chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
arrow_drop_down
  • 海技士定期試験に出発

    2月2日木曜日二月の海技士定期試験が、今日から始まります。航海と機関、それぞれ受験する級によって試験日が異なるため、今週と来週二回、計三回に分けて、試験会場の名古屋に向かいます。昨日は、四級海技士(機関)試験と五級海技士(航海)試験のいずれかを受験する生徒11人と引率教員1名が学園を出発しました。出発にあたり、残留する教員と生徒が激励の言葉をかけて見送りました。一般入学後期試験(令和5年3月23日)の願書受付期間:は令和5年3月1日(水)~令和5年3月16日(木)です。学園見学説明会の週末開催日は2月11日(土)、12日(日)、3月4日(土)、5日(日)です。Zoomによるオンライン参加、現地参加ともに受け付けています。また平日の見学も可能です。詳細は学園ホームページ(https://gyogaku.co...海技士定期試験に出発

  • 地域清掃奉仕活動

    2月1日水曜日先週からマラソン大会に向けた練習を行っていますが、昨日は地域貢献活動の一環としてランニングコース周辺の清掃を行いました。いつも使っている道がきれいになり、生徒達も気持ちよく走れるようになったことと思います。一般入学後期試験(令和5年3月23日)の願書受付期間は令和5年3月1日(水)~令和5年3月16日(木)です。学園見学説明会の週末開催日は2月11日(土)、12日(日)、3月4日(土)、5日(日)です。Zoomによるオンライン参加、現地参加ともに受け付けています。また平日の見学も可能です。詳細は学園ホームページ(https://gyogaku.com/)をご覧ください。2月25日(土)に福岡県の博多国際展示場で’漁業就業支援フェア2023福岡’が開催されます。九州地方の方で漁師を目指している...地域清掃奉仕活動

  • 業界誌「海員」の取材

    1月31日火曜日昨日、外航船や遠洋漁船で働く船員等で組織された組合の広報誌「海員」の広報担当者による取材がありました。「海員」では毎年3月に発行する号に、学園の特集記事を掲載していただいています。学園の概要記事のほか、一年間の授業や実習の様子が多くの写真で紹介ます。また、当年度に卒業した生徒個人の写真とともに、将来の夢や希望が掲載さています。3月号は、発行され次第生徒の自宅にも送られます。卒業生にとっては、小さな卒業アルバムのようなものであり、大変ありがたく思います。一般入学後期試験(令和5年3月23日)の願書受付期間:は令和5年3月1日(水)~令和5年3月16日(木)です。学園見学説明会の週末開催日は2月11日(土)、12日(日)、3月4日(土)、5日(日)です。Zoomによるオンライン参加、現地参加と...業界誌「海員」の取材

  • 迫る2月の海技士試験

    1月30日月曜日1月もあと2日で終わり。卒業式まで授業のある日を数えたら残り30日でした。今週末には2月の海技士定期試験が始まります。生徒たちの勉強もラストスパートです。一般入学後期試験(令和5年3月23日)の願書受付期間は令和5年3月1日(水)~令和5年3月16日(木)です。学園見学説明会の週末開催日は2月11日(土)、12日(日)、3月4日(土)、5日(日)です。Zoomによるオンライン参加、現地参加ともに受け付けています。また平日の見学も可能です。詳細は学園ホームページ(https://gyogaku.com/)をご覧ください。2月25日(土)に福岡県の博多国際展示場で’漁業就業支援フェア2023福岡’が開催されます。九州地方の方で漁師を目指している方、様々な漁業会社の方が集まり生の話が聞けるチャン...迫る2月の海技士試験

  • 一般入試合格発表

    1月27日金曜日本日10時に一般入試前期試験の合格発表を行いました。合格した皆さん、おめでとうございます。4月に学園でお待ちしています。後期入試の日程は以下の通りです。願書受付期間:令和5年3月1日(水)~令和5年3月16日(木)試験日:令和5年3月23日(木)合格発表:令和5年3月24日(金)詳しくはホームページ(https://gyogaku.com)をご覧ください。漁業高等学園に興味はあるのだけれど、受験を迷っているという方がいらっしゃいましたら、見学説明会をご利用ください。週末開催日は2月11日(土)、12日(日)、3月4日(土)、5日(日)です。Zoomによるオンライン説明を行いますので、ご自宅にいながら参加が可能です。学園にお越し頂いての現地見学にも対応します。また平日の見学も受け付けています...一般入試合格発表

  • マラソン練習

    1月26日木曜日学園では、体力作りの一環として春から夏にカッター遠漕と遠泳を実施しましたが、冬にはマラソン大会があります。今週からマラソン大会に向けた練習が始まりました。練習は、毎朝ランニングしている学園周辺のコースを周回して行います。初日は6周(1周0.9km)でした。練習の成果を試すマラソン大会は2月中旬です。それまでの間、数回の練習を重ね、タイムの短縮にもチャレンジしていきます。一般入試後期試験(令和5年3月23日実施)の願書の受付は3月1日(水)から3月16日(木)までです。漁業高等学園に興味はあるのだけれど、受験を迷っているという方がいらっしゃいましたら、見学説明会をご利用ください。週末開催日は2月11日(土)、12日(日)、3月4日(土)、5日(日)です。Zoomによるオンライン説明を行います...マラソン練習

  • 網実習 その1

    1月25日水曜日今週から、網実習が始まっています。焼津市内の漁網店の方を専門講師として招き、網の作り方や修繕の方法について学びます。学園で行う多くの実習の中でも、生徒が最も苦労するものの一つです。網実習では、黒板に書いてある項目を、一ヶ月足らずで身に付けないといけません。まずは、「ケタ」という小道具を利用して、同じ目合(網の幅)で網(網目)を作っていきます。この「ケタ」を使うと、同じ目合できれいに網ができていきます。5段目までできた生徒から、次の「けた」を使わない方法で網を作っていきます。時々、チェックして同じ目合になっているか、確認が必要です。この実習は、二月まで続きます。一般入試後期試験(令和5年3月23日実施)の願書の受付は3月1日(水)から3月16日(木)までです。漁業高等学園に興味はあるのだけれ...網実習その1

  • 三浦愛さんの講義

    1月24日火曜日昨日は、焼津を中心に釣りガールとしてご活躍されている三浦愛さんを漁業高等学園にお招きし、講義を行っていただきました。三浦さんは、釣りガールの人気投票でも常に上位に入る実力の持ち主ですが、初心者向け釣り教室等を通じて地域貢献のための活動を積極的にされており、焼津市の地域おこし協力隊を3年間勤められたほか、現在も焼津市プロジェクトマネージャー、静岡の海PR大使等としてご活躍されている方です。今回の講義のテーマは、「釣り×地域活性化」でした。はじめに三浦さんのプロフィールと、焼津市で地域貢献活動を始めるに至る動機や、事業が定着するまでの苦労、工夫等についてお話しをしてくれました。講義の後半は5~6人のグループに分かれ、ミッション「地方創生のためのイベントの企画書の作成」に取り組みました。それぞれ...三浦愛さんの講義

  • 一般入学後期試験の実施

    1月23日月曜日先週木曜日に令和5年度入学生一般入学試験を実施いたしました。合格発表は1月27日(金)ですが、今回の試験では定員に達しなかったため、3月に後期試験を実施します。実施日はホームページで令和5年3月14日と案内してきましたが、施設工事の関係で変更となる可能性があります。決まり次第、ホームページや当ブログ等で案内致します。漁業高等学園に興味はあるのだけれど、受験を迷っているという方がいらっしゃいましたら、見学説明会をご利用ください。園長が様々な疑問、質問にお答えします。週末開催日は2月11日(土)、12日(日)、3月4日(土)、5日(日)です。全国的に新型コロナウイルスの感染が拡大していることから、Zoomによるオンライン説明にも対応します。ご自宅にいながら参加が可能です。従来通りの現地説明にも...一般入学後期試験の実施

  • 小型船舶操縦士講習 その4

    1月20日金曜日昨日で小型船舶操縦士免許講習が全て終了しました。今回も講習を受けた生徒全員が合格することが出来ました。漁業高等学園在学中に取得できる資格で残りは海技士のみとなりました。入学試験の関係で本日も生徒達はお休みです。来週からは、海技士取得に向けた授業とともに網実習が始まります。2月の週末見学説明会開催日は11日(土)、12日(日)です。全国的に新型コロナウイルスの感染が拡大していることから、今回はZoomによるオンライン説明会を開催します。従来通りの現地説明にも対応します。詳細はホームページ(https://gyogaku.com/)でご確認ください!平日の見学も受け付けています。希望者は学園(0546270219)までお問い合わせください。小型船舶操縦士講習その4

  • 一般入学試験

    1月19日木曜日本日は令和5年度入学生の一般入学試験を実施するため、通常の授業と実習はありません。試験は数学、国語と作文および面接で実施します。合格発表は、1月27日(金)です。2月の週末見学説明会開催日は11日(土)、12日(日)です。全国的に新型コロナウイルスの感染が拡大していることから、今回はZoomによるオンライン説明会を開催します。従来通りの現地説明にも対応します。詳細はホームページ(https://gyogaku.com/)でご確認ください!平日の見学も受け付けています。希望者は学園(0546270219)までお問い合わせください。一般入学試験

  • 海技士試験に向けて

    1月18日水曜日二月になると海技士定期試験があります。将来、船舶職員として役職につくには海技士の資格が必要であり、学園の生徒はその第一歩として筆記試験の合格を目指します。10月の試験では5級から4級を受験しましたが、今回は3級合格を目指す生徒もおり、皆試験に向けて勉強中です。2月の週末見学説明会開催日は11日(土)、12日(日)です。全国的に新型コロナウイルスの感染が拡大していることから、今回はZoomによるオンライン説明会を開催します。従来通りの現地説明にも対応します。詳細はホームページ(https://gyogaku.com/)でご確認ください!平日の見学も受け付けています。希望者は学園(0546270219)までお問い合わせください。海技士試験に向けて

  • ボンデン玉カバー制作

    1月17日火曜日今日も4名の生徒が小型船舶操縦士の実技講習を受けています。残りの生徒は通常授業ですが、昨日の実習ではボンデンのカバー作りを行いました。ボンデンは「浮き」のことです。かつてはガラス玉だったので、ボンデン玉と呼ばれ、ガラスなので割れないようにロープでカバーをして使っていました。今回は、そのカバーを作る練習です。現在のボンデンは樹脂(プラスチック)製なのでカバーは不要ですが、この技術は船で防舷(ぼうげん)材をつり下げたり、様々なところで応用できます。綺麗にでき上がりました。2月の週末見学説明会開催日は11日(土)、12日(日)です。全国的に新型コロナウイルスの感染が拡大していることから、今回はZoomによるオンライン説明会を開催します。従来通りの現地説明にも対応します。詳細はホームページ(htt...ボンデン玉カバー制作

