chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 【金字塔】とはどんな意味?語源はホントに金の塔だった?

    「金字塔」は、何か新しい記録が生まれたときなどに使われる言葉です。スポーツの大会などでもよく聞きますが、語源になったのは?

  • 【十のことは十言え】とはどんな意味?正しい使い方とは?

    「十のことは十言え」という言葉があります。この言葉の意味を理解している人と理解していない人とでは、物事の伝え方に差が出るかも知れません。

  • 【悋気は女の七つ道具】とはどんな意味?どんな時に使う言葉なのか!

    【悋気は女の七つ道具】という言葉にはどんな意味があるのか知っていますか?これからの時代には使われなくなるかも知れませんね。

  • 【えたいが知れない】とはどんな意味?そもそもの語源はどこから?

    「えたいが知れない」というのは、どんなことをあらわすのかわかりますか?正体がわからないものでは?ほとんどの人はそのように理解して、「えたいが知れない」という言葉を使っていると思います。それで正解でしょ?意味はそれで間違いはないとしても、なぜ

  • 【ジンクス】の意味とは?今の使い方は正しいの?

    「ジンクス」といえば、スポーツ選手などが気にする縁起かつぎというイメージがありますが、語源や本来の意味として正しいのでしょうか。

  • 【大きなお世話】とはどんな意味?もともとは違う意味だった!!

    「大きなお世話」と言えば「余計なお節介」と同じ意味ですね。親切の押し売りを断わるときに使うことが多いです。

  • 【あんぽんたん】とはどんな意味だった?語源は意外なものだった!

    「あんぽんたん」と言えば、あまりいい意味の言葉ではありません。もともとはどんな意味だったのでしょう。語源も不思議です。

  • 「置いてけぼり」と「置いてきぼり」はどちらが正しいの?

    「置いてけぼり」と「置いてきぼり」はどちらが正しいのか知っていますか?また、この言葉の語源も不思議です。

  • イカはなぜ烏(からす)に賊(ぞく)と書くのだろう?その由来は?

    イカは烏賊という字を書きますが、なぜ烏に賊という文字であらわすようになったののでしょう。

  • 【気の毒】というのはホントはどんな意味?語源は?

    「気の毒なことをした」とか「気の毒な人」などと使われていますが、そもそもどんな意味だったのでしょう。語源について考えてみました。

  • 「めじろ押し」の語源とは!由来や意味を解説します!

    「めじろ押し」という言葉の語源を知っていますか? メジロという鳥がいますが関係あるのでしょうか。語源や由来を解説しまます。

  • 身内のことを「○○な方」というのは丁寧な言葉なのだろうか?

    身内に対して「○○な方」のような尊敬語を使うのは正しくないのですが、最近は「○○な方」が尊敬語という意識が薄まっているようです。違和感をおぼえる尊敬語や謙譲語について考えてみあmした。

  • 昭和の食卓を連想させる【ちゃぶ台】!その名称の由来とは!?

    お父さんが怒ってひっくり返す様子をイメージさせるちゃぶ台!なぜちゃぶ台と呼ばれるようになったのでしょう。その語源や由来とは!

  • 【味噌に入れた塩はよそへは行かぬ】とはどんな意味?

    【味噌に入れた塩はよそへは行かぬ】とはどんな意味なのでしょう。慣用句としての使い方について解説します。

  • 【千人の諾諾は一士の諤諤に如かず】とはどういう意味なの?

    「千人の諾諾は一士の諤諤に如かず」(せんにんのだくだくはいっしのがくがくにしかず)とは、どんな意味があるのでしょう。とても古い言葉なので、読んだだけで意味を理解するのは難しいかも知れません。ですが、よく見れば意外とわかりやすいのです。

  • 【千金の子は市に死せず】とはどんな意味?使い方や類語は!

    「千金の子は市に死せず」という言葉は、日常会話の中で使う人は滅多にいないと思います。聞いただけでは、この言葉の意味がすぐに理解できないという人もいるでしょう。ですが、じつは私たちの暮らしている社会を表現する時になどに使える意味を含んでいるのです。

  • 【お蔵入り】という言葉は間違いだった?語源を知ると誤用がわかる!

    「お蔵入り」といえば、日の目を見ないでお蔵に入れられるものという意味で理解されていると思います。放送予定だったテレビ番組が、放送されずにそのままお蔵入りとか。撮影を終えていた映画なのに、公開されずにお蔵入りなど。

  • 【とおりいっぺん】とはどんな意味?語源や正しい使い方とは!

    「とおりいっぺん」とは、ちょっと古い言い回しではありますが、現在も使います。どんな意味なのか、あまりよくわかっていないまま聞き流している人もいるのではないでしょうか。適当に聞き流していても問題なければいいですが、知らないままでは困ることもあるかも知れません。

  • 【支援】と【応援】の違いとは!似ているけど意味は違うのか?

