プロフィールPROFILE

カープ太郎さんのプロフィール

住所
南区
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
現役トレーナーのカープぶろぐ!
ブログURL
https://www.carp-damashii.work/
ブログ紹介文
カープを中心に野球に関する投稿や日常の知恵など投稿などをしています。
更新頻度(1年)

128回 / 307日(平均2.9回/週)

ブログ村参加:2019/01/14

カープ太郎さんのプロフィール
読者になる

カープ太郎さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(IN) 47,587位 48,799位 48,753位 48,824位 48,845位 圏外 圏外 978,214サイト
INポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
地域生活(街) 中国地方ブログ 208位 216位 216位 217位 218位 圏外 圏外 5,576サイト
広島(市)情報 21位 22位 23位 23位 22位 圏外 圏外 888サイト
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,214サイト
INポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
地域生活(街) 中国地方ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,576サイト
広島(市)情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 888サイト
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,214サイト
INポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
地域生活(街) 中国地方ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,576サイト
広島(市)情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 888サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、カープ太郎さんの読者になりませんか?

ハンドル名
カープ太郎さん
ブログタイトル
現役トレーナーのカープぶろぐ!
更新頻度
128回 / 307日(平均2.9回/週)
読者になる
現役トレーナーのカープぶろぐ!

カープ太郎さんの新着記事

1件〜30件

  • 「先発完投型投手」は球界から消えるのか?年々減少していく先発投手の完投数

    近年のプロ野球界では投手の分業制が進んで役割が細分化されています。今回は減り続けている完投数にスポットを当てて現状について話を進めていきます。 2011年以降のリーグ別完投数 現役選手で完投数の多い投手は? 完投数と言えば「沢村賞」 2019年は19年ぶりに沢村賞の該当者なし 完投数に対する疑問は声は「海外」からも MLB最後の「10完投」投手 サイヤング賞を受賞した投手の完投数 カープで最後の「10完投」は誰? ここまでわかったこと 今回のまとめ // 2011年以降のリーグ別完投数 まずは2011年以降のリーグ別完投数の推移をグラフ化した。見ての通り、2017年に少し変動があるが、基本的に…

  • 援護率と勝率は関係するのか?、最高勝率のタイトル獲得の山岡泰輔投手を検討

    先発投手の中にはなぜか負けがつかない投手が存在する。今回は援護率や失点などから負けのつかない理由について話を進めていきます。 援護率と防御率の関係 援護率が高いと勝利数も多いのか? 援護率が高いと敗戦数も少ないのか? 援護率と防御率の関係性 2019年は投球内容が大幅に改善したのか? 4失点以上した試合の勝敗状況 過去の最高勝率受賞者の「防御率」 最多勝を獲得した多和田真三郎投手 過去の「援護率トップ」から検討 ここまでわかったこと 今回のまとめ // 援護率と防御率の関係 規定投球回数到達者の援護率と防御率をグラフ化した。山口俊投手と高橋礼投手の5点台を超える援護率が際立っている。山口投手に…

  • 2019年のカープ先発陣の失点率と防御率、失点率増加の理由を内野守備の視点から考察

    先発投手陣の安定しなかった2019年のカープ。今回は先発投手陣の失点やそれに絡めて内野守備について話を進めていきます。 先発投手陣の失点率と防御率 野手陣の守備の影響 エラー指数との連動 2020年の内野陣のメンバー? 大幅なコンバートもありうる2020年 ここまでわかったこと 今回のまとめ // 先発投手陣の失点率と防御率 先発投手陣の失点率と防御率からその差を算出しグラフ化した。パッと見た通り、アドゥワ投手は防御率より大きく失点率が上回っている。つまり、「自分の責任以外での点を取られることが多い」ということになる。野村祐輔投手も同様に、自分の責任以外での失点が多かった投手と言える。 逆に大…

  • 新外国人ホセ・ピレラ選手のメジャーリーグでの打撃成績や内野&外野の守備位置をフカボリ

    新外国人投手としてホセ・ピレラ選手との契約が合意に至りました。今回はホセ・ピレラ選手のこれまでのキャリアについて話を進めていきます。 ホセ・ピレラ選手と契約合意 アメリカでのキャリア メジャーリーグでの成績 「フィリーズ退団」の報道直後の契約発表 MLBではどのくらい活躍したのか? 打撃成績を判断するのが難しい ポジション別の出場機会 2020年カープの外国人選手は6人目 ここまでわかったこと 今回のまとめ // ホセ・ピレラ選手と契約合意 11月2日にホセ・ピレラ選手とカープとの契約が発表された。マスコミ各社に向けて発表された契約状況は以下の通りである。 ベネズエラ出身 1989年11月22…