  • 小型船舶操縦士講習 その3

    1月16日月曜日先週で小型船舶操縦士講習の学科が終了し、土曜日からは実技講習が行われています。実技講習は、1日4人ずつ6日に分けて実施するため、残った生徒は通常授業です。実技講習は、専用の教習艇を使います。静岡は連日晴れの日が続いていましたが、先週の土曜日に23日振りの雨が降りました。今日は曇り空で風が比較的強かったものの、北西の風で海は比較的穏やかでした。2月の週末見学説明会開催日は11日(土)、12日(日)です。全国的に新型コロナウイルスの感染が拡大していることから、今回はZoomによるオンライン説明会を開催します。従来通りの現地説明にも対応します。詳細はホームページ(https://gyogaku.com/)でご確認ください!平日の見学も受け付けています。希望者は学園(0546270219)までお問...小型船舶操縦士講習その3

  • ロープワーク

    1月13日金曜日本日も免許取得のための学科講習が続いています。夕方には学科の試験があり、明日からは実技講習が始まります。2級の資格を取得する生徒は別メニューで海技士試験に向けた授業と、ロープワーク、ロープの加工などの基本実習を行っています。学園を訪ねてくれる卒業生に、学園で教わったことで何が一番役に立っているかを訪ねると皆、口を揃えてロープワークと言います。基本の技術は、どこの職場に行っても役立ちます。卒業までの残された時間で、できる限り多くの回数を重ね、身につけていってほしいものです。2月の週末見学説明会開催日は11日(土)、12日(日)です。全国的に新型コロナウイルスの感染が拡大していることから、今回はZoomによるオンライン説明会を開催します。従来通りの現地説明にも対応します。詳細は(https:/...ロープワーク

  • 小型船舶操縦士免許講習 その2

    1月12日木曜日今日も小型船舶操縦士免許取得のための学科講習が続いています。今日、明日の学科講習を受講する生徒は、一級の免許取得の生徒で、二級の免許を取得する生徒の学科講習はありません。このため、別メニューでの通常授業を受けています。2月に海技士試験がありますので、こちらの勉強も重要です。令和5年度入学生一般入試前期試験の願書受け付けは終了しました。2月の週末見学説明会開催日は11日(土)、12日(日)です。全国的に新型コロナウイルスの感染が拡大していることから、今回はZoomによるオンライン説明会を開催します。従来通りの現地説明にも対応します。詳細は(https://gyogaku.com/)でご確認ください!平日の見学も受け付けています。希望者は学園(0546270219)までお問い合わせください。小型船舶操縦士免許講習その2

  • オンライン見学会

    1月11日火曜日昨日の国内の新型コロナウイルス感染者数は約7万5千人で、前週の同じ曜日と比べて1万5千人余り減少したそうですが、静岡県の直近1週間の新規感染者数は過去最多となったそうです。現在の株は、以前と比べて重症化する確率は低いようですが、感染者の絶対数が多いことから重傷者数も多く、病床使用率は8割を超えており、今後の動向に注意が必要です。本学園では1月19日(火)に令和5年度入学生一般入学試験があります。このようなタイミングになってしまいましたが、時期を多少ずらしたとしても状況が好転する保証も無く、予定通り実施させて頂きます。受験生の皆さん、健康管理にお気をつけください。もし万一試験直前に感染したり体調が悪くなった場合には早めに学園までご相談ください。対応策を考えさせて頂きます。また月2日開催してき...オンライン見学会

  • 小型船舶操縦士免許講習 その1

    1月10日火曜日今週から、小型船舶操縦士免許を取得するための講習が始まりました。小型船舶とは総トン数20トン未満の船舶です。小型船舶操縦士免許は、1級と2級があり、その違いは、航行できる区域の違いです。全員が1級取得を目指したいところですが、残念ながら取得可能な年齢制限によって、2級までの取得にとどまる生徒もいます。令和5年度入学生一般入試(対象15~30歳、令和5年1月19日(木)実施)の願書は本日の消印まで有効です。2月の週末見学説明会開催日は11日(土)、12日(日)です。全国的に新型コロナウイルスの感染が拡大していることから、今回はZoomによるオンライン説明を実施します。従来通りの現地見学にも対応します。希望者は学園(0546270219)までお問い合わせください。小型船舶操縦士免許講習その1

  • 小型船舶操縦士免許講習の準備

    1月6日金曜日来週から小型船舶操縦士免許講習が始まります。そこで昨日の実習では、巻き結びなど基本的なロープワークの復習をしました。年明けから、静岡は晴れの日が続いています。約3週間振りの実習でしたが、穏やかな陽気の中、感覚をつかむことが出来たでしょうか。令和5年度入学生一般入試(対象15~30歳、令和5年1月19日(木)実施)の願書受付中です。締め切りは1月10日(火)当日消印有効ですので、今年度の受験を予定されている方はお急ぎください。見学会で使用する説明スライドを漁学Youtubeチャンネルにupしました。今年度の受験終了まで公開しますので、受験を予定しているかたで現地見学にお越しいただけなかった方も一度ご覧ください。2月の週末見学説明会開催日は11日(土)、12日(日)です。平日の学園見学も受け付け...小型船舶操縦士免許講習の準備

  • 3学期始業式

    1月5日木曜日本日から3学期がスタートしました。上の写真は、昨年の大晦日に富士宮市の富士山本宮浅間大社で撮影したものです。当日は朝から雲がかかってなかなか富士山が顔を出してくれなかったのですが、夕方になってやっと雲が切れました。年が明けて三が日はずっと穏やかな天候でした。相変わらず、新型コロナの感染は収まりませんが、良い1年になることを期待したいです。学園では朝の始業式に続き、早速授業が始まっています。学園の三学期は二ヶ月しかありません。卒業に向けて残された時間をムダにせず、悔いの無いよう取り組んでくれることを望みます。令和5年度入学生一般入試(対象15~30歳、令和5年1月19日(木)実施)の願書受付中です。締め切りは1月10日(火)です。2月の週末見学説明会開催日は11日(土)、12日(日)です。平日...3学期始業式

  • 明けましておめでとうございます

    1月4日水曜日ブログをご覧の皆さま、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。焼津港から望む富士山学園は明日から三学期がはじまります。生徒は今日の夕方までに寮に戻ってきます。新年早々の学園行事は小型船舶操縦士講習です。講習が終わったあと、やいづワーク地域プロジェクトマネージャーで、釣りガールとしてもご活躍中の三浦愛さんの特別授業を予定しています。実習では網実習が始まります。1月も行事が目白押しです。令和5年度入学生一般入試(対象15~30歳、令和5年1月19日(木)実施)願書受付中です。1月10日が締切です。願書送付はお早めにお願いします。2月の週末見学説明会開催日は11日(土)、12日(日)です。平日の学園見学も受け付けています。詳細はホームページ(https://gyogaku....明けましておめでとうございます

  • 遠洋航海実習中の写真紹介 その5

    12月28日水曜日遠洋航海実習中の写真紹介、最後は船内授業と作業です。餌管理船内授業専攻科生との合同授業掃除その他船酔いが治まってからの船の食事は大変美味しかったそうです。朝の体操陸に近づき、携帯の電波が届くか窓際で確かめている生徒達1年間、園長ブログをご覧頂きありがとうございました。新年は4日から再開いたします。皆様、良いお年をお迎えください。園長一般入試(対象15~30歳、令和5年1月19日(木)実施)の願書受付中です。締め切りは1月10日(火)です。1月の週末見学説明会開催日は7日(土)、8日(日)です。一般入試前の最後の見学会になります。8日の午前の部は締め切りました。7日(午前、午後)及び8日(午後)は空きがございます。平日の学園見学も受け付けています。1月は4日から対応可能です。詳細はホームペ...遠洋航海実習中の写真紹介その5

  • 遠洋航海実習中の写真紹介 その4

    12月27日火曜日焼津出港後は気仙沼に向い、3日間上陸研修を行いました。気仙沼上陸研修1日目東日本大震災遺構・伝承館見学震災当時のまま残された旧向洋高校に入って被災前の校舎内の風景と比較して見学し、震災当時の映像を見て、語り部さんから当時の話も聞きました。何気ない普通の生活を送れていることが、どれほど幸せなことかを感じ、防災意識を高めることにも役立ったようです。2日目気仙沼市復興祈念公園見学気仙沼市復興祈念公園に徒歩で行きました。公園からは気仙沼全体を一望できるほか、復興祈念のシンボルとなる「祈りの帆」や犠牲となった方々の名前を刻む銘板などがあり、どれだけの多くの方が犠牲になったのか実感するとともに、追悼の気持ちを寄せることが出来ます。3日目気仙沼魚市場見学、運動上陸(安波山)気仙沼魚市場ではサンマやカジ...遠洋航海実習中の写真紹介その4

  • 遠洋航海実習中の写真紹介 その3

    12月26日月曜日一本釣り釣り実習終了後は高知に向い、3日間上陸研修を行いました。高知上陸研修1日目高知城見学高知城は山内一豊が整備した城で、江戸時代に築かれた天守が現在まで残っています。天守からは高知市街が一望できます。高知市街には路面電車が走っています。静岡県内に路面電車はありませんので、道路を電車が走ってるのを見て驚いた生徒もいたようです。2日目桂浜、坂本龍馬像、坂本龍馬記念館見学坂本龍馬像の大きさと迫力に驚いた生徒が多かったようです。3日目はりまや橋、日曜市見学日曜市で、高知県民のソウルフードいも天や、高知が日本一の産地であるゆずのドリンクや大判焼きなど美味しいものを堪能したようです。なかには久しぶりにマックへ行ったら、これまでの人生で最も美味しいと感じたという生徒もいました。船の食事も美味しいの...遠洋航海実習中の写真紹介その3

  • 遠洋航海実習中の写真紹介 その2

    12月23日金曜日今回の一本釣り実習では、7日間で計7トンのカツオを釣り上げました。帰港後に書いてもらった感想文には楽しかったという感想がほとんどでした。バケの動かし方がうまく出来なかったとか、糸を絡めてしまったことが反省点だとする生徒もいました。開始前釣りの合間釣りが終わった後、一部のカツオを切って刺身やたたきにして食べました。カツオを切る練習です。自分達で釣り調理したカツオの味は格別だったと思います。一般入試(対象15~30歳、令和5年1月19日(木)実施)の願書受付中です。締め切りは1月10日(火)です。1月の週末見学説明会開催日は7日(土)、8日(日)です。一般入試前の最後の見学会になります。8日の午前の部は締め切りました。7日(午前、午後)及び8日(午後)は空きがあります。平日の学園見学も受け付...遠洋航海実習中の写真紹介その2

