searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ぬまーさんのプロフィール

住所
板橋区
出身
神戸市

自由文未設定

ブログタイトル
ぬまスプリントLabo
ブログURL
https://www.numasprint.com/
ブログ紹介文
最強の100mスプリンターになるまでの日記。足が速くなるコツを、主観と客観に分けて解説します。
更新頻度(1年)

32回 / 249日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2019/01/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ぬまーさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ぬまーさん
ブログタイトル
ぬまスプリントLabo
更新頻度
32回 / 249日(平均0.9回/週)
読者になる
ぬまスプリントLabo

ぬまーさんの新着記事

1件〜30件

  • Uberイーツはコスパ最強のトレーニング

    今シーズン、結局1試合のみで終了することにしました。 健全な生活リズムをキープしたまま陸上を続けるには、今の会社が足かせになると感じています。 仕事帰りに走ったりジムに行くことは十分可能ですが、それ以外にもやりたいことがあるのも事実。すると、トレーニングのリズムがやや崩れてしまいます。 そんな風に悩んではいますが、もうすぐその悩みも無くなります。 というのも、会社員を辞めて地方に住むからです。 今月末から新生活に入り、少なくともトレーニングの時間が圧迫されることはなくなります。 そこで引越し費用の足しにと、Uberイーツ配達に勤しんでいます。 そんな週末。 必死に坂道を上って、パンパンになった…

  • 陸上の試合1週間前の調整

    ついにシーズンイン、 きたあああああああ!!! まずは結果の報告から。 100m走 予選:10秒95(+1.7) 決勝:10秒92(+2.2)→8位 いや決勝ボッコボコ!!!笑 ただ、社会人になって弱体化するのでは? という不安は拭ました。 というのも、僕のシーズン初戦は基本11秒2とかなのです。それを踏まえると、初戦でこの戦果は今後に期待が集まるタイムです、うん。前向きにいこう。 試合の反省は単純明快。全体としてスタミナがもたなかった。試合直前日に限ってワクワクして走りすぎちゃうこと、ありますよね?笑。張り切りすぎたんだ。 皆さんは試合前の練習、どうしていますか? ピーキングで試合結果は大き…

  • ウィンドスプリント(流し)の上手さで実力が分かる

    全力で走るのではなく、6割で練習する。 www.numasprint.com そんなことを当ブログでは推奨しています。いわゆる小池祐貴選手のスタイルですね。 実際は6割に抑えることはなくとも、楽に走れる範囲でスピードに乗ることをメインにしています。 つまりはウィンドスプリント(流し)に重点を置いています。 さて、みなさんはどんな流しを心がけていますか?? 流しで走る時どんな走りになるかは、とても大切な指標になります。 全力で走る時と比べ、明らかに動きに無駄が出ているかどうか をよく見てみましょう。 おそらくレベルが高い人ほど、流しで走った時も無駄のないスムーズな走り、すなわち全力の時と似ている…

  • 見せ筋になってはいけないけど、メリットもある

    コジルリこと小島瑠璃子さんが、「筋トレだけやる人の意味がわからない」といった趣旨で筋トレ勢を批判して炎上したことがありました。 www.sponichi.co.jp かわいそうに。ただの好みで言っただけなのに笑。これに過剰に反応してキレる筋トレ勢も、筋トレ仲間として恥ずかしいです。 彼女は筋トレのための筋トレを無意味だと考えているだけで、何かスポーツのために筋トレすることには肯定的です。僕らも走りにいかすために筋トレするので、手段である筋トレをゴールに据えないよう注意が必要です。 さて、筋トレのための筋トレ。いわゆる見せ筋って、正直痛いところもあると思います。会員制ジムに行くと、見せ筋っぽい人…

