searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

とととさんのプロフィール

住所
宮城県
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
今を生きる
ブログURL
https://www.donagaojisan.com
ブログ紹介文
宮城県、志津川町、南三陸町、石巻市、野球、少年野球、女子野球、ありふれた今を、思いのままに
更新頻度(1年)

278回 / 365日(平均5.3回/週)

ブログ村参加:2018/12/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、とととさんの読者になりませんか?

ハンドル名
とととさん
ブログタイトル
今を生きる
更新頻度
278回 / 365日(平均5.3回/週)
読者になる
今を生きる

とととさんの新着記事

1件〜30件

  • A•RA•SHI

    こんばんは 今回も 写真で振り返る 私の ひとりごと A•RA•SHI編 あっという間の 新人大会 試練ばかりの 次の世代 Take it so so Take it so so Take it Take it so so Take it so now はじけりゃ Yea! 素直に Good! だからちょっと 重いのは Boo! That's all right! それでも 時代を極める そうさボクらは Super Boy! We are "COOL" やな事あっても どっかでカッコつける やるだけ やるけどいいでしょ? 夢だけ 持ったっていいでしょ? You are my SOUL! SOU…

  • あと数回

    こんばんは 本日は 平日練習 ホームグラウンドにて ある日の ナイスショットと共に 3年生 最後の 大会まで 平日練習も あと数回 リトルシニア 最大目標である 大会まで 全体練習も あと数回 思いも よらなかった 再開 それは もしかしたら 火に 油を注いだ 再開 3年生が いなければ ここまで 熱くはなれなかったし ここまで 焦ることもありません...苦笑 あと数回が もっと もっと 続きますように

  • 先輩お待ちしています

    こんにちは 8月2日は 通常練習 ホームグラウンドにて いつかの ナイスショットと共に 2019 団員ゼロからの 再出発 チームの歴史や 伝統は 途絶えかけ グラウンド整備や ウォーミングアップ 準備や 片付けなど すべてが ゼロから スタートした 紺青ストーリー ひとり 練習を 繰り返した Come Fly 先輩と 高校受験を控えた 先輩 高校生の 先輩 大学・専門学生の 先輩 社会人の 先輩 皆さんに 支えられ 助けられ 今 こうして 野球が できています これまでも たくさんの 先輩に お越し 頂きました たくさんの 先輩に 気にかけて 頂きました 今そう たくさんの 先輩が 顔を 出し…

  • 学童新人大会...2

    こんばんは 本日は 学童新人野球 石巻ブロック大会 2日目 桃生球場にて 梅雨明け 間近 天候に 恵まれた 新人大会 今日も 元気に グラウンドを 駆け回りました もっと出来ると 思っていたかな もっと出来ないと 思っていたかな いっぱい 失敗して いっぱい 経験して 何度でも 立ち上がろう 君たちは まだまだ これから

  • 学童新人大会

    こんばんは 本日は 学童新人野球 石巻ブロック大会 桃生球場にて 今年は 例年にも増して あっという間に 新人大会が やって来ました あの頃 まだまだ 小さかった 紅黒キッズが こうして 大きな グラウンドを 駆け回ります あの日から 辛く 悔しい 試合 ばかりだった 次の世代 今日は そんな 子供たちの 発表会 寄り添い 支えてくれる 指導者に皆さん 親の会の皆さん 6年生に 感謝しよう 大会は続きます

  • その先に

    こんばんは 本日は 平日練習 校庭にて さて 少年野球を 越え 中学野球を 越えた あの頃の 卒団生たちが 姿を 見せた日 本当に 嬉しいですね 本当に 懐かしいですね 2017 紅黒軍団 この代は 色々と 変革の年 チームを思い 子供たちを想う ありがたい贈り物 歴代の 皆さんには いくら 嫌われても 恨まれても 感謝の気持ちを 忘れませんし 感謝していることに 変わりはありません ユニホームも 新調しました プロ野球 名球会の 皆さんにも お越し 頂きました 石巻川開き祭りにも 参加しました そして 久しぶりに 長男くんも グラウンドに 帰って来ました あと一歩 あとひとつ なんだか いじ…

  • いよいよ

    こんばんは 今回も 写真で振り返る 私の ひとりごと いよいよ編 まさか 2020 初陣が 新人大会に なるなんて 思いもしなかった シーズン 年々 減っていく チーム数 それは すなわち 年々 減っていく 野球人口 輪をかけた 新型 コロナウィルスによる 活動制限 行動制限 新しい生活様式 なんだか 上手くは いきませんが いよいよ 大会も 迫って来ました 君たちの 輝きが 次の世代へと 繋がっていく ARASHIを 巻き起こせ

