searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

けろけろちゃんさんのプロフィール

住所
中央区
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
アマチュア無線 JN1NBU
ブログURL
https://kerokerochan.hatenablog.com
ブログ紹介文
カムバック組です。限られた条件のもと、楽しめる範囲でやっています。ベランダアンテナで5バンドDXCCを目指しています。
更新頻度(1年)

326回 / 365日(平均6.3回/週)

ブログ村参加:2018/09/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、けろけろちゃんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
けろけろちゃんさん
ブログタイトル
アマチュア無線 JN1NBU
更新頻度
326回 / 365日(平均6.3回/週)
読者になる
アマチュア無線 JN1NBU

けろけろちゃんさんの新着記事

1件〜30件

  • RME ADI-2 DACの外部電源 結局最初に戻る

    いくつかの電源を試し「これが良い」「最終回答」などといって評価が何度も変わりましたが現状はこれを使っています。理由は一番バランスが良いことと、スピード感が合っているからです。但し、使用するうえで重要なポイントがあります。 エーワイ電子 のトランス式電源 DC12V 3A DC出力プラグ5.5mm-内径2.1mm) この電源は「常時Power On」で使用する必要があります。一度電源を落としてしまうと30分位音質が安定しません。 付属のACアダプターや他の電源もそれぞれ良いポイントがありました。結局は「何を重要視するか」次第ですので、聴く音楽のジャンルや個人の嗜好によるところが大きいと考えます。…

  • コロナボール到着

    アンテナのコロナ放電対策として注文していたコロナボールが到着しました。アルミ製で直径2cm、長さは4cmと大きいです。持った感じは軽いのです。 早速取り付けましたが、アンテナを傾けた状態でベランダに取り付けるとエレメントがかなりしなります。これはイマイチですね。このアンテナに1KW入れるわけではないので、このコロナボールは却下です。先日まで使用していた丸形圧着端子に置き換えました。丸形圧着端子でもコロナ放電は発生しませんので、これで良しとします。

  • ZP/N3BNA パラグアイ 80m FT8で交信

    この時間帯の80mの中南米は狙い目です。同じタイミングで入感していたベネズエラは力およばずでしたが、ZP/N3BNA パラグアイとは交信できました。80mでは久しぶりのバンドニューになります。

  • SU1SK エジプト 40m FT8で交信

    1.840MHzではバンドニューの5B60ALXが見えましたが、1.908MHzは受信していないようです。コールできません。残念です。 1.845MHzでは5I4ZZがF/Hモードで順調にパイルアップをさばいています。信号も強いです。ここでコールできないのはとても残念です。 せっかく4時に起きたのに成果なしです。気を取り直してクラスターを確認するとSU1SKが40m FT8にいるようです。ワッチすると1/3くらいの頻度でデコードできます。タイミングを見てコールするとリターンがありましたが、RR73を受信できません。再びコールするとなんとかRR73までたどり着きました。 エジプトはニューエンティ…

  • 160m用 1:4 UN-UN バラン再作成 大満足

    160mの超短縮アンテナ用の1:4のUN-UNを再作成しました。 1,000pFのコンデンサに置き換えていましたが、丁寧に作成したら特性がよくなるのではないかと考え再度作成しました。改善点は次のとおりです。 同じ名称のコアでも微妙に厚みや質感が違う。なるべく同一に見えるものを選定 トロイダルコアFT240-43 2段重ねはコアの密着度を上げるため、アセテート布テープで2つのコアが密着するように固定 巻き線間の密着度を上げるため、結束バンドで2本の線を密着させる 各配線は最短距離で実施 出来上がりました。ダイソーのハガキケース流用のバラックです。何度も組みなおしているためボロボロです。 160m…

  • 早朝のコロナ放電

    160mのFT8で200Wで送信するとSWRが小刻みに震えます。ベランダのアンテナを確認するとステンレスホイップの先端から紫色の炎が見えます。これはびっくりです。コロナ放電です。初めて見ました。200W程度でも発生するのですね。雨上がりということも影響しているのかもしれません。他のバンドでも試しましたが発生するのは160mのみでした。 エレメントを外して確認すると先端が真っ黒に焦げています。このまま使用するとそのうち先端が溶け落ちますね。先端が小さすぎるようです。先端を大きくすれば良いので、エレメントを磨いてから丸形の圧着端子(写真の下側に写っているものです)を圧着しました。この対応でコロナ放…