  • 【筋トレ】低重量と高重量を使い分ける

    緊急事態宣言明け、再びジムに通っています。 www.numasprint.com また感染者数が増加しているので、近いうちに自宅筋トレに戻りそうな予感。 悲しいけど走練習に重点を移す良い機会とも言えますね。 現在、筋トレを高頻度で入れてますが、最近はちょっと工夫をしてみました。 低重量筋トレの導入です! 走りに活用しやすいように、軽めのウェイトで素早く動作を行います。回数を15回×3セットに設定。これが意外と効くんです! かと言って低重量だけだと絶対的な筋力の増強は難しいとも思えます。 そこで、次の日が練習休みの場合は、通常の高重量筋トレにしています。 このペースで行こう。 全速力でつぶやいて…

  • 腕振りは前方向のみ意識する

    最近はジムに高頻度で通い、その帰りに公園で軽く走りを調整することが多いです。 この短時間の走練習で、ちょうど良く走り方を試行錯誤できています。いい調子。 今ハマっているのは 「腕を前に降り出した後、そのまま腕をその位置に残して置くイメージ」です。 順番は以下の通り。 ①肩の力を抜いて、前に向かってすくい上げるように腕を振ります。 ②すくい上げたあと、そのまま反対側の腕(後ろ側に振り切ってる腕)に意識を切り替えます。 ③そして前にすくい上げるように、肩甲骨支点でスライド。この時、①で振り切った腕は座標位置を固定する意識をします。(自然と腰の真横まで垂れ下がっていく程度に動きます。) ちょっと分か…

  • 競技の熱が冷めそうになる時のためのモチベーションを維持する考え方

    先日、大学陸上部の友人と飲みに行きました。 皆すでに引退しており、競技への熱はすっかり冷めてしまったようです。 部活という環境がなくなると、競技を続けるモチベーションがなくなる人は多いと思います。ちょっと寂しいけども仕方ない。 では、部活にいながらモチベーションが下がる人はどうすれば良いのでしょう。 僕は部に所属している間も、部活を続ける意義を見失う時が度々ありました。 ・・・嘘です割と熱がずっと燃えていました笑 「何事も適当に続ければ良いじゃん」と言いたいところですが、殊陸上競技においては、断続的なトレーニングはよろしくありません。 あんまり休むと訓練の成果が弱まってしまいます。 だから継続…

  • 最大スピード練は足が速くなるために必要なのか

    短距離走の練習で、1週間に1、2回は最大スピード練習を入れています。 最大スピード練習とは、坂下りやトゥーイングなどで、通常以上のスピードを出して走ることです。 これで自分の最高速度を超える感覚を磨きます。 負荷も大きいので、そう頻繁に行えません。調子の良い時に入れる練習です。 最大スピードを上げるために最大スピードで走る。 これって単純かつ効果的な作戦だと思います!でも、最近はまた悩み始めました。 最大スピードで走ると、まあ上手く走れないんですよ!!! 今日も坂下りをしたのは良いけど、スピードが速い感覚はあるんですけど、無意識にブレーキがかかってるような走りになりました。変な力みが生じるんで…

  • 当面の練習リズムを決めました。筋トレ多めに、走り研究練習を!

    最近ジムに入会し、本格的にウェイトトレーニングを再開しました。これで強靭な体に近づける・・・! というわけで、今後の練習リズムを次のようにしようと思います。1.~9. を繰り返す作戦です。 筋トレ 走る 筋トレ 休み 走る 筋トレ 走る 筋トレ 休み この何のひねりもない雑な内容!! 筋トレ日には余裕があれば、事前に軽い走練習も入れます。 「3日に1回の筋トレこそが超回復を活かせる」 なんて話もありますが、個人的には1日空ければ十分だと思います笑。 僕の知っている範囲でバキバキの体を持つ人でも、2日に1回筋トレしてるパターンはよく聴きます。 そして何より だいたいの人は、2日も休憩を入れなけれ…

  • おすすめのジムと、選び方。

    YouTubeでスポーツ選手のトレーニング動画をみていたら、嫌が応にもバキバキになりたくて筋トレしたくなりますよね! www.youtube.com 緊急事態宣言が解除されたので、僕もこの期にジムに入会しました。 選んだのはジョイフィットです! joyfit.jp 学生時代は、市営のジムに行くか部室のウェイトを利用していました。 でも今は近所にどちらもないので、24時間ジムに入会。まあ多少の費用は受け入れようじゃないか。 ジョイフィットの施設はシンプルでコンパクトな印象。 赤と黒を基調とした内装は、なんともストイックな気分にさせてカッコ良い。 皆さんもジムに入会するなら、まずはざっと比較表をみ…

