searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

nagisaさんのプロフィール

住所
中区
出身
小国町

自由文未設定

ブログタイトル
旅と毎日のうろうろ。-3拠点暮らし雑記帳-
ブログURL
http://wholetreatdays.hatenablog.com/
ブログ紹介文
東京京都浜松の多拠点生活中の主婦/旅好き、スパ好き  年の差婚 旅と、暮らしについてつづります
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2018/11/02

参加カテゴリ

旅行ブログ / 夫婦旅行

ライフスタイルブログ / マルチハビテーション

※ランキングに参加していません

読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、nagisaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
nagisaさん
ブログタイトル
旅と毎日のうろうろ。-3拠点暮らし雑記帳-
更新頻度
集計中
読者になる
旅と毎日のうろうろ。-3拠点暮らし雑記帳-

nagisaさんの新着記事

1件〜30件

  • 週末、肉を食べる…meat and meet!

    こんにちは。 今日は13:00から華奢腕ワークショップ配信を予定しています。 インスタアカウント 手島渚 (@kyasyaudekanau) • Instagram photos and videos こちらでライブします〜。 華奢腕のみならず、肩こりや、呼吸の浅い方、眠れない方にもおすすめのワークショップです。 金曜日と土曜日は東京に行きました。 仕事もちょっぴりしつつ… 夫のOB会みたいなものにも参加させていただきました。 皆さんとても面白い方ばかりで刺激を受けました。 六本木の「みやび」というお店で肉を食べまして… こんなたくさんの種類のお肉、見たことない… ミッフィーちゃんで有名なディ…

  • さよなら30代。40代にしたいこと。

    夫、後藤繁雄がプロデュースしている篠山紀信先生の写真展「写真力」がいよいよ鹿児島で開幕しました。 全国32カ所の美術館で巡回し、鹿児島が地方での開催は最後になるようです。 鹿児島のあと、もう一度東京で開催されます。 2012年に熊本現代美術館からはじまって、わたしも夫といっしょに、ずいぶんいろんなところへ行きました。 展示の迫力と写真の美しさや強さを感じていたのはもちろんですが、何回も聞いた先生と夫のトークは、わたしにとってもいろいろと刺激や発見があり、本当に面白かったです。 30代を振り返ると、その前に比べて「移動が多くなった」というライフスタイルのシフトがあるわけですが、国内の旅では主にこ…

  • 二の腕のぷよぷよがなくなる本で、二の腕マイナス4cm!ほんとの話。

    そういえば本を出版しました。笑 このブログではあんまり仕事のことは書かないでおこうと思っているんですが、 まあ、本の出版はなかなか多くはないことなので。 記念に書いておこうと思います。 「二の腕のぷよぷよがなくなる本」(PHP研究所)という本です。 二の腕のぷよぷよがなくなる本 | 手島渚著 | 書籍 | PHP研究所 6冊目の本です。 わたし自身がどうにかして自分の二の腕を細くしたい!と思っていたということと、 施術のお客さまからのニーズがけっこうあって、テクニックはほかにもあるんですが、 とりあえずこれ! というメインの動きがあって、主にそれを紹介しています。 「これでいいの?」っていうく…

  • 旅に出るタイミング

    こんにちは。 最近ブログを書いていると、途中で消してしまったり、消えてしまったりすることが多いです。 山形のブログ完成間近だったのになぁー…書き直します。 さて、今日は京都へ移動し、明日から鹿児島、屋久島へ行きます。 手作りのオランジェット持参。 塚本こなみさんにいただいた無農薬のいよかんの皮でつくりました。 味はおいしいけど見た目がアレすぎて見せられません… この缶のなかに入ってます。 旅に出かけるとき、新月だったり満月だったりすること、ありませんか? わたしはわりと新月満月タイミングに出かけることが多いです。 明日は魚座の新月。 印象的だったのは、2012年の3月の満月。 夫と一緒にはじめ…

