淡々と・・・
読者になる
住所
出身
ハンドル名
tanさん
ブログタイトル
淡々と・・・
ブログURL
https://tantan10.hatenablog.com/
ブログ紹介文
淡々と過ぎていく日々、心にとまった一コマを写真と短文で綴っています。
自由文
高齢両親と同居する50代女です。
更新頻度(1年)

292回 / 292日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2018/11/03

tanさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 全参加数
総合ランキング(IN) 15,751位 15,797位 14,830位 14,837位 15,739位 15,841位 17,078位 975,299サイト
INポイント 20 10 20 20 20 20 10 120/週
OUTポイント 10 20 30 20 10 10 30 130/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 719位 721位 680位 682位 718位 726位 761位 32,876サイト
ネイチャーフォト 23位 23位 20位 21位 23位 23位 24位 669サイト
その他日記ブログ 252位 257位 233位 231位 259位 259位 280位 27,251サイト
ひとりごと 11位 11位 10位 9位 13位 12位 12位 1,452サイト
今日 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 34,580位 34,808位 34,725位 37,351位 38,970位 37,620位 37,738位 975,299サイト
INポイント 20 10 20 20 20 20 10 120/週
OUTポイント 10 20 30 20 10 10 30 130/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 946位 941位 947位 1,018位 1,076位 1,055位 1,047位 32,876サイト
ネイチャーフォト 22位 22位 21位 23位 23位 22位 20位 669サイト
その他日記ブログ 476位 473位 480位 534位 566位 541位 537位 27,251サイト
ひとりごと 14位 14位 16位 18位 19位 18位 19位 1,452サイト
今日 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,299サイト
INポイント 20 10 20 20 20 20 10 120/週
OUTポイント 10 20 30 20 10 10 30 130/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32,876サイト
ネイチャーフォト 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 669サイト
その他日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,251サイト
ひとりごと 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,452サイト

tanさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、tanさんの読者になりませんか?

ハンドル名
tanさん
ブログタイトル
淡々と・・・
更新頻度
292回 / 292日(平均7.0回/週)
読者になる
淡々と・・・
  • 星影

    秋の夜長に親しむ。 太陽は日に日に寝坊。 地上の花は天へと還る。 星巡りを楽しむ季節の到来。

  • カキ

    青空をバックに甘くなる。 秋の夕焼けを集めた果実。 橙色に熟れていく。 ただ燦々と陽を浴びられる幸福。

  • ヒメツルソバ

    山から駆け下りて来る季節。 ヒマラヤ原産でも霜が降りたら冬眠。 つかの間の陽だまりで。 こんぺいとうの花は開く。

  • 秋空

    羽毛布団を破ったら。 こんな風に飛び散るのだろうか? 遠くにトビの声がする。 散り散りに飛ぶ雲に深呼吸。

  • 流水

    いつもはカラカラの用水路。 激しい水音をたてて清流が出現。 人家に襲いかかる濁流。 諸刃の剣に満ちている恐怖。

  • キウイフルーツ(実)

    4ヵ月前花を咲かせていた。 今は大きな立派な実。 意味なんて求めない。 ただひたすら本分を全うした結果。

  • 一過

    どんなに科学が進歩しようと。 日本中を大暴れ。 寝ぼけまなこで窓を開ければ。 憎らしいほど晴れてる青空。

  • フジバカマ

    決して弱い植物ではない。 それなのに準絶滅危惧種。 涙ながらに訴える少女。 荒れる地球の叫びが聞こえる。

  • キノコ8

    いつだってマイペース。 どこからともなくやってきて。 静かに深く進攻する。 森の奥の穏やかな場所で。

  • ハナミズキ(実)

    風が北西に変わった。 もうここでは日差しも暑くはない。 大人とは「助けて!」と言える人。 紅く熟れた実は鳥たちを待っている。

  • アケビ

    握りこぶしぐらいの紫の実。 昔は子供たちのおやつだったらしい。 今では食べる人も少ない。 翁と媼が懐かしがって昔ばなし。

  • 乱反射

    窓に氷が張ったような雲。 朝日を浴びながら雲は散り散り。 空を磨き上げるのは太陽の仕事。 憎まれ役から感謝される存在に昇格。

  • ガーベラ

    日本の蒸し暑い夏は青菜に塩。 空気が乾いてくると俄然元気。 太陽のように陽気に伸びる。 この存在感にタジタジ。

  • コムラサキシキブ(実)

    夏に咲いたミクロな花。 いつの間にやら仁丹のよう。 赤よりも紫を選んだのはなぜ? 雨に洗われ艶めく知性。

  • 朝露

    帽子を忘れて早朝散歩。 耳が痛いほど空気が冷たい。 いつの間にやら季節は進み。 二十四節気もうすぐ寒露。

  • サンショウ(実)

    鳥の仕業か、勝手に庭で増えている。 春の新芽、初夏は青い実で台所で活躍。 蝶々たちにも大人気。 秋に熟せば七味唐辛子に入ってまた来年。

  • マリーゴールド

    空は高く青くなっていく。 沈みがちな色が多い秋。 メキシコ生まれの元気を分けてもらう。 今日は自分で自分をあやす日。

  • キンモクセイ

    少し前まで硬い蕾。 気温の上昇で弾けるように開花。 少女が無心に花を集める。 遠い記憶を呼び覚ます香り。

  • ミゾソバ

    予報より暑くなり日陰に逃げ込む。 先客は花びらの先だけ薄紅色に染めて。 賑やかに小花を散らしている。 ウシノヒタイという名を隠して。

  • 夜明け

    山かげから太陽が顔を出す瞬間。 朝焼けの空にシリウスが去る。 赤黒く照らされた雲のグラデーション。 期待に満ちる今日という日。

  • ドングリ

    帽子をかぶった若い実たち。 地面に落ちたら旅の始まり。 無事に大樹に育つのはいくつ? 転がり続ける前へ前へ!

  • ケイトウ

    名前の由来は毛糸玉だと勘違いしてた昔。 長じて鶏のトサカのことと知る。 言われてみれば納得だけど。 やっぱり私にとっては毛糸玉。

  • ツリフネソウ

    薄暗い雑木林の縁。 ジメジメとした橋の下。 ひそやかに群れている宝石たち。 地中に眠る命の発露。

  • 白ハギ

    枝垂れた枝からこぼれ咲く。 サラサラ眠気を誘う風。 夏の疲れが出る頃と。 労われ、労ろう秋の身体。

  • スワン

    久しぶりに空に文字。 最初はアルファベットのSのよう。 みるみる水面を滑る白鳥となり。 あっという間に諸行無常。

  • ヒガンバナ

    渋い花が多い秋。 今年はずいぶん遅刻して登場。 めまぐるしく変わる地球の気候。 花の体内時計が狂うのも無理もない。

  • イヌタデ

    アカマンマはお赤飯。 食事作りがマンネリ化。 もう一度ままごと遊びの時の気持ち。 思い出してトライ!

  • ヨメナ

    野菊の仲間は無数。 春から秋まで至る所で花開く。 夏の派手さはないけれど。 日々改善という小さな進化を続ける。

  • 朝焼け

    日に日に気温が下がる。 暑かった日々はもう遠い。 空は刷毛ではいたような雲。 夜と朝の狭間の静寂。

  • アオハダ

    愛らしい赤い実たち。 最近人気のシンボルツリー。 緑と赤のコントラスト。 クリスマスカラーにはまだ早い。

カテゴリー一覧
商用