住所
-
出身
-
ハンドル名
kaigikunさん
ブログタイトル
キャスティング会
ブログURL
https://kaigikun.hatenablog.com
ブログ紹介文
名作映画、リメイクするなら誰がいい? をテーマにキャスティング会議を開いております。
自由文
更新頻度(1年)

4回 / 12日(平均2.3回/週)

ブログ村参加:2019/01/11

kaigikunさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(IN) 0 0 0 0 0 0 0 946456サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
映画ブログ 0 0 0 0 0 0 0 10360サイト
名作・なつかし映画 0 0 0 0 0 0 0 181サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 0 0 0 0 0 0 0 946456サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
映画ブログ 0 0 0 0 0 0 0 10360サイト
名作・なつかし映画 0 0 0 0 0 0 0 181サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 946456サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
映画ブログ 0 0 0 0 0 0 0 10360サイト
名作・なつかし映画 0 0 0 0 0 0 0 181サイト

kaigikunさんのブログ記事

?
  • 第四回キャスティング会議「吉原炎上」

    第四回目のキャスティング会議は「吉原炎上」。 1987年、五社英雄監督の作品です。 時は明治。 家庭の事情で吉原の遊郭に売られた主人公「久乃」(名取裕子)を軸に、そこに生きる花魁たちの悲喜こもごもを描いています。 このお話は春の章・夏の章・秋の章・冬の章と、大きく4つの章に分けられています。 春の章のヒロインは「九重」(二宮さよ子)。 夏の章「吉里」(藤真利子)。秋の章「小花」(西川峰子)。冬の章「菊川」「かたせ梨乃」となっております。 その他に、出番は少なめではあるけれど若い(幼い)女郎の「お春」(野村真美)もキーパーソンのひとりです。 男性陣は最初に久乃と恋仲になる「信輔」(ねず甚八)、最…

  • 第三回キャスティング会議「Wの悲劇」

    さぁ第3回目のキャスティング会議は「Wの悲劇」。 1984年に公開された青春映画です。 劇団を舞台に、新人女優の成長を描くストーリーになっています。 なかなかチャンスをつかめずにいる若手女優の主人公「静香」(薬師丸ひろ子)。 静香に想いを寄せる元劇団員の「森口」(世良公則)。 自分がやらかしたスキャンダルを静香に肩代わりさせる見返りとして、舞台の主役に抜擢するスター女優の「羽鳥翔」(三田佳子)。 主役を降ろされた復讐心に燃える、静香と同期の正統派美人女優で野心家の「かおり」(高木美保)。 女優として一皮剥けるためにと静香が処女を捧げる、先輩俳優「五代」(三田村邦彦)。 羽鳥の長年の愛人でパトロ…

  • <a href="//movie.blogmura.com/movie_meisaku/ranking.html"><img src="//movie.blogmura.com/movie_meisaku/img/movie_meisaku88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ" /></a><br /><a href="//movie.blogmura.com/movie_meisaku/ranking.html">にほんブログ村</a>

  • 第一回「男はつらいよ」キャスティング会議

    2019年が始まり、10日が経ちましたね。 だから何だと言うことないですが、常々私の頭の中で繰り広げていた「ひとり会議」の模様を皆さまと共有したくブログを始めてみることにしました。 「名作映画やドラマ、リメイクするなら誰?」をテーマにあーでもないこーでもないと、正解のない難問に挑むという(大げさ)内容です。 「自分だったらこの俳優さんがいい!」などご意見をいただけるとても嬉しいので、お付き合いいただけると幸いです。 さて、第一回のタイトルは「男はつらいよ」シリーズにしたいと思います。 2019年の12月27に新作が公開することでもいま大変話題の、言わずと知れた邦画の名作中の名作です。 まず最初…