searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ceroさんのプロフィール

住所
須磨区
出身
奈良市

海外のセレブたちはヌード肖像画を描いてもらうのは、ごく自然なこと。日本でも女性たちの秘かなブームに。美しい姿を絵画として残すのがステイタスなんです。

ブログタイトル
前衛芸術を表現する~José Ishiguroが創造する現代アート
ブログURL
https://shozoga.exblog.jp/
ブログ紹介文
宇宙観ある哲学的なコンテンポラリーな作品を制作。同時に、神戸を前衛芸術の街にする活動もしています。
更新頻度(1年)

36回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2018/09/18

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ceroさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ceroさん
ブログタイトル
前衛芸術を表現する~José Ishiguroが創造する現代アート
更新頻度
36回 / 365日(平均0.7回/週)
読者になる
前衛芸術を表現する~José Ishiguroが創造する現代アート

ceroさんの新着記事

1件〜30件

  • 日本人は、金髪の女性の絵なんか、描くな!

    日本には、有名な展覧会の団体があります。この団体は、実に現金まみれのいやらしい団体です。この団体の展覧会を見てみると、モデルが、おそらくフランス人女性かと...

  • 〇号あたり”なんぼ”と言って絵を売るアホ

    よく、自分の絵を売る際に、『1号あたり〇〇円』と表示して売っている画家を見かけます。不動産の世界で、家を建てる時の土地の値段が、その土地の広さによって値段...

  • バブリー時代の三種の神器

    昔、若い女性たちが、ジュリアナ東京でボディコンに身を包み、ジュリ扇で舞っていた時代がありました。そんななか、街のヤクザが”三種の神器”と呼んだ商品がありま...

  • 小学生に水彩絵具なんて使わせるな!

    どういうわけか、日本の文部科学省は、水彩絵具が好きらしいです。小学生が使う水彩絵具は、ガッシュという、不透明水彩です。実はこれ、プロでも使いこなすことが困...

  • 芸術大学なんて必要ない!

    芸術というのは、人から教えられて、得るものではありません。「芸術を教えてもらう」という考えは、おかしいのです。それなのに、なぜ、日本には芸術を教える大学が...

  • アーティストのマスク作り

    世界的な新型コロナウィルスの影響で、芸術家などアーティストたちも、大変な時代を過ごしています。どんな金融経済の不況下でも、飲食店(食べるもの)というのは、...

  • お手製の黒マスク

    新型コロナウィルスの世界的な感染拡大で、マスク不足が深刻化しています。ドラッグストアに行っても、マスク、ないですね…不織布の使い捨てマスクをしていても、完...

  • 美しいポージングとは?⑮

    白黒写真は、陰影の状況がおもしろいと思います。女性の体の白い部分が、明るく浮きだっています。バストの部分を手で覆っています。その『手』ですが、以前もブログ...

  • マネキンを使った作品

    昭和の時代にデパートに行くと、洋服のコーナーには、服を着せられたマネキンがありました。マネキンのその顔は、西洋人の顔立ちで、頬紅たっぷりのお化粧していたり...

  • 媚びる絵を描くな

    展覧会などに足を運んで作品を見てみますと、高校生の美術部のような絵画が多いと感じます。お行儀のよい退屈な作品ばかりです。表現は悪いですが『死んだような作品...

  • 梅が咲き始める

    先月の1月から、新型コロナウィルスで、騒がしい状況です。2月は、節分やバレンタインデーなど、イベントが多いのですが、この新型コロナウィルスの栄影響が大きく...

  • 美しいポージングとは?⑭

    光をうまく使った写真です。女性の体の前の部分が、光に照らし出されて、陰影がきれいについています。こういったものを、抽象化して表現すると、またおもしろいので...

  • 『火』の魅力

    寒い冬は、炎を見ると、暖かく感じます。エアコンの温風よりも、薪ストーブの赤い火、石油ストーブの赤い火も、焚火の炎を見ると、暖かい気がします。NHKの朝ドラ...

