一般社団法人 全国外国人雇用協会BLOG
読者になる
住所
出身
ハンドル名
全国外国人雇用協会さん
ブログタイトル
一般社団法人 全国外国人雇用協会BLOG
ブログURL
http://nfea.blog.jp/
ブログ紹介文
外国人雇用、人手不足、企業経営、日本経済、移民、多文化共生、国際情勢等、外国人と雇用に関して書きます
自由文
-
更新頻度(1年)

328回 / 355日(平均6.5回/週)

ブログ村参加:2018/10/17

全国外国人雇用協会さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(IN) 27,078位 25,157位 25,097位 27,594位 27,521位 27,627位 27,633位 975,454サイト
INポイント 0 0 10 10 10 10 10 50/週
OUTポイント 60 20 10 70 120 90 80 450/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
士業ブログ 109位 102位 101位 116位 112位 115位 110位 4,772サイト
行政書士 28位 27位 28位 31位 31位 32位 31位 1,300サイト
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 17,127位 18,540位 19,108位 19,240位 18,912位 19,756位 18,410位 975,454サイト
INポイント 0 0 10 10 10 10 10 50/週
OUTポイント 60 20 10 70 120 90 80 450/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
士業ブログ 40位 48位 50位 53位 50位 52位 52位 4,772サイト
行政書士 10位 11位 13位 13位 12位 13位 14位 1,300サイト
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,454サイト
INポイント 0 0 10 10 10 10 10 50/週
OUTポイント 60 20 10 70 120 90 80 450/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
士業ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,772サイト
行政書士 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,300サイト

全国外国人雇用協会さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、全国外国人雇用協会さんの読者になりませんか?

ハンドル名
全国外国人雇用協会さん
ブログタイトル
一般社団法人 全国外国人雇用協会BLOG
更新頻度
328回 / 355日(平均6.5回/週)
読者になる
一般社団法人 全国外国人雇用協会BLOG
  • 入管政策:世界各国が人口減で悩んでいる!

    l  世界各国が人口減で悩んでいます。2020年から2050年の間に、最も大きく人口が減ると見られる国の第1位はブルガリアで▲22.5%。690万人から540万人に急減する見込みです。ブルガリアの悩みは海外移民。ブルガリアの月間最低賃金が320ドルとEU加盟国の中で最低水準なので

  • 経済政策:なぜ日本では働きたくないのか?

    l  現実問題として、日本は、外国人に国内で働いてもらわないと立ち行かないのですが、外国人にとっては、それほど魅力的な国ではありません。「各国の駐在員が働きたい国ランキング」では、調査対象33カ国の中で日本は32位とブービー。アジア諸国と比較しても、香港(15位

  • 入管政策:納税してるのに扱いが不公平?

    l 10月から幼児教育と保育の無償化が始まりましたが、朝鮮学校やインターナショナルスクール、ブラジル人などの南米人系学校など「各種学校」の幼稚部(88ヶ所:2018年5月)は対象外。「幼児教育の質が制度的に担保されているとはいえない」というのが、各種学校を対象外と

  • 国籍問題:大坂なおみは日本を選ぶ?

    l  ハイチ出身の父と日本人の母を持つテニスの大坂なおみ選手は、幼少から米国を拠点とし、日本と米国の国籍を持っていますが、国籍法が年齢制限として規定している22歳の誕生日(10月16日)を迎える前に、日本国籍を選ぶ届け出を済ませたことが報じられ、日本中が歓喜しま

  • 入管法違反:フレンドニッポンは処罰しない?

    l  10月8日、入管庁と厚労省は、千葉と埼玉にある2つの監理団体が、ベトナムの人材送り出し機関との間で不適切な覚書を交わしていたとして、それぞれ監理団体としての許可を取り消しました。送り出し機関からキャッシュバックなどを約束していたというものです。ただ、2つ

  • 経済政策:消費税増税で修羅場が来る!

    l  日銀が10月1日に発表した短観で、大企業の製造業の景気判断を示す指数が3期連続で悪化しました。これは、日銀が大規模な金融緩和に乗り出した直後の2013年6月以来の低い水準です。見通しも明るくありません。大企業の非製造業も悪化に転じました。先行きに対する警戒

  • 在留資格:憲法の解釈よりも入管の裁量?