    「私はあなたを支援します」と「私はあなたを応援します」には違いがあるように思えません。支援と応援は、同じ意味のように思って使っている人は、きっと私だけではないはず。そして支援と支持も、意味が違うのなら正しく使い分けられているのか、自信が持てません。日本語の複雑さを感じます。

  • 【翠は羽を以て自らそこなう】とはどんな意味?使い方や類語も!!

    「翠は羽を以て自らをそこなう」という言葉を知っているでしょうか。翠というのは、ある鳥のことを指しています。翠という鳥は、カワセミと呼ばれている鳥のことなんです。「翠は羽を以て自らをそこなう」とは、カワセミの美しい羽に理由があるようです。詳し

  • 【よろしくお願いします】という言葉の英訳はthank you?

    日本語の挨拶言葉としては、あまりにも便利に使われている「よろしくお願いします」ですが、英語に訳すと「thank you」になるということに少し驚きます。あまりにも色んな場面で使える万能言葉ですが、ほんとの意味や使い方を考えてみましょう。

  • 【夜鍋する】の意味は?遅い時間に鍋料理を食べるわけじゃない!

    「夜鍋する」という表現は、「かあさんの歌」の中の歌詞を思い出す方も多いのではないでしょうか。♪かあさんが夜鍋をして、手袋編んでくれた♪冒頭の部分の歌詞なので、印象的です。この歌詞からもわかるように、「夜鍋する」とは夜遅い時間に鍋を囲んで食べることではありません。

  • 【紅葉の中の常盤木】とはどんな意味?語源や使い方を解説!

    紅葉狩りは、本格的な冬を迎える前の行楽です。さて、紅葉を楽しみにしている方なら「紅葉(もみじ)の中の常盤木」という言葉を知っているかも知れませんね。「紅葉の中の常盤木」の意味や語源、使い方について調べてみました。

  • 【がめつい】とは方言だった?その語源とは!他の土地では何と言う?

    「がめつい」というのは、全国的に通じると思い込んでいましたが、どうやらそうでもないらしいのです。かなり広く使われているので、方言とも言い難いのですが、標準語とも言えないらしい。「がめつい」は方言なのか、それとも?

  • なぜ浴槽のことを【湯船】というのだろう?その語源とは!!

    お風呂にお湯を溜めるときに「湯船にお湯を張る」という表現をすることがあります。なぜ浴槽のことを湯船と呼ぶのか、不思議に思ったことはないでしょうか。浴槽のことを湯船と呼ぶのには、どんな由来があるのか疑問が湧いたので調べてみました。

  • 【あとの祭り】の正しい意味とは?語源や由来はどこからきたのか!

    「あとの祭り」という言葉は、年代を問わず使われます。「今さら言ってもあとの祭りだ」というように、後悔しているけどどうしようもないという意味で使う人が多いでしょうね。この「あとの祭り」という言葉の意味は、正しいのでしょうか。それに、「あとの祭り」とは何が語源なのか。

  • 【舌先三寸】と【口先三寸】ではどちらが正しい?間違えやすい理由!

    「舌先三寸」と「口先三寸」は同じ意味だと思いますか?そもそも、この2つの言葉のうち1つは誤用という可能性について、考えたことはあるでしょうか。私は正直言って、よく考えずに使っていました。「舌先三寸」と「口先三寸」には、それぞれに意味があるのか。

  • 【口がうまい】【口が回る】【口が悪い】を前向きな言葉に言い換える

    「口がうまい」「口が回る」「口が悪い」など、話すことに関する表現として「口」が使われます。言葉は口から発するので、それはとくに疑問には感じません。ただ、「口」に続く表現は違っても、あまりポジティブな意味で使われることが少ないような気がします。「口が悪い」となれば、そのままズバリなのでわかりやすいですが、「口がうまい」や「口が回る」となると、褒めているのか皮肉のつもりなのかわかりません。

  • 【本命】の語源や意味とは!?ホントに好きな人のことではなかった?

    「本命」と言えば、ほんとに好きな人のことを「本命の人」と表現することが多いですよね。「僕の本命の人はあなたです」と言われれば、それは愛の告白となりますよね。ですが、「本命」は好きな人のことを表す以外にも、色んな使い方をします。受験生が「本命の大学に合格した」とか、就職活動では「本命の企業の面接に行く」など。「本命」の使い方が幅広いのは、本来の意味と今の使われ方が違うからではないでしょうか。

  • 【上前をはねる】の意味とは!語源になったことが意外だった?