  • A65CA アラブ首長国連邦 160m FT8で交信

    久しぶりに早朝の160mをワッチしました。本日はまずまずのコンディションのようです。A65CAからリターンがありましたが、なかなか73が返らず、次の局との交信が始まってしまいました。あきらめきれずRR73を送信すると73が返ってきました。バンドニューになります。 本日初めて160m FT8で5I4ZZを受信できました。もう少し強く入ってこないと当局には厳しいです。(更に、1.908MHzを受信していただけないと)

  • TA7OM トルコ 160m FT8で交信

    今朝は160mがオープンしました。TA7OMは今まで何度も見かけているのですが、なかなかJAからは電波が届かないようでCQ連発のことが多い状況でした。 ラッキーなことに本日はJAに対してリターンが返っています。これはチャンスです。さんざんコールした末に当局にもリターンがありました。バンドニューになります。

  • TO3FM マルティニーク 40m FT8で交信

    今までワッチしても入感しないことの連続でした。ペディション終盤でようやく交信することができました。 早速、LoTWでCFMできました。 16時前に5I4ZZ タンザニアと17m FT8で交信できました。交信後数分程度でオンラインログに反映されます。

  • 160m用 1:4 UN-UN バラン 高圧セラミックコンデンサに置き換え

    160mの超短縮アンテナのインピーダンスは200オーム以上となり、アンテナチューナでのチューニングがシビアとなります。状況を改善するため1:4のバランを作成して使用していました。160mとはいえリアクタンス分が多く気になっていました。 そこで、トロイダルコアによる1:4トランスを外し、同軸ケーブルの芯線と網線の間に手持ちの1,000pFのセラミックコンデンサを入れるとSWRが1.2程度となることが分かりました。区切りの良い値で収まりラッキーです。但し、フルパワーかけるとSWRが安定しません。電流容量が取れないのでしょう。 かつてリニアアンプで良く使われていた円盤型のセラミックコンデンサをヤフオ…

  • EI4KF アイルランド 160m FT8 QSLカード受領

    昨年12月に160m FT8で交信したEI4KFのQSLカードが本日届きました。最近は早朝の160mのコンディションがイマイチです。160mのシーズンはそろそろ終わりなのでしょうか。 TI9Aの運用もそろそろ終盤です。平日日中にワッチできないので明日が私にとって勝負となります。

  • TI9A ココ島 40m FT8で交信

    毎日21時頃から40m FT8で強力に入感しているにも関わらず、なぜか交信に至る局は殆どなくCQ連発でした。 本日はそんなことはなく順調に交信できているようです。コールするとリターンがありました。先日までと本日との違いはなんだったのでしょうか。

  • XE2X メキシコ 160m FT8で交信

    早朝は160m FT8でEUがオープンしておりました。なかでも北アイルランドはバンドニューであり、ピークで-10dB程度と強く入感していたため何度かコールしたのですが、CQ連発であり交信できませんでした。もっとパワーがあれば(いやもっとマシなアンテナがあれば)と思った瞬間です。 22時過ぎに160m FT8でメキシコが入感していました。リターンは-22dBでしたが何とか交信できました。バンドニューになります。

  • 3W1T ベトナム 160m FT8で交信

    なんと1.840MHzではなく1.908MHzでの運用でした。デコードできないタイミングがあり、リトライを繰り返しましたが先方に付き合っていただいたおかげで交信できました。バンドニューになります。

  • HU1DL エルサルバドル 40m FT8で交信

    簡単にできると考えていた40m FT8。とにかく信号が弱いです。数分間に1回しか見えません。デコードはできなくてもウォーターフォールに薄っすらと信号が見えたタイミングでコールし続けるしかありません。そんなことを繰り返し、20時前にようやく交信できました。とても疲れました。 今朝は17m FT8で入感していましたが交信できませんでした。平日日中は参戦できないため是非押さえておきたかったです。残念です。

