ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇
読者になる
住所
出身
ハンドル名
ほしいもダイスキー☆さん
ブログタイトル
ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇
ブログURL
https://www.nobodycancool.com/
ブログ紹介文
ユニバーサルエンターテインメントの経営権に関連した騒動の「事実」に着目して一連の動きを読み解きます。
自由文
-
更新頻度(1年)

21回 / 280日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2019/01/07

ほしいもダイスキー☆さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,763サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,552サイト
銘柄・投資企業 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 131サイト
小遣いブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,480サイト
世界のカジノ・ランドカジノ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 71サイト
ニュースブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,573サイト
ビジネスニュース 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 247サイト
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(OUT) 110,281位 110,281位 110,949位 110,689位 111,320位 111,986位 111,995位 974,763サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 2,402位 2,402位 2,419位 2,394位 2,416位 2,430位 2,431位 13,552サイト
銘柄・投資企業 21位 21位 20位 20位 20位 22位 23位 131サイト
小遣いブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,480サイト
世界のカジノ・ランドカジノ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 71サイト
ニュースブログ 513位 513位 530位 521位 518位 521位 522位 9,573サイト
ビジネスニュース 15位 15位 14位 14位 14位 11位 11位 247サイト
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,763サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,552サイト
銘柄・投資企業 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 131サイト
小遣いブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,480サイト
世界のカジノ・ランドカジノ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 71サイト
ニュースブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,573サイト
ビジネスニュース 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 247サイト

ほしいもダイスキー☆さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ほしいもダイスキー☆さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ほしいもダイスキー☆さん
ブログタイトル
ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇
更新頻度
21回 / 280日(平均0.5回/週)
読者になる
ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇
  • 「オカダホールディングスは誰の手にあるのか」――決着に王手

    岡田和生氏の息子・知裕氏が、妹と結んだ信託契約の有効性を確認すべく提起していた訴訟の続報です。2019年7月10日に、控訴審の判断が出てきました。「オカダホールディングスは誰の手にあるのか」。ユニバーサルエンターテインメントの経営に大きな影響を及ぼしかねないこの問いに明確な回答が出るのは、もうまもなくと見られます。

  • 【よもやま話】おカネじゃないのよカズオさん

    岡田和生氏は、ユニバーサルエンターテインメントの会長職に復帰すべく、ありったけの力……というより、ありったけのカネを注ごうとしているようです。しかし、世間の反応は実に冷静でありました。

  • 「岡田和生の七不思議」―渦中の本人に問うならば

    岡田和生氏自らインターネットに顔出しするようになってから口にしたことといえば、自分自身を追いやった人たちに対する非難が大半です。どうも「すべては自分を追い出すための陰謀である」といった主張を展開したいようですが、果たしてそうでしょうか? 控

  • 岡田和生氏に対する責任追及のいま 〜UE社の株主総会から

    2019年3月25日に開催されたユニバーサルエンターテインメント(UE社)の株主総会では、会社サイドから、岡田和生氏に対する責任追及に関して説明がありました。「出せるものは公開していく」のが会社の方針だそうです。「正当性が証明されつつある」

  • 【よもやま話】平気で嘘つくカズオさん

    ユニバーサルエンターテインメントの元会長、岡田和生氏は、自分に不利になりそうなことがあれば嘘も辞さない。そんなところがあるようです。でも、いまの時代、そう簡単に言い逃れできませんよ?

  • “YouTuber 岡田和生” その主張に妥当性はあるのか

    「民衆の応援が岡田和生にパワーを与える」。こう銘打たれた動画が「岡田和生」のYoutubeアカウントから配信されたのは、2019年3月半ばのこと。動画には岡田和生氏本人が登場し、なぜいま自ら創業した会社を離れることになっているか、言及しまし

  • 【よもやま話】政治家大好きカズオさん

    ユニバーサルエンターテインメントを追われることになった岡田和生氏は、何かと政治家を頼っているとの話があります。氏のTwitterアカウントがフォローする先も、その多くは政治家をはじめとした有名人がズラリ。……お金があれば、権力も買える?