    「上前をはねる」といえば、人のものを一部自分のものにすることとして使われます。仲介料、紹介料、手数料などという名目などが引かれると「上前をはねられた」などと言います。あまり好いイメージの言葉ではありませんよね。では、「上前をはねる」の「上前」とは何の意味なのでしょう。

  • 【本音と建前】の意味とは!語源に建築用語が使われるのはなぜ?

    「本音と建前」を上手く使い分けることが、人間関係を円滑にさせるための必要な術だと思っている人が多いですよね。本音をそのまま出してしまうと、人を傷つけたり誤解されたりするから、人前では建前を上手く使わないといけないよ

  • お腹を切って赤ちゃんを産むことを【帝王切開】というのはなぜ?

    帝王切開ですが、なぜ帝王という言葉が使われるのでしょう。帝王が生まれる時の儀式などに関係があるのか、それとも帝王はお腹を切って生まれてくるのかなど、納得できそうな理由はわかりません。出産するのは女性ですし、赤ちゃんの性別だって男女どちらかなのかわかりません。それなのに、なぜ帝王切開と言うようになったのか、調べてみました。

  • 【ふだつき】とはどんな意味?不良や悪人につけていた?語源はなに?

    「ふだつき」と言えばその後に続くのが「ワル」や「不良」ですよね。「若い頃はふだつきのワルで有名だったんだ」なんて武勇伝を話したがる人もいますよね。しかしなぜ、「ふだつき」は不良や悪人を表すときに使うのでしょう。

  • 【手鍋提げても】とはどんな意味?どのようなときに使う言葉なの?

    「手鍋提げても」とはどんな意味なのか知っていますか?もちろん「手鍋を提げる」という表現は、そのままの意味ではありません。何かを伝えるために、「手鍋を提げても」という表現になったわけです。どんな意味があるのか、解説しましょう。

  • 【めんくらう】とはどんな意味?語源には面と麺の2つの説がある?

    「めんくらう」といえば、ビックリするとか、驚くとか、慌てるなどの意味で使われます。意味としては、ほとんどの人が理解している通りです。ただ「めんくらう」を漢字にすると「面食らう」か「面喰う」となります。食べることを表す文字が使われるのなら、「面」よりも「麺」の方が違和感がありません。とは言え、「面食い」という言葉もあります。

  • 四方山話(よもやま話)とはどんな意味?語源や正しい使い方とは!

    四方山話(よもやまばなし)とは、どんな話のことかわかりますか?「四方山話でもしながら・・」「四方山話を聞かせてもらう」「四方山話をして楽しむ」どんな話なのかわからなくても、別に間違いでもなさそうな感じですよね。四方山話とは、どんな話のことなのか、疑問に思ったので調べてみました。

  • 【綸言汗の如し】とはどんな意味?由来や使い方について!

    綸言汗の如し(りんげんあせのごとし)という言葉には、どんな意味があるのかわかる人はどれほどいるでしょう。いろはかるたに使われることもあるので、言葉としては聞いたことがある人は相当数いると思います。ですが、その意味や由来まで知っている人はそれ

  • 【意見と餅はつくほど練れる】とはどんな意味があるのだろう

    「意見と餅はつくほど練れる」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。意見と餅という、結びつく点が思い当たらない2つのことを使って伝えようとしています。餅はつくほどなめらかになり、美味しくなるのはわかりますが、意見を餅にたとえているのか疑問です。

  • 【落書き】とはどんな語源から生まれた言葉なのか!その由来とは!

    落書きと言えば、いたずら書きのようなものから、ちょっと芸術性を感じるようなアートな落書きまで色々あります。子供が好きなものを書くための「らくがき帳」なんていうのもありますよね。さて、この「落書き」という言葉ですが、語源は何なのでしょう。

  • 【ガセネタ】とはどんな意味?語源になったこととは?

    インターネット上に飛び交う情報の中には、真実じゃないことも山ほどあります「びっくりしたけど、あの噂はデマだった」「フェイクニュースに騙されるところだったよ」こんな会話が日常の中にあふれています。このようなデマやフェイクニュースは、「ガセネタ」とも言われます。

  • 【渋柿の長持ち】とはどんな意味?言葉の由来や類語などを解説!

    「渋柿の長持ち」という言葉にはどんな意味があるのか知っていますか?渋柿と言えば、渋味が強いので、そのままではとても食べられない柿のことです。見た目に熟して甘そうに見えても、渋味が強すぎるのです。渋柿の渋味の正体は柿タンニンといえば、ポリフェノールの一種です。消臭のための石鹸や体臭スプレーなどに使われるほど、強い抗菌、消臭パワーを持っている成分です。

  • 【人の女房と枯れ木の枝ぶり】とはどんな意味?使い方を例文で紹介!

