ハンドル名
mikaさん
ブログタイトル
ladypharmacyの日記
ブログURL
https://ladypharmacy.hateblo.jp/
ブログ紹介文
女性薬剤師による女性のための薬局日記です。
自由文
日本初!女性薬剤師によつ女性のための薬局レディーファーマシーの誕生秘話から日常での出来事を気ままに書いていきます。 女性として、薬剤師として、経営者として、いろいろな立場から発信できればと思います。
更新頻度(1年)

23回 / 174日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2018/09/27

mikaさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 03/19 03/18 03/17 03/16 03/15 03/14 全参加数
総合ランキング(IN) 12,065位 11,556位 12,719位 14,290位 15,340位 14,269位 13,427位 952,697サイト
INポイント 0 40 40 20 30 10 10 150/週
OUTポイント 0 40 40 40 30 20 10 180/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美容ブログ 396位 380位 417位 441位 486位 442位 434位 40,809サイト
美容法 2位 1位 2位 2位 2位 2位 2位 65サイト
健康ブログ 333位 314位 359位 389位 429位 390位 375位 30,241サイト
健康美 5位 5位 6位 6位 6位 6位 6位 780サイト
病気ブログ 497位 461位 516位 574位 587位 577位 560位 21,403サイト
薬・薬剤師 11位 11位 12位 12位 13位 11位 11位 443サイト
今日 03/19 03/18 03/17 03/16 03/15 03/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 29,990位 29,040位 29,863位 27,860位 27,957位 27,850位 26,075位 952,697サイト
INポイント 0 40 40 20 30 10 10 150/週
OUTポイント 0 40 40 40 30 20 10 180/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美容ブログ 680位 672位 695位 622位 628位 653位 605位 40,809サイト
美容法 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 65サイト
健康ブログ 513位 474位 492位 429位 431位 436位 380位 30,241サイト
健康美 5位 5位 6位 5位 6位 7位 6位 780サイト
病気ブログ 1,648位 1,650位 1,673位 1,602位 1,606位 1,604位 1,527位 21,403サイト
薬・薬剤師 24位 23位 24位 23位 22位 23位 21位 443サイト
今日 03/19 03/18 03/17 03/16 03/15 03/14 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 952,697サイト
INポイント 0 40 40 20 30 10 10 150/週
OUTポイント 0 40 40 40 30 20 10 180/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美容ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 40,809サイト
美容法 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 65サイト
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,241サイト
健康美 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 780サイト
病気ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,403サイト
薬・薬剤師 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 443サイト

mikaさんのブログ記事

?
  • 妄想から夢に

    おはようございます 今日はいい天気 日に日にあったかくなってきました 今年は花粉症の方がすでにたくさん来局されています 例年よりみなさんひどい印象です 対応はお早めに ありがたいことに花粉症ではない私にとっては 本当に喜ばしい季節なんですが それでは 本題に 前回まででざっくり私たちのやりたい事業(薬局)の構想が 出来上がってきたわけですが なんにせよ ただの一病院薬剤師なわけで 自分で薬局をする(独立する)って はっきり言って何をどうしたらいいんだ? って感じなわけです もちろん法律的な事は インターネットで検索したら出てきます でも実際行動するとなると、、、 自分で事業する、独立するって …

  • 女性専用って難しい

    こんにちは 前回かなりあいてしまったので今回は短いスパンで がんばります 最近はほんとうに 「女性専用」のお店増えてます でもなぜ「女性専用薬局」がないのか 答えの一つには法律があります (薬局等構造設備規則第1条より) 「調剤された薬剤又は医薬品を購入し、又は譲り受けようとする者が容易に出入りできる構造であり、薬局であることがその外観から明らかであること。」 なので「女性専用」と書いて男性が入れない構造はまずいんです また、 (薬剤師法第21条より) 「調剤に従事する薬剤師は調剤の求めがあった場合には、正当な理由がなければ、これを拒んではならない。」 薬剤師は求めがあれば基本的に調剤を断るこ…

  • 女子を選ぶ

    お久しぶりの投稿になりました 最近はなかなかバタバタと 言い訳です すみません 前回の記事より 女子がいいと漠然となったわけです そう考えてみると 私の普段の生活においても意識的or無意識に女性を選んでることって多いです 婦人科は女医の先生のところを選んだり 私の場合、美容院のカットはいいけど、シャンプーは女性が良かったり ネイルもやっぱり女性がいい 洋服屋さんも女性の店員さんに声かけたいし 混雑時は女性専用車両に乗ったり ドラッグストアやコンビニで日用品を買うときも やっぱり女性のところに並んだり ・・・あれ? でもお薬をもらうのは・・・ 今まで選んだ事ってあるのかな いやない でも選びたい…

