住所
-
出身
-
ハンドル名
バンブーさん
ブログタイトル
時事放談
ブログURL
http://centralpark0123.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
国際・社会情報からサラブレッド・芸能まで幅広くタイムリーな情報をお届けします
自由文
更新頻度(1年)

393回 / 158日(平均17.4回/週)

ブログ村参加:2018/09/15

バンブーさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/18 02/17 02/16 02/15 02/14 02/13 全参加数
総合ランキング(IN) 0 0 0 0 0 0 0 949283サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 10 10 0 0 20 10 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ニュースブログ 0 0 0 0 0 0 0 9573サイト
話題のニュース 0 0 0 0 0 0 0 642サイト
今日 02/18 02/17 02/16 02/15 02/14 02/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 55082 60568 60585 65265 65325 65252 81752 949283サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 10 10 0 0 20 10 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ニュースブログ 111 122 121 149 152 151 214 9573サイト
話題のニュース 9 10 9 13 14 13 20 642サイト
今日 02/18 02/17 02/16 02/15 02/14 02/13 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 949283サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 10 10 0 0 20 10 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ニュースブログ 0 0 0 0 0 0 0 9573サイト
話題のニュース 0 0 0 0 0 0 0 642サイト

バンブーさんのブログ記事

?
  • 月額500円で毎日ランチが食べられる時代

    都内に、月々500円(消費税別)で毎日ランチが食べられるというサービスが出現しました。ワンコインランチではありません、ひと月ワンコインです。もちろん、ランチといってもかけうどん一杯ですが、究極的には1ヶ月500円で生き延びることができるかもしれない言うことです。食費に限った話とはいえ、将来のお金に対する不安まで取り除いてくれそうな値段設定だと感じました。DELICIOUS株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:...

  • ユーロは過小評価

    ユーロを売り込んでいる投資家は割安な価格水準を無視していると、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が指摘したとBloombergが報道しています。イタリアがリセッション(景気後退)に突入し、ドイツもあとわずかで景気後退入りだった。こうした中でユーロは3カ月ぶりの安値付近で取引されている。それでも経済協力開発機構(OECD)の購買力平価に基づくと、G10通貨のうちで最も過小評価されている。MUFGの...

  • Bloombergの読んでおきたい厳選ニュース 2019年2月19日

    プレジデンツデーの祝日で米株式市場は休場となりましたが、今週ワシントンに舞台を移して続けられる米中通商協議への楽観からアジア・欧州市場では株高となりました。ただ、欧州連合(EU)が米国に速やかに報復する準備があると表明するなど、貿易摩擦は大西洋を挟んでもくすぶっています。速やかに報復米国が輸入車に追加関税をかけるとの脅しを実行に移す場合は速やかに報復すると、EUが表明した。恒久的な関税同盟英国のE...

  • きょうの為替は? 2019年2月19日

    ドル円は新規の取引材料を欠いたうえ、米国市場の休場でNY勢が不在とあって、動意の乏しい動きに終始しました。欧州時間に入って以降の高値は110.61円、安値は110.52円とわずか9銭程度の値幅にとどまっています。ユーロは欧州時間に買われた反動から対ドルで1.1302付近まで、対円で124円99銭付近まで反落しました。ドル円現在値  110.59-60  110.61/110.37ユーロドル    1.1311-12本日のドル円  110.30-111.10 ソニーフ...

  • 専門家の予想はなぜ当たらないのか

    毎年1月には、新聞や雑誌でその年の為替の予想が出てきます。これらの多くはマーケットアナリストやストラテジストと言われる専門家によるものです。ところが、これらの予想をよく見てみると、一定の法則があることに気がつきます。まず1つ目は、ほとんどの予想が現時点での数値をベースにしていること。2つ目は、現時点でのトレンドに沿った予想になっていること。たとえば、それまでが上昇基調にあれば、上値幅の予想が大きく、...

  • Bloombergの読んでおきたい厳選ニュース 2019年2月18日

    米中の通商協議が今週、ワシントンで再開されます。トランプ米大統領は、協議に関して17日にスタッフと「重要な会合」を開くとツイッターで明らかにしました。先週の北京での協議を巡っては、トランプ大統領と習近平・中国国家主席の双方が協議は進展したとの認識を示しましたが、ホワイトハウスの声明は「まだ多くの作業が残っている」と慎重な内容となりました。両国は今週、米中首脳の合意の土台となり得る「覚書」に向けて作業...

