住所
出身
ハンドル名
otbさん
ブログタイトル
ワンタップバイ インベスター
ブログURL
https://otb-investor.hatenablog.com/
ブログ紹介文
ワンタップバイで投資家デビュー! このスマホ証券が扱っている銘柄や投資関連について書きつづっていきます♪
自由文
-
更新頻度(1年)

106回 / 179日(平均4.1回/週)

ブログ村参加:2018/09/19

otbさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 05/24 05/23 05/22 05/21 05/20 05/19 全参加数
総合ランキング(IN) 25,466位 23,967位 23,911位 23,881位 23,921位 23,853位 23,925位 961,096サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 20 230 120 40 60 50 10 530/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 954位 901位 908位 908位 905位 903位 907位 13,661サイト
株日記 109位 104位 108位 108位 105位 107位 104位 3,119サイト
経済ブログ 35位 32位 33位 33位 35位 33位 37位 2,390サイト
アメリカ経済 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 22サイト
投資ブログ 196位 190位 186位 185位 190位 192位 193位 4,501サイト
お金(投資) 13位 13位 12位 13位 13位 13位 12位 293サイト
今日 05/24 05/23 05/22 05/21 05/20 05/19 全参加数
総合ランキング(OUT) 16,301位 17,239位 18,197位 18,666位 18,464位 18,454位 18,402位 961,096サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 20 230 120 40 60 50 10 530/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 996位 1,031位 1,069位 1,091位 1,084位 1,079位 1,076位 13,661サイト
株日記 101位 107位 113位 118位 121位 124位 125位 3,119サイト
経済ブログ 12位 14位 14位 14位 17位 18位 18位 2,390サイト
アメリカ経済 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 22サイト
投資ブログ 114位 123位 128位 135位 133位 139位 132位 4,501サイト
お金(投資) 4位 4位 5位 6位 6位 6位 6位 293サイト
今日 05/24 05/23 05/22 05/21 05/20 05/19 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 961,096サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 20 230 120 40 60 50 10 530/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,661サイト
株日記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,119サイト
経済ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,390サイト
アメリカ経済 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 22サイト
投資ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,501サイト
お金(投資) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 293サイト

otbさんのブログ記事

  • 日本政府、とうとう年金制度崩壊を認め、自助を求める(怒

    どうもOTBインベスターです。 ちょっとした時事ネタから入ります(`・ω・´) 新たな米中摩擦懸念により、米国市場、またもや大幅な下落となりました。

  • ファーウェイいよいよ窮地へ!

    どうもOTBインベスターです。 米中摩擦、激化の一途です! 余計なモノ? それは…!? とうとう、 グーグルがファーウェイとの取引を停止することが決まりました。

  • OECD 19年世界成長率を3.2%へ下方修正

    どうもOTBインベスターです。 5月21日、OECDが2019年の世界経済成長率見通しを3月時点と比べ、 0.1ポイント低い前年比3.2%に引き下げた。 国際経済全般について協議することを目的とした国際機関「OECD」 最たる原因としては、やはり米中経済戦争が大きな影響を及ぼしており、 特に中国経済の急減速がひと際目立っています。 しかも、 今後の展開次第では、さらに世界経済成長率が下がる見通しのようです。 ですが、 面白い(?)ことに、2019~20年に掛けての経済成長率見通しでは、 米国は、成長率が上昇する見通しであり、 日本は、世界で最も悪影響を受け、下降する見通しのようです。 ここ重要…

  • 【日本】1-3月期GDP速報値が予想を上回る! …が、

    どうもOTBインベスターです。 日本経済の起死回生は無理ゲーか!? 5月20日、平成31年1~3月期の実質GDP速報値は、 市場予想-2%に対して+成長(年率換算+2.1%)という結果が公表されました。 また、茂木経済再生相によれば、 「生活活動に弱さが続いているが、雇用や所得環境の改善や高水準の企業収益など、 内需を支えるファンダメンタルズ(基礎的条件)はシッカリとしている。 加えて、内需の増加傾向は崩れていないと考えている。」 消費増税に関しては、 「10月に10%ヘ引き上げ予定に変更なく、この考えは一貫して変わっていない。」 …と、発言しました。