  • 遠洋航海実習中の写真紹介 その1

    12月22日木曜日生徒達は冬休みに入って、学園も静かになりました。でも園長達は28日の御用納めまで出勤します。遠洋航海実習中は実習船から送られてきた写真をブログで紹介してきましたが、多くの写真は載せられませんでしたし画質も良くありませんでしたので、これから5回に分けて引率した教員が記録した写真をご紹介します。海を背景にした写真を見ると、南方特有の海の色と空の青さに目を奪われます。雨上がりでしょうか、水平線に虹がかかっています。漁場の朝焼けと夕焼け初めの頃は船酔いに苦しんだ生徒も多かったようですが、ほとんどの生徒は釣り実習が始まった頃には克服できたと話してくれました。以下は釣り実習最終日に撮られた写真です。たくさんカツオも釣れて満足感に浸っていたのか、あるいはやっと陸に帰れるという喜びなのか?笑顔がこぼれて...遠洋航海実習中の写真紹介その1

  • 一般入試願書受付開始

    静岡県立漁業高等学園は、漁師になるための専門校です。全寮制で1年間、漁師の仕事を学び、さまざまな資格を取得して大型漁船の船長や機関長を目指します。令和5年度入学生一般入試を令和5年1月19日(木)に実施します。願書受付期間は本日より1月10日(火)までです。対象者は令和5年4月1日時点で15歳以上30歳以下のものです。その他の条件や提出書類はホームページ(https://gyogaku.com/)でご確認ください!一般入試願書受付開始

  • 終業式・父母会

    12月21日水曜日昨日は終業式・父母会・面談を行い、生徒達は冬休みに入りました。朝の終業式では私から冬休みの過ごし方などの話をしました。続いての父母会では、保護者の方に海技士試験と遠洋航海実習を中心に二学期全体の経過を説明し、冬季休暇中も健康管理に十分注意していただくようお願いしました。最後は、教員と生徒、保護者を交えた三者面談です。面談では学業成績を始め、授業・実習などに取組む姿勢など二学期中の各生徒の評価をお話し、さらに就職先のことについて、進捗状況の説明をします。保護者が来れなかった生徒は、園長と面談します。普段、園長と生徒一対一で話をする機会は余りないのですが、二学期の学業成績や就職先についてだけでなく、卒業までの目標等について話し合いました。一般入試(対象15~30歳、令和5年1月19日(木)実...終業式・父母会

  • 年末大掃除

    12月20日火曜日本日で2学期が修了です。昨日は学園の大掃除を行いました。日常の掃除では手が回らない校舎の壁や窓ガラス、渡り廊下の周辺なども清掃しました。天気は良かったものの、気温も低く寒い一日でした。途中の休憩では皆でカップのおしるこを食べて暖まりました。一般入試(対象15~30歳、令和5年1月19日(木)実施)の願書受付を12月22日(木)から開始します。1月の週末見学説明会開催日は7日(土)、8日(日)です。一般入試前の最後の見学会になります。平日の学園見学も受け付けています。年内12月23日までは対応可能です。詳細はホームページ(https://gyogaku.com/)でご確認ください!年末大掃除

  • 遠洋航海実習 下船式

    12月19日月曜日先週金曜日に実習船「やいづ」で遠洋航海実習の下船式を行いました。園長と船長の挨拶に続いて、生徒の代表からお礼の言葉が述べられました。お世話になった船員や水産高校の先生、専攻科生への感謝の気持ちが述べられました。最後に、専攻科生との記念撮影をし、船を後にしました。専攻科生とは将来、同じ漁船で働いたり、漁場で会うことがあるかもしれません。この出会いを大事にして頂きたいと思います。学園に戻って午後からは、実習で使ったカッパとサンダルなどをきれいに洗って干しました。一般入試(対象15~30歳、令和5年1月19日(木)実施)の願書受付を12月22日(木)から開始します。1月の週末見学説明会開催日は7日(土)、8日(日)です。一般入試前の最後の見学会になります。平日の学園見学も受け付けています。年内...遠洋航海実習下船式

  • 生徒帰園

    12月16日金曜日昨日、カツオの水揚げが終了した後、生徒達が約1か月振りに学園に戻ってきました。玄関で教員が出迎えた際、生徒代表から「全員怪我無く、船酔いにも打ち勝ち帰ってきました。」と報告がありました。今日の下船式が終わるまで乗船実習は続いていますが、再び賑やかな学園の日常が戻ってきました。昨日は朝が早かったので、午後は実習の感想文を書いたのち自由時間としました。第2回AO式入学試験(12月26日)の願書受付中です。締め切りは19日(消印有効)ですので受験をご予定の方はお急ぎください。一般入試(対象15~30歳、令和5年1月19日(木)実施)の願書受付は12月22日(木)からです。1月の週末見学説明会開催日は7日(土)、8日(日)です。一般入試前の最後の見学会になります。平日の学園見学も受け付けています...生徒帰園

  • 遠洋航海実習 カツオ水揚

    12月15日木曜日今朝5時半より、遠洋航海実習で漁獲したカツオの水揚げが、焼津市場前の岸壁で行われました。「やいづ」が水揚げした場所は、遠洋カツオ一本釣船が水揚げする専用の岸壁です。魚艙からカツオを引き揚げ手渡しで岸壁のリフトに運び、リフトに運ばれたカツオは選別台へ運ばれます。合計約7トンの水揚げでした。一昨日の「やいづ」の帰港と今朝の水揚の様子をYoutubeチャンネルにupしました。こちらもご覧ください。第2回AO式入学試験(12月26日)の願書受付中です。締め切りは19日(消印有効)ですので受験をご予定の方はお急ぎください。一般入試(対象15~30歳、令和5年1月19日(木)実施)の願書受付は12月22日(木)からです。1月の週末見学説明会開催日は7日(土)、8日(日)です。一般入試前の最後の見学会...遠洋航海実習カツオ水揚

  • 遠洋航海実習 焼津帰港

    12月14日水曜日昨日午後12時半頃、実習船「やいづ」が無事に帰港しました。久しぶりに見た生徒の顔は日に焼けて、体が絞られたのか気持ち精悍な感じになった者が多かったです。生徒代表からの報告では、「海の男になって帰ってきました!」と力強く話してくれました。カツオを釣る経験ができたことはもちろんですが、全員が怪我も無く無事に帰港したのが何よりの成果でした。水産高校の実習船「やいづ」の船長、機関長を始め船員、教職員、水産高校専攻科生の皆さん、そのほかすべての関係者に御礼申し上げます。第2回AO式入学試験(12月26日)の願書受付中です。締め切りは19日(消印有効)ですので受験をご予定の方はお急ぎください。一般入試(対象15~30歳、令和5年1月19日(木)実施)の願書受付は12月22日(木)からです。1月の週末...遠洋航海実習焼津帰港

  • AO入試願書受付中(12月19日まで)

    AO入試願書受付中静岡県立漁業高等学園は、漁師になるための専門校です。全寮制で1年間、漁師の仕事を学び、さまざまな資格を取得して大型漁船の船長や機関長を目指します。第2回AO入試を12月26日(月)に実施します。願書出願期間は本日より12月19日(月当日消印有効)までです。先月行った試験を受験できなかった方はチャンスです。来春に高校卒業の方だけでなく、すでに高校を卒業している大学生、社会人の方も受験可能です。詳細はホームページ(https://gyogaku.com/)でご確認ください!AO入試願書受付中(12月19日まで)

  • 遠洋航海実習 26日目

    12月13日火曜日「やいづ」は本日昼すぎに焼津港に戻ってきます。我々も出迎えに行きますので帰港の様子は明日のブログでお伝えします。以下、昨日の日誌です。「高知港最終日、高知での上陸研修を終え今日は上陸禁止で課業を行いました。高知での上陸をさせてくれた「やいづ」の方々に感謝です。午前中は合同授業ということで専攻科の皆と一緒に刺し継ぎをしました。専攻科より「やいづ」に乗っている期間が短い僕ら漁学生の数少ない見せ場です。とはいうものの、僕が教えた人は飲み込みが早く、要点さえ教えてしまえばスラスラとできてしまい、出来上がりもとても綺麗でした。別段漁学生の取り得でもないなと思いました。3本アイ、7本カット、バック、クロスロープの順に作っていきましたが、そのどれもが綺麗に仕上がっていたため、とてもすごいと思いました。...遠洋航海実習26日目

  • 遠洋航海実習 25日目

    12月12日月曜日生徒達は週末、高知で上陸研修を行っていました。14日に戻ってくる予定でしたが凪都合で1日早まり、明日焼津に入港する予定です。以下、一昨日の日誌です。「今日は、高知港に入港して2日目になりました。停泊をしているおかげで昨日の夜は、波の揺れを感じずぐっすり眠ることが出来ました。そして今日の上陸研修では、最初に桂浜公園に行きました。良く晴れていたので景色がとても綺麗で感動しました。浜辺には着物姿の女性がいて目を奪われてしまいました。日本人で良かったと生まれて初めて思いました。その後に坂本龍馬記念館に行きました。坂本龍馬は土佐で生まれ、新しい日本を作るために奔走し、1835~1867年という短い生涯の沢山の活躍をした方だと知りました。今も多くの人に愛され坂本龍馬記念館が建てられるほどの人物のこと...遠洋航海実習25日目

  • 遠洋航海実習 22日目

    12月9日金曜日「やいづ」は今朝、高知港に入港しました。引率の教員からは全員元気ですとの連絡が届いています。以下、昨日の日誌です。「今日は午前中、課業で刺し継ぎをしました。午後からは最初は航海専攻が六分儀の授業を行い、その後機関専攻の専攻科生が配管発表会を行い、それを学園の生徒が聞いて、疑問に思うことを専攻科生の発表者に質問していました。僕は航海専攻だったので、最初は六分儀について授業を行いました。航海専攻は一度六分儀の授業を行ったはずなのですが、僕とそのペアは専攻科生に教えてもらいっぱなしでダメダメでした。もっとテキパキできるものだと思っていましたが、いざやってみると僕の技術がないのか、久々にやったからうまく扱えないのかわかりませんが、やっぱりうまく扱えませんでした。もう少し学園の授業でもっと真面目にや...遠洋航海実習22日目

  • 遠洋航海実習 21日目

    12月8日木曜日「やいづ」は高知へ向かっています。明日、入港予定です。以下、昨日の日誌です。「今日、初めての主直ということで昨日夜の号令から緊張していました。授業の始まりと終わりの号令を忘れてしまったりして、慣れないことをするとうまくいかないなと思いました。午前中は、合同実習で行う刺し継ぎの練習を行いました。もうすぐ本番がありますので、頑張って練習したいと思います。昼食前、先生に呼ばれ船尾でカツオを切るのを手伝いました。風が強く作業が大変でしたが、楽しかったです。午後は、専攻科(航海)の人達と一緒に六分儀の取扱いについて課業を行いました。学園で一度やってきましたが、忘れていたところもあり、とても勉強になりました。今日はあいにく天気があまり良くなく外で実際使用することができませんでしたが、後日行うということ...遠洋航海実習21日目