    「人の女房と枯れ木の枝ぶり」という言葉には、どんな意味があるのか知っていますか?「人の女房」は他人の奥さんのこと。「枯れ木の枝ぶり」は枯れてしまった木の枝の様子のこと。まったく共通点のない2つのことを合わせてた言葉ですが、聞いただけでは意味は伝わってきません。

  • 【知って知らざれ】と【知って問うは礼なり】に共通する意味とは!

    「知って知らざれ」と「知って問うは礼なり」は、どちらも「知る」ことに関わる言葉のように思います。「知る」ことについて、どんなことを伝えようとしているのでしょうか。2つの言葉はまったく別の意味があるのか、それとも何か共通する点があるのか疑問に思ったので、それぞれの意味について詳しく調べてみました。

  • 【疾風に勁草を知る】とはどんな意味があるの?使い方を例文で解説!

    「疾風に勁草を知る」という言葉を聞いて、すぐに意味が理解できる人はどれほどいるでしょう。なかなか普段は耳にすることがない言葉ですから、わからなくても恥ずかしいことではないと思いますが、いい機会なので「疾風に勁草を知る」の意味を調べてみることにしました。もしかして意味が理解できると、日常の会話で使えるかも知れません。

  • ひとりぼっちの【ぼっち】とはどんな意味?語源になったこととは!

    「ひとりぼっち」といえば、寂しそうな人と思われたりします。でも、最近はひとりぼっちのことを「ぼっち」と言ったりしますよね。「ひとり」がなくても「ぼっち」だけで意味が通じるようになってきたのです。こうなってくると、「ぼっち」だけがひとり歩きを始めた感じになります。

  • 【米の飯に骨】とはどういう意味があるのだろう!伝えたいこととは!

    「米の飯に骨」とは、どんな意味なのでしょう。お米を炊く時に、水加減を間違えて硬いご飯に炊きあがってしまうとか。それとも、時間を間違えて芯の残った炊きあがりになったとか。米の状態を表す言葉であれば、そういうことなのかも知れません。ですが、「米の飯に骨」はそのままの意味ではないので、深い意味が隠れているはずです。

  • 亡くす命と書いて【亡命】というのはなぜなのか!語源はどこから?

    色々な不満がありながらも、自分が生まれ育った国から逃げ出さないといけなくなるなんて、想像できません。 ですが、今でも世界では起こっていることです。たとえば、2020オリンピック東京大会(開催されたのは2021年)に出場した海外の選手がが、帰国を拒否して亡命したというニュースがありました。

  • 血のつながりのない母親を「継母」と書いて「ままはは」と読むワケ!

    父親が新たな妻を迎えると、母親の立場を継ぐ人のことを継母(ままはは)と言います。母親の立場を継ぐ人なので、継母という文字は別に何の違和感もありません。ですが、なぜ「継母」と書いて「ままはは」と読むのでしょう。「けいぼ」と読むのならわかるのですが、「ままはは」とは疑問です。

  • 【ゲンをかつぐ】というけれどゲンとはなに?語源になったものは!

    「試合の前には必ずかつ丼を食べてゲンをかつぐ」というようなスポーツ選手のエピソードなどでよく聞く「ゲンをかつぐ」という言葉。いい結果を出した時に身につけていた物を「ココぞ」という勝負には必ず身につけるというようなゲンかつぎもあります。

  • 【図々しい】【押しが強い】をポジティブな言葉に言い換えてみる!

    「図々しい人ね」と言われることに喜びを感じる人は、まずいませんよね。「押しが強い」に関しては、人によっては喜ぶ人もいるかも知れませんが、一般的には言われて嬉しい言葉ではありません。「図々しい」とか「押しが強い」という言葉を言いたくなる時もありますが、言われて嬉しくない言葉をわざわざ選ぶのも、ちょっとおとなげないですよね。

  • 【恥を知らねば恥かかず】の意味とは!どのようなときに使えるの?

    「恥を知らねば恥かかず」という言葉を聞いて、まず初めの思い出したのが「恥知らず」です。「この恥知らずが!」と叱られたことを思い出してしまう人もいるでしょう。ですが、「恥を知らねば恥かかず」と「恥知らず」は同じ意味ではありません。「恥を知らね

  • 【おまけ】とはどんなことが語源になったのか!由来を解説!

    「おまけをもらう」「おまけしてもらう」など、得することを意味する言葉としておなじみの「おまけ」です。おまけを嫌がる人はほとんどいませんし、世の中にはおまけ目的で商品を購入する人だっています。みんな大好きなおまけですが、そもそもおまけってどう

  • 【おとなしい】【気が小さい】【消極的】【臆病】を言い換える!

