住所
出身
ハンドル名
八郎さん
ブログタイトル
セキスイハイムbjベーシックで家を建てる
ブログURL
https://www.hachiroublog.com/
ブログ紹介文
セキスイハイムbjベーシックで家を建てた40代おっさんのブログです。
自由文
-
更新頻度(1年)

162回 / 116日(平均9.8回/週)

ブログ村参加:2018/12/19

八郎さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 04/21 04/20 04/19 04/18 04/17 04/16 全参加数
総合ランキング(IN) 4,694位 4,433位 4,179位 4,060位 3,972位 4,163位 4,039位 957,376サイト
INポイント 80 50 70 60 120 50 70 500/週
OUTポイント 1,520 1,480 1,480 1,800 1,950 1,970 1,990 12,190/週
PVポイント 5,990 6,400 8,030 8,570 12,220 9,640 8,180 59,030/週
住まいブログ 37位 36位 33位 32位 31位 31位 31位 23,465サイト
一戸建 セキスイハイム 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 287サイト
今日 04/21 04/20 04/19 04/18 04/17 04/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 1,009位 965位 954位 925位 904位 909位 939位 957,376サイト
INポイント 80 50 70 60 120 50 70 500/週
OUTポイント 1,520 1,480 1,480 1,800 1,950 1,970 1,990 12,190/週
PVポイント 5,990 6,400 8,030 8,570 12,220 9,640 8,180 59,030/週
住まいブログ 9位 9位 9位 11位 10位 10位 11位 23,465サイト
一戸建 セキスイハイム 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 287サイト
今日 04/21 04/20 04/19 04/18 04/17 04/16 全参加数
総合ランキング(PV) 611位 586位 568位 569位 551位 610位 683位 957,376サイト
INポイント 80 50 70 60 120 50 70 500/週
OUTポイント 1,520 1,480 1,480 1,800 1,950 1,970 1,990 12,190/週
PVポイント 5,990 6,400 8,030 8,570 12,220 9,640 8,180 59,030/週
住まいブログ 17位 16位 14位 14位 14位 15位 19位 23,465サイト
一戸建 セキスイハイム 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 287サイト

八郎さんのブログ記事

  • 【第112話】どうする?マイホームの住宅ローン

    どうも!八郎です!! いよいよ設計チェックに向けた打ち合わせも終了し、残すは最終確認を残すのみとなった八郎家。しかし、家のプラン以外にも決めなければいけないことがあります。それは、 ○住宅ローン○火災保険 をどの商品を選んで、どこに頼むか、です。そこで八郎が考えついた策は。。。それでは続きをうどうぞ!! ※八郎よりお願い 毎度の記事もそうなんですが、特に今回の記事は「ふたりのおっさんが居酒屋でわいわいやっている会話」と思って読んで頂ければ、と思います。住宅ローンの話は結構デリケートなので、鵜呑みにされないように御注意下さい。まあ、情弱八郎なので、誰も信用していないとは思いますが。。。それでは続きを始めます!! 皆さん、覚えていますか? 皆さん、覚えていますか?この日記の序盤に出てきた、しがない保険屋の代理店の所長の話を…(所長、すみません!!!!) 「は?誰それ??」 と言う方は、こちらのリンクを読んでいただけたら、これからの話の面白さも倍増?するかもしれません。。。 (※第18話~21話参照) 以上、ちゃっかりちゃりの助からでした! いよいよ、プランの最終確認へと進みます。が!その前に、八郎はとある事務所を訪れます。今回も仕事帰りの傍若無人なアポのため、事務所にはお目当ての人、ひとりしか残っていません(笑) 八郎「こんばんは~」 所長「いらっしゃい!」 そこは、以前にもご登場頂いた保険代理店の所長の事務所です。車の任意保険や生命保険をお世話になっている外、娘同士が父親の知らないところで繋がっていたり、といろいろと縁のある方です。保険関係やこういう金融関係のわからないことは、全部所長に聞きに行きます(笑)代理店に頼むと保険料は決して安くありませんが、こういう所をいろいろ相談できるのが、代理店に頼む利点だと八郎は考えます。 コーヒーを淹れてもらって世間話をした後、所長がおもむろに聞いてきます。 所長「どう?家決まりました?」 八郎「そうですね、週末最終打ち合わせです」 所長「は?もう最終確認なの?えらい早いね」 八郎「はあ…ちょっと完成の時期が決まっているもんで、早めに動くことになりました」 (※第51話参照)

  • 【第111話】シーリングライト ダウンライト問題【結論】

    どうも!八郎です!! ダウンライトの種類などの説明をインテ担当に説明してもらった八郎。 特色を踏まえると「固定型」で行く方針を固めます。 しかし、そもそも論の「シーリングライト」か「ダウンライト」かの問題に結論が出ません。 ここはどう考えるのか。 今回結論を出します。 そして、空調に関連してくるのですが、快適エアリーかエアコンか、で微妙に照明の取り付けが変わってきます。 エアコンになる場合、シーリングファンを採用することになるんですが、そうなると、照明はどう変わるのでしょうか??? それでは続きをうどうぞ!! シーリングライトか、ダウンライトか、八郎家の結論は インテ担当「…以上が、ざっくりしたLEDダウンライトの説明になります」 八郎「ダウンライトは『固定型』にしようかとは思うんだけど…根本的に『ダウンライト』か『シーリングライト』も決めないといけないですよね」 八郎「10年に1回かもしれないけど、ユニットの交換費用が高いのはネックですね」 インテ担当「そうですね。。。」 やはりネックは、10年に1回のユニット交換費用でしょうか。 1個当たり1万~1.5万。 20個つければ20~30万。 なかなかのお値段です。 これはシーリングライトにすれば、10年に1回ユニットを替えてもここまでの価格にはならないでしょう。 まあ、シーリングライトもピンキリありますのでなんとも言えませんが。。。 しかし、ここで嫁の発言で、一気にこの問題にカタがつきます。 嫁「1階は不特定多数の人が来るから、なるべくスッキリ見せたいのよね」 八郎「うんうん」 嫁「でも、今あるシーリングライトも勿体無いから」 八郎「ふむふむ」 嫁「1階はダウンライトにしてスッキリと、2階はシーリングライトを移設したらどう?」 八郎「!なるほど」 嫁「1階はちょっと、かっこよく行きたいんだ、メンテ代はかかるけど」 嫁「2階は身内以外は基本上がってこないから、費用がかからない方を優先しよう。これでどう?」 八郎「いいね!OK!これで行こう!!インテ担当」 インテ担当「かしこまりました」 こうして、八郎家は1Fダウンライト、2Fは現状使っているシーリングライトへの移設、と言うことで結論になりました。

  • 【第110話】ダウンライト 固定型と交換型のメリット・デメリット

    どうも!八郎です!! 内装打ち合わせ最終章。 今回は、シーリングライトとダウンライトの検討です。 ダウンライトについて知識のない八郎は、インテ担当にいちからレクチャーを受けています。 その中で、ダウンライトは業者に交換を依頼しないといけない「固定型」、 自分で交換が出来る「交換型」の2種類がある事を説明を受けます。 ここだけ聞くと自分で交換できる「交換型」が良い! と思いそうですが。。。 実はそうでもない、みたいですよ。 その真相をインテ担当に話してもらいましょう。 それでは続きをうどうぞ!! LED電球の寿命は長い 昔ながらの家では、電球切れは自分で交換するのがデフォだと思います。 ダイニングの椅子をシーリングライトの下に持って行って、よじ登ってキコキコ回して替える… が定番だと思います。 ダウンライトになっても、電球切れを起こしたら自分で替えたいですよね? しかも、固定型は業者を呼んで変更とか面倒そうです。お金もかかりそうだし、可能なら避けたいところですが。。。 八郎「じゃあ、『交換型』でお願いします!」 インテ担当「早いですね(笑)実はもう少しお話したいことがございますのでそこまでお聞きになられて御判断いただいてもいいでしょうか?」 八郎「すみません、わかりました(笑)」 インテ担当「…実はですね、LEDの寿命は長いんですよ」 八郎「…それは聞いたことありますね」 インテ担当「今までの電球タイプは2-3年くらいで電球が切れていたと思います」 嫁「そうなんですよー、地味に不便だったですよねー」 インテ担当「LED照明の場合、輝度は落ちていきますが、寿命に関しては約10年大丈夫です」 嫁「!!そんなに長持ちするんですか!?」 八郎「輝度(明るさの度合い)は10年でどれくらい落ちますか?」 インテ担当「個体差ありますが10年で約30%です。先ほどの寿命も含め個体差がありますので参考程度に聞いてもらえると助かります」 八郎「30%暗くなると、正直どう感じますか?」 インテ担当「新品と10年落ちのLEDを並べてみれば違いは歴然です」 インテ担当「しかし、毎日住み続けて毎日毎日じわじわ輝度が落ちて行き、結果10年後どう感じ方が変わるか、と言うと気がつかない事が多いと思います」