  • 遠洋航海実習 20日目

    12月7日水曜日カツオ一本釣り実習を終了した「やいづ」は高知へ向かっています。当初の予定では小笠原父島に寄る予定でしたが、高知に変更になりました。焼津帰港の予定は14日で変更ありません。以下昨日の日誌です。「今日は午前中に排熱クーラーの清掃を行い、デッキブラシでこすり掃除をしたのですが、板の数が尋常でないほど多く腰が折れるような作業で、滝のように汗が出ました。専攻科生は毎回操業終わりにこんな事をしていると考えると尊敬します。ただこするだけではなかなか汚れが落ちないため力を入れ、かつくぼみに沿ってブラシをあてないときれいにならず、やり直しさせられるため気合を入れて頑張りました。午後からは船洗いをしました。乗船してから実習船やいづにお世話になっているのでその分きれいにしてあげました。特に見えないところを重点的...遠洋航海実習20日目

  • 釣り実習終了(遠洋航海実習 19日目)

    12月6日火曜日昨日でカツオ一本釣り実習は終了しました。最終日もカツオは釣れたようです。以下昨日の日誌です。「今日で操業が修了しました。3、4日程釣れない日が続きモチベーションが少し下がってきていましたが、昨日から釣れ始めて、今日も釣れたので良かったです。私は、カツオ一本釣り漁船に就職を考えているので、今回の経験を生かして就職しても即戦力で働けるよう残り少ない乗船実習も頑張っていきたいと思います。明日からは船の掃除などがあるので、気を抜かず動けるように頑張っていきます。また、寄港が予定されていた父島が港に入れないということで高知県に変更となりました。個人的には父島の海に入りたかったのでちょっと残念です。でも、高知県は行ったことがないので楽しみです。高知県と言えば「カツオ」なので食べたいと思います。久しぶり...釣り実習終了(遠洋航海実習19日目)

  • 釣り実習6日目(遠洋航海実習 18日目)

    12月5日月曜日週末の間も生徒達の遠洋航海実習は続いています。以下、2日の日誌です。「今日は、操業四日目、魚見と操業をしました。操業では、カツオの群れが全然来なかったです。最初の一回くらいしか当たりが無かったけど、その群れも小さいカツオしか当たらなかったのですぐ漁が終わりました。なので、カツオを釣れるということは、そこまでうまくいかないということを知れました。そのため、すごく勉強になったし、経験にもなりました。魚見では、今までの操業や当直などで疲れや疲労がすごく、まともに集中できませんでした。先生に注意されたので、これからは気を付けていきたいと思いました。魚見だけではなく、これからの実習に対する取り組む姿勢を、気を付けて、集中力を切らさず、真剣に行っていきたいと思います。また、これからの実習が少しでも参考...釣り実習6日目(遠洋航海実習18日目)

  • AO入試願書受付中

    静岡県立漁業高等学園は、漁師になるための専門校です。全寮制で1年間、漁師の仕事を学び、さまざまな資格を取得して大型漁船の船長や機関長を目指します。第2回AO入試を12月26日(月)に実施します。願書出願期間は本日より12月19日(月)までです。先月行った試験を受験できなかった方はチャンスです。来春に高校卒業の方だけでなく、すでに高校を卒業している大学生、社会人の方も受験可能です。詳細はホームページ(https://gyogaku.com/)でご確認ください!AO入試願書受付中

  • 釣り実習3日目(遠洋航海実習 15日目)

    12月2日金曜日遠洋航海実習も半分を過ぎました。以下、昨日の日誌です。「今日は、活餌管理と昨日釣ったカツオの凍結シフト作業がありました。両方とも初めて行った作業で、不慣れな所もあるので早く作業に慣れるように、積極的に手を出していくようにしていきたいです。また、今日は一日のほとんどが魚見で終わってしまい、カツオを釣ることができませんでした。明日はカツオが釣れれば良いなと思います。乗船実習も半分ほど過ぎて、船内生活にも慣れてきて、気のゆるみが出てきたので、自分の行動を見つめなおして、気を引き締めて、残りの半分に望みたいと思います。この乗船実習でしか出来ないことや、学べないこともたくさんあるのでこれからも楽しみつつ1日1日を大切にし、頑張っていきたいと思います。」凍結シフト魚見遠洋カツオ一本釣漁船のカツオは、主...釣り実習3日目(遠洋航海実習15日目)

  • 釣り実習2日目(遠洋航海実習 14日目)

    12月1日木曜日いよいよ12月、1年の最後の月となりました。気温も下がり冬らしくなってきましたが、南方漁場で航海実習中の生徒達は、一昨日に続き昨日はさらに大きなカツオを釣ったようです。以下、昨日の日誌です。「操業が始まってから二日目が経ち、今日は初めての5キロ以上のカツオが釣れました。午前中は小さなカツオでしたが、食いつきが良かったのでみんなカツオが釣れて楽しそうでした(笑)それから午後は大きな鳥群れを見つけ、カツオがかなり大きいと言われて楽しみだったけれどカツオが深く泳いでいたので釣ることが出来なかったので残念でしたが、夕食を食べた後のラストの操業で5キロ以上のカツオの群れが現れて釣れたのは少なかったけどかなり手ごたえのある釣りが出来たのでとてもいい思い出になりました。」大型のカツオは10kgを超えるも...釣り実習2日目(遠洋航海実習14日目)

  • 釣り実習開始(遠洋航海実習 13日目)

    11月30日水曜日「やいづ」は昨日からカツオ一本釣り実習を開始しています。早速、カツオの群れも見つかり釣果があったようです。以下、昨日の日誌です。「今日から調査が始まりました。朝から魚見を行い、双眼鏡を使って鳥群れを探したり、海に浮いている漂流物を探したりしました。しばらく探していましたが、午前中は、全然見つかりませんでした。ですが午後になり鳥群れが5マイル先にいるという放送がありました。その放送を聞き急いで着替え船尾に向かいました。合羽に着替え準備をし、しばらく待っていると釣りが始まりました。みんなたくさんのかつおを釣っていました。釣りが終わりその場でかつおを捌き刺身として食べました。今まで食べてきたかつおと違いすごくもちもちしていて美味しかったです。明日もたくさんのかつおを釣りたいです。頑張ります。」...釣り実習開始(遠洋航海実習13日目)

  • 遠洋航海実習 12日目

    11月29日火曜日「やいづ」はマリアナ海域の漁場に到着し、本日からカツオ一本釣り実習を開始しています。明日のブログでは釣果報告ができるでしょうか。以下、昨日の日誌です。「今日も昨日に引き続き、タンツーをやりました。昨日磨ききれていないところを磨きました。下を向いての作業なので気分が悪くなっている生徒が自分を含めて多かったと思いました。南下していくにつれて段々と気温も高くなってきているので体調管理に気をつけて今後の実習も頑張っていきたいと思います。午後は機関について講義がありました。実習船やいづの機関室の構造について勉強をしました。普段、海技士の勉強をしているだけでは理解できないようなことがたくさんありました。来年から生徒全員が現場で働くことになるので海技士の勉強だけでは学ぶことが出来ない実践的な知識を身に...遠洋航海実習12日目

  • 遠洋航海実習 11日目

    11月28日月曜日「やいづ」は先週末に石巻を発ち、漁場に向けて南下中です。以下、昨日の日誌です。「本日は朝からタンツーというデッキを磨く作業から始まりました。先生から「前回の床磨きじゃダメだよ、磨けている所と磨けていないところがあるよ」と、ダメ出しをされてしまいました。皆一丸となって一生懸命にデッキを綺麗に磨き、私自身も頑張り、磨かれたところと磨かれていないところがはっきりと分かるようになるまで頑張りました。途中休憩で、差し入れのアイスを頂きました。とても美味しく、身にしみました。酔っていた人も食べることができ、笑顔になっていたので感謝しかありません。操業準備では、ハネ(竿)を用意し、その時がいよいよと近づいて来ています。楽しみで仕方ありませんが、一匹も釣れないことや、怪我の心配が頭をよぎってしまいます。...遠洋航海実習11日目

  • 遠洋航海実習8日目

    11月25日金曜日早いもので遠洋航海実習も1週間がたちました。以下、24日の日誌です。「今日は、専攻科生に刺し継ぎを教えるために、復習をしました。3本アイスプライスと3本バックを行いました。自分は、毎回きつく締めることができないので、教える際はお手本になるようにしていきたいです。午後はハネ(竿)に自分達が作ったバケとナイロンを付けました。大きいサイズを釣るハネ(竿)と小さいサイズを釣るハネ(竿)があり、ナイロンの長さが少し違ったのでサイズを合わせるのが少し大変で、2丁のハネができなかったので何事にもテキパキに作業するのを心掛けていきたいと思います。今日は初めての活餌管理がありました。自分は棒測りで死んだイワシの量を計りました。思った以上に死んでいる量が多かったのでびっくりしました。漁場に着くまでに数が少な...遠洋航海実習8日目

  • 遠洋航海実習7日目

    11月24日木曜日生徒達は22日は引き続き気仙沼にて上陸研修を行いました。以下、22日の日誌です。「今日は朝5時から気仙沼魚市場に行きました。そこで最初に見たのはサンマの水揚げです。水揚げがもう終わるときに行ったので、あまり見ることが出来なかったです。次に見たのがカジキマグロの水揚げです。人より大きいカジキマグロが何匹も何匹も運ばれていて迫力がありました。更に水揚げされた魚が並べられているところに行くと、自分の2,3倍の大きさのあるクロマグロがあり、想像以上に大きかったのでとてもびっくりしました。次に運動上陸で安波山と言う山に行きました。登っている途中紅葉や高台がありとてもきれいでした。結構急な坂がたくさんありましたがいい運動になりました。昼過ぎ頃には気仙沼港を出港し、その後沖に錨泊しました。明日は餌の積...遠洋航海実習7日目

  • 遠洋航海実習 5日目

    11月22日火曜日19日の午後に気仙沼港に入港し、生徒達は20日から上陸研修を行っています。学園には実習船「やいづ」から前日の日誌と写真が数枚メールで送信されてきます。これからしばらくは、送られてきた生徒の日誌から遠洋航海実習の様子を紹介することとします。気仙沼入港翌日20日の日誌です。この日は気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館の見学に行きました。「気仙沼港上陸一日目、上陸研修として気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館を訪れ、話を聞きました。港から伝承館までバスと徒歩で向かいました。震災以前に電車が通っていた場所にバス専用道路が設けられていました。このバスも震災の傷痕のように思いました。伝承館では震災当時の気仙沼市の映像を見ました。被災者の方が撮影した映像は悲惨なもので、容易く破壊されていく町だけでなく撮影者の...遠洋航海実習5日目

  • 遠洋航海実習4日目

    11月21日月曜日今回の遠洋航海実習のコースを紹介します。先週の金曜日9時に焼津港を出港したあと気仙沼港に向かいました。やいづ船上にて多くの生徒が初日から船酔いの洗礼を受けたようです。そんななか誰も酔っていない水産高校の専攻科生の様子に、船酔いは克服できるものだと勇気をもらい、がんばって耐えていたようです。19日15時半に気仙沼港に入港しました。船酔いした生徒も陸では元気にしているようです。活餌を積み込み凪都合をみて、漁場であるマリアナ海域に向かいます。予定では、今月の28日頃から来月8日にかけてカツオ一本釣り実習を行い、その後小笠原父島に寄って上陸研修を行い、12月14日に焼津に帰港予定です。今回の乗船実習は、入学以来7か月間学んできた知識や技術を洋上で試す機会です。船酔いなど乗り越えなければならない試...遠洋航海実習4日目

