住所
出身
ハンドル名
いとさん
ブログタイトル
いとの音楽部屋
ブログURL
https://ito-rock.hatenablog.com
ブログ紹介文
邦楽ロックのディスクレビュー、ライブレポ、インディーズバンド紹介とかします。
自由文
-
更新頻度(1年)

29回 / 293日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2018/09/30

いとさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 07/20 07/19 07/18 07/17 07/16 07/15 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 966,998サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,403サイト
好きな曲・好きなアルバム 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,904サイト
CDレビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,222サイト
邦ロック 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 286サイト
今日 07/20 07/19 07/18 07/17 07/16 07/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 966,998サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,403サイト
好きな曲・好きなアルバム 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,904サイト
CDレビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,222サイト
邦ロック 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 286サイト
今日 07/20 07/19 07/18 07/17 07/16 07/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 966,998サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,403サイト
好きな曲・好きなアルバム 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,904サイト
CDレビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,222サイト
邦ロック 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 286サイト

いとさんのブログ記事

  • 何がはにかんでしまった夏だよ川谷絵音、勘弁してくれ

    逆境を才能でねじ伏せた男、えのぴょんこと川谷絵音。 いったい何人いるのかわからなくなるくらいバンドを掛け持ちし、その合間で楽曲提供までこなす超人ソングライター。 ゲスの極み乙女。の楽曲が象徴するように、一度聴いたら接着剤塗られた?ってくらい耳から離れないメロディを産み出しまくるマジの天才。どうしたらそんな曲が出来上がるのかほんとに意味がわからない、っていうイカれた楽曲をコンスタントに作り続けているえのぴょんだが、最近でいちばんイカれてる曲が産み落とされたのはゲスの極み乙女。でも、ジェニーハイでも、DADARAYでもない。 indigo la endだ。 平成の終わりに突然発表された新曲、はにか…

  • The Whoopsには「かっこいい」以外の「良い」がつまってる

    かっこいい音楽は好きだけど、音楽にかっこよさをいつも求めてるわけではない。 The Whoopsの新譜「Time machine」を聴きながら、そんなことについて考えた。 「かっこいい」ものはもちろん好きだ。男の子はみんなそう。いくつになっても、部屋で一人で完全感覚Dreamerを流しながら口パクでTakaになりきってた高校生の頃の僕と同じ、「かっこいい」に憧れる生き物。 ただ、あくまで「かっこいい」は「良い」の中の一形態であって、全然かっこよくなくても「良い」と思えるものはある。 僕にとってそういうもののひとつがThe Whoopsの音楽で、その良さがつまった名盤が先日リリースされた「Tim…

  • The Cheseraseraの音楽はよく染み込むから好きだ

    The Cheseraseraってバンドの話、してもいいですか? まあ、ダメですって言われてもしちゃうんですけどね。誰かに求められたわけでもないのに一方的に好きなことを語ることができちゃうのがブログの素晴らしいところで、たとえば飲み会の席においてそんなことをしようものなら、テーブルからひとり、またひとりと人がいなくなっていく。まさかの王道のミステリ展開。そして残るのは主人公である僕と読者であるあなただけ。読後感が最悪だ。 ちなみに飲み会とかでも、運が良いと話を聞いてもらえた上で優しく頷いて「へー」と言ってもらえることもある。人の優しさと残酷さに同時に触れることができる。奥深い……。 なんの話だ…

  • ただircleが好きだって話がしたいだけなのに文化祭の思い出を引っ張り出してきてしまった

    「このバンドはライブがかっこいい」 これ。ほんとによく聞くし、巷の音楽紹介サイトとか、YouTubeのコメント欄とか、音楽素人がやってるブログとか、「ライブがかっこいい」ことを唯一無二の武器かのように紹介してたりする。みんな浅いとこで通ぶりたいから言ってるだけなところはある。ソースはこのブログ。 ライブがかっこいい? 何を当たり前のことを言ってんだ。そう思いませんか。 だって、よっぽど歌とか演奏が下手じゃない限り、生歌、生演奏で、ほぼ確実に普段聴いてるよりもデカイ音量で、目の前でパフォーマンスしてくれるんですもん。かっこいいよそりゃ。 思い出してみてほしいんですけど、高校の文化祭。思い出したく…

