searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

ita2さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
てくてく歩く
ブログURL
https://www.ita2.net/
ブログ紹介文
人生100年時代をむかえ、50歳からの後半戦セミリタイア生活をつづるブログ
更新頻度(1年)

132回 / 365日(平均2.5回/週)

ブログ村参加:2018/11/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ita2さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ita2さん
ブログタイトル
てくてく歩く
更新頻度
132回 / 365日(平均2.5回/週)
読者になる
てくてく歩く

ita2さんの新着記事

1件〜30件

  • 京都 五条御前 中国料理「志成園」

    行きつけのリサーチパークの少し南。 気になっていた街の中華屋さん。 中国料理「志成園」 出前のカブがひっきりなしに出入りする店前は、チャリを止めるのにちょっとだけ気が引けて。 店内では青年会とは名ばかりの初老の御仁の集まりが、2名がけのテーブルを寄せ合って、大声を張り上げながら食事をしています。 そのさらに二つくらい上の声で注文をさばくママさん。昼ピークもつのかしらと心配したりして。 結構品数の多いメニューから、いただいたのは 「ワンタンスープ」 「唐揚げ定食」 「揚げそば」 周りの勢いに押されて、なぜか食べ急いでしまうのが不思議ですが、そのおかげで増幅する満腹感と満足感。 厨房からのマスター…

  • 京都 花見小路 洋菓子 ぎおんさかい

    観光公害対策とやらで、何とも似つかわしくないピクトサインの立札がやたらと増えた花見小路。 場外馬券もあることだし、日曜日くらい歩行者天国にすればいいのにと思うのですが、いろいろと難しい事情があるのでしょう。 洋菓子 ぎおんさかい そんな花見小路も歩くのは久しぶりですが、真新しい洋菓子店を発見。 ツレは早速引き込まれるように店内へ。 間口からは想像しがたい奥行き感は京都ならでは。 2階でお茶もいただけるようです。 テーブルコーディネイトをスクーリングすることもうなずける、HERMESの茶器でいただくコーヒーと「モンブラン」。ツレは「ほうじ茶のケーキ」にご満悦。 帰り際もしばしショーケースに見惚れ…

  • 京都 二条城 夷川餃子 なかじま

    二条城から夷川通りを東へ行くと、小さな公園の前に何やら白い物体が風になびいてゆらりゆらり。 どうやら布か何かで作った餃子の模型のようです。 夷川餃子 なかじま 先週はラストオーダー直後で断られ、あえなく撤退。 今週こそはと滑り込んだのはラストオーダー10分前。進歩があるのやらないのやら。 たまたま当日は周年祭の真っ最中で、席の一部は立ち飲みカウンターになっていました。 ちょっと前なら、いいねぇ〜、一杯やるか〜という感じですが、年初来の家呑み禁酒以降、特別な理由でもなければ呑みたいとも思わなくなりました。 そのうち禁断症状でもでれば、そのときはとびきりの料理をあてに、嗜んでしまいましょう。きっと…

  • 京都 金閣寺 洋食の店 ITADAKI

    金閣寺にほど近い昔ながらの洋食屋さん。 しばらく前に西院に新店舗がオープンした際に寄らせていただきましたが、本店に伺うのは今回が初めてです。 暮に伺ったので、場所がら店前の通りは観光客の往来が多かったのですが、今は流行り病の影響で少なくなっているのでしょうか。 市長選では「観光公害」なんて言葉が飛び交って、ちょっとゾッとしましたが、今度は観光依存の業者が経営難に陥っているとか。 それでも株価だけが異常な高騰を見せていて、どちらの御上も立場なりのさじ加減が難しいようですが、早期の事態収束を願うばかりです。 有事のタナボタで利ザヤをせしめる不届き者にだけはなるまいと、心に誓う50代セミリタイア。 …