  • 扁平足は悪いこと?フラット接地で走るコツは、体育館を靴下で走る感覚

    扁平足。 本来足の裏はアーチ構造になっているが、それが平べったい形になること。 土踏まずの無い足です。 これは症状によっては痛みを伴うものです。 www.joa.or.jp 皆さんも、扁平足と聞いたら悪いイメージを抱くのではないでしょうか。 ところが、これには魅力もあるのではないかと思うんです! 末續慎吾選手の走りの解説を見ると、どうも扁平足が悪いことに思えなくなります。 末續選手についての記事はこちら 何と言っても、彼はフラット接地の名手です。 足裏全体で地面をキックし、弾くのではなく前に滑らせるようにして離地します。 地面に圧力をかける意識は、かえって地面からの反発を受け取り損ねるリスクも…

  • 緩やかな下り坂で走ると、良い感覚を磨きやすい

    緊急事態宣言も解除され、やっと競技場も使えそうです。 近所に競技場を発見したので、さっそくスパイクを履いてみようと思います! さて、この期間はひたすら近くの公園で深夜練習でした。 コンクリートや土でのダッシュ。 若干傾斜があったりするのでちょっと慣れが必要ですね〜。 今回はそんな傾斜のお話。 坂道って聞くと、坂ダッシュを思い浮かべる人が多いんじゃないでしょうか。 それは勤勉なトレーニーの証です! 僕は追い込み練習が大嫌いなので、逆です。 坂下り走を思い浮かべます笑。 明日へ続く坂道の途中で すれ違う大人たちは呟くのさ 「愛とか夢とか理想もわかるけど、目の前の現実はそんなに甘くない」 って (金…

  • 筋トレでスランプ脱却は難しい。足が速くなるには体の使い方から!

    部活で陸上をしていると、足の速い人に目が行きますよね! 俺もあんな風になりたいな〜 なんて思って、その人のフィジカルから真似しようと筋トレしまくるパターン、よくあると思います。 だいたい筋肉もバキバキで強そうなんですよね笑! ましてやプロの選手のトレーニング動画なんてみたら、ガッツリ筋トレしています。 ですが!!!忘れてはいけません。 筋トレに打ち込んで革新的に足が速くなる人って、あんまりいません。 なぜなら、筋トレに打ち込みまくる人の大半が、体の使い方の研究よりも筋トレを優先してしまうからです。 スランプだからとりあえず筋トレしてみる。 これって思考放棄だと思うんです。 スランプの原因を突き…

  • つま先(母指球)接地があまりオススメできない理由

    僕は中学時代から、なんとなくつま先接地で走っていました。 母指球で接地して走ると速い なんて、どこから聞いたかも忘れた話を鵜呑みにして。 高校時代も変わらずつま先接地。 通学時もつま先立ちでトレーニングするなんていう恥ずかしいことをしていました笑 でもね、勝てないんですよ。 どんなに頑張って走っても走っても、滑らかに走っていく人たちには歯が立たない。 それでも自分では気づかない。 つま先接地がブレーキだと言うことに。 挙句に大学入学当時は、つま先接地をひたすらに極めていました。 こんな本が目についたんです。 僕は、あることを意識せずにつま先力をトレーニングした結果、ふくらはぎだけ強化して走りま…

  • スピードが出ない時のおすすめ練習メニューと大事な考え方

    走っていて、あまりしっくり来ない時って多々ありますよね。 スポーツでありがちなのが、「ここで妥協していのか?」みたいな心の迷いと戦うことです。 しかし、体の調子はやる気とはあんまり関係ありません。 冷静に対処法を決めておきましょう。 一度決めた練習日を覆すのは悪いことではありません!体の調子をみて、必要ならガンガン休んでください!休むのも練習です。 しかし、それでも何か練習しときたいという時はおすすめのメニューがいくつかあります。 結論から言うと、一押しは筋トレです! 潔く練習場を後にして、筋疲労を蓄えに行きましょう。そして次の日でしっかり休み、回復した状態で再び練習に臨みます。 筋肉の回復に…