  • ふと、頭のなかで彼女の声がする

    山形の雪のなか、浜松で光のなかにいるときも、ふと、彼女の声が聞こえるときがあります。 「なぎさちゃーん」と呼ぶ声 「これでいいかなー」 「そうだよねー」 「でもさー」 「これで合ってる?いいんだよねー?」 ちょっと早口だけど、ふんわりと語尾を伸ばす、かわいい声… その声が、もう聞けないなんて。 信じられない、という気持ちしか今はまだありません。 いつか、電話がかかってくるんじゃないか。 長い質問のメッセージをくれるんじゃないか。 「ハグモミしたよー」と、かわいい家族写真を送ってくれるんじゃないか… わたしと一緒にいるときはふわふわ綿毛のようにかわいらしく、のんびりしてる面も見せてくれていたよう…

  • 台北のおいしいもの/2019年1月

    なんだかんだ、毎年台湾に行っているような気がしますが、台湾に行くのはおいしいものを食べるため?というほど、台湾へ行くとつい「食」に走ってしまいます。 普通のレベルが高いので、その辺の屋台的なお店に入っても美味しく食べられますが、その中でも微妙な差があるので… わたしたち夫婦が、調べたり、発見したお店のことを書いてみようと思います。 今回の台湾滞在は3泊4日でした。 いつも台北は2泊くらいまでのスケジュールで行くことが多い気がするので長いほう。 行く前と行った後に、ノートにメモしてるんですが、今回行きたい!と思ってメモしていたご飯屋さんは… 双連の市場のおかゆ屋さんとスープ屋さん 人和園 雲南料…

  • インターバルから次の旅へ

    2019年2月5日の水瓶座の新月は、新しいビジョンとともにやってきました。 これまで難しいと思っていたことが、なんだか随分容易いと感じられています。 で…妄想か、予感か… その境界は曖昧で、 妄想は叶わないという説もあるらしいのですが、この軽やかな雰囲気で進んで行けばいつか行けるかもしれません。新世界へ。 ところで、わたしは子どものころからファッショとインテリアが好きでしたが、 なぜか大人になってからはその話題を避けるように暮らしていたなあーと思います。 でもそろそろ重い腰をあげて、好きなものを好きと言えるようになりたいと思います。 最近日本で流行っている 、ヴィンテージのもの、古いものも好き…

  • 子どもを産まないという選択、だれかとこころをつなぐことについて

    あと1ヶ月少々で40歳になります。 初潮を迎える時に500個ほどあると言われている卵子の数も、もうどれくらい残っているのかわからない…出産のチャンスはやはり年齢とともに減っていく。 そんな話をある講座の休憩時間に、都先生や、みなさんとしていました。 そのときは「そうなのかーなるほどねー」くらいに聞いていましたが… わたし自身は、ダーリンと一緒に生きると決めたときから、「子どもを産まない」という覚悟をどこかで決めていたように思います。 親子にかかわることをしていると、「子どもいないんですか?」とよく聞かれます。 昔はすこし気にしていましたが、 男性の専門家も多くおられる業界ですし、 「興味や関心…

  • エバー航空で台北へGO

    EVA航空、この綴りだけで、オッ、 と思ってしまうわたしは、エヴァンゲリオンオタではないですが、まあまあ好きな一般人です。 「何号機?」って聞いてしまうあなたは、まあまあのオタクでしょうか。笑 それはさておき。 年に2、3回は海外へ行く生活になったのは、たぶん2012年ごろ、はじめてNYのアーモリーショーへ行ったとき…いまのパスポートの更新をしたときあたりくらいかなぁと思います。 わたしの海外デビューは、24歳のときで、ほぼひとりで北欧と、イタリアへ行った旅でした。 けっこう遅いデビューではないかと思います。 で、海外デビューも遅かったし、こんなに毎年どこかに行くとは想像もしていなかったのです…

  • 天使な撮影現場と、おっさんの天国

    今日、福音館書店でハグモミ関連の撮影をしました。 東京でのタスクを終え、これから新幹線で京都へ向かいます。 今回は10日に東京へ来ましたが、なぜか出版社での取材や打ち合わせがポンポンポポーンと入り、脳疲労やら、反射区やら、リラクゼーションについて話まくっているうちに、 いつのまにか、もう帰らなきゃ!というかんじ… いつもお世話になっている編集者さんたちにも、新年早々お会いできて、ほんとうによかったです。 どの取材も楽しかった♡ 今日の撮影も、もう…大人も子どもも天使すぎて、パステルカラーの雲の中にいるようでした。 詳しいことはまだ何も言えないんですが、 とてもステキな写真が撮れていると思います…

