searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

橙さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
カモミールの旅
ブログURL
https://dogyo2.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
精神世界好きな内向型のアラフォー主婦。日々の気づき、心のこと、HSP、スピリチュルなどについて綴ります。心の成長と視野を広げることを目指しています。
更新頻度(1年)

83回 / 365日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2018/09/03

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、橙さんの読者になりませんか?

ハンドル名
橙さん
ブログタイトル
カモミールの旅
更新頻度
83回 / 365日(平均1.6回/週)
読者になる
カモミールの旅

橙さんの新着記事

1件〜30件

  • INFJ型。本来の自分を取り戻すことが課題

    これからの私の人生のキーワードは「本来の自分を取り戻すこと」だと思っているんですけど、気がつけば、だいぶ本当の自分というか、素の自分からかけ離れたところへ来てしまった感があります。遡ると大学の学部選びから道をそれたかもしれない。私の行きたい分野の学部は、芸術系というか、就職先があまりないような学部だったので、親からは反対されて、就職に困らない、かなり現実的な学部へ進みました。でも反対されて、本来の...

  • セルフ・セラピー・カード

    前から気になっていたこのセルフセラピーカードなんですけども、Amazonのレビューもなかなか良かったので買ってみました。          私は学生の頃、心理学にハマって、ありとあらゆる心理学本を読み漁っていたのですけど、カードの絵柄がその頃読んでいた心理学本の表紙によくある、タッチの柔らかい絵柄で、このカードを見ると、懐かしいような、ホッとするような感じがします。このカードはオラクルカー...

  • 心をフラットにして流れに身を任せる

    引き続き就職活動中です。自分でもどこに行き着くかわかりません。今までの職場で良いことも、悪いことも両方ありましたが、「人間関係悪かったらどうしよう」「職場が合わなかったらどうしよう」とか、もう考えてもしょうがないなと、悟りのような境地になってきています。例えば、もし次の職場が合わなかったり、人間関係が悪かったとしても、結局、それが私の魂の課題なのですから、他の職場にしておけば◎だったのに‥とか基本、...

  • 行く場所は行くべき場所

    最近、就職活動をしているんですけども、カード占いをしていたらタイトルの「あなたが行く場所は、あなたが行くべき場所です」という意味のカードが出ました。若い頃はわからなかったのですが、最近は「人生に失敗というものはない、あなたが選ぶものは全て正解となる」ということの意味がわかるようになってきました。例えば、今までの就職遍歴でいうと、ここの就職先はちょっと失敗したなー、とか、ここの職場では人間関係が上手...

  • エンパス:相手の心の声が聞こえて落ち着かない

    タイトルの「相手の心の声が聞こえて落ち着かない」という悩みなんですけど、自分でもこれは相手の心の声なのか、単なる自分の妄想なのか区別がつかないんですよね。もし妄想だったら、事実が発覚したときに、なんだ事実は全然違うじゃないか、あれはやっぱり私の妄想だったんだ〜ってなるじゃないですか。でも、そんなことはなくて、結局、「やっぱりあれは妄想ではなくて事実だったんだ!」と今まで裏付けがとれることが多くて、...

  • 1人になりたくない

    昨日見た夢は、学生時代の夢で、私は友達といるのだけど、その友達は他の友達のところに行ってしまい、私は1人になってしまい、とても心許ないという夢でした。この夢は以前にもブログで書いていますが、今までに何回も何回も繰り返し、見ている夢で、実際の学生時代も、同じような体験が何度もあり、私はいつもこういう心許ない気持ちで過ごしていました。1人になりたくなくて、友達がいない人と見られるのが異常に怖くて、必死で...

  • 最近の近況、職場の休憩問題、自分との和解など感じたこと色々

    ゆるく就職活動中です。前回の職場が都会だったので、周りにお店や公共施設など、休憩するところが沢山あり、私は前回の職場では職場の休憩室を利用せずに、外で1人で休憩をしていました。若い頃は職場のみんなとコミニュケーション取らなきゃ!と意気込んでおり、1人で休憩する勇気もなく、ずっと職場の人たちと休憩をとっていたのですが、前職で1人休憩を経験して、1人休憩のなんと楽なことか!と完全に味をしめてしまいました。...