  • 2019年カープリリーフ陣の「球数」を検証、菊池保則投手と阪神リリーフ陣の"タフネスさ"

    障害予防や投手交代など様々な場面で注目を浴びる「球数」。今回はリリーフ投手の球数についてトレードも絡めて話を進めていきます。 「1イニングでの球数」を検証 菊池保則投手の球数が少ない理由とは? 三振は派手だがどうアウトを取るかが大事 過去10年のトレードで初の成功例 ここまでわかったこと 今回のまとめ // 「1イニングでの球数」を検証 以下のグラフは2019年の主なリリーフ陣の「1イニングの球数平均」になる。平均で見た場合、1イニングで最も球数を多く投げているのは中﨑翔太投手。そして、新戦力となった島内颯太郎投手、遠藤淳志投手がそれに続いている。逆に最も少ないのがこちらも新戦力となった菊池保…

  • 大きくアップした「平均球速」、155キロ左腕の中村恭平投手の飛躍の2019年を振り返る

    カープ投手陣の2018年と2019年の平均球速の変化を抽出した。今回はその変化と中村恭平投手の1年について話を進めていきます。 2018-2019年のカープ投手陣の平均球速の変化 中村恭平投手のシーズン中の変化 ボール球で最高球速を記録することが多い 7月に起きた緊急降板 ここまでわかったこと 今回のまとめ // 2018-2019年のカープ投手陣の平均球速の変化 2018~2019年の2シーズンに渡って登板した投手をピックアップ。それぞれの各年のストレート平均球速をグラフ化をして比較した。 図1 2018-2019年のストレート平均球速比較 年度差が1km/h以内のものは誤差範囲内とした。上…

  • 2019年もたくさん出版された「カープ本」のまとめ

    2019年も終わりそうなので、カープ関連本をまとめました。優勝しなかった2019年は出版数がやはり少なめです。3連覇中は本屋さんが「赤一色」な時がありましたね。年末までの出版情報は随時追記していきたいと思います。※ すでに販売終了の書籍もあるかも知れません 引退選手の書籍 広島アスリートマガジン 週刊ベースボールマガジン その他 学習書籍 // 10-11月の新刊 梵脳 失敗したらやり直せばいい。 2019カープ激闘グラフ 広島アスリートマガジン 2019年特別増刊号 広島アスリートマガジン2019年11月号[2019 惜別鯉戦士 ラストメッセージ] 引退選手の書籍 梵脳 失敗したらやり直せば…

  • カープがDJ.ジョンソン投手と契約、メジャーリーグでの成績や球速・球種・投球内容を検証

    新外国人投手としてDJ.ジョンソン投手との契約が合意に至りました。今回はDJ.ジョンソン投手のこれまでのキャリアについて話を進めていきます。 DJ.ジョンソン投手と契約合意 アメリカでのキャリア メジャーリーグでの成績 10月23日にロッキーズがリリース(放出) 投手タイプは先発?リリーフ? 球種や投球タイプは? 「ジョンソン投手」が2人に、登録名は? 2020年カープの外国人選手は4人目 MLBで活躍する元「助っ人」たち ここまでわかったこと 今回のまとめ // DJ.ジョンソン投手と契約合意 10月25日にDJ.ジョンソン投手とカープとの契約が発表された。マスコミ各社に向けて発表された契約…

  • バティスタ選手が参加する「ウィンターリーグ」、川崎宗則選手や北方悠誠選手なども各国で参戦

    現在は契約保留中のバティスタ選手が参加しているウィンターリーグ。今回はバティスタ選手の現状とウィンターリーグについて話を進めていきます。 バティスタ選手の所属するチーム バティスタ選手のウインターリーグの打撃成績 メヒア選手とフランスア選手も参加 参加している元日本プロ野球所属の選手たち カープに在籍した「ラミーレス投手」も参加 その他の国のウインターリーグ 独自に戦略的パートナーシップを締結するチームも 39歳でドラフト指名された投手はメキシコリーグに参加 日本人メジャーリーガー(マイナー)も参加 MLBがベネズエラウインターリーグの参加を禁止に アジアウィンターリーグには川崎宗則選手も参加…

