プロフィールPROFILE

ネムネムさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
贅沢と無駄遣いの端境期
ブログURL
https://yoku-yoku-yoku.hatenadiary.jp/
ブログ紹介文
食欲、物欲、旅行欲。満たした欲を肯定し反省し是正するためのブログ。
更新頻度(1年)

62回 / 352日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2018/12/17

ネムネムさんのプロフィール
読者になる

ネムネムさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,008サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,453サイト
個人旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 475サイト
グルメブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 29,982サイト
中部食べ歩き 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 638サイト
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,562サイト
スタイルのある暮らし 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 439サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 84,178位 84,337位 84,530位 84,270位 980,008サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 4,927位 4,930位 4,946位 4,958位 43,453サイト
個人旅行 圏外 圏外 圏外 46位 46位 48位 48位 475サイト
グルメブログ 圏外 圏外 圏外 3,417位 3,408位 3,422位 3,404位 29,982サイト
中部食べ歩き 圏外 圏外 圏外 97位 98位 95位 97位 638サイト
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 5,493位 5,506位 5,508位 5,504位 66,562サイト
スタイルのある暮らし 圏外 圏外 圏外 44位 41位 44位 46位 439サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,008サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,453サイト
個人旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 475サイト
グルメブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 29,982サイト
中部食べ歩き 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 638サイト
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,562サイト
スタイルのある暮らし 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 439サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ネムネムさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ネムネムさん
ブログタイトル
贅沢と無駄遣いの端境期
更新頻度
62回 / 352日(平均1.2回/週)
読者になる
贅沢と無駄遣いの端境期

ネムネムさんの新着記事

1件〜30件

  • 【食】まねき寿司

    創業140年を超える老舗お寿司屋さん。 香箱かに。 ふぐ。 この時期(10月くらい)のフグは白子取れないけど、パワー使わない分刺身は美味しい。 珍しく日本酒。 甘鯛の鱗焼き。仕事が丁寧。 あわび。 たらの白子。 雲丹といくら。 ここから握り。 漬け?背中のとこかな? 松茸の土瓶蒸し。 いか。 うなぎ?。うなぎだよね? 中とろ。 今年1発目のひれ酒。 実はそこまで好きじゃないという。 これはなんだったけな? 押し寿司三種。 煮ハマグリ。 アナゴ。 鉄火。 自家製のチョコとフルーツで〆。 村祐めちゃ美味い。 フグコースとアンコウコースもあるらしい。 値段もお手頃でコスパ高い。 また行く。というかて…

  • 【食】寿し道桜田

    半年ぶりの桜田。 バーミキュラで炊いたご飯で、シャリを作る大将。 スタートはシャンパン。フランク ボンヴィル。 まずはネタの説明から。 マグロはやま幸。 雲丹は利尻だったかな??? 美味しそう。 太刀魚と白子と銀杏。 祖父江産の銀杏はデカイ。 ふぐ。 プイィ フュメ。ドメーヌ・デ・ファン・カイヨ。 あんま記憶にない。パッとしない感じ。 北海道余市のぶり。藁焼き。 生感が残っていて、しっとりとした焼き加減が抜群。これは美味い。 これだけで日本酒三合いける。(飲んでるのはワインだけど) あん肝のパテをシャリのおこげと一緒に。 クエと松茸。 おー!!久しぶりの天地人。 ルー・デュモンのシャルドネ。 …

  • 【食】Reconnaissance(ルコネッサンス)

    バターとオリーブオイル。 稚鮎のフリット。 甘エビとホタテとヒラメのズッキーニ包み、キャビアのせ。 オレンジのソースはパプリカ。ソースとの相性抜群。 焼き鱧、焼き雲丹、焼き茄子と鮑。 オマール海老のレタス包み。アメリケーヌソースが濃厚で美味い。 桃のスープ。器がシャーベットになってて、果肉も食べれた。 アイナメ。万願寺とうがらしのソース。 飛騨牛のランプ。 とうもろこしのご飯。 デザート。 1つ1つの料理が丁寧。ソースも美味しい。 ビジュアルも華やかでセンスある。 値段もお手頃で、ここは久しぶりに見つけた良いお店。 では、では。

