住所
-
出身
-
ハンドル名
電子うさぎさん
ブログタイトル
電子うさぎの記録
ブログURL
https://fakepearl.blog.fc2.com
ブログ紹介文
被虐待サバイバー/ベンゾ断薬成功/猫さん/虐待/C-PTSD
自由文
虐待が人生に及ぼした影響は大きいです。でも、生きててよかったなあ。猫さんと月をこよなく愛してます
更新頻度(1年)

45回 / 106日(平均3.0回/週)

ブログ村参加:2018/11/04

電子うさぎさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/17 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 全参加数
総合ランキング(IN) 39245 36765 36406 33053 33022 36147 40504 949124サイト
INポイント 0 0 0 0 10 10 0 20/週
OUTポイント 0 10 10 30 50 30 50 180/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
メンタルヘルスブログ 1014 876 871 801 800 888 1079 28243サイト
メンヘル 減薬・断薬 3 3 3 3 4 5 5 67サイト
ライフスタイルブログ 2574 2400 2397 2105 2110 2399 2714 65438サイト
海辺の暮らし 8 7 6 4 4 5 9 394サイト
40代の生き方 49 39 41 36 35 39 49 938サイト
今日 02/17 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 30525 30553 27562 25651 26769 28825 31234 949124サイト
INポイント 0 0 0 0 10 10 0 20/週
OUTポイント 0 10 10 30 50 30 50 180/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
メンタルヘルスブログ 944 952 867 798 829 870 965 28243サイト
メンヘル 減薬・断薬 3 3 3 3 3 3 4 67サイト
ライフスタイルブログ 2260 2274 2075 1960 2039 2154 2294 65438サイト
海辺の暮らし 11 10 10 10 10 11 12 394サイト
40代の生き方 35 35 32 29 30 39 42 938サイト
今日 02/17 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 949124サイト
INポイント 0 0 0 0 10 10 0 20/週
OUTポイント 0 10 10 30 50 30 50 180/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
メンタルヘルスブログ 0 0 0 0 0 0 0 28243サイト
メンヘル 減薬・断薬 0 0 0 0 0 0 0 67サイト
ライフスタイルブログ 0 0 0 0 0 0 0 65438サイト
海辺の暮らし 0 0 0 0 0 0 0 394サイト
40代の生き方 0 0 0 0 0 0 0 938サイト

電子うさぎさんのブログ記事

?
  • 映画 「眠らない街 新宿鮫」(邦・1993)

    懐かしい風景を映画の中に見た。今回が初見だったのだけれど、ハードボイルドの匂いが充満する中で、優しさがにじみ出る鮫島が、妙に当時の新宿に「あ、こういう人、居たなあ」という感じで溶け込んでいたのが、良い。ふと思い出したのが、映画「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」。同じように雑然としているのに、同じようにハードボイルドの匂いが充満しているのに、全く違う。同じく、映画「ブラックレイン」も、言わずもがな。アク...

  • + まったく自信がない

    V・ウルフのダロウェイ婦人を読み始めたら面白くて止まらないのですが、いつのまにか寝ているという。それにしても、別居中のアスペ夫が、毎日毎日ネイネチネチネチ、ネガティブな「俺は死んだ方が良いんだ!」とか、「誰にも信じてもらえなくて悲しかった・・・」とか、とにかく、ネガティブな話を話し始めると止まらないので、私は頭がおかしくなりそうでした。実際にオカシクなっていると思う。他のアスペルガーの方を知らない...

  • ・時々フッと心が軽くなる事が多くなってきました

    別居夫(なんか、他の名前を考えてやろう・・・カサンドラの特権だとか、思っちゃう。今、私は別居夫に対して、「仕事」として接しています。だから、事務的で、仕事に必要のない感情は湧いてきませんし、元夫(おっと、もう離婚した気分になってしまっているのがばれたか・・・)ではなく、別居している夫が泣き落としをしても仕事は遂行します。「電子うさぎはああ言ったのに~、メソメソ。僕はちゃんとやったのに~」というのは...

  • ・カサンドラ回復のために「怒」こる

    いくら、アスペやADHDがどのこうのと言っても、面倒を見ている私は、カサンドラ症候群の再発で、ダウン。積もり積もった怒りと、何を言われるか始終ビクビクしていなければならない状況、全てに於いて突っ込みを入れられる、死ぬ死ぬ詐欺16年間、借金、無視、無言、フリーズ、多弁、「自分は地球でいちばん偉い人」な世界の人は嫌いです。って、じゃあ最初から結婚なければ?と聞こえてきそうですが、結婚を決めたのは、何度もこ...