  • 女子がいい

    こんにちは 今日はスマホを家に忘れてきてしまいました 依存症まではいかないもののやはりないとそわそわします また後の記事では詳しくど導入の経緯なども含めて 書こうと思っていますが 当薬局ではLINE@を導入して患者さんからの相談や処方予約も行っているので スマホがないと本当に不便です パソコンでももちろん代用できるのですが 入力速度はスマホの1/2以下です こういう時に限って朝からLINE@フル稼働 とりあえず朝を全力で乗り切って スマホをとりに帰ろうと思います ではでは本題に とりあえず前前回の記事の続きです 「処方せんなしでの病院でもらうお薬の販売」に目をつけた私たちですが それと同時期に…

  • 忙しいのはありがたい

    大変遅くなりましたが 新年明けまして おめでとうございます 本年も何卒気長にお付き合いの程 よろしくお願いいたします 公言通り、年末にもう1回更新したかったのですが 薬局は年末忙しい これは私の薬局でも例外ではなく あっという間に終わってしまいました でも本当に忙しいことはありがたいことです この気持ちは病院で働いていた頃とは全く違う所です 病院も年末は1年で1番忙しいです 長期休みに伴い、休み前にお薬をもらいに来る人 寒くなって体調を崩す人 この分の患者さんが増えるので 12月はいつもの2割り増しくらい忙しくなります この時期はとにかく気になるのが その日の予約患者数。 これが忙しさの目安に…

  • 医療機関でありたい

    こんにちは 更新の頻度はなんだかこれくらいの周期で落ち着きそうです そろそろ零売薬局を始めるにあたってに書いていこうと思います やっとです お待たせしました 零売をするお店って 需要のメインは 「お薬が欲しいけど病院に行く暇がないっていう人」 なので すでに開局されていた零売専門薬局2店舗も 看板は 「病院でもらうお薬が処方せんなしで買える薬局」 そして ホームページには 薬品を写真と価格、説明付きで掲示しています もちろんこれが患者さんには一番わかりやすいです でもどうしても小売業感が強くなってしまうなと感じました (あくまで私が勝手に感じたことです) しかも完全に二番煎じならぬ三番煎じ そ…

  • 処方せんのこわいところ

    こんにちは また結構空いてしまいました やっぱりなかなか継続って大変ですね 師走です 薬剤師も走り回る季節になりました 引き続き気長にお付き合いお願いします 前回までみんなやらないわけをお話ししてきました 薬局における売り上げの収入面は少しお話ししましたが 支出についても軽く 薬局経営で一番かさむ費用 それは 薬剤費と人件費です もちろん薬を売る仕事なので薬剤費がかかってくるのは当然ですが 普通の小売業とは違う点が デッドストックの多さです 処方せんに記載されたお薬を調剤するので どんなお薬が出るかわかりません 正直薬剤師を10年近くやっていても初めてみるお薬もあります なので ほとんどの薬局…

  • みんなやらないわけ②

    こんにちは もう11月も終わりですね 早い 寒い 最近なかなかかけてませんが気長にお付き合いお願いします 「零売薬局(処方せんなしで病院のお薬を売る薬局)がなぜ儲からないか?」 これを考えるにあたって なんで薬局は儲かるのかってところをまず考えてみましょう いわゆる一般的な薬局は病院やクリニックからの処方せんを応需している 「調剤薬局」です 名前の通り「調剤」をすることで収入を得ています 一般の方でよく誤解があるのですが 薬局は薬を売って収入を得ている いわゆる小売業 と思いがちなんですが それはちょっと違って メインは「調剤」をすることで収入を得ています お薬は製薬会社から卸会社を通して薬局…

  • みんなやらないわけ

    結構間あいてしまいました。 すみません 風邪をひいていました 医者の不養生ならぬ薬剤師の...のやつです でもこれが以外と お薬や漢方をいろいろ試すチャンスでもあります 実際体感してみると 今後のお薬の説明にも厚みが増すので たまには風邪を引くのもいいですね ちょっと強がりました 気長におつきあいお願いします。 前回のつづき 処方せん医薬品以外の医療用医薬品を販売するいわゆる「零売薬局」 その当時全国に2店舗だけ しかも新潟と北海道だけ 少ない=ライバルが少ない=成功 単純にこう考えたわけですが そもそもなんでコンビニより多いと言われている薬局(5万9000軒ほどある)の中で 2店舗だけしかな…

  • 全国で2つだけ

    こんにちは 久々に奈良に帰りましたが めちゃくちゃ寒いですね 大阪と全然気温が違います こんなに違うもんなんですね 私の家が山の中にあるからかもしれませんが... それでは前回の続きを 普通の薬剤師の知らないこと そう 病院でもらうお薬の一部は処方せんがなくても買えること これを先生から聞いた私です もちろん早速家に帰って調べました それで前回の記事のように買えるってわかったわけですが 実際そんなことしている薬局あるの? って思ったわけです ありました すぐ出てきました 薬局アットマークさん いわゆる零売専門薬局の第1号の薬局 いわゆるこの業界の先駆者 パイオニアです 私が見つけた時すでに先生…

