searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

うーてぃさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

健康資産の向上を目的とした、CBDオイルの種類・使い方・選び方・商品に関する情報サイトおよびオンラインストア(https://store.cbd-library.com/)です。これからの人生100年時代の健康を支えるCBDオイルの魅力を分かりやすく伝えていきます!

ブログタイトル
人生100年時代にCBDオイル
ブログURL
https://cbd-library.com/
ブログ紹介文
CBDオイルの情報サイトとオンラインストア
更新頻度(1年)

64回 / 365日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2019/01/14

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、うーてぃさんをフォローしませんか?

ハンドル名
うーてぃさん
ブログタイトル
人生100年時代にCBDオイル
更新頻度
64回 / 365日(平均1.2回/週)
フォロー
人生100年時代にCBDオイル

うーてぃさんの新着記事

1件〜30件

  • CBDオイルと減量効果

    当記事は、アメリカ有数の大麻(麻)情報メディア『ウィードマップス(weedmaps)』の提供コンテンツです。最近の研究で、CBD(カンナビジオール)オイルと体重減少に関する、驚くべき可能性が明らかになりました。この記事では「研究概要」「患者の視点」「専門家の見解」「結論」といったテーマで、解説していきます。

  • CBDA(カンナビオール酸)とCBDの違いは?

    当記事は、アメリカ有数の大麻(麻)情報メディア『ウィードマップス(weedmaps)』の提供コンテンツです。CBDは、痛みやストレスをやわらげる可能性が注目されていますが、CBDA(カンナビオール酸)については、ご存知ですか?この記事では「CBDAとは?」「CBDAはCBDより優れている?」「CBDAは何に使われるのですか?」「CBDオイルの中にCBDAは入っていますか?」「CBDAを喫煙することはできる?」といった疑問に対して、解説していきます。

  • どうやってCBDティンクチャーを選んで、使えばいいの?

    当記事は、アメリカ有数の大麻(麻)情報メディア『ウィードマップス(weedmaps)』の提供コンテンツです。現在、CBDティンクチャーはマリファナを吸う代用品として扱いやすいと人気があります。この記事では「CBDティンクチャーとは、どんなもの?」「CBDティンクチャーとCBDオイルは同じもの?」「CBDティンクチャーは、どんな風に使用すればいい?」「CBDティンクチャーのメリット」「CBDティンクチャーのデメリット」「CBDティンクチャーの効果は?」「CBDティンクチャーは、どうやって選んだらいいの?」といった疑問に対して、解説していきます。

  • CBDは、何のために使われるの?

    当記事は、アメリカ有数の大麻(麻)情報メディア『ウィードマップス(weedmaps)』の提供コンテンツです。CBD商品の利点にまつわる評判はさておき、CBDの治療上の特性について、どのような研究結果が出ているのでしょうか?この記事では「CBDの特長は?」「CBD商品の種類」「ヘンプ由来とマリファナ由来のCBD」「CBDの持続時間は?」といった疑問に対して、解説していきます。

  • CBDバターって、何?

    当記事は、アメリカ有数の大麻(麻)情報メディア『ウィードマップス(weedmaps)』の提供コンテンツです。CBDバターは、いろいろな料理に活用できる、CBD初心者向けの定番レシピです。この記事では「CBDバターのつくり方」「CBDバターの用途は?」「CBDバターのCBD含有量は?」「CBDバターづくりに最適なバターは?」といった疑問に対して、解説していきます。

  • 大麻(麻)に含まれたTHCとCBDの量をわかりやすく示す方法

    当記事は、アメリカ有数の大麻(麻)情報メディア『リーフリー(Leafly.)』の提供コンテンツです。大麻(麻)商品には、THC(テトラヒドロカンナビノール)とCBD(カンナビジオール)の含有量を表示することが義務付けられていますが、表示内容を理解するのは、難しいことでしょう。この記事では大麻(麻)に含まれたTHCとCBDの量をわかりやすく示す方法を、解説していきます。

