searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

レーズンチョコさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
道草は心の糧なり、継続は力なり
ブログURL
https://takima115.muragon.com/
ブログ紹介文
私の描いた絵を紹介します。時には、料理や景色の写真も紹介します。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2018/11/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、レーズンチョコさんの読者になりませんか?

ハンドル名
レーズンチョコさん
ブログタイトル
道草は心の糧なり、継続は力なり
更新頻度
集計中
読者になる
道草は心の糧なり、継続は力なり

レーズンチョコさんの新着記事

1件〜30件

  • 富士山が飛行機から見えました。

    東京行きの飛行機から見た富士山です。 こんなにきれいに映るなんて、、、 いかにも、富士山。 朝陽に美しく輝いています。 TBS、赤坂さかす 道路を仮装して走っている方々がたくさんいました。 夜は、有名タレントが走っていました。 人を撮影できないので、建物だけ。 桜も綺麗でし...

  • 木炭デッサンと浅草の桜

    モデルさんを囲んで、木炭デッサンしています。 1時間程度なので、まだ、描き込めていません。 おおまかに、陰影をとらえたぐらいです。 木炭って高いです。3本で400円。 割りばしを焼いて木炭つくれないかなと思いました。 作り方をご存知の方、教えてください。 浅草は、桜まつりで...

  • 旅のあと 制作過程

    埼玉や神奈川や杉並に住んでいるお友達が作品をみて、感想をくれました。 ありがたいです。 さて、作品のしあがりは、 前回、掲載しましたが、そこに至るまでの苦労の跡、、、 この前に、画面を黒で覆い、白で覆い、黄色で覆い、ピンクをかけて、、、 これを研いだのが、背景になります。 ...

  • 水彩連盟展 初出品 初入選 旅のあとⅡ

    東京の国立新美術館 に4月15日まで、展示されていますので、良かったら、ご覧ください。F80号 指導者の方々に聞いてみたところ、方向性はいいので、いろいろ試してみたらいいとのことでした。 私自身では、コントラストが弱かったかなと思いました。 会場で見ないとわからないこともあ...

  • 入選しました。「旅のあと。」F80

    初出品、初入選しました。この絵は、落選したほうです。F60号 入選した絵は、会場で、ごらんください。F80号 東京の会場なので、ご都合がついた方は、ご覧になってください。 ランドセルを背負った日から、 私たちは、人生の重みを、少しづつ感じながら 旅をしています。 背負ってい...

  • 春です 夢を詰めてでかけよう

    春は出会いと別れの季節です。 大きかったランドセルを背負って、6年、、 肩掛け鞄をかけて、3年間、、、 旅行ケースを持って、新天地へ、、、 私たちは、夢と挫折を鞄につめて、人生を旅しています。 そして、今再び、新しい鞄を持って、新しい明日へ出かけます。 いくつになっても、明...

  • 希望 海辺の朝日は、美しい色に変化する

    海辺の朝日は、ことさら美しい色の変化があります。 光の輝きをどう表現しようかと、筆をとってみても、光にはかないません。 今回は、色のういた砂を使って、 にごらない色を表現してみました。 今日は、肌寒い日ですが、心は温かくしていたいものです。 水彩画、砂絵  SM号 今日もご...

  • 早春譜

    前回、大根の花 で描いたものを日本画風にアレンジしてみました。 前回は水彩画風の描き方でした。 なんとなく、物足りないなと思って、 まず、白い絵の具を全面に塗って、 青い色などで 塗りなおしました。 背景を黒、金で、塗りなおしました。 あなたは、どちらがお好きでしょうか? ...

  • 別府白菊ホテルに行ってきました。

    別府白菊ホテルに行ってきました。 おいしい料理といい景色と温泉にたっぷりつかりました。 別府は、観光地なので、料理人は、一流の人。 とても美味しいです。料理は2人でフルコースで4000円でした。 子供連れて、フランス料理のフルコースも食べ方講座にでたこともあります。 12階...