  • 優良助っ人ブライアン・バリントン投手、今はMLBスカウトとして佐々木朗希投手も視察

    カープファンの中でも強く記憶に残るブライアン・バリントン投手。今回はバリントン氏の引退後の現在の活動を中心に話を進めていきます。 プロフィール MLBとNPBでの通算成績 「残念な全米ドラフト1位」に選出 引退後はスカウトに転身 9月には佐々木朗希投手も視察する様子も 期待された「第2のバリントン」 ここまでわかったこと 今回のまとめ // プロフィール 右投げ・右打ち 193cm、95kg 2002年 全米ドラフト1位でパイレーツに入団 2005年 9月にメジャー初登板 2008年 シーズン途中にインディアンスに移籍 2009年 ブルージェイズに移籍し、中継ぎ転向 2010年 ロイヤルズに移…

  • 梵英心選手が著書出版「梵脳 失敗したらやり直せばいい。」、カープ退団後の活動と現在

    先日で元カープの梵英心選手が現役引退を発表しました。今回は退団後のこれまでの動向と現在について話を進めていきます。 // プロフィール カープ退団後の動向 2019年は解説も経験 指導者としてのスタンスと目標 三次市にある実家は「専法寺」 「梵脳 失敗したらやりなおせばいい。」初の著書出版へ まとめ プロフィール 173cm・76kg 右投げ・右打ち 2005年ドラフト3位 三次高校-駒沢大学-日産自動車-カープ-エイジェック 2006年 最優秀新人 2010年 最多盗塁・ゴールデングラブ賞 通算 1096試合 990安打 135盗塁 カープ退団後の動向 2017年11月 12球団トライアウト…

  • 高卒ルーキーの羽月隆太郎選手が打率3割達成、1軍で活躍するために必要な3つの課題を検証

    2019年も先月でウエスタン・リーグの全日程を終えました。今回は高卒ルーキーながら活躍した羽月隆太郎選手を中心に話を進めていきます。 // プロフィール 高卒ルーキーが残した好成績 月別の安打数と盗塁数 少なすぎる「四球による出塁」 改善したい長打力 盗塁技術の改善 赤松真人選手と過ごした貴重な1年目 ここまでわかったこと まとめ プロフィール 羽月隆太郎 背番号 69 右投げ・左打ち 167cm、70kg 2018年ドラフト7位 神村学園高校 契約金 2500万円・年俸 450万円 高校2年夏の甲子園に出場し2番遊撃手でベスト16 50mは5.7秒の俊足 高卒ルーキーが残した好成績 ひとまず…

  • 會澤翼選手が3年契約で残留に、そこから見える「打撃面の効果」と将来の「監督候補」

    會澤翼選手のFA宣言をせず3年契約での残留が決まりました。今回はそれによる効果と見えてきた将来像を中心に話を進めていきます。 // 會澤翼選手のカープに残留決定 残留によって生まれた「打撃面での効果」 早期の決断が「戦力補強」にも好影響 見えてきた「将来の監督候補」 若手捕手たちが超えるべき「高い壁」に ここまでわかったこと まとめ 會澤翼選手のカープに残留決定 10月10日、會澤翼選手が3年の複数年契約でカープ残留が決定した。3年契約を結んだのは過去には東出輝裕選手、廣瀬純選手、横山竜司投手など。近年では丸佳浩選手に提示したもののFA移籍により未契約となっている。契約金は3年で6億円となり、…

  • 4年振りにMLB復帰した元カープのジェイ・ジャクソン投手の現在地

    2019年からMLB復帰を果たしたジェイ・ジャクソン投手。今回はカープ退団後のジャクソン投手の活躍を中心に話を進めていきます。 // 2019年からメジャーリーグ復帰 ジェイ・ジャクソン投手の2019年成績 「ジャクソンスマイル」は日本限定だった? 日本球界復帰の可能性は? ここまでわかったこと まとめ 2019年からメジャーリーグ復帰 カープとの契約が2018年で終了したジェイ・ジャクソン投手。2019年からはアメリカに帰国して再びMLBに復帰してプレーしている。所属はミルウォーキー・ブリュワーズ(契約時は傘下3A/サンアントニオ)。発音の関係で表記が「ブルワーズ」とも掲載されていることもあ…

  • 2019年のみやざきフェニックスリーグが開幕、気になるカープ戦の中継は?