    「おとなしい」「気が小さい」「消極的」と言われる人は、それが悪い意味だったとしても、言い返すこともしないのでしょうね。褒め言葉として使う場合もあるのかも知れませんが、どちらかと言えばネガティブなイメージを受ける表現です。「おとなしい人ね」というのは悪く言っているつもりはないとしても、受け取る側はそう思わないのではないでしょうか。

  • 【人参で行水】とはどういう意味がある?語源や使い方を解説!

    「人参で行水」という言葉の意味がわかりますか?人参と言えば、栄養が豊富な野菜です。水分も含んでいるでしょうが、さすがに行水できるほど大量の水分は含んでいませんよね。いったいどういう意味なのでしょう。

  • 【無精者の隣働き】の意味とは?どのような時に使うの?類語は?

    「無精者の隣働き」という言葉を知っていますか?無精者と言えば、ちょっとした仕事でもめんどくさがる人のことですよね。無精ヒゲは、身なりを整えることもめんどくさがってヒゲが伸びている状態のことです。

  • 【無い子では泣かで有る子に泣く】とはどんな意味?対義する言葉も!

    「無い子では泣かで有る子に泣く」という言葉を知っていますか?無い子有る子から、子供に関係する意味があることは想像できますよね。子供は子宝と言われるように、大切な宝物のような存在ですが、実際に子育てをする親になると大変なことが山ほどあります。

  • 【手土産】と【お持たせ】の違いとは!使い分けるポイントは?

    「お友達夫婦の新居に遊びに行くから、お持たせを買いに行くの」さらっと聞き流せば、別に妙なところもないのかも知れません。でも、気になってしまいます。「お持たせを買いに行く」というフレーズです。テレビ番組の中でも、「芸能人おすすめのお持たせ特集」とか言ってます。この使い方は正しいのでしょうか。

  • 【悪女は鏡を疎む】とはどんな意味がある?語源や使い方の例文も!

    「悪女は鏡を疎む」という言葉を聞いたことがありますか?悪女の意味が今と昔では違うため、聞いたことがある人でも、意味まで理解している人は意外と少ないのかも知れません。

  • 【真面目だね】が嫌味に聞こえる?言い換えてポジティブになる言葉

    「あなたって、ほんとに真面目ね」と言われたときに、どういう気持ちになるでしょう。なんとなく、嫌味を言われているようで、気分を害する人もいるのではないでしょうか。真面目なことは良いことなのに、なぜ嫌な気持ちになる人がいるのか、不思議ですよね。

  • 【名刺】はなぜ名紙ではないのか!刺すなんて物騒な字を使う理由は!

    社会人になって、初めて自分の名刺を持った人も多いのではないでしょうか。名刺はビジネスには欠かせないツールです。新入社員は、まず名刺交換の練習から始めるという企業もありますよね。その名刺ですが、当たり前に「名刺」と読んでいますが、なぜ「名紙」

  • 【はくがつく】とはどんな様子を表している?語源や使い方を解説!

    「彼ははくがついてきたね」とか「もう少しはくがつくといいのに」などと、その人物のことを表す「はくがつく」という言葉。よく聞きますよね。この「はくがつく」というのは、その人物のどのような様子を表していると思いますか?ほとんどの人が「はくがつく」の「はく」からイメージするのではないでしょうか。

  • 【挨拶に代える】とはどんな意味?スピーチの終わりにつける理由は!

    結婚披露宴で新郎新婦の職場の上司などがスピーチをした後に、「これをもって、私の挨拶と代えさせていただきます。」などと締めくくることがあります。今まで長々と話していたのは、何だったのか?と思わず突っ込みたくなることがあります。挨拶とは、「おは

  • 【打ち上げ】の語源とは!芸能界だけじゃなく広く使う言葉の由来!

    「打ち上げ」と言えば、単なる宴会の別名みたいになっていますね。宴会イコール打ち上げではないのですが、あまりにも一般社会に広まり過ぎたようです。芸能人が「ドラマの打ち上げで仲良くなった」とか「打ち上げが楽しみになるほど和気あいあいとした現場でした。」などインタビューに答えるのを聞きます。

  • 【こたつで河豚汁】とはどんな意味があるの?語源や使い方を解説!

    「こたつで河豚汁」という言葉には、どんな意味があると思いますか?こたつといえば、冬の暖房アイテムとして根強い人気がありますよね。洋風の住居が一般的になっても、こたつはなくなりません。「こたつで河豚汁」とは、日本の伝統的な暖房器具であるこたつと、美味なフグの鍋を組み合わせた慣用句です。

  • 【一枚噛む】の意味とは!いったい何を噛んでいるの?その語源とは!