  • 奥のおく

    こんばんは 7月28日は 平日練習 SKパークにて 今回も ナイスショットと 共に 雨 雨 雨で 思うように 練習できない日は 座学を 少々 野球って 考えれば 考えるほど 知れば 知るほど 奥深い スポーツなんですよ 奥の 奥を知って 幅が 広がって 野球が 難しくなって 悩み 考え でも 最後は 凄く シンプル だったりして... だから 野球は やめられない

  • おめでとう

    こんばんは 本日は 我が家の アニバーサリー そんなことって あるの という位 偶然が 重なって 実は 偶然は 必然で 全てが 繋がって 今が あります って 出会いや 恋愛のことではなくて このピザが 我が家に 届くまでの 珍道中の お話しですよ...苦笑 人の話しは ちゃんと 聞かないといけないし しっかり 確認しなければいけませんね 私の 悪い癖です 何はともあれ 誕生日おめでとう ありがとう 色々と お騒がせしました...苦笑

  • オープン戦...8

    こんにちは 7月26日は オープン戦 ホームグラウンドにて 7月 最後の試合 学校も ままならず 練習も ままならず 大会すら ままならないまま 近付くばかりの 3年生 最後の大会 そんな 大変な時期に こうして 対戦頂いた 皆さんに 感謝しています 本当に ありがとうございました チームは 今 変化を求め 窮屈に なっています 自分勝手で わがままな 私の 壁を越え 大きく 羽ばたいて欲しい 可能性は無限大

  • 新人オープン戦...1

    こんばんは 本日は 新人 オープン戦 市内にて あっという間に やってくる 次の世代 少年野球の 一年は 本当に 早いですね あの頃の 子供たちが 今日も 元気に グラウンドを 駆け回ります 不安になれば なるほど 楽しみは 増すばかり 気になれば なるほど 思い入れは 強くなるばかり 上手く いくことなんて そう 多くはなくて どちらかというと いつも 失敗ばかり もがいて あがいて 悩んで へこんで それでも また 諦めることなく 投げ出すことなく 練習を するんです 試合を するんです 野球が 好きな 君たちが 私たちは 大好きです

  • とまどい

    こんばんは 今回も 写真で振り返る 私の ひとりごと とまどい編 思春期を 迎え 良くも 悪くも とまどう頃 同じ風に 吹かれて 翼を広げた 戸惑い 学んで 汗を流して いつも何かに 傷つきながら 悩んで 迷って 決めた心に 出した答えに しばし背を向けて & Your way 今年も 不意に想い出す 仲間の 笑い声を 今はもう 聞こえない 波の音よ 戸惑い 学んで 汗を流して 僕は こうして 生きてゆくだろう 悩んで 迷って 決めた心に 出した答えに 深く頷いて 紺青女子は 戸惑う ことなく Babyに 夢中

  • 忘れちゃいけない

    こんばんは 今回も 写真で振り返る 私の ひとりごと 忘れちゃいけない編 負けることも 多ければ 大敗することも 少なくない 紺青ストーリー だからといって 責める つもりもないし 諦める つもりもないし だからといって 納得する つもりもないし 認める つもりもないし 2020 SOREdeIINOKA 求めているものは もっと 高いし もっと 単純だし 悔しい その 気持ちは 忘れちゃいけない 今までも これからも その 事実を 忘れちゃいけない

  • オープン戦...7

    こんばんは 本日は オープン戦 ホームグラウンドにて ちょっと 内気で ちょっと 弱気な 紺青ストーリー 君たちを 見ていると 毎度 胸が ズキズキ 鼓動が ドクドク してしまうのは なんだろう 見ることも 知ることも 寄り添うことも 出来なかった あの頃の 長男くんたちを 君たちに 重ねて しまうからでしょうか こんな感じで 野球を 思春期を 中学生活を 越えていったのかな 長男くんたちも 私は 偽善者で 自己中で どうしようもない 親です あっ それは皆 知ってますね...苦笑

  • 次の世代も

    こんばんは 今回も 写真で振り返る 私の ひとりごと 次の世代も編 2020 紅黒軍団 次の世代も 元気に 活動です 薄々 気付いていると 思いますが なかなか どうして 野球少女たちが 集った 次の世代 目標も 定まりました あとはもう グラウンドを 駆け回るのみ 自分を信じて 仲間を信じて 前だけ向いて 突き進もう 次の世代も その 次の世代も 楽しみは 増すばかり

  • はじまったばかり

    こんばんは 今回も 写真で振り返る 私の ひとりごと はじまったばかり編 気がつけば 梅雨 あっという間の 夏 例年とは まるで違う シーズン 思いもしなかった シーズン どれだけ 短い シーズンでも どれだけ 長い シーズンでも 結局 最後は どれだけ 楽しめるか どうか 支えてくれる お父さん お母さん おじいさん おばあさん 先生や 指導者の皆さんに 感謝して 少年野球を 駆け抜けよう 君たちは まだまだ はじまったばかり

