searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

松尾幸典さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
50代で隠居生活 公式ブログ
ブログURL
http://matsuo50.jp
ブログ紹介文
49歳で会社を早期退職しました。以降はせどりで生計を立てる隠居生活を過ごしています。
更新頻度(1年)

81回 / 82日(平均6.9回/週)

ブログ村参加:2018/10/27

本日のランキング(IN)
フォロー

松尾幸典さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 06/23 06/22 06/21 06/20 06/19 06/18 全参加数
総合ランキング(IN) 3,425位 3,473位 3,597位 3,782位 3,919位 4,469位 5,537位 1,023,603サイト
INポイント 30 40 50 50 90 130 230 620/週
OUTポイント 480 540 450 500 570 460 150 3,150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 249位 250位 260位 273位 283位 313位 369位 72,010サイト
50代セミリタイア生活 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 91サイト
※ランキング順位が「圏外」と表示される時は?
今日 06/23 06/22 06/21 06/20 06/19 06/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 3,398位 3,791位 4,245位 4,667位 5,212位 5,577位 5,633位 1,023,603サイト
INポイント 30 40 50 50 90 130 230 620/週
OUTポイント 480 540 450 500 570 460 150 3,150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 332位 362位 395位 418位 475位 492位 489位 72,010サイト
50代セミリタイア生活 3位 3位 3位 3位 4位 4位 5位 91サイト
※ランキング順位が「圏外」と表示される時は?
今日 06/23 06/22 06/21 06/20 06/19 06/18 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,023,603サイト
INポイント 30 40 50 50 90 130 230 620/週
OUTポイント 480 540 450 500 570 460 150 3,150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 72,010サイト
50代セミリタイア生活 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 91サイト
※ランキング順位が「圏外」と表示される時は?

ブログリーダー」を活用して、松尾幸典さんをフォローしませんか?

ハンドル名
松尾幸典さん
ブログタイトル
50代で隠居生活 公式ブログ
更新頻度
81回 / 82日(平均6.9回/週)
フォロー
50代で隠居生活 公式ブログ

松尾幸典さんの注目記事

  • せどりで突き抜ける人の特徴【知識をつなぐ】

    ここでのテーマは、せどりで突き抜ける人の特徴です。 結論というかお伝えしたいことは、自分の中で体系化です。 わたしが、会社員時代、まだ20代の若手の頃、ある先輩社員から言われたことをよく覚えてます。 「松尾くん、知識をつけなさい。知識が一定量を超えると、世の中の物事がすべてつながってみえる。ぼくはその境地にいる」 ええー、ほんとか、と思いました。 今ふうに『鬼滅の刃』でいえば、"透き通る世界"ということかもしれないです。 ↓↓↓ それはそうと、その先輩社員は確かに、1聞くと10返ってきました。 でも、なぜか仕事はできない人で、いつも課長に怒られてました。 そんなときは、いつも「ああ、やってられない」。 でも、そんなところに人間的な魅力もありました。 そして、それを機にわたしのなかにできた概念は、頭が良い人というのは、物事の道理や世の中の力学を良く知っている人ではないかということ。 自分の予想外のことが起こらないのでストレスにならず、それどころか、さらに思考を深める機会にできる人ではないのか、と。 本題です。 せどりで突き抜けるのも体系で理解してる人と思ってます。 わたしの塾生も累計150名を超えました。 わたしのせどりのやり方は、塾内で全公開していてまずは完コピを推奨してますが、良い意味で、そこを"逸脱"できる人が突き抜けます。 それは、自分の中で体系化してる人です。 どうやったらできるかというと、わたしが教えてることの理由を都度、考える習慣をつけること。 そして質問して、"答え合わせ"をすること。 このあたりの積み上げかと見てても、思います。 ということで、ここのテーマでのお話は以上です。 P.S. かのスティーブ・ジョブズの有名な言葉で、"Connecting the dots"(コネクティングドッツ)ってありますね。 詳しくはこちら。 ↓↓↓ ざっくりいえば、経験を重ねたことが、いつか意味を持ったつながりになる、と。 先輩社員が、ほんとに言いたかったのはこれかもしれないです。 ジョブスがスピーチしたのも2005年のこと。 思えばちょうどその時期でした。 それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