  • 【ご訪問】ブログを始めて、4ヶ月が過ぎました【大深謝です】

    どうも!八郎です!! 読者さま「まーた家づくりが進んでない。。。ネタ切れなんじゃないの?」 というお叱りの声が聞こえてきそうですが、典型的なマイペースB型は今日も家づくりとは関係ないひとり言でブログを埋め尽くします。 もし興味があればそのまま下にスクロールしていただければ幸いです。 なるべく読者さまの興味のない記事は書かないでおこうと思っているんですが、毎日ブログを書いているといろいろと心境の変化があったりするもので、そういう気持ちを備忘録的に書こうと思っています。チラ裏で本当にスミマセン。 最近の八郎のブログはつまらないと自分で思う 最近の八郎のブログはつまらなくなったなー、と自分でも感じます。 読んでて理屈っぽい描写が増えたなーって、自分が思うくらいですから、読者さまは更に思っているだろうなー、と反省です。 昔の自分の記事って、楽しそうに書いてるなー、とこの前読み返してつくづく思いました。 テンポも結構よくて、善し悪しは別として飽きさせない展開だったように感じます。 かたや、HMを決めて打ち合わせがメインになってきた50話後半あたりからは、かなり内容が停滞しています。 かなり説明が回りくどくなっているなあ、と。 読者さんはこういう描写を求めているのか?とか思ったり(笑) お前は作家かっ!?と突っ込まれそうですが、最近の八郎のブログは「置きに行っている」感じがして非常につまらない、と反省しています。 ブログを書こうと思ったのは家づくり中に2つの大きな出来事があったから 八郎がブログを立ち上げたのは、打ち合わせの最終確認が終わった直後でした。 最終確認が終わった時に、強く「おし、ブログ書いたろうじゃん!」と思った次第であります。 そのブログを書こうと思ったきっかけで「家づくりをする上で、この話はみんなに伝えたい」と思う出来事が二つ、あったんですね。 ひとつは、「セキスイハイムをディスる営業が、今日中の契約を迫った出来事」 HMこそ伏せてますが(皆さんはご存知でしょうけど)、こいつは絶対に許せん!と言う気持ちで書かせていただきました。 皆さん、「今日中に契約しろ」とか言う営業はロクな人じゃないですからね、ガンと断ってくださいね。

  • 【お詫び】引っ越しのためにブログをお休みさせてください

    どうも!八郎です!! すみませんが引っ越しのため、ブログをお休みさせてください。。。 読者さま「は?またブログ引っ越すの?馬鹿なの?死ぬの?」 って思いますよね。。。 毎度引っ越しばかりですみませんm(_ _)m しかし、今回は、ブログではなく… リアルガチな引っ越しです。 (こんなんアップしたら嫁に怒られるな…) いよいよ、明日、新居に引っ越します!!! ブログではまだ打ち合わせの最終確認すら終わっていませんけど(笑) それでは、ブログ休むと宣言したにも関わらず、ここまでスクロールして、ブログを読んで下さった、神様のような読者のみなさまに。。。 少しだけ、フライング「web内覧会」を。。。 このトラブルが起りようのないようなシンプルな門扉もトラブルが。。。 白光の玄関に、果たしてなった、かな? 八郎の仕事場兼ブログ執筆場になりそうなLDカウンター いびつなパントリーの出来は果たして。。。 混迷招いたオープン階段の結末は。。。 八郎プロデュースの2Fトイレはどうなった? シーリングファンが回っている、という事は。。。 嫁「し、閉まらない…」 このカーテンの正体は。。。 続きは機会があればしっかりUPしたいと思います。 中途半端ですみません。 お休みします、とか言いながらそれなりの内容になってしましました… 失礼いたしました。 本日は以上です!! 最後までご覧頂き、ありがとうございました!!

  • 【第109話】新居の照明はダウンライト?シーリングライト?

    どうも!八郎です!! ハイム営業との設計チエック前の打ち合わせが終了。 しかし、インテ担当との内装打ち合わせがまだ終わっていません。 前回の2階の各部屋のクロスとフローリングをどうするか。 そして、照明問題です。 まずは、ベタなダウンライトかシーリングライトか。 ここの選択は思った以上に奥が深いものでした。 それでは続きをうどうぞ!! 宿題だった2階の各部屋のクロスとフローリング インテ担当「こんにちは、宜しくお願い致します」 八郎・嫁「ヨロシクお願いします!」 インテ担当「まず、早速なんですが2階の各部屋のクロスとフローリングは決まりました?」 八郎「はい、決まりました、それでですね。。。」 と言う感じでこの話をし始めるとまたここだけで2-3話使いそうなのでここは割愛(笑) 各部屋の雰囲気はどうなったのか?それは後日、写真付きで公開したいと思います。 即に言う「web内覧会」と言うヤツでしょうか? まあ、このペースでブログが進むとweb内覧会はいつになるのかわかりませんが。。。 個人的にドヤりたいのは、トイレ空間プロデューサー八郎が考案したトイレはなかなかになかなかでしたよ! 機会があれば公開しますので、ヨロシクご覧になってください! ダウンライトか、シーリングライトか インテ担当「それでは、本日の本題の照明に入りますね」 八郎・嫁「コクコク」 インテ担当「照明は大きく2種類有り、ダウンライトとシーリングライトがあります」 インテ担当「ダウンライトは、天井の壁に埋め込まれているライトです。展示場や建売でご覧になられました?」 八郎「はい、見ました!」 インテ担当「一方のシーリングライトは、天井から吊り下げるタイプの照明です」 嫁「今の家はシーリングライトです!」 インテ担当「そうですか、そうすると。。。今の家のシーリングをそのまま移設するか」 インテ担当「ダウンライトにするか、という感じでしょうか?」 八郎「うーん…恒例のメリット・デメリットをお願いします」 インテ担当「かしこまりました、ではメリットからいきましょう」 インテ担当「ダウンライトのよいところは、何と言っても天井がスッキリ見えること」

  • 【第108話】完成!我が家の磁器タイル外壁デザイン

    どうも!八郎です!! セキスイハイムの磁器タイル外壁は、色の貼り分けが出来ます。 タイル外壁の導入を決めてから、ひとりで自己満足デザインに時間を費やす八郎。 悩みぬいた果てに、ついに個人的には閃いたと思っている、「ダブルメインカラー」作戦。 メインカラーとアクセントカラーを、2面で入れ替える作戦です。 道路に面している北と東は、メインをダーク系、アクセントを白系。 南と西はメインを白系、アクセントをダーク系にしました。 八郎がエクセルでグリッドを作り考案したラフ案を、ハイム営業が今回カラーパースにして起こしてもらっています。 果たしてその出来栄えは? それでは続きをどうぞ!! 外観のカラーパースが完成 ハイム営業「…これで、設計チェックにかけていこうと思いますが、他に何かありますか?」 八郎「はい、大丈夫です!」 嫁「(コクコク)」 ハイム営業「ありがとうございます…では…」 そう言って、ハイム営業は大きな紙袋からなにやら取り出します。八郎は中身がわかっているのでニコニコわくわく。嫁はまたしても意味がわかっておらず困惑気味です。 3回目の修正パース 北側はブラックをメインカラーへ ハイム営業「こちらが、タイル外壁のカラーパースです」 八郎「おお…」 嫁「わあ…」 こうして広げられると、我が家のイメージが鮮明に実に入ってきて感動します。 カラーパースを見ると、マイホームを身近に視覚的に感じることが出来て感動します。 八郎は家帰ってからも、しばらくカラーパースを見てひとり怪しくニヤついていました。 外でやっていたら、間違いなく●通報→●職質→●任意同行のコンボを食らってるところです。 ハイム営業「最終的に、タイルはラスティックタイルのホワイトとブラックで設定しています」 八郎「やっぱり、細かいタイルの方がこのデザインだとよく見えますね」 ハイム営業「実は、ラスティックタイルのブラックは、2018年からタイルの色が個々で若干違うように見えるように仕様が変更になりました」 八郎「そうなんですか!?」 ハイム「はい、なのでブラック、になっていますが、微妙にタイルごとで色が異なるので引いた位置から見ると面白いですよ」

