何でも、当たり前にあるものがいざ無くなった時に、その有り難みが身に沁みるというものですね。 さて、エアコン業者さんの到着を待っているときに、バケツ稲の様子を見にいきました。 ホテル避難でバタバタしていたので、こ…

  • 玉ねぎの種まき!!

    昨日は久しぶりに太陽が隠れんぼ。暑さも和らいで、園芸作業にはもってこいのコンディションとなりました。 この先しばらくは、曇りや雨が続きそうで植物たちにとってはウンザリでしょう。ただ、こういう時に適した作業があるのです。 それが種まき! カンカン照りが続いてしまうと、高温と乾燥で発芽不良率が上がってしまうので、適度に雲が多い方が発芽環境としては良いのです。 まぁ、発芽したら日照は大事になってくるので、発芽する頃には回復してくれなきゃ困るんですけどね。台風が抜けたあとの太平洋高気圧の頑張りに期待して、種まきしてしまいましょう! というわけで、昨日は玉ねぎの種まきをしました。品種は「春いちばん」。 …

  • 大葉が大繁殖!シソ餃子・乾燥大葉を作ってみた。

    どうですか。みてください、このシソ天国。 もう作業スペースがなくなりそうです。 収穫が始まった5月下旬から、採っても採っても、採っても採っても、 採っても採っても、採っても採っても、採っても採っても、採っても採っても、採っても採っても、採っても採っても、採っても採っても、採っても採っても、 増殖するスピードに追いつかん!とっても凄い草勢!とっても大好きドラえもん。 あまりにも増殖し続けて困ってきたので、Twitterで大葉の消費の仕方を聞いてみました。 大葉、来年はもっと少ない株だけ育てようと誓った2020夏。大量消費の方法、オススメあれば教えてください笑 pic.twitter.com/KM…

  • ブロッコリーの定植!

    ブロッコリーと葉ネギのタネを蒔いたのが8月4日だったので、もうすぐで1ヶ月になろうとしています。 葉ネギさんはこちらの壁掛け鉢でゆっくり成長中! そして、10個ほど作ったブロッコリーの苗たちの今はこちら。 夜間の水分量はそんなにミスってなかったような気もしますが、茎は少しグニャッと曲がった子が多いです。徒長しているというよりは、土寄せをサボったのが原因かな。 あとは、お約束のハモグリバエも健在。ほんとにコイツらの食害には困りますな。 さて、10個ほど苗を育ててはいるけども実際にプランターに鉢上げして育てるのは1株の予定です。どの子にしようかな〜と、レンズ越しに鋭い眼光を飛ばすお天気めがね。 す…

  • やっぱ夏は葉物、無理だ!

    ベビーリーフを育てようと家族で一生懸命種まきしたのが20日ほど前。 その後どうなったかというと…。ご覧の通り。 アブラナ科は古いタネにも関わらず発芽率は抜群でしたが、やはり高温に弱いレタスやほうれん草はあまり発芽せず…。 アブラナ科の小松菜・水菜・白菜・ルッコラは、順調に生育していたものの、ハモグリバエの幼虫とハダニにやられてしまいました。 葉っぱに白いウネウネ。これ、ハモグリバエの幼虫の食害の跡なんですよね。別名、絵描き虫。 で、こちら白菜ですが、わかりますか?赤くて小さい粒が動いています。 これ、ハダニですよね?食害されたのか、葉っぱに細かい白い斑点が無数にあります。 水菜は遠目から見ると…

  • 夏の日差しとカメムシ vs ピーマン・ナス

    暑い、暑いよ・・・。 もうね、朝ちょっと水やりやお手入れするだけでヘトヘトになって、ブログを書く余力がありません笑 気づけば2週間以上更新してませんでしたね。 とはいえ、ジャングル化するプランター菜園を相手にしていたらネタは溜まる一方なので、少しずつ再開しましょう。 今日はピーマンくんの今をご紹介。定期的に剪定はしていて、茂り過ぎないようには頑張っています。 第一弾は、種まきから明日で200日。ここまでの収穫は55個。昨年の31個の記録はすでに超えたので上出来とは言いたいところですが・・・ 8月に入ってからというもの、収穫ペースも落ちるわ、品質も低下するわで苦戦中なのです。下の写真は強い日差し…

  • ナント種苗さんのトウモロコシ、初収穫!!