  • CBDに関するFDA(米国食品医薬品局)の公聴会で得られた5つのポイント

    当記事は、アメリカ有数の大麻(麻)情報メディア『リーフリー(Leafly.)』の提供コンテンツです。FDA(米国食品医薬品局)の公聴会で、100人以上の関係者が10時間にわたりCBD(カンナビジオール)に関する証言を行い、5つのポイントが総意として挙げられました。この記事では「CBD市場にはジャンク品が多すぎる」「消費者はどれが合法な商品なのか?知るすべがない」「多くの人々にとっては、CBDが何なのか?見当もつかない」「FDAは、副作用について深刻な懸念を抱いている」「個人の体験などエピソード的な証拠はFDAでは通用しない」といったポイントを、解説していきます。

  • CBD vs THC 何が違うの?

    当記事は、アメリカ有数の大麻(麻)情報メディア『リーフリー(Leafly.)』の提供コンテンツです。THCもCBDも同じ大麻から抽出されたカンナビノイドという成分の一種です。一方で、それぞれ体感に大きな違いがあるため、ディスペンサリーでの購入方法も異なります。この記事では「CBDとTHCの違いは何?」「CBD vs THC 法律上の違い」「CBDの医学的効果は?」「高CBDの品種は、どれを試せばよいの?」といったテーマで、解説していきます。

  • CBD研究の現状

    当記事は、アメリカ有数の大麻(麻)情報メディア『ウィードマップス(weedmaps)』の提供コンテンツです。ヘンプ(産業用大麻)由来のCBD(カンナビジオール)は、米国50州すべてで合法とされ、その治療効果の可能性についての研究も盛んに行われています。この記事では「CBD研究とは?」「CBD研究の定義」「CBDの効果は医学的に証明されているの?」「CBDは本当に効果があるの?」「最近のCBDの臨床試験と研究」「CBD研究の将来性」といったテーマで、解説していきます。ヘンプ由来のCBDは、米国50州すべてで合法とされており、その治療効果の可能性についての研究も盛んに行われています。ここでは、CBD研究の現状、すでに証明されていること、CBDがもたらす効果、最近の研究や臨床試験について紹介します。

  • CBDマッスルバームについて知っておきたいこと

    当記事は、アメリカ有数の大麻(麻)情報メディア『ウィードマップス(weedmaps)』の提供コンテンツです。筋肉の痛みをやわらげるのに適した大麻商品の1つが、CBD(カンナビジオール)マッスルバームです。この記事では「CBDマッスルバームとは?」「CBDバームには効能があるの」「CBDの有効性に関する研究」「CBDマッスルバームはどのように作用するの?」「CBDは筋肉の回復に役立つの?」といった疑問に対して、解説していきます。

  • ヘンプにはCBDが含まれていますか?

    簡単に言うと、ヘンプにはカンナビジオール(CBD)が含まれています。 もう少し詳しくいうと、ヘンプには、テトラヒドロカンナビノール(THC)はわずかしか含まれていないかもしれませんが、有益な化合物と知られているCBDが多量に含まれていること

  • CBDは大麻(麻)からどのように抽出されるの?

    高品質のCBD(カンナビジオール)オイルは高価なので、できるだけ長持ちさせたいと思うものです。1日に数滴しか使わないのであれば、ボトルをすべて使い切るのに何ヶ月、あるいは1年もかかるかもしれません。このような場合「CBDオイルには消費期限があるのだろうか?」という疑問がわいてくるかもしれません。ここでは、CBDオイルを長持ちさせる方法など、CBDの長期保存に関するよくある質問にお答えします。

  • CBDダブの摂取方法

    CBD(カンナビジオール)ダブは、摂取可能な大麻(麻)商品の中で最も高濃度な一つです。ここでは「CBDダブとは何か?」「使用するとどのような気分になるのか?」どのように使用するのかについて、説明します。

  • CBDオイルに消費期限はあるの?