  • 岡田和生氏が反論キャンペーン 「逮捕」の件はひた隠す

    テクノロジーの進化に伴い、情報の伝達手段は多様化してきました。今やインターネットは、世界中の人にとって当たり前のもの。個人個人が日々、パソコンや手元のスマートフォンからさまざまな情報を発信するのも、ごくありふれた日常になっています。SNSを

  • 岡田和生氏が離婚へ 自ら認める

    岡田和生氏は、ユニバーサルエンターテインメントの創業者であると同時に、一代で大きな財を築いた富豪としても知られた存在です。毎年、各国の各媒体が発表する「長者番付リスト」の類には、常連のように名を連ねてきました。しかし、今後は少々事情が異なっ

  • 【随時更新】金融・経営関連用語集 ​

    順不同株主株式会社が発行する株式を保有する人、あるいは法人のこと。保有株式数や、保有割合を見ることで、その個人なり法人なりが、どれほど多くの株式を保有しているか、理解できる。「オカダホールディングスは、ユニバーサルエンターテインメントの全株

  • 岡田和生氏の次なる一手「子供の株は父のもの」

    まさに、あの手この手を用いる考えなのでしょう。岡田和生が、このたび香港で新たな訴訟を提起しました。氏の狙いは今回もまた、オカダホールディングス(OHL)の実権にあるようです。ただし、訴えの内容を見ていくと、その論理は強引さが目立つように見え

  • 【速報】オカダホールディングスをめぐる信託契約『有効』の判決 ​

    オカダホールディングスの実権を取り戻すべく、ひいてはユニバーサルエンターテインメントの経営陣に復帰すべく、岡田和生氏はここまであらゆる手を尽くしてきたわけですが、コトは思うように進まないようです。このたび新たに東京地裁で、氏の望まないであろ

  • はじめに | 騒動の経緯と当サイトの思い ​

    会社の経営をめぐって、創業家や経営陣の間で主導権争いのような騒ぎがはじまると、世間ではとかく「お家騒動」だとか「クーデター」といった表現を用いたがります。おそらくは、そのほうが面白おかしくとらえられるから、なのでしょう。スキャンダル色の強い

  • 【導入4】株式会社ユニバーサルエンターテインメントとは

    ユニバーサルエンターテインメントがパチスロ・パチンコの製造メーカーであることは知っていても、その長い歴史まではご存じない方が少なくないかもしれません。同社の創業者である岡田和生氏が最初に事業をおこしたのは、1967年のこと。これは、氏が会社

  • 【書評】兜町コンフィデンシャル | 「裏」を知るための1冊

    「兜町コンフィデンシャル」は、企業経営や株式市場の裏を読み解くためのバイブルと言えます。本書の知見は、株式投資を続けていくなかで役立つだろうと思いますし、社会の裏面を綴っていくような内容は純粋に読み進めていく楽さがあるとも思います。

  • 終わりのはじまりか フィリピン当局が岡田和生氏を起訴、逮捕へ

    フィリピンの司法省が、ユニバーサルエンターテインメントの創業者である岡田和生氏を起訴。不正にコンサルタントフィーを受け取ったとして、3件の詐欺罪に問うようです。一連の経営騒動は決着に向かう可能性が出てきました。

  • 荒井裕樹弁護士はユニバーサルエンターテインメントの「重要人物」

    岡田和生と荒井裕樹。両氏の個人的な関係を紐解いていくと、ユニバーサルエンターテインメントの経営騒動に潜む闇が見えてきます。

  • 【話題】株価を用いた「テロ」という可能性

    ユニバーサルエンターテインメントの株価は、2018年3月に6000円をオーバーしたものの、以降は低迷、下落が続き、2018年12月には3000円すら下回りました。実に50%以上の下落。この背景には、ある疑惑の可能性があります。

  • 岡田和生氏、日本メディアにカジノを語る

    ユニバーサルエンターテインメントの元会長、岡田和生氏が日本でマスコミのインタビューに応じました。世界という観点で見ると、後発になる日本のカジノビジネス。そこで必要になるものとは?

カテゴリー一覧
商用