  • 光の春の海 リアス式海岸

    春になってきました。光の春。 リアス式海岸は、岩を波が洗っていきます。 関アジ関サバで有名な佐賀関は、海がまるで、川のように、早い流れを持っています。 流れに鍛えられた関アジ関サバは、東京へ出荷されます。 佐賀関のお刺身、、、おいしいです。 田舎って海のものも、山のものもあ...

  • 大根の花 黄色と紫

    大根の花をご存知ですか? 黄色い花と紫の花があります。 季節の花を花束にしてみました。 野草に近いので、田舎の里山には、大根の花は、自然に生えていますが、 都会の人は、むしろ、なじみがないかもしれません。 田舎の春もいいですよ、、、 黄色と紫の大根のはな。 黄色は、菜の花な...

  • 爽やかで清楚な美しさ 白い百合

    白い百合は爽やかで、美しい。 背景は、青と深緑の森のイメージです。 おしべは、百合が汚れるので、取ってしまいます。 観察して一気に描きました。 爽やかさをお楽しみください。 ところで、ヤフーオークションというものを初めて 参加してみました。 中古の着物小物ですが、果たして、...

  • 命のバトン 赤ちゃんは社会の宝

    赤ちゃんは、未来への希望です。 赤ちゃんは、社会の宝です。 すべての赤ちゃんの人生が幸せで豊かなものでありますように。 一人の赤ちゃんには、2人の親、4人のおじいちゃんおばあちゃん親。 といって、下っていくと。 1、2、4、8、16、32、64、128、236人、、、、 た...

  • 水仙と野菊の花束  Ⅱ

    花束シリーズをたくさん書いていて、家の中が、花の絵だらけになっています。 F20号 アクリル水彩画 われながら、よく、こんなに、絵を描いたね、、、と思えてきます。 最近、平面化して、絵画的な造形力を高める工夫をしています。 写実から、新しい造形美を求めて、 悩んでいるところ...

  • 桜並木と富士山 雪解け水の美しさ 

    霊峰富士山からの清い雪解け水が小川となって流れます。 その清らかさは、心が洗われるようです。 黄色い菜の花と桜並木が富士山へといざないます。 黄色い菜の花は、春を感じさせる明るい光の花です。 空想画ですが、こんな景色だったら、春を感じるなぁと思って描きました。 空想画、水彩...

  • 琴を弾く乙女

    琴を弾く乙女。 琴は日本の楽器です。 日本の文化は大切に引き継いでいきたいです。 日本画風に砂絵を混ぜて塗ってみました。 F20号。 着物の柔らかい感じがでていると思います。 黄色、オレンジ、赤、青の着物。 袴は青です。 影のない作品に仕上がりました。 演奏会のイメージで空...

  • お雛様を描いてみました

    (1) あかりをつけましょ ぼんぼりに   お花をあげましょ 桃の花   五人ばやしの 笛太鼓   今日はたのしい ひな祭り (2) お内裏様(ダイリサマ)と おひな様   二人ならんで すまし顔   お嫁にいらした ねえさまに   よく似た官女(カンジョ)の 白い顔 ...

  • 杉乃井ホテルの紹介

    別府杉乃井ホテルで結婚式参加のために、前泊しました。 ホテルはすごく広くて、敷地内でバス移動することも。 本館より花館のほうが、近いし便利です。 大分は酒と焼酎がありますが、焼酎の試飲コーナー。 いくらのんでもいいですが、結構、ドが強いです。 味は違うので、試飲してみたらい...

  • 杉乃井ホテルで結婚式参加しました

    杉乃井ホテルで、結婚式に参加しました。宿泊もしました。 夜は、大量の地熱発電によるイルミネーションで、バルーンアートあり、棚湯あり、 サウナからのいい景色、無料のボーリング、メダルゲームなど、盛りだくさんで遊びました。 結婚式は、天空、、感動しました。別府の空、に浮かぶ状態...

  • 朝陽が差し込むリアス式海岸  夜明け

    海に朝日が差しこむ時、対岸の岸や島が赤く、海も赤く燃える、朝焼けを描きました。 空は暗い紫から赤、オレンジ、黄色、白と変わっていきます。 その不思議さ、ダイナミックさ。 F20号 リアス式海岸は海と山がすぐ近くです。 本当に、赤いのです。 これは、空想画でなくて、みたままで...