  • 【食】肉屋 雪月花

    1年振りくらい。肉割烹のお店。 口どり。ほおずきとかイチジクとか。 漬けまぐろと赤身肉。 黒アワビ、肝添え。 ランプだったっけ?どこって言ってたかな? 加藤農園のフルーツトマト。 美味しいんだけど、真新しさはないよね。 雲丹ロース。これは良かった。 じゅんさい。 シャトーブリアン。近江牛だったと思う。 締めはカレー。米はめちゃ美味しかった。 美味しいんだけど値段の割には、、、って感じ。 東京にもお店出すらしいけど大丈夫かね。 では、では。

  • 【食】Reminiscence(レミニセンス)

    今回はミシュランで2つ星を獲得したレミニセンス。 あの品川の三つ星取り続けてるカンテサンスと大阪の三つ星ハジメで修行した方。 アッサリ2つ星を取っちゃうのはさすが。 最初は雲丹。 雲丹の下は分かりやすく言っちゃうと、手作りのりしおチップス。 磯感半端ない。 美味しい料理にはワイン必須なので、料理に合わせてお任せでお願いしました。 ワインはVivino用に撮った写真の流用なので縦長ですんません。 最初はブランドブランのシャンパン。ドワイヤール キュヴェ・ヴァンドゥミエール プルミエ・クリュ ブリュット。 玉蜀黍のスープ。 いやスープと言っていいのか?というくらいのトウモロコシ感。 次はオーストラ…

  • 【物】SONY WH-1000XM3

    ヘッドフォン買いました。 今までは携帯性重視でもっぱらイヤホン派だったけど、新幹線とか飛行機で仕事したりブログ書いたり爆睡するには、ノイズキャンセリング機能付きでヘッドフォンの方がいいかなということで。 自分は結構周りの音が気になるタイプで、本読むにしても仕事するにしても静かな環境でやりたい派。 周りがうるさい方が集中できるって人もいるけど、あれはホントに羨ましい特殊能力だと思う。 ドン。 3万円なり。 最初は高いかなと思ったけどこれはお値段以上。 かなり良い。 ONTAKEで車中泊する時も、飛行機移動の時も周りの音全く聴こえなくて爆睡できた。 ちなみに音質が良いかどうかは知らん。というか分か…

  • 【旅】夏休み2019 Vol.10

    長かった夏休みのレポもこれでお終い。 ダラダラとした記事を読んでいただきありがとうございます。 まずは最終目的地ワルシャワへ向かいます。 モスクワを思い出すスターリン様式の文化科学宮殿。 ヨーロッパの至るところにある、乗り捨てっぽいキックボード。 なんか登録すれば電子決済で使えそうな感じだったけど、、、。 歩くのダルイし、これ使えると便利だなーとは思った。 ワルシャワ王宮がある広場を散策。 ここの雰囲気は好き。 ジギスムントの柱。 天気も良いしごちゃごちゃしてない。 せっかくなので王宮内を見学。 予備知識がなさすぎて全然分かんない(笑)。 基本ギラギラ、ビカビカ系なんだけどそこまで派手さはない…

  • 【旅】夏休み2019 Vol.9

    朝6時頃にクラクフ駅に到着。 電車の中でパスポートチェックあるとか書いてるブログあったけど結局なかった。 ここの駅はシャワーがあるので、シャワーを浴びて荷物をホテルに預けて軽く散策。 適当に入ったお店で朝ごはん。 これなんだっけ??? さすがにバロック建築もゴシック建築も飽きてくる(笑)。 疲労も溜まってきて観光する気分もそこまでないけど、どうしてもクラクフで果たさなければならない目的があるので、先にそっちを片付けることに。 目的はこれ。 ダヴィンチの「白貂を抱く貴婦人」。まあ貂じゃなくて本当はフェレットらしいけど。 ちなみにこれは写真撮影用のレプリカ。本物は撮影禁止でした。 これを観られれば…

