searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

おとましぐらさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
おすすめ名曲ランキング「音楽鑑賞サブノート」
ブログURL
https://otosab.com/
ブログ紹介文
様々なテーマで選んだ曲をランキング形式にしてご紹介します。洋楽が中心ですが、邦楽も取り上げます。定番や有名曲だけでなく、隠れた名曲などご紹介します。またジャンルはロック・ポップス、ソウル、ブラジル音楽、レゲエ、ジャズなどオールジャンルです。
更新頻度(1年)

93回 / 238日(平均2.7回/週)

ブログ村参加:2018/11/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、おとましぐらさんの読者になりませんか?

ハンドル名
おとましぐらさん
ブログタイトル
おすすめ名曲ランキング「音楽鑑賞サブノート」
更新頻度
93回 / 238日(平均2.7回/週)
読者になる
おすすめ名曲ランキング「音楽鑑賞サブノート」

おとましぐらさんの新着記事

1件〜30件

  • マット・ビアンコ(Matt Bianco)の名曲名盤10選【私的名曲と代表曲を少々】

    今回はマット・ビアンコのランキングを作成しました。熱心なファンの方は代表曲とか人気曲が少ないと思われるかもしれません。本当に好きな曲だけを選でみましたが、ベスト盤の収録曲に負けない曲ばかりと自負しています。その他の選曲ルールとしては、インストとカバー曲は選んでいません。そういう制約でも設けないと選びきれませんからね。問題は良い曲が多すぎるということかもしれません。洗練の極みの数々をご堪能ください。

  • オアシス(Oasis)の名曲名盤12選【代表曲・隠れた名曲】

    今回はオアシスのランキングを作成しました。彼らは最初の2枚が傑作と言われています。確かにその通りなのですが、それ以外のアルバムにも良い曲が少なくありません。今回はオアシス初心者の方だけでなく、その2枚しか知らないという方にも楽しんでいただけるよう選曲しました。特に後期は、以前とは違った魅力を持った曲があります。少しでも多く後期の曲をご紹介したいため、いつもの10選ではなく、12選とさせていただきました。珠玉の名曲をぜひご堪能ください。

  • スタン・ゲッツ(Stan Getz)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

    今回はスタン・ゲッツのランキングを作成しました。言わずと知れたジャズジャイアントですから、良い演奏をご紹介しようとしたらキリがありません。そこで今回は名演ではなく、名曲に焦点を当てて選曲をしてみました。半分はボサノヴァの曲ですが、それ以外でもくつろげる曲を多めにしています。美しい演奏の数々をぜひご堪能ください。

  • ブルース・ロック(Blues Rock)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

    今回はブルース・ロックのランキングを作成しました。ブルース・ロックとは、ブルースからの影響を強く受けたロックのことです。1960年代半ばぐらいからおおよそ10年ぐらいの間が全盛期ですが、現在でも根強い人気のあるジャンルです。今回はレッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)のブルース曲を苦手としているような人を想定して、選曲してみました。なお単独でランキングを組めそうな人は、選外としています。ブルースとロックの良さを兼ね備えた音楽をご堪能ください。

  • ギャングウェイ(Gangway)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

    今回はギャングウェイのランキングを作成しました。このバンドは、初期のアルバムを入手しにくい状態が続いていました。先日再発されたことを受けて、支援ランキングを作成しました。再結成してからも、すばらしいアルバムをリリースしていますしね。このバンドをご存知ない方、名前だけしか知らないという方は、この機会にぜひチェックしてみてください。

  • エミット・ローズ(Emitt Rhodes)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

    今回はエミット・ローズのランキングを作成しました。この人はポール・マッカートニー(Paul McCartney)が好きな人なら、必ず気に入っていただけると思います。ただ一般的な人気やセールスは、天と地ほどの差があります。私は彼が売れなかった原因が分かるような気がします。この人の魅力は中庸なところにあって、突き抜けたところがありません。ただ一方で、この人には道端でひっそりと咲いている花にも通じる魅力があります。派手さはありませんが、ふと立ち止まった時、ひかえめえな魅力に気が付くかもしれません。そんな感じでポップス・マニアたちが大切に聞いてきた人です。まずは1曲目を聞いて、気に入ったら続けて聞いてみてください。

  • スフィアン・スティーヴンス(Sufjan Stevens)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