  • HU1DL エルサルバドル 80m FT8で交信

    当方の設備ではマルチスレッドになると受信できず、シングルスレッドとなっても見えていないタイミングの方が多いという状況でした。18時台、20時台ともリターンはありましたがRR73を受信できませんでした。その後もワッチを続け、21時台になってようやく交信が成立しました。これもリトライを3回繰り返しており、ギリギリ交信が成立したという状況でした。久しぶりの80mでのバンドニューです。 1.908MHzではHU1DLをコールしている方が数局いらっしゃいましたが、当方にはHU1DLの気配すら感じられませんでした。この後可能性があるのは40mと20mでしょうか。

  • HU1DL エルサルバドル 30m FT8で交信

    0時過ぎに30m FT8 F/Hモードで入感していました。信号は不安定ですが、入感しているタイミングでは安定しており程なく交信できました。 ペディション期間も長いため他のバンドでも交信できそうです。ショートパスですと夕方~日付が変わるくらいまでと、早朝が狙い目です。 早朝の160mはパッとしませんでした。手始めにUA5Cと交信してワッチしていましたが、6時半を過ぎてもEUビッグオープンとはならなかったため早々に2度寝をすることにしました。T6AAが大変強く入感しており、6時過ぎからJA向けにサービスしていました。T6AAは昨年11月に交信済のため様子を見ていました。昨年以上に160m FT8の…

  • フランスの美しいアンプ devialet expert 140 pro ~オーディオ趣味の終止符となるか

    フランスの美しいプリメインアンプ devialet expert 140 pro。大変興味深いです。とてもスリムなデザインですが、お値段はスリムではありません。 devialet expert 140 pro) 最大の特徴は使用するスピーカーごとに構成ファイルを持っており、アンプの動作を使用するスピーカー毎にセットアップするという機能を持っていることです。通常はスピーカーに応じてアンプやプレーヤーを選び、こだわるのであればケーブル類も吟味するのですが、そのような作業から解放されそうです。対応するスピーカーは900種類以上あり、私の持っているスピーカーにも対応しております。 オーディオ趣味に疲れ…

  • TT8SN チャド共和国 160mでの運用

    今朝初めて160mバンドで受信できました。交信できそうな強さです。1.908MHzでは多くのJA局がコールしていますが、JA周波数は受信していないようです。残念です。

  • 続報 RME ADI-2 DAC 外部電源による音質の変化

    まだやっていたの? という声が聞こえてきそうです。まだやっていたのです。 【重視したポイント】 スピード感、奥行き、空気感、臨場感、バランス 最終的に選定したのは以下になります。 (5)産業用 トランス式 安定化電源 0-18V可変(12Vで使用) 3A Instek(インステック) 直流安定化電源 GPS-1830D) この電源の内部を見ると、トランス直後の平滑コンデンサーの容量が過剰ではありません。安定化電源として設計した場合の最適価なのでしょう。ピュアオーディオ用の機器の基準からすると、その容量は小さいと思われますが、それがスピード感を鈍らせない要因と思われます。基板上には平滑コンデンサ…

  • 9K2HS クウェート 160m FT8で交信

    久しぶりの160mでのバンドニューになります。同じ時間で入感していたキプロスとは交信できませんでした。

  • 160m用 1:4 UN-UN バラン作成

    160mの超短縮アンテナのインピーダンスは200オーム以上となり、アンテナチューナでのチューニングがシビアとなります。状況を改善するため1:4のバランを作成しました。 トロイダルコアは手元にあったFT-240-43を2段重ねで使用しました。アンテナ直下に入れるのが良いのでしょうが、160m以外ではリレーを使って切り離す必要があります。ベランダまでの距離も短いので160mバンドに対しては無視できると都合の良い解釈をし、手元のスイッチで切り替えることにしました。ケースも含め全て手元の部品で作成できました。超手抜き製作でバランは強力両面テープでケースに固定しています。 早速使ってみます。160mでの…

  • 160m対応アンテナ HI-Qピラニア5/80R再設置

    安全上の懸念のためHI-Qピラニア5/80Rを下ろして、より小型のHI-Qピラニア4/80を設置していましたが、160mが運用できないだけではなく、80mや40mのパフォーマンスが明らかに低下している感じがします。ローバンド拡張のパブリックコメントも出ておりますので160mは外せません。そのためHI-Qピラニア5/80Rを再設置しました。 安全上の課題は、クロスマウントでの取り付け位置を10cm程度アンテナの上側とすることで対応しました。バルコニーの中となってしまう部分が増えてしまいますがやむを得ません。トップヘビーな状況が少し改善できました。以前は給電部分ギリギリの部分をクロスマウントの取り…