  • 自動運転について

    どうもOTBインベスターです。 5/17日、日本で自動運転の実用化に向け、 安全基準を定める改正道路運送車両法が成立。 高速道路や過疎地での自動運転の実現に向けた環境がとりあえず整ったようです。 車は所有からシェアへ 政府は2020年をめどに一定の条件下で、高速道路や過疎地での自動運転の実現を目指す考えであり、 高速道路では緊急時に人が操作する「レベル3」の自動運転、 過疎地など限定された地域で無人で移動サービスを提供する「レベル4」の実用化を。 また、レベル3については自動運転車の公道走行を可能にする道路交通法改正案の国会審議が進んでおり、緊急時に手動運転に代われることを前提に、スマホ操作な…

  • 2019年 5月配当金

    今月も配当金がやってきました。 …が、今月は少ないので見る価値ありません(笑) 素通りどうぞ(;^ω^)

  • 加熱を極めるゲーム市場!

    どうもOTBインベスターです。 今現在、世界では米国と中国がガチの経済戦争をやっており、世界市場は常に翻弄され 日経やNYダウは乱高下するといった大変落ち着きのない相場となっております。

  • 人手不足? 実体は大嘘だった!?

    どうもOTBインベスターです。 現在の日本は、どこもかしこも人手不足問題が発生しており、 原因としては少子化の影響で若い労働力が確保できないことが最たる理由とされています。 そのせいもあり、2018年度の日本企業の”人手不足による倒産”件数では400社以上もの数を記録しています。 その内訳として、 代表者や幹部役員の死亡、病気入院、引退などによる「後継者難」型、 人手確保が困難で事業継続に支障が生じた「求人難」型、 賃金等の人件費のコストアップから収益が悪化した「人件費高騰」型 …がトップを占めています。 このようなこともあり、それでも何とか人手を確保するべく時給を上げる向きはありますが、それ…

  • 【超壮大】アマゾンのCEOジェフ・ベゾスが”とんでもない”構想を発表!

    どうもOTBインベスターです。 とんでもない胸アツ情報が飛び込んできました! 夢と共に生きる男「ジェフ・ベゾス」がなんと、

  • 時事ネタ集(`・ω・´)

    どうもOTBインベスターです。 ちょっとした時事ネタ集めてみたよ 今回、初の試みとして個人的に気になった直近経済ネタを複数、シンプルに記述してみたいと思います。 興味ある方は最後までどうぞよろしくお願いします( `・∀・´)ノ

  • 米中経済戦争、いよいよ激化へ

    どうもOTBインベスターです。 両国 一歩も引かず! 今回も日経(13日)、米国市場は株価下落となりました。 特に米国市場は暴落と言えるレベルかもしれません(;´・ω・) NYダウでは一時、700ドル以上もの大幅な下げを記録。 特に反発上げも見られることなく、終始下降トレンドで取引終了。 前日比マイナス617ドル 終値25324ドルとなっています。 どうしてこうなってしまったのか??? 宣言通り、中国は米国への報復関税を発表しました。 6月1日から、米製品へ600億ドル相当の追加関税を発動させる見通しです。 米国側は、既に中国製品のほぼ全てに関税25%を課すことを公表しています。 実際のところ…

  • 不登校ユーチューバーこと、少年革命家ゆたぼん(10歳)について

    どうもOTBインベスターです。 今回、日本の常識や教育通念について、世間は改めて考えさせられるような、 そんな「ゆたぼん」について、個人的な見解を書いてみたいと思います。 Boys be ambitious! 彼の動画をいくつか視聴してみました。 ふむふむ。なるほど、なるほど。 けっこう面白いやん♪ …といった感想を持ちました。 とうとう、腐りゆく日本でもこんな常識感を壊すような新世代が現れたか!?と感心もしましたよ。 大人顔負け…とは言い過ぎかもそれませんが、バイタリティ良く、発言も割とシッカリとしていて、今後の展開に期待を持たせてくれるかのような強みを感じました。 いや、ホント大袈裟ではな…

  • 関税25%騒動からの米国市場5日目 + 運用報告

    どうもOTBインベスターです。 いきなりですが、結論から申し上げます。 知っていたけど米国市場(NYダウ)は やはり強い! 関税25%となったことで、今回の市場は終始、暴落相場となる予想をしていたんですが、 結果的には… 前日比 +114ドル 終値25942ドル で終了しました。 ただ、取引時間開始から2時間ほどで -300ドルほど下落しており、 このまま下落していくのだろう、と諦めムードでヒヤヒヤしていましたが、 そこから最大500ドルほど反発上昇(26001ドル)していき、 終値は上記の通りとなっています。 見事に予想を裏切られました。(良い意味で) これだから米国市場は面白い!(; ・`…

  • 悲報:関税25%引き上げ実行、日本への影響も甚大に!?