  • 【第107話】セキスイハイム磁器タイル外壁のユニークな貼り分け方

    どうも!八郎です!! 玄関のスマートキーの採用を決定した八郎家。ほぼ設計チェックで必要な打ち合わせは終わりましたが。。。個人的に大事な打ち合わせが残っています。快適エアリーよりも、頭を悩ませたそのオプションとは?それでは続きをどうぞ!! 皆さん、貼り分けないと損ですよ!? セキスイハイムの有力オプションのひとつ、磁器タイル外壁。 詳しい性能の説明やらは上記の記事に譲るとして、実はこのタイル外壁にはひとつ面白いオプションが存在します。それは… タイル外壁を色で貼り分ける!! です。当然、1色で統一感を出すのもありです。というか、普通に考えるなら統一感を出す上でも1色なんでしょう。特にレジデンスタイル系の上位モデルは、1色統一の方が高級感が損なわれなくてよいと思います。だが、しかし!!なんとこのタイル外壁、用意されている色の中であれば貼り分けが可能なんです!!そこにはカスタマイズ性が生まれます。この「カスタマイズ」と言う言葉に八郎は弱いんです。タイル外壁の導入を決めてから、八郎は常にどうやってかっちょよく貼り分けてやろうか、日夜通して考え続けていました。仕事中の運転時も周囲の家のデザインをすごく見ていました。ホント、交通事故が起きなかったのか不思議なくらい(周囲のみなさま、ご迷惑をおかけしました)未だに癖で、周囲の一軒家のデザインはガン見してしまいます(笑) と言うことで、もしタイルがラティスSタイルが、ラスティックタイルストレートジョイントをご検討の場合、貼り分けを強くオススメします。 超楽しいですよ!! 自分が住む周囲の家の色使いをリサーチ 既に、八郎が契約した土地の周りには家が建ち始めています。もう入居されている方もいます。その家と、デザインがかぶるのは嫌なので、事前に△△△(分譲地の名前)の周囲の家のデザインをリサーチします。 セキスイハイム ・ラステックタイル ストレートジョイントホワイト 1・ラティスSタイル アッシュグレー 1・Gレリーフ カフェブラウン 1 カームブラック 1(※タイル外壁ではありませんが、色目はチェックしました) B社 ・白系 3 C社 ・白系 1・黒系 1 D社 ・白系 2・ベージュ系 1・グレー系 1・まだ建築中で不明(その当時) 2

  • 【第106話】セキスイハイムで外観にオリジナリティーを出す小技

    どうも!八郎です!! 新居にハイテク装備を持ち込むべく、玄関にリモコンキーシステムの導入を目論む八郎。 しかし、リモコンキーは標準で2個しかついておらず、増設には1個2万近くするとの事。 ならば初期費用や増設も安く済む、カードーキーはどうですか?というハイム営業の提案。 しかし、カードキーにはロック・アンロックの遠隔操作機能はついていません。 すると、今まで沈黙を守ってきた嫁の発言で、事態は急展開を迎えます。 それでは続きをどうぞ!! 便利じゃなければ、導入する意味がない ハイム営業「カードキーにすれば、初期費用やカードの増設台など、リモコンキーとは格段に安い費用で用意できます」 八郎「しかし、ロック・アンロックの遠隔操作は出来ないんですよね?」 ハイム営業「そうですね、それは出来ません」 うーん、幾ら安くとも、遠隔操作が出来なければ意味がありません。 遠隔操作あってのリモコンキーシステムなのです。 そう思いながら思案しているところに、それまで沈黙を守っていた嫁が口を開きます。 嫁「。。。これって、カードだったら導入する意味ないよね?」 突然の嫁の援護射撃に戸惑いつつも、首を縦に振る八郎。 嫁「だって、遠隔でロック・アンロック出来る機能が八郎ちゃんは欲しいんでしょ?」 八郎「(コクコク)」 嫁「だったら、どんだけ安くても、カードはダメでしょ。カードじゃ導入する意味がない」 嫁「八郎ちゃんの思いならリモコンで行くべきでしょ?リモコンじゃなければここではお金かけちゃダメだと思うよ」 嫁の発言がとても理に叶っています。先ほどから反応を伺っていますが、嫁は、導入に消極的、と言うわけでも無さそうです。しかし、問題はリモコンキーが標準では2つしかつかないということです。 どうしようか… と思っていたら更に嫁は行動に出ます。 嫁「私もステキだと思うし是非取り入れたいんだけど、リモコンキーが2つしかついていないのはなー。うちは4人家族なんだけどなあー」 ハイム営業「。。。」 嫁「ジーーーーーッ」 ハイム営業「。。。わかりました。リモコンキー1個増設、1万円で承りますから、これで決めて頂けますか?」

  • 【第105話】玄関にリモコンキーシステム導入のすゝめ

    どうも!八郎です!! 快適エアリーの導入の是非は、最終確認まで持ち越し。 設計チェックは、エアリー導入あり・なしの2種の図面をかける、と言うことで話が進んでいます。 大事なところの決断は先送りにした反面、どうでも良いオプションに食指を伸ばそうとしています。 ハイテクになるのは良いことですが。。。 お金は大丈夫なの? それでは続きをどうぞ!! 玄関にリモコンキーシステムの導入を目論む セキスイハイム HPより ハイム営業「…他に気になる事とかはございますか?」 最終確認の前の設計チェックに向けた打ち合わせも酣(たけなわ)。 快適エアリーを最終確認で決定する意外は、保留事項がある程度決定・確認されました。 恐らく、ハイム営業と嫁の中では「よし、終わった!」と思っていたでしょう。 しかし、そうは問屋が卸しません。 空気を読めない八郎が、終わりがけの和やかムードをぶち壊します。 八郎「1つ、気になるオプションがあってですね」 嫁「!?」 嫁が「は?」みたいな感じでこちらを振り返ります。そりゃそうです。この案は嫁にも披露していません。技術のハイテク化は人知れず行われていくのです(←意味不明) ハイム営業「…はい、なんでしょう?」 声こそ、普通のトーンを保っていますが、顔は明らかに警戒しています。こいつ、また何か言い出すのか、と言った感じでしょうか? 八郎「はい、玄関に車のキーレスエントリーみたいな装置がつけられる、と聞きまして」 ハイム営業「あーはいはい、リモコンキーとカードキーのことですかね?」 嫁「?、?、?」 YKKap HPより 流石所長。話が早いです。嫁は、まったく話についていけず、顔がハニワになっています。 八郎「そうです、自分のイメージは車のキーレスエントリーと同じイメージですね」 YKKapの「スマートロック」と基本ほぼ同じ商品 YKKap HPより ハイム営業「はいはい、これはぶっちゃけYKKapのスマートロックと同じ商品です、1部ハイム仕様になっている部分はありますが、基本は変わりません」 八郎「そうなんですか!?それって幾ら位しますか?」

  • 【第104話】玄関をボタンひとつでロック&アンロック?