  • 京都 長岡天神 SPECIALTY COFFEE Unir

    天神さんを後にして、お目当ての「Unir」さんへ。 SPECIALTY COFFEE Unir 凄腕のバリスタがそろうと、いつかテレビでやっていましたが、さていかに。 日曜日のお茶どきということもあって、あまりアクセスが良いとは言えない立地ながら駐車場はいっぱいで、待合も何組か。 今時な要素たっぷりな設や小洒落た物販品になるほどねとうなずいたり、お値段にちょっとびっくりしながら、待合の時間をやり過ごします。 同じ日に老舗の純喫茶でランチをしたものだから、居住まいという点ではどうしても辛口な評価になってしまいますが、業態なりの客席回転率を考えれば多分これが正解なのでしょう。 レギュラー価格帯は5…

  • 京都 長岡天神 純喫茶「フルール」

    京都で天神さんと言えば「北野天満宮」が正解なのでしょうが、向かったのは「長岡天神」。 その道すがら、腹ごしらえに選んだのは駅裏にある古き良き喫茶店「フルール」さん。 歴史が感じられるたたずまいのわりに、よく手当てされている看板やファサードは、何度かデザインを見直す機会があっただろうに、それでもあえてこれで行こうという意思があったのだろうなぁと、勝手に想像しています。 ショーケースのちょっと古めかしいサンプルも、キレイに手入れされています。 カレンダーでいつ頃のネタかばれますね。 ヨーロッパ調の店内に入ると、やっぱりいました。 元気いっぱいの名物ママさんが、かなり広いホールによく通る声で接客とウ…

  • 京都 三条柳馬場通り johnbull Private labo

    年の暮れ、三条柳馬場にほんとにほんとに隠れ家なカフェを発見。 johnbull Private labo 京都 たまたま立ち寄ったブティックの店内をさらに奥へ進むと、結構広いスペースがひらけて、コーヒーを香らせています。 扱うメニューは少ないものの、クオリティーの高さが感じられて、一人で店をきりもりするお姉さんの凛とした空気がそれを後押ししています。 その日の季節のケーキは「シャインマスカット」 切り口も盛り付けも繊細です。 たいていの隠れ家なお店は存続が危ぶまれますが、ここは隣のホテルの朝食スペースとして提携されているようで、その心配には及ばなそうです。 そんな思いとは裏腹に帰り道の三条通り…

  • 京都 烏丸 都野菜「賀茂」

    京野菜がもりもり食べたくなってしまったとある日曜日。 目指すは烏丸 都野菜「賀茂」 ランチタイムなら900円台のバイキングでお腹いっぱい京野菜がいただけます。満席時は60分制限とありますが、それも結構曖昧で、席予約もできるなんてとっても良心的。 立地のせいか、お一人様もちらほら。 特選肉鍋の「こぼれすき焼き」と「しゃぶしゃぶ」はまたの機会にするとして、とにかく野菜をもりもりいただきます。 「さよならサプリ」のキャッチに促されて、並びなおしては何度かのおかわりをいただきます。 普段八百屋では手を出さない珍しいものもあって、当然鮮度も間違いなし。 バイキングの中で唯一のお肉は多分冷凍の唐揚げで、カ…

  • 京都 丸太町七本松 香港料理「恵明」

    いつものように連れだって丸太町通りを岡崎方面へと向かう日曜日、七本松あたりには似つかわしくない看板とのれんを構えた香港料理店を発見しました。 香港料理「恵明」 早速のれんをくぐると、外観とは違い、いたってシンプルで居住まいの良さそうな店内。 額装された絵画には、何度か訪れた香港を思い起こさせる風景が並びます。 片言の日本語でテキパキとホールを切り盛りするママさんと、黙々と厨房で調理に勤しむマスター。 もうピークも引いた頃なので、丁寧にメニューの説明をしてくれました。 実食 日曜日も用意されるありがたいランチメニューから、いただいたのはたっぷり野菜の「香港風海老入りカレ焼ビーフン」と骨ごとぶつ切…