    きました!!ついにナント種苗さんに頂いたトウモロコシの、収穫の日を迎えました!! 種まきから87日目の、それはそれは暑い日でした。 トウモロコシの収穫日の目安は、錦糸(雌花のヒゲ)が出てから20−25日後。過去の写真を見ると、初めて錦糸が出たのは、7月18日だったので単純計算で収穫適期は8月7〜12日ということになる。つまり、今だ!!! 触ってみると、確かに粒の弾力を感じることができる。ヒゲもこげ茶になっていて、これも収穫の目安とのこと。 チラッと皮を剥いて、失礼しまーす。おおお、美白の粒が見えるではないか!!品種の「白いおおもの」の名前の通り、粒の色は白いです! やはり適期に入っているような…

  • 挿し木、続々成功!

    今回はプランターラックの中段にいる挿し木組の様子をみていきましょう。現在、スーパーアリッサム、それからゴールドクレストやエリカの挿し木苗がありますが・・・ ちゃんと根付いたようで、新芽も伸びてきています! 毎日みていると気づかなかったけど、結構新芽が伸びてるね!さすが、「スーパー」アリッサム。強い! その隣には、ゴールドクレストとエリカの挿し木。 ゴールドクレストは、6月に確認した時にも発根してくれた子がいくつかいましたが、今回も発根してくれているかな? エリカの挿し木は5月にしましたね。もうあれから3ヶ月経ったのか。 さて、結果はというと、一部の挿し技は失敗してしまっていますが・・・ 成功し…

  • ベビーリーフ6種類を育てよう

    梅雨明けしてから猛暑が続いております。お元気でしょうか? 出典:気象庁 少なくとも8月下旬にかけては高温傾向が続きそうなので、みなさまも熱中症にはお気をつけください。 出典:気象庁 それとは対照的に、7月は西〜東日本では低温・日照不足が顕著でしたね。 出典:気象庁 それもあってか、夏野菜の価格が高騰しております。夏野菜は自宅で収穫が続いているので、あまり問題ではないのですが…、本日嫁さんから「最近ベビーリーフが売ってない!」と嘆きの声が。 暖かい時期は、虫がたくさんついてしまう葉物野菜は避けているのですが、ベビーリーフサイズであれば虫の被害がひどくなる前に収穫できると思い、家族のために一念発起…

  • ブロッコリーと葉ネギの種まき

    秋冬野菜に向けて、昨日はブロッコリーの種まきをしました。 昨年は長期出張続きで、秋冬野菜の苗作りを始めたのが8月末になってしまったんですよね。 徐々に気温が下がっていく秋冬野菜栽培の場合、種まきの1週間の遅れは収穫の1ヶ月の遅れ、なんて揶揄されるぐらい、種まきの遅れは致命傷になりやすいんです。 昨年は身をもってその意味を知りましたので、今年は忘れないように・・・と思っていたけど忘れていて先日ふと思い出しました。 ということで慌てて種まきです。ブロッコリーはアブラナ科なので、よく見るこんな形のタネですね。 袋に記載されている有効期限は2019年10月となっていますが、きっと大丈夫でしょう。 今回…

  • いちごの親株の撤収とミニ人参の種まき

    いちご苗のランナーを切り離したよという記事を昨日あげましたが、その後のお話がまだありますのでお時間にゆとりのある方は見ていってくださいな。 こちらが、すべての子供を切り離したあとの親株です。 イチゴは多年草なので、来年もこのまま親株を育ててもいいのですが、だんだん実つきが悪くなるらしい。というわけで、来年のイチゴ栽培は次郎苗に任せて、親株には撤退してもらいましょう。 今まで本当にありがとう!!命のバトンは繋がったので、安心してお休みください。 しっかりと根っこが張っておりました。お疲れ様です。 このイチゴの後作には、昨年も育てたミニ人参に決まりです。期限は今年の5月末と記載があったけど、まだ少…