  • 【旅】夏休み2019 Vol.8

    ウィーンで2日滞在した後は、ハンガリーの首都ブダペストへ。 所要時間はだいたい2時間半。 寝坊したので予定の列車に乗れなかったけど、お昼前にはブダペストに無事到着。 なんとなく駅の雰囲気はマドリードに似てるかな? とりあえず街の中心地にある、聖イシュトヴァーン大聖堂を目指します。 近くにお洒落なジェラート屋さんがあったので当然買う。 みよ!女子力高めの写真。 運よくなんかやってたので、パイプオルガンの音色も聞けました。 すごい迫力。 ブダ城の向いはフォーシーズンズホテル。 景色めちゃ良いだろうな。 続いてドナウ川を渡ってブダ城を目指す。 有名なセーチェーニ鎖橋。 国会議事堂。絵になるなー。 ブ…

  • 【旅】夏休み2019 Vol.7

    オーストリア2日目は都市巡りに飽きたのと、山に行きたくなったのでシュネーベルクへ行くことに。 登山鉄道で山頂まで行けるから、大した装備なくても大丈夫でしょと軽いノリで。 駅で売ってたプレッツェルにネギ(?)が挟んであるやつ。これ美味しい。 海外の駅はプラットフォームが長い。 世界の車窓からの世界。こういう雰囲気めちゃタイプ。 ウィーンから1時間半くらいでプフベルク駅に到着。 ここで登山鉄道サラマンダーに乗り換えます。 なかなか斬新なカラーリングなんだけど、不思議とダサく感じないのは海外マジックか? 列車に乗り込むと、自分だけ浮いてることに気づく。 みんな大きなザックにフリースとかダウン着てるし…

  • 【旅】夏休み2019 Vol.6

    プラハの次はレイルジェットでウィーンへ。 事前に席を予約しておいて良かった。 思ったより人多くて、ほぼ満員。危うく4時間立ちっぱなしか、空いてる席を見つけて浮浪するとこだった。 時間はだいたい4時間。 のどかな風景がつづきます。 途中食堂車で食べたり飲んだりしてるとあっという間にウィーン着。 最初に向かったのが美術史美術館。 バベルの塔。 ピーター・プリューゲルのバベルの塔。 2年前日本に来た時、上野まで観に行ったなー。 あの時は立ち止まって見ることできなかったけど、ここではゆっくり見れた。 写真まで撮れちゃうし。 その他、プリューゲル。 みんな大好きフェルメール。 ルーベンス。 デュラー。 …

  • 【旅】夏休み2019 Vol.5

    朝一は空港ヘルシンキ中央駅から空港へ。 タリンとヘルシンキのどこにでもある、Re Kiosk。 ここで事件発生。 モーニングコーヒー買ってセルフで入れたりしてる時に、財布を置き忘れるという日本でもやらないような大失態を犯す。 振り返ってみると、財布忘れてるくせに呑気に電車の写真や コーヒーの写真撮ってやがる(笑)。 気づいたのはヘルシンキ空港の保安検査通過したあとということで、もうどうしようもできない状態。 諦めは早いタイプなのですぐ諦めて、カード会社にストップの連絡だけしました。 ヘルシンキ中央駅から空港までは約30分。 さらにフィンエアーとヘルシンキ空港はセルフチェックインが充実してて、預…

  • 【旅】夏休み2019 Vol.4

    夏休み2日目?3日目になるのか? よく分かんないけど、タリンで一泊した後はヘルシンキへ。 タリンとヘルシンキはバルト海を挟んで向かい同士。 飛行機でも行けるんだけど、コスト的にも時間的にもフェリーの方が良さ気だったのでフェリーで。 乗船時間は約2時間。 船内は思ったより綺麗でおしゃれ。 ビールを飲んで時間を潰す。 生歌聴いたりビール飲んでたら、あっという間にヘルシンキ着。 天気は微妙。しかもめちゃ寒い。 ウルトラライトダウンいるくらい。 まずはヘルシンキ中央駅にいたキッチンカーで腹ごしらえ。 ボリュームあって美味しい。 時間が勿体ないので、スーツケースを預けてヘルシンキのランドマークヘルシンキ…