  • ライブいかなくたって音楽への熱量に差なんてないとかなんとか

    最近ブログを更新するたびに「お久しぶりです」って書き出しになってしまうほど更新が滞ったブログを読んでいただいている皆さん、ありがとうございます。好きです。いとです。 いきなりなんですけど、音楽を聴いているひと、とりわけロックバンドを好んで聴いているようなひと、周りにぜんぜんいないですよね。学生の頃もそう思ってたんですけど、社会人になって、仕事の愚痴と女性関係のだらしなさしか話題に挙がらないような飲み会が増えれば増えるほど、「あのバンドがかっけえ」みたいな会話が減っていって、音楽ってそんなにマイナーな趣味だったっけなとか考えちゃう今日この頃。 ここ数年トレンドの、赤裸々でだらしない恋愛模様をリア…

  • 愛すべき無駄な時間

    お久しぶりです。いとです。 しばらくブログ更新してなかったのは、4月からの仕事の忙しさのせいというか、それに伴うあらゆることへの意欲の低下のせいというか、とにかくモチベーションが落ちてたんですよね。 スーパーホワイト企業に勤めてるので、ありがたいことにGWはちゃんと10連休をもらえて、怠けて、遊び呆けて、中身のない愛しい日々を過ごしてたらブログの存在を完全に忘れてたっていう事情もあります。 てことで、このGW最終日に、10連休を軽く振り返ってみたいなとふと思った次第。最後の怠惰を味わい尽くす皆さんにお付き合いいただければと。 GW前半、津久井湖っていう湖にいってきました。自転車で。 音楽ブログ…

  • 「あいつまじで頭おかしいw」みたいなノリが苦手なんだ

    おもしろい人が好きだ。 たぶんみんなそうだと思う。でも、どんな人が自分にとっておもしろいかなんて、人それぞれの正義がありすぎて、誰にとってもおもしろいひとなんていない。 「おもしろい」と人から言われてる人が苦手だ。 みんながこぞって「あいつめっちゃおもしろい」とか、「あいつまじで頭おかしいw」とか、そういうこと言われてるようなごひょうきんな人気者を、どうしても好きになれない。そういう人をおもしろいとは思えない。いや、本当にすごくおもしろい人だってこともある。正確には、「声が大きい」と「おもしろい」がごっちゃになってる混沌とした空気が苦手だ。ごひょうきんな人気者も、その取り巻きも、ぜんぶ苦手だ。…

  • 人間に一貫性なんてないし、豚こま肉てきとうに炒めてどんぶりにしてしまえよ

    人は誰でも、場面や状況、相手によって自分を使い分けている。その振り幅の差はあれど、友人、恋人、上司、後輩すべてにまったく同じキャラクターだって人はいない。いたら怖い。使い分けてくれ。 言ってることも、シチュエーションやコミュニティに応じて変わるのが普通。「恋人だろうと友達だろうと先に入っていた約束が優先!」と一点の曇りなく言っていたあの娘も、彼氏からの急な誘いを優先して友達との飲みにいく約束を適当な理由で反故にしてしまうことだってある。そういうもん。 とあるコミュニティの飲み会では「20代のうちに結婚なんてする気ない」と言ったこともある僕も、別のコミュニティでは「良い人がいれば今すぐ結婚して幸…

  • 怠惰な日々こそ

    昨日の自分は、たしかに最強だった。 友達と1年ぶりにバーンアウトシンドロームズのライブを見て、すごく楽しい気分になって、その高まったテンションのまま、普段の3倍くらいのペースで酒を飲んだのがどうも珍しく良い方向に作用した。普段ならハイペースに酒を飲むと先に「気持ち悪い」が来てしまう僕も、昨日ばかりは何か脳の快楽を司る回路に間違ってアルコールが流れ込んだのか、とても愉快な気分になった。ついに無敵を手に入れた。念願の。 目に映るすべてがおかしくて、ずっと笑っていた。恵比寿のきらびやかな街を、より光る方向を目指して闊歩する様子は、完全に虫だったけど、そんな自分の壊れ具合も愛しくなるぐらい、愉快だった…

