searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

バンブーさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
時事放談
ブログURL
http://centralpark0123.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
国際・社会情報からサラブレッド・芸能まで幅広くタイムリーな情報をお届けします
更新頻度(1年)

688回 / 365日(平均13.2回/週)

ブログ村参加:2018/09/15

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、バンブーさんの読者になりませんか?

ハンドル名
バンブーさん
ブログタイトル
時事放談
更新頻度
688回 / 365日(平均13.2回/週)
読者になる
時事放談

バンブーさんの新着記事

1件〜30件

  • 今週の為替 2020年11月28日

    今週のドル円は103.69円から104.76円まで上昇しました。トランプ政権が一般調達局にバイデン氏への政権移行開始を許可したことや、バイデン次期大統領が次期財務長官にイエレン元FRB議長を任命するとの報道、新型コロナウイルスのワクチン開発進展などを好感して、ダウ平均が史上初の3万ドル台に乗せたことでリスク選好の円売りが優勢になりました。ユーロドルは、新型コロナ感染拡大を受けたリスク回避のドル売りで1.1800ドルから...

  • きょうの為替は? 2020年11月28日

    ニューヨークダウは、米政権の移行が円滑に進むとの見方や新型コロナウイルスのワクチン普及の期待から買い優勢となり、前営業日比37.90ドル高の29,910.37ドルで取引を終えました。米国債10年物利回りは低下し、暫定値ながら前営業日比0.036%下がって0.842%で引けました。原油価格は、利益確定売りで下げ、前営業日比0.18ドル安の45.53ドルで引けました。為替相場では、ドル/円は、一時104.21近辺まで上昇しましたが、その後103....

  • 仕事始めに読んでおきたい厳選ニュース 2020年11月27日

    26日の米市場の一部は感謝祭のため休場でした。感謝祭の翌日は年末商戦の幕開け「ブラックフライデー」です。ただ、夜も明けぬ暗いうちから店舗の前に並び、死傷者が出るような騒ぎになったのは一昔前のこと。今年は特にコロナ禍の影響で、買い物客はいつになくオンラインショップに集中しそうです。追加試験へアストラゼネカはオックスフォード大と共同開発した新型コロナワクチンの有効性を分析するため、追加試験を世界各地で行...

  • きょうの為替は? 2020年11月27日

    米感謝祭のため、株式・債券、商品市場は休場でした。為替相場では、ドル/円は、小動きながら、104.36近辺から一時104.22近辺まで軟化しました。EUR/USDは、一時1.1940近辺まで上昇後、一時1.1886近辺まで反落し、1.1910近辺に落ちつきました。ドル円    104.24-25 104.47/104.20ユーロドル  1.1913-14きょうのドル円 103.70-104.50 ニッセイアセットマネジメント 松波氏 104円割れのっ持続性は? さらなる円高は限定...

  • 仕事始めに読んでおきたい厳選ニュース 2020年11月26日

    サッカー元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏が心臓発作で死去しました。華麗なプレーや技術でファンを魅了。1986年のワールドカップ(W杯)での「神の手ゴール」も話題となりました。一方、薬物依存などでメディアをにぎわせ、長年にわたり健康問題を抱えてもいました。ガイダンス強化も米連邦公開市場委員会(FOMC)が11月4、5両日に開いた会合では、債券購入の戦略についてさらなるガイダンスを示すことを当局者...

  • きょうの為替は? 2020年11月26日

    ニューヨークダウは、前日に初めて3万ドルの大台に乗せ、短期的な利益確定売りが優勢となり、前日比173.77ドル安の29,872.47ドルで取引を終えました。米国債10年物利回りはやや低下し、暫定値ながら前日比0.002%下げて0.880%で引けました。原油価格は、発表された週間在庫統計で米原油在庫が減ったことから買われ、前日比0.80ドル高の45.71ドルで引けました。為替相場では、ドル/円は、104.26~55近辺で横這い推移でした。EUR/US...

