searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ゴンちゃんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
どすこい! 大相撲観戦ノート
ブログURL
https://www.sports-joho.com/
ブログ紹介文
大相撲の歴史や観戦マナー、取り組みハイライト、注目の力士、相撲部屋宿舎アクセス・稽古見学などの最新情報を発信!
更新頻度(1年)

13回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2018/09/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ゴンちゃんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ゴンちゃんさん
ブログタイトル
どすこい! 大相撲観戦ノート
更新頻度
13回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
どすこい! 大相撲観戦ノート

ゴンちゃんさんの新着記事

1件〜30件

  • 3月場所がおもしろい!注目の小兵力士翠富士が十両昇進

    初場所は小兵の炎鵬が幕内上位で勝ち越して、春場所はさらに番付を上げて、予想では前頭3枚目~4枚目になる。そうなれば、三役以上と総当たりする。幸いかどうか。

  • 大関豪栄道が意地と誇りを抱いて引退!

    令和2年初場所で5勝10敗と負け越して33場所守ってきた大関を陥落する。豪栄道は前々から親しい関係者には大関陥落するなら引退すると言っていたそうで、12日目に関脇朝乃山に敗れて負け越しが決定。花道を引き上げているときの豪栄道の表情は虚ろに見

  • 2020年初場所大番狂わせで20年ぶり幕尻の徳勝龍が優勝!

    令和2年初場所(2020年)は、2横綱途中休場の中でも、近来まれにみる盛り上がっった初場所となった。それを演出したのは、平幕の正代、徳勝龍をはじめ、遠藤、豊山、炎鵬、北勝富士たちだ。これまで白鵬や鶴竜が常に優勝嵐をリードしてきて、場所によっ

  • 2020年初場所、優勝争い大混戦!12日目注目の5番勝負

    優勝争いが3敗までの6人の力士に絞られてきたようだ。それにしても炎鵬が高安に勝って7勝5敗として、勝ち越しに王手をかけた。負けた高安はみっともないが、炎鵬が上位陣に通用するように稽古をつけた白鵬にあっぱれを送りたい。大方のファンが炎鵬の活躍

  • 正代!熊本出身力士156年ぶりの優勝なるか?

    2020年令和初めての初場所は10日目を終わって、平幕力士が一敗を堅持して、優勝争いは混沌としてきた。優勝候補の本命だった2横綱が前半から連敗して休場に追い込まれ、三役では貴景勝と朝乃山をがなんとか優勝争いに踏みとどまっている。今場所の主役

  • 2020年初場所、優勝争いの本命は誰!9日目注目の5番勝負

    初場所9日目、今日は残り5番の結果次第では、優勝の行方が混沌として、結果次第では4敗、5敗までと低レベルな星争いになってくる。では、さっそく今日の5番勝負◯阿炎(5-4)-遠藤(6・3)⚫阿炎を苦手とする遠藤。立ち会いも消極的で、阿炎が両手

  • 2020年初場所波乱の8日目注目の5番勝負

    昨日は全勝の正代が豪栄道に負けて、幕内は全勝力士がいなくなり、優勝争いは3敗もしくは4敗ぐらいまでになりそうな気配。優勝の本命は貴景勝、ダークホースが遠藤、大穴は正代と思っているが、今日から終盤に入る大混戦模様となって面白くなってきた。◯炎

  • 2020年初場所波乱の6日目注目の5番勝負

    両横綱休場の初場所。三役以上はすべて日本人力士となった。だからといって、外国人力士を差別したことではないので、予めご了承いただきたい。初場所6日目の注目の5番勝負。◯正代と栃ノ心⚫今場所好調の正代が相手だが、栃ノ心が組み止めれば、勝機はある

  • 2020年初場所波乱の5日目注目の5番勝負

    昨日は白鵬の逃げ休場に続き、今日は予想通り鶴竜も逃げた。「逃げた」ということは失礼かもしれないが、そういう感じをもたせる横綱の権威も通用しない、力の衰えがはっきりしている。我々相撲ファンは世代交代を期待して見ているから、横綱不在でも、土俵が

  • 2020年初場所波乱の4日目注目の5番勝負

    2020年初場所4日目。予想したように横綱白鵬が今日から休場。今日も鶴竜が負けるようだと、鶴竜の休場も現実味を帯びてくる。本来なら両横綱が不在となると、盛り上がらないが、今は世代交代の波が怒涛のように押し寄せているので、横綱不在でも土俵は面

  • 2020年初場所波乱の3日目注目の5番勝負

    初場所3日目またも白鵬、鶴竜、大関豪栄道が敗れる。最強の大関、横綱が負けたら、「大波乱」「番狂わせ」というものだが。果たして今の横綱、大関は最強だろうか?確かに番付上では最強の冠がついているが、今場所を見る限りでは、大波乱や番狂わせではなく

  • 2020年1月場所2日目注目の5番勝負

    早くも大関・横綱に全勝がいなくなる波乱の初場所というより、明らかに世代交代の波を感じる2日目だった。2日目注目の5番勝負。画像出典;スポニチ炎鵬と正代東から炎鵬、西は正代。正代は千場所11勝してから、相撲が一皮むけたような取り口を感じる。小

  • 2020年1月場所注目の5番勝負

    令和になって初めての初場所が今日1月12日から両国国技館で初日を迎えた。注目はなんと言っても新関脇の朝の山、そして大関貴景勝の2人。これに横綱白鵬が絡んでの優勝争いになると予想。朝の山画像出典:NHK平幕に落ちた御嶽海の意地にも期待したい。

  • 2020年大相撲初場所で元大関照ノ富士が十両に復帰!