  • 京都 東山「時忘舎」〜みやびやかなアップルパイ〜

    去年の暮、「餃子フェス」を目指して久しぶりに岡崎「平安神宮」へ。 盛況なフェスはどのブースも気が遠くなるほどの行列で一気にトーンダウン。 気分をかえてお茶でもしようと、「東山駅」から白川沿いの道すがら、気にかかった「時忘舎」さんで一休み。 「時忘舎」 もともと琵琶湖疏水による水車動力の町工場だった建物を改修した「文化サロン」ということで、とてもみやびやかな雰囲気です。 アップルパイ 餃子のことはすっかり忘れて、優雅に「アップルパイ」をいただきました。 それはもう、さくさくですよ〜 帰る頃には日もくれて、さらに味わい深い趣に。 不定期にクラシカルなイベントが催されているようで、是非またお邪魔して…

  • あこがれの古民家暮らし、その習作

    かねてから田舎の古民家暮らしに憧れをいだいてはいたものの、なかなか現実的ではないことも多く。 思いを巡らせては行動を起こす前に心のなかで立ち消えてしまいます。 www.ita2.net www.ita2.net そんな思いにシンクロする動画を見つけてしまいました。 オーナーは顔をふせていますが、まだ30代から40代前半といったところではないでしょうか。 生活のリズムや聞こえてくる音の一つ一つが慎ましやかです。 まだ日は浅いようですが、地元にも受け入れられている様子です。 動画の構成もBGMもよく、自然の光をうまく使っていることで、その生活観が伝わってくる作品です。たぶんクリエイティブなお仕事を…

  • 充電中に放電しまくり 〜セミリタイアに車は必要か?〜

    セミリタイア期間をはたして充電期間と呼ぶのにふさわしいかは、およそ疑問が多い。 いずれなにか打ち込めるようなライフワークを見つけることができれば、それは立派な充電期間と呼べるでしょう。 しかし、日々貯金を切り崩し、日に日に生活の緊張感が薄れ、なにをするにもあの頃のように体力と気力がみなぎるわけでもありません。 とすると、これはもう放電期間なのではないかと思うのです。 そんな放電生活の足かせが、 「車」 です。 セミリタイアをはじめて2年間、走行距離は年間1000キロにも満たず。 気づけば今日で3回目の充電をしています。 2019年の車に関わる年間支出(駐車場、ガソリン、高速料金、自動車保険、自…

  • 秋深し嵐山のうろこ雲?

    アルバムを振り返ってみたところ、 秋も深まった頃に嵐山の空にいい雲がでていたので撮った写真を見つけました。 ちょっと季節外れですが、アップしておきます。 はたしてこれがいわし雲なのか、鯖雲なのか、うろこ雲なのかわかりませんが、 とってもいい雲でした。 じきに風に流されてしまいました。 美しいものは儚い。。。

  • 50代のアンチエイジング

    50代の現実 50代のアンチエイジング 「超濃厚保湿 エイジングケアマスク EX」 You Tubeでマッサージ 家呑み禁酒の相乗効果 近頃写真の中の自分がやけに老け込んだようす。 50代の現実 老眼が進み、髪の毛は細く薄くなり、目の下のクマはふくれ、ほうれい線が目立ち、毛穴は黒ずみ、肌にはシミも多く色素も濃くなったのを実感します。 おまけに重度の吹き出物や腫れ物ができて、これがなかなか治らない。 医者によれば加齢と疲れによるものだとか。 毎週会うツレからも指摘され、たまに会う実家の家族には生活習慣を心配される始末。。。 白髪のケアは続けているものの、お肌の手入れはいたってずぼら。 毎年冬に肌…

  • 家呑み禁酒はじめました

    皆さん、 あけましておめでとうございます。 2020年最初のご報告は家呑みをやめたことです。 かねてから毎日意味もなく義務のように晩酌をすることをやめられないものかと考えていましたが、ようやく踏み切ることができました。 記憶にある限りでは、30歳前後から二十数年間、健康診断の前日以外は毎日欠かさず呑み続けていました。 ただ寝付けないときや、何かを忘れたいときや、やけになったときや、「やっぱりこれだな!」なんて気分のときやら、いろんなことにかこつけて一人で家呑みすることを正当化してきました。 ただ、セミリタイア後の生活では、なんというか、惰性で呑み続けているように感じることが多くなりました。 好…