  • 本 「夫がアスペルガーと思ったとき 妻が読む本」(2016/初版)

    自閉症スペクトラムってなに。一言で言ってしまえば、「自分以外の人間を含む動植物には感情・情緒・感覚が無いと思っている人」の事だと思います。アスペルガーでも、発達障害でも、呼称は何でも良いのですが・・・。以前、「夫源病」という言葉がありました。それと、カサンドラ情動剥奪症候群は、非常によく似ています。というか、多分同一のものではないかと思います。この本を読んでいて「なんと日本的で、奥歯に物が挟まった...

  • * EMPTINESS

    ずっと微熱が続いている。ずっともう、ひと月になるだろうか。37℃台の微熱が続いている。私は医者じゃないけれど、これだけ長い間、ストレス(心理的圧迫)に晒され続けたら、体に異常がなくても、脳がオーバーロードしている事はよくある事なのだと思う。クスリでは治らないし、解熱鎮痛剤は多分効かないので服用していない。出来ることと言ったら、ゆっくりする事。とにかく嫌な事をしない事。出来ることで好きな事だけをする事...

  • ・限界

    昨日・・・かな・・・「夫あてに届いた荷物をどうすればいいか?」と数日前から連絡していたのだけれど、音沙汰がなかった。夫の話はコロコロ変わった。「取りに行きます」「何月何日に行きます」「あ、何月何日はダメだった」「やっぱりいらない。廃棄して」(その届いた荷物は、夫が自分が欲しいと言ったもの)「あ、でもあそこに置いておけば?」こういう風に訳分からない間、1時間ほどかかっています。自分が注文したものを、...

  • ・アスペルガーは異星人ではないし、障害でもない。そういう文化の国の人と暮らしてみて分かった事

    野波ツナさんの漫画を数冊買って読んでみて、「あ~そういうことね」と、分かったことがあります。読んだ漫画は、「旦那さんはアスペルガー」シリーズの、「旦那さんはアスペルガー」「旦那さんはアスペルガー・奥さんはカサンドラ」ン旦那さんはアスペルガー・4年目の自立!?」です。もう一冊は「家族のためのアスペルガー症候群とのつきあい方」。まだ未読ですが、夫がアスペルガーと思った時、妻が読む本」副題(誰にもわかっ...

  • ・ああそうだ、私は自由だったんだ

    夫の面倒を見続けた16年間、女中兼奴隷で、夫のサンドバッグにもなっていました。一人で暮らし始めてから、ふと「あれ?私はどこに行っても、何をしていても、何を食べても、何を着ていても、怯えなくて済んでるなあ・・・」と思いました。そうなるまでには、時間がかかりましたけれど。このところ、二人分を一人で生きているという以前の状態から、自分の事をしっかりやれるという状態になって、やる事は沢山なのですが、怖がら...

  • ・二人で写っている写真が一枚も無い

    映画「永い言い訳」を観ていて、ふと気が付いたのですが・・・婚姻届を出した直後から、夫婦と呼ばれる関係になった後、二人で写っている写真が一枚も無い事に気が付きました。今の時代、現在、コンデジを始め、スマホ等のIT機器はかなり普及していると思うのですが・・・ヒト(ソフト)が、ハードを使わないのは何故?と、ふと思いました。夫は、私の目を見て話しません。それは、婚姻届を出してからです。夫は婚姻届を出した途端...

  • 断薬後/ 約弐カ月経過

    ベンゾ断薬から約弐カ月が経過しています。(ちょっと超えちゃったけど)ここの所、身体を動かせるようになってきたのか、知らない間に、家の中がすっきりし始めています。同時に、やはり、長年の疲れがドッと出たのかどうなのか、2週間ほど微熱が続きました。体が元に戻ろうとする速さと、脳機能の回復の速さの歩調がまだ合っていないのかもしれないのですが、寝て・食べて・動くという事をしていると、怠さが取れます。2週間ほ...

  • + 人を煙に巻く どろん

    この間、ひっさしぶりに、精神科という場所に行ってみた。実は、随分長い間、今は別居している夫の雰囲気が良い時に「ちょっと薬貰ってきてよ~」と言っていた。まあ、精神科医は我々二人(夫婦ともいう)に、いいように騙されてた訳なんだけれども・・・ちょっと最近、私が顔を見せるようになって、医者の狼狽えようが面白くて通ってみてもいいかなあと思っている。「ひとを馬鹿にするんじゃない!」と、幼い頃から怒鳴られていた...

  • 映画 「彼女がその名を知らない鳥たち」 (2017・邦)

    阿部サダヲさんが好きで・・・見るからに「かっこいい~、きゃ~」という俳優さんは、なんとなく近づきがたいのですが、人間味を感じるとしたら、自分の持ち味を七変化できる俳優さんです。あ、もちろん、「キャ~!かっこいい~」もしくは、「きゃ~!きれい~!」という俳優さんも好きです。沢尻エリカ様とか。(エリカ様は、今後が楽しみな俳優さんなので、いつ本気を出すのか、いつ本気を出させる監督さんが又現れるか、楽しみ...

