searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

藤の和ブログさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
藤の和ブログ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/elementback
ブログ紹介文
溢れるメッセージを受け取って下さい。 飛び出す絵を拾って下さい。
更新頻度(1年)

39回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2018/12/15

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、藤の和ブログさんの読者になりませんか?

ハンドル名
藤の和ブログさん
ブログタイトル
藤の和ブログ
更新頻度
39回 / 365日(平均0.7回/週)
読者になる
藤の和ブログ

藤の和ブログさんの新着記事

1件〜30件

  • 四角い

    四角いそいつは四角いどんな並河駅が来ようとも丸くなれなかった四角いままで生きるそれでどうしようと言うのかい?そのままでダメなんですか四角はまたずっとそのままで居たかった。四角い

  • 悩み

    悩み悩みとは脳みそが心を持ってしまったら悩むのだ持っている限り悩むものなのだ悩み

  • 夢その1

    夢その1現実には表せないだから夢となったのかああ追い付かない世界世界?世界じゃないもうひとつの面だから現実には追い付かない。夢その1

  • 白雲立ち込める

    白雲立ち込める夏の空さほど高くない山から白雲が登っていた天を目指しているのだろうかそして私達の思いはいつも天に届くそれは思いの里が天にあるからだ。白雲立ち込める

  • 猫 静と動

    猫静と動猫静と動

  • 猫 静と動

    猫静と動猫静と動

  • 雨雲立ち混む比叡

    雨雲立ち混む比叡湖の向こうの比叡山に雨雲が立ち混んで来たまるでこのどっしりした山を覆い隠してしまおうとしているのかしかし雲は力が尽きていた比叡のエネルギーの前にやがて雲は次第にその姿を小さくしていった時間はまた巡るから気にはしないのだ。雨雲立ち混む比叡

  • 金曜の夜

    金曜の夜この時間を頂いて有り難うございます時間の巡り合わせで金曜の夜には心が水に溢れ出します私の身体のすべての細胞が一斉に喜びと言う歌に共鳴しますこの時間に感謝します金曜の夜

  • 紫の夕景

    紫の夕景台風の空の夕方に西の空に紫の世界があった紫の世界の先のずっと彼方に白く見える隙間遠く遠くの白の世界あそこには何が何があるんだろう僕はあそこが見えなくなるまでそれを見送っていた。紫の夕景

  • 猫 駆ける

    猫駆ける寝ながらチーターの如く駆ける姿だね。。格好いいぞ!猫駆ける

  • 猫ライダー

    フォトギャラリーあの~う家にはバイクないのでも猫ライダー以上猫ライダー

  • 猫 2ショット

    フォトギャラリー始めました。猫仲間2ショットこれ~とても敵わないなぁ素敵猫2ショット

  • 猫と僕

    猫と僕君は多くのことをくれる。僕はほんの少しの食事やブラッシングで君は喜んで、喉を鳴らして答えてくれる。僕たちは気まぐれ同士だからいつも仲が良い。でも君がどう思っているかは知らないが僕は勝手に思う。仲がいいと思ってくれてると。猫と僕

  • 「岸辺にて」

    新しくオリジナル曲をご紹介します。びわこをテーマにした曲です。岸辺にて作曲藤井和幸作詞北村敦子「岸辺にて」幼いころに手をひかれ父と歩いた岸辺はどこだろう幻の広い湖湖底から真水湛えよ水は光水はふるさとただ黙ってみつめているだけで初冠雪の伊吹山君と仰いだ岸辺がなつかしい青春の風の湖波頭生命誇れよ水は光水はあこがれただ黙ってみつめているだけで齢を重ねいつの日か夕日明るい岸辺に座ろうよかいつぶり潜る湖瀬田川へ清く流れよ水は光水はやすらぎただ黙ってみつめているだけで「岸辺にて」

  • 常夏の島のプール

    常夏の島のプール島のホテルのプールのロビーから海と一体となったプールが目前に広がる大いなる海は静かに動かずまるで母のように見守るプールと言う子どもはそのそばで遊んでるかのようだ常夏である島はまた常に愛で充ちあふれている。常夏の島のプール

  • 現実とは

    現実とは木陰と考えよう木はそこに位置を決めそびえ立つ君の周りの環境や出来事だそれは自分の理想や夢とは違うかもしれないしかし目の前に木は立っていて動かしようもない一つの現実だしかし木陰はお日様により大きさも形もいろいろだまた自分が立つ位置により木陰になったり外れたりするつまり君が立つ位置により変わるのだだから木が現実なら、動かし難いが私は木陰こそが現実と言う現実は木陰のように自分が立つ位置を変えることで変えられる自由なものなのだ決してそれを窮屈と思わなくて良い。現実とは

  • 海面の楽園

    海面の楽園海面の中を覗いたお日様が波に反射してゆらゆらぎらぎらまるでカラフルな蛇のようその中を縫うように遊び泳ぐ魚たちこの波の中は少なくとも魚たちの楽園である。海面の楽園