  • 運と願望2019

    いい時も悪い時も、自分の運の状態を感じながら、それに対して「今するべきこと」をするように心がけていると、(まぁ、実際にはできないことも多いのですが) なんとなく、運気の流れが変わったな…ということを感じられるようです。 昨日、エディターの東麻莉さん、フォーチュンセラピストのKOKOri .さんとインターネットラジオ「恋とからだとスピリチュアルと」の収録をしたのですが、麻莉さんが「2019年はどんな年にしたいですかー?」と聞いてくださったので、 「あ!わたしはめっちゃ運いいと思います!」と自分で答えちゃったほど…笑 今年はなんだか運がいいのだ、という予兆を感じています。 あんまり運とは関係ないか…

  • 奈良と京都の旅、2018年から2019年へ

    2019年は、7年ほど通っている伏見稲荷の山中でスタートしました。 たくさんの鳥居をくぐって、どんどん山の中へ入っていきます。 そして… わたしたちが好きな場所はここです。 じゃーん。 石! そして、「薬力大社」のご神水をもらってきました。 この滝が「薬力の滝」です。 おみくじは、吉凶未分末大吉(1番)でした。 ちなみに東大寺でひいたおみくじは大吉(11番)。 いいことありそう!笑 おみくじのせいじゃなく、2019年はきっと充実した年になるだろうという予感がしています。 夫は2つとも大吉でしたが、「大変なことが終わっていいことがある」みたいなことが書いてあり、思わず2人で深くうなずきました。 …

  • 近鉄特急で奈良へ。年末のお決まり

    毎年のお決まりで、30日は奈良へ行き、31日は京都で過ごしています。 まずは法隆寺へ行き、1200年前の空気に浸かり、ならまちの「蔵」というおでん屋さんで乾杯。 わたしたちが奈良へ行きはじめてからずっと、毎年天気は快晴で、冷たく澄んだ空気と光のなかで法隆寺の大仏や、1000年を超えた木造建築などを見て、触ります。 奈良は、京都よりももっと太古の空気がそのまま閉じこめられたような雰囲気があります。 とくに、法隆寺のあたり…「斑鳩」は、畑や民家はありますが、タイムスリップしたような趣を残しています。 なんだか、情報に毒された「気分」がリセットされる…そんな感じです。 写真は後日♡ 今日も天気がいい…

  • 優しく深みのある世界

    昨日思い出したことがあります。 わたしはこの星が好きだ、ということ… 昔、あるボディワーカーが言いました。 何を見ても「くだらない」と思うと。 とても素直な気持ちだし、そう思うということを隠さないその感じがかっこよかったです。 そして、よほど「前の」環境が良かったのだろうと… その人の魂はどこか高次のところからやってきて、この地球の、陰や闇が際立って見えるのでしょう。 わたしはどうかな?もし自分が地球外から来た魂で、前世があったとしたら?と思ったら、「地球ではいい人に恵まれていて、きれいなところだ」と思ったのを覚えています。 わたしの魂は…どこか、恵まれない星や環境から、やってきたのかな? そ…

  • 年末を過ごしに京都へ

    毎年恒例というものは、少しずつできあがり、 なんだかホッとするものですよね。 後藤家も毎年恒例をしに、京都に向かっています。 東海道の南国こと浜松も、今日はキンと冷えていました。 朝焼けがきれい。 岐阜羽島から京都間は雪。 うっすら積もっています。 電車から見る雪、けっこう好きです。 滋賀のあたりは、冬は雪のことが多いですね。 京都も雪かなあ。 今日は京都で子育て支援関係の仕事ですが、それと原稿チェックが終わればいよいよ仕事納め… 1月はありがたいことに年始早々から、雑誌や本の企画で忙しくなりそうです。 毎年恒例、ですが、30日は奈良へ、31日は京都で過ごします。 またブログやインスタなどで、…

