絵と彫刻~もっと日常生活の中に芸術を
住所
須磨区
出身
奈良市
ハンドル名
ceroさん
ブログタイトル
絵と彫刻~もっと日常生活の中に芸術を
ブログURL
https://shozoga.exblog.jp/
ブログ紹介文
油絵によるダンス絵画・宗教画・肖像画、彫刻など、具象と抽象を兼ねた新しい芸術に挑戦しています。
自由文
海外のセレブたちはヌード肖像画を描いてもらうのは、ごく自然なこと。日本でも女性たちの秘かなブームに。美しい姿を絵画として残すのがステイタスなんです。
更新頻度(1年)

49回 / 330日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2018/09/18

ceroさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 全参加数
総合ランキング(IN) 6,552位 6,458位 6,693位 6,684位 6,632位 6,810位 6,316位 969,331サイト
INポイント 0 60 50 40 60 40 60 310/週
OUTポイント 0 90 80 100 130 90 70 560/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 532位 535位 562位 561位 546位 552位 508位 32,827サイト
女性写真(ノンアダルト) 6位 7位 7位 6位 6位 6位 6位 500サイト
美術ブログ 36位 36位 41位 42位 45位 49位 46位 8,199サイト
油彩画 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 254サイト
肖像画 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 28サイト
今日 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 14,712位 14,873位 15,369位 15,409位 16,208位 16,995位 17,099位 969,331サイト
INポイント 0 60 50 40 60 40 60 310/週
OUTポイント 0 90 80 100 130 90 70 560/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 423位 431位 448位 443位 502位 528位 516位 32,827サイト
女性写真(ノンアダルト) 14位 13位 14位 13位 15位 14位 14位 500サイト
美術ブログ 42位 44位 46位 49位 50位 57位 58位 8,199サイト
油彩画 1位 1位 1位 1位 1位 2位 2位 254サイト
肖像画 1位 1位 1位 1位 1位 2位 2位 28サイト
今日 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,331サイト
INポイント 0 60 50 40 60 40 60 310/週
OUTポイント 0 90 80 100 130 90 70 560/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32,827サイト
女性写真(ノンアダルト) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 500サイト
美術ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,199サイト
油彩画 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 254サイト
肖像画 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28サイト

ceroさんのブログ記事

  • 美しいポージング⑩

    美しいポージングのご紹介です。背中の筋肉の感じがいいですね。肉の盛り上がりに陰影がついています。写真を撮っている人が、上手です…このようなヌードを、前衛芸...

  • コンテンポラリーアート、アバンギャルド、現代アートは、同じです

    よく「現代アートとコンテンポラリーアートの違いは?」という文言を見かけます。結論から言うと、一緒です。現代アートもコンテンポラリーアートも、アヴァンギャル...

  • 具象絵画はとにかく安い

    写実的な具象絵画は、技法を習得するのに何年もかかっています。なかには、美術大学や芸術大学に入って勉強した作家も多いでしょう。そして、日展や美術団体へお金を...

  • ホセ・イシグロ『聖母子像』

    現在の芸術の主流は、現代アートです。現代アート(前衛芸術・アバンギャルド・コンテンポラリーアートなど)は、何をやってもOKなんです。要するに、現代アートは...

  • 絵を”売ろう”とするから、安くなる

    作家にとっては、自らが制作した作品は、まるで子供のようなもの、あるいは自らの分身のような、大事なものです。だから、自分の作品は、いつまでも自分の手元に置い...

  • 写実画や具象画は、とっくに終焉、今は現代アートの時代

    写実的な具象画は、なぜ、廃れたのか?日本では、いまだに、写実的な風景画を描いたり、きれいな美しい肖像画を描いたりする者が多いです。目の前にある物や人物を、...

  • 美しいポージングとは⑨

    ホセ・イシグロの母は、よくヌードモデルさんを使って、絵を描いていました。ホセ・イシグロが、学校から帰ってくると、ヌードモデルさんが家にいることが多かったの...

  • 現代アートは、おバカアート??

    世界的に、現代アートが人気です。作品は、かなりの高値で売買されています。現代アートは、絵画や写真、彫刻、イラスト、映像、パフォーマンスなど、他分野にわたっ...

  • 具象画は時代遅れ

    その昔は、現代のような写真がない時代でした。貴族や王族などは、自らの肖像画を、画家に描かせていました。現代は、鮮明なデジタル画像の写真があり、わざわざ、具...

  • 美しいポージングとは⑧

    下記の画像は、座っているモデルの、上から撮影された様子です。モノクロ写真ですが、『光』の加減がわかります。『光』が肌にどのように当たっているか、ということ...

  • 個展や展覧会で、作品に値段を書く大バカ者

    『個展』や『展覧会』といったもの、よく開催されています。私も興味があって、作品を見に寄せて頂くことがあります。ところが、個展や展覧会などで、作品の側に値段...

