searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ははじゃさんのプロフィール

住所
東京都
出身
東京都

ダリへの道も一歩から。歩み続ければ少しずつでも油絵マスターに近づくのか?ムサビ油画に通っている一人娘を心配する親ばかなブログ。 ☆登場人物☆ 母じゃ(ははじゃ):管理人 娘(むすめ):ははじゃの一人娘。 殿さま(とのさま):ははじゃの夫

ブログタイトル
ダリへの道も一歩から
ブログURL
https://hahaja.com
ブログ紹介文
ムサビ油画通学中の一人娘を心配する親ばかブログ。 娘は1浪を経てもうじき2年に進級します。
更新頻度(1年)

49回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2019/01/21

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ははじゃさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ははじゃさん
ブログタイトル
ダリへの道も一歩から
更新頻度
49回 / 365日(平均0.9回/週)
フォロー
ダリへの道も一歩から

ははじゃさんの新着記事

1件〜30件

  • 明るい色が入ると雰囲気が変わる

    今描いているのは人物画。2年生になってからの実技の授業は1年生の時と違って4週間で1ターン。これが本来のスタイルらしい。去年はコロナ禍でのイレギュラー対応で3週間になっていたようだ。(期間が短くて辛かったのは、去年はデザインの課題だった。)娘は油絵は仕上げるまでの期間は比較的早いようで、期間も従来通りとなり、今回は余裕を持って描き進んでいるらしい。前半は普通に固定ポーズだったが、後半はムービング。どのように描くのがいいのか悩んでいるようだ。人物画は以前よりも描けるよ

  • 彫刻の仕上がり具合

    先々週で終わった彫刻。ある程度の出来だったようだ。彫刻の授業で彫った左手見て驚いたのは、その大きさ。実物の1.5倍くらいある。ちょっと生々しい様子だ。彫刻 左手の甲今までで2度目の平のみを使った彫刻。細かい部分に問題点は残るが、得意でない彫刻でこれだけやれればいいだろう。「もっと彫刻らしい迫力のある作品ならもっと良かった。あと、小指が短いよねー。」との講評をもらえた。※小指はかなり短かったようで、講評の間に5回くらい言われてしまったようだ。一

  • 彫刻実技最終日:明日は講評

    4週間の彫刻の実技。いよいよ今日が最終日。4週間かけて手を彫ってきているが、昨日のみをふるっている時に、新たにもう一本指を落としてしまったらしい。これで5本中3本の指を落としてしまった。むろん取れてしまったのは作品の指だ。一つの木をそのまま削るのを一木造というらしいが、今回の娘の彫刻は寄木造りというもの。一木造りはその削る木よりも大きな作品は作れないが、寄木造りは木同士をくっつけていけるので、大きな作品を作れるようになる。平安時代に仏像の大量生産が始まったた

  • 彫刻と油絵ではモチーフの捉え方が違うようだ

    前回の彫刻実技の中間講評、先生のアドバイスが効いたようだ。「ちょっと楽しくなった」と喜んでいた娘。肘から手首にかけてのラインの見方をアドバイスされたらしい。肘から手首までのラインは、直線ではない感覚で捉え感覚で行動する娘は、楽しくないと作業が進まない。たとえ同じ時間同じように向き合っていても、作品の出来は全く変わってくる。楽しく作業ができないと、作品の出来上がりが(かなり)イマイチになってくるので、楽しいかどうかはとても大事なのだ。「肘から手首にかけてのライ

  • 彫刻実技の中間講評

    GW無関係に大学の授業は進む。今日は彫刻の中間講評だ。平のみとトンカチで彫り進んでいる作品。日に少なくとも1度は、自分自身を間違えて打ってしまうらしい。高校時代は木槌を使っていたが今回はトンカチなので、打ちやすいが当たると痛いそうだ。毎日新しいあざをこさえて家に帰って来る。娘は痛みに比較的鈍感で。今までも気づかぬうちに色々なところにあざを作っていたが、今回は多い。打った当初はあまり目立たないが、時間が経つうちに皮膚の色が変わってくる。加えて擦り傷、切り傷もい