  • 仕事始めに読んでおきたい厳選ニュース 2020年11月25日

    24日は米株式相場が大幅高。正式な政権移行作業の開始で不透明感が後退したほか、新型コロナウイルスのワクチン開発の進展が好感されたようです。ダウ工業株30種平均は史上初めて3万ドルの大台に乗せました。今後の相場の動きを占う上では、ワクチンの配布見通しにも注目が集まりそうです。戻ってきた米国バイデン次期米大統領は、新政権の外交・国家安全保障担当チームを発表。国務長官に指名するアントニー・ブリンケン氏をはじ...

  • きょうの為替は? 2020年11月25日

    ニューヨークダウは、トランプ米大統領がバイデン次期大統領への政権移行作業の開始を容認したことから政権移行が円滑に進むとの観測が強まり、前日比454.97ドル高の30,046.24ドルと初めて3万ドルを上回って終えました。米国債10年物利回りは、米株高を受けて上昇し、暫定値ながら前日比0.023%上げて0.882%で引けました。原油価格は、新型コロナウイルスワクチンの年内の接種開始の期待から買われ、前日比1.85ドル高の44.91ドル...

  • 仕事始めに読んでおきたい厳選ニュース 2020年11月24日

    米連邦準備制度理事会(FRB)のブレイナード理事に対し、バイデン次期大統領の関係者がFRB内にとどまるよう伝えたことが明らかになりました。これにより、同氏が次期財務長官に起用されるとの観測が一段と後退しましたが、パウエル議長の後任としてFRBを率いる可能性も出てきました。次期財務長官就任が有力視されるジャネット・イエレン氏と共に、女性2人が近い将来、米国の金融・財政政策のかじ取りを担うこともありそ...

  • きょうの為替は? 2020年11月24日

    ニューヨークダウは、アストラゼネカがオックスフォード大学と共同開発する新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験で最大90%の有効性を確認したと発表したことが好感され、前週末比327.79ドル高の29,591.27ドルで取引を終えました。米国債10年物利回りは、米株高を受けて上昇し、暫定値ながら前週末比0.026%上げて0.855%で引けました。原油価格は、新型コロナウイルスのワクチンの早期普及の観測が強まり買われ、前週末比0.64ド...

  • きょうの為替は? 2020年11月23日

    週明けのドル円は先週末の流れを引き継ぎ、103.80円前後でもみ合っています。また、ユーロドルは1.18ドル半ば、ユーロ円は123円前半で小動きです。ドル円   103.80-83ユーロドル 1.1861-62...

  • 今週の為替展望 2019年11月22日

    ドル円は続落かもしれません。23日は勤労感謝の日で東京市場は休場、26日は感謝祭でニューヨーク市場は休場であり、薄商いが予想されます。世界的な新型コロナウイルス感染拡大第3波を受けたリスク回避の円買いが予想されます。米国の新型コロナ景気対策法案は、ペロシ米下院議長の民主党案(2.4兆ドル規模)とマコネル共和党上院院内総務の共和党案(1.5兆ドル規模)が妥結には至っておらず、年内成立の可能性が危ぶまれているこ...

  • 今週の為替 2020年11月21日

    今週のドル円は、105.13円から103.65円まで下落しました。新型コロナウイルスのワクチン開発が進展しているとの報道を受けて105.13円まで上昇したものの、日本での感染者が連日過去最多を更新したことで、103.65円まで反落しました。ユーロドルは、世界的な新型コロナウイルス感染拡大を受けたリスク回避のドル売りで、1.1814ドルから1.1894ドルまで上昇しました。...

  • きょうの為替は? 2020年11月21日

    ニューヨークダウは、新型コロナウィルス感染拡大で景気が懸念されて売られ、前日比219.75ドル安の29,263.48ドルで取引を終えました。米国債10年物利回りは、米株安から低下し、暫定値ながら前日比0.027%下げて0.828%で引けました。原油価格は、米国の石油掘削装置(リグ)稼働数が減少したことを受けて買われ、前日比0.41ドル高の42.15ドルで引けました。為替相場では、ドル/円は、手掛かり材料難から、103.70~88近辺の限られ...

