プロフィールPROFILE

バンブーさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
時事放談
ブログURL
http://centralpark0123.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
国際・社会情報からサラブレッド・芸能まで幅広くタイムリーな情報をお届けします
更新頻度(1年)

908回 / 365日(平均17.4回/週)

ブログ村参加:2018/09/15

バンブーさんのプロフィール
読者になる

バンブーさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,820サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ニュースブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,618サイト
話題のニュース 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 668サイト
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,820サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ニュースブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,618サイト
話題のニュース 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 668サイト
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,820サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ニュースブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,618サイト
話題のニュース 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 668サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、バンブーさんの読者になりませんか?

ハンドル名
バンブーさん
ブログタイトル
時事放談
更新頻度
908回 / 365日(平均17.4回/週)
読者になる
時事放談

バンブーさんの新着記事

1件〜30件

  • 仕事始めに読んでおきたい厳選ニュース 2019年11月14日

    モバイル決済戦争は終戦を迎える。メッセージアプリを支配するLINEと、日本のインターネット黎明(れいめい)期をけん引したヤフー。報じられているように経営統合したらインターネット産業はどうなるのか、ブルームバーグ・インテリジェンスのベイサーン・リン氏は分析しています。先駆者と国際プレーヤー検索サービス「ヤフー」を展開するZホールディングスとLINEが経営統合に向けて最終調整に入ったと、日本経済新聞電...

  • きょうの為替は? 2019年11月14日

    米中貿易協議において、中国が米農産品の購入に関する明確な公約を躊躇していると報道されました。米国政府は中国が責任を実際に果たすことを確認してから、関税を緩めたい方針だが、中国側は速やかな関税撤廃を要求している模様で、リスク回避の動きがみられました。ドル円    108.78-80 109.14/108.64ユーロドル  1.1004-07米10年国債 1.886%  -0.021本日のドル円 108.40-109.10 大和投資信託 亀岡氏 ドル円の上...

  • 仕事始めに読んでおきたい厳選ニュース 2019年11月13日

    週の真ん中に位置する水曜日は、この山(hump)を越えたら後は楽という意味でハンプデーと呼ばれます。13日は上下両院合同経済委員会でのパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長証言、下院でのトランプ大統領弾劾公聴会と、ワシントンは金融と政治の両面で大きな山を迎えます。脅しと自賛トランプ米大統領は講演で、米中貿易で合意第1段階がまとまらない場合は、対中関税を「極めて大きく」引き上げると言明。一時休止米金融...

  • きょうの為替は? 2019年11月13日

    トランプ米大統領が演説で「米金融当局の利下げペースは遅すぎる」「中国との合意がなければ関税を引き上げる」等の発言をしたもののマーケットの反応は限定的でした。しかしその後、NYダウが再びマイナス圏に沈むとドル円は109円を割り込み108円92銭付近まで下値を拡大しました。ドル円     108.98-00 109.29/108.91ユーロドル   1.1009-10米10年国債  1.913%  -0.019本日のドル円 108.70-109.30 ドイツ証券 小...

  • 11月14日 韓国の大学センター試験日 韓国内全土で対策

    韓国で2020学年度大学修学能力試験(日本のセンター試験に相当)が実施される14日、公共交通機関で受験会場に向かう受験生の円滑な移動に配慮するために、試験会場が設置される地域の官公庁の出勤時間が午前10時以降になるほか、受験生が会場に向かう時間帯(午前6~8時10分)は兵力などの移動を控えます。ソウル外国為替市場の銀行間の取引開始時刻も通常より1時間繰り下げられ、午前10時となり、今年から、銀行の営業時間が通常...

  • 仕事始めに読んでおきたい厳選ニュース 2019年11月12日

    アラン・グリーンスパン氏が1996年、「根拠なき熱狂」という言葉を残したニューヨーク・エコノミック・クラブ。ここで12日にトランプ大統領がスピーチを予定しています。カウエンのジャレット・サイバーグ氏は「金融政策から貿易、税制まで何もかも」にリスクが及びかねないと警戒しています。過去最大のLBOにKKRは米ドラッグストアチェーン大手ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスに対し、同社を非公開化する取引について...