  • 本当の原因や理由が知りたい

    例えば、パワハラやいじめに合っている人がいたとして、その人がパワハラ、いじめに悩んで人に相談したとします。世間的な模範解答としては「パワハラをする相手がおかしいのだから、あなたは何も悪くない」「相手は自分のストレスをあなたにぶつけているだけなのだから、あなたに非はない」だと思います。もし、友達に相談されたら、私も絶対そう答えると思います。もしくは場合によってはこういう回答も世の中でありがちかもしれ...

  • 自分が自分に対して思っていることを他人に言われてしまう現象について

    タイトルのことなんですけど、これがいわゆる鏡の法則というものなんでしょうね。周りは自分の内面を映し出す鏡と言われますが、これは私も常々、身をもって体感しております。逆を言うと、自分が自分に対して、どう思っているかを知るには、他人が自分に対してどういう言葉を投げかけてくるのかで、知ることができます。例えを出すと、よくあるのは専業主婦の人が「なんで働かないの。働きなさいよ」と他人から責められるように、...

  • 過去の抑圧しすぎた感情の浄化方法。フラワーエッセンス「チャパラル」

    最近、夢見があまり良くないです。結構、過去の記憶を再体験するような夢が多いです。例えば過去に味わった、あわあわハラハラした、冷や汗ダラダラな気持ちだったり、いたたまれない気持ちになったこと、ごまかしごまかし、感じなかったこと、なかったこととして、なんとかやり過ごしてきた過去の感情を、夢の中で再体験することが多いのです。私はアダルトチルドレンらしく、小さい頃からかなり感情を抑圧して生きてきて、自分さ...

  • この感覚を理解できない人とは合わない

    これは相手が悪いと言いたいわけではなく、この感覚が理解できない人とは、自分とは合わないなーと思ったエピソードです。エピソード①昔、学生時代の友達とひょんなことから、同じ職場で働くことになってしまったことがあります。どうしてそういう状況になったのかは、話すと長くなるので割愛します。友達といっても大親友とかではなく、友達グループのうちの1人といった感じの軽めの関係ですが、グループで定期的に遊ぶ仲でした。...

  • 自殺について考える(2)

    続きです。ある日、学校で当時、自殺した有名人の話題になりました。有名人の誰だったのかは、もう覚えていません。その話題になって、あるクラスメイトが「自殺ってさぁ、みっともないよね。恥ずかしいよね」と言いました。他の子たちも「考えられないよね〜」みたいな感じでした。「みっともない」この言葉は、当時、ぐさっと私の心に突き刺さりました。そうだよね。自殺なんて考えているの、この中で、私くらいしかいないよね。...

  • 自殺について考える(1)

    今回の記事は、かなり重たい表現が含まれるため、影響を受けて、心の不調をきたしやすい方は、この記事を読むのをご遠慮ください。先日、俳優の三浦春馬さんが自死で亡くなられました。好感度が高く、好きな俳優さんだったので、とても衝撃を受けました。ニュースでチラッと見たのですが、残された日記に「死にたい気持ちを悟られないようにしないといけないのが辛い」と書いてあったそうです。私はこのブログでもたまに書いていま...

  • あわあわハラハラなHSC時代

    私が子供の時の話、HSC(ハイリー・センシティブ・チャイルド)だった頃のエピソードです。学年は忘れましたが、小学校の頃、母が私と近所の友達を、車でプールに連れて行ってくれました。私と友達は2人でプールで、ひとしきり楽しんだ後、行きと同じように、母の運転する車に乗って、家に帰る途中、ある歴史資料館の前を通りがかりました。そうしたら母が「せっかくだから、この歴史資料館寄って行こうか」と言い、母は歴史資料館...