  • プラスの作業が得意な人はマイナスの作業は苦手

    彫刻の実習も半分が終わった。今週からはいよいよ平のみで形作っていくことになる。同じファイン系でも、彫刻と油絵は全く違う。彫刻は既に形のある木を削ることにより表現していく、マイナスの作業の連続。油は何もないキャンバスに色を乗せることにより描いていく、プラスの作業の連続だ。彫刻というと思い浮かぶのは鎌倉彫。鎌倉彫鎌倉彫もちろん、こんなに美しくは彫れないが、子供のころ、美術で彫刻刀を使う授業があったなぁと思い出す。ちまちまと削っていくのは楽

  • 油画実技:2年生の最初は彫刻(必修科目)

    油画2年生の実技は、彫刻から始まった。ムサビは油画以外の色々な実技をさせてくれるのが特徴の一つで、彫刻もさせてくれる。苦手な娘にとっては残念なことに必修科目のひとつだ。(正確に言うと選択必修なのだが、2つ選択できるが両方とも彫刻だ)ムサビ油画の実技は、4週間が一つのターンになっていて、(コロナ禍でも)座学と違って毎日大学で対面で行う。今回は20cmの立方体を渡された。朴(ホオ)の木って言ってたと思う。手又は足をモチーフにできるだけ忠実に再現することを求められ

  • 学芸員資格:博物館に関する科目を履修

    ムサビの2学年が始まった。履修登録は一応終了し、昨日から授業が始まった。実技は大学で行い、座学はリモートオンラインが基本だ。1年生の実技授業は午前中で、2年生は午後から。今年は卒業単位に含まれない学芸員資格を取るための授業も取るようだ。学芸員資格は『博物館に関する科目』の決められた単位を取れば、むさび卒業と同時に資格を得ることができる。教職か学芸員の資格を取る学生が多いが、資格を取得するためには、決められた授業の単位を得なければならない。学芸員科目の単位数は

  • 換羽の季節

    暖かくなって桜が咲き、花びらが散り始めるころ、我が家では羽根が散り始める。換羽(とや)の季節が始まったのだ。飼ってみるまで知らなかったのだが、鳥は一年に一度羽根を総取り換えする。日本では今頃の季節、暖かくなる頃、寒さから守ってくれていた暖かな羽根を全て、少しずつ生え変わらせる。全身の羽を取り換えるので、結構な時間がかかる。我が家の子達は、長い子は7月一杯くらいまでかけて化粧をし直す。ワカケホンセイインコのアクアこちらがうちで一番大きな鳥、アクア。水色

  • 大卒初任給はちょこっとアップだけなのに、学費は倍

    学費の払い込み請求書がきた。前期分でおよそ80万円。期限は今月20日。後期も同じ金額で、期限は9月21日だ。今年度は前後期合わせて約160万の学費。やっぱ美大の学費って高いやって思う。私立四大の倍くらいだよねって思いながら、母校のマンモス大学の学費を調べてみると入学金抜きで今年度は110万ちょいだった。美大は学費だけでも、他四年生大学の1.5倍くらいかかっちゃうんだよな。っていうか、母校の学費高っ!!思ったよりもずっと高くてびっくり。もう30

  • 久しぶりのお出かけ

    リハビリ中の娘、久しぶりに昨日出かけて行った。ずっと住んでいた町のお祭りに長年参加していたのだが、そこでの友人たちに会いに行ったのだ。ある程度の大きさを持ったお祭りで、3日間に渡って開催される。いくつもの町内に分かれて山車を引く、60年程続いている祭りだ。懐かしの地元の花火主人の仕事の都合で一緒に出かけることになったのは、娘が幼稚園の頃。産学官連携の一環として、ゼミの大学生を率いて参加していたのだが、6~7年くらい続けてやっていたかな?係が変わって主

