プロフィールPROFILE

冷森さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
その男、冷森につき
ブログURL
http://reishin-murakami.blog.jp/
ブログ紹介文
日々のよしなしごとなど。
更新頻度(1年)

131回 / 365日(平均2.5回/週)

ブログ村参加:2018/10/05

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、冷森さんの読者になりませんか?

ハンドル名
冷森さん
ブログタイトル
その男、冷森につき
更新頻度
131回 / 365日(平均2.5回/週)
読者になる
その男、冷森につき

冷森さんの新着記事

1件〜30件

  • アイドルマスターの裏の顔。その醜さ

    <!-- @page { margin: 2cm } P { margin-bottom: 0.21cm } --> 地下アイドルというのがいる。人にもよるが、変わった人が多い。ぼくが企画者として、それをどう取りまとまめるか、なんて、身の程知らずなことはしない。 何より、素行が

  • ツイッターというツール

    <!-- @page { margin: 2cm } P { margin-bottom: 0.21cm } --> ところで、ツイッターですが、内気でなかなか自分で言葉すら言えないぼくが、大学で友達を得たツールですから。すごく感謝している。ツイッターの話をしますか。ぼくはフォロ

  • 紙一重、神のいたずら、運命のひとひねり、ラジオ番組

    <!-- @page { margin: 2cm } P { margin-bottom: 0.21cm } -->  ラジオを持ちたいという願望は、実はあった。しかし、ずいぶん昔の話だ。 いざ持つとなると、全然ちがう。ただ、緊張と不安である。 なぜぼくが指名されたのかもわから

  • 売れ筋じゃない商品を作って、売ることで見えるもの

    <!-- @page { margin: 2cm } P { margin-bottom: 0.21cm } --> 今日は、ぼくの同人誌、イライザについて、語りたいと思う。 まず、行き当たりばったりである。そもそも、ぼくが漫画を描く理由は、定期的に絵を描く習慣をつけ、画力を落

  • ぼくがいつまでたってもうだつが上がらない理由を考える

    <!-- @page { margin: 2cm } P { margin-bottom: 0.21cm } --> ぼくは、何をするに当たっても、その事態の「透明性」というものを考慮してきた。ラジオ出演するに当たってもそうだ。カネの動きがどうなっているのか。告発

  • タイトルに「〜を考える」を付けると落合陽一のnoteっぽくなる

    <!-- @page { margin: 2cm } P { margin-bottom: 0.21cm } --> 昨日の続き。内容と落合陽一さん全く関係ありません。 あずまんが大王とか、堀江貴文さんとか、昨日は話しましたね(雑)。 あずまんが大王の話です。ちゃ

  • 堀江貴文さんがデモを攻撃した本当の理由と、癒し

    <!-- @page { margin: 2cm } P { margin-bottom: 0.21cm } --> 様々な意見が飛び交うツイッターだが、かなりゴチャゴチャしている。いろんな話があり、いろんな主張がある。もう

  • 今後のライブ予定

    村上冷森今後のライブ予定6月30大阪 総持寺 チェンノガット7月3日京都わからん屋7日大阪 長居 Depo22京都拾得 24わからん屋31兵庫 尼崎プラントン8月26東京 高円寺 いちよん9月1日静岡 藤枝 ココペリ

  • 逮捕よた噺2

    <!-- @page { margin: 2cm } P { margin-bottom: 0.21cm } --> 逮捕のときの話。どちらかといえば、雑居房に入ってからの話を中心にします。独房にいたときの話は、またあとで。逮捕さ

  • 逮捕よた噺1

    さてさて。今日の冷森は。

  • 楽しいか?

    <!-- @page { margin: 2cm } P { margin-bottom: 0.21cm } --> ラジオ出演する。にしても、そんなにうらやましいのか? わからんが。今まで連絡まったく来なかった人から連絡来たり。いやいや、ぼくが役者で、仮面ライダーの役が決まったとかじゃないんだから

  • ぬるっと再開

    <!-- @page { margin: 2cm } P { margin-bottom: 0.21cm } -->  ラジオ出演が決まりました。 これは、ぼくの今までの行動が努力と認められた結果なのでしょうか。それとも、運転免許のように、年齢相応になれば誰にでもできることなのでしょうか。行動が努

  • 冷森夜話-本にまみれて

    https://ssl.twitcasting.tv/cruel_queen/movie/547836901今日も音声です。

  • 冷森夜話-未来へ。

    &lt;!-- @page { margin: 2cm } P { margin-bottom: 0.21cm } --&gt;  未来へ。 いま、新元号で、五月病も吹き飛ぶように日本が大嵐です。 働き方、人身の荒廃、それがもたらす負の利益。それらに、ぼくらは、正々堂々と「NO」と言いましょう。 ぼくの、こ

  • 冷森夜話-音声ブログ

    https://ssl.twitcasting.tv/cruel_queen/movie/546383644今日のブログは音声です。

  • 冷森夜話-京都怪談「酒呑童子に呼ばれてる?」

    &amp;amp;lt;!-- @page { margin: 2cm } P { margin-bottom: 0.21cm } --&amp;amp;gt;  京都人は。 特に地元民は。オカルトとか、スピリチュアルとかをよく信じる。 だって、それに基づいて地名もついてるし、神社仏閣もあるし、果ては、不思議なことが起こ

  • 冷森夜話-はいっ、武道館!