  • きょうの為替は? 2019年2月18日

    ドル円現在値  110.43-44ユーロドル    1.1297-98本日のドル円  109.90-110.70 ソシエテジェネラル 鈴木氏 米休場で合意薄い 米個人消費下落鮮明に、米GDP低下により利下げ思惑。 ドル円は中長期的に105円割れ注意モーサテサーベイ  専門家33人の予想 今週末のドル円  110.50  コア 110.00-111.50  期待と懸念が交差...

  • 今週の為替展望 2019年2月17日

    米中閣僚級通商協議で米国が対中関税期限の60日間延長を検討していると報じられたことで、今後の注目ポイントは日米通商協議に移ります。17-19日は米商務省がトランプ大統領に通商拡大法232条に基づく報告書を提出する期限です。ロス商務長官が、国家安全保障上の懸念から、日本からの自動車輸入に対して25%程度の関税を課すべきとの報告書を提出した場合、25%の自動車関税が実現する可能性が高まります。日米通商協議では、米国...

  • 競馬GⅠシーズン到来、今年占うポイント

    今年の最大の注目はアーモンドアイの海外挑戦です。最終的な目標は日本競馬界悲願の凱旋門賞制覇です。連覇中のエネイブルとの対決は世界最強牝馬の座をかけた争いにもなります。アーモンドアイはジャパンCで124ポンドのレーティングを得ました。ジャパンCではジェンティルドンナを上回る歴代牝馬最高の評価です。今季初戦に選んだドバイターフはドバイデューティフリーだった時代から日本馬の海外GⅠ最多の4勝を挙げているレースで...

  • きょうの為替 2019年2月16日

    ニューヨークダウは、米中関係改善期待から買われ 、前日比443.86ドル高の25,883.25ドルで取引を終えました。 米国債10年物利回りは、米中貿易協議への期待感が高まり、米株が大幅高となる中、利回りも上昇し、暫定値ながら前日比0.009%上げて2.663%で引けました。 為替相場では、ドル/円は、ニューヨークオープン前に110.65近辺まで買い戻されましたが、その後は揉み合いながらも110.40-45近辺に緩みました。EUR/USDは、ニュー...

  • ゴルフ業界サバイバル。2015年問題後の試練は?

    ゴルフ人口関連で注目を浴びたのは、”2015年問題”です。ゴルフをやっている人がもっとも多い団塊の世代が、その頃に一斉に引退するから、急激にゴルフ人口が減ってパニックになる――そう言われました。しかし、その問題が大きく取り沙汰されて4年ほど経過しましたが、ゴルフ人口は微減こそしているものの、大騒ぎをするような状況にはなっていません。それは、どうしてでしょうか?(1)平均寿命が延びている30~40年ぐらい前の54歳...

  • Bloombergの読んでおきたい厳選ニュース 2019年2月15日

    トランプ大統領は新たな政府機関閉鎖を回避する予算案に署名し、その上で国家非常事態を宣言する意向です。選挙公約であるメキシコ国境の壁を建設するための追加予算を確保するため、別の政府予算から振り向ける考えですが、下院で多数派を握る民主党は抗戦の構えです。争いは続くトランプ大統領は政府の再閉鎖を回避する予算案に署名した上で、国境の壁の追加予算を得るために国家非常事態を宣言する。依然隔たり北京で開催中の米...

  • きょうの為替は? 2019年2月15日

    ドル円は頭が重い動き。トランプ米大統領の側近の話として「大統領が現時点で共和・民主両党が合意した予算案に署名するがどうか確信が持てない」との報道が伝わると、米政府機関再閉鎖への懸念から円買い・ドル売りがじわりと強まりました。5時前に一時110.46円と日通し安値を付けました。ドル円現在値   110.53-54  111.12/110.43ユーロドル     1.1293-98米10年国債    2.662%  -0.043本日のドル円   109.9...

  • 韓国政府、アダルトサイトを11日から遮断、でも政府はまた負けた!

    アダルトサイトなど韓国政府が不法と規定した有害サイトへの接続が11日から全面的に遮断されました。 IT業界によると、KTなど韓国国内インターネットサービス事業者(ISP)は当局の要請を受け、11日から「サーバーネームインディケーション(SNI)フィールド遮断方式」を利用したウェブサイト遮断を始めました。この遮断方式は以前より強力なウェブサイト遮断技術。審議当局の関係者は「11日の一日間に約800件...