  • 京都 北山「キャピタル東洋亭本店」〜まるごとトマトサラダ〜

    11月、京都の紅葉もそろそろ見頃を終える頃。 京都観光に味をしめた家族を案内した日の夕食に立ち寄ったのは、言わずと知れた京都洋食の老舗「キャピタル東洋亭本店」です。 百貨店や地下飲食街にいくつか店舗を展開していますが、本店はやはり格が違うようで、いつでもたくさんのお客さんで賑わっています。 おすすめのプリフィクスメニューはボリュームが多すぎるので、その日に本当に食べたいものを単品でいただきます。 お目当ては「まるごとトマトサラダ」 そしてこの日はオムライスな気分。 ド定番の揺るぎない安心感にしたづつみ。。。 www.touyoutei.co.jp

  • 京都散歩 円町GLOBE MOUNTAIN COFFEE

    お盆前にツレが円町に越したので、近頃週末はよく散歩します。 駅周辺には食事処も多いようで、ゆっくり回ってみたいと思います。 ランチは家で済ませ、丸太町通をぶらぶら。 中央図書館が見えたので、中を拝見。日曜日でもそんなに混んだ様子はありません。 普段は右京図書館をよく利用しますが、こちらはなかなか年季が入っています。 退職後は本ばかり読んでいたので、ブログをはじめたのをきっかけに少し読む量を減らしています。 持ち合わせたipadにダウンロードしておいた雑誌をめくっていると、ツレから本を手渡されました。 児童向けの仕事図鑑のような。。。 退職以来あまり口うるさく仕事や将来について触れないのは、ツレ…

  • 2019年投資をざっくり総括

    2019年の投資実績をまとめます。 昨年まではIPO当選ごとにまめにアップしていましたが、プログラミング学習やら就職活動やらで、今年は投資にあまり時間をさくことができませんでした。 それでもコツコツとIPO抽選に参加した結果、当選数はそこそこでした。 IPO当選結果 日本国土開発(1887) 200株(MUFG証券、マネックス証券) Sansan(4443) 100株(みずほ証券) 新日本製薬(4931) 100株(みずほ証券) BASE(4477) 200株(大和証券、みずほ証券) メドレー(4480) 200株(大和証券、みずほ証券) ランサーズ(4484) 100株(大和証券) JMDC…

  • 京都 円町 タイカレーレストラン「Siam」〜タイ旅行演習その2〜

    www.ita2.net というわけで、タイ旅行演習その2です。 辛さに耐性をつけておくことで、お腹をこわすことなく円滑に旅程をこなすことも大事だと、今回はタイカレーにチャレンジしてみます。 前から気にしていた店ですが、タイ旅行の計画がなければ入店に踏み切れなかったであろう、ちょっとあやしげな円町にあるタイカレーレストラン。 「Siam」 基本のメニューはココナツミルクベースのグリーンカレーとレッドカレー、そしてピーナッツバターベースのピーナッツカレーの3種のルーにチキン、ポーク、シーフードからお好みのトッピングをチョイスするというもの。 ほかにも辛さをおさえたブラウンカレー、辛さ増し増しのチ…

  • 京都 西院「創作タイ料理パッタイ」〜タイ旅行演習その1〜

    年末のタイ旅行を提案したツレは辛いものや刺激物が大の苦手。 そういう私も決して得意な方ではなくて。 ということで、タイ料理店を検索して想定演習を行うことに。 はじめに選んだのは「パッタイ」さん。 「創作タイ料理パッタイ」 京都市立病院の脇を北へ少し上がると阪急オアシスの向かいに見えてきます。 まだ新しい店舗は自動扉の調子がいまいちのようで、お客さんが出入りするたびに店員さんがスイッチを入れ直しにでてきます。 それがオペレーションをいちじるしく乱しているようで、店内はちょっとワタワタした様子。 それを横目にゆっくりとメニューを吟味。 さすがに「カオマンガイ」くらいはわかるので、普段はあまりおめに…