    2020年大相撲初場所(2020年1月12日初日)の番付編成会議が行われた。両膝などのケガなどで序二段まで転落していた元大関照ノ富士が10場所ぶりに十両復帰を果たした。同様に元小結の千代鳳も十両復帰を果たした。

  • 令和初の九州場所:白鵬43回目の優勝も課題多く残った

    令和元年の九州場所は15日間満員札止めには遠く及ばず、盛上がりに欠けて、白鵬が好き勝手な相撲で43回目の優勝で幕を閉じた。白鵬を好き勝手にさせるな白鵬には悪いが、あえて好き勝手な取り口といわしてもらう。

  • ドスコイ!14日目:白鵬が優勝したけどイマイチ盛上がりに欠けた九州場所

    2019年九州場所14日目は、白鵬が御嶽海を喧嘩殺法の張手を見舞って、外がけで優勝した。

  • どすこい!13日目:朝乃山粘るが白鵬逃げ切れるか?

    2019年大相撲九州場所13日目:相撲は13日目がいちばん面白いというように、中入り後から客席は久しぶりに満席です。いつもの和風美人は黒の色留袖風の着物を着て東溜まりで観戦。

  • どすこい!12日目!みっともない白鵬のエルボーと張手に遠藤が鼻血ブー

    2019年九州場所12日目。横綱白鵬、遠藤戦。立ち会いは白鵬が左張手、続けざまに右のエルボーとプロレススタイルで、遠藤をぐらつかせ、さらに左右の張手で遠藤はたまらず、土俵に両手を付いて負けた。

  • どすこい!11日目:御嶽海一転して関脇陥落の危機だ!

    2019年大相撲九州場所11日目。横綱白鵬は無難に勝って1敗を堅持。大関貴景勝も碧山を一方的に押し出して勝ち越した。注目の朝乃山も宝富士を寄せ付けずに2敗をキープしている。

  • 大ボラというビッグマウスも出世の条件なんだが

    スポーツの世界に限らずだが、自分にプレッシャーをかけて、自分の目標を実現しようと、ある意味「大ボラ」を吹いて、有言実行する力士がいた。しかし、最近はビッグマウスを周囲に公言して、ガムシャラに行動する若手力士はほとんどいない。

  • どすこい!10日目:御嶽海大関取りはご破産の5敗

    九州場所10日。休場者が多くて取り組みにもいまいち盛り上がりにかける。大関取りを狙う関脇御嶽海が苦手の竜電を土俵際まで追い込んでいながら逆転負けで5敗目となって、大関取りを狙う10番勝ちは厳しくなってきた。

  • どすこい!9日目:先輩後輩対決を貴景勝気迫の張り手で先輩をぶっ倒した

    九州場所9日目;エンジンがかかってきた大関貴景勝は、埼玉栄高等学校の4年先輩の北勝富士との激しい相撲で、土俵の真ん中で先輩の右頬を強烈に張り手をかました。

  • どすこい!8日目:元大関照ノ富士が関取に復活!高安休場で大関陥落、

    新旧大関の悲報と朗報が交錯した九州場所8日目。膝の怪我で序二段まで下がった元大関照ノ富士が、幕下10枚目で4戦全勝として、残り3番だが、来場所に十両昇進への道が開けた。まだ腰高の立ち会いは多いが、これは照ノ富士本来の取り口だ。

  • どすこい!7日目:貴景勝、高安の勝ちは本物?

    4日目、5日目と連敗していた大関貴景勝は妙義龍を一気に突き押しで4勝3敗になった。しかし今日の相手である妙義龍は過去の対戦でもほぼ一方的に負けており、妙義龍は貴景勝を苦手としている。

  • ドスコイ!6日目 満員御礼も白ける相撲内容

    2019年九州場所は満員御礼で迎えた6日目も上位陣に波乱が起きた。波乱と言うより、日頃の稽古不足による白けた相撲内容だ。とくに不甲斐ない相撲を取っているカド番大関高安だ。

  • 元横綱武蔵丸が親方の武蔵川部屋九州場所宿舎

    まるちゃんで親しまれたハワイ出身の元横綱武蔵丸親方の武蔵川部屋九州場所宿舎は福岡県中間市にあります。博多や天神から自動車で1時間半ほどかかります。現在、武蔵川部屋には十両以上の関取はいません。

カテゴリー一覧
商用