    どうもOTBインベスターです。 世界経済低迷不可避か!? 米中協議は今なお続いているわけですが、 結果を待たずしてトランプ大統領は関税の引き上げを実行しました。 これにより、世界経済への影響も一段と深刻化することになります。 本日の日経は、昼前まで警戒感織り込みでの市場展開により、ようやくプラ転相場が見られていましたが、昼過ぎに関税25%引き上げ実行という情報が巡った瞬間、急落。 前日比マイナス57円の21344円で終了しました。 このように日本全体の株安が続けば、投資家はもちろん、 投資とは無縁な一般人にすら大きな影響を及ぼしていきます。 まず、企業の成長力を阻害、事業のコストは増え、賃金や…

  • 関税25%騒動からの米国市場四日目について

    どうもOTBインベスターです。(含み損が1万超えました(;^ω^)) おそらく世界が固唾を呑んで米中協議を見守っている中、 どうやら北朝鮮は構って欲しくてしょうがないのか、またまた飛翔体を放った模様です。 しかしながら、 自分を含めた投資家の皆様は、そんな駄々っ子に構っている余裕はありませんので、 引き続き米中協議の行方を考察していきたいと思います。 5月9日の米国市場(NYダウ)では、やはり米中協議の結果を控えた警戒感から続落となり、 前日終値比138ドル安の2万5828ドルで終了しています。 市場の流れとしては、取引開始から下降トレンドが続きながらも、 中盤辺りから反発上げが見られましたが…

  • 関税25%騒動からの米国市場三日目について

    どうもOTBインベスターです。 5月8日の米国市場(NYダウ)では、 米中協議の行方が錯綜しているため、終始 様子見的な市場展開となっていました。 ただ、今回は わずかながら反発上げが見られており、前日比でプラス2ドルで市場取引終了しました。 結論的には、前日とほぼ変わらずという展開模様ですね。 さて、今日から米中協議がワシントンにて再開されます。 最新の情報によれば、9日の米中協議を経てもなお、両国の溝は埋まらず、 10日から正式に関税引き上げとなる確率は50%以上だろう、という見方が強いようです。 何故なら、中国側も大国としての意地やメンツ(習近平政権の権威誇示)があり、 そもそも、それが…

  • 米国株で直近の配当情報について

    どうもOTBインベスターです。 ワンタップバイから配当情報がやって来ました。 ご参考にどうぞ(*'ω'*) ※例によって、ワンタップバイで投資可能銘柄のみ記述しますのでご了承ください。 配当金複利を活用しよう♪ 米国株配当情報:権利付最終売買予定日(この日までに株保有で配当金発生) ※ %表記は直近の配当利回りとなります(常に変動しますので参考程度にどうぞ) 5月9日(木) ファイザー 3.53% ボーイング 2.30% IBM 4.71% コストコ 1.08% 5月10日(金) エクソンモービル 4.54% アップル 1.52% 5月15日(水) マイクロソフト 1.47% 5月16日(木)…

  • 関税25%騒動からの米国市場二日目について

    どうもOTBインベスターです。(現在、含み損5000円台になりました泣) 関税25%騒動を受けた5月6日の米国市場では一時大幅な下落がありましたが、 すぐさま反発上げとなり、最終的には元のサヤに戻った感じとなりました。 トランプ氏のツイートは、交渉(脅し)なんだという楽観視があったためです。 しかし、 5月7日の米国相場では、前日比で一時マイナス600ドル以上といった暴落相場となり、特に反発上げも見られることなく終了しました。 どうしてこうなったのか? その原因が判明しました。 まず、当初 トランプ大統領がツイッターでキレただけかと思われました(個人的に)が、 後にライトハイザー米通商代表部代…

  • 日本令和市場初日について

    日経の令和市場初日について記述していきます。 GW10連休後明けということで、もっと荒れた暴落スタート(期待)になるかと 思っていましたが、特にそのような混乱はなく、 あくまでも関税25%のネガティブサプライズに反応しただけの相場でした。 ただ、 前営業日比(4月26日)からマイナス335円と大幅な下落、 2万2000円を下回りました。 やはり、輸出関連株を中心に売り優勢となり、米国市場(5月6日の相場)とは違って反発がほぼ見られることなく軟調な下降トレンドとなっています。 日経はやはり弱い。 米中協議は5月8日からワシントンで行われる予定となっており、日経は少なくとも今週一杯は下落傾向のある…

