プロフィールPROFILE

nyotandogoさんのプロフィール

住所
豊島区
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Vitabu vitabu vitabu sana
ブログURL
https://ameblo.jp/tranquia/
ブログ紹介文
図書館児童担当、三児の母の児童書の新刊についてのいろいろ
更新頻度(1年)

24回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2018/12/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、nyotandogoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
nyotandogoさん
ブログタイトル
Vitabu vitabu vitabu sana
更新頻度
24回 / 365日(平均0.5回/週)
読者になる
Vitabu vitabu vitabu sana

nyotandogoさんの新着記事

1件〜30件

  • 壁に貼りたい

    図書館ではあまり評価は高くないけど、本屋では平積みという本はよくあって、特に児童書ではこどもたちに選んで読んでもらいたい本という図書館のニーズより、本を買う人…

  • 今も昔も

    『なかよしの水』(ジョン・キラカ 作・絵 西村書店)ティンガティンガの絵本第2弾。前作と同じく、うさぎが活躍。水を飲もうとして動物たちが川に行くと、ワニがいて…

  • パラレルな競技

    数年前から出始めたオリンピック関連本。仕事で読むだけで、オリパラ小ネタと世界の小さな国の名前を覚えられるくらい。もともとフィギュア以外のスポーツ観戦にも、国の…

  • 変わる時代と変わらず続くもの

    夏になると増えてくるのは第2次世界大戦、広島長崎の原爆関連の本。毎年出版されるのに、毎年素晴らしい作品があって、それだけ戦争に関する歴史は個々にあり、それを語…

  • むずかしいことをわかりやすく

    難しいことを、そうなんだ!って納得させてくれる本ってけっこう少ない。身近でないものでいつも不思議でたまらなく思ってたものに、そうなんだ!ってわからせてくれる作…

  • 古き良きものの強み

    ただいま、職場では来年の夏休みに向けた小学生へのおすすめ本の選定が始まってます。条件は、今年の春までに出た本の中から選ぶんだけど、自分が選んだ中で意外に人気だ…

  • なんだか残念な瞬間

    いい本なのに、なんだかなあ、やっちゃったーって本はよくあって、絵だったり、ストーリーだったりするのだけれど、絵本だとやはりストーリーがどんなに良くても絵がイマ…

  • 落語の絵本

    相変わらず落語の練習をする4年生の娘。でもそう他の作品に興味が湧くでもなく、落語に詳しくない私も何をオススメするにもよくわからじというところに、今週の新刊にか…

  • 落語の本

    4年生の娘が国語の授業で落語をやるとか。この機会にと渡したのは『夜明けの落語』(みうらかれん 講談社)夜明けの落語 (文学の扉)15,368円Amazon引っ…

  • 古きよきものの楽しみ方

    先日仕事で読んだ『ロバくんのみみ』どっかで見た絵だし、作者はもう古典的な作家なので調べたら、旧訳は『ロバのロバちゃん』でした。ついでに調べたら原題は『donk…

  • よい文章

    先日の大雨に読みたいなあと思い出した本。復刻版 ちいさいモモちゃん(3) あめこんこん (講談社の創作絵本)1,080円Amazonあめこんこん 新装版 (講…

  • 寝相アートかパフォーマンスか

    「ひともじをしってるかい?」で始まる『ひともじえほん』(近藤良平作 福音館書店)ひともじえほん (こどものとも絵本)972円Amazonなにかな?って聞いたら…

  • 6年生への読み聞かせ

    先日仕事で6年生へのブックトークへ。出勤の都合などあって、プログラムは同僚が組んでくれていたのだけれど、すると自分で選ばない本もあって、新鮮な発見も。『光の旅…

  • 気がつかない風景

    花がきれい (きほんの木)1,620円Amazonきれいな花と言われて、ドングリやトチノミの花を思い浮かべる人はいるだろうか。同僚にはツツジって木だったの?と…

  • アフリカブーム?

