searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

mosaさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Mosalogy ハーバード理系男子の自由帳
ブログURL
https://mosalogy.com/
ブログ紹介文
ハーバード大学の大学院PhDコースで免疫学の研究をしています。 留学の話や科学の話、タイトル通り自由に書いてます。
更新頻度(1年)

11回 / 133日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2018/09/28

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、mosaさんをフォローしませんか?

ハンドル名
mosaさん
ブログタイトル
Mosalogy ハーバード理系男子の自由帳
更新頻度
11回 / 133日(平均0.6回/週)
フォロー
Mosalogy ハーバード理系男子の自由帳

mosaさんの新着記事

1件〜30件

  • FDAに承認されたアルツハイマー病の新薬「アデュカヌマブ」とは?

    こんにちは、Mosaです。現在ハーバード大学の大学院で免疫学のPh.D.コースに在籍しています。新型コロナウイルスのワクチン開発はここ1、2年の医薬品業界における最も大きなニュースであることは間違いないと思いますが、本日(2021年6月7日

  • コロナ渦でアメリカから日本に一時帰国してきました

    こんにちは、Mosaです。現在ハーバード大学の大学院で免疫学のPh.D.コースに在籍しています。2021年4月末から先週まで、ちょうど東京で緊急事態宣言が発令された日に日本に一時帰国し、2週間の自粛を経てアメリカ大使館に学生ビザの更新をしに

  • 理系思考のすゝめvol.2 ルーティンだからこそ光るクリエイティビティ

    ※この記事は、2021年3月29日のStand.fmの収録内容を元にして書かれたものです。昨日の放送、実はちょっと続きがあって。「あなたの大切さを、あなたがいなくなって初めてわかった」恋人に対してそう思う人が多いかも知れないけど、その話をた

  • 理系思考のすゝめvol.1 失って初めてわかる大切さ

    ※※この記事は、2021年3月28日のStand.fmの収録内容を文字に起こしたものです。「あなたがいなくなって、失ってみて初めて、あなたの大切さがわかったよ」…ドラマとか歌とかでよくあると思うんだけど、あれってすげえ研究者的な考え方なんだ

  • リンパ節における自然免疫細胞の微小環境によるT細胞反応の生成

    今日、僕が目を通したScience Immunologyの論文はこちら。シアトルのワシントン大学の研究室からでた内容で、TLRリガンドなど1型炎症時にはマクロファージがCCR2依存的にリンパ節のT-cell zoneに流入してきて、リンパ節

  • 低酸素状態においてγδT細胞のがん免疫が低下する

    今日、僕が目を通したNature Immunologyの論文はこちら。韓国の研究グループからの論文で、脳腫瘍においてはCD4陽性やCD8陽性のT細胞よりもγδT細胞が生存率と正の相関があり重要であること、またその応答が悪性の神経膠腫(hig

  • 免疫応答を抑えたアデノ随伴ウイルスベクターの開発

    今日、僕が目を通したScience Translational Medicineの論文はこちら。ハーバード大学の大御所で、数々のスピンオフベンチャーを設立しているGeorge Churchの研究室からの論文で、遺伝子治療に利用されるアデノ随

  • シングルセルレベルでの代謝解析

    今日、僕が目を通したCell Metabolismの論文はこちら。特に免疫学、という内容でもないですが。細胞内のエネルギー代謝には解糖系や酸化的リン酸化経路(OXPHOS)があり、OXPHOSの阻害剤は抗がん剤などとしても用いられています。

  • ヘパリンは抗凝固活性とは異なる機構で敗血症に効果を示す

    今日、僕が目を通したImmunityの論文はこちら。ヘパリンは哺乳類が持つ多糖類の一種で、抗凝固活性を有することから多様な血栓性の疾患治療にも用いられています。その他にも、敗血症という主にグラム陰性菌のリポ多糖(LPS)によって誘発される臓

  • Lymphopenia-induced proliferationにおけるT細胞の遺伝子発現および代謝解析

    今日、僕が目を通した論文はこちら。iScienceというオンラインジャーナルに発表された論文で、化学療法による免疫細胞減少に伴うリンパ球増大の機構に迫った内容のようです。CAR-T細胞療法など、強力な免疫細胞を体内に導入することでがん細胞の

  • 腸内共生真菌がCARD9を介して真菌感染に対する抗体を誘導する

    今日、僕が目を通した論文はこちら。Cellに発表された論文で、マウスやヒトの腸内に共生するCandida albicans (C. albicans)というカンジダの一種に対して免疫細胞がIgG抗体を作り出し、この抗体がCandida au

カテゴリー一覧
商用