  • 無敵になりたい

    無敵になりたい。 もう、無敵にさえなれたら、最近の悩みやら心労やらはまとめて解決できる。理由は無敵だから。 相手がなんだろうと、たとえば年度末でばたばたとした仕事、上手にやりきれない人間関係、スギ花粉、忘れたつもりだったけどふとしたときに思い出してしまう悲しいこと、とか。全てを相手にしても負けないくらい、無敵になりたい。 子どもの頃、大人ってほんとに無敵な存在だと思い込んでいた。 二十歳を過ぎて、社会に出て働きはじめる頃には、いろいろなことがありつつも、酒を飲みながら冗談混じりに愚痴をこぼす程度の時間さえあれば、明日からまた変わらず頑張れちゃうような、そんな無敵の人間に勝手になれると信じていた…

  • 名前以外のセンスが良すぎるから、やっぱりマカロニえんぴつを聴いてみてほしい

    マカロニえんぴつが好きすぎるので初めてひとつのバンドに対して2度目の記事を書くことにしました。 名前がダサいから、あえてマカロニえんぴつを聴いてみてほしい - いとの音楽部屋 以前の記事はこちら。馬鹿にはしてません。ほんとに。 マカロニえんぴつはいま、かなりキテる。そんなことは流行りに敏感な邦ロックファンはみんな知ってる。だからあえてこのタイミングでマカロニえんぴつをプッシュするような記事を僕が改めて書くことによる影響はたぶんない。完全なる自己満足。それでも好きなものについて語りたい。そういう、ある意味で、個人ブログのあるべき姿がこの記事。好きなものについて話すとき早口になる典型的なオタクが好…

  • オレンジスパイニクラブを仲の良い人に勧めたい

    良いバンドの良いライブを見るとしばらく会う人すべてにそのバンドをおすすめして回りたくなる皆さん、わかります。 でも熱を込めて語りすぎると普通に引かれるし、テンション上がってるとそれにも気づけないのであんまりやらない方がいいです。そうです、経験談です。いとです。 そんなとき、ブログをやっててよかったなと思います。特定の誰に向けて話すでもなく、思ったことを吐き出す場所があるのはとってもありがたいこと。ついでに誰かからの反応があればなお嬉しい。 昨日、下北沢のSHELTERっていうライブハウスにいってきました。 【今日!】3/4(月)@下北沢SHELTER「SHELTER presents ”Blu…

  • "エモい"とは言われないバンド、ヒトリエから"エモい"を感じてみる

    ヒトリエの新譜、皆さん聴きました? めちゃめちゃよくないですか、HOWLS。 そもそもヒトリエって、それなりに売れてはいるものの、ちょっと実際とは異なる、とまでは言わないもののだいぶ偏ったイメージを持たれてしまい、そのせいかキャリアや実力のわりにはまだまだ売れてはいないなと。というかもっと売れてもいいんじゃないかとよく思うんですよ。 やっぱりボーカルのwowakaがボカロ界の超有名人だから、そっちのイメージに引っ張られてしまいがちで、とはいえヒトリエの曲に確かに存在するwowaka仕込みのボカロ感が、そのイメージを増長してしまっているところはあるのかなと。 もちろんそれは悪いことではなくて、聴…

  • 今さらKing Gnuを絶賛する記事なんて絶対に書いてやるものか

    King Gnu、完全にもう売れましたよね。 少なくとも自分の認識では、去年の下半期頃にはもう売れたバンドの仲間入りを果たしていたような気がします。 King Gnu - Vinyl - YouTube 去年からけっこうなキャパのライブもチケットが取れないと友人が嘆いていたし、さらにはバズリズムの「これがバズるぞ!2019」では1位に輝き、ドラマの主題歌にも起用され、この前とうとうMステ出演も果たした。巷では、 #日曜日だし邦ロック好きな人と繋がりたい のタグと共に、King Gnuの文字が書き込まれた画像を添付したツイートを曜日問わず発信していくことが流行りのバンドをおさえていますというクレ…