    先月くらいに出たアフリカの昔話集『ノウサギのムトゥラ』の一つ目の話が以前紹介した『つなひき』の原典ぽい話で、ノウサギのムトゥラは南アフリカの昔話集ということな…

  • アリ博士の情熱におなかいっぱいになる本

    ぜんぶわかる! アリ (しぜんのひみつ写真館 9)2,160円Amazonテレビ番組の『クレイジージャーニー』で知ったアリ好き?が高じて、アリや飼育キットの売…

  • なんて呼ばれたい?

    最近小学2年の娘が、友達に顔がボールにそっくりと言われ(苦笑)、ボールって呼ばれるようになったら嫌だから、そうなったら返事しないんだ!という決意を聞き、ちょう…

  • 母の日の本

    『おかあさんどーこ』(ローナ・バリアン作 アスラン書房)おかあさん どーこAmazon同僚がお話会で読んで、ステキな母の日の絵本と知った本。なにも言わないで、…

  • こどもの日と言ったら...

    なんとなく、こどもの日は晴れているイメージがあって、そんな日にはこいのぼりもお似合いに思える。今年は改元や天気の悪さでこどもの日感が若干トーンダウン。絵本では…

  • ハッピーエンドか否か

    かっぱのめだま (理論社のカラー版愛蔵本)Amazon職場のお話会でボランティアの方が読んでくれた1冊。『かっぱのめだま』(さねとうあきら文 井上洋介絵 理論…

  • 図書館員が自分の子にえらんだ本 その1

    公共図書館児童書担当が自分の子どもに渡した本と言ったら大げさだけど、本って欲しいままに買ったり与えるときりがないので、クリスマスとスイミングの進級テストにうか…

  • 新しいもの古いもの 大人のものこどものもの

    ねえさんといもうと1,404円Amazon『ねえさんといもうと』(あすなろ書房)酒井駒子さんの絵は美しくこどもの仕草を描くけど、なんとなく影があって、そこが大…

  • 寒くなると...

    12月あたりから、機会があったら読みたいと思ってるんだけど、毎年タイミングを外して読めない本。今年ももう暖かくなってしまったので、季節ハズレの感があるので、こ…

  • 百聞は一見しかずというけれど

    今朝のこども(3年生)のクラスで読んだ本。『くらやみのゾウ』ペルシャの昔話で、村のお金持ちがインドから取り寄せた珍しい生き物はなんだ?と村人がこぞってまっくら…

  • 100点の本

    昨年読んで、これはいい!と思った本がこちら。ジュリアが糸をつむいだ日 (児童書)1,728円Amazon作者はニューベリー賞作家のリンダ・スー・パーク。モギ―…

  • 三太郎考 2 金太郎

    金太郎は、桃太郎、浦島太郎とはちょっと異質な存在なので、三太郎とまとめるには違和感がある。そのせいか、絵本も少ないんだけど、時々リクエストがあって、そのせいか…

  • おしゃれブタ

    『なにをたべてきたの?』(岸田衿子文 長野博一絵)なにをたべてきたの?1,404円Amazon子どもの病院で待ち時間中に読んだもの。定番本の1冊だけど、きちん…

  • 伝統の分断

    今週気になった新刊がこちら。『スイレンの花のように』スイレンの花のように 平和をつなぐカンボジアの踊り子1,944円Amazon戦後のカンボジアの少女が、踊り…

  • 雪と言ったら

    せっかく雪の準備をして出勤したのに、積もらず残念。新刊ではないけれど、雪と言えばこの本。おかしなゆき ふしぎなこおり (ふしぎいっぱい写真絵本)1,296円A…

  • 三太郎考 1 ももたろう

    auのCMのおかげで、一躍アイドル的になった三太郎。おかげで仕事でももたろうや浦島たろうを読むと、「三太郎だ!」「もも(うら)ちゃんだ!」という歓声が上がり、…

カテゴリー一覧
商用