  • 100m走は前半と後半で走り方を決めると走りやすい

    足が速くなるには、自分のスタイルをよく知ることが大事です。 そのスタイルを生かす戦略を練って各々がレースに臨みます。 伸び悩む人に多いのが、多くのことを実現しようとしています。 練習の時に多くの課題を解決しようとして、パンクしているんです。 仮に練習はそれで上手くいったとしましょう。 でも、試合中にまでたくさん意識を張り巡らせるのはNGです!!! 癖づけるために意識して走るのは練習。 いつもの自分をリラックスして引き出すのが試合。 ただでさえ緊張する試合で、更に動作のあちこちに意識をしていたら、体は無駄に力んでしまいます! そこで提案したいのが、前半・後半で意識を大きく分けることです。 前半後…

  • 肩甲骨を回してスピードUP! 肩を前に閉じると作動する感覚

    文献やアドバイスを全く使わず、ひたすら独学で走っていた時。 僕はたびたび理由のわからない「良い感覚」に直面しました。 その一つに 大きな輪っかをくぐりぬけるような感覚 で走るというものがありました。 どういうこと!? って話ですよね笑 具体的には、肩を前にたたむように肩甲骨を閉じます。 身を狭めるような、そんな感じ。 なぜそんな動きをしようと思ったのか。 きっかけはこちらの映像。 そう。 何を隠そう、僕はアイシールド21に憧れているのです! (「アイシールド21」とは、臆病者で超俊足な主人公が活躍するアメフト漫画) 光速のランニングバックを目指してアメフト部に入り、しんどくて陸上部に速攻転部す…

  • 「足が速くなる理論」に頼りすぎたら上達しない 感覚と理論、どっちが優先?

    陸上をする人で、トレーニングのスタンスは大きく分けて2種類あると思っています。 感覚派と理論派です。 もちろんこのどちらかに偏ることはまあ無いと思います。 ただし、どうせ偏るなら感覚派にした方が良いというのが、今回のお話です。 みなさんの周りにもいると思います。 ペーパーテストが得意な「頭の良い」人に限って、いざ陸上をやっていると伸び悩む人。 体を動かす理論などは一生懸命調べているし、いろいろ試してはいます。 でも、伸びない。 本人もどうも納得がいかず、もどかしい思いを続ける。 そんな人を見たこと、またはご自身が経験したことありませんか? 忘れてはいけません。 理論にしがみついたら、感覚を見失…

  • 体をひねることで足が速くなる!?脱力して「波」を作る走り

    足が速くなることは、足さばきがうまくなることではない。 体さばきが上手くなることである。 それを伝えたくてかねてより技術を解説してきました。 今回の話は、まさにその体さばきの代表例とも言える面白い技術。 ・・・実はこの話、知らなくても十分足は速くなれます笑 体全体まで考えなくても、10秒台は十分可能です。 ただし、もっともっとズバ抜けたいという方にオススメの応用技術です。 走りに限らず、あらゆるスポーツの上達のコツは、体全体を活かすこと。 それでは行きましょうか。 10秒台のその先へ! 目次 脱力の先の次元「波」 波を作る方向 背骨以外でも波を作る 脱力の先の次元「波」 脱力をすることを前提に…

  • スポーツは色々意識すると失敗する!?新しい動きは一つずつ取り入れよう!