    どうも!八郎です!! 快適エアリーについてなかなか結論を出せずにいる八郎。 ハイム営業は売る気満々 嫁は八郎は買うだろう予想を立てている中 肝心の本人が結論を出せそうにありません。 いつになったら決められるのか? そして、快適エアリーとは別のところでお金を使いそうな気配が。。。 それでは続きをどうぞ!! 考えがまとまらず地蔵と化す ハイム営業は、快適エアリー投入の図面を提示し、ガラリの位置等を説明してくれています。 …しかし、八郎にはそれが耳に届いていません。 八郎『高い→でも機能すごい→欲しい→でも空調だけなら半額→やっぱり高い(以下ループ)』 この思考の繰り返しで、打ち合わせの室内に、突如巨大な地蔵が出現する事態に。 ハイム営業の説明にも、ピクリとも動かず話を聞き流している状態です(←と嫁が言ってました(笑)) ハイム営業「…と言うことなんですが、如何でしょうか?」 八郎「。。。」 嫁「…ちょっと!(アシフミー)」 八郎「えっ!?あ、はいはい」 思考停止していたのか、意識はアナザーワールドへ旅立っていたのか、急に引き戻され、挙動不審に。 ハイム営業「…なかなか決断できないですかね」 八郎「…そうですね、欲しいけど、価格が高い、ここに尽きます(チラー)」 こう言って、値引きをしてくれないか様子を伺いますが。。。 ハイム営業「わかりました、では最終確認まで待ちますので、その時には本当に結論を宜しくお願い致します」 「わかりました」の言葉が聞けた時は、心の中に勝利のファンファーレが鳴り響いていました。 おおおお、やっぱりジラして言ってみるものだと。 ついに値引きを粘り勝ちで勝ち取ったのだ、と確信しました。 しかし「最終確認まで待ちます」の言葉で、ファンファーレを演奏していた演奏部隊はずっこけます。 そこは値引き違うんかーい!ルネッサーンス!! と言うことで、結論は先送りになっただけでした。 八郎「あいすみません」 ハイム営業「設計チェックには両方の図面を通しますから問題ありません。但し…」 八郎「はい」 ハイム営業「最終確認がつける・つけないの最後のタイムリミットです。宜しくお願い致します」 八郎「…はい」

  • 【第103話】我が家の空調は?無難にエアコン?それとも快適エアリー?

    どうも!八郎です!! 最終確認に向けて1個1個、保留事項に結論を出していく八郎家。そしていよいよ今回は「快適エアリー」を設置するか否か、です。空調だけでなく、フィルターによる空気清浄、冬は床がほのかに暖かくなる(床暖房ではない)等様々なメリットを忘却の彼方に追いやるほどの、「高額な料金」。果たして、八郎が取った結論は?快適エアリー、伸るか反るか!?それでは続きをどうぞ!! もう1度おさらい、快適エアリーのメリット 太陽光については、前回書いた通り、自分の中で明確な結論が出ていました。よって、ハイム営業への返事も堂々と返しました。しかし、快適エアリーついては全く結論が出ないまま、今日を迎えています。 欲しい、でも設置費用が高い。でも欲しい、でも設置費用が高い。でも欲しい、でも設置費用が高い。(そして振り出しに戻る) この堂々巡りです。快適エアリーは実に出来る子で、みんなが喜ぶ機能満載です ・花粉やPM2.5を99%除去 → 花粉症の八郎と次女狂喜乱舞 ・冬は1Fのフローリングがほのかに暖まる → 冷え性女性陣は狂喜乱舞 ・洗面所(脱衣所)も快適エアリーで冬はほかほか → 家族全員狂喜乱舞 ・極寒の冬、猛暑の夏も、朝は快適な温度でお目覚め → 家族全員狂喜乱舞 (※常にスイッチオンしていることが条件) 良いところだけ記入すると、本当に良い機能満載の装置なんですけどねえ。。。 デメリットと不安要素 八郎が、年収1000万プレーヤーなら、快適エアリーは即答で「うむ、付け給え」と答えていたと思います。しかし、そこは毎日ブログ更新が出来るスーパー閑職です(笑)数万円の金額でも切り詰められないかと、日夜考えていました。(その割りに、気前よくどうでもいいオプションつけてたなーと、今振り返ると反省しきりです) 以前にもお話しましたが、空調、と言う機能だけで考えれば、全部屋エアコン調達すれば快適エアリーの設置代の2/3で済んでしまいます。1Fだけに限って言えば、快適エアリー80万に対し、高性能ダイキンエアコン&ハイム設置&シーリングファンで40万程度。 (第97話参照) この金額を覆せるだけのポテンシャルなのか、どうなのか、快適エアリー、その辺どうなってるんだっ!オイッ!!

  • 【第102話】RE:太陽光パネル、どれだけ載せる【結論】

    どうも!八郎です!! 洗面所の収納を優先したため、いびつな形になってしまったパントリー。本来、ここはもっと深く話し合うべきでしたが、そのままいびつなパントリーをきゅうりがパパ、なすがママに受け入れる八郎家。設計チェックについての確認は無情にも進んでいきます。そして、いよいよ保留事案の結論を出すときが来ました。今回は太陽光パネルの搭載量です。bjベーシックのデフォルト搭載量2kwか?80万追い銭して、2kw増設し合計4kwにするのか?積みあがるローンを横目に出した、八郎の結論は?それでは続きをどうぞ!! 太陽光発電のデメリット この話は、第95話の結論的な位置付けの話になります。 (第95話参照)まず結論を出す前に、太陽光発電肯定派の八郎が、太陽光発電のデメリットを書きます。 屋根の上に設置されているので、パネルが置かれている状況を把握することが容易ではない 太陽光発電は、自家用はほぼ屋根の上設置です。 と言うことは、太陽光発電がどうのような状態に晒されているのか、確認するのは容易ではありません。 太陽光発電が正常に稼動しているかどうかは、HEMSでの発電状況を確認するくらいしか、確認の術がないのが実情です。 汚い話で恐縮ですが、鶏の糞がベットリついている可能性もあります。 ビニールや布製の何かが太陽光パネルを覆い、トラブルや火災の原因になるかもしれません。 とにかく、目視でパネルの状況を確認できないのが非常に厄介です。 天候や周囲の建物の建築状況で、発電量が左右される 太陽光発電量は、当然日照が出ているかどうかで大きく左右されます。 10年・20年と言う長いスパンで見れば収まるかもしれませんが、短期間では日照によって発電量、それに伴う売電収入が大きく変わってきます。これが、太陽光発電が計算で費用対効果を見込み辛い最大の理由です。はっきり言えば、非常に不安定なんです。また、住宅地や分譲地であれば、高い背丈の建物が乱立することもないと思いますが、建築に関する条件がない土地では、高い建物が建つことで日照が遮られたりすると、太陽光発電に大きな影響を与えます。これも、発電量を確実に計算できない要因のひとつです。 屋根上の太陽光発電を撤去する場合は費用がかかる

  • 【第101話】いびつなパントリー

    どうも!八郎です!! いよいよプランの打ち合わせも残り2回。 今回の「設計チェック」と、「最終確認」を残すのみとなります。 プランの保留事案もいよいよ大詰め。 ついに結論が出るのか!?あの事案、この事案。。。 そして、更に思いつきの贅沢装備に食指を動かそうとする八郎。。。 最終確認前の設計チェック編スタートです。 それでは続きをどうぞ 「設計チェック」とは? セキスイハイムのプラン打ち合わせの最後から2番目に「設計チェック」と言うものがあります。 これは何かと言うと、家の作りから(強度)、電気配線から、問題なく家が建つかどうかをチェックにかける作業です。 このチェックに合格すると、ついに「最終確認」へと進みます。 最終確認の様子はまた次の機会に述べるとして、今回は最終確認前の「設計チェック」の話です。 これは、「家が問題なく建つかどうか」を、家の強度や電気配線など、あらゆる角度から確認する作業です。 そのチェックは本社に通すのですが、その通す前に、施主の承認を得る必要があります。 今回の打ち合わせはその「施主の承認」がメインになります。 色々迷っている懸案事項は、ほぼここで結論を出す必要があります。 また間取りをここでひっくり返す場合は、設計チェックに回す前に再度、プランを作り直す必要があり、結果、最終確認がずれ込む事となり、施工のタイミングが遅れます。 今回は、今までの打ち合わせである程度保留にしていた事案の結論を出す場でもあります。 洗面所の収納はどうなったのか? ハイム営業「宜しくお願いします」 八郎・嫁「宜しくお願いしまーす!!」 ハイム営業「今回はですね、まず前回の洗面所の収納がどうなったか、そしてそれに伴い何がどう変わったか、と」 八郎・嫁「(コクコク)」 ハイム営業「太陽光パネルの搭載量と快適エアリーをどうするか」 嫁「(ジーッ)」 八郎「。。。」 ハイム営業「他に何か気になる点があればお伺いしようかと思います」 ハイム営業「今回が大きく変更するのは最後の打ち合わせになります」 いろいろ紆余曲折の末、二転三転したプラン打ち合わせもこれが最後かと思うと感慨深さともう変えられない焦りに似た気持ちが同居した、変な感覚に襲われます。 何となく落ち着かない感じでの打ち合わせスタートです。

