プロフィールPROFILE

miko-mikuさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
今日もヨミトル!(旧「閉じ込め症候群の友と語る」)
ブログURL
https://goisshoshimasho.hatenablog.com/
ブログ紹介文
病気や事故の後遺症により意思表出が困難な方との対話を通して、言葉は伝わることを発信します。
更新頻度(1年)

9回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2018/09/16

miko-mikuさんのプロフィール
読者になる

miko-mikuさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,964サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,641サイト
脳・神経・脊髄の病気 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 229サイト
リハビリテーション 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 222サイト
介護ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,491サイト
寝たきり 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 40サイト
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(OUT) 102,620位 圏外 102,620位 102,553位 102,910位 103,560位 95,682位 977,964サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 4,531位 圏外 4,531位 4,527位 4,573位 4,592位 4,383位 21,641サイト
脳・神経・脊髄の病気 31位 圏外 31位 29位 31位 31位 23位 229サイト
リハビリテーション 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 222サイト
介護ブログ 702位 圏外 702位 702位 714位 731位 683位 5,491サイト
寝たきり 8位 圏外 8位 9位 8位 8位 4位 40サイト
今日 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,964サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,641サイト
脳・神経・脊髄の病気 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 229サイト
リハビリテーション 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 222サイト
介護ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,491サイト
寝たきり 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 40サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、miko-mikuさんの読者になりませんか?

ハンドル名
miko-mikuさん
ブログタイトル
今日もヨミトル!(旧「閉じ込め症候群の友と語る」)
更新頻度
9回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
今日もヨミトル!(旧「閉じ込め症候群の友と語る」)

miko-mikuさんの新着記事

1件〜30件

  • つながり、つながりて (3) あなたの気持ちが知りたい

    こんにちは、たかぎ(@goisshoshimasho)です。 「つながり、つながりて」の続きです。 望みが叶い、同年の12月にユーコさんともう一人の友人と3人で、宮城県の支援学校をお訪ねして、アメリカからの手編みの帽子の贈り物をお届けするというメッセンジャーの役目を、今度は自分が果たすことができたことは本当に大きな喜びでした。 この支援学校訪問の時のことは、個人ブログ「ご一緒しましょ!~『帽子の泉プロジェクト』について(4)」に詳しく書いていますので、ぜひそちらもお読みいただければ幸いです。※ブログ「ご一緒しましょ!」はmiko-mikuの名前で書いています。 実は、支援学校中学部の重複障害の…

  • つながり、つながりて(2) 東日本大震災

    こんにちは、たかぎ(@goisshoshimasho)です。 「つながり、つながりて」の続きです。 時は流れました。 外国語に関わる仕事やボランティアの活動もずいぶん長くなりました。通訳や翻訳は日本に来られる外国の方々のお役に立てるという大きなやり甲斐がありましたが、10年ほど前から、外国語とは違う分野で「人の気持ちを知り、自分の気持ちを伝える」コミュニケーションの活動をしたいと思うようになりました。ただ、漠然と思うだけではっきりとしたビジョンは持っていませんでした。 2011年に東日本大震災がおきました。 青年海外派遣で共に中米を訪問した宮城県出身の団員の地元も津波で壊滅的な被害を受けました…

  • つながり、つながりて (1) 天皇、皇后両陛下御成婚60年をお祝い申し上げます

    こんにちは、たかぎ(@goisshoshimasho)です。 今週は10日に天皇、皇后両陛下の御結婚記念日があり、お祝いの報道やテレビ特集番組がたくさんありましたね。御結婚から60年のダイヤモンド婚、本当におめでとうございます! 私は同じ60年前の4月生まれです。母は、産院のテレビで御成婚のパレードを見ていたと、かつて懐かしそうに話してくれました。 いつものヨミトリとは違う話題ですが、実は、私が重度の障がいのある方のコミュニケーターとして活動をするに至ったきっかけの始まりの始まりは、「当時皇太子殿下であられた今上陛下の御成婚を記念して開始された内閣府主催の青年海外派遣事業(内閣府HPより)」に…

