住所
出身
ハンドル名
バグラチオン作戦さん
ブログタイトル
『独立』中小企業診断士になろう物語
ブログURL
http://become.blog.jp/
ブログ紹介文
40代のしがないサラリーマンが独学で中小企業診断士を取得し、独立を目指す物語。 HNの「バグラチオン作戦」は第2次世界大戦の欧州東部戦線で1944年6月22日より始まったソヴィエト赤軍の大反攻作戦より。縦深戦術の集大成。
自由文
-
更新頻度(1年)

35回 / 147日(平均1.7回/週)

ブログ村参加:2018/12/15

バグラチオン作戦さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 07/20 07/19 07/18 07/17 07/16 07/15 全参加数
総合ランキング(IN) 30,307位 31,909位 38,836位 38,792位 38,749位 38,664位 48,915位 966,955サイト
INポイント 0 20 0 0 0 20 0 40/週
OUTポイント 0 100 20 10 70 90 20 310/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 351位 363位 400位 400位 398位 400位 447位 8,640サイト
中小企業診断士試験 35位 36位 38位 38位 40位 40位 41位 394サイト
士業ブログ 135位 146位 200位 203位 207位 206位 268位 4,849サイト
中小企業診断士 13位 14位 17位 18位 18位 19位 20位 374サイト
今日 07/20 07/19 07/18 07/17 07/16 07/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 21,757位 22,101位 24,290位 23,810位 23,430位 25,819位 30,462位 966,955サイト
INポイント 0 20 0 0 0 20 0 40/週
OUTポイント 0 100 20 10 70 90 20 310/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 410位 419位 445位 448位 439位 485位 530位 8,640サイト
中小企業診断士試験 39位 38位 39位 38位 39位 42位 42位 394サイト
士業ブログ 83位 80位 95位 88位 84位 105位 127位 4,849サイト
中小企業診断士 5位 5位 5位 5位 4位 4位 7位 374サイト
今日 07/20 07/19 07/18 07/17 07/16 07/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 966,955サイト
INポイント 0 20 0 0 0 20 0 40/週
OUTポイント 0 100 20 10 70 90 20 310/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,640サイト
中小企業診断士試験 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 394サイト
士業ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,849サイト
中小企業診断士 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 374サイト

バグラチオン作戦さんのブログ記事

  • 中小企業診断士 二次筆記試験 独学者に利く本 【7/19更新】

    「二次筆記試験の前に読んでおけば良かったな」「二次筆記試験で読んで役に立ったな」知識補充の本を紹介します。あくまでも二次筆記試験は、情報や知識の多少で決まるというよりも、二次試験は何を評価されているのか、理解する理解を元に評価される解答を書くテクニックと

  • 五里霧中 ~独立まで あと???日

    「独立するのは、馬鹿」と同期に言われ、「最低限の収入が確保する見込みなしに独立はあり得ない」と独立診断士に言われ、どうすれば良いのか、打つ手なくモヤモヤした日々を過ごしていました。今の会社で、今の業務では顧問先は見つかりません。定期的な収入を得られる案件

  • ぶらつきまくる ~独立まで あと???日

    実務補習の指導員の診断士とご飯に行った。独立に向けて、相談に乗ってもらった。「時期を区切るより、稼げる実力をつけてから独立」「地元商工会に行って、無報酬で良いから手伝う」「独立は早いほうが良い」今後、情報を集めなければいけないけど、来年の4月では、独立は早

  • 創業塾終わる ~独立まで あと270日

    参加していた地元商工会議所主催の創業塾が終わりました。創業塾によっては、「コンサルの参加はご遠慮願います」とうたわれたりしています。コンサルというと、ノウハウを盗んだり、それならまだしも、受講生に手を出したりするので警戒されるとのこと。私の場合、「コンサ

  • 地元商工会議所に凸 ~独立まで あと274日

    本日、会社の休みをもらって、地元の商工会議所に行ってみました。創業塾で、商工会議所の職員の方と知り合うことも出来て、専門家登録など話を聞いてみたかったからです。結論から言いますと商工会議所は良い取組みをたくさんしています。無料相談(弁護士、弁理士、診断士他

  • 宅建士 試験に挑戦 ~独立まで あと282日

    宅建を受けることにした。理由はよく分からない。優先すべきは簿記2級のはずだが、自分の中で今年とらないといけない気がする。本当になぜだか分からない。宅建士に登録するつもりもない。独立後も使用するとは思えない。でもやることにした。勿論、診断士の時と同様、完全独