    高品質のCBD(カンナビジオール)オイルは高価なので、できるだけ長持ちさせたいと思うものです。1日に数滴しか使わないのであれば、ボトルをすべて使い切るのに何ヶ月、あるいは1年もかかるかもしれません。このような場合「CBDオイルには消費期限があるのだろうか?」という疑問がわいてくるかもしれません。ここでは、CBDオイルを長持ちさせる方法など、CBDの長期保存に関するよくある質問にお答えします。

  • 新しいCBD商品の種類と使い方のご紹介

    CBDオイルは、サプリメント業界で最も人気のある商品の一つです。CBDの世界を探求したい方は、CBDオイルの種類を見分ける方法をご覧ください。また、購入する際の注意点や、CBD製品に期待できる効果についてもご紹介します。

  • CBDを発見したのは誰?

    ごく小さな分子、CBD(カンナビジオール)が、近年多くの関心を集めています。CBDは現在、医薬品や栄養補助食品として、あちこちで目にするようになり、使用者は、不安や不眠・炎症などの様々な不調や病気の症状を軽減させるため、CBDに頼っています。CBDがない世界を想像するのは難しいかもしれませんが、実はその発見と国際的な注目は、比較的最近でした。CBDの発見から現在までの軌跡をたどると、この万能なカンナビノイドと歴史が魅力をもって垣間見えてきます。

  • CBDのメリットと摂取方法について知っておくべきこと

    CBD(カンナビジオール)は、軟膏・飲み物・グミ、さらには生理用品にも含まれています。しかし、その人気の背景には「CBDが何であるか?」「それがどのように機能するか?」「そしてそれが合法かどうか?」について、誤った情報があふれていることも同時に意味しています。CBDにはまだ馴染みがないけれど、CBDのメリットと摂取方法についてもっと知りたい場合は、このまま読み進めてください。

  • CBDオイルのベイプ吸引

    CBD(カンナビジオール)オイルは、多くの治療効果が期待できることから、爆発的な人気を誇っています。CBDオイルのベイプ吸引は、効果的なCBDの摂取方法として、よく使われる方法の一つです。この記事では、CBDオイルのベイプ吸引で得られる可能性のあるメリットや、CBDオイルをベイプ吸引する商品の購入方法、CBDオイルの吸い方などをご紹介します。

  • 【Leaflyマーケットウォッチ】なぜ今、CBDの関心が急速に高まっているのか?

    『リーフリー(Leafly.)』(アメリカ有数の大麻(麻)マーケットプレイス&メディア)では、CBD(カンナビジオールの略で、大麻に含まれる約80種類の有効なカンナビノイドの1つ)の効果に対する関心が非常に高まっています。この記事では、なぜ今、CBDの関心が急速に高まっているのか?をデータを元に解説します。

  • 『シーラビッツ(C-Rabbits) 』とは、どんなCBDオイルのブランド?

    『シーラビッツ(C-Rabbits) 』はお菓子メーカーだから実現した、コスパに優れたCBDスナックブランドです。苦味をおさえるマスキング技術に可食プリント。美味しさとビジュアルを兼ね備えたCBDスナックを展開し、コスパ重視、気軽に美味しくCBDを摂取したい方向け。食品メーカーとして、国内に自社工場を保有。高い水準で品質をコントロールしています。

  • 『 ユーフォリア(EUPHORIA) 』とは、どんなCBDオイルのブランド?

    『ユーフォリア(EUPHORIA) 』はEU加盟27ヵ国、のべ1,000以上のお店で流通するチェコ発のCBDブランド。シュガーレス&ヴィーガン仕様&遺伝子組換え作物(GMO)不使用。3拍子そろった、ヘルシーなCBDガムで、アクティブタイムの少量摂取(マイクロドージング)を好む方向け。IFS、BRC認証取得。国際基準に基づく製造・品質体制を整えています。

  • 『モスティフード(MOSTY food) 』とは、どんなCBDオイルのブランド?