    l 9月18日に出た宇都宮地裁真岡支部の判決が話題になっています。憲法は「同性婚を否定していない」という立場から、内縁関係の同性婚を婚姻関係に準じて取り扱い、慰謝料の支払を認めたからです。憲法24条は「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立」と規定していますから、

  • 入管法違反:ネオキャリアは逃げ切ったのか?

    l  8月下旬に、上野宏史前政務官が、ネオキャリアが申請する外国人労働者の在留資格を巡って法務省に口利きしたという週刊誌の報道があったものの、当事者として巻き込まれてしまった法務省が情報を全然流してくれないため、マスコミ各社は、ネオ社を追及することができませ

  • 入管行政:入管は司法にも軽々には屈しない?

    l 10月4日,外務省は、「第三国定住難民」として受け入れたミャンマーからの難民20名に対して,定住支援プログラムを開始しました。「第三国定住」は,「自発的帰還」「第一次庇護国への定住」と並ぶ難民問題の解決策の一つであり、日本が9年間で受け入れたミャンマー難民

  • 特定技能:登録支援機関は「開店休業」中?

    l 「特定技能」の認定が、導入からの半年間で、376人(9月27日時点)に留まったことが明らかになりました(申請は1500件前後)。初年度に見込んでいた32,800人~47,550人の1%程度の規模であり、現在「特定活動」で待機している技能実習の卒業生(2000人超)が今後加わった

  • 経済政策:最低賃金引き上げが窮地を招く!

    l  10月1日から最低賃金が引き上げられました。少なからぬ人々が、最低賃金引き上げで中小企業が淘汰されるとしても、それによる失業者は、大手企業への再就職で解決されるはず、と楽観的に見ているようです。l  しかし、①最高益のキリンビールは、なぜ中高齢社員のリス

  • 移民政策:「夜間中学」でも解決できないこと

    l  日本に住む外国人の小中学生にあたる子ども(124,049人)のうち、21,701人(全体の17%)が不就学かもしれません。日本語指導が必要な小中高校の児童生徒は過去最多(2018年度・50,759人:うち外国籍40,485人)。日本語指導が必要な高校生の大学等への進学率は42.2%で、

  • 入管行政:長期収容者にも悪い奴もいる!

    l  大村入国管理センターで収容中の40代のナイジェリア人男性が死亡した理由が、食事や治療を拒否したことによる「飢餓死」だったことが公表され、入管の長期収容が問題視されていますが、冷静な議論が必要だと思います。l  朝日新聞は、餓死で死亡したナイジェリア人に

  • 移民政策:ヘイトスピーチで罰金200万円?

    l 9月25日、ニューヨーク市人権委員会は、「在留資格と国籍に基づく差別の法的取り締まりガイダンス」を発表しました。ニューヨーク市においては、不法移民に対して、雇用主や家主、ビジネスオーナーらが「ICE(移民税関捜査局)に通報する」と脅かしたり、相手を侮辱的に

  • 在留資格:「国際金融都市TOKYO」ってナニ?

    l  「国際金融都市TOKYO」を標榜する東京都が、「国家戦略特区」を活用して、都が指定する金融会社で雇用された場合等で在留資格「高度専門職」における「ポイント制」で「10点」を加算することとしました。l  「10点」というのはそれなりに大きいので、別に悪くはないの

  • 入管行政:「外国人支援士」の前に為すべきこと

    l 佐々木入管庁長官は、同庁の新たな役割に外国人支援が加わったことを踏まえて、「外国人支援士」を創設するという構想を明らかにしました。確かに、「外国人支援士」を創設することになれば、資格試験が必要になるでしょうし、支援士を登録したり管理する協会や公的機関

  • 経済政策:昭和時代の常識は通用しない!

    l  昭和時代に「王者」として君臨してきた銀行界は、いまやその面影もなく青息吐息の状態で、やっていることと言えば、人員削減と機械化と支店統合とATM共通化という経費削減策ばかり。ノルマを廃止するのは「どうぞご自由に」という感じですが、大向こうを唸らせる新戦略を

  • セミナー:入管への口利きは効き目があるのか?