  • VK9NK ノーフォーク島 10m FT8で交信

    10mバンドはできていないところだらけです。10mのノーフォーク島はバンドニューになります。ノーフォーク島の未交信は160mと80mになります。160mは安全上の理由により、ベランダでの現行のアンテナの維持できないと判断しました。残念なことですがやむを得ません。事故を起こさないことが重要です。現在、別の仕組みを画策中です。 ベランダのアンテナはHI-Q ピラニア 5/80RからHI-Q ピラニア 4/80へ変更しています。80mまでは運用することができますが、ローバンドでは戦力ダウンになります。

  • なんちゃってカーボン製オーディオボードの導入

    DACのRME ADI-2用として、Amazonで比較的安価に売られているカーボン製の板を調達しました。オーディオ用としてはドライカーボン製のボードが売られていますが、それと比較すると価格は1/5程度となります。当然ドライカーボンではないと思われます。 断面は切りっぱなしですので、油断していると指をケガしそうです。表面は樹脂のようなものでコーティングされており、つるつるです。あまりにもつるつるで機器が滑るので、表面保護用のフィルムははがさずに使用してみました。 一聴して、響きが少なくなったような気がします。これは好ましい変化なのか分かりません。プラシーボ効果満載かもしれませんので、一晩放置し翌…

  • 3B8CW モーリシャス 10m FT8で交信

    久しぶりに10mがオープンしました。2~3分見えているタイミングと5分程見えなくことの繰り返しでした。いつものように15mまでしか同調しないアンテナをアンテナチューナで無理やり10mに同調させ参戦です。オープンさえしてしまえばこんなアンテナでも交信できてしまうのが10mの凄いところです。 当方では1エリアと6エリアがコールしているのが見え、リターンも1エリアと6エリアのみであることが確認できたのですが、当方に入感していないタイミングでは他のエリアとの交信が成り立っているのでしょうか。 3B8CWとこの時間の10mのオープンはJAのみのようでした。

  • DXCC依存症

    ローバンドのために早朝5時からワッチする。 ひたすらできるまでコールする。 クラスターをみてめぼしいところがレポートされたら都度ワッチする。 これらが限られた余暇時間の多くを占めるようになり、かつ作業ぽっくなってしまい純粋に趣味として楽しめなくなってしまいました。年明けからずっと考えていましたが、一旦DXCCからは距離を置くことにしました。 2年程前からリモートKW局の開局の準備していましたが、それも無期延期とすることにしました。ちょっと一生懸命やりすぎてしまったのかもしれません。

  • P49X アルバ 80m FT8 LoTWでCFM

    昨年末に80m FT8で交信したP49XはLoTWでCFMできました。 80mでカリブ海とできたのは久しぶりです。

  • 最終結論 RME ADI-2 DAC 外部電源による音質の変化

    いろいろやってきましたが私の中で結論がでましたのでまとめます。なお、この評価はRME ADI-2 DACでの結果であり、他の機器では違った評価となる可能性があります。 【使用した電源】 <スイッチング電源>(1)付属のACアダプター(2)iFi iPOWER 電源アダプター(3)ボルトアンペア GPC-DC2 電源アダプター <トランス式電源>(4)エルサウンド オーディオ機器用高音質化アナログ電源 12V 3A(5)産業用 トランス式 安定化電源 0-18V可変(12Vで使用) 3A 【評価】 スイッチング電源である付属のACアダプター(1)を基準に評価すると次のとおりです。 スピード感/躍…

  • 160m とりあえずの戦略 CQ WW 160m Contest

    早朝の160m FT8をワッチしても成果があがらないことが多くなりました。ちょっと分析してみました。 EUで交信可能な局(先方の設備の素晴らしい局)は既に交信済である。 コンディションにムラがある。先方が見えていても片パスのことも多い。 取りこぼしのあるアジアの局はこの時間帯はEUを狙っているため、1.908MHzを受信することはない。 現状の160mでの交信実績は次のとおりです。EUは頑張ってもあと10エンティティ上乗せといったところでしょうか。 アジアがあまりできていません。CW WW 160m Contestに期待しています。CWでEUは厳しいですが、アジアであれば交信の可能性は高いです…

カテゴリー一覧
商用