    2019年の公式戦は終わり、また新たに2020年に向けてスタートする。今回は若手たちが奮闘するフェニックスリーグにスポット当て話を進めていきます。 // フェニックスリーグとは カープから派遣される選手は? 今年から「BSスカパー!」で中継が開始! 増えつつあるインターネットでの配信 イレブンスポーツ 虎テレ パ・リーグTV 尾仲祐哉投手の投球が観れる プロ野球各球団の参加選手は? ソフトバンクのスチュワート投手も参加 ここまでわかったこと まとめ フェニックスリーグとは 今年で16回目になるフェニックスリーグ。宮崎県にて2019年10月7日~28日までの22日間で行われる。別名「教育リーグ」…

  • 公式戦が終わると同時に、野球ブログも終わる(苦笑)

    プロ野球公式戦が終わり、PVが1/3程度まで下がる...CSがあるとはいえ、世間がプロ野球から興味が薄れたのも事実。ま...打率とか球速とかシーズン終わって検索しないですからね。オフの興味といえば、移籍の話や戦力外の話が中心になりますので。ブログを始めて初のオフを迎え、現実を味わっております...苦笑 少しずつながらも伸びていたPVも9月末からガタ落ちする現実。今後のモチベーションをどこに持っていくか悩みどころですな。オフは休むか、辞めるか、投稿し続けるか、雑記ブログに変えるか...時期ものや数字が変化するものは安定して運営するのは難しいのかな。自分が興味あっても、世間は興味なかったりもするも…

  • セ・リーグのリリーフ事情、阪神の安定感はリーグ屈指

    リリーフ陣に苦労したカープの2019年シーズン。今回はセ・リーグのリリーフ陣にスポット当てながら話を進めていきます。 // セ・リーグリリーフ陣の登板数 登板数と防御率の関係性 防御率と総合評価の関係性 阪神リリーフ陣の優秀さが際立った2019年シーズン ここまでわかったこと まとめ セ・リーグリリーフ陣の登板数 セ・リーグ6球団のリリーフ投手の登板数をグラフ化した。ここでピックアップしたのは年間30試合登板以上のみとした。最多登板は74試合でDeNAのエスコバー投手。No.2は71試合で同様にDeNAの三嶋一輝投手。No.3はヤクルトの梅野雄吾投手とハフ投手の2人で68試合。 70試合が2人…

  • 減少する「規定投球回数達成者」と「先発の価値観」

    シーズンも終盤になり、規定投球回数達成者の話も出ている。今回は規定投球回数を中心に先発投手の投球回数を中心に話を進めていきます。 // 減り続ける「規定投球回」達成者 リーグによる違いはあるのか? 過去6年間の達成者の達成回数 先発投手全体の投球回も減り続ける 年々悪化していく先発の防御率 導入され始めた「オープナー」の影響も? ここまでわかったこと まとめ 減り続ける「規定投球回」達成者 2005年以降の12球団の規定投球回数達成者をグラフ化した。以前は、先発は「長いイニングを投げる」ことに重きを置かれていた。年度により上下幅があり、平均して同じ人数が達成している訳ではない。ただ、2013年…

  • カープのクオリティースタート率、変化する価値観

    2019年の先発投手陣のクオリティースタート率。ジョンソン投手と大瀬良大地投手を中心に2019年を振り返ります。 // ジョンソン投手のクオリティースタート率 大瀬良大地投手のクオリティースタート率 2019年のクオリティースタート率 2015年以降のチームのクオリティースタート率 とは言え、セ・リーグトップを記録 ここまでわかったこと まとめ ジョンソン投手のクオリティースタート率 2019年のジョンソン投手の投球イニングと自責点をグラフ化した。完投数こそ少ないものの、目立つのは自責点がゼロの試合数の多さだろう。26試合中11試合で自責点ゼロで投球を終えている(自責点ゼロ率.423)。春先は…