  • 関税25%表明後の米国市場初日

    どうもOTBインベスターです。 まさかの関税25%宣言したトランプ氏ですが、 案の定、米国市場は NYダウ前週末終値比で 一時470ドルを超えた大幅な下げを記録。 特に中国と関連の大きい銘柄(キャタピラーなど)は急落。 ハイテク関連も大きな下げ相場となっており、さらにこのままズルズルと下降トレンドになっていく… ………? …あれ? 数時間後、ほとんど戻ってる(笑) 一時期、含み益3000からの回復 結論として、 下げたのはホントに最初だけであり、すぐさま反発上昇しており驚きました。 米国市場はホントに強いですね~(`・ω・´) 考えられるのは、米国投資家の皆さんは、とにかく米国経済の強さを知っ…

  • 超速報:トランプ大統領がまさかの…(;´・ω・)

    どうもOTBインベスターです。 長かったGW10連休も今日で… …って、そんなことはどうでもよくて、 緊急情報となります!! トランプ大統領が、まさかの 米中関税25%引き上げを表明!! 何故そうなったかと言いますと、 トランプ大統領らしいと言えばらしいのですが(汗)、 「中国の協議が遅すぎる!!」 …とブチ切れたことが発端のようです(´;ω;`) トランプ氏、とうとうキレる かつてトランプ氏も、現在の閣僚たちも、「進展している」、「素晴らしい合意ができる」 …と、口を揃えていたわけですが、⇒この記事⇐にも記述しましたように、 確かに中国側は、中々に米国側の言い分に従わない態度を続けていました…

  • 日本国内初! ホリエモン民間ロケット打ち上げ成功!!

    どうもOTBインベスターです。 ホリエモン出資による「インターステラテクノロジズ」が、 日本国内では初となる、民間によるロケットの打ち上げが成功しました! 名称は「MOMO3号機」 全長9・9メートル、直径50センチ、重さ1150キロ 液体燃料小型ロケット 北海道大樹町から打ち上げられ、民間単独のロケットとしては国内初の高度100キロ以上の宇宙空間に到達(113km記録)、後に機体は太平洋上に着水したようです。 今までの取り組みとして、 MOMO1号機は17年7月、打ち上げ約1分後に通信が途絶え、高度20キロから海上に落下。 2号機は18年6月、打ち上げ直後にエンジンが停止し、機体が落下して爆…

  • GW10連休終了目前!

    どうもOTBインベスターです。 今年の目玉イベントであるGW10連休も明日を残すのみとなっている中、 皆さまにおかれましては、いかがお過ごしでしょうか? まず初めに、 このブログを始めて7ヵ月目にして読者登録10人目を記録することができました♪ いつもお世話になっております('◇')ゞ こんな稚拙なブログに登録して下さった10人の方々、特にありがとうございます! 今後とも精進していく所存ですので、どうか引き続きよろしくお願いします(`・ω・´) もし、くだらないブログだと判断された時は、遠慮なく読者登録を外して頂いて構いません。 訪れてくれた人を惹きつけるに足りない低レベルなブログなんだと自己…

  • 「令和」、それは社会保障制度の崩壊時代!

    どうもOTBインベスターです。 令和と同時に食品などの値上げラッシュが続いているわけですが、 再び、政府は年金制度の改悪を進めていくつもりのようです。 今回のターゲット層は、いわゆる団塊ジュニア世代(1971~1974年生)であり、 支給開始年齢を68歳 ⇒ 70歳 ⇒75歳へと段階的に引き上げていく、 「75歳選択受給」とする改悪です。 崩壊していく年金制度 今回の改悪案では、 日本の人口動態的に、団塊世代の次に人口が多い「団塊ジュニア」に狙いを絞り、 それらの層へ年金支給される前に、支給開始年齢を引き上げる目論見となっています。 支給開始が遅くなればなるほど、当然の事として受け取れる年金総…

  • 米中通商協議、いよいよ最終局面か!?