  • いちご苗のランナー切り離し

    イチゴのランナーをポットで受けて、苗作りをし始めたのが6月下旬。 現在の様子はというと・・・ご覧の通り、鬱蒼とした菜園のなかで健気に生きています。 なぜこうしているかというと、周りのプランターにポットで受けたイチゴの苗を置くためです。地面に置くには、かなりのランナーの長さが必要になるし、地面がコンクリートなので苗の環境としてはよくないんですよね。 ほら、トウモロコシの株もとにもランナーで繋がっているイチゴの苗。 ピーマンやナスの株元にもランナーが伸びています。 ししとうの株元にも、イチゴのランナーを伸ばしてポットで受けています。 それらのイチゴのポット苗を軽く触ってみると・・・うん、しっかり根…

  • ボケナスagain 〜ナスの更新剪定〜

    梅雨が明けましたね。太陽がギラギラしております。 庭作業するには酷な季節に突入です。みなさまも熱中症にはお気をつけください。 「ようやく夏になったよ、ナスくん!調子はどうだい?」 どれどれ、本日も果実をいただきま・・・あれ? ・・・全然ツヤがないじゃないか! 初収穫のときのナスの写真と比べると一目瞭然。 梅雨明け前までは、光が反射するほどのツヤツヤだったのに…昨年と同じくいざ夏本番というときになって、ツヤなし果ができるようになってしまいました。。。 ※ツヤなし果は、なり疲れなどによって発生。ナスの場合「ボケナス」と呼ばれる。ツヤなし果は、皮も硬く品質が悪い。 なんでや・・・ なんでや・・・ 今…

  • トウモロコシの抑制栽培開始!

    枝豆を収穫してプランターが空いたので、次の作物を植えましょう。 今回は、トウモロコシの抑制栽培にチャレンジです。 抑制栽培とは、収穫時期を通常よりも遅らせる栽培方法をいうそうです。ようは、通常春から夏にかけて栽培するものを、夏から秋にかけて栽培する方法ってことですね。夜温が下がる秋に収穫すると、糖度が高い良い実が獲れるとか。 播く種は、今も栽培真っ最中のこちら。例のナント種苗さんのキャンペーンでプレゼントしてもらった「白いおおもの」です! まだまだタネが余っているので、育てないわけにはいきませんからね。 まずは枝豆の根っこを引っこ抜きます。 で、いつもだったら、プランターひっくり返して、ふるい…

  • モンステラが仲間入り!

    観葉植物のモンステラ、みなさまはご存知でしょうか? 会社の先輩のiさんが、「モンステラを株分けして余ったけどほしい?」と聞いてくださったことがきっかけで、我が家にもモンステラが仲間入りすることになりました。 しばらくは水に挿していましたが、無事に一部が発根してくれたので、今回は鉢に植え替えてあげたいと思います。あと1株ありますが、それはまだ発根せず。 ちなみに、モンステラはサトイモ科モンステラ属に分類されている熱帯アメリカ原産の植物で、うっそうとしたジャングルに生えているため、耐陰性があるとのこと。室内でも充分生育できるってことですね。 風水では、恋愛運・金運・人間関係の運気アップなどに効果が…

  • オクラの初収穫!

    今回はオクラくんの初収穫の様子をお伝えしましょう。 オクラくんといえば、今年はかなり育苗に苦戦しました。 最低気温が10度をしたまわらなくなるGW頃(暖地の場合)からが種まき適期となるオクラですが、今年はせっかく蒔いた種がほとんど不発に終わってしまったんですよね。 しっかりと芽出し処理をしてから再挑戦したのが5月下旬。 無事に発芽したまではよかったのですが・・・ その直後、3/4ほどがまさかの病死。死因は「苗たち枯れ病」でした。(享年3日) 生き残った1箇所(4本立ち)と、もう1箇所で唯一生き残った1本の計5本で栽培することに。もうこの子たちがダメになったら、今年のオクラ栽培は諦めようと覚悟を…

  • 枝豆の初収穫!!最高のビールのつまみ!