  • 東京 中目黒のパン屋さんで

    咳でよく眠れない日がつづいていますが、なぜか肌の調子は絶好調… オイルケアとローションパックの効き具合がいいようです。 昨日も咳こんで寝られなかったけど、5:30に起きて、まんまるのおにぎりを4つ、味噌汁、ゆで卵、りんご、お茶を用意して、ダーリンと仲良く新幹線へ乗車。 天竜川、大井川、富士川を過ぎると現れる、見事に真っ白になった富士山が、キリッとそびえるのを見て、ダーリンが「富士山も宇宙さんだね」とつぶやいていました。 今日はまず中目黒へ。 むかーし、恵比寿、目黒付近をうろついていたころはよく来ましたが、中目黒に来るのはとても久しぶりです。 ちょっとドキドキしながら、目黒銀座うろうろ。 おしゃ…

  • 手帖の引越し

    この時期になるとだんだん来年のスケジュールが入ってきます。 旅好きのわたしは、手帖に旅のスケジュールを書き込むときが、いちばん心踊る瞬間。 九州や台湾、東京、京都と、来年は今年以上に「うろうろ」する年になりそうな予感で、もうすでに1月のスケジュールが埋まりつつありますが… 2019年本番はやはり節分から!ということで、2月上旬からの流れにご期待ください(何を?)笑 さて、ダーリンとお揃いで毎年更新している「京都手帖」2019年版に引越しをしました。 わたしも本を出させていただいた「光村推古書院」から出ています。 毎年2万部売れているそう。 カバーは、竹笹堂さんの木版印刷のデザインです。 おしゃ…

  • 京都の大根炊きへ行ってきます

    練習と実験のための後藤渚の旅と暮らしのブログへようこそ! はじめましての方は About | 後藤手島 渚 こちらにプロフィールあります。 後藤繁雄と渚のアールドヴィーヴルnoteアール・ド・ヴィーヴル03/アントワープにて(ショートトリップの愉しみ)|後藤繁雄と渚のアール・ド・ヴィーヴル|note も更新中です ↑「ピエトウードルフさんの庭への旅」きのう更新しました。 昨日から冬本番という冷え込みで、浜松もいよいよ風が強くなってきました。 今日から数日京都へ行きます。 まずは初参加の、千本釈迦堂の大根炊き(だいこだき)へ。 京都の家の近所です。 歩いて行きます。 そのあと大徳寺の塔頭めぐり。…

  • 花が好きなダーリンと、ダーリンのことが好きな花たち

    「たまちゃん、もうすぐ冬だから、そろそろ枯れてもいいんだよ。 また春になったら芽を出したらいいじゃないか。」 「きゃべつ、葉っぱが綺麗だね〜」 朝起きると、夫が植物に話しかけています。 結婚前は、生活道具も最低限だった我が家も、今では2鉢の「ブラジル」ことガラテア、3鉢の「キャベツ」「魔女」「たまちゃん」というベゴニア、そして「げーたん」と呼んでいるサボテンという、ハイパーかわいい植物がなんと6鉢もあります。 本棚を買うときは、この植物たちを載せられる棚という条件つきで選びました。 当然ですが、数日留守にするときは大騒ぎで、水やりを人に頼まなくてはいけないほどです…。 水やりがきちんとできてな…

  • 原宿GYREのHAYショップへ

    練習と実験のための後藤渚の旅と暮らしのブログへようこそ! はじめましての方は About | 後藤手島 渚 こちらにプロフィールあります。 後藤繁雄と渚のアールドヴィーヴルnoteアール・ド・ヴィーヴル03/アントワープにて(ショートトリップの愉しみ)|後藤繁雄と渚のアール・ド・ヴィーヴル|note も更新中です 表参道ヒルズに住んでいた時、よく向かい側からGYREの地下に続く長ーい行列を眺めていました。 2時間待ちでーす、とかいう声が聞こえてきたことも。 そう、地下にあったハワイアンパンケーキの店に並んでいる列。 地下から始まり、階段へつづいて、地上に出た後は何度か折り返して果てしなく長く、…