  • さようなら、ケントさん

    こんにちは、たかぎです。 ケントさんがご逝去されました。 妻のルミコさんと二人で静かな時を過ごし、 最後に一つ大きく息を吐いて旅立たれたそうです。 年末頃から少しずつお体の衰弱が進まれていましたが、私が1月半ばにお訪ねした時も、苦しそうなご様子はなく、いつも通りにお話しすることができました。 「ケントさん、こんにちは」 こんにちは。 「痛いところとかお辛いところ、ありませんか」 だいじょうぶ いつも ありがとう ちょうどNPOの仲間である裕ちゃんから、彼女の失敗談のメールが届いたところだったので、早速ケントさんに報告しました。 「ケントさん、裕ちゃんが自転車で高速疾走中に転んで膝を擦りむいちゃ…

  • あけましておめでとうございます

    たかぎ(@goisshoshimasho)です。 あけましておめでとうございます! 昨年12月はなかなかブログの更新をすることができませんでしたが、 ヨミトリの活動は定期的におこなっておりました。 また、少しずつでも、ヨミトリで聞かせていただいた障がい当事者の方の紡ぐ言葉を このブログで発信していきたいと思います。 そしてそれが、まだ「わかっていないと思われているけれど、実はわかっている」あなたにつながりますように。 イギリスの女性で、2011年に脳卒中(Stroke)を発症し、リハビリを経て社会復帰、現在は脳卒中予防や発症後の回復への周囲の人の理解など、啓発活動に尽力しているKate All…

  • 初めてケントさんとヨミトリした日(3) 迷い

    こんにちは、たかぎ(@goisshoshimasho)です。 「初めてケントさんとヨミトリした日(2)眠っているとは限らない」の続きです。 一刻も早くケントさんの言葉を読み取りたい! 読み取らなければ。 そう思いながら、同時に、 もし取れなかったら…という弱い気持ちがもたげました。 もケントさんが書けなかったら、 または、何らかの文字の信号が来ても、私がそれを読み取れなかったら、 このままケントさんはずっと思いを伝えられずに 閉じ込められたままで過ごすのか。 その現実を突きつけられたらケントさんは絶望してしまうのではないか。 おそらくとても短い時間であったであろうその瞬間に 願いと不安と祈る気…

  • 初めてケントさんとヨミトリした日(2) 眠っているとは限らない

    こんにちは、たかぎ(@goisshoshimasho)です。 「初めてケントさんとヨミトリした日(1)知らせを受けて」の続きです。 お部屋の入口で妻のルミコさんから、今までうとうとしていたと聞いたケントさんですが、「ケントさん、たかぎです」と声をかけると、ケントさんの顔が一瞬にしてくしゃくしゃに。泣き顔のようになられました。 「たいへんでしたね」と続けると、また泣き顔に。そして目を閉じました。 ケントさんはそのまま目を開けません。また眠ってしまわれたのかな。そう一瞬思いましたが、私は美津恵さんの言葉を思い出して、続けて話しかけてみました。 「ケントさん、まぶた重いですか。」 ケントさんがぱっと…

  • 初めてケントさんとヨミトリした日(1) 知らせを受けて

    こんにちは、たかぎ(@goisshoshimasho)です。 ケントさんと初めてヨミトリした日のことを何回かに分けて書きたいと思います。 ケントさんが2度めの重い脳血管疾患で倒れたとの妻のルミコさんからの知らせに、私は声を失いました。俄かには信じられませんでした。 その少し前に、共に活動するNPOのカフェで一緒にお昼を食べたばかりだったからです。ケントさんとは別の国際交流・共生のグループでも一緒に活動していて、その団体ではALS(筋委縮性側索硬化症)患者さん支援のコンサートを2か月後に控えていました。収支の見込みが甘い私に、ケントさんがかつての事業経営のノウハウを活かし、お昼を食べながら経費の…

  • YOMITOL(ヨミトリ)って何ですか②

    「YOMITOL(ヨミトリ)って何ですか①」の続きです。 美津恵さんの手も拘縮がありますが、固く握っていた手が従姉の久恵さんとの日々の懸命なリハビリの取り組みで、かなり可動域が広がってきました! お訪ねし始めてまもなく6年目に入りますが、今は手を取っても硬直せず容易に指を1本取って支えることができます。それどころか…。(実は最近たいへんなことが起こったのです!近々レポートしますのでお楽しみになさってください!) ヨミトリを通して、あらためて当事者の方お一人お一人で障がいの部位も種類も程度も異なることを感じます。 そういう書字介助の一つの問題は、当事者の方が全身性のまひにより、声で話せず、独自で…

