住所
出身
ハンドル名
ontsuji96さん
ブログタイトル
おんつじの資産育成〜投資信託と米国株でお金を育てる
ブログURL
https://www.ontsuji.net/
ブログ紹介文
流れに身を任せて外資系のIT企業に漂着。そんな私の投資日記です。インデックス投資と米国株がメイン。
自由文
-
更新頻度(1年)

91回 / 145日(平均4.4回/週)

ブログ村参加:2018/09/15

ontsuji96さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 05/25 05/24 05/23 05/22 05/21 05/20 全参加数
総合ランキング(IN) 6,009位 5,283位 5,114位 4,837位 4,593位 5,122位 4,895位 961,186サイト
INポイント 0 80 50 30 100 30 50 340/週
OUTポイント 120 1,600 730 520 1,420 300 520 5,210/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 142位 120位 117位 113位 108位 124位 116位 13,664サイト
米国株 43位 41位 40位 42位 40位 45位 43位 875サイト
投資信託 46位 41位 42位 42位 39位 40位 40位 765サイト
投資ブログ 153位 136位 133位 125位 121位 129位 125位 4,504サイト
資産運用 56位 49位 49位 44位 42位 49位 47位 1,363サイト
今日 05/25 05/24 05/23 05/22 05/21 05/20 全参加数
総合ランキング(OUT) 2,383位 1,986位 2,005位 2,026位 1,836位 2,015位 2,075位 961,186サイト
INポイント 0 80 50 30 100 30 50 340/週
OUTポイント 120 1,600 730 520 1,420 300 520 5,210/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 159位 133位 132位 131位 126位 130位 136位 13,664サイト
米国株 50位 47位 48位 49位 46位 50位 51位 875サイト
投資信託 41位 38位 37位 39位 34位 38位 39位 765サイト
投資ブログ 61位 46位 46位 46位 42位 44位 46位 4,504サイト
資産運用 36位 25位 25位 24位 22位 23位 24位 1,363サイト
今日 05/25 05/24 05/23 05/22 05/21 05/20 全参加数
総合ランキング(PV) 28,982位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 961,186サイト
INポイント 0 80 50 30 100 30 50 340/週
OUTポイント 120 1,600 730 520 1,420 300 520 5,210/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 824位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,664サイト
米国株 117位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 875サイト
投資信託 73位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 765サイト
投資ブログ 300位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,504サイト
資産運用 101位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,363サイト

ontsuji96さんのブログ記事

  • 米国株の配当金はいつもらえる? 配当日の調べ方

    米国株に投資していると,、楽しみなイベントが3ケ月毎にやってきます。 それは配当金です。 例え僅かな金額でも、働かずにお金をもらえるのは嬉しいものです。 この先、株価が暴落しても 「あと少し、、あと少し待てば配当金が出る!」 と思っていれば、保有株の狼狽売りをしなくて済むかもしれません。 ところで、その配当金はいつもらえるのでしょうか? 米国株の配当金受領日の調べ方 ぽけ~っと日々を過ごしていると振り込まれていることの多い配当金ですが、具体的にいつ貰えるかを調べるには、アメリカの「Morningstar」のサイトが便利です。 【Morningstar】 Morningstar | Indepe…

  • インドの下院総選挙はモディ政権が圧勝 株価は一時急上昇するも、、

    新興国投資家に注目されていたインドの下院総選挙。 5月23日に開票作業が行われた結果、モディ首相が率いる与党インド人民党(BJP)の勝利が確実となりました。 インドのETF EPI(ウィズダムツリー インド株収益ファンド)を保有している私にとっては一安心です。 インドの下院総選挙 与党の圧勝で株価が一時上昇もすぐ下落 与党連合の苦戦が予想されていた時期もありましたが、選挙前になってからモディ首相の支持率が上昇。その勢いのままに、与党のインド人民党(BJP)が過半数の議席を確保する見込みとなりました。 当初は農村部からの支持率が低迷した影響で、BJPだけでは過半数は難しいと予測されている向きもあ…