  • ・虐待を無かった事にする人の心理的メカニズム

    なぜ、虐待は「無かった事」にされるのか?長年、不思議に思ってきました。お子さんを育てている方(男女問わず)は、虐待の事実を目の当たりにすると、大変なショックを受けるのですね。心理的な防衛反応、もしくは、心理的な防御反応としては正常です。その「大人の都合」によって、虐待は無かった事にされます。それこそが、「虐待を無かった事にする大人の心理的メカニズム」なのではないかと思います。この間、「私は虐待を受...

  • ・男性用社会と夫とアスペルガー

    女子高に行くと、男子用のトイレは職員用トイレ・・・という事がありました。(昔はね)今の日本社会はず~~~っと、男性用に作られてきたのではないか?と思ってしまいますが、それは、150年ほど前までは、そうでもなかった。女性も男性も、なんとな~く上手く共存していた社会が日本にはありました。お武家さんの事は知らないけども。明治維新。聞こえがいいのですが、西洋文化のコピー(模倣)でした。「男子たる者!ど~のこ...

  • ・カサンドラ症候群、再び

    以前、夫と別居していた時、私はやはり、元気になりました。本日は愚痴と弱音です。カサンドラ症候群でしたが、一旦は良くなりました。しかし、夫の「相手の立場に立つ事が絶対的に不可能」という、脳のハードの破損は変化無しでした。相手が単にアスペルガーであっても、私の生気を吸い取られていく。行動・言動がエスカレートしていくのがアスペルガーの特徴かもしれないなあと思います。徐々に良くなっていくDVなんて(すみませ...

  • ・ 喪が明けて

    この一年間、とても長かった。猫さんが居ない事が分からないまま。それでも、一年間生きてみようと思っていました。一年前、今日で喪が明けると、勝手に決めていました。生きるのが本当に苦しかった。幼い子を失った祖母の気持ちが痛いほど分かった一年間でした。祖母は、一生、幼い我が子を探し続けていたように感じます。私は、やっとその気持ちが分かりました。声を掛けてあげられないほどの、どこかピンと張りつめた、そして、...

  • 映画 「嫌われ松子の一生」(2006・邦)

    あ、私、死ぬんだ。ていうか、あ、私、死んでもいいんだ。一人になって、やっと、誰も居なくなって、久々にやっと観る事が出来た(見ている途中ですが)一本です。冒頭の二行は、映画が始まって直ぐに感じた事でした。人の幸せは、クニが決める物じゃあない。他人(ヒト)が決める物でもない。自分の幸せは、自分が感じれば良いんだって思うのです。私は一人になりたかった。死ぬ自由を放棄せざるを得なかった状態から、その自由を...

  • ・夢で逢えたから

    自分の事はどうなっても良いから守りたい命がある・・・そうやって生きてきて、21年間。猫さん、頑張った。立派だった。のんびりしてくれたり、大笑いしてくれたり、大騒ぎしてくれたり、地球と一体になっていたり、心配しあったり、沢山話をして、たくさん遊んで。良い記憶も薄れない。今日は、猫さんを抱っこして、ナデナデして、一緒に遊んだ夢を見た。医者は言う。「恐い夢はみんな見るの。それが普通。普通なんだよっ」そうな...

  • + 言葉を失って、造る事が言葉になった

    最近、造ってない。造れない。言葉が枯れたのと同じ。感覚がマヒしているんじゃなくて、感性と感覚をマヒさせていないと、壊れてしまいそうだから。猫さんが居ないという事が、まだ分からない。猫さんのから魂が自由になって、地球は太陽の周りをそろそろ一周する時期に来たのだけれど。造る事を無理やり押し込めてる。造ってしまったら、自分の感情が言葉として表に出てしまうから。私の言葉は、出来上がった物。幼い頃から「言葉...

  • ・「一人になったら自由もあるけど寂しいよ」と言われて

    私は、これから一人で暮らしていくのですが・・・なんというか「「誰かと一緒にいる」という安定した家庭環境で育っていたら、きっと、それは「自由だけど寂しくなるよ」という気持ちを言う人も居るだろうな~と思ったら、居ました。寂しいという感情は、猫さんの魂が体から離れてから随分長く響いています。それだけ、猫さんと私は一緒にいたのでしょう。安定した関係でした。しかし、カサンドラ症候群になり、一度別居して、そし...