    「あの事件には、じつは大物政治家が一枚噛んでいるらしい」というような使い方をする「一枚噛む」という言葉。聞いたことがありますよね。政治のニュースなどで、政治と金に関する疑惑が浮上するときなどによく耳にします。この「一枚噛む」という言葉の意味は、ほとんどの人がわかっていると思います。ですが、語源を聞かれると、答えられる人はごくわずかではないでしょうか。

  • 【しがらみ】とはどんな意味?語源になった意外なこととは!

    「しがらみが邪魔して夢を追うことができない」とか「しがらみがなくなって身軽になる」など、「しがらみ」という言葉は良い意味では使われません。人間関係に疲れている時などは、しがらみを振り払って自由になりたいと思いますよね。さて、この「しがらみ」という言葉の語源は何なのでしょう。

  • 【耳をそろえる】とはどういう状態のこと?語源や使い方など!!

    「耳をそろえてお返しします」とか「きっちり耳をそろえてあります」など、「耳をそろえる」という言葉は聞いたことがあると思います。この「耳をそろえる」とは、いったいどういう状態のことを表すのでしょう。そもそも、誰の耳をそろえることなのかわかりませんね。どうして耳なんだろう・・。

  • 【寝耳に水】とはどんな状態から生まれた言葉?語源とされることは!

    「そんなこと聞いてない!寝耳に水なんだけど」のように、不意な出来事に驚いた時などに使う「寝耳に水」という言葉。あまりにも当たり前に使っていますが、よく考えると疑問に思う点があります。いったい、どういう状態になると寝ている人の耳に水が入るのでしょうか・・。

  • 【現金な人】とはどんな人のことなの?語源はどこから?その意味は!

    「あなたはホントに現金な人ね」とか「まったく、現金な人は困るわ」など、「現金な人」はイイ意味では使いません。悪い意味で使う言葉なので、「現金な人」と言われて喜ぶ人はまずいませんよね。でも、「現金な人」という言葉はなぜ使われるようになったのか

  • 東屋(あずまや)の意味とは?どんな建物を指してる?その語源は!

    広い敷地の公園の中には、休憩する場所が設置されていることがあります。ベンチだけの場合もありますが、屋根付きの休憩スペースもあります。大抵の場合は、屋根と柱だけで、壁のない建物が多いと思います。そのような休憩場所になる建物のことは、東屋(あずまや)と呼ばれます

  • 【団地】の意味とは!もともとあったの?語源になったのは!

    昭和の時代には、日本各地に「団地」と呼ばれる集合住宅が建てられました。大規模な団地になると、大々的に山々を崩して開発していたようです。スタジオジブリ映画の「平成狸合戦ぽんぽこ」は、東京郊外に計画された多摩ニュータウンによって、生きる場所を奪

  • 【たっての願い】には【達て】と【断って】があるのはなぜ?意味は?

    「私のたってのお願いをどうか聞き入れてください」というように、無理なお願いをするような時に使うのが「たっての願い」です。よく聞くのに、「たっての願い」の「たって」とはどんな意味なのか知らない人もいるのではないでしょうか。しかも「たっての願い」には達てと断ってと2つの漢字が使われるのです。

  • 【垣堅くして犬入らず】の意味とは?どのような使い方をするの?

    「垣堅くして犬入らず」という言葉には、どのような意味があるのかご存知でしょうか。言葉の意味のままでは、伝えようとしていることがわからないですよね。慣用句やことわざには、犬や猫のような身近な生き物を使っているものが多いので、「垣堅くして犬入らず」も犬とは直接関係のない言葉なのです。

  • 【つっけんどん】とはどんな意味?語源になったこととは!

    「どうしてあなたはいつもつっけんどんな態度なの?」と言われて喜ぶ人はいないですよね。「つっけんどん」は、関東の方言という説もありますが、とくに方言ではなく広く使われている言葉でした。

  • 無視することを「しかとする」というのはなぜ?語源はどこから?

    無視とは、まるでそこに存在しないかのような態度のことです。話しかけたのに、まるで聞こえないかのように無視する。目が合っているのに、見えていないような様子で無視する。また電話の着信やメール、メッセージを無視するなど。では、無視することを「しかとする」と言うのはなぜなのでしょう。

  • 【一口両舌】とはどんな意味?どのような時に使う?類語語は!!

    一口両舌(いっこうりょうぜつ)という四字熟語を知っていますか?一文字ずつ見れば、難しい文字ではないですから、意味もそれほど難しいものではなさそうですよね。なのにあまり使われていない言葉です。

  • 【古傷は痛みやすい】の意味とは!由来や使い方など解説!