  • 出港式

    11月18日金曜日本日、午前9時45分から出航式を行いました。焼津港の天候は晴れ、少し風はありましたが、出航前の生徒達も晴れ晴れとした顔をしていました。例年、多くの来賓の方に列席していただいていますが、昨年に続き今年度も新型コロナの感染拡大防止に配慮して招待することを自粛させていただきました。また、式の内容も簡略化させて頂きました。私の挨拶の後、県水産・海洋局の板橋局長から励ましの言葉がありました。その後、生徒を代表して、機関専攻の三輪和葉君から元気よく誓いの言葉がありました。短くない内容でしたが、淀みなく、大きな声でやってくれました。最後に、「やいづ」の佐藤船長から挨拶をいただきました。式は15分程度で終了し、直後に全員が乗船して静岡賛歌「富士よ夢よ友よ」が流れる中出航しました。出港に際し敬意を表するた...出港式

  • 停泊実習 その2

    11月17日木曜日明日の出港にむけて準備が進んでいます。昨日は1日実習船「やいづ」で停泊実習がありました。午前中は荷物の積み込みの後、部屋の片付けやベッドメイキングを行い、出港式の登舷礼の練習をしました。午後ははじめに船上からの釣込み訓練を行いました。これまで練習してきた学園裏の川辺とは、水面からの高さが違います。実際の釣り座に立つことで、カツオ釣りのイメージが沸いたでしょうか。その後、餌イワシのバケツリレーや計量の練習もしました。いよいよ明日出航です。そして1週間後には漁場に着き一本釣り実習も始まります。Youyubeチャンネルに動画もupしました。こちらもご覧ください。AO式入学試験の第2回試験を12月26日(月)に実施します。願書出願は12月5日からです。先月行った試験を受験できなかった方はチャンス...停泊実習その2

  • 停泊実習

    11月16日水曜日昨日は遠洋航海実習の乗船式がありました。実習船「やいづ」の船長の訓示、学園生徒と同じ航海日程で乗船する焼津水産高校専攻科生徒との顔合わせです。学園生は、それぞれ自己紹介しました。これからの約一ヶ月間、実習船での共同生活が始まります。夕方には、やいづ乗組員と学園との合同会議が行われ、私も出席しました。学園からは、乗組員の方達と情報共有のため、生徒一人一人の性格やアレルギーなどの特記事項を紹介させて頂きました。今朝は、生徒達が船に積み込む個人の荷物を持って、学園から出発しました。着替えや生活用品、カッパ等の他に、酔った時用の流動食やおやつの菓子類、停泊時用の釣り道具など、生徒それぞれに持ち込む物は工夫しているようです。木曜日からは船内に宿泊し、いよいよ金曜日には出航です。AO式入学試験の第2...停泊実習

  • 出港式のリハーサル

    11月15日火曜日本日から停泊実習として、練習船での実習が始まりました。そして午後は学園で、遠洋航海実習に際して行われる出港式のリハーサルを行いました。本番は金曜日ですが、当日になって緊張しないよう練習しました。AO式入学試験の第2回試験を12月26日(月)に実施します。願書出願は12月5日からです。先月行った試験を受験できなかった方はチャンスです。来春に高校卒業の方だけでなく、すでに高校を卒業している大学生、社会人の方も受験可能です。詳細はホームページ(https://gyogaku.com/)でご確認ください!入学希望者向けに学園の週末見学説明会を開催します。12月の開催日は17日(土)、18日(日)です。AO式入学試験前の最後の見学会になります。ご参加いただける方は開催日の4日前までに申し込みをお願...出港式のリハーサル

  • 防舷材の吊り下げ訓練

    11月14日金曜日今週の金曜日から、いよいよ遠洋航海実習が始まります。実習に向けての訓練として、先週末には防舷材をつり下げて固定する練習を行いました。防舷材は船が岸壁等に直接当たらないようにするクッションです。航海中は甲板上にしまい、入港時に岸壁の高さに合わせて取り付けるのですが、すばやく、確実にやらなくてはいけません。乗船実習を実施する焼津水産高校の実習船「やいづ」を想定して、機関実習棟のエンジンの柵を使って練習しました。今週も金曜日の出港に向けて、準備が続きます。AO式入学試験の第2回試験を12月26日(月)に実施します。願書出願は12月5日からです。先月行った試験を受験できなかった方はチャンスです。来春に高校卒業の方だけでなく、すでに高校を卒業している大学生、社会人の方も受験可能です。詳細はホームペ...防舷材の吊り下げ訓練

  • クロスロープ その2

    11月11日金曜日乗船実習の準備の一方で、クロスロープの刺し継ぎ実習も続いています。例年苦戦する生徒が多い実習です。クロスロープにも、いろいろな種類があり、アイスプライス、カットスプライス、ショートスプライス、バックスプライスの4種類の技術を覚えます。1つの種類で先生のOKを5回もらわないと、次の種類に進めません。失敗作を含め、生徒の実習の成果品が連日積み重なっていきます。AO式入学試験の第2回試験を12月26日に実施します。願書出願は12月5日からです。先月行った試験を受験できなかった方はチャンスです。来春に高校卒業の方だけでなく、すでに高校を卒業している大学生、社会人の方も受験可能です。詳細はホームページ(https://gyogaku.com/)でご確認ください!入学希望者向けに学園の週末見学説明会...クロスロープその2

  • 水産技術最後の講義

    11月10日木曜日水産技術は、漁業者になるために知っておきたい水産業に関する幅広い知識を身に着けていただくための講義です。入学当初から学園の職員だけで無く外部講師も招いて実施してきましが、3学期からは実習に変わります。また来週から遠洋航海実習が始まりますので、昨日が53期生では最後の講義でした。最後の講義のテーマは、来週からの遠洋航海実習でも予定しているカツオ一本釣りについてです。カツオ一本釣漁船の出港から帰港まで、一連の作業工程と釣れる魚種に関しての講義を行いました。講義後に提出してもらったレポートでは、全員合格点でした。これまでにも、カツオの講義はありましたし、実習でも多くのことを学んできました。その集大成として、1か月の遠洋航海に臨んでほしいと思います。AO式入学試験の第2回試験を12月26日に実施...水産技術最後の講義

  • カツオ釣込み訓練 その3

    11月9日水曜日いよいよ来週から遠洋航海実習が始まります。学園裏の土手を使った釣り込み練習も昨日が最後でした。カツオに模した重りをひたすら釣り上げるきつい訓練でしたが、みんながんばりました。AO式入学試験の第2回試験を12月26日に実施します。願書出願は12月5日からです。先月行った試験を受験できなかった方はチャンスです。来春に高校卒業の方だけでなく、すでに高校を卒業している大学生、社会人の方も受験可能です。詳細はホームページ(https://gyogaku.com/)でご確認ください!入学希望者向けに学園の週末見学説明会を開催します。12月の開催日は17日(土)、18日(日)です。AO式入学試験前の最後の見学会になります。ご参加いただける方は開催日の4日前までに申し込みをお願いします。遠方あるいは週末は...カツオ釣込み訓練その3

  • 学園の校外見学

    11月8日火曜日これまでに学園の授業、実習、寮生活について紹介してきましたが、今回は校外見学についてです。例年実施している見学だけでも一学期焼津漁港、地震防災センター、清水港(造船所、海運博物館など)、御前崎地区(漁協、種苗生産施設)、海面養殖場二学期富士宮地区(富士山世界遺産センター、ニジマス養殖場)、浜名湖地区(水産・海洋技術研究所、取り締まり船)、伊豆地区(漁協、水産・海洋技術研究所)などがあります。ほかにも漁船や実習船の見学などは、機会がある毎に何度も出かけます。学園の1年間は行事がぎゅうぎゅう詰めです。見学等で移動する際に活躍するのが、学園のマイクロバスなのですが、近年は生徒数が増え、教員も含めて全員で出かける際には公用車をもう2台出して、計3台で移動しています。AO式入学試験の第2回試験を12...学園の校外見学

  • 教室での通常授業

    11月7日月曜日来週、15日から遠洋航海実習が始まります。したがって2学期の学園での授業は実質今週で終わりとなります。教室での授業は毎日ありますが、これまでブログで紹介することはあまり多くありませんでした。理由は、写真が代り映えしないためです。生徒が椅子に座っているだけの写真になってしまいますので。でも以前紹介したとおり、学園の授業の半分以上は座学です。本日、航海専攻は、海事法規、航海術、運用術、機関専攻は舶用電気、補助機関、執務一般の授業があります。AO式入学試験の第2回試験を12月26日に実施します。願書出願は12月5日からです。先月行った試験を受験できなかった方はチャンスです。来春に高校卒業の方だけでなく、すでに高校を卒業している大学生、社会人の方も受験可能です。詳細はホームページ(https://...教室での通常授業

  • 意思あるところに道あり

    11月4日金曜日学園の生徒募集のため、県内の高校を訪問して進路指導の先生とお会いしたり、各種イベントに参加して学園のPRをさせていただいているのですが、「漁業高等学園の生徒さんって漁師さんのお子さんが多いんですよね」と聞かれることが何度かありました。以前ブログに書いた、「卒業生は皆カツオ一本釣り漁船に就職している」という話と同じで、これも外部の方が本学園に対して持たれているイメージの一つなんですね。今後の学園運営や生徒募集活動の参考とするため、入学時に生徒と保護者の方に、漁師になろうと思った理由や学園を知ったきっかけ等についてアンケート調査を実施しています。最近3年間の入学生で、親兄弟が漁師という生徒はわずか13%でした。普通の学校からしたら、その比率は高いかもしれませんが、8割以上の生徒が水産業とはなん...意思あるところに道あり

  • 六分儀の実習

    11月2日水曜日六分儀(ろくぶんぎ)は天体や山頂など、海上から見える目印の高度あるいは水平方向の角度を測るための道具です。航行中の船舶においては、天体の高度を測定して位置(緯度・経度)を決定する航海用具として使われます。この計器は、円周の6分の1(60度)の目盛りをつけた弧などから構成されており、これが、名前の由来だそうです。本日、航海専攻の生徒が、六分儀の実習を行いました。水平線が見える場所で行うため、近隣の静岡県水産・海洋技術研究所の屋上で行いました。現在では電波を使ったGPSシステムが普及しており、この計器を使うことはまずありませんが、六分儀を使った天測航法の仕組みや技術は、航海士にとって必要な知識です。AO式入学試験の第2回試験を12月26日に実施します。願書出願は12月5日からです。先月行った試...六分儀の実習

