searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ずーかまさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
サラリーマンブロガーのための挫折ゼロブログ
ブログURL
https://zookama.com
ブログ紹介文
ブログを副業として選んだ【自由になりたいサラリーマン】が、月1万の壁を超えるまでの挫折をゼロにするブログ。やってるけど稼げていない人・始めたばかりの人・ゼロからのスタートを切る人、すべてのサラリーマンブロガーの稼げる秘孔をホワタする!!
更新頻度(1年)

159回 / 365日(平均3.0回/週)

ブログ村参加:2018/11/18

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ずーかまさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ずーかまさん
ブログタイトル
サラリーマンブロガーのための挫折ゼロブログ
更新頻度
159回 / 365日(平均3.0回/週)
フォロー
サラリーマンブロガーのための挫折ゼロブログ

ずーかまさんの過去記事

1件〜30件

  • 社畜を社畜たらしめているのは、休日の過ごし方である

    まさかまさか、休日に会社のための活動とかしてないですよね? これは実際に、僕が勤めている会社で起こっていたことなのですが、 休日に無償で活動している社畜たちがいました。 活動内容は、業務のスキルアップだったり、 資格取得の勉強だったり。 その目的が、「社外でも通用する人材となるため」ならいいのですが、 そこはさすがどっぷり社畜。 会社(業界)固有のスキルを磨くために、活動に明け暮れていました。

  • 社畜脳の育て方【一流の社畜を育てる黄金の七手】

    ある日気づいたら一流の社畜となっていた経験を活かし、 自身が社畜になったのは、 「いったいどんなプロセスを経てきたからなのか?」 を振り返ってみました。 こうして生まれたのが、 社畜未満の社員を、社畜に格上げするための「黄金の七手」です。 一流の社畜脳をはぐくむ「黄金の七手」 意見は上に届かないことを思い知らせる 上役には逆らえないことをみずから示す すすんでサービス残業をする 「この会社に入社

  • 社畜とネクタイと私

    社畜にとってネクタイとは、 『首輪』である。 社畜にとってスーツとは、 『拘束着』である。 かつてはスーツやネクタイを、戦闘服のように感じていた。 「これから会社という戦場に向かうぞ!」 という気持ちにさせてくれる、気持ちの切り替えアイテムだった。 でも、いや待てよ。 向かってるんじゃなくて、「向かわされてる」のではないか? 間違いない・・・。 会社という名の戦場に向かわされていたのだ。 戦場で

  • 社畜になったのは自業自得?【99%まわりのせい】

    僕たちは、社畜になるべくして育てられました。 よって、社畜になったのは自業自得ではありません。 バブル時代を謳歌した、大人たちの洗脳 高度経済成長期やバブル時代には、 特別なことをしなくても会社は儲かり儲かって、 どんどん給料が上がっていきました。 そんな当時の大人たちが当たりまえのように信じていたのが、 「終身雇用」です。 実際、会社は儲かっていたので、終身雇用は現実のものとなっていました。

  • 明日から社畜辞めたい…【辞められないたった1つの原因】

    社畜を辞めたいのに辞められない・・・ その原因はとてもシンプル。 あるたった1つのことができていないのが原因だったのです。 社畜を辞めたいのに辞められない原因は、『●●』 Connecting the dots(コネクティング ザ ドッツ) とは、かの有名な故スティーブ・ジョブズが、 米スタンフォード大学卒業式(2005年)のスピーチで言ったフレーズ。 俗に言う、「点は線になる」ってやつです。

  • 社畜の限界をとくと知るがいい【時給いくら?】

    ・純粋に社畜の限界時給を知っておきたい ・上司の給料を知り、自身の伸びしろを悟ってしまった… この記事が気になったあなたは、上記のどちらかでしょう。 いずれにしろ、社畜の限界を知っておくことは良いコトです。 もしその限界があなたにとって受け入れ難い数字だった場合、 手遅れになるまえに行動を取ることができるからです。 というわけでさっそくまいりましょうか。 社畜の限界時給は、ズバリ●●円! 以下の条

  • 【警告】社畜ソンビからは一刻も早く逃げたほうがいいワケ

    これは警告です。 あなたが社畜に変えられてしまうまえに、 社畜ソンビからは全力逃亡してください。 あなたのまわりにもいる?!社畜ゾンビの特徴 リストアップしただけでゲンナリする、社畜ソンビの特徴をどうぞ。 会社に全幅の信頼をおいている 社畜ゾンビが信じるのは、自分自身ではなく、会社。 そのため、上位種の発言・命令はゼッタイです。 たとえそれが、どんなに的外れな発言だったとしても、 社畜ゾンビの脳