  • 米中貿易摩擦に強い米国株は公益と生活必需品セクターか

    盛り上がって参りました。米中貿易摩擦。 世界経済の先行きを懸念してか、S&P500も上がったり下がったりです。 そんな中、米国株はディフェンシブな銘柄が好調なようです。 金融や資本財セクターの株価が下がる一方、公益セクターと生活必需品セクターは株価を伸ばしています。 米中貿易摩擦で公益、生活必需品セクターが上昇。保有銘柄 AWKも好調。 5月13日から5月17日のS&P500のセクター別パフォーマンスを比較すると次のようになります。 ■5/13~5/17 業種別の騰落率 公益、生活必需品といった景気への耐性が強いと言われるセクターが上昇しました。 一方で、金融は長期金利の低下を受けて下落。資本…

  • 長期投資で株式投資のリスクを減らせるのは米国株。必要期間は20年。

    私たち個人投資家の最大の強みは『時間』を味方にできることと言われます。 株価は様々な理由によって上昇と下降を繰り返しますが、長期的に見れば右肩上がりに上昇する可能性の方が高いです。 長期にわたって株式を保持していれば、その恩恵を受ける可能性が飛躍的に上昇します。 短期に結果を求める必要のない個人投資家にとっては、時間を味方につける「長期投資」が最適な手法と言えるでしょう。 でも、長期投資の長期ってどのくらいの期間を指すのでしょうか? 米国の資産運用会社であるバンガードによると20年は必要のようです。 ただし、これは米国限定の話なのかもしれません。 長期投資に必要な期間は20年? 米国の資産運用…

  • NYダウに投資する投資信託はiFree NYダウがおすすめ。ポートフォリオや利回りは?

    「今日のニューヨーク・ダウは大幅に下落しました。」 朝のニュースでこんなフレーズを聞いたことがある人も多いでしょう。 ニューヨーク・ダウ(NYダウ)は米国を代表する30社の株式で構成される株式指数です。 日本で最も有名な海外株式指数ではないでしょうか。 このNYダウの構成企業に簡単に投資できる方法が、インデックスファンドへの投資です。 その中でもおすすめなのは「iFree NYダウ・インデックス」。 ここでは、NYダウの特徴、ポートフォリオ、利回りとともに、「iFree NYダウ・インデックス」がおすすめな理由を見てみましょう。 NYダウの特徴とポートフォリオ NYダウの利回りをS&P500と…

  • 米国株 決算スケジュールの調べ方はSBI証券のサイトが簡単

    個別株投資において、四半期ごとの決算チェックは欠かせません。 真摯に企業の業績をチェックするもよし。 決算後の株価の浮き沈みに右往左往するもよし。 個別株投資にはまってしまった人には、ある種のイベントのようなものではないでしょうか。 でも米国株の場合、決算予定日を調べるのってめんどくさくないですか? 決算発表のスケジュールチェックはSBI証券が簡単です 米国企業の決算スケジュールのチェックは、SBI証券のサイトが簡単です。 口座にログインしなくても見ることができます。 https://www.sbisec.co.jp まず、SBI証券のホームページの一番上のメニューから「マーケット」をクリック…

  • ディズニー(DIS)がHuluの経営権を完全に掌握。将来の株価の行方は?

    現在のウォルト・ディズニー(DIS)が最も力を入れているのは、映画でもディズニーリゾートでもなく、ストリーミング(動画配信)ビジネスです。 2019年11月から開始する独自のストリーミングサービス「Disney+(ディズニープラス)」の期待は、ディズニーの株価を大きく押し上げています。 そんな中、ディズニーのストリーミングビジネスに大きな動きがありました。 動画配信サービス「Hulu」の完全な経営支配権の獲得です。 このHuluの獲得はディズニーのストリーミングサービスの成長に重要な役割を担います。 果たしてディズニーの株価の上昇に貢献してくれるのでしょうか? ディズニー(DIS)がHuluの…

  • 【新興国投資】インドの下院総選挙の結果と株価の行方は?