  • オープン戦...6

    こんばんは 本日は オープン戦 富谷市にて 動き出しては 立ち止まり 動き出そうとしては 立ち止められる 2020シーズン よく 考えると ずっと そんな 道のりで これからも そんな 遠回りのような 紺青ストーリー 雨降って 地固まる そう うまくはいかなくて 雨降って 全て流れる そう 都合よくはいかなくて 今までも これからも 簡単には いかないよ って話し 地 固まる日まで 皆さん これからも よろしくお願いします

  • 石巻支部交流戦...3

    こんばんは 本日は 石巻支部 交流戦 最終日 聖地 鷹来の森にて 子供たちの為に 少年野球の為に そして 私たち 大人の為に 意を決して 開催して頂いた 4日間に渡る 石巻支部 交流戦 初日は 雨天中止と なったものの 3日間 グラウンドを 思いっきり 駆け回ることが できました SNSでしか 各チームの 活動を 知る由は ありませんが こうして 地域をあげて 少年野球の 背中を 押してくれる 支部は ここだけでは ないでしょうか だからこそ 私たちは もっともっと 野球を 楽しんで 私たちは もっとずっと 感謝しなければ いけません そして ナイスショットの 数々 ナイスゲームの 数々 身勝…

  • 石巻支部交流戦...2

    こんにちは 7月18日は 石巻支部 交流戦 2日目 聖地 鷹来の森にて あいかわずの 空模様の中 紅黒軍団 元気に 活動です いや 紅黒軍団 だけではないですね 石巻地域の 少年野球も 本格的に 動きはじめました こんな ご時世だからこそ こんな 一年だからこそ 勝敗を越え チームを越え 同じ 仲間として 原点に 立ち戻ることが できたなら 野球という スポーツも 変わっていくのかなと 思ったり 願ったり でも 変わらなかったり 変えられなかったり... 私は 勝負の世界には 向いてないんでしょうね 交流戦は 続きます

  • うらめしや

    こんばんは 7月16日は 平日練習 ホームグラウンドにて 雨 雨 雨 なんだか グラウンドコンディション ばかりが 気にかかる 毎日 仕事 整備 整備 仕事 自粛期間 含め グラウンドへ 向かう機会が 増えたのは ここだけの話し いつも 当たり前のように 練習ができて 当たり前のように 集えること 私たちは もっと もっと 張り切って もっと もっと 大切に 野球を しなければいけません 目標も 定まりました っていう 矢先の 雨予報... 本当に 毎度 毎度 うらめしや〜...

  • サーキットの娘

    こんばんは 今回も 写真で振り返る 私の ひとりごと サーキットの娘編 2020 紅黒軍団 今年も グラウンドを 駆け回り 野球を 楽しみます 笑って 笑って 笑って だまって さそって あしらって スマイル スマイル スマイル しびれる あきれる スタイル ねずみ色に 輝く アスファルトが 男たちの 戦いを 待っている 誰より早く 帰って来てね 私の所へ お願い 紅黒の娘 今年も チームを彩ります って 実は どこかに 走って という 歌詞が入っていると 勘違いしていた 私の ひとりごとでした...苦笑

  • はじまりはいつも雨

    こんばんは 今回も 写真で振り返る 私の ひとりごと はじまりはいつも雨編 君に会う日は 不思議なくらい 雨が多くて 水のトンネル くぐるみたいで しあわせになる 活動再開から 雨 雨 雨で 思うような 活動ができない 2020年 それでも こうして 子供たちの 躍動が 子供たちの ナイスショットが 私たちの しあわせです 雨に 濡れているのは 子供たち だけじゃなく 大会運営の皆さん 審判の皆さん 指導者の皆さん 保護者の皆さん そして フォトグラファーの 皆さんです はじまりはいつも雨 星をよけて チーム一丸 感謝の気持ちを 忘れずに 歩んでいこう

  • 石巻支部交流戦

    こんばんは 本日は 石巻支部 交流戦 聖地 鷹来の森にて 待ちに待った 少年野球 待ちに待った 試合 地域を思い 子供たちを想う 支部長の願い 新型コロナウィルス 感染症予防の為 練習、試合を 自粛してきた 子供たちに チームに 少しでも 経験、体験をさせ 良き 思い出になるよう 交流戦を 開催して頂きました 試合をすれば 勝った 負けたも あるでしょう それが 大会だったら それが 惜敗だったら 色々と 小言を 言いたくなったりも するでしょう 石巻支部 チームを越え 勝敗を越え 何年も 何年も 子供たちの為に 少年野球の為に 支えてくれている 役員の 皆さんがいます 素晴らしい 交流戦 あ…