    「古傷は痛みやすい」とは、昔のケガが時々痛むことですよね。交通事故のケガが、季節の変わり目に痛むとか、治ったように見えているけど、古い傷が痛むことです。雨の日は、古傷が痛むという人もいますよね。

  • 【場当たり的】とはどんな意味?語源や正しい使い方!類語など解説!

    「場当たり的な~」という表現は、報道番組のコメンテーターや評論家などが使うのを耳にします。言葉の意味をとくに教わった記憶もないですし、辞書で調べたこともないのですが、何となく想像はできます。ただ、私たちの生活の中では「場当たり的」とはあまり使わないような気がします。

  • 【主婦】の語源とは!対するのが主夫であれば主妻でも良かった?

    家事をするのが主な仕事で、家庭の外で働いていない既婚女性のことを専業主婦と呼びますよね。それに対して仕事をしながら家事をする既婚女性のことを兼業主婦と呼びます。どちらも女性のことを示していますが、既婚男性が家事を主な仕事としている場合は専業主夫や兼業主夫と呼ばれます。主婦に対して主夫なのはなぜなのか疑問です。

  • 【マンネリ】とはどんな意味?語源は?他の言葉に言い換えてみると!

    「マンネリ」と言えば、「そろそろ私たちもマンネリ化しているよね」とか「マンネリにならないように工夫しなくちゃ」など、会話の中でよく使う言葉です。あまりに当たり前に使っていますから、意味について深く考えたこともないですよね。

  • 【忘年の交わり】とはどんな意味?語源や使い方を解説!

    「忘年の交わり」と聞いて、意味がすぐにわかる人はどのくらいの割合でしょう。正しい意味を答えられない人の方が、多数派ではないかと思います。「忘年の交わりだから、忘年会で楽しくみんなと会話するとか?」「忘年会で親しくなることじゃない?」意味がわからなければ、こうなってしまうのも仕方ないですよね。

  • 【談義の場の嫁謗り】とはどんな意味?由来や使い方を解説!類語も!

    「談義の場の嫁謗り」という言葉の意味を知っていますか?この言葉をはじめて聞いた人でも、何となくネガティブな意味を想像できるのではないでしょうか。「談義の場の嫁謗り」の意味や由来について、解説します。また、どのような使い方をするのか、そして類語についてもチェックしてみましょう。

  • 【聞き取り問】とはどんな意味?由来はどこから?正しい使い方は!

    「聞き取り法問」という言葉を知っていますか?使う人がめっきり減っているので、大半の人は知らないと思います。ですが、意味を知ると使える場面が沢山あります。意味を知っておいても無駄にはなりません。会話に織り交ぜると、表現の幅が広がる言葉だと思います。

  • 【上清ければ下濁らず】の意味とは!上に立つ人に知ってほしい言葉!

    「上清ければ下濁らず」とは、川の流れをたとえとして使った言葉です。川の上流が清ければ、下流も濁ることはないということが由来です。「上清ければ下濁らず」は、どのような使い方をするのか見てみましょう。

  • 【たまげる】とは方言ではない?もともとの意味や語源とは?

    「たまげる」と言えば、東北地方の方言だと思い込んでいる方が多いようです。「たまげた」とか「たまげる」は、驚きを表現する言葉というのはよく知られています。インパクトのある方言として、広く知られているだけだと思われているのです。

  • 【ねだる】と【ゆすり】は同じ「強請」の漢字を使う!同じ意味なの?

    強請る(ねだる)と強請り(ゆすり)は同じ字を使います。でも読み方は違います。もしも「ねだる」ではなく「ねだり」となると「強請り」ですから、文字を見ただけではどちらの意味なのかわからなくなってしまいます。前後の文章などで読み分けないと、違う意

  • 【指南】とはどんな意味?正しい使い方や語源とは!類義語は!

    「指南」と言えば、人に「何かを教えること」という意味の言葉ですよね。指南役とか指南番のように、技術を教える人のことをそう呼んでいました。では、なぜ人に何かを教えることを「指南」というのでしょう。指と南という文字を合わせて、人に何かを教える言葉になった由来は何なのか疑問です。

  • 【親の光は七光り】の意味は!なぜ「七」なのか!その語源とは?

    「親の光は七光り」または「親の七光り」など、親の恩恵を受けることを「七光り」と言いますよね。ほとんどの人は、「親の光は七光り」の意味を正しく理解していると思います。ですが、なぜ「七光り」なのか不思議に思ったことはありませんか?

  • 【弱冠】と【若干】の意味の違いは?読み方は同じでも同じではない!

    「弱冠」と「若干」はどちらも「じゃっかん」と読みます。日常会話の中で「じゃっかん」はよく使われると思いますが、「弱冠」と「若干」のどちらのつもりで使っているのか、理解されているでしょうか。同じ読み方なので、どちらのつもりで使っているのかハッキリ理解していないと、困ることもあるかも知れません。

  • 【寝ていて人を起こすなかれ】とはどんな意味?使い方を例文で見る!