  • 金運アップに  黄色い水仙の花束はいかがですか?

    砂を混ぜて、マットな仕上がりにしています。 菊や水仙、ストックなど、たくさんの花を青い花瓶に生けてみました。 周りは平面構成にして、平面的に仕上げています。 20号F この絵は、今、描き直していましてさらに平面的になっています。 色をたくさんつかって書く時もありますが、色数...

  • レンガの建物と蘇鉄のある風景

    下地に砂を混ぜて、日本画風なマットな仕上がりを目指して作った絵です。 20号Fです。 花はグラジオラスなど、鮮やかに植えてみました。 色は少し、混色しています。 ソテツという木は、実に毒があるそうですが、毒抜きをして食べたりできるそうです。 飢饉のときの非常食になったそうで...

  • 夜桜幻想 

    夜桜を描きたいと思っていました。 しかし、実際、夜、桜が見えることは、あまりないです。 そこで、空想の夜の桜と桃の花が咲く、山を描いてみました。 山からは、雪解け水が流れて、桜の花びらが舞います。20号F 疲れた人には、夜のほうが落ち着くかもしれません。 ここ数日、東京から...

  • 雪とさざんか 水仙と

    雪がふりました。 すぐ溶けますので、早めに写真撮っておきました。 写真は、大分のかぼす味ポテトチップスと椿の絵(以前紹介しましたが)です。 ポテトチップスは多少すっぱかったですが大分の人はなんでも、かぼすかけて食べる習性があります。 焼き魚、みそ汁、鶏唐揚げ、サラダ。鍋物、...

  • ウエルカムボードを手作りしました。Ⅲ

    空は青く空気が澄んでいます。 桜並木を手をとりあって歩く若い二人。 あの山を越えるには、困難もあるでしょうけど、 二人なら、きっと乗り越えられる。 春爛漫、 黄色い菜の花も二人の豊かな幸せを象徴しています。 ウエルカムボード2作目です。文字バージョンとこれがセットになると ...

  • 桜に城は日本の春の王道Ⅱ お堀に浮かぶ花びら

    桜が舞う水の流れ、水の深さ、美しさ、遠くに、お城。 水は紫から、ブルーのグラデーション。 ゆらぎは、心地よい。 桜は春になると、すごく描きたくなります。 点描で、勢いよく描きました。 水彩画ならではの色彩の美しさをお楽しみください。 まだまだ寒いですが、春はそこまできていま...

  • 桜と城跡 日本の春の王道

    春はまだかな。 桜はまだかな? と思っている方へ。 桜真っ盛りの城址公園の風景画はいかがですか。 最近は桜は3月の卒業式シーズンに咲くもので、4月の入学式に間に合うかどうかという ところです。 桜はピンクの濃淡のタッチを効かせて。 空は青いグラデーション。 城は2点透視図法...

  • 感謝の花束Ⅱ  パステルカラーで幸福感を強調してみました。

    F8号 前回の感謝の花束より、バックの色や花の色に白を混ぜて、 パステルカラーでまとめました。 前回は、よく見て、写実追求でしたが、 こちらは、ちょっとお洒落に、軽やかにまとめてみました。 私は、こちらのほうが、気楽に壁にかけて楽しめます。 額もあわせてみました。 今回は、...

  • 感謝の花束 薔薇とストック

    この花束をもらったとき、花をくれた人に感謝して、忘れないために、絵に残しておきた いと強く思い描きました。 もう、30年前の作品ですが、絵の花は枯れることがありません。20号F 絵画的には、もうちょっとバックが明るくてもいいと思いましたが、 このときの心境は、やっとここまで...

  • 人を想う 心の花は枯れない

    水彩画教室の日に、違う教室のクレイアートの作品発表会を見てきました。 力作ばかり。 今の粘土は、薄く伸びるので、 ラップに粘土を挟んで、のばし、カットして、葉脈をへらでつける。 細い針金をつけて太い針金にまとめる。 色をつけて、乾いたら、つやだしをする。 花でも、色の濃淡を...

カテゴリー一覧
商用