  • Bloombergの読んでおきたい厳選ニュース 2019年2月14日

    この日の米株市場が材料視したのは、注目の米中通商協議やメキシコ国境警備を巡る予算のニュースよりも、上院議員が自社株買いに増税する法案を提出すると表明したツイートでした。いったん戻したものの、一時S&P500種株価指数はこの日の安値に下落しました。「極めて順調」トランプ大統領は米中通商交渉が「極めて順調に進行していると思う」と述べ、進展に自信を示した。まず署名、それからトランプ大統領は国境警備に関する...

  • きょうの為替は? 2019年2月14日

    ニューヨーク外国為替市場でドル円はじり高で、4時時点では110.93円と2時時点(110.85円)と比べて8銭程度のドル高水準でした。ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁が「今年1回、来年1回の利上げが適切」と発言。タカ派な発言ではありませんが、今年の利上げなしも織り込みつつある市場にとって、ネガティブなインパクトはありません。むしろドル円は底堅く推移し、一時110.94円まで上昇。米中通商交渉進展への期待や、米政府機関...

  • 麻生財務大臣の失言履歴

    麻生太郎副総理兼財務相の「子どもを産まなかった方が問題なんだから」という失言が物議を醸しています。「人権感覚がまったくない」という批判が多いですが、一方で「発言の切り取りだ」と擁護する声もあります。麻生太郎 副総理兼財務相「いかにも年寄りが悪いという変な野郎がいっぱいいるけど、間違っていますよ。子どもを産まなかった方が問題なんだから」BuzzFeed News 2月4日2月3日、麻生太郎副総理兼財務相が福岡県内で...

  • Bloombergの読んでおきたい厳選ニュース 2019年2月13日

    米中通商問題を巡り、次官級協議が北京で行われる中、トランプ米大統領は中国製品への関税引き上げ期限3月1日の延期を示唆し、中国への融和的な姿勢を示しました。もう一つ政権が鍵を握る政府機関再閉鎖の回避に向けた取り組みについて、トランプ氏は12日中に会合を開き、超党派の合意案について検討するようです。最終的に大統領の署名は得られるのか、予断を許しません。大目に「少しの間、期限を大目に見ることは可能だ」。ト...

  • きょうの為替は? 2019年2月13日

    ニューヨーク外国為替市場でユーロドルは上伸、4時時点では1.1331ドルと2時時点(1.1315ドル)と比べて0.0016ドル程度のユーロ高水準でした。米中通商交渉の進展期待や米政府機関の再閉鎖が回避されるとの観測を受けたリスク選好で、資源国通貨などとともにユーロも対ドルで地合いを強めました。昨日高値1.1330ドル付近にあった断続的な売りオーダーをこなし上昇に勢いがつき、1.1340ドルまで上値を伸ばしました。ドル円は小幅に上...

  • 東京で大水害なら被害は想像を絶する、直下型地震より警戒すべき理由

    東京で起こる可能性がある自然災害として、よく例に挙げられるのが「首都直下型地震」です。内閣府によると、東京都大田区付近の直下でマグニチュード7.3の大地震が起こった場合、最大死者約2万3000人、倒壊・焼失する建物は約61万棟、経済的損失が約95兆円と公表しています。当然、この被害も甚大であるが、最近にわかに問題となっているのが高潮による水害です。高潮とは、台風などの低気圧によって起こる高波と海面上昇のことで...

  • Bloombergの読んでおきたい厳選ニュース 2019年2月12日

    米中通商協議の行方が市場で注目される中、中国から気になるニュースが入ってきました。借入額の大きい2社による大型支払い遅延です。中国政府による11兆ドル(約1200兆円)規模の債券市場に生じた亀裂を埋めようとする取り組みが、全ての企業に行き渡っていないことを示唆しています。迫る期限一部政府機関の暫定予算が失効する15日が近づく中、米議会でメキシコ国境の壁予算を巡る交渉を担当する有力議員4人が11日午後、協議に...

  • きょうの為替は? 2019年2月12日

    ドル円はやや重い動き、主要3株価指数が一時そろって前週末比マイナスへ転じるなど米株が重い推移となり、リスク選好の円売りの勢いが後退しました。110.30円台で推移する場面が目立っています。外為市場では今まで、年内の欧州中央銀行(ECB)による利上げ観測受けたユーロ買いが先行してきました。しかし、ここにきて、イタリアの予算見通しへの警戒感や域内経済の減速懸念、さらに、欧州連合(EU)やユーロの将来にも懐疑的見方...