  • 普通の薬剤師の知らないこと

    こんにちは もう11月 もう年末 本当1年あっという間ですね 寒い日が続きますがぼちぼち続けていきます 前回の記事でお話しした通り 病院でもらうお薬(一部)は 処方せんなしでも買うことが出来ます 誤解のないように言っておくと インターネット検索で出てくる 海外のお薬の個人輸入とも違います。 日本の薬局で 処方せんでもらうお薬(一部)が 処方せんなしで買うことができるということです 前回は半分以上の薬剤師も知らないってお話ししましたが 当時 薬剤師の友人たちの中でも 知らなかったという人が 9割なので 結構知ってる薬剤師はレアだったんじゃないかなと思います。 そもそもなんで薬剤師でも知らないのか…

  • 普通の薬剤師

    こんにちは いい気候になりましたね 秋生まれの私はやっぱりこの季節が一番好きです さて 前回の続きです 「湿布や目薬ならドラッグストアで買えばいいのに」 普通の薬剤師ならここまで そうわたしもいわゆる普通の薬剤師だったので もちろんここまでです そんな話をしていたら 先生が 別にモーラス(病院でもらう湿布)とかも普通に買えるねんで、と えっそうなん!? そうなんです 実は買えるんです 専門用語では「零売」といいます もちろん病院でもらうお薬の全てが買えるわけではありません ざっくり言うと いわゆる軽い症状に使うお薬は 病院で診察を受けなくても お薬をもらうまでに1時間待たなくても 処方せんがな…

  • 待ち時間

    こんにちは 更新速度は確実に落ちましたがなんとか続けられてます 早く開局まで行きたいところですが 気長におつきあいおねがいします 前回の続きより 先生の発想てほんと私や他の人が 絶対考え付くことがないことなんですよね そんな中 おしゃべりタイムの中で毎日話題になるのが 外来のお薬の待ち時間の長さです 以前にお話しした通り お薬をお渡しするまで 毎回30分から1時間待ち時間が発生するのですが その中には湿布だけだったり 目薬だけの人もいます もちろん大学病院なので すごく濃い処方も多いのですが 絶対大学病院にかかる必要のない人もたくさんいます それでそんな人が怒ってきます 「なんで湿布だけやのに…

  • 凡人

    こんにちは なかなか進みませんが頑張ります やっとおしゃべりタイムのお話です 前職では先生とのおしゃべりタイムが一番の楽しみだった私です 話の内容は 女子会といえばもちろん 恋愛トーク これはもちろんほとんどです でも 仕事の話もやっぱり多いです 愚痴ももちろんたくさん... はい そらそうです 大学病院という組織に属していたので ルールは厳格です 一つ一つの業務に細かくルール(内規)があります 内規は十数年前の病院開局時から 試行錯誤され、改定をしながら作り上げられたものです 基本的にそれに従い業務を行います でも内規って ”これはこういうもの!” 感が強いんですよね 内規にはこのルールにな…

  • 残業きらい

    こんにちは 久しぶりの投稿になってしまいました。 やっぱり継続って本当大変です 頑張ります K大病院での仕事は前回お話しした通り なのですが とにかく私と先生は残業をするのが嫌いなんです 嫌いで片付けていいものかわかりませんが きらいです もちろん残業代はちゃんとでるのですが だらだら仕事するのは嫌いです もちろん仕事が残っていれば残業するしかないのですが 定時は9:00〜17:00 基本的に17:30には家についてました 残業もつくし 今日は予定もないからゆっくり仕事しよーっ みたいな人やっぱりいます あれほんとめちゃくちゃ嫌いです 仕事のストレスってめちゃくちゃいろんな要素がありますが 一…

  • 3連休②

    こんにちは 今回も本編はおやすみです 連休はキャンプ楽しんできました キャンプインフェス「 バカンスdeござんす'18-Camp in びわ湖-」 https://www.love3-web.com/vacances 場所は”白ひげ浜キャンプ場’’ めちゃくちゃ晴天 台風の心配が嘘のようにいい天気でした SUPを初体験 ”SUPとは、「Stand Up Paddleboard(スタンドアップパドルボード)」の略称。その名の通り、ボードの上に立ち、パドルを漕いで水面を進んでいく新感覚のアクティビティです。” sotoasobi lifeより引用 運動神経には自信があるのですが マリンスポーツは苦…