  • 【第100話】やっぱり、おうち、たてようかな

    これは、八郎家が、まだ家を建てようとする前のお話。 【結婚当初】 嫁「いつか、おうちたてて、みんなで幸せに暮らすのが夢なんだ!!」 八郎「お、おう、そうなんだ」 嫁「絶対家大事にするんだ!毎日ピカピカに掃除するんだ!!」 八郎「そ、そりゃすごいね」 嫁「こんな家買って、こんな間取りにして、こんな家具買って…」 八郎「(うーん、それよりも俺は車が欲しいなぁ。。。)」 嫁「友達沢山呼んで、自慢するんだ!!そして、ああするんだ!こうするんだ!」 八郎「う、うん、そうなんだ(うーん、興味ないなあ)」 【数年後】 嫁「○○ちゃんの新築祝いに行って来たよ!!」 八郎「ほーん…ハナクソホジー」 嫁「可愛いおうちだったなー、モノトーンもいいけど、ああいう可愛いのもいいかも」 八郎「ほーん…ケイタイポチポチ」 嫁「ちょ、ちょっと聞いてるの!ねぇ!」 八郎「ほーん…オシリカキカキ」 嫁「。。。」 【更に数年後】 嫁「ねえ、八郎ちゃん」 八郎「ん?なに?」 嫁「三女ちゃんも、来年小学生だし」 八郎「うん」 嫁「年頃の娘もふたりいるのに」 八郎「うん」 嫁「2LDKは狭いと思うのよね」 八郎「。。。それで?」 嫁「そろそろ、時期なんじゃないかなって?」 八郎「何が?」 嫁「何が、って…だってこのまま2LDKに5人で生活するの?」 八郎「うーん、何とかなるでしょ」 嫁「ねえ、おうち、建てようって思ったりしないの?」 八郎「は?それって、俺の給料へのイヤミ?俺に年収わかって言ってるの?」 嫁「そ、そんなんじゃないよ、ふたりで頑張って働けb」 八郎「絶対無理だよ!マイホーム破産するに決まってる!!それに長女高校・次女は中学だよ。これからお金すごくかかるんだよ」 アーデモナイ・コーデモナイ・デモイエハカイタクナイ・ローンノセキニンナンテオイタクナイ 八郎「だから、マイホームなんて建てられないよ!ごめんけど、俺と結婚したのは運がなかったと思って諦めて!俺の収入で家なんて絶対買える訳ないんだから!!!!」 嫁「。。。わかった。。。無理言って。。。ゴメンナサイ。。。。。。」

  • 【第99話】リクシルのショールームはわくわくがいっぱい

    どうも!八郎です!! 打ち合わせも残り2回。設計チェックと最終確認を残すのみです。いよいよ家のプランが固まってしまいます。そんな中、本日はリクシルのショールームにお邪魔します。キッチンの説明、と言うことで、セキスイハイムで家を建てれば必ず1回は足を運ぶことになります。今回はその時の様子のレポです。それでは続きをどうぞ!! 大勢のお客さんでごった返すリクシルショールーム リクシルHPより 今日はリクシルのショールーム現地でハイム営業と待ち合わせです。 このショールーム、結構街中にある上に、幹線道路沿いにあるため、毎日かなりの渋滞スポットになっています。 遅刻は嫌だったので、近くのファミレスで食事をしながら待機です。 こうすれば遅刻することもないでしょう。 さて約束の時間10分前に、ファミレスを出てショールームへ。 かなりの広大な敷地に、広大な駐車場。 そして、敷地から遠くに停まる商用バンの数々。。。 これはハウスメーカーの営業さんのものなのか、それともリクシルの商用車なのか。 それを横目にお客さま駐車場へと向かいます。 しかし、車・車・車… 車で溢れかえっています。 日曜日、と言うのもありますがショールームは大盛況です。 端のほうしか空いていなく、端に車を停めてテクテク歩いてショールームへ。 入口をくぐると、待合室と思しきホールも人・人・人。 待合室ならぬ、待合ホールです。 電光掲示板には、予約時間とお客さんの名前が掲示されていますが、15-30分刻みに数十名の名前が掲示されており自分の名前を探すのもひと苦労。 ハウスメーカーも、セキスイハイムだけでなくいろいろなところから来ています。 さらに営業らしきスーツ姿の人も沢山下り、待合ルームはカオスの様相を呈しています。 キッチンのカスタマイズ具合がスゴイ リクシルHPより ハイム営業「八郎さま、こちらです」 人ごみの中からハイム営業登場です。 声をかけられなければ絶対気がついていなかったでしょう。 早速受け付けを済ませて、テーブルでコーヒーを飲みながら待っていると… 10分くらい経った所で、女性の案内係りがやって来ます。 「コーディネーター」と呼ばれていました。なんだかかっちょええですね! ショールームの方は皆さんお綺麗でびっくりでした。

  • ハウスメーカーの営業の見極め方・変更の仕方

    どうも!八郎です!! 注文住宅を検討する上で、皆さんの家の運命を左右するほどの影響力を持つ人は誰でしょうか? そう、「営業」ですよね。 満足いく打ち合わせが出来るかどうか 後悔が限りなく少なくおうちが建つかどうか それは、営業の手腕にかかっています。 更に言えば、我らがセキスイハイムで打ち合わせをする場合、プランはなんと営業が提示します。 もちろん、打ち合わせには出てきませんが設計士がしっかり図面は引いてくれています。 しかし、プランの提案は基本、営業がするのです。 と、するとなると、営業のスキルは尚重要ですね。 引き出しを沢山持っている営業なら、プランの悩みも逆転満塁ホームラン的な提示で解決!なんて話もあるかもしれません。 と言うことで今回は、ハウスメーカーの営業にまつわる話を取り上げたいと思います。 相性の合わない営業を変えることは出来るのか? しつこい営業の撃退法等も合わせてご紹介します。 こんな営業は要注意! 数千万のマイホームの資金を託すことになる営業です。 しっかり見極めて、こんなはずじゃなかったのに…と言う事がない様に見極めましょう。 連絡も寄越さず遅刻をする営業 営業マンも1日数件の打ち合わせかやその他の業務を、東奔西走しながらこなしています。 お客さまの打ち合わせ状況次第では、どうしても時間が押して遅刻することもあるでしょう。 しかし、電話の1本も寄越さず遅刻する営業はアウトです。 せめて電話で連絡をいれ、どういう理由で遅れるかは伝えるべきです。 1回でもこれが発生したら、余程の理由がなければ話を続けないほうが怪我しないと思います。 返事があいまいな営業 こちらの質問に 「○○○…だと思います」 「たぶん、○○○でしょう」 「きっと○○○に違いありません」 とか言ってしまう営業も考えましょう。 誰も、お前の意見なんか聞いてないっちゅーねん!!って話です。 高額の金額を左右する質問を、憶測で返すなんて有り得ません。 こう言うときの正解は 「申し訳ありません、持ち帰って数日内に御返答いたします」 だと思います。 わからないのもダメかもしれませんが、憶測で物を言うのは一番ダメなパターンです。 他社の悪口を言う営業 当ブログの日記でも取り上げました「他者の悪口を言う営業」

  • 【第98話】期限延長

    どうも!八郎です!! 打ち合わせも終盤戦。快適エアリーの値下交渉が決裂。いつになく、ハイム営業の強い否定に、八郎の快適エアリーの思いが冷めています。 現状、快適エアリーと、普通の空調との価格差を埋めるメリットが見出せない状況。しかし、その雰囲気を察したハイム営業が、とある手段に打って出ます。それでは続きをどうぞ!! 花粉症の強い味方、快適エアリー 八郎家にはふたりの花粉症持ちがいます。それは八郎と次女です。毎年2月を過ぎたあたりから、いらいらいするような目の痒みに悩まされます。花粉症の方は、共感いただけるかと思います。 眼球を取り出して、念入りに水洗いしたい ちょっとグロい表現ですが、でも本当にそうしたい衝動に駆られるほど、目が我慢できない痒みに襲われます。。。とにかく目が痒くなったら、集中力も散漫になるし、暫く何も手につかなくなります。そんなアレルギーから、快適エアリーは救ってくれるというのです。アレルギー患者からすれば、喉から手が出る商品…のはずなんですが。八郎は、どこか引っかかります。 本当に、40万以上の金額を支払って、花粉症から救われて、喜べるのだろうか。この40万の十字架を背負いながら、ローンを支払わなくてはならないのか?(←やや大げさ)ちなみに、40万円を35年ローン、金利1.4%元利金等払いの場合、月々の支払いは1200円増です。35年経てば、40万が50.6万になります。こうして聞くと、月々1200円くらいなら、ユー買っちゃいなヨーと、なりそうなんですが、これが降り積もって、それなりのローン額となると、毎月の支払いが段々ボクシングのジャブのように効いてくるような気もします。 そこまでお金を出して欲しいオプションなのか?それまでの自分なら、何が何でも欲しいオプションでした。しかし、ハイム営業に強気の拒否態度に出られ、少し興ざめしてしまったのでしょうか。一歩引いた位置から、やや冷たい感じで快適エアリーを眺めている自分がいることに気がつきます。 窓を開けない生活をどう思うか

  • 【第97話】値引き交渉決裂!!