    『モスティーフード(MOSTY food) 』はプロが認める、原料の目利き力。知る人ぞ知る高品質CBDブランド。ベーシックなオイルから、ペットと一緒に食べられるユニークなクッキーまで展開し、名(知名度)よりも実。風味重視の本物志向の方向け。大手製薬会社との取引で培った、医薬品グレードの製造・品質管理体制をそなえています。

  • 『カミュ(CAMYU)』とは、どんなCBDオイルのブランド?

    カラダの神経・免疫調節成分をサポートする、CBD(カンナビジオール)商品。 ウェルネス志向の欧米で広まり、日本でも話題になりつつあります。 しかしこれだけ数多くの商品があると「どれを選んだらいいかわからない」と迷ってしまいますよね? そこで

  • 『オディセア(Odisea)』とは、どんなCBDオイルのブランド?

    『オディセア (Odisea)』は「CBDに救われた」そんな代表の原体験と熱意から生まれた、CBDブランド。CBD含有量も選べる、毎日食べても罪悪感のないヘルシーなクッキーを展開し、自身や大切な人の健康を気づかう方、罪悪感のないおやつを探している方向け。スイス国認定の種を厳選採用した上で、原料・最終製品ともに国内の第三者機関で入念チェックしています。

  • 【口コミ(体験談・感想)】ユーフォリア(EUPHORIA)『CBDシュガーレスチューインガム18mg/12個』

    ユーフォリア(EUPHORIA)『CBDシュガーレスチューインガム18mg/12個』は、食べる(エディブル)タイプの人気CBDガム。価格980円(税込)で購入でき、原産地チェコです。体験者からも「はじめて食べた時には「何この味!?」と驚いてしまいました。それもそのはず、風味成分に使われているのがヘンプ(大麻・麻)フレーバーなんです。そんなガム、食べたことないじゃないですか。」というおすすめの声が寄せられています。

  • 『サンナナエスピー(37sp) 』とは、どんなCBDオイルのブランド?

    『サンナナエスピー(37sp)』は、平熱37度を目指す、ドクターズサプリメーカーが手がけた国産ブランド。ハーブ専門家が、目的別にテルペンを調合した3種類のCBDオイルをそろえ、香り重視で、目的別に使いこなしたい方向け。0.0001%の検出精度を誇る、世界有数の機器で、不要な成分を除去しています。

  • 『ビジェル(BIJEL)』とは、どんなCBDオイルのブランド?

    『マリタイム(MARITIME) 』は、2020年7月にデビューした、神戸発、100種類以上のCBD商品を試して生まれたメイド・イン・ジャパンブランド。5段階の濃度で選べるCBDオイルが看板商品で、少量摂取(マイクロドーシング)を重視する方向け。ヘルスケア業界で50年もの実績を持つ、第三者機関で検査しています。

  • 『ベロバー(VELOBAR) 』とは、どんなCBDオイルのブランド?

    『ベロバー(VELOBAR)』は、2016年に設立され、世界最大級の男性誌『Men’s Health』でアワード受賞したCBDブランド。こだわりの素材は、シュガー・グルテンフリー&ヴィーガン&オーガニックと、運動のパフォーマンスを上げ、メンタルもケアしたい方向け。CBD入りの食品としては珍しい、アメリカ食品医薬局(FDA)認定の工場で生産されています。

  • 『マリタイム(MARITIME) 』とは、どんなCBDオイルのブランド?

    『マリタイム(MARITIME) 』は、2020年7月にデビューした、神戸発、100種類以上のCBD商品を試して生まれたメイド・イン・ジャパンブランド。5段階の濃度で選べるCBDオイルが看板商品で、少量摂取(マイクロドーシング)を重視する方向け。ヘルスケア業界で50年もの実績を持つ、第三者機関で検査しています。

  • 『サクラCBD(SAKURA CBD) 』とは、どんなCBDオイルのブランド?

    『サクラCBD(SAKURA CBD)』は、名古屋の老舗ベイプショップが手がけるCBDブランドひと月に約1000本売れたカートリッジと、3種のバーム高濃度ならではの体感を求める方へ原料と製品のダブルチェック実施。製品パッケージのQRコードで確認が可能

カテゴリー一覧
商用