  • きょうの為替は? 2019年11月12日

    為替相場はベテランズデーで市場参加者が少ないことで動意薄のままになっています。ドル円は109.02円前後で小動きです。ドル円   109.01-04 109.25/108.88ユーロドル 1.1033-34本日のドル円 108.80-109.30 ニッセイアセットマネジメント 松波氏 米製造業 最悪期を脱する2つの兆候&米予防的利下げ後は円安方向に...

  • 仕事始めに読んでおきたい厳選ニュース 2019年11月11日

    中国アリババ・グループ・ホールディングの「独身の日」セールが今年も始まり、好調なスタートを切りました。取扱高は最初の1時間半弱で早くも、過去最高となった昨年の24時間での取扱高の半分を超えています。同セールは中国の消費動向を測る指標でもあり、最終的な取引高が注目されます。過半数届かずかスペイン総選挙では、サンチェス首相率いる与党・社会労働党が第1党を維持したもようだ。17日から開始サウジアラビアの国営...

  • きょうの為替は? 2019年11月11日

    ドル円   109.17-19ユーロドル 1.1023-26今週のドル円 107.80-110.10 三菱UFJ 内田氏 ドル円の上値余地と対中関税モーサテサーベイ 専門家33人の予想 今週末のドル円 中央値:109.00  レンジ:108.00-110.00 米中交渉の行方...

  • 出生率が世界初の「0人台」へ突入!消滅危機の韓国

    韓国の青年世代を指す流行語に、「N放世代」という自嘲的な言葉があります。「すべて」を表す不定数の「N」に、「あきらめる」という韓国語の頭文字である「放」を合成した「N放世代」は、厳しい経済状況のため、すべてをあきらめて生きる世代という意味です。恋愛、結婚、出産をあきらめる「三放世代」という造語が誕生したのが2011年で、その後、青年失業率の増加と非正規労働者の増加がマスコミで大々的に報じられるようになっ...

  • 今週の為替展望 2019年11月10日

    11月中旬に予定されていた米中首脳会談が12月に先送りされる可能性が報じられたことで、米中通商「第1段階」の部分合意に向けた米中通商協議が難航しているのではないかとの警戒感が高まっています。10月の米中通商協議では、「第1段階」としての部分合意に到達し、中止となった11月16-17日のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせて予定されていた米中首脳会談で合意文書に署名することが予定されていました。トラン...

  • きょうの為替 2019年11月9日

    ニューヨークダウは、トランプ米大統領が、追加関税の段階的撤廃で米中が合意したとの中国政府の発表を否定したことから売りが先行したものの、米中合意への期待感は根強く、引けにかけて上げに転じ、前日比6.44ドル高の27,681.24ドルで取引を終え、連日で過去最高値を更新しました。米国債10年物利回りは、米中貿易協議の不透明感が強まり下げたものの、協議進展期待も消えておらず、その後反発し、暫定値ながら前日比0.019%上げ...

  • 仕事始めに読んでおきたい厳選ニュース 2019年11月8日

    米国株相場は上昇。米中が関税の段階的撤回で合意したとの報道を受け、楽観が広がりました。ただ米側は最終決定に至っていないとも一部で報じられ、終盤は上げを削る展開。米中の交渉はこれまで二転三転しており、市場では進展の確実な情報を待ちたいとの見方も強いようです。米側も確認米中による追加関税の段階的撤回が第1段階の合意の一部になると、米政府関係者が匿名を条件に語った。リスクは下方向イングランド銀行(英中央...

  • きょうの為替は? 2019年11月8日

    米中当局者が「第1段階」の貿易合意の交渉で段階的な関税の撤廃が含まれることを明らかにしたため、景気見通しが改善しリスク選好の動きやドル買いに拍車がかかりました。その後、ホワイトハウスは、「対中関税撤廃は決定事項ではない」と依然慎重な姿勢を見せため、期待感が後退しました。ドル円    109.23-26 109.48/108.64ユーロドル  1.1043-47米10年国債 1.913%  +0.102本日のドル円 109.00-109.80 三井住友NY ...

  • 「超学歴社会」韓国の行き過ぎた受験戦争

    ソウル市大峙洞(テチドン)は、有名学習塾の中心地であり、さらに名門高校が集まる「江南8学群」にあります。2012年、教育科学技術委員会所属の国会議員が、大峙洞の学習塾街を歩いていた小学生10人を対象にかばんの重さを測る実験をして話題を集めました。10人のかばんの重さの平均は8・5キロで、小学3年生の平均体重約30キロのおよそ3分の1のかばんを背負って塾から塾へ転々としているのです。かばんの中には数学のテキストのほか...