  • 京都 四条烏丸「SHAKE SHACK」

    京都に「SHAKE SHACK」がやってきたのは少し前の話。 東京に初上陸したときはずいぶん騒がれていましたが、京都もそろそろ落ち着く頃だろうとのぞいてみることに。 「SHAKE SHACK」 大箱で機能的に分業された店内の印象は、「IKEA」や「COSTCO」のフードコートを思わせます。 京都の四条界隈にはちと馴染まないと感じるのですが、海外からの旅行者も多く、邦人客もこころなしアメリカナイズされた体型の方が多く見えるのはうがっているのでしょうか。 実食 いただいたのは「シャックバーガー」と「カットフライ」 バンズもお肉も申し分なく美味しい。 惜しみない味わいはカロリー度外視。 欧米では太る…

  • 京都 河原町丸太町「アイタルガボン」

    秋をまるごとご無沙汰してしまいましたが、しれっと再開。 「アイタルガボン」 物憂げに並ぶ地蔵は店主がつくるオリジナル地蔵。 どれも一体540円なり。 もうかれこれ何のついでに立ち寄ったか不明ですが、いつ来ても心地よいまったり感で迎えてくれる結構貴重な喫茶店。 美味しいコーヒーと、少し甘いものもいただいて、「松本大洋」の世界にひたる日曜日の昼下り。 蒼井優の「鉄コン筋クリート」のシロの声っていいよなぁ。。。 「アイタルガボン」さんへのアクセス

  • 京都 三条「菓子工房& Sweets Cafe KYOTO KEIZO」

    夏もそろそろ終わりという頃、ちょっと遅い祭りの一行が通る三条通り商店街。 ハッピを着れば子供からお年寄りまで大はしゃぎなのが、いかにも京都の祭りらしい。 商店街の中程に、最近行列が絶えない 「菓子工房& Sweets Cafe KYOTO KEIZO」さん。 「菓子工房& Sweets Cafe KYOTO KEIZO」 京町家は絶妙にカフェスペースとして設えられていて、中庭を挟んだ離れの菓子工房までの空間にうっとりします。 その道40年のベテランパティシエが、出来立てスイーツにこだわっているらしく、どうやら行列のお目当はモンブランのようですが、この日はランチをいただきます。 実食 メニューの…

  • 京都 北野白梅町「カステラ・ド・パウロ」

    www.ita2.net 平野神社を後にして、久しぶりに「カステラ・ド・パウロ」さんへ。 名物の「ナタ」はこの日も売り切れ。 仕方なくウンチクたっぷりのママさんのオススメにまかせます。 実はそれが楽しみだったりします。 シューケースに並んでいるのは定番のメニューに載っていないものばかり。 ママさんの長〜い商品説明がひとしきり続きます。 オススメされていただくカフェメニューはいつも通り感動の美味しさで大満足です。 名前が難しくって、覚えられない。 気になったらママさんにたずねましょう。。。 「カステラ・ド・パウロ」さんへのアクセス castelladopaulo.com

  • 京都 「平野神社」の彼岸花

    早咲きの魁桜(さきがけざくら)が咲き出すと京都のお花見が始まると言われる「平野神社」。 普段は人出も少なく、ひっそりとしています。 西大路通り側から入り、参道へ抜けます。 去年の台風21号による傷跡はまだ痛々しく、拝殿は未だ工事中です。 桜も数十本倒木の被害にあった中、御神木の「楠」は、400年の樹齢とその大きさからは考えられないほど、幹の端々までみなぎっていてます。 御神木の足元には「すえひろがね」があり、こちらでもパワーを授かります。 「櫻池」も水が枯れ、鳥居の色あせもどこか物悲しく。早期の復興を願うばかりです。 おいしい団子屋があったとかなかったとか、ツレの母の記憶をたよりに周囲を散策。…