    「寝ていて人を起こすなかれ」という言葉は、「寝ていて人を起こすな」として使われることもあります。意味はどちらも同じです。言葉をそのまま受け止めれば、自分が寝ているのに、人を起こすことを止める意味と理解できます。ですが、そのままの意味の裏には、何か伝えようとする意味が隠れています。

  • 【自ら】には2つの読み方がある!意味の違いや使い分けるポイント!

    「自ら」は「みずから」と「おのずから」の2つの読み方があります。同じ文字なのに2つの読み方があるのは、日本語には珍しくありませんが、意味の違いや使い分け方など、迷うことがありますよね。迷ったときのために、「自ら」の2通りの意味や使い分けのポイントについてご紹介します。

  • 【学者貧乏】とはどんな意味の言葉なのか!使い方や類義語は?

    「学者貧乏」という言葉を聞いたことがありますか?学者というのは、学問に通じて、学問を職業としている人のことです。日本人の学者がノーベル賞を受賞すると、ニュースなどで大々的に取り上げられますね。多くの学者は、研究のために大学や企業の研究室に所属しているようなので、貧乏というわけではなさそうです・・。

  • 【蟹の横這い】の意味とは?どのような時に使う言葉なの?

    「蟹の横這い」という言葉を知っていますか?蟹が歩く様子を表しただけで、とくに意味はないと思ってしまいそうですね。ですが、伝えようとしている意味があるのです。「蟹の横這い」とはどんな意味なのか、由来や使い方などを解説します。

  • 【手練】とはどんな意味?「てだれ」と「てれん」と「しゅれん」!

    「手練」は「てだれ」と「てれん」という読み方があります。読み方によって意味が違うので、間違えないようにしないと恥ずかしいことになるかも知れません。また、「手練」には「しゅれん」という読み方もあるのです。同じ文字を使っているのに、読み方が3通りもあるのですから、とてもややこしいですね。

  • 【婦人】と【夫人】それぞれの意味や語源とは!時代に合わない?

    「婦人」も「夫人」も同じ「ふじん」という読み方をします。どちらも女性のことを表していますが、意味は違います。「婦人」は大人の女性のこと、「夫人」は夫のいる女性のことを表します。同じ読み方なので、ちょっとややこしくなりますよね。

  • 【柔らかい】と【軟らかい】の違いとは!意味や使い分けのポイント!

    「やわらかい」という言葉を漢字に変換すると「柔らかい」と「軟らかい」の2通りあります。どちらも同じような意味として使われているので、使い分けのルールがよくわからないので、迷いますよね。同じ読み方だけじゃなく意味までほぼ同じ・・・。ほんとに日本語ってややこしいのです。

  • 【潰しがきく】とはどんな意味?その語源は?どういうときに使うの?

    「潰しがきく」という言葉は、日々の会話でも耳にすると思います。今回は「潰しがきく」という言葉の意味や使い方、その語源についてまとめています。とくに疑問に感じることなく使われている言葉ですが、語源や使い方を知ることで使える場面も増えるかも知れません。では、一緒に見ていきましょう。

  • 【切り盛り】の意味とは?語源は?【やりくり】とは違うのか!

    「切り盛りは任せている」とか「家計の切り盛りが上手い」など、「切り盛り」という言葉はよく使われます。この言葉の意味を間違えて使う人はいないと思いますが、なぜ「切り盛り」という言葉が使われるようになったのか、その由来まではあまり知られていませ

  • 【月並み】の意味とは!平凡ではなかった?もとの語源や由来は!

    「月並みな言葉しか思いつかない」とか「月並みではありますが・・」など、平凡を表す「月並み」という言葉。誰もが当たり前に使っているのですが、なぜ平凡なことを表すのに「月並み」というのか、疑問に感じませんか?そこで「月並み」という言葉が今のように使われるきっかけは何だったのか、語源や由来について調べてみました。

  • 【熟れて後は薄塩】とはどんな意味?由来になったこととは?

    「熟れて後は薄塩」という言葉を知っていますか?「食べ物に関することかな・・。」「料理に関することっぽいよね。」そんな想像をする方も多いのではないでしょうか。ですが、ことわざや慣用句というのは、何か伝えるための例えとして様々なものが使われます。「熟れて後は薄塩」にも、きっと何か意味が潜んでいるのでしょう。

ブログリーダー」を活用して、kotodamasanさんをフォローしませんか?

ハンドル名
kotodamasanさん
ブログタイトル
ことばのぎもん
フォロー
ことばのぎもん

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用