  • 仕事始めに読んでおきたい厳選ニュース 2019年11月7日

    米地方選挙で、バージニア州の郡の監督委員に民主党から立候補したジュリ・ブリスクマン氏が当選しました。2年前にトランプ大統領の車列に向かって中指を立てて職場を解雇され、名を知られた人物です。大統領選に向けた有権者の傾向を占う今回の選挙では各地で民主党が勢いを見せ、トランプ氏には痛手となりました。12月にずれ込みかトランプ米大統領と中国の習近平国家主席による部分的貿易合意の署名は12月になる可能性があり、...

  • きょうの為替は? 2019年11月7日

    「米中通商交渉の部分合意署名の延期」を警戒したドル売り・円買いは一服し、ドル円は108.90円台まで持ち直しました。プラス圏を回復したダウ平均もドル円の支えとなりました。ユーロドルは、軟調なポンドドルにつられる形で1.1065ドルまで下値を広げました。ドル円    108.92-93 109.18/108.80ユーロドル  1.1070-71米10年国債 1.815%  -0.049本日のドル円 108.50-109.20 野村證券 後藤氏 世界の製造業サイクル底...

  • 仕事始めに読んでおきたい厳選ニュース 2019年11月6日

    米国株相場は前日記録した最高値付近で推移。ただS&P500種株価指数は引けにかけて勢いを失い、終値では小幅安となりました。米中の貿易合意を巡っては一部で楽観が広がる一方、予測は困難だとして慎重な見方も根強いようです。中国側はトランプ政権に対し、中国からの輸入最大3600億ドル(約39兆1700億円)相当に対して課した関税の撤回および引き下げを求めているとされ、今後も第1段階の合意署名に向けた両国の動きが注目さ...

  • きょうの為替は? 2019年11月6日

    米中が「第1段階」貿易協定の正式合意成立近く、良好が関税を緩めることを検討しているとの報道や予想を上回った10月ISM非製造業景況指数で成長見通しが改善しました。米債利回り米10年債利回りは1.86%前後で推移、ダウ平均株価は69ドル高で推移しました。NY外為市場ではドルが高値を探る展開となりました。ドル・円は108円81銭から109円24銭まで上昇し、30日来の高値を更新、同日高値109円29銭を試す展開となっています。ユーロ...

  • 仕事始めに読んでおきたい厳選ニュース 2019年11月5日

    米国株の主要3指数がいずれも終値ベースの最高値を更新しました。米国と中国が貿易交渉の打開に向けてさらなる進展があったことを示唆し、それが相場の押し上げ材料となりました。市場関係者の間からは「関税措置を巡るレトリックはおおむね前向きなものだ」との声が聞かれます。米中首脳が月内に会談する可能性も残っています。習主席は訪米にも前向き米中貿易交渉で中国側は、「第1段階」の合意署名で習近平国家主席が訪米する...

  • きょうの為替は? 2019年11月5日

    米長期金利が高止まりする中、主要通貨に対してドルを買う動きが継続しています。ユーロドルは、前週末の安値1.1128ドルを下抜けて一時1.1125ドルまで値を下げました。ドル円    108.58-61 108.64/108.16ユーロドル  1.1126-30米10年国債 1.784%  +0.056本日のドル円 108.30-109.10 三菱UFJモルガン・スタンレー 植野氏  米中通称協議の局面変化、懸念後退モーサテサーベイ 専門家37人の予想 今週末のドル円 中...

  • たった20日、40時間の勉強で宅建試験に挑戦! その1

    10月20日令和元年宅地建物取引士資格試験を受験しました。宅建は国家試験であり、1年に1回、10月の第3日曜日にのみテストが開かれます。全て4択マークシート形式で50問出題され、毎年4つのテーマに分かれて出題されます。受験者数は、約18万人〜21万人で、そのうち合格者数は約2.8万〜3.5万人です。合格率は、一番高い時で17.9%(平成21年度) 、一番低い時で15.2%(平成22年度) です。宅建試験は相対評価方式であり、合格率は...