  • お絵描きしりとりで形のイメージを掴む

    美術コースの高校生だったころ。休み時間に友人たちとする他愛もない『お絵描きしりとり』。これが結構勉強になったらしい。娘は、基本コレが苦手で。絵を描き始めたのが遅かったせいもあるかもしれない。絵の得意な人達と一緒に描いていくと、どうしても上手下手が如実に現れてしまうのだが、優しい友人たちはそれを指摘しないでいてくれる。同じ題で何人もが描いたりすると、そのモチーフの特徴が自然と現れる。一番記憶に残っているのが『リス』だそうだ。小さい頃からNHKの『ダーウ

  • ipad air購入の決め手はapple pen♪嬉しい学割価格

    去年一年使ってみてとっても使い心地が良かったらしいiPad。ムサビから貸し出しされてとても有難かった。今年も授業で必要なので、appleのタブレットを購入することにした。4月20日まで、MacもiPadも学割販売価格 iPad air とapple pen、magic keyboard美術系に必須のIllustratorやphotoshopとか。大学の授業でも必要になる。我が家のPCは3台ともWindowsだ。イラレもフォトショも使えないわけ

  • 社会復帰リハビリ経過報告(3)

    花粉症が辛いらしい。ベランダに出にくくなったようだ。今回はチャコペンで描いた足先。足先 デッサン:チャコペン画ipad airを購入してからは、デジタルでイラストを描いているようだ。だが、デジタル画は見せてくれないらしい。残念にほんブログ村

  • 社会復帰リハビリ経過報告(2)

    この間描いていたプロテアのつぼみに色がついた。プロテア:デッサンにパステル下地デッサンに1時間。色つけに45分くらいか?2日かけての仕上がり。使ったのはパステルヌーベルカレパステル固めのパステルでコスパがいいとお気に入りだ。それにボールペンや色鉛筆等でもう一時間かけた。3日でこちら。より色目が複雑になった。娘は形を捉えるのは苦手なのだが、色合いを考えるのは好きらしい。これで仕上がりかどうかは、ちょっと時間をおいて再度確

  • 社会復帰リハビリ経過報告(1)

    3月も下旬だ。東京もそろそろ緊急事態宣言が開けるという。相変わらず引きこもり傾向の強い娘。2日にいっぺんくらいはベランダで絵を描いている。うちのベランダには主人の趣味の植物が結構な数置いてあるので、描く対象はたくさんあるのだ。こちらは南国のなんていったかなぁ?植物の根元。南国の植物の根元:デッサン南国の植物の根元娘曰く「うひょーっ!!(喜びの声)ってなる」タイプの題材らしい。まぁ。楽しく描けるのならなんでもいいのだ。でも、普通

  • 藝大と私立美大の違いは:油画学業編

    藝大受験結果が出ました。合格した方、おめでとうございます!まして現役で合格されたなら、大変な親孝行ですよ。藝大は油画であれデザインであれ、数年浪人しても合格は狭き門です。加えて、合格するためにはそれなりの投資が必要経費としてかかります。合格した後も、作品作成のための必要経費はかなりな額に登ります。でも、学費は私立美大の4/1くらいだし、美術予備校(昼間)の学費と比べても半分~3/1くらい。現役でとんとん拍子で藝大合格された場合には、最初の1年がかなりキツメのメンタル攻撃をく

  • 社会復帰(?)リハビリ中

    引きこもり傾向の強い我が家。家族3人とも基本ステイホームである。去年12月の半ば頃、実技授業が終わった後は大学に出かけなかった娘。自分の部屋に引きこもり、ゴソゴソと何かをしている模様。気を付けないと真夜中過ぎまで動画を見たり音楽を聴いたり絵を描いたりとやりたい放題だ。寝るのが遅くなる→朝起きるのが辛いので昼近くまで寝てしまう→目が冴えて眠れない→夜遅くまで起きて何かしている→寝るのが遅くなる。のバッドルーティーンサイクルに入っている。基本『人嫌い』の