  • お酒を卒業した。

    「お酒は人生を豊かにする」本当でしょうか?昨年の1次試験が終わり、自己採点をすると経営法務が36点。終わった、、、、。メンタルの弱い自分はお酒に溺れてしまった。酒量は増え、氷結ストロング9% 500mlを毎日2本飲むほどに。飲んだくれが1ヶ月続き、加点により2次試

  • 中小企業診断士とは何なのか? ~独立まで あと285日

    ある先輩診断士に独立の相談に行ったときのこと。「経営革新計画は、すべての補助金申請の基本だから、出来るように。一度、作ってみれば分かるから。」経営革新計画??確か、中小企業政策でやったよな。付加価値額か経常利益の増加計画を作るやつだったような。そんなう

  • 「営業しない診断士は消えていくだけ」 ~独立まで あと288日

    「独立する予定です」先日、あった診断士に「営業しない診断士は消えていくだけ」「協会は当てにしない方が良い」そんなことを言われた。話し方が高圧的で言っていることも、最もだったが、話し終わって嫌な気分になった。嫌な気分がなんなのか説明できない。でも、嫌な気分

  • 退職金の計算 ~独立まで あと290日

    来年の3月を退職として、退職金の計算をした。事例を家に持ち帰ってきた。退職所得課税も計算した。地方税も計算した。退職金を全て生活費に当てれば、2年間なんとかなる事が分かった。とりあえず、借入200万円で創業しよう。自宅で、生活費を切り詰めて。資金が終わったら、

  • 事業計画書を学ぶ ~独立まで あと293日

    独立後、事業計画書を作る機会は格段と増えるだろうから、前もって学習することにした。先日、独立を相談した大先輩は、「基本となるのが経営革新計画。まず、これを一通り作成できるようになれ。」とのアドバイス。事業計画書は昔も今も変わらないだろうから、中古で2冊。あ

  • 最後の五分の功名

    戦いは最後の五分である。武士は功名し、商人はここで益を成す。勝敗は最後の五分で在りとは、ナポレオンの明訓である。~中略~心理の一節を説いた通り人間は大体耐久力においては変わりはない。それだから最後の五分間の忍耐力如何によって勝敗が決するというのは実に透徹

  • 中小企業診断士と出会う ~独立まで あと296日~

    協会活動や研究会活動に参加するといわゆる「新人」に会います。話してみると 大体3タイプです。①定年が近づいてきたので、診断士活動の基盤作り②近い将来退職して、独立したいな。③すでに独立(養成課程が多い)している。圧倒的に多いのが①、つぎが③「独立準備中です。

  • 創業塾 参加しています。 ~独立まで あと297日

    地元 商工会議所・行政等が主催する創業塾に参加しています。独立は一生で一度でしょうから、色々と知識を入れたかったことと第三者に独立後の計画の相談に乗ってもらいたかったからです。例:千葉県 習志野市の場合はこちらhttps://www.city.narashino.lg.jp/jigyosha/san

  • ヒシアマゾン ~独立まで あと298日

    2018年8月の1次試験が終わり、翌日、TACの解答を確認すると、、、、経営法務 36店、、、、足きり、、、、、。昨年も経営法務は56点で科目合格とれず、今年も1問のために、他の科目は全て60点以上だったのに1次突破ならず、、、。よくよく考えてみれば、最後の問題とれたよ

  • 創業計画書 ~独立まで あと299日

    最近、日々 不安が募っています。その原因の一つに独立から企業内に戻ったという診断士の方にお会いしたからです。「独立診断士では食べていけないので、企業内に戻った」と話されていました。色々と聞いてみたかったのですが、その後の懇親会にも参加せず、そもそも根掘り

  • 内向的診断士 ~独立まで あと307日

    本日、情報交換会(飲み会)を開催しました。診断士4名+受験生1名。同じ業界の集まりです。メンバー的に自分が診断士を持っていなければ、実現しなかったです。診断士と言うだけで、集まることができました。少人数だと話は弾みますし、深い話も出来ます。少人数が好きなのは

  • 不安 ~独立まで後310日

    当たり前のことだが、独立したら、会社の看板はなくなる。よくよく、考えたらその前にやっておける種まきはたくさんある。芽がでるか分からないが、少しでも不安をなくしたい。智恵は勇気から出るのではなく、臆病から出る。先輩、独立診断士から聞くと1年目の収入は、予想以