  • 仕事始めに読んでおきたい厳選ニュース 2020年11月20日

    地元に愛されている老舗イタリアンから、予約が取れない高級すし店に至るまで、ニューヨークのレストラン産業には世界に誇る規模と奥行きがあります。2019年のデータによれば、2万3650店で働く労働者は31万7800人。成功を夢見ながらウエーターやウエートレスで生計を立てる若者も多く、衰退はニューヨークの輝きを消してしまう恐れがあります。厳しい冬にニューヨークのデブラシオ市長は、レストランでの屋内飲食禁止をニューヨー...

  • きょうの為替は? 2020年11月20日

    ニューヨークダウは、追加経済対策の協議再開見込みで、早期に与野党が合意すれば、米経済の回復が進むとの思惑から買いが優勢になり、前日比44.81ドル高の29,483.23ドルで取引を終えました。米国債10年物利回りは低下し、暫定値ながら前日比0.032%下げて0.851%で引けました。原油価格は、新型コロナウイルスの世界的な感染再拡大を受け売られたものの、米株式相場が上げに転じたため下げ渋り、前日比0.08ドル安の41.74ドルで引...

  • 仕事始めに読んでおきたい厳選ニュース 2020年11月19日

    新型コロナウイルスが再び猛威を振るう米国では、高齢者施設での感染が先週3万人に接近、隔離され家族に会えないまま闘病する高齢者が激増しています。感染封じ込め策を実施するには、その間の市民生活が保障されなくてはなりません。メドウズ大統領首席補佐官は景気対策の交渉からホワイトハウスが退くことを確認、議会に任せると述べました。大人げない米銀JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO...

  • きょうの為替は? 2020年11月19日

    ニューヨークダウは、新型コロナウィルス感染拡大を警戒して利益確定売りに下げ、前日比344.93ドル安の29,438.42ドルで取引を終えました。米国債10年物利回りは、ほぼ横ばいで、暫定値ながら前日比0.001%上げて0.873%で引けました。原油価格は、コロナワクチンの普及期待から買われ、前日比0.39ドル高の41.82ドルで引けました。為替相場では、ドル/円は、新型コロナウイルスの感染拡大を背景に安全資産の円買いが進み、一時103.6...

  • 仕事始めに読んでおきたい厳選ニュース 2020年11月18日

    「もう元には戻らない。違う経済になる」と、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が米経済について述べました。働き方をはじめ、住まいや消費の志向、休日の過ごし方、人との関係、政府やメディアに対する認識など、新型コロナウイルスの感染で変わったものは少なくありません。ワクチンが普及しても私たちが取り戻せるものと、取り戻せないものがあるようです。すでに兆候がパウエルFRB議長は米経済の回復が「着実な...

  • きょうの為替は? 2020年11月18日

    ニューヨークダウは、発表された10月の米小売売上高が予想を下回ったことから売られ、前日比167.09ドル安の29,783.35ドルで取引を終えました。米国債10年物利回りは、米株安を受けて低下し、暫定値ながら前日比0.033%下げて0.873%で引けました。原油価格は、主要産油国の減産縮小の先送り観測を背景に強含み、前日比0.09ドル高の41.43ドルで引けました。為替相場では、ドル/円は、新型コロナウイルスの感染拡大を背景に売られ、...

  • 仕事始めに読んでおきたい厳選ニュース 2020年11月17日

    春には頻繁に手を洗い、品薄のマスクや消毒剤を求めて苦労した米国の消費者も、夏以降は警戒を緩めているとの指摘があります。COVID疲れ(新型コロナ疲労)と呼ばれる現象です。先週から2件続いたワクチンに関する朗報は、このCOVID疲れに終わりを告げる希望の鐘のように聞こえるかもしれませんが、まだ安全性や配送など不明な点も残り、実際の接種はいつになるのか分かりません。マイルストーン米モデルナは新型コロナ...

  • きょうの為替は? 2020年11月17日

    ニューヨークダウは、米バイオ製薬のモデルナが、コロナワクチンの臨床試験の初期データで「94.5%の有効性が示された」と発表したことを受けて買われ、前週末比470.63ドル高の29,950.44ドルで取引を終えました。米国債10年物利回りは、米株高を受けてやや上昇し、暫定値ながら前週末比0.015%上げて0.908%で引けました。原油価格は、新型コロナウイルスのワクチン普及で買われ、前週末比1.21ドル高の41.34ドルで引けました。為替...

