searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

viscode11さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
気になるデータを可視化してみる
ブログURL
https://www.tukuttemiru.biz/
ブログ紹介文
気になるデータを可視化して分析したりしています。現在のテーマは、財務諸表分析です。
更新頻度(1年)

14回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2019/01/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、viscode11さんの読者になりませんか?

ハンドル名
viscode11さん
ブログタイトル
気になるデータを可視化してみる
更新頻度
14回 / 365日(平均0.3回/週)
読者になる
気になるデータを可視化してみる

viscode11さんの新着記事

1件〜30件

  • 【財務分析】XBRLから仕入債務回転日数を可視化してみる

    財務分析では、運転資本の回転状況を見るための指標として棚卸資産回転日数、売上債権回転日数、仕入債務回転日数の三つがあります。このサイトで公開中のチャートシステムでは、前者二つはサポートしていましたが、仕入債務回転日数には対応していなかったので、今回追加することにしました。ベースとなる仕入債務回転率は、仕入債務(買掛金)と売上原価を使って、仕入債務÷売上原価で計算されます。これに期間を掛けて日数ベースにしたものが仕入債務回転日数です。ただ、ネットでこの指標を調べてみる

  • 【参考図書3】「なぜ、会計嫌いのあいつが会社の数字に強くなった?」(東洋経済新報社)

    財務諸表チャートを読み解くための参考書紹介の3回目は、東洋経済新報社から出ている「なぜ、会計嫌いのあいつが会社の数字に強くなった?」です。著者は村上裕太郎氏で慶應義塾大学ビジネススクールの先生です。ちなみに第一回目で紹介した日経文庫の「ビジネススクールで教える経営分析」の著者、太田康広氏も同校の先生です。この本は会計本の堅苦しさを廃して、架空の登場人物3人による対話形式となっています。その内一人は会計知識ほぼゼロの営業マンの設定になっていて、会計初心者でも取

  • 【財務分析】四半期決算XBRLのサポートについて

    決算データのみでチャートシステムを公開して3ヶ月程。その公開前から四半期データを取り扱うか迷っていたのですが、データ量は4倍になるし、追加の開発やその後のメンテナンスも面倒そうで、当面保留にしていました。でもこれをサポートしないと企業の直近の様子はわからないし、やってみるかと決意して2週間弱、走り出せば意外にスムーズに対応できました。四半期に特化した分析も今後検討するつもりですが、当面は既存チャートへの取り込み程度で公開することにしました。XBRLファイルは金融庁のリポジト

  • 【参考図書2】 ”ギモン”から逆引き! 決算書の読み方(西東社)

    財務諸表チャートを解釈するのに参考となる書籍紹介の2回目は、西東社から出版されている「"ギモン"から逆引き! 決算書の読み方」(南 伸一著)です。この本はまず、色使いが綺麗で挿絵もたっぷり、それだけでも好感触、初学者の方でも取り組み易いのではないかと思います。損益計算書から始まって、貸借対照表、キャッシュ・フロー計算書と基本3諸表に1章ずつ割かれていて丁寧に説明されています。4章以降は財務諸表に含まれる様々な科目の見方や財務分析、経営指標など専門的な内容に入

  • 【財務分析】紳士服チェーンの苦境?(青山、アオキ、コナカ、はるやま)

    XBRLチャートシステム「財務諸表ハック」では、今のところ本決算のみをサポートしています。昨年公開に向けた開発過程の中で、四半期決算はとりあえず保留したのですが、今後どうするべきか検討中です。そこで四半期決算のデータがあればどんな景色が見えるのか試しに一つ記事を書いてみます。題材は、昨年12月にダイヤモンド・オンラインに出ていた「脱スーツ」で19年ぶりに赤字転落した紳士服業界を詳細分析」と言う記事。有料購読するお金もないので実際に見れるのは記事の導入部だけですが、興

  • 【参考文献】(1)「ビジネススクールで教える経営分析」(日経文庫)