  • 海技士国家試験(筆記)の合格発表

    11月1日火曜日今日から11月、今年も残り2か月となりました。昨日の午後、先月中旬に実施された海技士国家試験(筆記)の合格発表がありました。ネット上での発表が午後2時でしたので、職員が確認して廊下に結果を張り出しました。今回受験した生徒の総合合格の合格率は約5割でした。総合合格出来なかった生徒でも、いずれかの科目に合格した生徒もいます。また、この時期に見事4級の試験に合格した生徒が2名おりました。結果を見て喜ぶ生徒も入れば、肩を落とす生徒もいましたが、まだ2月と3月に受験のチャンスがあります。総合合格した生徒は上級に、科目合格した生徒は取りこぼした科目と共に、上級へチャレンジしてほしいと思います。AO式入学試験の第2回試験を12月26日に実施します。願書出願は12月5日からです。先月行った試験を受験できな...海技士国家試験(筆記)の合格発表

  • 学園に来るメリット

    10月31日月曜日本日も無線の一海特講習を行っています。明日が修了試験ですので、生徒達も真剣に取り組んでいると思いますが、今日は少し落ち着かない日でもあります。なぜなら午後に今月中旬に受験した海技士試験の合格発表があるからです。漁業高等学園は漁師になるための専門校ですが、毎日8コマある授業のおよそ、半分が海技士試験合格を目指した勉強になっています。海技士は20トン以上の船の運航に必要な資格です。ではなぜ、漁業高等学園では多くの時間を割いて海技士の勉強をするのでしょう?現在、海技士が不足していて大型漁船を使用する遠洋漁業などでは大きな問題となっており、海技士になると数少ない資格持ちの漁師として、幹部船員としての道が開けます。海技士になるには実務経験も必要ですので、修学期間が1年間の漁業高等学園では筆記試験に...学園に来るメリット

  • 第一級海上特殊無線の講義 その2

    10月28日金曜日英語に始まった第一級海上特殊無線の講習ですが、後半の法規に進んでいます。講習は来週の月曜までです。全員合格を期待します。通常、金曜日は6時限目までで県内出身の生徒は15時過ぎには帰宅するのですが、本日の講義は17時過ぎまであります。保護者の皆様、帰宅時間が遅くなりますのでご承知ください。入学希望者向けに学園の週末見学説明会を開催します。11月の開催日は12日(土午前)、13日(日午前・午後)です。13日はまだ十分空きがあります。ご参加いただける方は開催日の4日前までに申し込みをお願いします。遠方あるいは週末は都合が付かなくて見学会に来れないという方向けに、見学会で私が説明しているスライドの要約版をYoutubeでご覧いただけるようにしましたのでこちらもご利用ください。詳細はホームページ(...第一級海上特殊無線の講義その2

  • 機関計測実習

    10月27日木曜日遠洋航海実習に向けた準備は釣込み訓練だけではありません。この遠洋航海実習では当直業務が24時間行なわれ、生徒も交代で任務に就きます。当直は、航海と機関のそれぞれ行なわれますが、航海専攻と機関専攻の生徒のいずれも全員が両方の当直に就きます。機関の当直では、主機(エンジン)、補機(潤滑油ポンプ等)の機器類が示す値を記録する業務を行ないます。先週、その業務に備えて実習を行ないました。機関実習棟にある主機(エンジン)、補機(潤滑油ポンプ等)を始動して、その機器類が示す値が適正値の範囲内に収まっているかどうか先生がチェックして、確認します。計測値は、機関日誌に記録します。このデータがトラブルが発生したときの原因を探る参考にもなります。入学希望者向けに学園の週末見学説明会を開催します。11月の開催日...機関計測実習

  • カツオ釣込み実習 その2

    10月26日水曜日本日も第一級海上特殊無線(一海特)の資格取得のための講義が続いています。講習の様子はいずれ書くとして、今回は以前紹介したカツオの釣込み訓練の続編を紹介します。カツオ一本釣漁船が漁獲するカツオの大きさは、1.5kg位から10kgを越えるものまでありますが、一つの群れはだいたい同じような大きさのカツオで構成されています。大型のカツオやマグロ類の幼魚が混じっている群れで操業する場合には、二丁釣りという釣り方をします。二丁釣りは、二人がそれぞれ一本のハネ(竿)を持ち、途中からラインが一本になる仕掛けを用いて、二人で抜きあげる釣り方です。そこで二丁釣り仕掛けも制作し、釣り方の練習も行なっています。重りは13-14kgあります。カツオ釣り込み訓練の様子を、本学園のYoutubeチャンネルにもアップし...カツオ釣込み実習その2

  • 第一級海上特殊無線の講義

    10月25日火曜日船で使う資格の一つが無線です。主に使うのが海上特殊無線技士という資格。今週から、第一級海上特殊無線(一海特)の資格取得の講義が始まっています。講師は、無線指導専門の方にお願いしています。以前、学園では二日の講習で二級、通称(つうしょう)二海特を取得していましたが、海技士が乗るような大型漁船では一級が必要です。講習は7日間で、ちょっとした英語も必要になります。英語は苦手な生徒がほとんどですが、講師の先生がわかりやすく教えてくれます。海技士の試験が終わったばかりですが、ぼやぼやしている暇はありません。来月には遠洋航海実習もありますから、学園の1年間はあっという間に過ぎていきます。入学希望者向けに学園の週末見学説明会を開催します。11月の開催日は12日(土午前)、13日(日午前・午後)です。ご...第一級海上特殊無線の講義

  • 入試日程

    10月24日月曜日先週の金曜日にAO入試の合格発表を行いました。合格した皆さん、おめでとうございます。来年4月より学園でがんばってください。今後の入試日程は以下の通りです。第2回AO入試令和4年12月26日(月)願書受付期間令和4年12月5日(月)~12月19日(月)一般入試令和5年1月19日(木)願書受付期間令和4年12月22日(木)~令和5年1月10日(火)詳しくはホームページ(https://gyogaku.com/)をご覧ください。入学希望者向けに学園の週末見学説明会を開催します。11月の開催日は12日(土午前)、13日(日午前・午後)です。ご参加いただける方は開催日の4日前までに申し込みをお願いします。遠方あるいは週末は都合が付かなくて見学会に来れないという方向けに、見学会で私が説明しているスラ...入試日程

  • 水産庁研修生

    10月21日金曜日10月11日から2週間、水産庁の研修生を受け入れていましたが、本日が研修最終日となりました。今年来られたYさんは水産庁に採用され3年目だそうです。研修中は、航海専攻の生徒と一緒に授業を受けたり、実習にも参加してもらいました。資源管理部で国際協定に関する業務を担当されているそうで、授業の合間を縫って入港中の遠洋漁船の見学をしたり、カツオの水揚げの見学に出かけたりと精力的に研修に励まれました。実習では、カツオ一本釣りのバケの制作や、釣り込み練習にも参加していただきました。漁師の仕事の一部を知ってもらえたのではないかと思います。漁師になる若者と寝食を共にすることは今後無いでしょうから、この経験を今後の業務に役立てていただきたいと思います。入学希望者向けに学園の週末見学説明会を開催します。11月...水産庁研修生

  • シミュレーター講習

    10月20日木曜日学園には、航海シミューレーターという、操船を体験する機械があります。航海専攻の授業で、この機械を使って実際の操船を疑似体験しました。このシュミレーター、なかなかリアルで操舵(そうだ)から向きが変わるまでタイムラグがあります。船特有の動作を体感できます。自動操縦にすると目標に向かってうまく操船できますが、手動操縦にするとうまくいきません。例年夏に実施しているオープンキャンパスでは、模擬授業でこのシミュレーターの操縦体験することもできます。来年、チャレンジしてみませんか!入学希望者向けに学園の週末見学説明会を開催します。11月の開催日は12日(土午前)、13日(日午前・午後)です。ご参加いただける方は開催日の4日前までに申し込みをお願いします。遠方あるいは週末は都合が付かなくて見学会に来れな...シミュレーター講習

  • 海技士試験 その2

    10月19日水曜日先週、12名の生徒が海技士試験を受験してきましたが、海技士は航海、機関、そして級によっても試験日が異なります。今週は機関専攻の生徒12名(5級全員)と、航海専攻の2名(4級)が受験し、昨日の夕方、学園に戻ってきました。十分な手応えを感じた生徒もいれば、自信がない生徒もいるようでしたが、合格発表の日が楽しみです。今回受験しなかった生徒は、次こそは受験できるよう勉強に励んでほしいところです。入学希望者向けに学園の週末見学説明会を開催します。11月の開催日は12日(土午前)、13日(日午前・午後)です。ご参加いただける方は開催日の4日前までに申し込みをお願いします。遠方あるいは週末は都合が付かなくて見学会に来れないという方向けに、見学会で私が説明しているスライドの要約版をYoutubeでご覧い...海技士試験その2

  • 学園生の就職先

    10月18日火曜日以前、ブログで学園生の出身地について書きましたが、今回は就職先について紹介したいと思います。というのも、先日、受験を検討いただいている生徒の保護者様からお問い合せいただいた際に、他県の水産高校で静岡の漁業高等学園の受験も考えていると話したら、「あそこを出たらカツオ一本釣漁船に就職するしかないと言われた。」という話を聞いたからです。焼津は遠洋カツオ一本釣漁船の水揚げ基地として有名ですし、我々も学園のパンフレット等、PR資料にカツオ一本釣実習の写真を多用していますので、そのような印象を持たれるのかもしれません。実際は、そんなことは無いのですよ。近年の卒業生の就職先を見ると、年度によって多少のばらつきはありますが、遠洋漁業(カツオ一本釣、海外巻き網、マグロはえ縄)に4割から6割、残りが沖合漁業...学園生の就職先

  • カツオ釣込み実習

    10月17日月曜日本年も、11月中旬から約1か月間の遠洋航海実習を予定しています。この実習では、カツオの一本釣体験を実施しており、先週からカツオの模型を使った釣込み実習が始まっています。これまでカツオの一本釣漁具の作製実習で、生徒達が仕上げた一本釣のハネ(竿)に、カツオを模したおもり袋(模型)を取付け、カツオを釣り上げる練習です。練習場所は、例年行っている学園の直ぐ脇を流れる黒石川の川べりです。先生の笛の合図に併せ、「構え」、「せーの」のかけ声で釣り上げます。効率良く釣り上げるには、腕だけで無く体全体を使って、竿のしなり(弾力)をうまく使うことが必要です。力任せでは、直ぐに疲れてしまいます。おもり袋の重さは、約4キロ。実習本番まで数回練習を積んで、コツをつかんでいきます。10月の週末見学会の開催日は22日...カツオ釣込み実習

  • 学園紹介スライド

    10月14日金曜日本学園では毎月2日間、入学希望者向けの週末見学説明会を開催しています。開催日は漁業高等学園ホームページ(https://gyogaku.com/)をご覧ください。説明会に興味はあるのだけれど、遠方で来園できない方、開催日に都合が付かないという方向けに、見学会で私が説明しているスライドの要約版をYoutubeでご覧いただけるようにしました。スライド視聴後、メールにて質問もお受けいたします。視聴後に見学説明会にご参加いただくことも可能です。スライド視聴ご希望の方は、タイトルを園長スライド希望としたメールに、入学希望者の氏名、年齢、学校名(社会人の方は会社名)、住所、保護者氏名(高校生以下の場合)、連絡先(本人、保護者どちらでも可能)を記入して、gyogaku@pref.shizuoka.lg...学園紹介スライド