  • 醜形恐怖症とルッキズム(2)暗い記憶の癒し方

    続きです。大人になり、時々「あなた綺麗ね」とか「〇〇さんが橙さんのこと美人って言ってたよ」などと褒めていただく機会もありましたが、いつまでたっても、この年になっても、どんなに褒めていただいても、自分になんとなく自信が持てない状態は続いています。もう何十年も前の父の言葉なんて、普段はすっかり忘れているのですが、こうやって自撮りをしたとかのふとしたきっかけで、現実を突きつけらたような感じで、過去を思い...

  • 醜形恐怖症とルッキズム(1)父の言葉

    仕事をせずに家にずっといると、自然と自分と向き合う時間が増え、普段は思い出さない、昔の嫌な記憶などを、ふと思い出したりすることがあります。このブロクでも何度も書いていますが、私は若い頃、醜形恐怖症を長い間、患いました。今日、オンラインで、証券の口座を開設しようと思い、ネットで手続きを進めていたら、本人確認として、マイナンバーカードの写真と、自撮り写真を添付して送信しないといけなくなり、仕方なく苦手...

  • なんだか馬鹿にされているように感じてしまう

    最近、とある集まりに行ったんです。そこで初対面の60歳くらいの男性に「なんか、あなたアニメにいそうなキャラだよねぇ」と言われました。私はん?どゆこと!?と引っかかって、「えーっどういう意味ですか?それって褒めてます?」と笑いながら返したら「いや、褒めてるつもりも、貶してるつもりもどっちでもないのよ。俺はそういうタイプだからさ。なんかさぁ、あなたってさぁ、こういう人、どこにでも絶対いるよね!って感じな...

  • 夏なのでちょっと怖い話(2)

    続きです。調べたところによると、駐車場の少し近くにはトンネルがあり、そのトンネルを歩いてくぐり抜けると、その先に池があり、その周りがウォーキングコースになっているようです。トイレは妙な胸騒ぎを感じるので諦めました。池の近くに行けば、多分、他にもトイレはあるだろうと思い、一旦、その駐車場のトイレを利用するのは辞めました。私と夫は車をその駐車場に止めて、トンネルを目指して歩き出しました。周りは鬱蒼とし...

  • 夏なのでちょっと怖い話(1)

    数年前、某県に住んでいた時の話です。夫が運動不足の私の為に、県内に自然豊かなウォーキングスポットがあるから、そこに歩きに行こうと提案してくれました。ネットで、県内にあるウォーキングスポットを夫が調べてくれたのです。そのウォーキングスポットは、ある池の周りに遊歩道があって、そこが自然を散策しながら歩けるウォーキングコースになっているところでした。早速、夫と私は車に乗って、その池の周りにあるウォーキン...

  • 怨念日記

    最近、スピリチュアルリーディングを習い始めました。そのスピリーディングの先生に、私はいつも頭で考えすぎている。感情を解放した方が良い。と言われました。いつも頭の中が常に考え事でいっぱいというのは、HSPあるあるですね。頭の中が空っぽになったことって、ほぼないと思います。で、その先生が言うには、感情を吐き出すための誰にも見せない日記を書くと良い、と言われました。例えばどんな小さなことでも、「お腹がすい...

  • 過去に封印した自分を解放する(4)

    続きです。私が自分を抑えて生きるようになって長い時間が経ちました。もはや自分を抑えて生きることは、完全に私の一部となって、私は自分が自分を抑えて生きていることを自覚すらしなくなりました。でも最近、冒頭の霊能者の人に「自分を解放するようにと、ハイヤーセルフが言っている」と言われて、ハッとしたというか、そういえば私は、自分のエネルギーをかなり抑えて生きてきたと、今更ながら気付かされたような感じです今ま...

  • 過去に封印した自分を解放する(3)

    続きです。私は冒頭の「あなたは自分のエネルギーを抑えて生きている」と言われた霊能者から、私は過去世で、中世の魔術師をやっていたと言われました。私は他の霊能者からも、過去世はシャーマンをやっていたとか、守護霊に巫女がいるとも言われたことがあります。こういうのは別に特別なこととか、珍しいことでもなくて、現世でスピリチュアルや占いに興味がある人は、実際、過去世でも、霊能や占いに関する仕事をしていた可能性...