  • 百貨店の美術部のレベルの低下

    先日、大手百貨店へ買い物へ行きました。百貨店の上階に行ったのですが、上の階と言えば、時計・宝石店や、呉服店、食器店、家具店などが常連です。おしゃれな食器や...

  • 美しいポージングとは?⑭

    ヌードの女性が、布にくるまって横たわるポーズです。ルネサンス期の西洋絵画など見てみると、ビロードのような衣服の生地の感じが、実にリアルに描かれていることが...

  • 母校『桐蔭学園』が花園の高校ラクビー大会で優勝

    José Ishiguroは、横浜市の出身です。出身高校は、桐蔭学園です。毎年、東大阪市の花園ラグビー場で開催される、全国高校ラグビー大会には、桐蔭学園は...

  • 芸術は身近にあるもの、日常的なもの

    アメリカ映画などを観ると、家の中の寝室やリビングの壁や階段の踊り場などに、絵画が飾ってあるシーンを見かけます。その作品のほとんどが、抽象画です。最近の日本...

  • 美しいポージングとは?⑫

    女性の肌に当たる光の加減が、美しいです。最近の写真は、画素数が多くて、きれいに写っています。実は、モデルの肌をより光らせるために、肌にオイルを塗ることもあ...

  • ”弟子”は、唯一の作品購入者

    日本における芸術分野の弟子というのは、特殊な存在です。José Ishiguroの母(画家であり工芸作家)にも、お弟子さんが何人もいました。お弟子さんたち...

  • 現代アートは、”感覚だけ”ではダメ

    世界的に、現代アートが熱いです。現代アートは、ルネサンスの宗教画や、貴族・王族の肖像画のように、写実的で精密な絵画ではありません。何も考えずに、その時思い...

  • 絵を描くと、心に変化が…

    José Ishiguroは、障害者支援のための芸術活動もしています。障害者であっても、素晴らしい芸術作品を制作することがあるのです。健常者以上に、一心...

  • 美しいポージングとは?⑪

    あまりあり得ないようなポージングも、おもしろいです。描く側は、難しいですけどね。絵画では、その通りに描かなくても、良いのです。”写真”ではありませんので。...

  • 高知城に行ってきました!

    高知に仕事で行ってきました。市内にある高知城を見てきました。良いお天気で、青空のもと、お城が美しいですね。古い石垣が、きれいに積んであります。お城と言えば...

  • ピアソラのリベルタンゴ

    アルゼンチンタンゴが大好きです。アルゼンチンタンゴと言えば、情熱的なダンスを思い浮かべますが、『バンドネオン』の響きが何とも言えない情緒を醸し出します。ア...

  • 最近の美術館がつまらない

    かつての日本には、それはもう良い美術館がありました。地方にも良い美術館がたくさんあったので、よく足を運んだものです。しかし現在は、その良い美術館の多くが、...

  • ワークショップを使って絵画を売る作家

    日本国内では、絵画など、なかなか売れないものです。絵描きとして食べていくなど、到底無理な話です。そのため、画家は、ワークショップなどで、「絵の描き方を教え...

  • ヌードを描く難しさ

    多くの画家が、ヌードを描くことに挑戦します。ルネサンス期にも、女性ヌードが多く描かれていますね。ヌードは、難しいのですよ。服があれば、誤魔化せるのですが、...

  • 画材店が減り、画材道具もない現象

    昔に比べ、街に画材屋が減りました。しかも、数少ない画材店に行ってもみても、店内には品が少ない状態です。そして相変わらず、油絵具は、高いです。ゴッホみたいに...

  • AIが出てきても、アーティスト(芸術家)は残る

    AIの登場により、職を失う職業というのが、よくインターネットで記事になっていますね。職を失うであろうと予想されるのが、弁護士、税理士、教師、銀行員、保険会...

  • バイヤーに売却したファイアーアート

    ファイアーアートを制作する、José Ishiguro の作品をご紹介します。このファイアーアートは、世界で、José Ishiguro だけが制作してい...

カテゴリー一覧
商用