  • 仕事は雑でもいい、だけど評価は下げないゲステクニック

    仕事なんて、雑でよくね? 「雑さ」を受け入れたほうが、仕事のストレスも減ります。 とはいえ、雑に仕事して評価を落としてしまうのはもったいない。 そこで本記事では、 できるだけ評価を下げないで仕事を雑にやるテクニックをお伝えします。 仕事は雑でいい あたりまえですが、人間は完璧ではありません。 どれだけミスをしないように心がけていても、大なり小なりミスは発生します。 ときには、体調や気分の変化によ

  • 年収1,000万でも「贅沢できない」と嘆くヤバイサラリーマンたち

    とある記事で、タイトルのような意見があると知りました。 持ち家あり、車2台、1人1台スマホ、ときどき外食。 ・・・これってじゅうぶん贅沢じゃない? たぶんこれが中流階級サラリーマンの生活の基本モデルで、 あとは持ち家(家賃)が高いか安いかの違いしかないとおもう。 うちは妻1人、子1人、年収500万でこのモデルでやり繰りできているよ。 (ただし貯金はない😂) あと500万あったら年収1,000万に

  • サラリーマンの髪型・髪色くらい、自由でよくね?

    「どんな髪型・髪色なら許されるかな?」 「ツーブロックはどのレベルまでOK?パーマはOK?」 オシャレにそこそこ気をつかうサラリーマンの多くは、頭を悩ませます。 目立ちたい気持ちと裏腹に、職場で浮くことをおそれているからです。 ちょっとでも目立とうものなら、「会社はオシャレをする場所じゃない!」と言われてしまいます。 茶髪禁止・長髪禁止・ヒゲ禁止・・・ 学校でも、学校から出ても、ルールでがんじが

  • 嫌なことから逃げたい?別に逃げてもいいっしょ

    嫌なことから逃げるのをためらってはいませんか? 逃げることは悪くありません。 ストレスを溜め込んで精神を病むくらいなら、嫌なことからはどんどん逃げましょう。 逃げるのは悪いと誰が決めた? ところで、逃げるのをためらってしまうのはなぜでしょう? 世間一般に、「嫌なことからは逃げるな!」という考え方があるからです。 「逃げずに立ち向かうことで成長できる」という、もっともらしい理由です。 アニメや映画

  • 楽して稼ぐのは無理じゃない【方法はとってもシンプル】

    楽して稼ぐのはぜったいに無理! そんなことはありえない!許されていいはずがない! 僕もそういう価値観で30年余り生きてきましたが、じつは楽して稼ぐのは無理じゃないことを知りました。 現に、何もしなくても月収3,000万稼いでいる人を何人か知っています。 その人たちは、本当に何もしていません。 ある人は海外へ旅行ざんまい、またある人は筋トレや読書などの自分磨きに、1か月のうちのほとんどの時間を費や

  • 社畜から抜け出したいなんて、簡単に言うもんじゃないよ

    「え?社畜から抜け出したい?」 そんな寝言は、社畜を10年以上まっとうしてから言うもんですよ。 社畜にすらなれないひとがいっぱいいるなかで、ぜいたく言ったら罰が当たります・・・ な〜んてね😉 自身が社畜だと気づくまでに10年以上かかったので、ちょっぴりひがんでみただけです。 社畜から抜け出したい・・・ それってつまりは、自身が社畜だと気づいているということ。 あなたはすでに、社畜から抜け出すため

  • 会社に期待しないだけで、こんなにも心は軽くなる

    「もっと給料あがらないかなぁ・・・」 「頑張ったのに、なんで評価してくれないんだ!」 会社にこのような不満を持ったことは、きっと一度や二度じゃないでしょう。 なぜこういう不満を持つかというと、「少なからず会社に期待しているから」です。 会社が待遇や制度を、自分にとって良くしてくれると願っているからです。 しかし今日からは、そんな期待は捨て去りましょう。 不満もストレスもなくなって、ビックリするく