    どうも!八郎です!! 打ち合わせも終盤戦。快適エアリーの選択に頭を悩ませます。。。快適エアリーは1階に導入するだけで80万。エアコンだけで済ませれば32万。シーリングファンをつけても40万強。もちろん、快適エアリーは空気清浄機的な機能も付いており、一概にエアコンの価格差だけでの比較はフェアーではありません。しかしのこの40万に近い金額差は。。。今回は久々、ハイム営業との丁々発止(?)のやり取りです。それでは続きをどうぞ!! 全館快適エアリーvs全館エアコンの価格差 ハイム営業「では、太陽光パネルは4kw搭載、と言うことで?」 八郎「はい、宜しくお願いします」 こう言った瞬間、ハイム営業の顔がホクホク顔になったような気がしました。 あれ?選択誤った? 一瞬モヤっとした気持ちが頭をよぎりましたが、ハイム営業が被せるようにしてきた質問をは、そのモヤっと忘却の彼方に押しやります。 ハイム営業「それで。。。快適エアリーの方はいかがでしょうか?」 来ました、ついに快適エアリーに迫ってきました。 いよいよ本腰を入れて考えなければならない時が来ました。 今日、雌雄を決しないといけないのでしょうか。 八郎「はい、実はインテ担当にエアコンの見積もりを取ってもらいました」 ハイム営業「はい、伺っております」 八郎「(やっぱり知ってるか…)いや、それがですね…シーリングファンを入れても1階のエアコン設置費用は快適エアリーの半分の費用で済むんですよ」 ハイム営業「はい、しかし快適エアリーの性能は、八郎さまも工場見学で体験いただいたかと思いますが」 ハイム営業「フィルターのろ過で、匂いだけでなく花粉やPM2.5を99%除去できます。これはエアコンには当然ない機能です」 ハイム営業も快適エアリーには並々ならぬ自信を持っているようです。 いつもより語気が強めに感じます。 しかし、価格差がどうにもありすぎです。 1階で40万の価格差。 2階を細かく見ると、快適エアリー40万。 エアコンにすれば見積もりの差額で計算すれば23万。 ここでも17万の差額です。 全館快適エアリーvs全館エアコンの差額は、57万です。 ナンボ空気清浄機&消臭機能がついているとは言え、かなり強気の価格設定と言わざるを得ません。。。 値引き交渉を試みる

  • 【第96話】セキスイハイムでエアコンを設置するメリット

    どうも!八郎です!! 打ち合わせも終盤戦。高額オプションを巡る苦悩が続きます。太陽光パネルを2kw→4kwに増設。またしても支払いがアップしてます。そして、いよいよ快適エアリーの選択です。1階だけでも80万、2階までつけると120万の高額オプション。これは間違いなく一筋縄ではいきません。どこを糸口に、設置するしないを決めようか…八郎はどこを判断の糸口とするのか?それでは続きをどうぞ!! インテ担当にハイムでエアコン設置の見積もりを依頼した 実は、この打ち合わせの前に、インテ担当にエアコンの手配と設置費を聞きました。 セキスイハイムでエアコン頼むなんて、お金がかかるに決まってる! と言われそうですね。 その指摘はご尤もです。 情弱、と言われても致し方無いです。 それを踏まえた上で、セキスイハイムでエアコンを手配するメリットを上げていきます。 ダイキンのエアコンが選べる ダイキンHPより ぴちょんくん ハイムでエアコンを頼むと、ダイキンのエアコンが選べます。 は?ダイキン?何それ? って言われそうですね。 家電量販店でも、販売していないお店も多いので、知名度は低目かもしれません。 ちなみに、嫁に聞いたら 嫁「ダスキンなら知ってる!」 と言われたので、 八郎「モップやないかーい!!」 と突っ込んでおきました。 ちなみに、ついつい仕事帰りのお土産で買っちゃう「ミスド」ことミスタードーナツも、ダスキンが運営しています。 閑話休題。 ダイキンと言えば「うるるとさらら」や「うるさら7」で有名でしょうか? 業務用のエアコンも多く手がけており、世界的に有名なエアコンメーカーです。 ハイムはダイキンのエアコンが手配できるので、エアコンマニアに密かな支持を得ています。 価格も見積もり取りましたが、家電量販店の同クラスと比較しても決して高くなかったです。 上位モデルは、電気代も非常に安くなります。 広いリビングで快適エアリーを設置しない方は検討してみて下さい。 と、ダイキンを結構押しましたが、個人的なエアコンメーカーNo.1は三菱だと思います(笑) 霧が峰サイコーです!!(あくまでも八郎個人の意見で、性能・機能を保証するものではありません(笑)) 引き渡し時に設置が完了している

  • 【第95話】太陽光パネル、どれだけ載せる?

    どうも!八郎です!! 打ち合わせもいよいよ終盤戦。そろそろ、高額オプションをどうするのか、結論を出さねばなりません。前回の記事でも触れましたが、所謂セキスイハイムの三種の神器・磁器タイル外壁・太陽光発電システム・快適エアリー を全部トッピングすると、約400万かかります。 非「情」に高額なオプション故、非常に頭を悩ませます。 つけて良かったとニコニコ顔で生活を送るのか、 月々の高額ローンを恨めしく思いながら支払うのか、 八郎家の結論は如何に? それでは続きをどうぞ!! 気を遣って言ってくれた言葉に気を遣うという矛盾 いよいよ高額オプションをどうするのか、真剣に考えなければならない時が来ました。 ちなみに、磁器タイル外壁は、夫婦一致で採用が決定しています。 そして、太陽光パネルの搭載量と、快適エアリーついては、 嫁「八郎ちゃんが、決めていいよん♪」 と嫁に言われました。 嫁は多分、俺に気を遣って言ってくれたんだと思います。 (「ダメ」といって、後から八郎の「つけてたら良かったのにぃ」恨み節を聞きたくない、というのもあると思いますが(笑)) 一生に一回の買い物だから、満足いくように決めていいよ、と言う声が聞こえてくるような感じでした。 しかし。。。これが逆に苦しかった(笑) そりゃ、自分の給料が年収1000万あれば、「じゃ、つけますわ」のひと言で終わります。しかし、毎日ブログをしこしこUPしている窓際おっさんの給料なんてたかが知れてます(笑)そんな給与水準です。100万単位の買い物は、石橋を叩いて壊すほど慎重にならざるを得ません。自分の給料がわかっているからこその苦悩、そこが八郎を最後まで苦しめます。 bjベーシック標準搭載の2kwかハイム営業推薦の4kwか しかし、このbjベーシックと言う商品。 以前もお話したとおり、太陽光はデフォルトで2kw搭載モデルなんです。 そう、何もしなくても2kwは搭載されるんだから、 「何もしなくても、そのままでいいじゃん!」 と言う声が聞こえてきそうです。 八郎も悩みました。 追加搭載しなければ、手出し無しで、コストはパワコンの交換代だけ考えればよいんです。 2kwなんで、電気代がチャラになる事は無いにしろ、電気代のアシストには充分でしょう。