  • 新宿パークハイアットの夜景

    練習と実験のための後藤渚の旅と暮らしのブログへようこそ! はじめましての方は About | 後藤手島 渚 こちらにプロフィールあります。 後藤繁雄と渚のアールドヴィーヴルnoteアール・ド・ヴィーヴル03/アントワープにて(ショートトリップの愉しみ)|後藤繁雄と渚のアール・ド・ヴィーヴル|note も更新中です。 久しぶりに髪を切りました。 ヘアサロンには年に多くて2回くらいしか行きませんが、行くと、頭がスッキリ軽くなるので嬉しいです。 ヘアサロンの楽しみといえば、雑誌の流し読み… CASAブルータスを見ていたらこの特集の号で、イートリップの野村友里さんと建築家の田根剛さんの対談のページがあ…

  • 今週のお題「読書の秋」に読みたい本

    今週のお題「読書の秋」 秋だからというわけでもなく、わたしは読書が好きですが、ここ何年かは仕事にまつわる本ばかり読んでいました。 本当はいちばん好きな本のジャンルは小説です。 田舎の暗い子どもだったわたしの心を解放し、遠くへ飛ばせてくれたのは、人の想像力が生み出した架空の「おはなし」の数々でした。 大人になって、大好きな小説を読む余裕なく過ごしていましたが、浜松で暮らすようになってから、小説を読むときの没入感やノスタルジックな気持ちが回顧して、一冊読み始めると、堰を切ったように「読みたい」気持ちが溢れているこの頃です。 旅に出るときになにか本を持っていくことも多いです。 海外に行く時には、読ま…

  • JR東海ツアーズで東京へ。貸切車両で朝ごはん

    おはようございます。 リアルタイムブログです。 いま「こだま」号で東京へ向かっています。 朝焼けがきれいです。 マンションから天竜の山が見えますが、 青く連なる様子がまるで日本画のようです。 掛川のあたりはミルク色の濃霧で幻想的な眺め… 今回ははじめてJR東海ツアーズの宿泊付きプランを予約しました。 新幹線はグリーン車です。 貸切!w まだお弁当も買えない時間なので、 家から、おにぎりと味噌汁とゆで卵、そして 豆乳グルトを持参。ハチミツときな粉入りです。 朝ごはんはほぼ毎日、お米と味噌汁です。 外食のときは、パンが多くなりますけどね。 浜松はお米もおいしくて、昨日たまたまJ様がシラスを届けてく…

  • 渋滞でも京都の紅葉を見に行ってしまう理由を知った日

    「昼なのに光っている星。それはなんでしょう?」 陽光にきらめく赤や黄色を見ていると、そんな「なぞなぞ」を思いつきました。 京都の紅葉はやはり特別です。 京都に家があって、時間の自由がきく、ノマディックライフのアドバンテージを最大限に活かそうと、平日の朝からレンタカーで紅葉を見に行きました。 祇園に住んでいた20年ほど前のこと、今ほどはインバウンドが盛んではなかったにもかかわらず、 「祇園から四条烏丸に車で行くと1時間かかる」(歩いて12〜3分の距離) と言われた、恐るべき京都の紅葉ハイシーズン。 この時期の休日に、バスや車で移動するのは、絶対にダメ。 せっかく京都に住んでいるのに、「紅葉を見に…

  • 京都町家のキッチンの掃除

    今日は京都のWHOLE TREATで「脳疲労にきく手もみ」の講座なのですが、その前に… ハウスクリーン洛南「京都のエアコンクリーニング、ハウスクリーニングのハウスクリーン洛南。京都の掃除はお任せください。」さんに来ていただいて町家のキッチンの大掃除をしています。 わたしたちは知り合い経由でこの町家をお借りしたということもあり、 たぶんそれほどきっちりクリーニングされてない状態で入居しました。 当初からレンジフードやキッチンの壁はうっすら汚れたままだったので、いつかクリーニングしなくちゃと思っていました。 年末のこの機会にスッキリしようと思って! こんな感じで本格的に… 綺麗にしてくれています!…