    2019年5月、世界中の株価が米中貿易摩擦で荒れています。特にアジアの株価は大きく下がっている印象があります。 そんな中、今月はもう一つ注目すべきイベントがあります。 中国と並ぶ期待の新興国、インドの下院総選挙です。 インド下院選挙の開票は5月23日。モディ政権の継続が優勢か? インドでは5年に1度の下院選挙の真っ最中です。日本と違って、投票は7回に分けて行われます。 4月11日に1回目の投票があり、5月12日で6回目の投票が終了しました。 残りは5月19日の投票です。この投票後に出口調査の結果が出るようです。実際の開票は5月23日に予定されています。 注目は経済改革を進めるモディ首相率いるイ…

  • つみたてNISAでおすすめの組み合わせは?この2つで全世界に分散投資

    株式で積立投資を始める場合、まず最初にやるべきは「つみたてNISA口座」の開設でしょう。 つみたてNISAは獲得した利益にかかる所得税を0にできます。 通常の株式取引では20%もの所得税が引かれてしまうので、かなりのお得です。 年間40万円という投資金額の上限が定められているので、初めて投資をする人の入り口としてもおすすめです。 では、つみたてNISAを始める場合、どの商品を買えば良いのでしょうか? ここでは、つみたてNISAのおすすめの組み合わせを考えてみました。 現時点でのおすすめは「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」と「 eMAXIS Slim 米国株式(S&P50…

  • 楽天VTI(楽天・全米株式インデックス)の実質コストは改善されるのか?

    米国の殆どの株式に投資できる『楽天VTI(楽天・全米株式インデックスファンド)』は、つみたてNISAでも人気のインデックスファンドです。 インデックスファンドでは低コストであることが良いファンドの条件ですが、楽天VTIの1年目の実質コストは約0.3%と、可もなく不可もなくといった感じでした。 しかし、楽天VTIの2年目の実質コストは、より低コストになる可能性があります。 消費税が増税されるまでかもしれませんが。。。 楽天VTIの1年目の実質コストは0.3% 楽天VTIの2年目の実質コストはどこまで改善される? 消費税増税で信託報酬が増える 楽天VTIの1年目の実質コストは0.3% 楽天VTIの…

  • ディズニー 2019年Q2決算 テーマパークの売上が好調で株価も絶好調?

    新ストリーミングサービス「Disney+(ディズニープラス)」への期待で、株価が超絶好調なウォルト・ディズニー(DIS)。 そんな中で迎えた2019年Q2の決算はテーマパークの売上が好調。市場予測を超える結果となりました。 一方で、増え続けるストリーミングサービスの投資コストが利益を押し下げており、油断は禁物です。 ディズニー(DIS) 2019年Q2決算 テーマパーク事業の売上が好調で市場予測を超える。 ディズニーの2019年Q2の決算結果です。 ■ディズニー(DIS) 2019年Q2決算 売上は前年度から3%増加。市場予測の143.6億ドルを越えました。 純利益は80%以上も増加しています…

  • IVVはS&P500に投資するETF。現在の株価、配当利回り、コストは?

    世界最大の資産運用会社であるアメリカのBlackRock(ブラックロック)。 そのBlackRockが販売する IVV(iShares Core S&P500 ETF) はS&P500と連動するETFです。 IVVを買うことで米国の優良企業に分散投資でき、四半期ごとに配当金ももらえます。過去のパフォーマンスを見ても、長期投資にもってこいのETFです。 注目はライバルであるVOO(Vanguard S&P 500 ETF)とのコスト争いです。 IVVは優良企業の宝庫 S&P500に連動するETF IVVの株価、配当利回り IVVの純資産は19兆円。必要経費も低コスト VOOとのコスト争いに注目 …

  • おすすめのアクティブファンド コモンズ30で海外に強い企業に集中投資

    インデックス投資において、日本の代表的なインデックスであるTOPIXはあまり人気がありません。 米国や先進国のインデックスにパフォーマンスが劣っていることもあり、日本株はアクティブファンドや個別株で運用したいという人もいるのではないでしょうか。 コモンズ投信の『コモンズ30ファンド』は、その日本株へ投資するアクティブファンドです。 過去10年でTOPIXを上回るパフォーマンスを発揮しており、つみたてNISAでも購入可能です。 その特徴は、選び抜かれた30銘柄のみに長期投資すること。 少数銘柄に長期投資することから、個別株感覚で少額から投資ができる優良なアクティブファンドです。 :content…