  • 【旅】夏休み2019 Vol.3

    ホテルでスーツケースを捨てたら、とりあえず観光。まずは定番の旧市街へ。というかタリンは小さな街なので、見所抑えるだけなら1日あれば余裕で廻れる。雰囲気ある旧市街とは違い、現在のタリンはIT大国らしい。 関係あるか分かんないけど、ホテルのWi-Fiは安定してて爆速。バスもネットで回数券買ってQRコードで乗れる。フェリーのチケットもネットで買って、アップルウォレットに登録すれば簡単に乗れる。こんな感じでIT化が進んでてかなり便利です。 ヴィル門。 旧市街はこんな雰囲気。石畳の街並みにレンガ作りの家はやっぱ良い。 広場ではマーケットやってました。 アレクサンドル・ネフスキー教会。 シュークリームみた…

  • 【旅】夏休み2019 Vol.2

    上海からフランクフルトまでは10時間。 そこから更に乗り換えて目的地のタリンへ行く予定。航空会社はルフトハンザ。 乗り換え2回はツライ。 それもあって今回は調子乗ってビジネス。 機材古いけどフルフラットになるので快適でした。 でも23時出発で1時間くらいしてから、コースの料理は正直きつかった。 前菜から始まり 魚と 肉。 デザートのアイス。 機内食でこのクオリティはすごいけど、時間的になくても全然いい。 勿体ないから全部食べたけど。 ワインもグラスで注いでくれるんだけど、結構揺れて溢れそうになるから必死に飲む。 でCAが気を利かせて、笑顔でサーブするから全然減らない。 調子乗って飲み過ぎた。 …

  • 【旅】夏休み2019 Vol.1

    今年の夏はヨーロッパへ。 バルト三国行く予定だったんだけど、直前で諸々事情があり航空券そのままで行き先だけ変更。 予定はタリン→ザルツブルク→ハルシュタット→ブダペスト→クラクフ→ワルシャワ。 本当の弾丸旅行っていうのを見せてやる(笑)。 ということで、初日は友達の結婚祝いのため上海でトランジット。 滞在時間は約11時間。 本当は友達と合流して食事する予定だったけど、台風の影響で遅れたのでなし。 仕方ないので上海市内をブラブラ。 途中から雨風強くなってきて、避難したスタバがたまたまロースタリーだった。 ラッキー。 本当は行きたいお店あったんだけど、雨風に心折られ適当なお店で中華。 上海風焼きそ…

  • 【食】柳家

    日本だけじゃなく、世界の食通が集まる超有名レストラン柳家に行ってきました。 と言っても本当は秋冬のジビエシーズンがおすすめ。 夏は鮎と鰻がメインです。 これで4シーズン制覇かな? 囲炉裏を囲んでスタート。 まずは鮎から。 鮎デカい。 焼けるまでは桜鱒の刺身で。 ピュリーニ・モンラッシェ 2016。 正真正銘の天然鮎。しかも2匹!! 香りがめちゃくちゃ良い。鮎に敬意を払って頭からいただく。 美味しいのは間違いない。 野菜の天ぷら。 セリエ・デ・ウルシュリーヌ ムルソー 2003。 これは大当たり。濃厚でパワフル。 アマゴ。 また鮎。次は開き。 天日干しされた分、旨味が凝縮されてる。 鰻の天ぷら。…

  • 【食】祇園 呂色

    1ヶ月近く更新空いてしまった。 ネタが無いわけじゃないんだけど、最近忙しくて、、、。 とりあえずONTAKEマイルも終わったので、外食もボチボチ解禁。 京都で食べた創作フレンチのお店、祇園呂色。 柑橘盛り合わせ。 メキシコ産の香辛料がなんちゃらと。 カニたっぷりの一口ピッツァ。 右からキャビア、トリュフ、フォアグラの一口アミューズ。 鰹と茄子。藁の風味がめちゃ良い。ソースも茄子で作ったらしい。 黒さを出すために墨混ぜてるって。 コーンスープ。 品種は恵味スターって言ってたような、、、。 エスプレッソのシャーベットとの相性が良い。 野菜。夏野菜たくさん。当たり前なんだけど、ドレッシングも美味い。…