  • 先発投手たちの2019年、やはりジョンソン投手がNo.1

    実績組の不調や離脱が目立った2019年の先発投手陣。2018年の成績と比較を行いながらカープの先発陣を検討していきます。 // 先発投手たちの貢献度 2018年まで貢献してきたリリーフ投手の変化 2019年のクオリティースタート率 床田寛樹投手の飛躍が目立った2019年 ここまでわかったこと まとめ カープ特集掲載雑誌 先発投手たちの貢献度 最初に登板試合数と投球内容をプロットした表から見ていく。登板試合はやはり大瀬良大地投手とジョンソン投手が多い。トミージョン手術から復活してきた床田寛樹投手が2人に続く。フル回転を期待された野村祐輔投手は数回の離脱のため登板数が物足りない。投球内容に目を移す…

  • リリーフ投手たちの2019年、貢献度の高い菊池保則投手

    ベテランたちの不調が目立ったリリーフ投手陣。2018年と2019年の比較を行いながらリリーフ陣の今を検討していきます。 // リリーフ投手たちの貢献度 2018年まで貢献してきたリリーフ投手の変化 新戦力の台頭が目立った2019年 ここまでわかったこと まとめ リリーフ投手たちの貢献度 最初に登板試合数と投球内容をプロットした表から見ていく。登板試合はやや少ないものの、投球内容では中村恭平投手が良い。菊池保則投手とフランスア投手は登板内容は多く、投球内容はそこそこ。フランスア投手に関しては、2018年が圧倒的だったのでどうしても印象が悪い。しかし、そこを除けば中継ぎ投手として十分に活躍している…

  • 成績振るわぬ大瀬良大地投手、通用しないストレート

    不本意な登板が続いている大瀬良大地投手。今起きていることを球種を中心に話を進めながら検討していきます。 // 2019年の投球スタイル 通用しなくなったストレート 球速が落ちて通用しなくなったのか? 他に考えられる理由は? 長いイニングが投げられない後半戦 ここまでわかったこと まとめ 2019年の投球スタイル まずは2018年と2019年の球種割合を見ていく。基本的には「ストレート系の球種」が投球の多くを占める。ストレートの割合が減り、カットボールの割合が増えているのがわかる。割合自体は少ない球種だが、スライダーは微増、スプリットは微減している。 図1 球種別の投球割合 通用しなくなったスト…

  • バティスタ選手のドーピング問題、疑問の残る「期間」での処分

    バティスタ選手のドーピング違反の処分が本日発表されました。6ヵ月という処分が下されましたが、その問題と今後について検討したいと思います。 前回の投稿 www.carp-damashii.work // ドーピング違反の制裁発表 「6ヵ月」という処分は正しいのか MLBでは「期間」なのか「試合」なのか 韓国プロ野球も「試合数」での処分 他競技の選手たちの処分内容 改めてNPBの規約を見ると基準は「試合」 経緯の判明が必要だが... 今後のバティスタ選手の動向 ここまでわかったこと まとめ ドーピング違反の制裁発表 本日9月3日にバティスタ選手のドーピング違反に対する処分が発表された。NPBアンチ…

  • 被打率がワースト1位に...エース大瀬良大地投手の今

    4連覇に向けて投手陣の軸として期待された大瀬良大地投手。不本意な投球が続く2019年の投球内容を被安打率から検討していきます。 // 自己ワーストの10失点で降板 12球団で最も安打を打たれている投手に 投手総合評価とした見た場合 与四球は優秀な成績 「絶対的エース」になり切れない大瀬良投手 ここまでわかったこと まとめ 自己ワーストの10失点で降板 大瀬良大地投手が8月29日の登板で自己ワーストの10失点を記録。チームのエースとしてはファンも本人も不満の残る投球内容になった。「奇跡の逆転劇」の最後のチャンスだったはずの巨人3連戦。以前からシーズンの大事な試合で大量失点をする場面が目立つ。大事…

  • プロ初の3割打者へ、西川龍馬選手の打撃の進化

    飛躍の1年となった2019年の西川龍馬選手。そこでここまでの打撃成績を振り返りながら好調の理由を検討していきます。 // 好調な8月の西川龍馬選手 チームでも鈴木選手に次いで2位 8月に入って大きく改善した「四球」 打撃内容も大きく変化 1番としての適性はあったのか? プロ初の規定打席到達へ 減った守備への不安 ここまでわかったこと まとめ 好調な8月の西川龍馬選手 前兆は7月から見られていたが、8月はより打撃成績が向上した。特に出塁率+長打率に関しては、2019年シーズンで最も高い成績を残している。その背景として、他の月に比べて出塁率が向上し、総合値の底上げとなっている。夏以降、1番打者とし…