    足が速くなりたい。 この一点で自粛中も燃え続けております、ぬまーです。 トレーニングにあたり、その目的は常に考えないといけません! 主な例だと どんな動き(技術)を習得するか などを意識するんじゃないでしょうか。 それも確かに大事ですが、その前に心得ておかないといけないことがあります。 習得には段階を踏んでいくことが重要。今回は技術そのものの話ではなく、「技術の磨き方」についてお話しします! 目次 一兎だけ追いかけとけ 無駄駒ではなく、無駄なタイミング 一兎だけ追いかけとけ 僕は100m走の成長戦略は必ず一度に一つしか採用しません。そう、「一手」しか打たないんです。 例えば、10秒台に入る前は…

  • シザースを速くする意識は無駄!?「見えない風船」を踏んで振り出しを速くする方法

    今回はみんな大好き接地の意識を語りたいと思います! (ノ`Д´)ノ 一種ってなんやねん と思うかもしれませんが、何事もたったひとつの意識で語りつくせないもんです(笑) 仕方ないんだ。 numasprint.hatenablog.com こちらの記事でも述べましたが、接地は細かく区分できます。 今回は接地(すなわち足が地面に触れること)の、その前の段階のお話です! 目次 地面に触れてからでは遅い 加速度は加える力の大きさに比例する 地面に着く前に接地したと思いこむ 地面に触れてからでは遅い 100mは、後半になるにつれて接地時間が短くなっていきます。 意外と多くの人がやってまいがちなのが、序盤か…

  • 階段ダッシュは踏ん張らない!骨盤の旋回で体の中心部をトレーニング

    競技場で運動しづらい状況では、目に付くあらゆるものがトレーニングに使えると気づきます。 今回は、中でもおすすめの、階段での練習についてのお話です! 目次 段差は急いで登ってはいけない 階段ダッシュも体の中心から動かす 側軸を意識して胴体を左右にスライドする 「軸」は柔軟さ・本数から種類は様々 段差は急いで登ってはいけない 階段ダッシュ。 雨の日の部活動で、よく校舎内でやりますよね笑! 「よーい、パン」で一気に足を回転させて必死に登っていきます。 後ろの相手に追いつかれないように、前の相手を抜かすように。 それはもう足先に意識を張り巡らせて。 ガンガン音が響き渡るそんな練習。 ・・・ですが!!!…

  • 短距離はパー、長距離はグー!?手のひらとパワーの関係

    大会が再び始まる日に向けて、新しいスタイルを練習中です。 今回はそれにちょっと関係したお話。 みなさん!外出自粛中に差が出ますよ!! 目次 前置き「ふと」 パーとグーを使いこなす グーとパーの使い所 グーとパーにも多種類ある 前置き「ふと」 走りの調子が悪い時、原因を探ってみると、何気ない動作がいつもと少し違ったりします。 まだまだ意識が刷り込まれていない証拠ですね(笑) 僕の場合、そんなよくある違いが指先だったりします。 ・・・なんじゃそりゃ!!? そう疑問に思うのも当然ですが、待ってください笑。 一見どうでも良いようで良くないのが手のひらです!!! じゃ、いってみよう! パーとグーを使いこ…

  • 2ステップジャンプで骨盤動作のキレを上げる

    バウンディングが得意な人っていますか? 僕は苦手です!! 陸上を部活動として続けていると、必ず遭遇する動作ですよね。 正直、何度説明を受けても、僕は跳んでてしっくりきません。 なぜなら自分の走りとリンクする感覚が全く無いからです! こんな風に、自分の走りに活かせそうに無い動作練習は、続けても意味はないでしょう。 どんな練習も最終的には自分の走りに落とし込んで利用しないといけません。 僕と同じくバウンディングがしっくり来ない方に、ぜひおすすめのジャンプ練習をご紹介します!!! その名も 2ステップジャンプ。 では、行ってみよう! 目次 ただのジャンプ練習じゃない! 左右の切り替えがポイント 2種…

  • 骨ストレッチは必要なのか!?体を緩めることで出力が上がる

    外出も控える今日この頃。 久しぶりに陸上本を読み返していました。 そこで、改めて脱力の大切さを語りたいと思います。 『「骨ストレッチ」ランニング』 目次 骨ストレッチとは 日常的に無駄な筋力を使っている 筋肉を緩めると出力が上がる 注意点 骨ストレッチとは 体の、特に末端の部分の無駄な力を抜くことに注力した技術。 基本的には体の末端のツボを抑え、ストレッチを行います。 こうすることで、末端ではなく体の中心部を適切に引きのばします。 ・・・それ普段の体操・ストレッチと何が違うのん? ってなりますよね! 実は我々が普段やっているストレッチだと、体の端を引っ張ることが多いと思います。 言ってみればゴ…