  • 【靴】ムーンスター ALWEATHER

    久しぶりに靴ネタを。 梅雨の時期にピッタリなスニーカー買いました。 キャンパス生地とガッツリとしたラバーを貼り合わせてあるので、それなりの豪雨でもストレスなく履ける。 ラバーソールがしっかりしてるので、濡れた路面も全然滑らない。 しかも足回りはキャンパス生地なので長靴みたいな感覚じゃないので、履いていてとても快適。 結合力が強いので底が剥がれにくく型崩れしにくい、バルカナイズ製法で作られているのもポイント高い。 バルカナイズ製法が何か気になる方はググって下さい。 これで1万5千円なので、マジでおすすめ。 では、では。

  • 【食】WM by WAGYUMAFIA

    久々に趣味のブログも更新。(マラソンも当然趣味だけど) 行ったのはちょっと前だけど、ホリエモンがやってる?オーナー?細かいことは良く分かんないけど、ホリエモン系のお店。 インスタとかにも良く出てくる。 話のネタになるので、わざわざ会員になって行ってきましたよ。 お店は赤坂のビルの中。 一切看板出てないから半信半疑でオープンまで外で待っていると、予約時間の少し前に重厚な扉が開きました。 まずは今日使うお肉の説明から。 今日使うお肉。 これは90日寝かせた尾崎牛の熟成肉。 目の前でノコギリでギコギコ切ってくれます。 出た!MAFIAポーズ。 こんなんイケメンじゃないとやれないな。 最初に出てきたお…

  • 【食】レスト ケイ ヤマウチ

    今回は名古屋のイノベーティブ料理のお店。ベースはフレンチ。 おててに乗ってきた渡り蟹の最中と、安納芋のスープ。 柚子のフランにすっぽん。 鰻と木の芽のブリオッシュ。石の下から川のせせらぎが聞こえる演出(笑)。 天竜川の稚鮎。 手長海老のフライ。エビフリャーって言ってたな。 蕪とサワークリームと雲丹。雲丹はシャーベットになってた。美味しい。 席を移動してキッチンが見えるカウンターへ。 見たこともない機材があって面白い。 鳥かごに入れられた手羽先。左には鳥の人形。 この演出は微妙でしょ(笑)。 でも手羽先はめちゃ美味い。 自家製のパン。 そしてバター。普通に美味い。 赤烏賊と菜の花。コンソメの出汁…

  • 【美】曜変天目茶碗観てきた。

    世界に3つしかないと言われる(諸説あり)曜変天目。 今年は3碗が同時期に公開されるので、仕事にかこつけて世田谷の静嘉堂文庫まで観てきましたよ。 今年はブーム来そうな予感。 というか、すでにブーム来てるか。 今まで藤田美術館所蔵のしか見たことなかったけど、ここのが1番綺麗。 茶碗の中に宇宙が表現されていると言われているけど、決して大袈裟ではなく吸い込まれそうな深さ。 平日の昼間だったから、思ったより空いててじっくり見れたのも良かった。 やっぱ奈良とMIHOも行こうかな。 では、では。

  • 【物】ザネラート ポスティーナ

    久しぶりに鞄買った。 最近出張多くて、肩からかけれる鞄あると便利だなと。 あいも変わらず写真の撮り方が絶望的なので、公式の写真も貼っておきます。 このクタッとしか感じが良い。 仕事でカッチリしたブリーフケースを持つ必要はないので、オンオフどっちでも使えそうな感じ。 ショルダーにもなるので出張の時便利だし、収納も広いので一泊二日なら余裕。 バッグインバッグ使えば書類も問題なさそう。 使い勝手はかなり良い。 革の質感も好き。 あとは耐久性かなー。 しばらくヘビロテで使っていきます。 では、では。

  • 【酒】トリアー ピースポーター ゴルトトレプフェン リースリング シュペートレーゼ 2014

    久々に白ワインのヒット。 ドイツワインで、これは美味しかった。 産地はモーゼルのピースポート。 畑がゴルトトレプヒェン。 品種がリースリング 。 ここまではだいたい、どこの国のワインも表記してある。 シュペートレーゼってのが、ぶどうの糖度による等級。等級が上がるほど遅摘みのぶどうで糖度高め。 ラベル下のローサセ・ラーゲが畑の等級。これは特級畑で品質管理もかなり厳格。 香りは爽やかな柑橘系だが、色はきれいな黄金色。 フルーティーで深みがあり、蜂蜜を思わせる少しマッタリとした口当たり。とても飲みやすい。 これは久々のヒット。値段以上に美味しかった。 別にフランス、イタリアン、カルフォルニアに拘りな…