  • 仕事で褒められない?頑張りどころを間違えなければ案外褒められる

    めちゃくちゃ仕事を頑張ったのに、褒められない! 褒められたいのは、承認欲求を満たしたいからです 「褒められたい・・・」その根源にあるのは、自分の頑張りを誰かに認めてもらいたいという「承認欲求」です。 ところが仕事だと、上司の性格上の理由などによって、この欲求はあまり満たされないことが多いでしょう。 そうなると、家庭で承認欲求を満たそうとします。 「今日も1日頑張ったね!エライね!」と、誰か(特に

  • 仕事を楽しくする必要はない【意識高すぎると損をする】

    仕事を楽しくする必要はありません。 なぜなら、仕事はつまらないものだからです。 いくら頑張っても仕事自体は楽しくなりません。 しかし、「楽しい!」と感じられる瞬間はあります。 その瞬間がどういう場面でおとずれるのか、どうやったら多く感じられるかを突き詰めていきましょう。 仕事を楽しくする必要はない 繰り返しますが、仕事はつまらないものです。 仕事がつまらない原因は、仕事の細分化・標準化がすすんだ

  • 【さきめし】飲食店の経営判断を先送りにしてLOSE-LOSEとなりそう

    さきめしとは、飲食店の食事代を先払いして、新型コロナウィルス収束後に食べに行けるというプロジェクトのことです。 (Gigi株式会社が3月に運営スタート) 一見すると「WIN-WIN」な取り組みに見えますが・・・ 「LOSE-LOSE」になりそうな気がしてなりません🤔 というのも、収束後に食べに行くというのが現実的じゃなさそうだからです。 収束後を「コロナウィルスのワクチン完成後」と定義するならの

  • 仕事に本気になれない【なれなくて当然な3つの外的要因とは?】

    「昔はあんなに仕事に情熱を持ててたのに、いまではまったく仕事に本気になれない・・・」 30代も半ばを過ぎようとしたいま、どこかへ姿を消してしまった仕事への情熱を、ふたたび取り戻そうともがいているところでしょうか? そんなあなたにお伝えしたいのは、仕事に本気になれないのは、あなたに原因があるわけじゃないということ。 この記事では、仕事への情熱を取り戻した(むしろ以前より情熱を持って仕事に取り組んで

  • 仕事が調整ばかりで病む【30代中間管理職はコレで逃げ道確保】

    30代ともなると、プレーヤーとして業務をこなしつつも、業務や部下を管理する側に回り始めているひとも多いでしょう。 そんな30代中間管理職の仕事内容は、社内・社外との調整ばかりです。 ぶっちゃけ、クッソつまんねーっすよね😂 お客さん、上司、部下の機嫌取りばかり。 そんなクソつまんねー調整仕事ですが、残念ながらこれからもずっと続くので、早いうちに逃げ出すことを考えたほうがよさそうです。 こんな調整ば

  • 少なすぎん?【サラリーマンの昇給額】15年働いても報われず

    🤔「いくら昇給したの?」 ☺️「クラスがあがったから、3万くらい昇給したかな。そっちは?」 😱「(少なすぎて、い・・・言えない・・・)」 というように、一度は友人と昇給マウンティング対決をしたことがあるのではないでしょうか? 「僅差で負けて悔しい!」ということもあるでしょうし、僕のように「そもそも対決したことが間違いだった・・・」なんて結果になったひとも、もしかしたらいるのかもしれませんね。 一

  • あなたが仕事に集中できない原因はアレじゃなかった!

    「なんかさいきん、仕事に集中できなくなってきた気がする・・・」 「これってもしや・・・アレのせい!?」 いいえ、そのせいではありません。 原因は別にあります。 ちなみにアレとは「年齢」のことです😇 仕事に集中できない3つの原因 あなたが仕事に集中できない原因は、おもに以下の3つです。 マルチタスクになっている 入社して年数が経ち、できる仕事が増えれば増えるほど、とうぜん受け取る仕事も増えていきま

  • 次世代起業家育成セミナーの加藤さんは信用できる?【事実確認】

    次世代起業家育成セミナーの講師である加藤将太さん。 彼が実在するのか、信用に足る人物かが気になりますか? 答えを知りたいなら、サイバーストーキングが一番でしょう。 とはいえ、そんなめんどうなことをわざわざしたくないとおもいます。 というわけで、代わりにサイバーストーキング(というか事実確認)してみました。 次世代起業家育成セミナー加藤さんの経歴を事実確認 ホームページにも記載されている以下の経歴