    今回はスフィアン・スティーヴンスのランキングを作成しました。この人は名曲が多く、曲のバリエーションも豊富なため、人によって選ぶ曲がかなり異なると思います。無難な選曲すら困難かもしれません。そこで今回は開き直って、あくまで私個人の目線で良いと思う曲をおすすめしたいと思います。名前は知っているけれど聞いたことがない方は、この機会にぜひチェックしてみてください。聞かないでいるのは惜しい人です。

  • ブライアン・ウィルソン(Brian Wilson)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

    今回はブライアン・ウィルソンのランキングを作成しました。この人はいわずと知れたビーチボーイズのメンバーですが、ここではソロアルバムからの曲を選んでいます。この人は熱心なファンが多く、若輩者の私など及びもつかない方もたくさんいらっしゃいます。しかし私は1人のファンとして、この人の魅力をご紹介したいと思いました。まだこの人の音楽をよく知らない方は、このランキングでチェックしてから、掘り下げてみていただければと思います。エバーグリーンな名曲の数々をご堪能ください。

  • エンニオ・モリコーネ(Ennio Morricone)の名曲名盤12選【代表曲・隠れた名曲】【ネタバレなし】

    この人の音楽には不思議な魅力があります。それは悲しくないのに、聞いているうちに涙腺が刺激されるということ。ただ音楽を聞いているだけで、自然と自分の人生を重ね合わてしまうような、感情への浸透力があります。映画音楽という枠を超えて、聞き手に訴えかけてくる種類の音楽かもしれません。映画音楽の巨匠、モリコーネの名曲をご堪能ください。

  • ジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

    今回はジェニファー・ロペスのランキングを作成しました。この人の音楽は色々な楽しみ方ができます。たとえば様々なラッパーとの共演とか、サンプリングの大ネタ使いを楽しむのもいいかもしれません。またスペイン語で歌われる曲には、格別な味わいがあります。彼女の多面的な魅力をご堪能ください。

  • エリック・クラプトン(Eric Clapton)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

    今回はエリック・クラプトンのランキングを作成しました。予め申し上げておくと、以下の時代は選外とさせていただきました。ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ(John Mayall&the Bluesbreakers)クリーム(Cream)ブラインド・フェイス(Blind Faith)デレク・アンド・ザ・ドミノス(Derek and the Dominos)純粋にソロ名義のアルバムだけを対象にしています。ただソロ名義以外にも名曲が多いので、それらの曲はいずれ別枠でまとめる予定です。ギターレジェンドの珠玉の歌と演奏をご堪能ください。

  • カウンティング・クロウズ(Counting Crows)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

    今回はカウンティング・クロウズのランキングを作成しました。このバンドはアメリカン・ロックの良心と言いたくなるようなアルバムでデビューしました。しかしその後音楽性が変わっていったため、いま一つ全体像が見えにくいかもしれません。今回は彼らの様々な側面に焦点を当てて、このバンドの魅力をお伝えしたいと思います。特にアダム・デュリッツ(Adam Duritz)の圧倒的な歌唱には大注目です。

  • ソフトロック(Soft Rock)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

    今回はソフトロックのランキングを作成しました。ただし単体で取り上げたい人は、このランキングから除外しています。ソフトロックの定義は人ぞれぞれです。私なりの解釈を申し上げると、ソフトロックとは1960年代半ばから1970年代半ばぐらいまでの、ハーモニーとメロディを重視したポップスのことです。ヘヴィであったりハードな音楽性を排した、比較的ライトな音楽だといえるでしょう。まずは10曲だけご紹介いたします。ただ随時曲を追加して、最終的には50曲か100曲ぐらいになるのではないかと思います。まあサンレイズ(The Sunrays)の「Got No Time for My Baby」のように、おすすめしたくても、動画が見つからない場合もありますが。ではソフトロックの名曲の数々をご堪能ください。

  • J・ガイルズ・バンド(The J. Geils Band)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

    今回はJ・ガイルズ・バンドのランキングを作成しました。このバンドはB級バンドと言われることがあります。たとえば中には「B級ローリング・ストーンズ」みたいな言い方をする人もいます。ただそれは必ずしも悪い意味ではありません。「普段着感覚で楽しめる愛すべき音楽」というようなニューアンスがあることが多いからです。彼らの音楽は、極上のB級グルメみたいなものかもしれません

  • クリフォード・ブラウン(Clifford Brown)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