  • ・好き放題な事を書いてみる

    ネットはネガティブな情報も沢山ある。むしろ、ネガティブな情報の方が多いのではないかと思う。(日本語のサイトを見ている場合)ここの所、ちょっとモヤモヤしていたことがあったけれど、ヒト(他人)に何を言われても、自分の目的をもって行動していると結構うまくいくものだなあと思い始めている。例えば、私の場合「海に行く」という事がある。でも、単に「海に行く」というのも目的なのだけれど、「冬の海を見て、ホッとしに...

  • + 時間は止まったまま

    あの時、時間が止まったまま。頭では、時がたっている事は理解できます。理屈も理解できます。理解できない理屈もありますが。科学はどうしてこうも、遅々として進まないのでしょう。「私は、あの時、全てを失って限界を突破して・・・、自分を失ってしまった」なぜ、脳が電気刺激で動くのか?心的外傷で変化した脳の正確な部位を、未だ特定できず、心と魂を失ったまま生きるという事の辛さは、言葉では伝えきれません。クスリで誤...

  • ・精神科では本当の事を言わない方が良い件

    公開しようか迷っているので、「迷っている間は実行しない」という信条の元に生きているので、公開しませんが・・・題名の通り、精神科ではとにかく本当の事を言わない方が二次被害に遭わないと感じています。DV・モラハラから逃げる算段をしていて、うっかり口を滑らせたら・・・「旦那さんはいい旦那さんだ」やら、「これからどうやって生きていくの?」やら、「愚痴でしょ?」やら、散々な目に遭いました。やはり、DV・モラハラ...

  • ・別居を目の前にして「いい子」を演じるモラハラ夫

    小学生の高学年になった時、図書館で本を借りて帰る事が出来るようになりました。昔の話。その時に落語に出会っていなかったら、「どんな苦境に在っても、笑う事は大切。落語は生き抜く為の知恵の宝庫」という事を知らずに、あの時本当に、この世から居なくなっていたか、閉鎖病棟から出たいと思わなかった。好きな噺家さんというのは居るのですが、波瀾万丈でも、戦前生まれの「生き抜くために必死だった時を超えて生き延びた噺家...

  • ・久しぶりの再会

    久しぶりに、話せる人と再会しました。これまでの事で、会えなかった事を伝えました。モラハラ・DVは、身体的暴力ではなければ医者も、どう信じていいか分からないだろうし、弁護士だって、裁判官だって、警察だって「証拠」を元に動く人たちは、私のような一般の庶民の「目の前の人が言っている事を見抜く、信じる、信じられないなら適当に」という事が出来ませんから、なかなかに難しいです。しかし、以前、男性から今で言うモラ...

  • ・ やっぱりモラハラ・DVでした

    ベンゾジアゼピンを断薬したのも、夫のモラハラとDVから逃げる為に「薬が頭に作用していたら上手く動けない」というものがありました。嘘をついても仕方がないので、どの相談機関に相談していても、「それは、れっきとしたDVです」と言われて、自分が悪い所があるのだろうとか、誰もが我慢している事なのだろうと思っていましたが、そうではなかったと・・・今、直ぐには動けませんが、出来る事から始めています。モラハラ・DVをし...

  • + 潮が引くように去っていく

    やっぱりヒトが信用できない。裏で何か言われていて、口裏を合わされて、潮が引くように去っていく人たち。私の生活なんて詰まらないもので、静かにしているだけで、口裏を合わせる人さえいない生活。だから、こちらから関わるのをやめているだけ。死にたいと思った事は無い。とにかく消えたい。「みんな」という人達からの攻撃が無くなるには、消えるしかないのだろうと思う。幸い、20年以上精神科処方薬をちびちびでも服用してい...

  • 映画 「たそがれ清兵衛」(邦・2002)

    心優しく、欲がなく、人の喜びが幸せだと思う。一人でいる時は、私はいつもこんな感じで、穏やかでいられる。清兵衛が幼い娘に言った言葉(正確ではないけれど)「これから時代はどんどん変わる。おなごも学問は必要だ。学問は繕いものみたいに、すぐに役に立つもんじゃあねえが、学問をすると自分の頭で考える事が出来るようになる。自分の頭で考えるようになる事が出来れば、何とか生き延びる事が出来るからな。」私の父は、こん...

  • + 境界例という事

    虐待後後遺症の話になると、やはり、重たい話になってしまいます。私は、C-PTSD(複雑性-心的外傷後ストレス障害)と、境界例(所謂、ボーダーライン・パーソナリティ・ディスオーダー/BPD/境界線人格障害)というものを背負って「生き辛い」と思って生きてきました。なぜ、何も悪い事をしていないのに、これだけの暴力を振るわれてきたのかも分かりませんし、自分でもこれまで、多数の屍を築いてきてしまっていました。友人として...