    株式投資関連のサイト、例えばヤフーファイナンス等では、売上や利益と言った科目単体のチャートはよく見かけますが、こうしたチャートでは企業財務のごく一部しか反映しておらず企業全体の財務状況を把握するには不十分です。「財務諸表ハック」で表示している財務3諸表(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)のチャートは、会計、財務分析関連の書籍で良く見る形式を採用しています。ただこのような形式のチャートは会計の基礎知識がなければ読み解くことはできません。そこで会計には縁遠

  • 【コラム】財務諸表の散歩道。財務状況を視覚的にとらえるトレーニングコース。

    株式投資の参考資料として代表的なものに四季報があります。デジタル版もありますが紙媒体も根強い人気があるようです。季節毎に本屋さんに山積みになっていますし、四季報を活用した投資術のような書籍も見かけます。あの分厚い四季報を読破する人も少なからずいるようで、そのようなコミュニティもあるようです。自分では四季報を読破したことはありませんが、数多くの財務データに日々触れることによって、企業財務データから直感的に財務状況を把握したり、業界、ひいては市場全体の動向を感じ取れるような感覚

  • 【勘定科目Tips】親会社の財布?「グループ預け金」 ニューフレアテクノロジー

    年も押し詰まってきたところで、ニューフレアテクノロジーのTOB合戦のニュースが飛び交っています。現在は、HOYAと親会社である東芝の戦いになっているようでが、一時は村上世彰氏系の会社も同社株を買い進めていたとか。気になってどんな会社なのか調べてみたら、東芝機械から分社上場した半導体装置メーカーでした。直近3月期の財務諸表をチャートにしてみると、ニューフレアテクノロジーの財務3諸表純資産比率も高くほぼ無借金、営業利益率は下降気味とはいえ20%台、キャッ

  • 【財務分析】アクルーアルって何? 黒字の裏にひそむもの。

    たまに週刊東洋経済を買っているのですが、時折各種財務分析の結果をランキングで特集していたりして、今年も多数の記事を拝読させていただきました。XBRLチャートシステムの構築には、こうした記事はとても貴重で参考になります。年も押し詰まった12月14日号も様々な指標による企業危険度ランキングが掲載されているのですが、その中にアクルーアルなる洒落た響きの財務指標があったので、ここで取り上げてみます。ネットで調べてみるとアクルーアルは英語で「accrual basis」、日本

  • 【財務分析】バイオベンチャーの財務諸表 サンバイオ他

    昨日(2019/12/16)からバイオベンチャーのサンバイオがストップ安をつけています。第日本住友製薬との提携解消のニュースを受けてのことですが、一つのニュースでストップ高やストップ安はバイオベンチャーではいつものこと。一攫千金も夢ではない代わりに一瞬で資産を失うリスクも。サンバイオは年初にも5日連続ストップ安をつけて注目を浴び、その後は回復基調だったのですが、年末を前にしての悪材料再び。サンバイオもそうですが、まだ利益の出ていないバイオベンチャーの財務諸表はとても

  • 【財務分析】良い債務超過? 米マクドナルド

    Amazon Primeでマクドナルドの創業者、レイ・クロックを描いた映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』(The Founder)が公開されていました。レイ・クロックについては以前に自伝を読んだことがあったので内容的には知っていたのですが、映像で見るのはまた格別。この映画の見所の一つは、後にCEOとなるハリー・J・ソネンボーンとの出会い。資金繰りに行き詰まっていたレイの事務所を訪れたハリーは、帳簿に一通り目を通して深いため息を一つ。そして「何の業界にいると?」と

  • 【財務分析】会計利益先行率についての考察

    XBRLを利用した財務分析チャートシステムの開発も一段落したので、次は何を開発しようか日々考えています。現在のシステムでは企業の財務データを個別に分析、可視化しているのですが、今後の展開の一つとして企業全体或いは業界全体の分析を検討しています。統計的手法から始めてAIの活用に進んでみるもの面白いかなと思います。本格的な開発に入る前にいつもやっていることは、やっつけ程度にコードを書いてみて、やろうとしていることの雰囲気を嗅ぐこと。今回は、先日財務分析指標として追加した