  • 初鞄持ち ~独立まで あと313日

    今日、仕事の休みをもらい、初鞄持ちをしました。懇親会でたまたま、隣に座った先輩診断士に「鞄持ちでも良いので現場に行きたい。」と話したら、誘って下さいました。何の役にもたてませんでした。ヒアリングからの各種の提案も参考になりました。根気よく経営者の話を聞く

  • 1次模試で確かめたいこと

    独学者が確かめたいのは、水分の取り方です。7月に入ると各予備校で模試が行われます。昨年度、某試験校の模試を受けました。結果は、合格ラインをわずか下回る結果でした。模試は試験校生に有利なように作られているだろうから、本番での差はなくなるはずと判断しました。

  • 2次試験の勉強方法 ~コンパクトな勉強スペース~

    メソッドがどうの?と言う話ではありません。自分は2次筆記試験の会場は、都内の某大学でした。試験会場に入って、びっくりしたのが、机の小ささでした。某ブログによると都内某大学は、合格者の割合が少ないそうです。その要因に机の小ささも考えられると。当日の机の再現

  • 私を買ってほしい ~独立まであと347日

    本日、取引がある会社の偉い人に「私を買ってほしい」と相談に行きました。私は今まで、自分を売り込むということはしてきませんでした。目立ちたくないHSPの典型的人間でした。良くも悪くも自身を売るという行為に消極的な人間でした。ですから、自分のブランド化というもの

  • 協会の春祭 ~独立まで あと351日

    さて、4月になると都道府県協会が開催する説明会が開催されます。名称は様々です。私のような内向的人間はこのような大勢の人が集まる場では圧倒されます。そもそも、人混みは嫌いですし、いつもの私なら行かないでしょうし、下手をしたら途中で逃げ帰っています。自分の住む

  • 二次筆記試験 事例Ⅳ対策

    事例Ⅳが他の事例と異なる点に電卓を使用する点があります。※他事例でも計算が必要な場合もあり、机上にはどの事例でも電卓を置いて置くことが必要です。事例Ⅳの特訓中にかなり、電卓の打ち間違えがありました。「どうにかならないか?」と対策を調べてみると検算電卓の存

  • 新年度の決意 ~独立まで あと366日

    今日から、平成最後の月がはじまりました。そして、会社の新年度が始まりました。4月1日付けで異動となり、古巣に戻りました。この異動でかなり、独立をしようという気がそがれてしまいました。知ったる業務であり、自分のペースで進める事も出来ます。居心地は良い場所で

  • 2次筆記 事例Ⅳ対策と 実務補習と

    2次筆記の最大の山場??でもある事例Ⅳ。採点基準が明確でない、2次筆記で唯一、答えがあるといえる事例です。答えがある以上、一番対策が施せる事例でもあります。自分は2次対策250時間のほぼ、半数を事例Ⅳ対策に充てました。その結果、61点 A評価となりました。自分の考

  • 2次筆記「だから、なんなんだ!」

    実務補習の班員は、私を含め半分は2次筆記 独学者でした。内2人は2ストレート。自分は1年9ヶ月コースでした。あまり、試験勉強方法について、特段話題に出ることもないまま、実務補習修了しました。Zさん:資格校の2次コースに申し込んだが、自分には合わないと独学。

  • 中小企業診断士 実務補習15日間総額費用

    2次試験筆記 合格の報の後、自分はある情報を探していました。15日間のコース、研修費用は約15万円。?????でも、交通費やら食事代やら、かかるよな。。。一体いくら???15万円に飯代が含まれているわけないよな。。。ネットで探せども、15日間コースの補習にかかった

  • 原体験からは逃れられない

    昨日の自分のSWOT分析にも関連するのですが、自分の年表の作り始めました。もう一度、自分を見直すためです。自身の事を分析したり、思い出したりするのは、心地よいものではありません。現実や自身の弱みを把握することになります。心が折れると言っても良いでしょう。自身

  • 独立の風

    登録待ちの身ではありますが、診断士として、独立を決意いました。実務補習中に今の職場へのモヤモヤが日々増大しました。独立志向が全くない人間ではなかったのですが、職場の現状を考えると本当にあと20年間人生を任せても良いか不安が日々募っていました。さすがに職場の