  • 【食】焼鳥みずき

    岐阜市にあるお気に入りの焼鳥屋さん。 血肝、もも、つくね、白肝。 とらふぐ白子、せせり、さび焼き、ちょうちん。 シメはインスタ映えまくりの雲丹卵かけご飯(UTKG)。 焼鳥に以前ほどの感動がなくなったのは気のせいか??? では、では。

  • 【服】SOPH. ジャージ

    19SSの発売日にフラフラ歩いていたら、奇跡的にセットアップで発見。 オンラインは瞬殺だった。 でもジャージにしてはちと高い。 3秒だけ悩んだけど、ここを逃すと絶対買えないので衝動買い。 仕事忙しいと発散するために散財してしまう、、、。

  • 【食】百老亭 上飯田店

    ここの餃子マジで美味いからオススメ。 上飯田以外に今池にもあります。 今回は持ち帰りなので、焼き餃子オンリー。 1人前10個だけど小ぶりなので、普通の餃子の5個くらいかな。 手作りの皮は、パリッとはしていない。 皮に味があるもちっとした独特の餃子。ニラの風味が強くて、とても中毒性が高い。 こんなんビールと合わせたら最高。 炊餃子もおすすめ。 では、では。

  • 【蹴】DAZNのジャッジリプレーが面白い。

    タイトルの通りなんだけど、毎週あった試合の中から微妙な判定をピックアップするチャンネル。 FAの副理事長の原博実、DonDokoDonの平畠(ぐっさんの相方)がレギュラー。 第一節のゲストが審判委員長を務めていた上川徹、第二節が審判副委員長のレイモンド・オリバーという陣容。 かなり専門的だけど、レフリングの時どこを見てるのか、どこまで考慮するのかが分かるのでオモロイ。 そしてレフリングって非常に難しいなと思った。 特に鹿島 一瞬の判断が求められるので、どうしても人間では限界があるし。 第二節のやり取りで審判賞を設けようみたいな話あったけど、これはとても良いと思う。 ジャッジにはネガティブな部分…

  • 【食】寿し道桜田

    名古屋にまた1店舗すごいお寿司屋さんが出来た。 場所はニューヨークに移転して、伝説となってしまった吉乃の跡地。 大将はまだ28歳という若さだが、東京の名店、鮨とかみ、鮨かねさか、久兵衛などで修行し、ソムリエの資格まで持ち合わせる技量の持ち主。 まずは特注の海苔とシャリから。 お米は龍の瞳の突然変異種、女神のほほえみ。 粒が大きくて甘みが非常に強い。 大トロ。仕入れはもちろんやま幸。 鮑の肝ソース。 ヤリイカ。包丁の入れ方が芸術的。 ボタンエビ。めちゃデカイ。濃厚、ネットリでうまうま。 出し惜しみしない山盛りの雲丹。これには大将もドヤ顔。 締めは卵焼きの概念が覆される卵焼き。 あっという間に太田…

  • 【蹴】やっぱりチャンピオンズリーグは最高だ!

    欧州最強のクラブを決めるチャンピオンズリーグ(以下CL)ラウンド16のセカンドレグ4試合が2日に渡って開催された。 対戦カードは、 ・レアルマドリードVSアヤックス ・ドルトムントVSトッテナム(どうでもいいけど、いつからトットナムじゃなくてトッテナムになったの?) ・パリサンジェルマンVSマンチェスターユナイテッド ・ポルトVSローマ 力の差があるから、順当にレアル・トッテナム・パリ・ローマが勝ち上がるだろうと思ってたら、トッテナムだけ勝ち上がりで他の3チームは敗退。 特に大好きなレアルの惨敗は衝撃だった。 どれぐらい好きかというと、ウン十万するチケットを取ってレアルVSバルサをサンティアゴ…

カテゴリー一覧
商用