  • 3連休

    こんにちは 台風25号なんとかそれましたね いやほんとうに嬉しいです うれしいので今日はちょっと本編おやすみします いや本当にうれしい というのも明日、あさって キャンプに行きます キャンプインフェス「 バカンスdeござんす'18-Camp in びわ湖-」 https://www.love3-web.com/vacances 全く薬局とは関係ないです 4、5年前からはまっているキャンプ 単なる私の趣味です すいません あっしいていうならメンバーが大学時代の友人たちなので 7人全員薬剤師です 関係ないですね そんなこんなで先週から台風25号の動向がめちゃくちゃ気になってました 自称晴れ女でやっ…

  • 人生

    こんにちは なんとかまた戻ってこれました 前回の記事でざっくり私の中でやりたいことが変わってきたのですが、 それですぐに さあ薬局を開局するぞ! とはもちろんなりません そんなタイプではないです。 レディーファーマシーをやる時もやってからも よく言われるのが 「薬局を開局するなんてすごいね」 「独立なんてかっこいい」 「私やったら絶対できひんわ」 です いや何もすごくはないです 事業で成功して めちゃくちゃ有名になって めちゃくちゃお金も儲けてて っていうんならまさにそうなんですが 全然そんなことないし ただ作るっていうだけなので はっきり言ってやろうと思えば誰でも出来ます 極端な話、貯金が全…

  • 限界

    こんにちは 今日もまだ書く気力ありました。 病院での業務はもちろん外来患者さんのお薬を渡すだけではありません。 というか、むしろそれは一般的な病院での業務ではなく 院外処方にしている病院はそもそもその業務はありません。 メインは入院患者さんのお薬の管理 入院患者さんのお薬や点滴を準備して、説明してみたいな感じです。 もちろん詳しく書くとめちゃめちゃ業務があるわけですが 医療関係者向けに書いてるわけではないので今回はざっくりな説明ですみません。 私も2年目以降は外来の患者さんへお薬を渡しつつ 様々な業務に就くことになりました。 K大病院では薬剤師の数があきらかに足りていなかったので 入院患者さん…

  • K大病院

    こんにちは なんとかまだ続けています。 私と先生が働いていたK大病院は、約500床の急性期の総合病院で 外来処方せん枚数が800枚/日くらいだったかな ほぼ100%院内処方でした。 薬剤師は20名ほどで その他の入院処方、病棟業務、混注業務もこなさないといけないので ほんと結構忙しく働いていました。 もちろん当直もあります 月に2回程度ですが 1人で朝9時から翌朝9時までの24時間業務 これも結構堪えます。 定時は9時から17時と時間的には今よりはるかに短いんですけどね。 新人だった私の配属はもちろん調剤室 とりあえず ただひたすら 一日中 調剤です。 患者さんにはお薬を渡すだけ ほとんど会話…

  • 出会い②

    前回の記事より、K大病院にて出会ったわたしたちですが、 もちろんこの時はレディーファーマシーのレの時もなかったわけで むしろ”先生”ともこんなに深い付き合いになるとは全く思っていませんでした。 ちなみに前回記事のおさらいはこちら↓ ladypharmacy.hateblo.jp この時、私24歳(新人)、先生25歳(4年目)。 私は修士卒でK大病院薬剤部に入局、先生は学部卒で入局しているので、 学年的には一つしか変わりませんが、 K大病院では新人と4年目の先輩という関係でした。 この差って結構おっきいんです。 新人からすると4年目ってほんとベテラン感あります。 しかも”先生”は、薬剤部内でのム…

  • 出会い

    2回目投稿です。 なんとか今日はまだ続いています。まだやる気あります! 今日はレディーファーマシーの原点について少し レディーファーマシーを開くまで開いてからも色々あったわけですが、 それはまた後々お話ししていくとして、 まずはオーナーである私たち二人の出会いについて。 私たちは、簡単にいうと、前職の同僚(先輩、後輩)だったわけです。 私は、4年制薬学部を卒業後、薬剤師となり、大学院へ。 この時の私は病院での”がん専門薬剤師”を目指すコースとして大学院に進学し、 病院でバリバリやる覚悟でした。 普通の薬剤師では時代においていかれる!がんの患者さんが増えている今、 そのエキスパートになって少しで…

  • 決意表明!

    心機一転、新しくブログを開設しました。 タイトルは、”ladypharmacyの日記”です。 "ladypharmacyの日記"では、 薬局レディーファーマシー誕生秘話 開局までの道のり プライベートな趣味から 日常の出来事 などなど とりあえずざっくばらんに気の向くまま書いていきたいと思います。 と決意したものの、ブログ無精なので途中で挫折するかもしれませんが 更新を気長にお待ちいただけたらと思います。 とにかく今はやるぞー!やるぞー!やるぞー!っていう気分で書いていますので がんばります! ちなみに今までの美容ブログ(ladypharmacy'diary) は、 薬局レディーファーマシー公…