  • BURNOUT SYNDROMESのかっこよさは"ダサい"の向こう側にある

    ダサいのって嫌いですよね、皆さん。 僕も嫌いです、ダサいこと。正確にいうと、「ダサい」って思われるのが嫌です。めちゃくちゃ嫌。 できることなら、「ダサい」って思う側でいたいし、「かっこいい」と思われていたい。そのために皆が「ダサい」って思うようなことはなるべく避けたいし、皆からセンス良いって思われるようなことしかしたくない。かっこつけてたい。見栄も張りたい。 もう、この考え方が既にダサいし、かっこよくない。それも知ってる。 皆が良いと思うものに迎合するばかりで、自分が良いと思うものを信じきれてないところがダサいし、その他大勢に自分から紛れていってるのももうかっこ悪い。 もっと、「誰がなんと言お…

  • ズーカラデル聴いてちょっとだけ優しい人間になってくれ

    なんか、いつの間にか2月になっちゃいましたね。この調子だといつの間にか2020年になってそうですけど、皆さん、どうですか。日々、成長、してますか? ちなみに僕は最近あまりの変化のなさに職場のおっさんから「最近どう?楽しいこととかあった?」との質問に「タノシイ…コト…?」とまだ語彙がプログラムされてないロボットみたいになってしまいました。今日も自らに注油してメンテナンスするかのように音楽聴いてます。いとです。大丈夫です。 そんな僕が今回したいのはズーカラデルというバンドの話。 とりあえず人に不快感を与えづらい落ち着いた声だとは思うので再生して聴きながら続きを読んでほしい。 ズーカラデル 「アニー…

  • NO MUSIC, NO LIFE.って本当に幸せ?

    NO MUSIC, NO LIFE. タワレコが生んだ有名なコピー。 「音楽がないと、生きられない」 直訳するとだいたいそんな感じの意味。 タワレコ的には、"音楽があることで気持ちや生活が豊かになる"っていう意味合いらしいことはさておき、まあ直訳のとおり理解してる人が多い印象なのでその前提で話をするけど、 「音楽がないと、生きられない」とか。 日常的に音楽を聴く習慣のない人に言わせれば、「そんなわけねえだろあほか」と。「所詮娯楽のひとつないだけで死ぬわけないだろ」と。 そんなド正論の槍をぶっ刺してきそうなものですが、世の中には、 「音楽がないと死ぬ」 と本気で言ってる人、まじでいますよね。 冗…

  • 「月がきれい」とか恥ずかしいこと思ってしまった悪くない日

    今日、帰り道になんとなく月が目に入って、すごく明るくて、まん丸くて、柄にもなく「きれいだな」とか思ったりしたんですよ。 思ってから、なんか恥ずかしくなっちゃって。 というのも、わりと僕、今までTwitterとかで「今日の月がきれい」みたいな呟き見たりすると、腹が立つとまでは言わないんですけど、なんか気障ったらしくて少し勘にさわっちゃうみたいなところがあって。 別にそういうこと言うのが悪いとも思わないんです。でも、自分の気分が沈んでるときとかだと、「わざわざそんなこと言って、自分は情緒ある側の人間ですよーってアピールでもしたいのかな」とか、考えたりすることもあったりなかったり。悪いのは僕の性格だ…

  • OKOJOを聴いてたら「中毒性」がなんなのかよくわからなくなった

    先日、このブログで熱を込めて語ったシベリアンフィッシュツリーってバンドが出演するライブを観に行きまして。 そのときの対バンでトリをつとめていたOKOJOというバンドの話です今回は。 僕もそのライブに行くってなってから他にはどんなバンドが出るんだろうってことで初めてOKOJOを聴かせてもらったんですけど、これがまた良いバンドで、この前のライブで一気に大好きなバンドのひとつになりました。 とりあえず聴いてください。 OKOJO「サイチェン・マイフォーチュン」Music Video - YouTube めちゃくちゃあざとくないですか。 ライブで「いーあーさんすー!」って言ったら絶対楽しいし、爽やかな…

  • ベストソング2018的なランキングをつくろうとしたけど挫折したからとりあえず好きな曲を10曲羅列しただけの記事

    早いもので、2019年ですね。あけましておめでとうございます。 そんなわけで今回の内容はというと。 タイトルのとおりです。ベストソング2018だとか、ベストディスク年間ランキングとか、そういう類いのブログを年末年始にかけてよく見かけたので自分もやってみようとして挫折したって話です。 いや、正確に言うと、2018年リリースのアルバム、シングル、MVと個人的に良かったなあと思ったものをそれぞれ20ずつくらいピックアップした上で、それぞれのランキングらしきものをつくったので、それだけで3本は記事が書けちゃうくらいのことはしたんですよ。暇かよと。まあ年末年始なんてそんなもんですよね。 なんでそれをその…