  • YOMITOL(ヨミトリ)って何ですか①

    こんにちは、たかぎ(@goisshoshimasho)です。 新ブログタイトル「今日もヨミトル!」での記念すべき最初の投稿です! 以前予告した、皆さまがお寄せくださったご質問にお答えするQ&Aシリーズの第1弾をお送りします。 質問:そもそもYOMITOL(ヨミトリ)って何ですか? 先ずおことわりです。YOMITOL(ヨミトリ)は、私の造語です。 何のことかといえば、主に、病気や事故の後遺症により話したり(音声言語)書いたり(書字・〇×等)できなくなった方の手に自分の手を添えて、当事者の方が書く一文字一文字を自分のもう片方の手のひらで読み取り、その文字の連続から単語や文意を把握する手法です。介助…

  • 新しいブログタイトルは「今日もヨミトル!あなたがわかっていること、伝えたい」です!

    こんにちは、たかぎ(@goisshoshimasho)です。 前回の記事でお知らせした通り、この度ブログのタイトルを 「今日もヨミトル! あなたがわかっていること、伝えたい」 に、変更しました。 本年6月にこのブログを開設してまだ4ヶ月と少しですが、この短い間に、ブログをきっかけにたくさんのうれしい出来事がありました。 温かい励ましのお言葉やご感想・ご意見をいただきありがとうございます。 身近にいる意思疎通に困難をお持ちの方についてご相談をいただきました! 読み取りを勉強してみたいと言ってくださる方、実際に練習を初めてくださった方が現れました! そして、新しい出会いがあり、美津恵さん、ケントさ…

  • ブログのタイトルを変更します!

    こんにちは、たかぎです。 いつもブログ「閉じ込め症候群の友と語る」をお読みくださりありがとうございます。 また、今回初めて本ブログをご訪問くださった方、関心を持ってくださりありがとうございます。よろしければぜひ第1回目の投稿記事「閉じ込め症候群の友と語る?!~はじめに」をお読みください。ブログ運営の目的とたかぎの願いを書いております。 さて、早速ですが、この度、ブログのタイトルを変更することにしました。 新しいタイトルは 「今日もヨミトル! あなたがわかっていること、伝えていこう 」 です。 現在の私の主な活動は、病気や事故の後遺症による全身性の麻痺や発語不能で、意識は清明なのにその思いを言葉…

  • そしてテレビの大事な話

    前回までの記事「テレビから、イクコさん」の、イクコさんのケントさん訪問につながったきっかけは、ケントさんが テレビは こころで みる と書いた言葉でした。 そこで、今回はテレビの話です。実はテレビの話といっても番組の内容のことではありません。読み取りの過程で起こったテレビの文字表記のことをお話ししたいと思います。 本ブログの「ハイジなの?」の記事で書いた通り、読み取りをする時は、ケントさんや美津恵さんには文字はすべてひらがなで書いていただいています。あと、数字と○と×を使用しますが、今は文字の話に限定します。 通常私達が日本語を書く時、皆、漢字とひらがなとカタカナを混ぜて文字を書きます。その混…

  • テレビから、イクコさん その5 (最終回)

    重い脳梗塞の後遺症で体も顔の表情も動かすことができず、言葉を発することもできなくなってしまったケントさんですが、たかぎとの読み取りで、その気持ちをいろいろ書いてくれます。 ケントさんへ誰かが質問した時は、「答える」ことが予想できるのでその都度必ずケントさんの手を取りますが、話者がケントさんに質問ではなく話しかけている時は、タイミングを見て今、何か言いたいかどうかケントさんに確認します。 イクコさんの想定外のケントさんの「ない」が出てしまったけれども、イクコさんは何事もなかったかのようにカナダの写真に復帰して、たかぎはそれがちょっとおかしくて、そしてイクコさんがとても可愛らしいと思ったので、ケン…

  • テレビから、イクコさん その4 

    テレビの紀行番組→イクコさんに会いたいというケントさんの意志表出から繋がった訪問。 イクコさんは忙しい時間の合間をぬって定期的にケントさんに会いに来られているのですが、今回はケントさん直々のご指名のリクエストです。張り切って、ケントさんと共有できる旅の話題を持って来てくれました、のはずだったのですが… 「昔夫と行ったカナダ旅行の写真持って来たよ。懐かしいでしょ。ケントさんもカナダ行ったことあるもんね。」と、ケントさんにアルバムを開いて見せながらイクコさん。 ケントさん:ない 「え…、ない? なかったっけ?」 カナダは いったこと ない シーン。 イクコさん、ケントさんの妻ルミコさん、たかぎ、そ…