  • 米国の水道株 American Water Works(AWK) 2019年Q1決算 7年連続増配を発表

    最近日本でも話題になっている水道の民営化。世界で民営化が最も進んでいるのはアメリカです。 そのアメリカで最大の民間水道会社がAmerican Water Works(AWK)です。 私は「水の需要が無くなることはないから安心?」と安直な動機でAWKの株を保有しています。 そんなAWKが2019年Q1の決算を発表しました。 売上、利益ともに安定した結果です。増配も決定して7年連続増配となりました。 AWK 2019年Q1決算 EPSは市場予測を下回る。メンテナンスコスト削減は苦戦中? American Water Works(AWK)の2019年Q1の決算結果です。 ■AWK 2019年Q1 決…

  • ゾエティス(ZTS) 2019年Q1決算 通期の売上高を下方修正もペット用医薬品は絶好調

    ゾエティス(ZTS)は動物用医薬品のリーディングカンパニーです。 ペット用の医薬品で成長しているので、「ペット銘柄」と言っても良いでしょう。 そのゾエティスの2019年Q1の決算が発表されました。 相変わらずペット用医薬品が成長を続けており、EPSは市場予測を超えました。 しかし、もう一つの事業の柱である家畜用の医薬品は低調な結果です。 他にも2019年のガイダンスは売上高を下方修正する等、少しだけ残念な結果も散見されます。 ゾエティス(ZTS) 2019Q1決算 家畜用医薬品の売上が減少、ペット向けは好調 ゾエティス(ZTS)のQ1の決算結果です。 ■Zoetis(ZTS) 2019年Q1 …

  • マクドナルド(MCD)2019年Q1決算 全米の既存店売上が好調 株価は最高値を更新中

    マクドナルド(MCD)の2019年Q1の決算が発表されました。 売上、営業利益ともに前年を下回る結果となりましたが、既存店の売上高が市場予測を超えており、良好な結果と言えそうです。 マクドナルド(MCD) 2019年Q1決算 アメリカの既存店売上高が伸びる マクドナルド(MCD)の2019年Q1決算の結果です。 ■マクドナルド(MCD) 2019年Q1決算 売上、営業利益、純利益ともに前年を下回っています。 一見すると残念な結果に見えますが、為替影響を除けばプラスになっているので心配する必要もないでしょう。 市場予測は売上高が49.3億ドル、EPSが1.76ドルだったようで、市場予測はしっかり…

  • インデックス投資で国際分散投資 米国株の比率は70%がベスト?

    インデックス投資を始めて早4年。常に私の頭を悩ませる問題があります。 米国以外の国への投資は必要か?必要なら、何%割り振れば良いのかという疑問です。 誰もが直面するこの疑問に対し、アメリカのフィデリティ証券は ・国際分散投資は必要 ・最適な比率は米国に70% と答えています。 その根拠を見てみましょう。 米国集中投資が常に強いわけではない 私がインデックス投資を始めたのは2015年末です。これまでの間、最も好調だったのは米国の株式市場でした。 特に2018年は他の先進国や新興国は、米国にボロ負けの状態でした。 こういったパフォーマンスを見ていると、米国以外に投資することの必要性に疑問を感じてし…

  • ポートフォリオのリバランスの重要性。回数は?タイミングは?

    『最近、株価が絶好調なんですよ~。笑いが止まりませんよ~。』 『え?現金?貯金してたって増えないっしょ。株を買い増し、買い増しっと♪」 数か月後、株式市場に激震が走る。 『あ~!株価が~。お金が溶けていく~~』 『あ、あの時、現金を貯めておけば。。。。』 そんなベタな寸劇を繰り広げないためにも、ポートフォリオのチェックは欠かせません。 株式が占める割合が多くなってきたら、ポートフォリオをリバランスしてリスクを抑えることも必要ですよね。 でも、リバランスってどのようにやればいいのでしょうか。 頻度は? タイミングは? アメリカの資産運用会社 バンガード社は年に1回はリバランスを考えるべきだと助言…

  • 今月はVHTをVYMに付け替えました。今月の投資成績 2019.04.27

    4月が終わりを迎えようとしていますが、米国の株式市場はいまだに好調です。 S&P500も最高値を更新しました。 S&P500同様、私の保有資産も過去最高益を達成中です。 現在の損益を見てみましょう。 今月はヘルスケアセクター ETFのVHTを売却して、VYMの購入資金に充てています。 VHTをVYMに付け替える。~ETFの損益~ Disneyはどこまで上がるのか。~個別株の損益~ 新興国もプラ転する。 ~投資信託の損益~ 全体の損益 気長に投資を続けたい。 VHTをVYMに付け替える。~ETFの損益~ まずはETFの損益です。 銘柄 3/30 4/27 前月比 IVV(S&P500) ¥43,…