  • 今週の為替展望 2019年11月3日

    11月中旬に予定されている米中首脳会談での通商部分合意への署名に向けた次官級・閣僚級協議の進展を見極めながら、トランプ大統領のウクライナ疑惑に対する米下院での弾劾審理や米国を軸とする貿易不均衡を見極めていく展開となります。チリでの11月16-17日のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議は、同国の政情不安により中止になりました。それに合わせて米中首脳会談が予定されていましたが、合意時期は変わらないと米政...

  • 韓国の大学受験「7割が推薦」の深き闇

    韓国は日本とは違って、「推薦入学」の比率がものすごく高いです。それは大学によってばらつきがありますが、平均して約7割が推薦枠。つまり入学者の7割が試験ではなく書類選考(分野によっては実技)で決まってしまいます。国公立大学もまったく同じです。むしろトップ校の方がその比率が高いともいわれ、ソウル大学では推薦枠が8割にも達します。韓国では推薦入学を「随時募集」(略して「随時」)といいます。これに対して、修能試...

  • きょうの為替 2019年11月2日

    ニューヨークダウは、10月の米雇用統計で雇用者数が予想を上回り、米景気の減速懸念が和らいだことから買われ、前日比301.13ドル高の27,347.36ドルで取引を終えました。米国債10年物利回りは、予想より強い米雇用統計を受けて強めに推移し、暫定値ながら前日比0.019%上げて1.710%で引けました。為替相場では、ドル/円は、下げは限られ、一時108.33近辺まで上昇しました。EUR/USDは、一時1.1128近辺まで下げた後、1.1172近辺に反...

  • 仕事始めに読んでおきたい厳選ニュース 2019年11月1日

    「新たな場所は近く発表される」。トランプ大統領は米中通商協議の「第1段階」合意に署名するための新たな場所を探す作業に両国が取り組んでいることを明らかにしました。ただ、この日の米国株は下落。米国との包括的かつ長期的な貿易合意に達することが可能かどうかを中国の当局者らは懸念しているとの報道が一因でした。両国の協議はやはり一筋縄ではいかないとの声も市場関係者から聞かれました。懸念拭えず米中両国は「第1段...

  • きょうの為替は? 2019年11月1日

    ドル円は米債利回りの一段の低下が嫌気されると108円を割り込み107円92銭付近まで下値を拡大、その後の戻りも鈍く108円ちょうど付近で推移しました。また、NYダウが前日比260ドル超安まで下げ幅を拡げたことや、日経先物の軟調地合いが重石となり、ユーロドルも1.11507-515で推移しています。ドル円    108.00-01 108.89/107.91ユーロドル  1.1150-51米10年国債 1.687%  -0.109本日のドル円 107.80-109.10 フィスコNY...

  • 仕事始めに読んでおきたい厳選ニュース 2019年10月31日

    米連邦連邦公開市場委員会(FOMC)は3会合連続の利下げに踏み切りました。とはいえ、市場はすでに織り込み済み。声明発表後の米国株式市場はわずかな上昇にとどまりました。一方で、パウエル議長は「利上げには著しいインフレ率上昇が必要」と発言、2週間ぶりの高値を付けていたドルが急落しました。予想通りFOMCは29、30両日に開いた定例会合で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標レンジを1.5-1.75%に設定。...

  • きょうの為替は? 2019年10月31日

    米連邦準備制度理事会(FRB)は連邦公開市場委員会(FOMC)で市場の予想通り利下げを決定しました。同時に、声明の中で、次回の利下げを示唆する文言を削除し、一段と中立方針に移行、追加利下げの明言を避けました。このためドル買いが加速。会合後の会見でパウエルFRB議長が「リスクは存続」「利上げは検討していない」と言及すると利下げ軌道は変わらずとの見方からドル売りに転じました。ニューヨーク外為市場でドル・円は、10...

  • 仕事始めに読んでおきたい厳選ニュース 2019年10月30日

    米国と中国は11月にチリで通商協議の合意文書に署名するのかしないのか。朝からこの問題を巡ってさまざまなニュースが流れた1日でした。両国は現地で「第1段階」の合意に調印しない可能性があるとの報道が伝わると、貿易関連銘柄は軟調に。前日には、中国との合意署名に向けて予定より早く進んでいるとトランプ大統領が話していたこともあり、投資家が振り回された格好です。署名あるのか米中が11月のアジア太平洋経済協力会議(...

カテゴリー一覧
商用