  • 【仕事をサボるのは普通】真面目に働くのは意味ないとデータが証明

    そんな風に考える経営者や上司には、まずは「会社の存在意義」を叩き込んでやりましょうか😎 これを忘れて長時間働かせようとするから、逆に生産性が下がってしまうのです。 ストレスで心身を壊してしまうひとが生まれるのも、長時間労働が大きな原因。 日本には「真面目に働くべき」という悪しき風習があります。 それは精神論にすぎず、仕事をサボるのは普通だということを、これからデータで証明していきます。 会社は成

  • 【辞めないの?】コロナ対策されない会社に義理もクソもない

    「窓を全開にして、間隔をあけて座ればだいじょうぶ!😉」 経営者から現場を任されている上司の判断で、いつもどおり会議はスタートしました・・・ 筆者が勤める会社内でのひと幕です。 世界的な感染拡大防止の動きがあるなか、こうした対応遅れはどうして発生してしまうのでしょうか? おなじように、会社の不十分なコロナ対策に不信感を抱くサラリーマンは多いようですね。 コロナ対策への意識の低さ=経営者のリーダーシ

  • いまスグ否定から入るのはやめよう【損しかしない】

    誰かと談や世間話をしているとき、あなたはこのように返していませんか? 否定から入ることは悪ではありません。 しかし基本的に、あなたは損しかしません。 なので、今日からやめる努力をしてみましょう。 人間関係が良くなって、余計なトラブルやイライラを避けられるかもしれませんよ😉 否定から入られたほうはかなり不快 こんな記事を書いといてなんですが、どちらかと言うと、僕も否定から入るタイプです。 ところが

  • コロナ後の日本はどうなる?不安をなくすためのヒント

    「コロナさえ収束すれば…」 「早く収束してくれ…」 感染力が高く、ひとの命を左右する感染症なので、早く収束してほしいものですね。 しかし、そのときが訪れたとき、ふたたび元の生活に戻ることができるでしょうか? 残念ながら、いいえ。特に、製造業におつとめの方は・・・(僕も製造業ですw) この記事では、不安をなくすためにするべき行動、コロナ後の日本を生き抜くためのヒントについてお伝えしています。 とい

  • 【行動できない!】歴は何年ですか?14年以下ならお力になれます

    もし、あなたの「行動できない」歴が 14 年以下なら、きっとこの記事がお役に立てます。 お察しのとおり、14 年というボーダーラインは、僕の行動できない歴からきています。 そんなグズグズ人間の僕でも、ブログという行動(副業)を今日まで 2 年続けてこれました。(単月 5 桁の収益も出せるようになりました😉) そんな僕だからこそ言えます。 行動できないのは、あなたの意志が弱いからではありません。

  • コロナとインフルエンザの死亡者数を比較したら、インフルのがヤバかった!

    連日、新型コロナウィルス(COVID-19)の情報が各種メディアから報道されていますね。 しかし、国民の不安を煽る報道ばかりで、真実が見えづらくなっています。 「じゃあ自分の目で確かめてみよう!👀」ということで、もっとも身近な流行感染症であるインフルエンザとデータを比較してみました。 ※厚生労働省の公表資料を参照して作成しています。 コロナとインフルエンザの死亡者数を比較したら、インフルのがヤバ

  • なぜ、頑張ってるのに報われないのか?【会社に人生を捧げてもムダです】

    😵仕事を一生懸命頑張ってるのに、一向に報われる気配がない。 😵貯金がたまらない、というかためられない。 😵子どもの将来のために、自分たちの生活を犠牲にするしかない。 なぜ、このような『頑張ってるのに報われない』状況に追い詰められてしまうのでしょうか? 本記事では、頑張ってるのに報われない理由を明らかにし、現状を打破するにはどうしたらいいかをお伝えします。 頑張ってるのに報われない理由 頑張ってる

  • 【給付金10万の使い道が明暗を分ける!】消費も貯金もアカン

    新型コロナウィルス(COVID19)対策で、いよいよ給付が開始された 1 人 10 万円の特別給付金。 株式会社クロス・マーケティング社が使い道を調査した結果、 らしいですね。 たしかに、経済を活性化するには、「パンッ」と消費したほうがいいです。 いつまで続くかわからない不況に備えて貯金するというのも、とても賢明な判断です。 しかし、こんな苦しい状況に得られるお金です。 どうせなら、有意義な使い方

カテゴリー一覧
商用