  • 【財務分析】XBRLから「会計利益先行率」を可視化してみる。ソフトバンクグループ。

    最近の中間決算で最も注目を集めたのはソフトバンクグループ。ウィーワークのIPO頓挫を受けての中間決算では、孫社長自ら「真っ赤っか」と評する大赤字。ネットでは倒産の危機を煽るような記事や動画が多数見られます。そんな中で、デイリー新潮に掲載された細野祐二先生の記事(「孫正義」一世一代の大芝居で取り繕う窮状 真っ赤っかどころか火の車「ソフトバンク」破綻への道)は専門的な分析でとても興味を惹かれました。細野先生はかつて日本航空の実質債務超過をいち早く見抜かれた方で、その後も様々な企

  • 【財務分析】倒産危険度ランキングで選ばれた企業の財務諸表を可視化してみる。

    本屋さんで経済誌のバックナンバーを見ていたら週刊ダイヤモンドの7月号に「倒産危険度ランキングワースト30」というのがありました。検索してみたら同誌のオンライン版でも掲載されているようです。3ヶ月前の記事でちょっと古いのですが、こういうネタで掲載される会社の財務諸表はどんな感じなのか興味が湧いたので、公開している財務チャートシステムで描いてみました。さすがに30社扱うわけにもいかないので、ベスト8ならぬワースト8で取り上げてみました。まずは、BS/PL対比チャートで各社の財務

  • 【勘定科目Tips】日ハムのIFRS財務諸表に大谷選手の痕跡を見た。

    前回の記事でお伝えしたように、この2019年3月期から日本会計基準(JP-GAAP)の会社に加えて、IFRS適用会社の連結財務諸表もXBRLで金融庁のEDINETに登録されるようになりました。正確にはこれまでもXBRLで提出されてはいたのですが、殻だけXBRLで中身はHTMLだったのでした。この3月決算でIFRSのXBRLを提出した企業は120社程度で、開発中のチャートシステムで昨日全量チェックをしていたところ、珍しい勘定科目を見つけたので紹介します。以下は、日本ハムの連結

  • 【コラム】国際会計基準IFRSのXBRLを可視化してみる。武田薬品とカカクコム

    これまで、金融庁のEDINETでは、国際会計基準IFRSを採用している企業の連結決算がXBRL内にHTMLを埋め込む形で提出されていて、データとして処理できないことをこのブログでも何度か指摘してきました。7月に入って3月決算企業のXBRLがほぼ揃ったので、データベース化を進めていたところ、IFRS適用企業のXBRLの中にHTMLブロックではなく、XML化されたデータが含まれているのに気づきました。EDINETのホームページでIFRSのXBRL化については、2019年3月以降

  • 【決算チェック】新聞社の財務諸表 朝日と日経

    XBRLの登録企業の一覧を見ていたら、いくつか新聞社があったので取り上げてみます。一般紙には上場企業はなく、株価サイトで気軽に財務の数字を見ることもできない新聞社ですが、EDINETには、朝日新聞、日経新聞、西日本新聞、神戸新聞の4社がXBRLを提出していました。最大手の読売新聞がないのは残念ですが、全国紙の朝日、日経を比較形式でを取り上げてみます。前回取り上げた出版業界と同様、新聞も少子高齢化、ネットの影響による新聞離れや広告の落ち込みなどあまり良い話は聞きませんが、財務

  • 【決算チェック】出版取次の財務諸表 日本出版販売、トーハン 2019年3月期

    出版関連では、このブログでも文教堂の債務超過を取り上げたことがありますが、先週その文教堂が事業再生ADRを申請しました。今期決算となる8月までに債務超過を解消しなければ上場廃止となるところでしたが、今回の申請で上場維持の可能性も出てきました。今回は、同じ出版業界の中で出版社と本屋さんの間に入って本を流通させている取次業者を取り上げてみたいと思います。取次大手と言えば、日販(日本出版販売)とトーハンがありますが、そのXBRLを可視化し、出版業界の状況を概観してみます。ちなみに