  • 【第94話】セキスイハイム3種の神器の是非

    どうも!八郎です!! 洗面所のタオル収納を確保するために、パントリーのスペースの削減を選んだ八郎家。 何かを活かすために、何かを犠牲にする…注文住宅あるあるのひとコマを綴りました。 しかし、選ばなければならないのはそれだけではありません。 打ち合わせも終盤戦。 そろそろ、例のオプションにをどうするのか、結論を出さないといけませんよね? 数十万~百万近い金額のオプションです。 こちらも容易ならざる決断になります。 それでは続きをどうぞ!! セキスイハイム「3種の神器」とは? 勝手に八郎が命名している、セキスイハイムの3種の神器。 それは ・「磁器タイル外壁」 ・「快適エアリー」 ・「太陽光発電システム」 の3種類です。 太陽光発電はハイム独自の商品ではありませんが、昔から太陽光発電を積極的に導入を進めているハウスメーカーとして有名ですよね。 屋根を拡大して、太陽光パネルを少しでも載せてエネルギーの自給自足を目指した「スマートパワーステーション」と言う商品も当ブログでも何度も取り上げました。 この3つは、セキスイハイムの看板オプションとして君臨しています。導入すべきか否か…施主を最後の最後まで悩ませます。悩ませる原因は…そう、価格です。 3つを導入すると幾らになるのか 推定値ですが、ズバリ書きます(色々な状況で変わります、参考としてみて下さい) ・太陽光発電システム(5kw) … 200万 ・快適エアリー(1Fのみ) … 80万 ・磁器タイル外壁(1番廉価グレード) … 120万 なんと、合計400万です!!そこそこ良い車が買える位の金額です。この3つを全部トッピングするのは勇気が要りますね。 優位性が見える「磁器タイル外壁」と不安定さが見え隠れする「太陽光発電」 磁器タイル外壁は、施主のブログでも概ね好印象です。 やはり、「外壁を15年に1度塗り直すより安く上がりそう」と言う長期視点での経済的優位性が導入に踏み切らせる大きな理由でしょう。 また、部分部分の「色の貼り分け」が可能なのも、オリジナリティーを追求したい施主にウケている模様。 わかりやすさは、間違いなく消費者への最大のアピールポイントになります。

  • 【引っ越し】午前中に引越業者を6社呼んで学んだ事を書く【相見積り】

    どうも!八郎です!! 鍵をもらって、マイホーム引き渡し完了!!!!!まず最初にすることは何でしょうか?家族でホームパーティですか?知り合い呼んでドヤりますか? …違いますよね。多分、引っ越しですよね? と、言うことで、今回のテーマは「引越業者選び」です。 引っ越しするに当たって、やらなければならないことが「引っ越し業者の選択」ですよね。八郎は無謀にも、午前中で業者を6社呼んで怒涛の相見積もり合戦をさせました。…人としてサイテーだったと今では反省しています。そこで学んだこと、そして相見積もり時の注意点などを書き殴りたいと思います。 ブログのネタのために…もとい!これから引っ越しを考えている皆さんのために!呆れられ、怒られ、人柱となりながらの体験記です。参考になれば幸いです。それでは、れっつらごー! 相見積もりを取る前に決めておくべきこと、注意点 大手から地場の業者まで幅広く声をかける こうしておくと、応対は面倒ですが色々とわかることも多く、価格だけじゃない部分で、比較検討が出来ます。 4-5社声かけすれば、価格の上から下までわかり、サービス内容の是非なども理解できると思います。 引っ越しの日程 ここは絶対決めておかないといけません。 最終見積もりを出す前に、営業は傭車やスタッフの手配の確認を取ります。 引っ越しシーズンで日程が埋まっている可能性があれば、第二候補まで決めておきましょう。 近場で引っ越すなら、午前スタートか午後スタートかも決めておいたほうが良いでしょう。 但し、午前は大体9時くらいからのスタートですが、午後スタートは、午前の引っ越しが終わってからスタッフがやって来ます。 午前の引っ越しに時間がかかれば当然時間も押します。 ひどいときは、夕方4時から始まって、引っ越し終わったのは夜の10時だった、なんて事もあるので午後スタートはその可能性を覚悟しましょう。 持って行くもの、持って行かないもの

  • 【第93話】玄関かパントリーか 非情な取捨選択

    どうも!八郎です!! 洗面所のタオル収納をどうするかから、プランのやり直しにまで話が発展する事態に陥る八郎家。 しかし、新居完成の期限が決まっている八郎家にとって、 ここからゼロベースに戻してやり直すのは打ち合わせも満足に出来ないため、 好ましくないのではないか、というハイム盛業の進言が入ります。 あくまでゼロベースに戻し、満足できるプランを追及するか。 それとも、現状のプランのやりくりで、どこかを諦めるか。 八郎家が取った行動は? それでは続きをどうぞ!! 状況を整理してみる ハイム営業「やはり、ここは。。。」 八郎・嫁「(コクコク)」 ハイム営業「時間の猶予がそれ程無いところを鑑みても、現状のプランから修正を加えた方が良いかと思います」 八郎「そうですか。。。」 嫁「。。。」 ゆっくり時間をかけて考えることが出来るなら、ゼロベースにして、新しいプランを考えるのは全然ありだと思います。 しかし、家が完成するタイミングが決まってしまっている以上、最初からやり直しは、相応のリスクを覚悟しなければなりません。 ハイム営業「もし、現状のプランで調整を加える場合、洗面所の収納スペースを確保する方法は二つです」 八郎「どういう案になりますか」 ハイム営業「はい、まずは奥様が提案された、風呂と洗面所を広げるパターンです」 ハイム営業「しかし、これは先ほども申し上げた通り、玄関が狭くなります」 八郎「うーん…」 ハイム営業「もうひとつは。。。」 八郎「はい」 ハイム営業「パントリーを縮めることです」 薄々感じてはいましたが、そこがひとつの落とし所なのか、と思っていました。嫁は黙って下を向いています。 やはり、パントリーを狭められることには抵抗があったのでしょう。 状況を整理すると、こんな感じになります。 A:プランをやり直すB:プランはそのままで微調整する 更にBを選択した場合は B-①:バスと洗面所を広げタオル収納スペースを確保するが、玄関が狭くなる B-②:パントリーを縮小し、タオル収納スペースを確保する となり、3択です。 決断しないといけない事の難しさ

  • 【第92話】プランやり直しの危機

    どうも!八郎です!! 新居のプランの見直しをしている中で、「洗面所」に魔物が棲んでしました。。。 タオルの収納スペースがなく、このままでは風呂に入っても身体が拭けません。 まずは収納のスペースを確保しないといけません。 ハイム営業に早速相談します。 まずまず満足していた八郎家のプランは、いったいどうなってしまうのか!?(←懐かしいフレーズですね(笑)) それでは続きをどうぞ!! 焦る嫁 そして迎えたハイム営業との打ち合わせ当日。 ハイム営業「(いやー、久々の登場(笑))どうですか?これまでに何か気になっていること、変更したいところはありますか?」 ハイム営業は、打ち合わせの最初にまずこのフレーズを言ってくれます。 これを言ってくれると、「ああ、しゃべっていいんだ」と思わせてくれるのでありがたいですね。 他の営業さんも、こんな声かけから打ち合わせが始まるのでしょうか? さて、ここはタオルを置く収納スペースがない事を早急に告げなければなりません。 八郎「いや、実は洗面jy」 嫁「身体が拭けないんです!!」 八郎「」 ハイム営業「はい?」 嫁「タオルが置けないんです!!!!」 珍しく嫁が先んじて話を始めます。どうやら、この件が非常に気になっているようです。そして、後に大きな後悔を残す打ち合わせが始まっていくのでした。。。 風呂と洗面所を広げることは出来るが ハイム営業「なるほど、確かにこれではタオル関連の収納が無いですね」 事情を聞いたハイム営業が、しれっとした顔でうなずきます。 いやいやいや、あなたが提案したんでしょ!! と言う突っ込みは心の奥底に閉じ込めて、改善の道を探ります。 八郎「具体的に、どういう方法があるでしょうか?」 ハイム営業「それは、パンt」 嫁「洗面所と風呂場を広げることは出来ないんですか?」 ハイム営業「えっ?」 初めて嫁が自分の発言に被せてくる姿に、ハイム営業も同様を隠せません。しかし、ここでいつもと違う嫁である事を感じ取ったようです。すこし、間を空けて、言葉を選びながら話し始めます。 ハイム営業「そうですね…可能です、広げられます」 嫁「ホントですか(パアアアアア)」 ハイム営業「しかし、玄関が狭くなります」

  • 【第91話】身体が拭けない!!