  • 平均値を上げていく事が、画力を高めることにつながる

    いつの時代も大学合格は通過点に過ぎない。どの学部を選んでもこれは同じだ。グローバリゼーションのこの時代において、バブル時代のような有名大学卒業をアクセサリーのように捉える風潮は全くみられない。となると、実質を求めるためにどの学生も大学に入ることとなる。美大油画への入学は、まさに実技のそれを高めることが主目的だ。油画の学生達(受験生も含む)は自分の絵と向き合い、描くことが将来への布石となる。枚数を描くうちに、自分の描き方が少しずつ解ってくる。そして、時々自分の

  • 美術予備校のススメ:彼らの違いは何か

    大学の油画の教授達はもともと、一人の作家として学生達をみている。年齢は違うしキャリアも違うし社会の評価も全く違うのだが、学生を自分たちと同じ一人の作家としてみてくれるのだ。『未熟(ではあるがある程度の画力がある)作家』相手に基礎的な『指導』なんて不必要だと考えているらしい。だって、作家同士である以上、対等なのだから。これは有難い事だが、そうでもない部分もある。実際には学生達には画力向上のための基礎的な指導が必要な場合が多々あるからだ。それなのに、大学ではそれを丁寧にしてはく

  • 美術予備校のススメ:彼らは何を教えてくれるか

    美術予備校の先生方は、予備校生の画力を向上させることにどん欲だ。結果が合否で如実に表れるので、自分自身の『指導力の成果』をごまかしようがないからだ。とてもシビアな世界だからこそ、個々人の画力を向上させるための指導が欠かせないのだ。※ただし、指導方法は予備校それぞれ個性がある。『美大受験突破』を目標としてひとりひとりの生徒に向き合うので、彼らはとても丁寧に指導してくれる。一人ひとりをきちんと見、それに合った指導方法をしていく。当然ながら同じ題材を描いていても、(油画の

  • 補欠合格繰り上がらなくて良かったと思う程、浪人はムダじゃない

    ムサビ油画一年生がもうじき終わる。娘は現役でムサビの補欠合格が繰り上がらなかったのだが、結果論ではあるが1年浪人したことは効果的だったようだ。浪人することによるメリットはメンタルが強くなる等いくつかあるが、一番大きな点は『画力があがる』。コレに尽きるだろう。まず、現役時代の娘の画力について。受験結果からみるとわかりやすい。ムサビは補欠:番号10番台多摩美は不合格:成績開示の結果、評価D(評価外=学科がいくらできても入学させない)の60点と判明1浪して再度チャレンジし

  • 藝大一次素描真っ只中

    そろそろ藝大1次試験も佳境を迎えるころだろうか。今年も油画の倍率が一番高い。相変わらずの狭き門だ。東京藝術大学HPより藝大油画の入試は、大学入学共通テストと、1次実技、2次実技の3つからなる。学科は油画の場合『何割取れば合格ライン。』とかはない。1次を通った者のみがチェックされる項目で、私立美大とは違って最低ラインが決められていないのだ。藝大油画の1次試験は鉛筆、木炭による素描だ。って思いつつ、学生募集要項を見ていたら、今年は4時間に

  • もうじき藝大一次試験

    ちょっと前に娘に受験時の下塗りのことを聞いてきた2浪のMちゃん。無事に多摩美の油画に合格を決めたようだ。他人事なのだが、なんとなくほっとした。彼女は多摩美向きの油を描いていたそうだ。浪人1年間同じクラスで、比較的一緒にしゃべっていたらしい。受験直前に下塗りの変更をしたのかもしれないが、間に合ったんだね。良かった。今週末に行われる25日、26日の藝大一次も受けるとのこと。滑り止めの合格を決めているから、のびのび描けるかな?多摩美と藝大の描き方の対策は似