  • わかたか乗船実習

    10月13日木曜日昨日お伝えしたとおり、現在、約半数の生徒が海技士の試験に出かけています。残りの生徒は、学園で通常の授業や実習を行いますが、昨日は、本学園専用の実習船「わかたか」(6.6トン)を使った乗船実習を行いました。わかたかを使用した実習には、このあと漁業実習もありますが、まずは船になれることが必要です。焼津港を出港して、基本的な操船を学びながら清水港まで往復しました。清水港にはJAMSTECの地球深部探査船「ちきゅう」が停泊しており、近くで見ることができました。船体中央の巨大なやぐらが目立ちます。来年度、入学希望者向けに学園の見学説明会を開催します。園長が学園生活を御説明し、施設を御案内します。また、学力や寮生活に対する不安など、皆さんの心配、疑問にお答えします。10月の開催日は22日(土)、23...わかたか乗船実習

  • 海技士国家試験(筆記)の受験

    10月12日水曜日大型漁船の航海士や機関士といった幹部職員となるためには、海技士の資格が必要です。今月、航海専攻の生徒8名、機関専攻の生徒12名が海技士国家試験(筆記)を受験します。試験は航海、機関、そして級別に試験日が違いますが、昨日、53期生の第一陣として12名が名古屋に出発しました。写真は出発前のもの、園長と同期の仲間から励ましの言葉を受けて出発しました。受験料や名古屋の受験会場までの交通費などの費用は、すべて生徒の個人負担ですので、学園での模擬試験を受け、教務の職員から合格できるレベルに達したというOKが出た生徒のみ受験を認めています。試験には引率として、職員も1名同行します。合格発表の日が楽しみです。来年度、入学希望者向けに学園の見学説明会を開催します。園長が学園生活を御説明し、施設を御案内しま...海技士国家試験(筆記)の受験

  • 現役通信長の授業

    10月11日火曜日今月下旬から、海上特殊無線技士講習が始まります。例年、この講習の前に水産・海洋技術研究所調査船駿河丸の通信長に授業をお願いしていますが、今年も先週の金曜日に来てくださいました。通信長は毎年、趣向を凝らした講義をしてくれます。生徒達には良い予習になったと思います。終了後、園長、今年の生徒はできが良いから全員合格間違いなしだよ!と言っていただきました。期待したいと思います。来年度、入学希望者向けに学園の見学説明会を開催します。園長が学園生活を御説明し、施設を御案内します。また、学力や寮生活に対する不安など、皆さんの心配、疑問にお答えします。10月の開催日は22日(土)、23日(日)です。ご参加いただける方は開催日の4日前までに申し込みをお願いします。詳細は漁業高等学園ホームページ(https...現役通信長の授業

  • 浜名地区見学

    10月7日金曜日昨日、生徒達は県西部浜名地区の水産関係施設の見学に行ってきました。最初に訪れたのは、静岡県水産・海洋技術研究所浜名湖分場です。浜名湖分場は、アサリをはじめとする浜名湖の漁業、トラフグなど遠州灘の漁業、浜名湖の環境モニタリング、ウナギやアユの養殖など、幅広い試験研究と普及活動を行っています。普及指導員の方から、浜名湖の特徴や水産資源についての講義を聴きました。最近、浜名湖ではアサリの漁獲量が激減しており、研究所でも特に力を入れて、原因究明や対策に取り組んでいます。次に、浜名湖分場に併設されている浜名湖体験学習施設「ウォット」を見学しました。「ウォット」は、浜名湖に生息している水産生物を中心として、見て、触る体験ができる施設です。ウオットには水槽の下から手を入れるところが空いていて、水槽に直接...浜名地区見学

  • クロスロープ その1

    10月6日木曜日今週から、生徒が苦戦する実習のひとつ、クロスロープの刺し継ぎが始まりました。クロスロープとは、クロスエイトなどとも呼ばれる8本の紐を編み込んで作ったロープのことです。このロープを使って、ロープの端末処理や連結する作業を練習していきます。最初に、先生から基本的なロープの仕組みの説明を聞きました。ここがしっかり分かっていないと、先へ進めません。クロスロープにも、いろいろな種類があります。まずは、アイスプライスという種類から、練習していきます。AO入試(10月15日実施)願書受付、明日の消印まで有効です。受験予定で未発送の方はお急ぎください。来年度、入学希望者向けに学園の見学説明会を開催します。園長が学園生活を御説明し、施設を御案内します。また、学力や寮生活に対する不安など、皆さんの心配、疑問に...クロスロープその1

  • 機関整備実習 その2

    10月5日水曜日昨日に引き続き機関整備実習を行いました。分解・洗浄したエンジンを組み立て、起動する実習です。メーカーの方の説明のあとエンジンの起動と停止を行いました。今回の実習で、エンジンの構造や仕組みへの理解が深まったことと思います。AO入試(10月15日実施)願書受付中です。静岡県の漁師になることを志望し、知識および技術を学ぼうとする意欲が旺盛な生徒を求めます。受検の条件や、出願書類等は漁業高等学園ホームページ(https://gyogaku.com/)をご覧ください。出願期間は令和4年10月7日(金)までで、最終日の消印まで有効です。来年度、入学希望者向けに学園の見学説明会を開催します。園長が学園生活を御説明し、施設を御案内します。また、学力や寮生活に対する不安など、皆さんの心配、疑問にお答えします...機関整備実習その2

  • 機関整備実習 その1

    10月4日火曜日本日から2日間、機関実習棟の大型ディーゼルエンジンの整備実習を行います。この実習は、毎年、機関専攻だけでなく航海専攻の生徒も参加しています。実習棟のエンジンは600馬力の6気筒ディーゼルターボ。100トンくらいの船で使うエンジンです。このエンジンを製造したメーカーの赤阪鐵工所の方にも来ていただき、6気筒のうちの1つのシリンダーとピストン周辺の部品を外して、清掃と状態の確認を行いました。エンジン上部から部品を外します。要所、要所で業者の方が生徒に説明してくれるので、エンジンの仕組みが良く分かります。このあと、元通りに組み立てて、明日は、組みあがったエンジンを起動させる実習を行います。AO入試(10月15日実施)願書受付中です。静岡県の漁師になることを志望し、知識および技術を学ぼうとする意欲が...機関整備実習その1

  • AO入試願書受付中(10/7まで)

    静岡県立漁業高等学園は、漁師になるための専門校です。全寮制で1年間、漁師の仕事を学び、さまざまな資格を取得して大型漁船の船長や機関長を目指します。AO入試は適性を重視する入学試験で、一般入試と違い学科試験がありません。静岡県の漁師になることを志望し、知識および技術を学ぼうとする意欲が旺盛な生徒を求めます。受験資格者は、令和5年4月1日時点で18歳以上30歳以下で、高校卒業以上(見込みを含む)又はそれ以上の資格のある者です。その他の条件や、出願書類等は漁業高等学園ホームページ(https://gyogaku.com/)をご覧ください。出願期間は令和4年10月7日(金)で、最終日の消印まで有効です。AO入試願書受付中(10/7まで)

  • クラブ活動

    10月3日月曜日見学会等に来てくれる入学希望の生徒さんから、学園にはどんなクラブがあるんですか?と聞かれることがあります。火曜日と水曜日の8時限目はクラブ活動の時間になっていますが、定員30名の小さな学校ですので、高校のように野球部とか陸上部とか競技別のクラブがあるわけではありません。学園のクラブ活動は生徒の自主運営で、何をやるかはみんなで相談して決めます。今年の生徒は、天候が良い日はサッカーをやってることが多いです。学園生の多くが就職するような大型漁船は、たくさんの漁師が乗っているのでチームワークが大事です。クラブ活動を自主運営にしてるのは、その点も考慮してのことです。AO入試(10月15日実施)願書受付中です。静岡県の漁師になることを志望し、知識および技術を学ぼうとする意欲が旺盛な生徒を求めます。受検...クラブ活動

  • カツオ一本釣りの漁具作り3

    9月30日金曜日実習では、カツオ一本釣りの漁具の作製が進んでいます。今週は、通称「バケ」と呼ばれるカツオを掛ける擬餌針を作りました。カツオ一本釣りでは、海中から抜きあげたカツオが、竿の操作だけで空中で簡単に外れるようにしなければなりません。このため、針は大きくて軸も太くしっかりしていますが、かかったら外れないようなしくみの「かえし」がついていません。まずは、針の上からしっかりと糸を巻いていきます。この上に、羽などを取付けるため、巻いた糸が回転したりずれたりしないよう、隙間無く巻き付けていきます。針に下巻の糸をしっかりと巻きつけることができたら、その上に着色した鳥の羽を巻きつけます。これも、回転したりずれたりしないよう、糸を隙間無く巻き付けていきます。さらに「ネコ皮」と呼ばれる、カバーを取りつける行程となり...カツオ一本釣りの漁具作り3

  • 研究所の講義(ブランド化)

    9月29日木曜日先週に引き続き、水産業普及指導員による講義がありました。今回のテーマは「ブランド化」です。近年、水産物の「地域ブランド化」の取り組みが活発に行われています。ブランド化と言葉でいうのは簡単ですが、ただ特別な名前をつけて売り込みすれば良いというものではありません。他産地と差別化し、高い価値を付加していくためには、漁師だけでなく、漁協や仲買人らの協力も必要となってきます。多くの場合、これらのメンバーに普及指導員や専門アドバイザーなどが加わって議論を重ね、漁獲から処理の方法、流通販売、PR戦略などを決めていきます。駿河湾の南西部に位置する南駿河湾漁協では、曳き縄一本釣りで漁獲し、高鮮度処理を施して、脂肪量などの基準を満たすサワラを「波乗り鰆」としてブランド化しています。サワラのブランド化に向けた活...研究所の講義(ブランド化)

  • 研究所の講義(水産業普及指導員)

    9月28日水曜日9月21日に静岡県水産・海洋技術研究所の水産技師を招いて行った講義、テーマは「水産業普及指導員とは」でした。水産業普及指導員は、水産業の発展のため、担い手の育成の確保、水産資源の持続的な利用のための技術支援、水産物の生産から消費に至る取組の支援、研究・技術の普及啓発、その他様々な支援を行なうため、全国の都道府県に配属されています。静岡県では、県内の水産・海洋技術研究所(本所、3分場)に計10名が配属されています。今回の講義では、研究所本所の普及指導員の方から、水産業普及指導員の活動全般についてのお話をしていただきました。学園を卒業して漁師となった時、「水産業普及指導員」に実際世話になることもあると思います。AO入試(10月15日実施)願書受付を開始しました。静岡県の漁師になることを志望し、...研究所の講義(水産業普及指導員)