    今回はクリフォード・ブラウンのランキングを作成しました。これまで取り上げた他のジャズメンについては、ジャズファン以外にも受け入れられやすい曲をご紹介してきました。しかしこの人の場合は、そういう曲はありません。なにせクリフォードが亡くなったのは1956年で、まだロックも誕生して間もない頃です。しかしこの人の演奏には、純度の高いジャズの魅力にあふれています。ハードバップの魅力を存分にご堪能ください。

  • ベニー・シングス(Benny Sings)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

    今回はベニー・シングスのランキングを作成しました。この人は枕詞のように「ポップ・マエストロ」という言い方で呼ばれる人です。確かに質の高いポップスをつくりあげることに関しては、現代最高の1人だと思います。もしこの人を聞いたことがなくて、以下のアーティストが好きであれば、強くおすすめいたします。ニック・デカロ(Nick DeCaro)クリス・モンテス(Chris Montez)マイケル・フランクス(Michael Franks)ギルバート・オサリバン(Gilbert O'Sullivan)キリンジそうそうたる名前ばかりですが、ベニー・シングスはそうした系譜を受け継ぐ才能のあふれるアーティストです。そうした人たちをお好きな方は、聞く価値があると思います。一聴してベニー・シングスと分かる音づくりの魅力も、ぜひ味わってみてください。

  • ジューダス・プリースト(Judas Priest)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

    今回はジューダス・プリーストのランキングを作成しました。このバンドはヘヴィメタルの原点にして最高峰のバンドといえるかもしれません。ロブ・ハルフォード(Rob Halford)のハイトーンボーカル、グレン・ティプトン(Glenn Tipton)とK・K・ダウニング(K. K. Downing)のツインギターなど、どれをとってもメタルそのものです。ちなみに彼らのバンド名を直訳すると「裏切者の司祭」という意味です。いい具合にメタル的で背徳の香りがしますね。彼らはイメージを含めて、メタルバンドとしての純度の高さから「メタル・ゴッド」と呼ばれています。この10曲を聞けば、彼らがなぜそう呼ばれているか、理由が分かっていただけると思います。

  • ドアーズ(The Doors)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

    今回はドアーズのランキングを作成しました。このバンドは初期2枚の評価が高く、他のアルバムは未聴という方も多いかもしれません。そこで今回はこのバンドの多様な側面に焦点を当ててみました。「ハートに火をつけて」だけではない魅力をご堪能ください。

  • ジョルジ・ベン(Jorge Ben)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

    今回はジョルジ・ベンのランキングを作成しました。この人はタジ・マハール(Taj Mahal)」と「マシュ・ケ・ナーダ(Mas Que Nada)」が有名すぎて、それ以外では話題になりにくい人かもしれません。そこで今回は、この人の幅広い魅力を知っていただけるよう選曲してみました。なぜ彼がブラジルの国民的歌手と呼ばれるのか、その理由がお分かりいただけることと思います。ちなみに彼は現在ジョルジ・ベンジョール(Jorge Ben Jor)と改名していますが、その名前で呼んでいる人があまりいないように思います。そこで旧名であるジョルジ・ベンと表記していますので、ご了承ください。

  • ザ・ポリス(The Police)の名曲名盤12選【代表曲・隠れた名曲】【Synchronicity以外】

    今回は「シンクロニシティー(Synchronicity)」を除外して選曲しました。あのアルバムは数曲だけ抜き出すよりも、トータルで聞いた方がいいと思ったからです。それ以外の4枚のアルバムから、選りすぐりの名曲をかき集めましたので、「Synchronicity」に劣らない選曲になったと思います。 しかしこれだけの曲を集めてようやく互角に感じられるとは「Synchronicity」は本当にすごい。怪物アルバムを出す前の名曲の数々をご堪能ください。

  • ゼブラヘッド(Zebrahead)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

    今回はゼブラヘッドのランキングを作成しました。私は彼らの一番の強みは、コンスタントに強力な曲を書けることだと思います。実際、今回の選曲はかなり難航しました。おそらく人によって選ぶ曲がかなり異なると思いますが、あくまで私の目線で選曲してみました。どれもキャッチーな曲ばかりです。ぜひご堪能ください。

  • プリティ・シングス(Pretty Things)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

    今回はプリティ・シングスのランキングを作成しました。2020年5月15日このバンドのボーカル、フィル・メイ(Phil May)が亡くなりました。このバンドは音楽的魅力に比べて、セールス面ではあまり報われませんでした。しかし「S.F. Sorrow」と「Parachute」の2枚は、かなりおすすめです。それ以降も良い曲が沢山あります。「英国ロックの深い森」を感じさせる名曲の数々をご堪能ください。

