プロフィールPROFILE

ブログタイトル
AOTEAROAで読書
ブログURL
http://bichon-maltese-leo.blog.jp/
ブログ紹介文
2019年読書の記録です
更新頻度(1年)

15回 / 349日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2018/10/08

読者になる

Emilyさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/14 12/13 12/12 12/11 12/10 12/09 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,680サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,807サイト
読書備忘録 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 835サイト
今日 12/14 12/13 12/12 12/11 12/10 12/09 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,680サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,807サイト
読書備忘録 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 835サイト
今日 12/14 12/13 12/12 12/11 12/10 12/09 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,680サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,807サイト
読書備忘録 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 835サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Emilyさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Emilyさん
ブログタイトル
AOTEAROAで読書
更新頻度
15回 / 349日(平均0.3回/週)
読者になる
AOTEAROAで読書

Emilyさんの新着記事

1件〜30件

  • 14.ランチのアッコちゃん

    ランチのアッコちゃん (双葉文庫) [文庫]柚木 麻子双葉社2015-02-12図書館の日本語コーナーを見ていて見つけました。こういうシンプルなおべんとうが好きだなーーーー。短編4作からなっています。ランチのアッコちゃん夜食のアッコちゃん夜の大捜査先生ゆとりのビアガーデン

  • 13. Offshore

    Offshore: a short story collection (English Edition) [Kindle版]Ann CleevesMacmillan2014-12-04VeraやShetlandシリーズの人気作家Ann Cleevesの短編集。どの短編も舞台はUKの島。Vera、Jimmy Perez、 Willow Reevesも出てきます。私は短編が好きだし、Ann CleevesのVer

  • 12. The Girl on the Balcony

    The Girl on the Balcony: Olivia Hussey Finds Life after Romeo and Juliet [ハードカバー]Olivia HusseyKensington2018-07-31これは、ちょっと前に読んだのだけど、記事にするのを忘れていました。でも記録なので、ここに書いておきます。オリビア・ハッセーの自伝。とい

  • 9. A Trick of the Light (Inspector Armand Gamache #7)

    A Trick Of The Light (A Chief Inspector Gamache Mystery Book 7) (English Edition) [Kindle版]Louise PennySphere2012-02-02前の記事のガマシュ警部シリーズの続き。舞台はスリーパインズ村に移ります。クララとピーター夫婦。クララの才能が見いだされ、有名なミュージ

  • 8. Bury Your Dead (Inspector Armand Gamache #6)

    Bury Your Dead (Chief Inspector Gamache) [ペーパーバック]Louise PennySphere2011-02-24Armand Gamacheシリーズの続き。前のBrutal Tellingからひきずっているストーリーラインあり。冒頭で、ガマシュ警部、ボボワールがどうやら傷をおって休暇中なのだが、実際何が起こっ

  • 7. Murder, She Wrote: Hook, Line and Murder

    Murder, She Wrote: Hook, Line, and Murder (Murder She Wrote) [マスマーケット]Jessica FletcherBerkley2017-09-05「ジェシカおばさんの事件簿」というTV番組がありました。そのキャラクターと設定を使って書かれた小説シリーズのひとつです。TV番組が終わっても毎年2作の

  • 6. Spider Woman's Daughter

    Spider Woman's Daughter: A Leaphorn & Chee Novel [Audible版]Anne HillermanHarperAudio2013-10-01私は以前Tony Hillermanという作家のナバホ警察ミステリーシリーズをよく読んでいました。残念ながらHillerman氏は2008年に亡くなって、新しい作品は読めなくなっていまし

  • 5. Brutal Telling (Inspector Armand Gamache #5)

    The Brutal Telling (Chief Inspector Gamache) [ペーパーバック]Louise PennySphere2011-06-01いやはや。。。前の本から半年が過ぎてしまいました。この本、1月に読み始めたものの、子供の学校が始まったりして、忙しくなり読まないまま図書館に返却。読まなくなったのは目

  • 6. Beartown

    Beartown: A Novel (English Edition) [Kindle版]Fredrik BackmanAtria Books2017-04-25

  • 4. Murder Stone (Inspector Armand Gamache #4)

    A Rule Against Murder (Chief Inspector Gamache) [ペーパーバック]Louise PennyMinotaur Books2011-03-15スリー・パインズ村と警部の苦い夏 (RHブックス・プラス) [文庫]ルイーズ ペニー武田ランダムハウスジャパン2012-07-11ケベックのガマシュ警部シリーズ第4弾、「Murde

  • 4. Clock Dance

    Clock Dance by Anne Tyler (2018年) Amazonのページはこちらから。アン・タイラーの最新作、Clock Dance。Anne TylerはThe Accidental Touristを読んで以来、大ファンで、何冊も読んでいます。これは、Anne Tylerらしい作品で、ファンならきっと気に入ると思います

  • 3. The Cruellest Month (Inspector Armand Gamache #3)

    The Cruellest Month (A Chief Inspector Gamache Mystery Book 3) (English Edition) [Kindle版]Louise PennySphere2011-04-07スリー・パインズ村の無慈悲な春 (RHブックス・プラス) [文庫]ルイーズ ペニー武田ランダムハウスジャパン2011-05-11 '舞台:カナダ、ケベック州

  • 2. Agatha Raisin and the Fairies of Fryfam (Agatha Raisin #10)

    英単語の途中で改行されてたのを修正したりして、デザインも変えてみました。どうですか?ちょっと寒い感じですかね???私は気に入っています。Agatha Raisin and the Fairies of Fryfam (English Edition) [Kindle版]M.C. BeatonC & R Crime2009-06-01アガサ・レーズンの

  • Death of an Honest Man (Hamish Macbeth #33)

    Death of an Honest Man (A Hamish Macbeth Mystery Book 33) (English Edition) [Kindle版]M. C. BeatonGrand Central Publishing2018-02-202019年第1作目は、M.C. Beaton作Hamish Macbethミステリーシリーズ第33作目の、「Death of an Honest Man」。スコットランド。日本

  • 2019年

    明けましておめでとうございます!2019年の抱負で、週一のペースで読書をする!と目標を設定しました。1週間に1冊以上読むこともあれば、1冊読めないこともあるでしょう。さて、2019年、何冊読めるでしょうか。一応目標は52冊です。で、ここに、記録を残そうと思います。時間

カテゴリー一覧
商用