  • 途中が楽しい

    途中が楽しい楽しみにしていた目的地にある日、自転車で行ってみた。すると自転車で行く同じ道に沢山の目的地以上の楽しみを見付けた人生の楽しみは目的ではなくその途中の道に沢山転がっているだから急いで車で行く事はない多くの楽しみを逃しているのかもしれない。途中が楽しい

  • 夕陽遥か

    夕陽遥か山々に夕陽が映し出されて静かな時間を迎えた夕陽の上の遥かな空には幾つもの雲に紛れて様々な今日の色たちが浮かんでは消えて鮮やか姿で別れを告げてやって来てくれた有り難うと私から言おうと今夕の空に向かって頭を下げた。夕陽遥か

  • 青の世界

    青の世界地上から飛び立ち雲上の世界に出るだけでこの星から少し離れた人になる。まだ宇宙には届かない青の世界ずっとずっと見渡す限りどこまでも今はいつもの日常の場所じゃないここで触れ合う空間の者たちと少しこの宇宙の端で出会う。遥かな青の世界ずっとずっと遥かな青。青の世界

  • 落ち着きは一体感

    落ち着きは一体感こうして寝ころんで静かに目を閉じる底に落ちて行く感覚とても落ち着くよねその落ち着きとは何なんだろうね身体が真ん中へ真ん中へそのまた中心にゆっくり引き寄せられてゆくコアというものなのだろうかコアには全てのものがある様に思うそしてその本当の中心にたどり着いた先そこには無限に広がる世界の入り口がある様だそこで心はきっと解放されていく薄く薄く広がって大きな存在と一体化するのだろう落ち着くとは存在との一体感である。落ち着きは一体感

  • 大地から広がる

    大地から広がる大地の下から、おそらくコアから優しいエネルギーが大地に向けて放射しているそれは山の木々の赤になり海や湖にも注がり続けるそして私達生物の原動力となっている。私達は普段意識なしに生を繋いでいく。それぞれが等しくもれなく生かされているということだ。大地から広がる

  • 心配 考え過ぎ

    心配考え過ぎ人は用心し心配し考え過ぎる全て信頼が不足している現れだしかし信頼はとても難しい何が有っても貴方は大丈夫なんだ君は絶対的な根元を持って生まれ今も生かされ続けているそれは真実だ絶対的な根元について考えて欲しい根元は全てのものと繋がり切り離されることはないのだそして絶対的であるので絶対的な信頼を受けており全てのものそのものであるだから信頼したとき君は考え過ぎたりはしない。心配考え過ぎ

  • 君の心の中の水

    人の行動人の行動について教えてくださいそうだね行動は川のようでもあり波のようでもある川のように流されていく行動もある波のように海岸に繰り返し打ち付ける行動もあるそれは自然というものに従って人の考え、心、気持ちが水のようでありそれが川にあるか海にあるか君の心はその場所により異なる行動の動きかたになるものだいづれにせよ君の心の中にある水は動くものでありそれが素直に川のように海のように行動できたら君はひとつの満足感でひとつの行動を終えることができる。君の心の中の水

  • 風について

    風について風について教えてくださいそうだね風には強い風もあれば微かに吹き抜ける風もあるよね風は人や物の表面に付いている物をさらってくれるものなんだ強く吹く風はひつこいものを落とし微かな風は日頃の生活で肩に乗っかっている色んなことをさらっと落としてくれるだから心地良くなるよね強く吹く風は人により気付きを与えてくれたりするだから風の音は落としてくれた物の音でもある風について

  • 地平線に走る

    地平線に走る野山の向こうは地平線そこに走る存在地と天を分けて走るコミカルな姿に見えた彼は異なる土地に迷い混んだのだろうかその姿や動きに想像を巡らす光景である。地平線に走る

  • 沼の葦

    沼の葦葦が沼に整然と立っている一本一本真っ直ぐに生えている少し遠くからもその姿勢正しき姿は目をひく葦はよく人に例えられるどんな柔らかい沼であってもきちんと姿勢正しい姿は人の基本と言えるのではないか。沼の葦

  • 後ろ向きな猫

    後ろ向きな猫後ろ向きにいる猫お前さんは決して教えてくれないずっと向こうを向いて寝ているだけだそのときだった風が吹いて砂埃が舞ったそして猫は振り向きもせずまたどこかへ去って行った。後ろ向きな猫

  • ソースの更新

    ソースの更新遠く遠くから微かな風音に混ざり聞こえてくる音いやそれは声とも異なるもの風という形を作り伝え拡げてやって来るそう君は耳を傾けている知らずとも耳から入ってくる正体は君のソースへのアップデートだ今君に必要な更新だだから君は昨日より今日少し多くの重要な太古の叡知を思い出したはずだソースの更新

  • 緑豊かオーブ

    緑豊かオーブ最初は民家を囲うようなオーブだったしかしそれは民家の窓から沿って漂っているようだ緑のオーブは留まっていた本当はずっとともに在るのかも知れない緑と言う細胞が集まり人の安寧を守り育てているオーブと言う形に人が見ただけかも知れない。緑豊かオーブ

カテゴリー一覧
商用