  • 寝ても覚めても

    こんばんは 本日は リトルシニア 再開の日 よもやの 活動自粛 2度目 with コロナウィルス 正直 何が セーフで 何が アウトか どこが ストップで どこが スタートか なんだか よく わからないまま 今が あります 多分 その答えは 誰にもわかりません だから こうして 慎重なほど 臆病に ならざるをえないのを 知っています いくら 活動を 自粛しても いくら 我慢を しいられても 結局 寝ても 覚めても 野球しか 頭に浮かんできません あつ そういえば 丸1日 寝てないや...苦笑 寝てもなければ 覚めてもない 紺青ストーリー また 歩みはじめます

  • 誕生日ありがとう

    こんばんは 本日も 我が家の アニバーサリー 家族が いなければ お祝い することも されることも なかった アニバーサリー 現役 最後の日も 支えられ 励まされ 私たちらしい なんとも 歯痒い ラストゲームと なりました 仕事も 野球も 家庭も 余裕なんか ひとつも なくて 出来ない なりに 高みを 目指していて そのくせ 結果も 出せずに 全て 中途半端な My Way なにより 寝ても 覚めても 仕事 野球 家庭 仕事 野球 家庭 そんな 私を 見守ってくれている 家族に 感謝しています 一人じゃ 到底 辿り 着けなかったし 一人じゃ 到底 乗り越え られなかったし 一人じゃ 絶対 見え…

  • 誕生日おめでとう

    こんばんは 本日は 我が家の アニバーサリー 誰に 似たのか ふざける場面が 多かった おてんば娘 いつかの アニバーサリーは 体調が悪くて 機嫌も悪くて 夜な夜な おんぶして 散歩にいったっけ... 七五三 それこそ 機嫌が悪くて 数日がかりだった 記念撮影 従業員の皆さん その節は お世話になりました...苦笑 子供の成長は 本当に早いですね いつも そっと 寄り添ってくれた お兄ちゃんも 次の ステージへと 旅立ちました あと何回 こうして 一緒に お祝いできるかな 娘ちゃん 誕生日おめでとう

  • 背番号発表

    こんばんは 本日は 背番号 発表の日 新ユニホームも 公式戦も 戦えないまま あっという間の シーズン 勝つとか 負けるとか 強いとか 弱いとか 多いとか 少ないとか もっと 言ってしまえば 敵とか 味方とか そんなのは どうでもよくて ただただ 子供たちの プレーする姿 子供たちの 楽しむ姿が 観たい だけなんですけどね どうか 皆さん 子供たちの為に どうか 皆さん スポーツの為に どうか ひとつ よろしくお願いします 子供たちが 輝かない限り 未来は 輝かない

  • 誰よりも痛いのは

    こんばんは 本日は 支部 春季大会 も 雨天により 順延 ある日の ナイスショットと 共に ケガ 病気 それは チームとしての 痛み 指導者としての 痛み 保護者としての 痛み たら れば それを 言い出したら キリがなくて それでも やっぱり 悔いて しまうのは 痛いのは 誰よりも 本人だから 誰よりも 子供たちだから そして 新型 コロナウィルス 見えない敵との 戦い 見えない敵との 共存 誰のせい だとか 誰が悪い だとか 誰かを 責めることは できないし 誰にも あたれない 誰にも 止められない 誰よりも 痛いのは 子供たちで 誰よりも 悔しいのは 3年生たち 一縷の望み 繋がれたはず…

  • 可能性は無限大

    こんばんは 今回も 写真で振り返る 私の ひとりごと 可能性は無限大編 固定観念や 決めつけ できる できないで ポジションを 固定しない 紺青ストーリー いつ どこで どんな風に 咲くかもわからない 子供たちの ストーリー 全員に 出場の チャンスはあって 全員に ピッチャーの チャンスはあって 全員が 全ての ポジションを 守る チャンスがあって 全員が 全ての 打順を 打つ チャンスがあります 可能性は無限大 もっと もっと いろんな色を 私たちに 見せてください で オレの 目の前で オレの 真似をするんだな お前たちは... カミナリも 無限大に落としましょうか...苦笑

  • 実感

    こんばんは 今回も 写真で振り返る 私の ひとりごと 実感編 まさか こんなことに なるなんて 思いもしなかった 2020年 今 こうして あらためて フォトグラファー 皆さんの ナイスショットを 見るたび はじまったんだなと 実感せずには いられません 正直 折れそうな日も ありました 諦めそうな日も ありました 当たり前が 当たり前じゃない その気持ちを 忘れずに いられるかどうか もしかしたら それは 一生の 課題なのかもしれません そんな日々を 実感した 今 だからこそ 感謝 この言葉を 強く感じて 生きていきます

カテゴリー一覧
商用