  • テレビから、イクコさん その3

    テレビは こころで みる と書いたケントさん。そのことを聞いたイクコさんの「ケントさんの気持ちがわかる」という言葉。 私はメッセンジャーとしてお互いの思いをそれぞれにお伝えすることで、ケントさんは話せないけれど確かに意識があること、わかっていることを、そして四肢麻痺・発語不能となってしまったけれどケントさんの心は倒れる前と何の変わりもないことをお知らせする。 その役目を担えることへの感謝、そしてコミュニケーターとしての活動へ自分が導かれたことの不思議さを思いながら、またケントさんのところに、そして美津恵さんのところに、いそいそと通います。 そうそう、この次にケントさんのところに行く時は、モリち…

  • テレビから、イクコさん その2

    ケントさんがテレビを心で観ると言ったその話を、翌日、ケントさんが活動していた、私も所属しているNPOの仲間に話した時にイクコさんが言いました。 「私、ケントさんの気持ちわかるわ。テレビで国内も外国も旅する旅行番組やるでしょう。ああ、ここ行ったことある、懐かしいと思って、テレビの風景の中で自分が実際に歩いている気持ちになるの。ケントさんもあちこち行って、私に旅行のことよく話してくれたから。特に今、動けなくて、もの言えないし、心で見るという気持ち、すごくよくわかる。」 障がいのある人を支援するそのNPOには、いろいろな分野で活躍するボランティアの人がいます。地域のコミュニティの活性化、子育てサポー…

  • テレビから、イクコさん その1

    美津恵さん、ケントさんのところは、それぞれだいたい一定の間隔で定期的にお訪ねしています。お話ししている間に何かリクエストが出たら、次の訪問までにそれを準備して持って行きます。美津恵さんもケントさんも、行くたびに、 いつも ありがとう と言ってくれます。とても嬉しいです。 ケントさんの前回の訪問からあまり日が経っていないある日、入られている施設の近くに行く用事があったので、ちょっとお寄りしてみました。お部屋に入って行くと、妻のルミコさんが「今、テレビをつけたところなのよ」。 よかった。今日はケントさん、顔が良い具合にテレビの方を向いています。無意識にはベッドの周りの人の顔を交互に目で追って首を動…

  • ハイジなの?

    今週からブログサービス会社が貼り付ける広告を非表示にできるプランに切り替えました。記事に「意識」「信じる」等の語句が入っているからでしょうか、占いに関する広告が貼られてしまったのです。 占いを否定するものではありません。ただ、本ブログの最初の記事でお伝えした通り、私の願いは、病気や自己の後遺症により意思疎通が困難になった、閉じ込め症候群の状態にある方の思いを読み取る技法のプロセスが科学的に解明されて、誰でも読み取れるICT(情報通信技術)機器が開発されることなので、その意味で、このブログのジャンルと占いは最も遠い対局のところにあるのです。 (記事と関係のない広告の貼り付けが無くなりレイアウトも…

  • おもうとおりに やって

    最初の記事「閉じ込め症候群の友と語る?!~はじめに」を投稿してからすっかり時間が経ってしまいました。 お伝えしたいことがたくさんあるのに、何をどこからどのように書いたらよいのか。美津恵さんやケントさんがちゃんと意識があることを、このブログを通じてわかっていただけるだろうか。 信念を持って取り組んでいるつもりでも、そもそも意識障害と診断されている方の想いが手を通してどうして自在に伝わってくるのか、その仕組みがわからないために、たとえばケントさんと私の読み取りによる対話を目の当たりにした方に「???」と驚かれて方法を尋ねられても決定的な説明をすることができない。「でも確かにケントさんはわかっている…

  • 閉じ込め症候群の友と語る?!~はじめに

    はじめまして。miko-mikuこと、たかぎくみこです。 このブログは、名前の通り「閉じ込め症候群」の友人と語り、一緒に音楽を聴いたり演奏したりしてその感想を聞いたり、今の想いや願いを教えてもらったりして交流している、その記録です。時には友人が言う体の不調についてケアを担当してくださっている方に伝えたりもします。 美津恵さんとケントさんという二人の友人です。 お二人は脳血管疾患の後遺症で四肢麻痺、発語不能の、いわゆる「閉じ込め症候群」の状態にある方です。お一人は意識があるかどうかわからない、あるいは、意識レベルがきわめて低いと診断されている方で、もうお一人は、約1年半植物状態とみなされていまし…

カテゴリー一覧
商用