  • レーダー照射事件に「新説」

    昨年12月20日午後3時頃、能登半島沖において、警戒監視中の海上自衛隊第4航空群所属のP-1哨戒機が、韓国海軍の駆逐艦から火器管制レーダーの照射を受けた事件は、日本社会に大きな衝撃を与えました。12月のレーダー照射事件に関して、ある韓国の関係者に質しと、これまで出てきていない次のような「新説」を開陳したと、近藤大介氏は週刊現代に書いています。「金正恩委員長が、国家的プロジェクトとして元山(ウォンサン)の葛麻...

  • 2019年最新版 日本列島「地震危険エリア」

    ’19年に入って、日本で地震が頻発しています。’18年末から1月末までの1ヵ月に起きた震度1以上の地震は、なんと約150回。直近3ヵ月(’18年10月21日~’19年1月29日)に10回以上の地震が起きた場所も、長野県中部(52回)、宮城県沖(35回)など、もはや「地震が起きるのが日常」という状況です。エリアの中で、直下型地震の危機が迫っている場所はどこなのでしょうか。まずは、熊本地震の余波が続いている九州です。関東もいまだ3・1...

  • きょうの為替は?

    本日は建国記念の祝日で東京市場が休場となりますが、旧正月大型連休に入った中国株式市場が再開します。市場参加者が少なく、流動性の低下に伴った荒っぽい動きには警戒が必要も、新規の手がかりが乏しく、ドル円は引き続き109円後半を中心に109円台での上下が続きそうです。再び110円大台を試す可能性はありますが、大台定着には新しい材料が必要になりそうです。足もとで主要通貨はどれも買い材料が欠けており、弱さを競う相場...

  • 暴言!?従軍慰安婦問題に天皇の謝罪要求

    韓国の文喜相国会議長は、日韓間の長年の懸案である従軍慰安婦問題が日本の天皇による元慰安婦への謝罪の一言で解決するとの見解を示しました。 Blomberg文在寅大統領に近い文議長(73)は7日のブルームバーグとのインタビューで、「一言でいいのだ。日本を代表する首相かあるいは、私としては間もなく退位される天皇が望ましいと思う。その方は戦争犯罪の主犯の息子ではないか。そのような方が一度おばあさんの手を握り、本当に...

  • 今週の為替展望 2019年2月10日

    3月末期末決算に向けた注目水準は、12月日銀短観で示された大企業製造業の2018年度下期想定為替レート(109.26円)であり、この水準以上では本邦輸出企業からのドル売り圧力が強まります。さらに、本邦機関投資家から15日の米国債償還・利払いに伴う円買い圧力が強まることも、上値の重しとなります。トランプ政権と米議会は1月25日、政府機関閉鎖を一時解除するためのつなぎ予算案で合意しましたが、予算は3週間分に過ぎず、期限...

  • ドル円の大暴落…正月に続き、GW10連休も!?

    のどかな正月休みの早朝、1月3日にドル円が3.5円も暴落し、多くの個人投資家が阿鼻叫喚の地獄へ突き落とされました。投資にリスクはつきものですが、今回のフラッシュクラッシュ(瞬間暴落。わずかな時間で株価や通貨が暴落すること)は、海外のヘッジファンドが日本の個人投資家を狙い撃ちにした可能性があると指摘する金融関係者は少なくありません。日本の個人投資家は、海外の投資家からミセスワタナベと呼ばれ、カモにされて...

  • 今週の為替 2019年2月9日

    ドル円は、1月非農業部門雇用者数の大幅増加を受けたドル買いの流れが続き、109.43円から110.16円まで上昇しました。ユーロドルは、12月のユーロ圏卸売物価指数が前月比-0.6%と低迷し、低調な12月製造業新規受注と鉱工業生産を受けて、ドイツ経済が景気後退に陥った可能性が高まったことで、1.1466ドルから1.13ドル台前半まで下落しました。欧州委員会は、2019年のユーロ圏の経済成長見通しを、+1.9%から+1.3%へ下方修正しまし...

  • きょうの為替 2019年2月9日

    ニューヨークダウは、米中の貿易協議を巡る不透明感や世界経済の減速懸念から売られ 、前日比63.27ドル安の25,106.26ドルで取引を終えました。 米国債10年物利回りは、株安を受けて低下し、暫定値ながら前日比0.025%下げて2.632%で引けました。 為替相場では、ドル/円は、109.65~90近辺で方向感なく推移しました。EUR/USDは、1.1323近辺まで下押しした後、いったん1.1351近辺まで反発したものの、再び1.1321近辺まで軟化しまし...