  • 過去に封印した自分を解放する(2)

    続きです。なんだか私の存在が波紋を呼ぶことが多い。何もしていないのに、話したこともない人からすごく好かれたり、逆に攻撃されたりする。そういうことに、振り回されて、ほとほと疲れた。私はただただ、目立たず穏便に、平和に暮らしたい。それだけなのに。いつからか私はこう思うようになりました。こういう風に書くと、皆さん、私がよくも悪くも、とても目立つ外見をしているのかと想像されるかもしれません。わかりやすく美...

  • 過去に封印した自分を解放する(1)

    主観になりきれないの冒頭にも書きましたが、最近、視てもらった霊能者さんに「あなたは自分のエネルギーを抑えている」「本来の自分を表現していない」「自分を解放するようにハイヤーセルフが言っている」と言われました。これには自覚があって、私はいつからか、本当の自分を抑えて、気がついたら自分のエネルギーを封印するように生きてきた気がします。これから書く記事は、以下の過去記事の補足というか、その後の追記のよう...

  • 近況。色々始めてみることにしました

    このブログでもちょこちょこと書いていましたが、以前住んでいたところで、私はミディアムシップ(霊界通信)の講座に通っていました。だけど、5月に引っ越しをして、物理的にその教室に通うことができなくなり、私はその講座を辞めることになりました。ミディアムシップのクラスは、先生も生徒の皆さんも、優しく柔らかい雰囲気の方が多く、通うのも楽しくて、クラスの時間は、私のほっこりタイムでもありました。堂々とスピの話...

  • 変わろうとしなくていい

    私は趣味でスピ系YouTubeや、心理学系YouTubeを見るのが好きです。色々なチャンネルを見ています。誰か1人が言っていることを盲信するというより、色々なチャンネルが言っている良いところだけ、自分に取り入れると言った感じで見ています。最近、私にしっくりする言葉は「変わろうとしなくていい」ということです。結構、色々なスピ系や心理学などでも、昔から言われていることかもしれませんが、最近、とてもしっくりくるのです...

  • インディゴチルドレンあるある?(2)

    続きです。ある人が「子供を産むことは自分の味方を増やすこと」と言っていて、「自分の子供は何があっても絶対に自分の味方になってくれるからね」と言っていました。私は子供を希望しておらず、子供はいませんが、「なるほど大抵の普通の人は、こういう感覚で子供を希望するのかもしれない」と思い、膝を打つというか、なんかとっても納得したんですよね。子供を希望する理由に「子供が好き」とか「子供は可愛いから」とかの理由...

  • インディゴあるある?(1)

    よく「数で勝負」とか「身内で結束」とかあるじゃないですか。「根回しをして周りを味方で固める」みたいなやつとか。本能的というか、大体の人に備わっている感覚なんだと思いますが、私にはそれが昔からありません。というか、こういう感覚に疎いです。誠実に生きていれば、いつかは誤解が解ける。わかる人はわかってくれる、見ている人は見てくれているから、みたいな受け身な感じで、周りの人の良心頼りみたいなところがあり、...

  • 主観になり切れない

    最近、霊能者の方に「あなたはまだまだ、自分を抑えて生きている。もっと自分を解放した方が良いとハイヤーセルフが言っている」と言われました。私は小さい頃から、自分の感情を抑圧して生きてきたことを自覚しており、普通に見られるように、浮かないように、非難されないようにするため、思ってもないことを言ったりして、本当の自分を隠して、擬態の人生を送ってきた自覚があるのですが、最近はなるべく正直な自分を表現するよ...

  • サザエさんちみたいじゃないどダメ?

    私はかなりドライな家庭で育ちました。機能不全気味の家庭環境で、精神的にも、私は自己肯定感が低く、いつも謎の罪悪感を抱えているアダルトチルドレンとして育ちました。どんな風にドライかというと、例えばご飯を食べた後は、家族みんなそれぞれ、自室に篭ったり、他の部屋で1人でテレビを見たりして、食事の後も家族みんなでリビングにずっといる、みたいなことはしません。家族で一致団結!みたいなのは一切なく、かなり個人...

カテゴリー一覧
商用