  • バティスタ選手のドーピング違反、抱える3つの問題

    広島に衝撃を与えたバティスタ選手のドーピング違反から10日。今後どのような処分が下り、どんな問題があるのかをを検討していきたい。 // 衝撃が走ったドーピング違反の発表 過去のドーピング違反の選手たち ドーピング違反の通達後の流れ 「1年の出場停止の場合」で起きる問題 「6月に判明した時点で出場させるべきだったのか」という問題 「どのような経緯だったのか」という問題 メネセス選手に下された重い処分 MLBでも試合に出られない バティスタ選手の契約解除はあるのか? 余波はグッズ販売にも影響 ここまでわかったこと まとめ 衝撃が走ったドーピング違反の発表 8月17日にカープ球団よりバティスタ選手の…

  • カープ2軍野手の打撃成績、次に出てくるのは誰?

    2019年シーズンの2軍の試合も残り僅かとなってきた。そこでここまでの野手の打撃成績を振り返りながら現状を検討していきたい。 // 1軍出場なしの2軍野手打席数 各選手の打撃成績 各選手の本塁打数 打席数と打率の関係 打席数と出塁率+長打率の関係 2019年の2軍の選手起用 ここまでわかったこと まとめ 1軍出場なしの2軍野手打席数 チームで最も打席に立っているは新人の正随優弥選手。次いで同じく新人の林晃汰選手、さらに新人の大盛穂選手と続く。そして、5位に羽月隆太郎選手、6位に中神拓都選手と新人が位置している。こうして見ると、例年よりも積極的に新人を起用しているのがわかる。 図1 1軍出場なし…

  • 長野久義選手が1軍復帰へ、2軍で過ごした2か月間

    長野久義選手の1軍復帰がついに決まった。2軍での2か月を振り返りながら今後を検討していきます。 // ルーキー以来の2軍降格 2軍での通算成績 打てない日々が続いた7月と復調傾向を見せた8月 8月に起きた打撃内容の変化 試合に出れることが楽しそうだった2軍の長野選手 そして1軍に復帰 長い2軍生活がきっと役に立つ時が来る ここまでわかったこと まとめ ルーキー以来の2軍降格 2軍降格が決まったのが7月2日。ケガ以外ではルーキーの2010年以来の2軍降格となった。本来の打撃は開幕から影を潜めており、極度の打撃不振に。 49試合 106打数 22安打 2本塁打 7打点 打率.208 「スロースター…

  • 12球団外国人野手の「コスパ度」、良い選手は誰?

    チーム成績に大きく影響する外国人野手の成績。12球団の外国人野手たちの成績からコスパ度について検討していきます。 // 鈴木誠也選手の8月の打撃成績 規定打席到達者の外国人野手の年俸 12球団の外国人野手の「コスパ度」 圧倒的な成績を残している選手が少ない2019年 どうなるのか??バティスタ選手のドーピング違反の問題 ここまでわかったこと まとめ 鈴木誠也選手の8月の打撃成績 セ・リーグ外国人野手(規定打席到達者)をピックアップ。各選手の打撃・走塁・守備の貢献度を数値化してグラフ化した。ビシエド選手、バレンティン選手、バティスタ選手、ソト選手は打撃面で目立つ。反面、バレンティン選手とソト選手…

  • 首位打者獲得へ、8月の鈴木誠也選手はどう変わった?

    8月に入り、好調を維持している鈴木誠也選手。そこで打撃内容を分析してどう変化しているのかを検討していきます。 // 2019年の四球率と長打率 月別の塁打の推移 変化した打球角度 変化した打球方向 自分の役割に徹している8月 ここまでわかったこと 【 追記 】 サビエル・バティスタ選手がドーピング検査陽性 まとめ 2019年の四球率と長打率 ここまでの8月の成績を振り返ろう。 49打数 21安打 14四球 0本塁打 8打点 打率.429 8月に入って、高打率をキープしているものの本塁打は0。打率を見てわかる通り、調子が悪くて打てていないのではない。それまでの打撃スタイルとは大きく変化している様…

カテゴリー一覧
商用