  • マイクロソフト 2019年Q3決算 株価は最高値を更新 晴れ渡る青空のような好決算

    クラウド・プラットフォーム Azureの成長が続くMicrosoft(MSFT)。 このAzureは「空色」「青空」と言う意味です。 2019年Q3の決算はその名が示す通り、晴れ渡る空のような好決算でした。 株価も青天井の如く上昇中です。 マイクロソフト 2019年Q3決算 好決算で株価も最高値を更新 マイクロソフト 2019年Q3 事業別の業績 Inteligent Cloud Productivity and Business Processes More Personal Computing マイクロソフトは株主還元もしっかり。安定した成長に期待。 マイクロソフト 2019年Q3決算 好…

  • Visa 2019年Q2の決算発表 為替が売り上げを押し下げるも株価は安定

    決済ネットワークの大手『Visa』が2019年Q2の決算を発表しました。 毎度お馴染みの好決算に見えますが、市場の反応はイマイチです。 売上高が市場予測を超えなかったためのようです。 Visa(V) 2019年Q2決算 為替影響でCross-boarder volumeが伸び悩む? 自社株買いと配当金で株主還元しまくりのVisa Visaの将来の懸念は? Visa(V) 2019年Q2決算 為替影響でCross-boarder volumeが伸び悩む? Visaの2019年Q2の決算結果です。 ■Visa 2019年Q2 決算 純利益(Net Income)は約30億ドル。EPS(1株あたりの…

  • VTI,VXUS,BND,BNDX etc バンガードが投資初心者にお勧めするETF 13選

    バンガード社はVTIやVOO等のETFでお馴染みのアメリカの資産運用会社です。 多種多様なETFを販売している同社が、投資を始めるにあたってお勧めのETFをホームページ上で紹介しています。 紹介されているETFは13銘柄。 低コストで世界中の株式、債券に投資できるETFが名を連ねています。 バンガードのおすすめETF 「投資を始めるなら、このETFの中からポートフォリオを作りましょう」 そんな感じでバンガードが推奨するETF13銘柄です。 【株式ETF】 ・VTI(Total Stock Market ETF) 米国全体の株式に投資するETF。経費 0.04% ・VXUS(Total Inte…

  • ヘルスケアセクターETF VHTの株価が国民皆保険制度で急落。VHTの弱点を考える。

    米国株投資家ならみんな大好き? ヘルスケアセクター。 ヘルスケアセクターは景気に左右されない銘柄が多く、過去の利回りはS&P500より高いこともあって人気です。 そんなヘルスケアセクター銘柄にまとめて投資できるETFとして、バンガード社が販売しているVHTがあります。 私も保有していますが、先週は株価が急落してしまいました。 売られた原因はファンダメンタルズ等ではなく、極めて政治的な問題「国民皆保険制度」です。 何だかVHTの弱点を直撃した感があります。 国民皆保険制度法案の提出でヘルスケアセクターETF VHTの株価が急落 ■VHT(ヘルスケアセクターETF) 6ヶ月チャート VHTの株価チ…

  • インデックス投資をするなら、将来も新興国より米国株が優位なのか?

    『20世紀はアメリカの時代、21世紀はアジアの時代。』 そんな言葉が示すように、中国やインドといった新興国の経済規模は近いうちに米国を追い抜くと言われています。 それでは、インデックス投資の投資先も米国から新興国にシフトしていった方が良いのでしょうか? 私は、そうとも限らないと思いました。 例え新興国の経済規模が米国より大きくなっても、米国株の魅力が損なわれるわけではないと思うからです。 インデックス投資は米国株が中心にならざるを得ない 経済規模が大きいから魅力的な投資先なのではない 米国の株主還元力が弱くなった時が乗り換え時? インデックス投資は米国株が中心にならざるを得ない 私たちがインデ…

  • ユニリーバ 株価も配当金も上昇。2019年Q1決算は新興国の売り上げが好調

    ユニリーバはDoveやLux等、数多くのブランドで知られる世界有数の一般消費財メーカーです。4月18日に2019年Q1の決算を発表しました。 結果は市場予想を上回る好決算でした。 新興国の売り上げが良かったようです。決算発表後の株価も上昇しています。 ユニリーバ 2019年Q1決算 新興国が好調で市場予測を上回る ユニリーバの2019年Q1決算を見てみましょう。 ■売上とUnderlying sales growth(USG) 実際の売上高は前年と比べて1.6%減少しています。 これは2018年にマーガリン部門を売却した分、売上が減ったためです。 こういった部門の売却や為替の影響を除外した売り…

  • iFreeS&P500はeMAXIS Slim米国株式(S&P500)と楽天VTIに対抗できるのか?