  • 浜松の「天国」をハシゴした1日

    「もうね、天国みたいな場所なんですよ。この時期を逃したら来年まで見られないし、今日みたいなお天気のときは最高だから」 と、お誘いいただき、 別の場所に出かける予定が、急遽「柿の木天国」へドライブに連れて行っていただけることになりました。 あー、たしかにここは天国だ と思ったのは、 浜松ならではの空の色が…柿のオレンジ色をより一層鮮やかにひきたてていたからです。 昔から日本人が柿の実や、葉っぱを絵に描きたくなったのもなんとなく理解できました。 艶や形といい、色といい、 不思議な魅力があります。 誘ってくださったJさんがはじめてこの柿畑を見たのは夕方だったらしく、残照にますます眩しく赤く映えて、そ…

  • 夫婦でドライブ 浜松のすごいガーデニングスポットとコーヒースタンド

    朝からアンダーワールドを聴き、大盛り上がりのわたしたちです。 昔の曲もいいけど、最新アルバムかっこよすぎてドギモ抜かされました。 ふう。 最近ドライブ中もアンダーワールド聴いてることが多いです。テクノ大好き! そしてうちのダーリン64歳にして、夢はDJとガーデナーらしい… 雲ひとつない秋晴れの日に、そんな夫を連れて行きたかったある場所へ向かいました。 iPhoneで車内DJをするダーリン、「この曲はティルマンス(アーティストのウォルフガング・ティルマンス)がいちばん好きな曲…」とか言いながらニューオーダーをかけたり、 わたしのリクエストの曲を探してくれたりしているうちに、あっという間にあたりは…

  • 狭いキッチンでの作業スペースの確保

    太陽は眩しく照っていますが、風の冷たさに冬が近づく気配を感じます。 今日はキッチンの話。 表参道時代から、我が家での「生活」の優先順位は高くなく、普通なら食器や衣類や生活用品のストックがしまわれているはずのスペースに本や書類が収まっている…そんな状態でした。 少しずつ陣地を広げてはいますが、浜松の家も普通は食器棚を置く壁面に本や写真の入ったフレームが立ててあったりして、 食器の収納場所がほとんどありません。 たぶん冷蔵庫横、ダイニング脇のこことか、 普通は食器棚エリアかなと思います。 とりあえずエレクターに収納ケースを入れて食器入れに。 あまり使わないものは吊り戸棚に。 コンロは3つ口ですが、…

  • 三拠点生活で大変なこと

    「家が3つあります…」 そう話すと、「わー それは大変だ」「うらやましい」など、人それぞれのイメージがあるみたいです。 そして「どの家がメインなの?」「荷物はどうしてるの?」「食べ物は?」「移動は?」など いろいろと質問されます。 群馬に第三の家があったころは、プライベートの荷物がいちばんたくさんあったにもかかわらず、第三の家には月に3日くらいしか居られない、という切ない状況だったのですが、 浜松に引っ越してからは、浜松を拠点にして移動しているようなかんじになりました。 「三箇所移動している」と夫が話すと、大抵は単身赴任状態だと思われるので「で?奥さんはどこに住んでるんですか?」と聞かれて 「…

  • ゆっくりやればうまくいく

    怒濤の10月がすぎ、記憶喪失ぎみで過ごした11月も半ばの朝起きて、「ゆっくりやればいい」と、ふと思いました。 スープを作るのも、掃除も、マッサージも ゆっくりやったほうが おいしく、きれいに、無理なく できるじゃないですか。 ゆっくりやれば、心も落ち着くし、 目も届き、イライラしない… ブログとか、インスタグラムとか、 そういうのも「ゆっくり」やろうーっと思います。 文章もゆっくり書いて、 写真もゆっくり選ぶ。 そうすれば、もっといい発信ができそうだな、と。 そして、わたしも「リラクゼーションのハウトゥ本」を作っている身ですが、 いろいろなカラダの不調も、「ゆっくり」すればだいたい良くなる…と…

カテゴリー一覧
商用