    昨日のブログでもお伝えした通り、昨日は枝豆の初収穫となりました!今日はそのときの様子をお伝えしたいと思います。では、いってみよー。 枝豆は時差蒔きで、5つのプランターに植えていますが、今回はそのうち、最初に種まきした第1弾のプランターを収穫します。 最初に種まきしたのは5月11日で、種まきから78日が経過。 種まきから80日が収穫の目安とのことで今が適期のはずです。 開花から1ヶ月半が経った頃というのも目安ですね。なお、収穫の適期(食べごろ)は約1週間~10日と短いそうなので、要注意ですよ。 で、肝心の現在の豆の様子はというと・・・? おお!きれいな3粒莢!!ぷっくり美味しそうです。実もしっか…

  • ジャングル化したプランター菜園

    6月中旬に、夏野菜の植え付けを予定通り完了した我がプランター菜園。 プランターの配置は、以下の通り、植え付け終了当時と微妙に変わっています。 強風対策のために、トウモロコシを前面にもってきたのが変化点です。トウモロコシが風で倒れないように、プランターラックなどと茎をくくりつけるための位置替えでした。 では、その点に注意しつつ、BeforeAfterをみていきましょう。 どうですか、随分とジャングルっぽさが出てきたでしょ?笑 毎朝、この緑に癒されております。 唯一の生き残りのオクラも、その後順調に成長を続けてくれていて、蕾もつけました! 真正面から撮るとこんな感じ。トウモロコシの存在感は圧倒的で…

  • ミニトマトの摘芯とレジナの撤収

    こちら1週間ほど前に撮影したミニトマトちゃん。 もうすぐで軒下の天井に突き当たりそう。ちょっとみない間にこんなに大きく。 普通だったら、もうここで先っちょを切る摘芯って作業を行うんですが…。 ネットをみている時に、「支柱のてっぺんまできたなら、折り返して地上に向けて誘引すればよろしい」みたいなのを見かけたんですよ。 で、やってみたんです。弓のようにしなるミニトマト。 ほんまに出来るんかいな、と半信半疑だったのですが… ・・・数日後。案の定、曲げたそばから上に向いてるではないですか。 上を向ぅいて、あぁーるこぉぉおー。というBGMが脳内に流れる中、自分もミニトマトのような向上心があれば、もう少し…

  • トウモロコシ、不安だらけの人工授粉

    雌花が出てくる前に、5株中4株の雄花が花粉を飛ばし終わりそうになったのが1週間前。 そして先日、唯一成長が遅れていた策士の雄花がついに開花。 しかーし、一難去ってまた一難とはよくいったもので、今度は長雨が人工授粉の機会を奪う・・・。 せっかく咲いた雄花も、毎日降る雨でぐっしょりです。 さらに、雌花のひげも雨でぐっしょり。こんなんでちゃんと受粉できるんかいな?? でも、やるしかないよね。一時的に雨が止んでいる今・・・。ではさっそく。雌しべに優しく花粉をふりかけ・・・られない! やっぱ花粉が水浸しで固まってるや。参ったな。 しゃーない、花粉が入っている粒ごと、雌しべに絡み付ける作戦だ!おりゃー! …

  • ピーマンとナスの整枝。ナスは一枝一果法を実践!

    昨日はナスとピーマンの整枝をしました。梅雨で日照不足のなかでも必死に頑張っている夏野菜たちです。 ほら、たくさんのナスがぶら下がっていますよ。 ピーマンもたくさんの実がついていて豊作の予感。 昨日は、ナス・ピーマンに加えて、ミニトマトとししとうも収穫しました! ブログは毎日更新できていないですが、ミニトマトの収穫はほぼ毎日続いています。ししとうも数日おきにガンガン獲れ始めました!さて、今回は収穫のあとに、整枝(剪定)をしてあげようと思います。 側枝もたくさん出てきて、かなり枝葉が混み合ってきましたので。このまま放任栽培してしまうと、果実が付きすぎて株が疲れてしまう上に、風通しが悪く病害虫発生の…

カテゴリー一覧
商用