    「iFree S&P500インデックス」が販売されたのは2017年8月。 当時は米国のS&P500に連動するインデックスファンドが珍しかったことから、歓迎の声が大きかった記憶があります。 時は流れて現在。「iFree S&P500」の存在感は急速に失われつつあります。 後発組の「楽天・全米株式インデックス(楽天VTI)」、「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」にその人気を奪われてしまったためです。 なぜ「iFree S&P500」は人気者になれなかったのでしょうか? その特徴から人気低迷の理由、さらには人気回復のために何が必要かを考えてみました。 。。。余計なお世話? iFree …

  • eMAXIS Slim先進国がニッセイ外国株式の人気を上回る。乗換えは必要か?

    「eMAXIS Slim先進国株式インデックス」と「ニッセイ外国株式インデックス」。 インデックスファンドの低コスト競争を主導してきた両者ですが、人気に差がついてきたようです。 今年に入ってから「eMAXIS Slim先進国株式」が人気の面で「ニッセイ外国株式」を上回っています。 では、「ニッセイ外国株式」から「eMAXIS Slim先進国株式」に乗り換えるべきでしょうか? 個人的にはその必要は無いと思っています。 インデックスファンドで重要なのは人気ではなく、ベンチマークからの乖離率だからです。 eMAXIS Slim先進国の資金流入がニッセイ外国株式を大きく上回る ところでインデックスファ…

  • 新興国インデックス投資ならeMAXIS Slim新興国よりSBI・新興国株式だ?

    将来の成長が期待される新興国。 先進国には無い経済成長力に期待して新興国への投資を考える人も多いでしょう。 その新興国に投資するインデックスファンドでは「eMAXIS Slim新興国株式インデックス」が一番人気です。 だけど、私は「SBI・新興国株式インデックスファンド」の方がおすすめだと思っています。 コストもeMAXIS Slim並みに低コストですし、何よりも「SBI・新興国株式」の方が利回りが良くなると期待しているからです。 その鍵は両ファンドの投資対象国の違いにあります。 SBI・新興国株式の採用指数「FTSEエマージング」は韓国を含まない SBI・新興国株式の実質コストはeMAXIS…

  • ディズニーの株価がDisney Plusで急上昇。その未来は期待と不安が交錯する。

    2019年11月12日。ついにディズニーの新ストリーミングサービス「Disney+」が始動します。 サービス開始発表後の株価は一時10%以上も上昇と、市場の期待も高まっています。 しかし、この先に待ち受けるのは期待と不安が交錯する未来かもしれません。 Disney+は強力コンテンツをNetflixより低価格で提供。日本でのサービス展開は? ディズニー(DIS)は4月11日に開催したInvestor's meethingで、独自のストリーミングサービス「Disney+」を11月12日に開始すると発表しました。 気になる料金プランは月額6.99ドル。ライバルとなるNetflixの標準プランは月額1…

  • 投資の初心者が成功するために必要なこと。投資は耐えることが美徳?

    私たち投資の初心者が投資で成功するためには何が必要なのでしょうか。 知識、判断力、持って生まれた強運 etc etc 色々あると思いますが、絶対に欠かせないものがあります。 それは『耐えること』です。 VTIやVOO等のETFでお馴染みの資産運用会社「バンガード」が自身のWebサイトで、個人投資家の心がまえを説いています。 ポイントは ・短期の結果にこだわることは無意味 ・下落に耐えることがパフォーマンスを好転させる です。 直近の結果にこだわりすぎず、未来の目標を定めましょう 自分が保有している株や投資信託の値動きは気になるものです。毎日株価をチェックして、一喜一憂することもあるでしょう。 …