  • 仕事始めに読んでおきたい厳選ニュース 2020年11月16日

    トランプ大統領は選挙の結果を巡り相反するようなツイートを繰り返しました。一方、自身が否定的だった自由貿易協定の動きが強まり、米連邦準備制度理事会(FRB)議長の職を続投させなかったジャネット・イエレン氏が復権する可能性も出ています。世界は既にトランプ後に目を向けて動き出しています。何も認めていない!トランプ大統領はバイデン氏について、「選挙に不正があったから勝利した」とツイッターに投稿した。世界最...

  • きょうの為替は? 2020年11月16日

    ドル円   104.65-70ユーロドル 1.1840-41きょうのドル円 104.00-105.50 バルサ 花生 戻りが鈍いユーロ円モーサテサーベイ 専門家38人の予想 今週末のドル円 中央値:104.50 レンジ:104.00-105.50...

  • 今週の為替展望 2020年11月15日

    ドル円は、米国議会での新型コロナ景気対策法案の成立や米大統領選挙の決着を待つ展開となります。バイデン第46代米大統領誕生の可能性が限りなく高まっているものの、トランプ政権は、12月8日まで「選挙人算定法」(1887年)を根拠に法廷闘争に踏み出すことを示唆しており、トランプ大統領が敗北宣言を出すまでは予断を許さない状況が続くかもしれません。また、米大統領選挙後に妥結・成立が期待されていた景気対策法案も、依然...

  • 今週の為替 2020年11月14日

    今週のドル円は、103.19円から105.68円まで上昇しました。新型コロナウイルスのワクチン開発が進展しているとの報道を受けて、ダウ平均が史上最高値を更新し、ドル円も上昇しました。ユーロドルは、EUが米国製品に報復関税を課すと発表したこと、11月ユーロ圏ZEW景況感指数の悪化を受けて、1.1920ドルから1.1746ドルまで下落しました。...

  • きょうの為替は? 2020年11月14日

    ニューヨークダウは、ワクチンの早期普及期待が追い風となって上昇し、前日比401.64ドル高の29,481.81ドルで取引を終えました。米国債10年物利回りは、米株高を受けて若干上昇し、暫定値ながら前日比0.009%上げて0.895%で引けました。原油価格は、欧米を中心に新型コロナウイルスの感染者数が増加したことから売られ、前日比0.99ドル安の40.13ドルで引けました。為替相場では、ドル/円は、ロングの投げが続き、一時104.57近辺を...

  • 仕事始めに読んでおきたい厳選ニュース 2020年11月13日

    北半球の冬場に感染が再拡大する恐れ。専門家はかねてから指摘していましたが、欧州、米国、日本と規模の違いこそあれ軒並みその通りの状況になっています。週初にはワクチン候補について前向きなニュースもありましたが、市場は冷静な見方を取り戻しているよう。ダウ平均は300ドル余り下げて終了しました。ワクチンに慎重パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は、新型コロナワクチンの開発に関して前向きなニュースが最近...

  • きょうの為替は? 2020年11月13日

    ニューヨークダウは、新型コロナ感染再拡大で米景気に懸念が出て売られ、前日比317.46ドル安の29,080.17ドルで取引を終えました。米国債10年物利回りは、米株安を受けて低下し、暫定値ながら前日比0.109%下げて0.880%で引けました。原油価格は、発表された週間在庫統計で米原油在庫が増加したことや米株安を受け売りが優勢となり、前日比0.33ドル安の41.12ドルで引けました。為替相場では、ドル/円は、欧米でのコロナの感染再拡...

  • 仕事始めに読んでおきたい厳選ニュース 2020年11月12日

    ロックダウン(都市封鎖)措置は再び導入されるのか。ニューヨーク州がバーやレストランに対して午後10時での閉店を命じました。春先に世界最悪レベルの感染状況と言われたNYも夏場にかけて状況が改善しましたが、ここにきて懸念材料が増えてきました。景気への影響が大きい封鎖を回避できるのか正念場を迎えています。不十分なら制限強化NY州はバーやレストラン、スポーツジムに対して午後10時で営業を終了するよう命じ、室内...

カテゴリー一覧
商用