  • 最近の話とネクライトーキーの新譜が良いって話

    ご無沙汰です。いとです。 ブログをはじめて二月くらいで既に一月ぶりの更新になるの、ウケますよね。でもブログ止めるでもなく、今日みたいに気が向いたときに更新して、たぶんまた不定期になんか書きます。こういう性格です。 ブログというか、最近はツイッターで音楽のこと呟いたりとか、そういうこともあんまりしてませんでした。特に理由はありませんけど。しいていえば仕事が少し忙しかったくらい。 そういうアウトプットをなんにもしてないと、音楽から少し離れたって錯覚しちゃったりするんですけど、相変わらず週2本くらいライブいったり、毎週なんかしら新譜を買ったり、常に生活には音楽があって、別に音楽から離れたわけではなく…

  • 個性的な音楽が良い音楽ってわけではないから、PARKLIFEはずっと聴いていられる

    音楽って正直もう飽和してるじゃないですか。 なんたって時は2018年、平成もまもなく終わる。音楽っていう文化がいつの時代からあったのかわからないけど、太古の昔から音で楽しむ遊びはどうせあったに違いないし、そこからいったい何百年、何千年の年月が費やされたのかはさておき、ひとつのカルチャーにかけた時間としてはもう優勝でいい。 物語なら引き延ばしに引き延ばしを重ねた上に本筋の展開が終わったあと後日談を延々とやってるようなもので、もう真新しい展開にはあまり期待できない。新しいことをやろうとしてもどっかでみたパターンの焼き直しになってしまう。 そんな中、新しいことをしよう、変わったことをしようともがくバ…

  • CRYAMYとPK shampooの爆音に溺れて少し泣いた

    今日ですね、最高のライブ観てきたんですよ。 CRYAMYとPK shampooの対バン。かの有名なBASEMENT-TIMESの企画で、石左さんレコメンドの2バンドのライブが一度にみれちゃうめちゃくちゃお得なやつ。 実際僕がこの2組を知ったのも、ベースメントタイムズの記事を読んでから。それでまんまとはまったわけで、今回ライブを観るのははじめてでした。 それで最近ブログ更新してないし、ライブレポでもかこうかなと思ってたわけですけど、ダメでしたね。全部が良すぎて、どこがどうだったとか、そんな細かいことを脳内にストックしとく余裕がありませんでした。ライブレポと呼べるほどのものを書ける気がしないので、…

  • 休日に太陽をみれる人が羨ましい

    こんばんは。いとです。 今週もまた週末が終わりますね。つらい。 最近、仕事が休みの日に太陽をみた記憶がありません。 いや、晴れとか雨とかそういう話ではなく。 起きてないんです。昼夜逆転してしまっていて。 僕は一応平日9時~17時(仮)は仕事、土日休み、みたいな規則的な生活をしているので、夜勤があるとか、外的要因で生活リズムが狂うことはほとんどないはずなんですけど、なぜか土日になると活動のメインが夜中になる。 金曜の夜から土曜の朝、土曜の夜から日曜の朝、あとはたまに日曜の夜くらいしか活動してない。 こういうと、休みの日は毎日友達と夜通し騒いでぱーりないしてるうぇいなのかと思われるかもしれませんが…

  • 【旧譜レビュー①】andymori「ファンファーレと熱狂」

    高校生くらいの頃聴いてすごく好きだったCDって、何年経とうと色褪せないなあ、と思うんですよ。 なんだよ突然、と思われるかもしれないですが、とりあえず聞いてほしい。 このブログを読んでくれている年齢層はさっぱりわからないけど、ある程度大人になると、その中で音楽の好みもどんどん変わっていって、バンドの側も方向性を変えたりして、「3年前には良さがわからなかったけど、最近すごくハマってる」とか、「この音楽、5年前に出会ってたらすごく好きだったろうな」とか、あると思うんですよ。 そりゃ歳とるうちに考え方にも変化があって、こと感性と密接な関係にある音楽の好みに変化があるのも、その時々の自分によって響く音楽…