  • 補欠だったあなたへ:大学合格者事情

    その宙ぶらりんな気持ち、想像がつくよ。私は補欠合格をもらったことはないけれど、娘の様子を見ていたから。合格でも落ちたでもない、補欠合格という曖昧な立ち位置。いつまで待たされるかわからない、ブラックボックスを開けたような気持ち。順位が中途半端なら、余計そうだよね。喜びと悲しみと半々にないまぜになって、あったかいのか寒いのかわからないような、どっちつかずの釈然としないような状態。気の抜けた炭酸水を開けてしまったような、生ぬるいコーヒーを手渡されたような、ぬかるんだ土の上を歩かさ

  • 合格発表はやっぱりドキドキ

    今年のムサビ、多摩美の合格発表は2月20日(土)だ。多摩美は13時から、ムサビは15時から。今頃は藝大一次に向けて頑張っている時期だけど、気にしないようにしているつもりでも、結果は気になっちゃうよね。今まで頑張った成果がでる合格発表。ムサビも多摩美も実技と学科の総合点で合否が決まる。学科の点数は結構な確率で予測がつくけど、実技はちょっと難しい。ひょっとすると、20~30点くらいの差がでちゃう。予備校の先生と相談してもね。ちょっとの違いで点数が変わってきちゃうから、実

  • 藝大油画への現役合格の可能性

    前回描いたブルーピリオド。成績は良いが生活態度は不良だった主人公が高校2年生時にある先輩の絵に触発され、美術部に入り藝大油画の現役合格を果たす。大学進学を考えた時に、初めて『美術』の道に進むかどうかを考慮し始めるのだが、その時点からスタートして果たして藝大への現役合格ができるかどうかを考えてみたい。藝大に現役合格した学生の手記などを読むと、「高校2年生まで木炭で絵を描いたことはなく」とか「油を始めたのは高校3年生になってから」とかいう記述がたまにある。受験直前まで絵

  • 藝大に入学して、半年もたたないうちに失踪するって本当?

    ブルーピリオドの最新刊を手に入れた。つい3回も読んでしまった。ブルーピリオド 山口つばさ作作家の山口つばささんは、藝大油画現役合格の漫画家さんだ。現在月刊誌アフタヌーンで連載中のブルーピリオドは、要領が良く成績優秀な遊び人だった高校2年生の男子生徒が、同じ高校の先輩の描いた絵に魅了されてしまい、美術部に入部することから始まる。現在9巻まで出版されていて、油画系美大生にはアルアル満載の漫画なのだが、美大生でない私には「どうして?」って思う部分も多々あり、理解す

  • 2021年度は一般選抜入試日程が変更されていた

    今日は多摩美の油画実技2日目。今年は造形の日程と多摩美の日程が被ってしまったらしい。どうやら多摩美が日程を変更したようだ。東京の油画のトップ3は言わずもがなの藝大、ムサビ、多摩美だろう。藝大は文句なしの最高峰。私立美大のツートップのムサタマ。多摩美は藝大と『合格する傾向の絵』が似ていると言われるので、藝大を受ける人は多摩美を受ける可能性が高い。大学受験は『大人の事情』が絡んでくるのか、受験日の日程を調整してくるのが基本だ。東京の私立美大は、ムサビ、多摩美、造

  • 受験当日にも伸びしろはある

    ムサビの油画が終了した。2/2デッザン。2/3油絵だった。タマビは2/7デッサン.2/8油絵だ。去年予備校で同じクラスだった友人から3週間くらい前に、去年の受験時の娘の下塗りの仕方について質問のラインをもらったそうだ。彼女が2浪を決めたのは知らなかったが、今年もチャレンジするらしい。こんな受験の間近に下塗りのやり方を変えても大丈夫なのかと娘に確認すると、「彼女の絵の描き方に私のあの時の下塗りが合うかどうかはわからないけど、まだ3週間もあるんだから、より良いも

カテゴリー一覧
商用