  • 【決算チェック】スルガ銀行 2019年3月期

    昨年来様々な問題でニュースとなったスルガ銀行ですが、昨日26日、大荒れの株主総会を経て2019年3月期のXBRLが登録されました。スルガ銀行については、第3四半期時点でも記事にしましたが、本決算時点の決算書も可視化してみます。まずは、基本3諸表の推移です。スルガ銀行 財務基本3表推移 2019年3月期超低金利で苦境の銀行業界にあっても高い利益率で好調だったスルガ銀行の業績は、2018年から経常利益が激減、2019年3月期で経常赤字に転落してしまいました。中段

  • 【決算チェック】ぐるなびの苦悩 2019年3月期

    ぐるなびと言えば、成功したネット企業の一つという印象で、グルメという一分野をガッチリ押さえて順調な業績が続いているのだろうと思っていたのですが、昨年あたりから何かとネガティブな話も出ている様子。ちょっとググっても直近2019年3月期は、大幅な減収減益のニュースがいくつも出ています。決算発表から1ヶ月程経ちますが、ぐるなびのXBRLがようやく登録されたので、その業績の変遷を財務諸表から見てみます。まずは、BS/PL対比チャートで財務から見た会社の形を見てみますぐるなび B

  • 【決算チェック】東京エレクトロン 2019年3月期 英語ラベル版

    3月期決算のXBRLの登録も佳境を迎えており、日々多数の企業名が上がって来ています。国内の企業は、3月決算の会社が圧倒的に多く、XBRLはまさに書き入れ時。本来決算発表と同時に登録があれば、4月にはデータを見ることができるのですが、金融庁のEDINETでは株主総会後となるので、新年度の第一四半期が終わるこの時期になってしまいます。以前の記事でも触れましたが、決算発表と同時に登録される米国SEC/EDGARとはスピード感が随分違います。財務諸表データは新鮮さが命なのに。

  • 【決算チェック】チケット屋さんの財務諸表 ぴあ(株) 2019年3月期

    チケットぴあの2019年3月期のXBRLがEDINETに登録されてきたので取り上げてみます。ぴあについては、以前読んだ財務分析の本「ビジネススクールで教える経営分析」(日経文庫)の第2章「ビジネスのスピード」の「大きなPL」で紹介されていました。本で紹介されていたのは、2017年3月期の決算書ですが、その後2期を経てどのような変化があったのか、本の内容に沿って記事を書いてみたいと思います。この本では、「大きなPL」として紹介されていますが、これはBSに対して大きいと

  • 【決算チェック】関西の私鉄比較 阪急阪神と近鉄 2019年3月期

    関西の私鉄大手2社の直近3月期のXBRLが登録されていたので、可視化して比較してみたいと思います。ついでに南海電鉄も加えようかと思ったのですが、まだ登録されていなかったので見送りです。私はその昔、奈良に4年程住んでいたことがあるので、近鉄の方が馴染みがありますが、関東も関西も西の方が栄えている感じがしますし、業績的には阪急阪神の方がかなり上のようなイメージがあります。実際はどうなのか、まずはBS/PL対比チャートで比較してみます。阪急阪神HD及び近鉄GHDのBS/P

  • 【決算チェック】サーバ屋さんの財務諸表 さくらインターネット 2019年3月期

    そろそろ3月決算の会社の株主総会が佳境を迎えつつあり、6月後半からXBRLの登録も本格化します。前半で登録された会社を一覧して眺めていたら、レンタルサーバー屋さんのさくらインターネットの直近3月期のXBRLが上がっていたので取り上げてみます。ちなみにこのブログは、GMO系のサーバを使っています。サーバーも価格帯やサービスなどピンキリですが、そうした事業を営む会社の業績はどうなのか、さくらインターネットの財務諸表を可視化してみます。まずは、基本3諸表から。さくらインタ