    どうもOTBインベスターです。 米国 VS 中国 世界経済に多大な影響を及ぼしている「米中貿易摩擦」ですが、 いよいよ最終合意へ向けた山場に差し掛かってきている、とのことです。 米中閣僚は4月30日から北京で通商協議を再開、 5月8日からはワシントンにて協議を行っていく予定とのこと。 ムニューシン米財務長官は「実質的な進展を期待」、 「最終局面を迎えている」…と強調。 しかしながら、 今なお、中国は米国側の言い分には難色を示しており、 最終合意と同時に関税の完全撤廃を求めているわけですが、 米国側としては、最終合意後でも、中国が合意事項に反しないかを検証するために、 ある一定レベルの制裁を維持…

  • さて、「令和」がスタートしたわけですが…

    どうもOTBインベスターです。 新時代、それは混迷を極める日本の幕開けか!? 本日から「令和」となり、 ここからまた日本は新時代の歩みを始めていくことになります。 分かっていたことですが、メディアはどこもかしこも「新時代」だ「カウントダウン」だと、視聴者を焚きつけることに夢中であり、まるで新年を迎える年末のような気分でした(笑) 渋谷のスクランブル交差点では、 雨が降りしきる中、大勢の国民が身動きできないほど密集しており、カウントダウンとともに大きな歓声が上がっていました。 個人的には、 ただただ、ご苦労様でした、寒かったでしょう?という感想です。 何故、あれほどに興奮して大騒ぎできる心境にな…

  • 2019年度 第1四半期 米国株決算 その⑤

    引き続き決算内容です。※自分が投資先として考えている銘柄のみシンプルに記述していきます。 ・アルファベット(グーグル) 悪い決算です。 売上高が予想を下回りました。 欧州からの制裁金が利益を押し下げました。 広告収入の伸びがアマゾンやフェイスブックを下回りました。 広告主が他者へ流れている懸念があり、時間外取引で株価が約7%急落。 広告主からのユーチューブの適正なコンテンツ化への圧力も影響か。 ・ファイザー 良い決算です。 利益がアナリスト予想を上回りました。 主力の医薬品価格を上げたことが好影響となりました。 好決算にて、株価が約3%上昇。 ・マクドナルド 良い決算です。 米国内、世界で売上…

  • 本日 平成最後の日

    どうもOTBインベスターです。 平成よ、さようなら とうとう、本日で「平成」が終わりを迎え、 5月1日から新元号である「令和」がスタートします。 また、本日午後5時ごろに、「退位礼正殿の儀」が執り行われ、 安倍首相から「国民代表の辞」の後、 天皇陛下が「最後の御言葉」を述べられる予定となっています。 日本国民は、天皇陛下の御言葉を有難く拝聴するようにしたいところです。 ただ、個人的には平成から令和になることに関して、特に思い入れもありませんし、 全く浮ついた感じもありません。 令和になったからといって、特に何がどうなるでもなく、 それどころか逆に、 日本は現在、危機的な状況に置かれていることを…

  • ベルギーが5G 導入を見送りへ!

    どうもOTBインベスターです。 無数に増設された基地局・通信イメージ 「5G」、それは社会構造、産業構造を劇的に進化させてくれる夢のような通信技術です。 世界はもちろん、日本もこれから本格的に導入していくことは周知の事実です。 ですが、その危険性が指摘されていることも、また事実なわけです。 ⇒ [前回の記事へ] ⇐ 日本はもちろん、公にはしません。 政界は産業界との癒着、利権がありますからね。 そして、その危険性を鑑みて、世界先駆けで「ベルギー」は5G導入の見送りを決定したようです。 理由は、 放射線の厳しい基準があり、現行の安全基準に適合していない。 …としています。 5G通信は、今まで利用…

  • 2019年度 第1四半期 米国株決算 その④

    引き続き決算内容です。※自分が投資先として考えている銘柄のみシンプルに記述していきます。 ・アマゾン 良い決算です。 クラウドや広告サービスの需要が拡大。 純利益は35億6000万ドルで前年比2倍超に増加。 販売者向けサービスの売上高は20%増。 広告などの売り上げは34%増。 クラウド事業のAWS売上高は41%増。 純売上高は17%増。 今後、更なる設備投資により、利益率は鈍化する見通し。 ・インテル 悪い決算です。 中国の景気後退の影響を受け、前年同時期の売上高は超えたが、 アナリストの予想は下回った。 特に利益率が期待できるデータセンサー向けが不調。 今後の売上高見通しも引き下げへ。 時…