    &amp;amp;lt;!-- @page { margin: 2cm } P { margin-bottom: 0.21cm } --&amp;amp;gt;  広島で、どーしても出たかったところに、このライブドアブログと同じのんで、すっごい有名人な人が出ます。あー、うらやましいなーというのも思いつつも。 じゃー、ぼくが

  • 冷森夜話-闘争8

    <!-- @page { margin: 2cm } P { margin-bottom: 0.21cm } -->  いま、ぼくが戦い続けてきた場所で、新しい動きが見られようとしています。下半身から着想を得たような、下劣な二次創作に取って代わり、本当のクリエイティブが台頭し始めているのです。ぼくは、

  • 冷森夜話-闘争7

    &amp;lt;!-- @page { margin: 2cm } P { margin-bottom: 0.21cm } --&amp;gt; いま、娯楽の世界は、誰でも発信できるようになりました。そう。あなたもです。しかし、人々に自分の娯楽作品を聞いてもらうなら、その相手が、自分にかけがえのないものを支払ってく

  • 冷森夜話-闘争6

    &amp;amp;amp;amp;lt;!-- @page { margin: 2cm } P { margin-bottom: 0.21cm } --&amp;amp;amp;amp;gt; ぼくは娯楽の世界の発信者を見ていますが。巧妙な手口で、ただ人気取りのためだけに。己の野心を満足させるためだけに、娯楽「もどき」を発信し続ける連中

  • 冷森夜話-闘争5

    &lt;!-- @page { margin: 2cm } P { margin-bottom: 0.21cm } --&gt; ぼくは大学を出たあと、決意を新たにすることになった。昨日の続きです。忘れていたはずの、高校生の頃のトラウマが、まだ尾を引いていたのだ。それは、健康被害をもたらし、ぼくはこう考

  • 冷森夜話-闘争4

    <!-- @page { margin: 2cm } P { margin-bottom: 0.21cm } -->  冷森は次々と曲を作っていたが、発表場所がなかった。 先生に、USBのマイクを紹介され、それで、スタジオのドラム、エレキギター、歌などをすべて録音した。そして、いちばん最初のオリジ

  • 冷森夜話-闘争3

    &amp;amp;amp;lt;!-- @page { margin: 2cm } P { margin-bottom: 0.21cm } --&amp;amp;amp;gt; 先に語ったことから、具体的なことを始めた。まず、高校では、ギターの練習。誰も気がつかないところでやった。このときに、ピアノもやっていた。それと受験勉強、小

  • 冷森夜話-闘争2

    &lt;!-- @page { margin: 2cm } P { margin-bottom: 0.21cm } --&gt; 先週は、ぼくの始めた闘争について、その頃の精神状態と共に語った。まずは縁を切るところから始めた。新しい人間関係の構築、それまで美術高校で習った数多のルールのアンインストール、そし

  • 冷森夜話-闘争1

    &amp;amp;amp;lt;!-- @page { margin: 2cm } P { margin-bottom: 0.21cm } --&amp;amp;amp;gt; ぼくの闘争は、実に、権力との闘争、と言い換えても過言ではありません。しかし、まだ無知すぎた。しかし、何でもやってやる、という気だけは持っていた。一度自殺未

  • 冷森夜話-途中まで小説

    &amp;lt;!-- @page { margin: 2cm } P { margin-bottom: 0.21cm } --&amp;gt; 「なんて素敵に自殺志願」 わたしはナオコ。自殺志願者だ。 自殺志願のきっかけは、昨日。旧友の葬式で、死んだ旧友が、死んでいるくせに葬式では主人公だったことである。他の人

  • 冷森夜話-消えたあの子

     まーた失恋の話です。 広島では、さぞかし、ぼくの悪い噂が立っていることでしょう。 ぼくは、「イライザ」を売るための、コピーライティングからヒントを得たMCを試行錯誤しているのですが、向こうは違うようで。 ついにぼくは、元カノにとって「不審者」になっちゃっ

  • 冷森夜話-恋のはじまり

     相変わらず、なぜかうちの元カノの方が、未練タラタラです。「愛と憎悪について話した」とか、ちゃんちゃら。「愛」と「愛情」は違うのよ。「愛」は、カントの道徳論に置き換えると「義務」と言い換えることができます。対して、「愛情」は、そこに「傾向性」が発生するの

  • 冷森夜話-うわさ話をしていたのは…

    &amp;amp;amp;amp;lt;!-- @page { margin: 2cm } P { margin-bottom: 0.21cm } --&amp;amp;amp;amp;gt; 虹色侍のずまがある日、大きなタンクの前で、人だかりの中心にいて、なにか話している。聞いていると、ずーーーーーっとぼくの悪口。言うほうも言うほう。聞

  • イライザ2ー執筆中

    &amp;amp;lt;!-- @page { margin: 2cm } P { margin-bottom: 0.21cm } --&amp;amp;gt;  次発売になる漫画について書く(いつになるか知らんけど)。 いつになるか知らん、とりあえず漫画描いている、って状態は、「イライザ」のときと似ているな。なんにもツテ

カテゴリー一覧
商用