  • 【決算チェック】ドトール・日レスホールディングス 2019年2月期

    前回は、カレー屋さんのCoco壱の壱番屋さんを取り上げたのですが、今回は喫茶店チェーンのドトールを取り上げます。ドトールは、持株会社であるドトール・日レスホールディングス傘下のため、財務諸表にはドトールに加えて多数の外食系の店舗の数字が含まれています。なので単に喫茶店業の財務諸表というわけではありません。ちなみにスパゲティの五右衛門も日レス(日本レストランシステム)が展開している店舗形態の一つです。まずは基本3諸表から。ドトール・日レスHD 財務諸表推移 2019年

  • 【決算チェック】カレー屋さんの財務諸表 壱番屋

    昨日は吉野家を取り上げたのですが、同じ2月決算にカレーの壱番屋がありました。株主総会も終わり、昨日2019年2月期のXBRLが登録されたようなので取り上げてみます。Coco壱番屋は、お手軽な外食系としては若干高め、普通に千円は使ってしまいます。吉野家だとワンコインで食事ができますし、高めのメニューでも700円程度。壱番屋の客単価は吉野家よりはかなり高そうですが利益はどうなのか。両社の比較も交えて可視化してみたいと思います。まずは、壱番屋の基本3諸表から。壱番屋 基本

  • 【決算チェック】カレー屋さんの財務諸表 壱番屋

    昨日は吉野家を取り上げたのですが、同じ2月決算にカレーの壱番屋がありました。株主総会も終わり、昨日2019年2月期のXBRLが登録されたようなので取り上げてみます。Coco壱番屋は、お手軽な外食系としては若干高め、普通に千円は使ってしまいます。吉野家だとワンコインで食事ができますし、高めのメニューでも700円程度。壱番屋の客単価は吉野家よりはかなり高そうですが利益はどうなのか。両社の比較も交えて可視化してみたいと思います。まずは、壱番屋の基本3諸表から。壱番屋 基本

  • 【決算チェック】吉野家ホールディングス 2019年2月期

    大手牛丼チェーンについては、以前昨年度の決算で一度記事にしていますが、2019年2月期の吉野家さんのXBRLが上がっていたので、可視化してみました。大手牛丼チェーン3社では2月決算は吉野家さんだけで、他は3月決算なので、XBRLが出てくるのは来月後半になります。その頃にまた3社比較をやってみたいと思います。まずは吉野家さんの基本3諸表から。吉野家ホールディングス 財務諸表推移 2019年2月期2019年2月期は最終赤字だったようで、純資産は50%を割り込んで

  • 【決算チェック】ニトリとしまむら 2019年2月期

    XBRLの提出は決算から3ヶ月遅れのため、今月出てくるのは2月決算の会社になります。2月決算の会社は数も少ないのですが、その中で小売大手の2社、ニトリとしまむらがあったので比較形式で取り上げてみます。同じ小売業と言っても家具のニトリと衣料品のしまむらでは業界も違いますが、並べて見る程度の意味で他意はありません。両社の資産規模は、5千億円〜6千円億円規模と近いので、比例縮尺チャートにしてみます。まずは、貸借対照表、損益計算書(営業利益ベース)の対比チャートです。ニトリとし

  • 【コラム】XBRL計算リンクから勘定科目の構造を見る

    このブログで公開している各種チャートは、XBRLの計算リンクから得られる勘定科目の階層構造を利用して作っています。では、実際にどのような計算構造で各財務諸表が成り立っているのか、実際の企業のXBRLからいくつか具体例をあげてみます。以下、金融庁のEDINET、米SECのEDGARからサンプルを作ってみました。社名決算期財務諸表リポジトリ日産自動車2018年3月期 BS , PL , CF EDINET東京電力2018年3月期 BS

カテゴリー一覧
商用