  • アレサ・フランクリン(Aretha Franklin)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

    今回はアレサ・フランクリンのランキングを作成しました。アレサはソウル・ミュージックに限らず、オールタイム/オールジャンルのシンガーとして、頂点の1人です。しかし一方で、私はいつも紹介される曲が偏っているように感じます。今回の記事は、名前は知っているけれど聞いたことがない、又はよく紹介されている曲しか知らないという人に向けて選曲しました。音楽初心者にアレサ・フランクリンの良さを知ってもらうとしたら、どういう曲を薦めたらいいかというテーマです。そのためじっくり味わう曲というより、聞きやすさや楽曲の良さを重視しています。もしかしたらロックファンとかフリーソウルが好きな人向けといえるかもしれません。希代のシンガーの歌をぜひご堪能ください。

  • ノイ!(NEU!)の名曲名盤10選【代表曲・ポップな曲限定】

    今回はノイ!のランキングを作成しました。このバンドはジャーマン・プログレやクラウト・ロックと分類されることが多いと思います。本来彼らは実験色が強い音楽をやる人たちですが、一方でとてもポップな一面を兼ね備えています。今回は気軽に彼らの音楽を楽しめるよう、ポップな側面に焦点を当ててみました。無機質なはずなのに人間くさい、彼らのハンマービートをご堪能ください。

  • ロス・ロボス(Los Lobos)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

    今回はロス・ロボスのランキングを作成しました。彼らは「ラ・バンバ(La Bamba)」のヒットで有名ですが、今回はアメリカン・ロック系の曲に限定しましたその為「ラ・バンバ」は取り上げていません。このバンドではミッチェル・フルーム(Mitchell Froom)とチャド・ブレイク(Tchad Blake)のプロデュース作品が有名ですが、それ以前にも数多くの名曲があります。「現代のザ・バンド」とも呼ばれる彼らの魅力をご堪能ください。

  • モット・ザ・フープル(Mott The Hoople)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

    今回はモット・ザ・フープルのランキングを作成しました。このバンドは「グラム・ロック」を象徴するバンドです。グラムとはグラマラスのことなので、グラマラスなロックということになります。グラム・ロックとは、音楽の特徴というよりも、中性的でけばけばしい衣装を身に付けるイメージから名付けられた言葉です。音楽面を指した言葉ではありません。ただ一般的にいえば、この人たちのような派手めのロックンロールが多いように思います。彼らは派手な衣装で派手なロックンロールを演奏しているだけですが、それがやたらとかっこいいです。このバンドはイエロー・モンキーを始めとした日本のバンドにも、多大な影響を与えています。男も女も熱狂させる彼らの魅力を、ぜひご堪能ください。

  • クルセイダーズ(The Crusaders)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

    今回はクルセイダーズのランキングを作成しました。彼らは一般的にフュージョンとして分類されることが多いグループです。一方で積極的にゲストボーカルを招いていて、AORファンにも人気があります。今回はインストとボーカル曲を半々で取り上げました。このバンドの2つの魅力をぜひご堪能ください。

  • ティアーズ・フォー・フィアーズ(Tears for Fears)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

    今回はティアーズ・フォー・フィアーズのランキングを作成しました。彼らのバンド名は、アーサー・ヤノフ(Arthur Janov)という心理学者の精神療法、抑圧された心の傷を叫ぶことで昇華しようという考え方から名付けられています。実際に彼らは叫ぶ代わりに歌うことで、不幸な記憶を乗り越えようとしました。彼らの音楽を聞くことは、癒しのプロセスを追体験することなのかもしれません。辛い状況に置かれた人に、ぜひおすすめしたい音楽です。

  • U2の名曲名盤12選【代表曲・隠れた名曲】

    今回はU2のランキングを作成しました。このバンドはグラミー賞の受賞回数やライブの観客動員数など、数多くの記録を持っています。1980年代以降では、世界一のロックバンドといえるかもしれません。しかし私は、彼らが売れたから今のようになったのではないように思います。彼らなりの理想を追いかけていたら、後から伝説が付いてきたようなところがあります。愚直に理想を追い求めることの大切さを思い出させてくれるバンドです。

カテゴリー一覧
商用