  • 前傾のつもりが猫背になる時、どうするか

    スタートからスピードに乗るまでは、前傾が大事 そう言われ続け、なんとなく体を倒すイメージで走ってきた中高時代。 自分ではできているつもりが、いざ動画を見直すとただの猫背!!! そんなスタートを解消したくて悩んでいました。 とにかく背筋を伸ばしながら倒れるように走ってみたり。 悪い癖の対策って、ものすごく直接的で単純なものをぶつけがちですよね笑。 でも、僕は動きをマスターするとき、「見たままその動きを再現しよう」と意識は絶対しないようにしています! ・・・どういうこっちゃ? って話ですよね笑 ようは綺麗に前傾してる人って、別に背筋ピンとしようなんて対して意識してなかったりするんです。 何か別の主…

  • 「体を一直線に」の限界

    「軸を意識して走れ」なんて話、よく聞きますよね。 ピンと姿勢を良くしてダッシュ。 こうして誤った方向に育てられてしまうことに一石投じたいと思い、この記事を書きました。 目次 前置き「気を付け」 体の捻り "しなり"修得のコツ 前置き「気を付け」 起立、気を付け、礼。 この忌々しい挨拶によって、"気を付け=ビシッと固まる姿勢"になりませんか?? 僕は、気を付けの姿勢によって、かえって気を付けることができなくなるのではと思います。 ・・・何言ってんだ俺。 いやまて、落ち着くんだ!整理しましょう(笑) 気を付けるのは周りの動きに素早く対応できるようにするため。 だからこそ、気を付けの姿勢はいつでも動…

  • 100mを10秒台で走るための3つの技術③脱力編

    今回は旧ブログのリメイクです! 100m走で10秒台に行くための便利なスキル「脱力」の解説!行ってみよう。 目次 前置き「騙されたと思え」 脱力がメイン 脱力のコツ 前置き「騙されたと思え」 前回の二つの記事については、100m走の核となる技術です。 numasprint.hatenablog.com numasprint.hatenablog.com この二つは読んでいただけたら、「お、確かに速くなりそう」と思っていただける自信はあります(笑)ただし、今回は主観的には信じがたいやり方かもしれません。。。騙されたと思ってやってみてください。まあ、ゴチャゴチャいってねーではよ教えろやって話ですね…

  • 100mを10秒台で走るための3つの技術②骨盤の旋回編

    今日も旧ブログのリメイクです。 目次 前置き「足速いね」 骨盤は旋回する 旋回のメリット 前置き「足速いね」 君って、足速いね💛 陸上、まして短距離走やってると、誰もが一度は言われたい。または言われたことのあるセリフじゃないでしょうか?? まじ青春!!! ・・・これ、なんかモヤモヤしませんか? べ、別に女の子に褒められる奴が羨ましいわけじゃないんだからね!!! ほんとにそうじゃなくて、短距離走が速い人って「足が速い」のでしょうか?? まあどうせ速いんでしょうけど、そこが本質では無いだろーがバッキャロー!! というのが今日のお話。情緒不安定。 骨盤は旋回する 「骨盤を立てて走れ!」 こんなアドバ…

  • 100mを10秒台で走るための3つの技術①接地編

    今回は旧ブログのリメイクです! 目次 前置き「10秒台の壁」 身につけ方 前置き「10秒台の壁」 100m走をやってると、一つの大きな指標として10秒台が出てくることが多いと思います。 僕も大学に入ってから、100m走で10秒台を出すことが大きな目標となりました! やっぱりね、みんな言うんですよ。 やれ 「あいつ10秒台だわ、やべー」 だの 「10秒台はバケモノ!」 だの 「10秒台の男はイケメン」(※個人差があります) だのとね! てなわけで!今日は、11秒台と10秒台の違いを熱く語りたいと思います! 長らく10秒台を出せずに苦しんだぬまーの立場から、両者の違いは大きく次の3点が挙げられます…

カテゴリー一覧
商用