  • 95%の人は貯金する余裕がないらしい【消費が変わる】

    ここでのテーマは、95%の人は貯金する余裕がないらしいです。 結論というかお伝えしたいことは、シェア社会の時代へです。 唐突ですが、貯金はしてますか? わたしは貯金というか、投資を毎月、下記の分、やってます。 ・株に10万 ・ビットコインに5万 あとは、普通預金が自然増です。 一方、先日見た、こちらの番組では、昨今のコロナ禍の大不況で、95%の人は貯金する余裕がない、との指摘がありました。 今後は、より一層、日本全体、低消費の生活スタイルに移行する、象徴することとしてシェア社会の時代がやってくる、と。 具体的には、ここ、伸びてるそうですね。 ↓↓↓ 家電のレンタルサービスです。 なかなかの品ぞろえです。 家電せどらー歴5年のわたしが見ても売れ筋商品ばかりを並べてます。 きっと優秀な目利きのバイヤーがいます。 どれもAmazonでよく売れてますので、そのまま仕入れリストにもできる感じがします。 ちなみに、個人的に欲しいのはこちらの商品。 まさか、LOVOTまで抑えてるとは、驚きの品ぞろえです。 このLOVOTは、癒されることに加え、写真を撮って送ってくれる機能もあります。 今後、タイミングをみて1人暮らしの高齢の母親のそばに置こうと考えてます。 話を戻し、先の番組内では「新品を買わなくなった」という指摘もありました。 トレンドは今後、下記の経過を辿り、大きく言えば、所有からシェアへ移り変わっていくとのことです。 ものを買わなくなる社会ではせどりのあり方も変わる気がしますね。 まだ、少し先のことだとは思いますが。 ということで、ここのテーマでのお話は以上です。 P.S. 内容は全く違いますが、これも時代の波ですね。 ↓↓↓ ※動画配信サービス「アメトーークCLUB」が6月24日(木)よりスタート。 わたしはほとんど地上波テレビは見なくなって、最近は、ネットフィリックスやディズニープラスばかり見てます(そんな人、多いのでは)が、そんななか、「アメトーーク」は数少ない毎週見ている地上派の番組。 それだけに、テレビからネットへとシフトする、ひとつのエポックメイキングな出来事という気がします。

  • 50代、この先、生きてて良いことあるのか?【ありますよ】

    ここでのテーマは、50代、この先、生きてて良いことあるのか?です。 結論というかお伝えしたいことは、ありますよ、です。 50代といえば気力・体力のピークを過ぎて久しいです。 この先も、衰える一方。 生きててよいことあるのか? そんなふうに思うこともあるかもです。 でも、世の中には長く生きてきたことが糧になることがあります。 先日、読んだ村上さんの俳句の本(『フルーツポンチ村上健志の俳句修行』)で驚いたことがありました。 それは、俳句やってる人のボリュームゾーンは70代であること。 50代なんて、最若手。"洟垂れ小僧"といえます。 そして、俳句は、人生経験が長い分、深く理解ができる、と思わされました。 自分の人生なんて、別段、他人と代わり映えも無い、 さして自慢できることも無い、 何ていうこともない半生だった、 そう思われるかもしれませんが、でも、50年生きたら誰しもが本を書ける、という言葉もあります。 わたしも存在感の無いキャラで、至って地味な半生でした。 でも、例えば、20代に見たり読んだり映画や本が、50代ではまるで受け止め方が違うことが普通にあります。 それは人生経験のせいであることが間違いないです。 なので、50代、この先、生きててよいことあるのか?については、悲観するものでもない、年齢を重ねるのも悪いばかりではない、 そう思います。 ということで、ここのテーマでのお話は以上です。 P.S. 同じような話で、能を大成させた世阿弥のかの有名な『風姿花伝』では「時分の花」と「まことの花」という言葉が出てきます。 その時限りの「時分の花」を「まことの花」と思いこまず、常に初心を忘れず精進すべし、という内容です。 年齢に応じた能役者の説明の中で、50歳を超えた能役者にはその人の本質とか個性の次元で最後の花が残る。 それが「まことの花」というものと重ねて、表現されています。 ご興味ありましたら読んでみてください。 ↓↓↓ 『風姿花伝』 P.P.S. 話は戻り、村上さんの本の中身は全国の句会に参加した実践記です。 句会ってハードル高いかもと思われるかもですが、そこは、ネット社会。 村上さんの俳句チャンネルでのライブに参加するとかであればハードル低いです。 ↓↓↓ https

カテゴリー一覧
商用