  • 富士地区見学

    9月27日火曜日昨日、富士地区の施設見学がありました。最初に行ったのは、富士宮市の冨士山本宮浅間大社近くにある、静岡県富士山世界遺産センターです。ここの施設は、建物内をらせん状に上りながら富士山のことを勉強できるようになっており、ちょっとした登山の雰囲気も楽しめる工夫がされています。一番上の展望ホールからは、上半分を雲から出した富士山の姿が眺められました。富士山をバックに次に行ったのが、県水産・海洋技術研究所富士養鱒場です。私が、今年の3月まで勤めていた職場です。普及指導員の方に、場内施設を案内していただき、本県のニジマス養殖について教えていただきました。富士山麓に降った雨が豊富な湧水となり、この地をニジマス養殖生産量日本一にしていること。回転寿司のサーモンが実はニジマスだったこと、ニジマスは採卵してもサ...富士地区見学

  • 遠洋マグロ延縄船の見学2

    9月26日月曜日このところ3週連続で週末になると台風が来ています。幸い本学園に被害はでていませんが、今回の台風15号は静岡県の各地に、床上浸水等の被害をもたらしました。被災された方にお見舞い申し上げます。本日、生徒達は富士地区の視察に出かけています。その様子は、明日以降のブログで紹介させていただきますが、今回は、先々週の金曜日に実施した遠洋マグロ延縄船の見学の様子を紹介します。遠洋マグロ延縄船の見学は5月に続き2隻目です。今回も最新の船内設備に驚き、生活しやすそうだという感想を持った生徒もいたようです。今年の生徒にもマグロ船への就職を希望する者がいます。その他の漁に進む者にとっても、興味深い視察になったと思います。ご協力いただいた皆様に御礼申し上げます。AO入試(10月15日実施)願書受付を開始しました。...遠洋マグロ延縄船の見学2

  • AO入試願書受付開始

    9月22日木曜日本日より、AO入試(10月15日実施)の願書受付を開始しました。AO入試は適性を重視する入学試験で、本学園の場合、一般入試との違いは学科試験が無いことです。静岡県の漁師になることを志望し、知識および技術を学ぼうとする意欲が旺盛な生徒を求めます。AO入試で合格した場合、入学辞退は出来ません。AO入試の受験資格者は、令和5年4月1日時点で18歳以上30歳以下で、高校卒業以上(見込みを含む)又はそれ以上の資格のある者です。その他の条件や、出願書類等は漁業高等学園ホームページ(https://gyogaku.com/)をご覧ください。出願期間は令和4年9月22日(木)から令和4年10月7日(金)で、最終日の消印まで有効です。来年度、入学希望者向けに学園の見学説明会を開催します。園長が学園生活を御説...AO入試願書受付開始

  • 実習船「やいづ」の見学

    9月21日水曜日先週の火曜日、生徒達は焼津水産高校の実習船「やいづ」の見学に行ってきました。11月から実施する約1か月に渡る遠洋航海実習において乗船する船です。乗船実習を前に、生活環境などを確認してきました。「やいづ」は559トンで水産高校の保有する実習船では最大規模です。水産系の実習船には、漁業をする漁労(ぎょろう)設備があり、「やいづ」はカツオの一本釣りの練習ができるようになっています。本学園の実習でも、カツオの一本釣りを行います。2カ月後には実際に乗る船ですので、皆真剣に教員の話を聞いていました。9月22日より、AO入試(10月15日)の願書受付が始まります。令和5年4月1日時点で18歳以上30歳以下で、高校卒業以上(見込みを含む)又はそれ以上の資格のある者が対象です。詳細は漁業高等学園ホームページ...実習船「やいづ」の見学

  • 漁業就業支援フェア2022 大阪

    7月20日火曜日7月19日敬老の日、マイドーム大阪で開催された「漁業就業支援フェア2022」に出展しました。漁業就業支援フェアに来場した就業希望者は、来場目的等を記載したコミュニケーションカードを持って、出展者ブースを自由に回る形式です。台風14号が接近しており、夕方から新幹線の運行制限がアナウンスされるなか、漁業高等学園のブースは当初予定より早めに終了させていただきましたが、今回も、少数ながら将来漁師になりたいという若者が訪れてくれました。学園からは、入学案内のパンフレット、見学説明会のチラシ等を配布し、学園の概要、就職先等について説明しました。静岡県の漁師を目指すのであれば、知識や技術、資格取得だけでなく、協調性や生活習慣まで身につく当学園で1年間勉強することをお勧めします。来年度、入学希望者向けに学...漁業就業支援フェア2022大阪

  • 伊豆地域見学 その2

    9月16日金曜日前回の続き、伊豆地区の水産関係施設等の見学です。伊豆半島の最南部にある南伊豆町には、船舶の安全航行を見守る石廊崎灯台があります。市場見学の後、石廊崎灯台の見学をしました。ここから晴れた日には、遠くに伊豆諸島の島々を見渡すことが出来ます。この伊豆諸島周辺の海には、キンメダイの漁場が数多く存在します。最後に、水産・海洋技術研究所伊豆分場を訪問しました。ここでは普及員の方から、伊豆周辺の漁業や、伊豆分場で行われている研究のお話を聞かせていただきました。また、研究施設と併設されている展示施設の見学、施設で飼育している魚への餌やりを体験させていただきました。さらに、近くの漁港に移動して、イセエビの資源状況などを推定するすることを目的に調査が行われている、イセエビの稚エビコレクターという装置を引き上げ...伊豆地域見学その2

  • 伊豆地域見学 その1

    9月15日木曜日昨日、私は体調不良でお休みでしたが、生徒達は伊豆地域の水産関係施設の見学に行ってきました。朝食は、下田市漁協に併設された「金目亭」で、朝定食をいただきました。キンメのあら汁にツムブリの刺身も付いて豪華な朝食だったそうです。その後、市場でキンメダイの水揚げの様子を見学させていただき、漁協職員の方からキンメダイ漁に関する講義をしていただきました。今年の生徒にも、キンメダイ漁船への乗組みを希望している者がおります。その他の漁に進む者にとっても、興味深い視察になったと思います。ご協力いただいた皆様に御礼申し上げます。9月19日(月祝)にマイドームおおさかで漁業就業支援フェア2022大阪が開催されます。大阪近郊の方で漁師を目指している方、全国から様々な漁業会社の方が集まり生の話が聞けるチャンスです。...伊豆地域見学その1

  • 学園の見学

    9月13日火曜日今日は、月一回週末に実施している学園の見学会についての話です。見学会に参加していただく方が到着すると、まず教育棟の会議室にご案内します。学園玄関研修室週末、見学会のご参加者は、通常1組か2組で、こじんまりとやっています。スライドを使って約、40分ほど説明します。説明のあと、質問にお答えしますが、参加者が1組の場合は、説明の途中でも、分わからないことがあればその場で聞いてもらっています。質問が多いと、それだけで1時間くらいかかることもあります。オープンキャンパスのように、1日で数組以上いらっしゃるとこうは行きません。参加者が少ないからこそ、できる対応です。そのあと、園内をご案内します。寮のある宿泊棟、教室、実習棟など一通り案内します。週末の見学会は、私が一人でご案内してます。近年、学園で行わ...学園の見学

  • 二学期の講義

    9月12日月曜日2学期の講義は、航海と機関に別れ、それぞれ専攻別になります。そのため2学期の講義は小さめの教室で実施しており、先生との距離もぐっと近くなります。海技士試験合格に向け、しっかりと取組んでほしいと思います。来年度、入学希望者向けに学園の見学説明会を開催しています。園長が学園生活を御説明し、施設を御案内します。また、学力や寮生活に対する不安など、皆さんの心配、疑問にお答えします。開催日は学園ホームページ(https://gyogaku.com/)をご覧ください。9月19日(月祝)にマイドームおおさかで漁業就業支援フェア2022大阪が開催されます。大阪近郊の方で漁師を目指している方、全国から様々な漁業会社の方が集まり生の話が聞けるチャンスです。ぜひ足を運んでみてください。園長も参加します。漁業高等...二学期の講義

  • カツオ一本釣りの漁具づくり その2

    9月9日金曜日ハネ(竿)の先端につける「カンザシ」と呼ばれる部分の作成の続きです。最初のところから糸をしっかりと締め込まないとすぐに抜けてしまうので、先生に指導・チェックしてもらいながら仕上げていきます。うまく出来たと思っても、先生がひねると抜けてしまったり、カンザシとロープを結びつけ、実際に竿を大きくしならせ確認してみると、すっぽ抜けてしまうものばかりです。この日は、カツオ一本釣りの現役の漁師である卒業生が遊びに来て、臨時講師として実習のお手伝いをしてくれました。竿2本分でOKが出た生徒は、次の「テドコ」といわれる部分の製作に進みます。「テドコ」は、竿を手で握る部分になります。この「テドコ」は、竿を握ったときの滑り止めの役割もあり、しっかりと糸を締め込んでいく必要があります。来年度、入学希望者向けに学園...カツオ一本釣りの漁具づくりその2

  • 0908 海技士試験にむけて

    9月8日木曜日海技士資格は、20トン以上の船舶で操船や機関員になるのに必要な資格で、1~6級があります。筆記試験、口述試験、身体検査がありますが、筆記試験は乗船履歴がなくても受験できます。このため、学園の生徒は筆記試験を受験し、就職後に乗船履歴が出来た時点で残りの試験を受けることになります。年4回の試験がありますが、学園の生徒は10月に最初の受験をしています。今週は、航海、機関ともに学園で模擬試験を行いました。この試験の成績によって、受験が可能と判断された生徒が10月の試験を受けることになります。10月の試験に合格すれば、勉強を進めて、来年2月の試験でさらに上の級を目指すことになります。毎年、生徒の多くが5級ないし4級の資格を取得していますが、中には3級の筆記試験に合格する人もいます。来年度、入学希望者向...0908海技士試験にむけて

  • 0907 「深海魚おじさん」の講義

    9月7日木曜日長兼丸の長谷川久志さんと、その息子さんである一孝さん親子の講演がありました。長谷川さんは深海魚専門の漁師です。本県には、深海魚を捕る漁師はたくさんいます。例えば、キンメダイも水深200-800メートルに生息する深海魚です。サクラエビも昼は深い海にいて、夜、浅い場所に浮上したときに漁をします。しかし、深海のサメやグソクムシを捕る漁師は長谷川さん親子だけです。テレビ番組の出演も多く、全国各地で講演もされていることから、「深海魚おじさん」として知っている方は多いのではないでしょうか。学園では「深海魚おじさん」の授業は毎年恒例になっています。今年も、長谷川さんがマグロ漁師だった頃の話から、深海魚の漁の話し、TV番組撮影時のタレントさんとの絡みについての裏話まで、盛りだくさんの内容で、約3時間ぶっとお...0907「深海魚おじさん」の講義

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、漁業学園の学園長さんをフォローしませんか?

ハンドル名
漁業学園の学園長さん
ブログタイトル
漁師になる専門校 静岡県立漁業学園
フォロー
漁師になる専門校 静岡県立漁業学園

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用