  • シベリアンフィッシュツリーが好きすぎて信念を曲げて謝罪した

    最近、悲しいことにCDを買う人はすごく減ってるらしいじゃないですか。 音源はネットで購入できるし、定額制のストリーミングアプリとかもある。なんなら無料でけっこう聴けたりする。 いや、いいと思うんですよ。 別にCDだろうとアプリだろうと、違法じゃないものなら基本的にバンド側にも収益が入る仕組みになってるし、曲自体が別のものになるわけでもない。 CDのビニールを剥がすときのわくわくとか、帯の裏にくさいメッセージが入ってたりとか、歌詞カードが少し凝ってて読みながら聴きたくなったりとか、そういうのを共有できないのもなんだか寂しいけど、別に悪いことじゃない。 ただ。 ただ、YouTubeに関しては、あく…

  • ハルカミライとSIX LOUNGEとHump Backが野音をライブハウスに変えた

    勢いのある若手バンドって、山ほどいると思うんですよ。 でも誰が一番勢いがあるかって話になると、たぶん意見は別れると思いますけど、比較的名前が上がりやすいバンドっていうのは限られていて、今日はその筆頭、3組の若手バンドのお話をさせていただきたいなと。 その3組っていうのは、ハルカミライ、SIX LOUNGE、Hump Backのことで。 察しの良い邦ロック勢の方はお気づきかもしれませんが、昨日、この3組が日比谷野外音楽堂を舞台にバチバチにやりあってた対バン、「毎晩前夜、毎日当日」にいってきたわけで。 これがまあ、ほんとに最高だったんですよ。 元々それぞれのライブには何度も足を運んでいたので、すご…

  • 名前がダサいから、あえてマカロニえんぴつを聴いてみてほしい

    好きなバンドを聞かれたときって、皆さんどうしてますか? 僕は相手を見て答えを変えるタイプの人間です。正直かっこわるいなって、自分でも思います。好きなものは好き。誰がなんと言おうと、このバンドが好きって胸張って言えるような、そういう人間でありたいなとは思うんですよ、そりゃ。 いや、でもですよ、全然ロックバンドとか聴かなそうな人にインディーズバンドの名前出して「知らない。誰それ」って言われてから、イマイチしっくりくる説明も紹介もできずに、"みんなの知らないバンド知ってるおれすげーぞ"アピールだと思われるのも恥ずかしいし、一方で、めちゃくちゃ音楽詳しそうな人に最近流行りの有名バンドの名前出して「ああ…

  • クリープハイプってこんなに聴きやすいバンドだったっけ

    今日はクリープハイプっていうバンド界のサブカルキングのお話。 言わずと知れた超有名バンドだし、最近はボーカルの尾崎世界観が朝の情報番組に出たり、クリープハイプのすべ展っていう展覧会を開催したりして、邦ロックをよく聴く人で名前も聞いたことないっていう人はいないんじゃないでしょうか。 そんな彼ら、声のせいか少し過激な歌詞のせいか、とても好き嫌いの別れるバンドで、それはおそらく本人たちがいちばん理解してそうですよね。 クリープハイプ - 社会の窓 - YouTube こういう曲にしちゃうくらいには。 なんというか、たしかに声とか唄い方に慣れるまで時間がかかるんですよね。でもだんだんとそれが癖になって…

  • tetoから溢れだしてる初期衝動ってもしかして初期衝動じゃなかったのでは

    初期衝動。 インディーズのロックバンドが好きな人たち、みんな好きですよね、初期衝動。 なんなら小慣れて綺麗にまとまった完成度の高い音源をつまらないとすら思ってるところ、ありますよね。 だいたい、完成度が高くて洗練された楽曲が聴きたい人が、インディーズバンドを漁るのってちゃんちゃらおかしいじゃないですか。 金も知名度もないバイト浸けのバンドマンがどうにかこうにかつくったデモ音源よりも、プロの作詞家作曲家の手を借りて編曲されて、金をかけて一流のエンジニアとレコーディングした流行りのJ-POPの音源の方が、客観的にみて完成度が高いのは当たり前ですもん、そりゃ。 別にインディーズのシーンにそういう音楽…