  • AI(人工知能)が描く女性のヌード

    AI(人工知能)が描いた、女性のヌード肖像画があります。コンピューターが描く絵なんて、たいした絵じゃないでしょ。そう思ったのですが…それが、すごいのです。...

  • 画家は、なぜヌードを描くのか?

    古代からヌードの作品があります。ギリシャ彫刻では、男性の隆々しい筋肉、女性の柔らかい曲線美などが表現されています。ルネサンス期の絵画でも、美しい訳ではない...

  • 美しいポージングとは⑦

    あまり見かけない、難しいポージングです。ヌードの肖像画は、通常は、座っていたり、横になっていたり、立っていたり…です。本日のポーズは、仰向けです。しかも、...

  • 美術団体『5月の太陽』

    ホセ・イシグロは、美術団体『5月の太陽』という団体を創設しています。5月の太陽とは、アルゼンチン国旗です。日本国旗を、「日の丸」と呼ぶように、アルゼンチン...

  • 富山の『軽トラ庭園』

    富山県へ行った際、富山駅で『軽トラ庭園コンテスト』が開催されていました。軽トラという小さなトラックの乗り物は、日本独自のものです。海外では「かわいい」とか...

  • 富山に行って来た!

    5月は晴天が続きます。先日、富山県へ行ってきました。日本海側となると、新潟に行く機会はあったのですが、富山県へ行く機会は、これまで一度もありませんでした。...

  • 美術年鑑にあるお金の臭い

    日本では、『美術年鑑』という、作家の名簿みたいなのがあります。絵画や彫刻や工芸などの作家たちが、ずらずら紹介されています。通常掲載するには、お金(掲載料)...

  • 八重桜の実

    桜が終わった初夏です。また神戸市にある左岸公園へ、散歩へ出かけました。桜の木は、緑の葉がいっぱいに出ていて、薄ピンクの花が咲いていた時の様相とすっかり変わ...

  • 薔薇を飾る

    ホセイシグロの母親が、画家、工芸作家(七宝焼き)だったこともあり、ホセイシグロが育った家には、必ず花が飾ってありました。芸術家、特に画家は、色の刺激を受け...

  • 天才 岡本太郎氏との感激的な出会い

    ホセイシグロが、高校生だった時のことです。神奈川県の私立桐蔭学園高校の学生でした。ホセイシグロは、岡本太郎氏に手紙を書きました。岡本太郎氏の著書にあった考...

  • 日展と伯父の思い出

    今の日展はどうであるのか知りませんが、昔、伯父から聞いた話です。ホセイシグロの母方の伯父は、画家であり版画家でした。ホセイシグロが、幼い頃(5歳の時)の話...

  • 桜の花ざんまい

    神戸も桜が満開です。この日は、風がきつかったので、桜の花びらが、舞っていました。神戸市須磨区の妙法寺川です。桜は、全体を見るのもきれいですが、桜の花をアッ...

  • 神戸の五色塚古墳へ

    神戸の桜は、まだ満開ではありません。でも天気が良く、気温も17℃と暖かいので、『五色塚古墳』(神戸市垂水区)に行ってきました。鍵穴の形の古墳です。敷地の中...

  • 第91回センバツ大会!甲子園で母校を観戦!

    関西の大阪・神戸・京都で、桜が開花したそうです。ちょうどその日、甲子園球場に行ってきました。外壁の、名物のツタの葉は、今は春なのでありません(ツルだけあり...

  • 作品で、本田宗一郎氏と出会うきっかけ

    ホセ・イシグロが小学校6年生の時に、画家であり工芸作家であった母との合作、共同制作をした作品があります。それは『聖母子像』でした。『聖母マリアが、幼いイエ...

  • 画家の幼い頃の話~芸術一家で育つ

    当アトリエは神戸ですが、画家のホセ・イシグロは、川崎生まれの横浜市育ちです。ホセ・イシグロが、これまで多くの芸術活動を行ってきた理由についてです。育った環...

  • アルゼンチンタンゴは、やはり街角が似合う

    街角で踊る『アルゼンチンタンゴ』です。アスファルトでなく、”石畳”というのが、いいですね。最近の日本は、経済がしぼみ、娯楽や芸術どころではなくなってきまし...

  • 画家が手を描かないのは『手抜き』という

    『手』を描くのは、とても難しいのです。その昔、西洋では、肖像画を描くために画家というのはおりました。写真がない時代ですので、貴族や王族などは、画家たちに、...

  • アルゼンチンタンゴ

    アルゼンチンタンゴをご存じですか?社交ダンスとは違って、アルゼンチンタンゴは魅惑的なダンスです。情熱的ですね。『舞台の上で踊る』というよりも、『路上で踊る...