  • 京都 円町「山﨑麺二郎」〜あっさり味の正統派〜

    行列するお客さんの佇まいを見るだけで、その店のオーラみたいなものを感じることがあります。 訪れたお客さんの真剣さがにじみ出ているというか、たまたま立ち寄るわけじゃないから待つこともいとわない、と背中がかたっているような。 そんな「山﨑麺二郎」さんが、ふとしたタイミングで行列が途切れたその刹那。 たまたま立ち寄っちゃいました。 カウンター9席のみの店内は、無駄な会話は無く、想像通りの心地よい緊張感が漂っています。 笑顔は見せないがもてなしをおこたらず、黙々と作業する店主が一人で回す店の奥には製麺機が。 必要最低限のものしか置かれていないカウンターの中は整頓され、注文ごとにきっちりと使われる計りと…

  • 京都 下鴨神社「糺の森の光の祭り」Art by teamLab-TOKIOインカラミ

    www.teamlab.art 根っから京都人のツレは京都のイベントが大好きです。 それに便乗して連れ回されるのは、なにかと京都に弱い関東出身者にとっては、あながちまんざらでもなく。 しかも今回は猪子さん率いるチームラボのArtが見れるということで、珍しく日曜日の晩にお出かけです。 ライトアップのイベントはいろいろと催されますが、プロジェクションマッピングを用いた「鳥獣戯画」とは、なかなかいいものが見れました。 それにしても随分人が多かった。 TV CMまでしていたから仕方がないのでしょうが、 近頃は商業意図が露骨で、どこも入場料やら拝観料が高すぎる。。。 「糺の森」へのアクセス

  • 京都 神宮丸太町 上海料理「七福家」

    www.ita2.net 8月の終わりに久しぶりに立ち寄った「七福家」さん。 下鴨神社のイベントに向かう前に、ちょっと早めの夕飯をいただきました。 お店のみなさん日本語が堪能なのに、どうしても抜けきれない中国なまり。 それが本格中華を増幅するって、ちょっと反則。 何年振りかの「パイコー麺」と熱々の「海鮮おこげ」 デザートには自家製の「杏仁豆腐」 どれも風味とシズル感がハンパなし。 ママさんの瓶ぞこ眼鏡の福来たれな細目と満面の笑みも、ちょっと反則。。。 「七福家」さんへのアクセス

  • 京都 西小路五条「ラーメン荘ソラ」〜地球規模で考えろ〜

    化野念仏寺の 千灯供養の日に合わせて開催される 「 ATAGO FURUMICHI KAIDOU TOBOSHI」 atago.work ツレと初日の点灯式に行く予定でしたが、当日は台風による大雨で断念。 お出かけ気分が収まらずに食事だけでもというツレの「たこ焼き」のリクエストを振り切って、最近気になっていたラーメン屋へ。 イオンのハナで待ち合わせた金曜日の夜はもう20時を回ろうとしていましたが、店頭には雨の中行列しています。 「ラーメン荘ソラ」 地球規模で考えろとは誰に向けたスローガンなのか、それともひっくるめて店名なのか。 券売機の前で観察していると、店のお兄さんが慣れた口調でご新規様に案…

  • 京都 西大路「若一神社」〜平清盛公ゆかりの御神水〜

    西大路通りを下り、八条通りへ向かうと緑の生い茂った一画があります。 そこは平清盛公ゆかりの「若一神社」(にゃくいちじんじゃ)。 とりわけ目立つ大きな「楠」は、平清盛公お手植えのものということですから、その歴史が伺えます。 ここで開運出世を祈願した清盛公は太政大臣に任ぜられたとあるので、ご利益にあやかりましょう。 さして広くはない境内には「寿命社」「弁財天社」「松尾社」「稲荷社」「祖霊社」が祀られています。 「若一神社供水」は日供祭に供えられてきた御神水で、古くから銘水と知られる地下水。開運出世の水として、今でもたくさんの人が水を汲みにやって来ます。 飲用煮沸の注意書きを横目に、いつものようにペ…

カテゴリー一覧
商用