    どうも!八郎です!! 住みやすい家を目指し、現状の家の問題点をピックアップ。それを新居では解決して住みやすい新居に!と言う目論見で、問題点の総ざらいを実施。ほぼ、打ち手を施し解決の方向ですが、リビング設置の大型家具、カップボードなどをどうするのか、と言う問題点が浮かびあがってきました。その点は嫁と話し合いが必要そうです。そして最後に何の気なしに眺めた洗面所で、衝撃に身体を貫かれます(なんちゅう大げさな) それでは続きをどうぞ!! 魔物が棲んでいた「洗面所」 最後の最後、洗面所に目をやる八郎。 洗濯機は浴室の隣に設置しているので、お風呂の残り湯なんかが選択で使えていい感じの設置です。 洗面所も、ホースで伸びるタイプのシャワーにもなる蛇口が設置(つたない表現力ですみません。。。) お湯と水のカランしかない今の洗面所に比べては大きな戦力UPです。 洗面台の下には観音開き戸の収納。 そして、洗濯機スペースの上には小さな吊り戸。 ここに洗剤などを収納すれば色々と捗りそうです。 当初のプランに比べると若干狭くなりましたが (※第80.5話参照) 概ねスペースだけで言えば現状維持という感じ。ただ、洗面台の能力は大幅UP。特に問題は無さそうです。 八郎『導線は2箇所、リビングキッチンからも、玄関からも洗面所に移動できる』 八郎『汚れたときや、突然の雨に打たれた時に有効な導線、問題なし』 八郎『開き戸とのドアの干渉も問題なし、出会いがしらにドアとドアがかち合う心配もなし』 八郎『おーし、風呂でも入るか!といって鼻歌交じりに服を脱いで、新しいお風呂を堪能して』 八郎『ふうー、湯上り爽快!!さあ、身体を拭こうか、って。。。』 八郎『ええええぇぇえぇぇぇえぇぇえぇええぇえぇえぇ!!!!!』 身体が拭けない!! ちょ、ちょっと待った。タオルって何処に収納するの?この間取り、この導線だと、キッチンから洗面所に入ると、ここに収納を設置すると思いっきり邪魔ジャマイカ? でも…玄関への導線を考えると、ここしか置く所がないぞ。 これって… タオル置くところ無くね?

  • 【第90話】家の不便なところ総ざらい

    どうも!八郎です!! A君のお宅訪問で得た教訓を、家づくりに活かす!! そう誓った八郎は、次回のプラン打ち合わせに向けて動き出します。 八郎は家づくりに何を求めるのか? そして見てて来たものは? それでは、続きをどうぞ!! 目指すは「住みやすい家」! アクセントクロスが。。。 エコカラットが。。。 とやっていましたが、いやいや違う。 家は住みやすさだ!! 住みやすくてナンボだ!! 人の影響を受けやすい八郎は、これまでのかっちょええ路線から180度方向転換。 まずは、現状、住んでいる家の不便な点を総ざらいすることに。 ×玄関が狭い、靴が6足以上出ると足の踏み場もないくらい狭苦しい →現状の2.4倍のスペースを確保 ○解決 ×天候や時間帯を気にせず洗濯物が短い導線で干せるようにしたい →キッチンに勝手口の設置、外へ用意に出られる 雨天用に浴室乾燥機の設置 ○解決 ×年頃の女の子ふたりが、6畳1間をシェアしていて可哀想(←さらっと字に起こしているけど、これは結構ヒドい話。。。) →各々5畳強の部屋を1人1部屋持つ ○解決 ×コンセントのたこ足がヒドい。特にTV周りと台所 →家電の設置箇所をある程度想定し、必要数+2を確保 ○たぶん解決 ×備え付けの収納がなく、タンスや本棚などを無理矢理並べて収納し、部屋が狭くなる → ※図面を見ながら要検討 こうして箇条書きにして書き出すと、結構解決されているんですね。 ハイム営業に言われたからか、自分で無意識の内に問題のあるところは要望を出したのか。 根本的に問題な部分はある程度解決をしているようです。 流石注文住宅ですね!! 。。。と言うよりは、今までの八郎家の生活水準と言うか、人数に対する間取りがおかしかったんですね。 2LDKに夫婦娘3人の5人生活を10年続けた結果 は?釣りでしょ??? と、思われた方。 イヤイヤ、実話です。 八郎家は、夫婦と娘3人の5人2LDK生活を約10年続けました。 今でこそ、長女・次女と社会人になりました。 長女は旦那の下へ嫁ぎ、次女は家から仕事に通っています。 しかし、在学中なんかはよく娘たちはグレずに家に帰ってきてくれたと思います。 自分がその立場なら、絶対に帰らない(笑) 年頃の娘ふたりが、6畳1間に押し込められるんです。

  • 【第89話】家に求めるものは何ですか?

    巨大分譲地で、セキスイハイムのSPSでマイホームを建てたA君。 そのA君のお宅を訪問。 何か良い案はないか、お知恵を拝借しようとお邪魔しています。 帰る前に、八郎は前から用意していた質問をA君夫妻にぶつけることに。 果たしてどのような答えが返ってくるのか? それでは続きをどうぞ!! 家づくりでの後悔は無いか、率直に聞いてみる 自分たちの思いがある所にはしっかり投資。 例)・広い庭・沢山の太陽光オパネルと蓄電池・快適エアリー全館装備 家の商品の特徴を活かした家づくり。 例)・インナーバルコニーを活かして広いベランダ シンプルなところはシンプルに。 はっきり言えば、標準装備でお金をかけない メリハリがしっかりついているA君の新居SPS。 気持ちの良い家づくりに八郎は感心しきり。 そんなA君夫婦に、温めていた質問をしてみることに。 八郎「参考までに聞かせてほしんだけどさ」 A君「なんでしょう?」 八郎「ぶっちゃけ、家づくりを終えて、何か後悔していることとか無い?例えばこうすえばよかったな、とか」 A君「うーん、そうですねえ、何かあるかなぁ(オクサンチラッ)」 奥さん「そうですねー、まあもっと貯金しとけばよかったかなあ、くらいでしょうか(笑)」 八郎「ここはこうしたら、とか、あれをつけておけば、とかなかったんですか?」 A君「うーん、快適エアリーは全館装備だし、太陽光も沢山つけたから、いずれ投資は回収できるだろうし、庭やベランダは広いし。。。」 奥さん「八郎さんごめんなさい、特に思いつかないですね」 家に求めるものは何ですか? 八郎「えー、ホントですか?玄関の収納が、とか。もっと造作を、とかなかったですか?」 奥さん「私、そういう意味では女性らしくないかもしれないですね。今の装備で充分満足なんです」 奥さん「ただ、花は好きなんで、庭は広く、という思いはありました。子供も遊べるしですね」 A君「僕ら夫婦は結構仕事にどっぷりつかっちゃって、なかなか子供と旅行とか難しい感じなんです」 八郎「うんうん」 A君「なので、庭を広く取ったのは遊んだりも出来るんですが、BBQしたり、ミニキャンプしたり」

  • 【ご報告】ブログの引っ越しが終わりました。。。

    どうも。。。八郎です。。。。。 何とかブログの引っ越しが完了しました。 また、接続が不安定だったり、SSLが完了していないページがあるようですが、多分終わると信じて待ちます。 seesaaからはてなへの引っ越しはそこまでなかったので実は、 「今日の朝には終わっとるやろ」 とたかをくくっていましたが。。。トンでもなかったですね(笑) 日中ほぼ繋がらない状態で皆さまにはご迷惑をおかけしました。 初めてワードプレスで一から書き込んでいますが、これまた慣れるのには時間がかかりそうです。 なるべく記事のクオリティは下げないように頑張ります! このドタバタ劇は後日、ブログでUPしたいと思います。 今回は本当にダメかと思いました(笑) それではこれからも を宜しくお願い致します。 bjベーシックのロゴは自作です。 ハイムさん、これくらい許してください。。。 皆さんが、クスッ、とか、へー、とか、ウルウル(←これは無いか)となるようなブログになるように頑張ります!! 今回は以上です。 これからも宜しくお願い致します!! Follow @hachiroublog いつも最後までご覧頂きありがとうございます。応援宜しくお願い致します!!

現在の順位 :4,694
close