    10/23(水)15:00より、毎月1回開催しているビザフォーラムを行います。今回のテーマは、「入管への口利きは効き目があるのか? ~技人国・特定技能・アルバイト(上級編)~」と題して、外国人材の採用と入管法対策の基本について、お話しいたします。8月下旬、厚生労働省

  • 経済政策:昭和時代の常識は通用しない!

    l  昭和時代に「王者」として君臨してきた銀行界は、いまやその面影もなく青息吐息の状態で、やっていることと言えば、人員削減と機械化と支店統合とATM共通化という経費削減策ばかり。ノルマを廃止するのは「どうぞご自由に」という感じですが、大向こうを唸らせる新戦略を

  • 入管行政:「偽装留学生」叩きは成功する?

    l  東京福祉大の一件が最後の一押しとなって、政府は「偽装留学生」退治に舵を切りました。「偽装留学生」を叩き続けてきたジャーナリストたちは溜飲を下げるでしょうが、それで、現状は改善されるのでしょうか。l  人手不足の中で、無定見の「留学生30万人計画」を推進

  • 特定技能:監理団体は裏技に秀でている?

    l  評判の悪い「技能実習制度」の仕切り役は、「監理団体」なのですが、ものすごく政治力があって、裏技に秀でています。例えば、「技能実習」の技能検定をクリアした場合、「特定技能」に変更することが可能なのですが、そのときは、技能評価試験に合格した証拠(合格証)

  • 入管行政:日本代表の半数は外国人?

    l 9月20日、ラグビーW杯で、日本代表がロシアを撃破しました。ラグビー日本代表は、選ばれた31名中15名が外国出身選手。ハットトリックを決めて、一躍注目を集めた松島幸太朗選手は、ジンバブエ人の父を持ち、南アフリカで生まれた経歴の持ち主ですから、彼を「外国出身選

  • 外国人雇用:ビザを支援したら課税される?

    l  外国人を正社員で雇用する企業が増えてきました。在留資格の変更や在留期間の更新に係る諸費用を、会社が全額負担する場合も少なくありません。l  ただし、元国税調査官のある税理士は、その場合、給与課税の問題が発生し得ると指摘しています。給与課税の原則として

  • 特定技能:「特定技能」は「技能実習」に敗北?

    l  鳴り物入りで導入された「特定技能」が遅々とした動きではありますが、徐々に進み始めました。各国との二ヵ国協定の締結も進捗し、外食分野や宿泊分野、自動車整備分野における許可など、業種にも広がりが見えてきました。l  しかし、関係者にとって悩ましいのは「転

  • 入管行政:日本は経済大国ではない?

    l  ソフトバンクグループの孫正義社長兼会長は、「日本はAI後進国になってしまった」と憂い、ユニクロを率いるファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は、「平成の30年は『経済敗戦』だった」と嘆いています。ワタミを創業した渡邉美樹氏も「今の日本は何かがおかしい」

  • 入管行政:入管悪者論では改善しません!

    l  長期収容に対する批判が絶えません。施設への収容者1433人のうち約半数(713人)が半年以上の長期収容者になっており(2018年)、抗議のハンストが広がっています。大村入国管理センターでは、ハンストで抗議していたナイジェリア人男性が死亡しました。「強制送還の日程

  • 入管法違反:新聞に入管法を語る資格なし!

    l  上野宏史議員の口利き疑惑が報じられてから、新聞の切り口は「斡旋利得罪」の一本槍。確かに「斡旋利得処罰法」は、国会議員が、特定の者に対する行政庁の処分に関し、①請託を受けて、②その権限に基づく影響力を行使して、③公務員にその職務上の行為をさせるように斡

  • 入管行政:入管は受け入れたくないのです?

    l  在留資格「特定技能」が導入されてから5カ月間で認定されたのは205件。初年度は1000人以下の受け入れにとどまる公算が大きく、当初予想(32,800人~47,550人)の1~2%に終わる可能性が高まっています。入管庁長官は、「雇用する側が様子見という印象を持っている」とし

  • 入管行政:生き残るために分散すべし!

    l  日韓関係が悪化したことによって、好調を持続してきた観光業に異変が生じています。7月に九州の港や空港から入国した外国人数が前年比▲6.1%減となった中、対馬市では4割近くの減少に見舞われているほか、宿泊客に至っては、8月は同5~8割減が多く、9月の予約状況は9割

カテゴリー一覧
商用