chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
カモミールの旅 https://dogyo2.blog.fc2.com/

INFJ型の精神世界好きな内向型の40代主婦。日々の気づき、心のこと、HSP、スピリチュアルなどについて綴ります。心の成長と視野を広げることを目指しています。

フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2018/09/03

1件〜100件

  • ポジティブに諦める

    あるYouTuberが「自己肯定感とは決して“自信満々”みたいな状態のことではなく、“こんな自分でも生きててもまあいっか”くらいの緩いものである」みたいなニュアンスのことを言っていて、確かにそうだなぁと納得しました。私のようにアダルトチルドレンで自己肯定感が低い人間からすると、自己肯定感がある状態というのはある意味、未知の領域なので、自分と正反対の自信満々!自分大好き!みたいな極端な状態をついつい理想として想...

  • 不毛なループ 

    無気力ながら引っ越し準備に向けて、コツコツと断捨離を進めています。こうやって仕事をしないで家にずっといると、いつものことながら過去の後悔など不毛なことを考え続けてしまいます。思えば私の人生はアダルトチルドレンによる自己否定、謎の罪悪感、喉から手が出るほど欲しい、愛されたい欲求から湧き上がるとめどない承認欲求に人生を支配され、これ以上傷つきたくないと社会、人間関係から逃げまくる回避性パーソナリティ障...

  • 女性は受け身の人が多い?

    以前書いた記事、彼氏みたいな私と彼女みたいな女友達の補足みたいな記事になります(笑)私のようにアラフォーにもなり、子供もいないのでママ友もいなくて、この歳になるとなかなか仲の良い同性の友人って出来づらいと思うんですけど、有難いことにちょくちょく私と仲良くしたいと誘ってくれる奇特な人がたまにいるんです。だけど、年齢は年上、年下ともに関係なくなんですけど、受け身の女性が多いなあと感じます‥。例えば、私の...

  • 無気力な日々と低血圧

    来月に引っ越しを控えているので、部屋にある物の断捨離とか、荷造りとかをボチボチしなきゃなんですけど、何も手が付かずに毎日が過ぎていきます。私は毎年夏になると気温の上昇により血管が拡張しやすくなって、いつも血圧が80/40くらいの低血圧になる体質で、すぐにフウフウしてしまいます。夏は虚弱体質に拍車がかかり、食欲も失せて体力もなくなり、毎日無気力に暮らしています。今は無職なので家でボーッとしているだけなの...

  • INFJ型、別にコミュ障ではないのかも(?)

    私は人付き合いが苦手で、すぐに疲れやすく、人付き合いを避けがちで1人になりたがる傾向があって、そんな自分はコミュ障だとずっと思っていました。実際、コミュ障、そうだとは思うのですが、あるネット記事を読んで、多分、HSP関連の記事だったような気がするのですが「人付き合いで疲れやすい、こういう人はコミュ障で不器用だからではなく、相手の空気を読んで、むしろ過剰なくらい人に合わせることができてしまう人だから、人...

  • 自分がどう思うかより正しいかどうかで判断してしまう

    私が自分の気持ちを大事にできない要因として、私の場合、例えば何か腹が立つことがあったとして、自分が憤りや怒りを感じたとしても、すぐにこの怒りは妥当かどうか、これって冷静に考えて、客観的に見て、本当に腹立てること?この怒りはちゃんと正当性があるもの?なんか私の過剰反応だったり、思い上がりや思い違いだったりしない?などグルグル考えているうちに、当初の感じていた怒りを置き去りにしてしまうというか、自分が...

  • スキンケアと友利新先生

    私はスキンケアが趣味なのですが、スキンケアの参考にしているYouTubeがあって、皮膚科、内科医の友利新先生のYouTubeです。たまにテレビやCMも出演されている先生なので、先生を知っている方も多いのでは?と思います。友利先生は主に皮膚のことや、おすすめ化粧品についてのYouTubeの動画を出されているんですが、医学的な見地から詳しく化粧品のことを説明されててとても参考になります。それに先生自体が綺麗で知的で私の憧れ...

  • 全てのストレスは自分の感情を無視したことからくる

    「全てのストレスは自分の感情を無視したことからくるものである」と、いつかどこかで読んだことがありますが、本当にその通りだな、と思います。ストレスとなる出来事や人は色々なパターンがありますが、結局のところ、共通する要因として、そのストレスとなっている出来事や人によって、自分の感情を抑圧しないといけなかったり(抑圧するのは自分の選択ではありますが。空気を読んだり、他者を優先するあまり無自覚の場合もあり...

  • 近況、びっくりする夫の言葉

    近況ですが、端的にいうと仕事を辞めました(^_^;)元々、秋に夫の転勤による引っ越し予定があるので、短期前提でさせてもらっていた仕事なのですが、予定よりも早く辞めさせてもらいました。もうね、涙あり笑いあり(?)のとんでもないことが色々ありまして、その他、休憩もろくにとれず、毎日実働12時間の残業続きで、体と精神がもたないのもあり、早々に退職させてもらいました。ある日なんかは朝から翌日の明け方近くまでぶっ続け...

  • 大惨事

    ブログを書かない間に、束の間の平和から一転。大惨事な出来事に巻き込まれていて、もはや遠い目ですわ。自分の気持ちを蔑ろにしてきたこと、自分の本音をひた隠しにして偽りの人生を生きてきたことが、こんな大きなツケになって返ってくるとは‥と、唖然というか、もう白目ですよ。もうさ、日本人だったら「いえいえ私が悪いんですよ?」とか「私にも至らないところがあるので‥」とか、当たり前じゃん。謙譲の美徳というか、それす...

  • ネガティブを否定し過ぎない

    割と最近、自分がフラットになってきた気がします。職場に来るお客様で精神的な病気をお持ちの方で、すぐにスタッフに理不尽なクレームを来るたびにつけてくるお客様がいるのですが、完全に誰から見ても、スタッフに落ち度が全然ないのに、あれがこうしてないとか、言葉尻などを捉えてすぐに難癖をつけてくるお客様がいるのです。私は割とそういう対応に慣れているというか、こちらに落ち度がないのなら落ち着いて、普通にしていれ...

  • ただ一切は過ぎていきます

    忙しく日々を送る中で、振り返ってみると楽しかったことも、辛かったことも、いつの間にか目の前を通り過ぎていって、太宰治の「人間失格」の中の”ただ一切は過ぎていきます”という名言を思い出します。”ただ、いっさいは過ぎていきます。自分が今まで阿鼻叫喚で生きて来たいはゆる人間の世界において、たつた一つ、真理らしく思はれたのは、それだけでした”(「人間失格」より)私は10代の時に人間失格を読んで、かなり感銘を受けた...

  • 完成が近づいている予感

    少し前から自分の人生の何か一つの完成が近づいている予感を感じています。上手く言語化できないのですが、それは私が何か近々、完璧なパーフェクトな人間になれそう、とか人生が終わる、とかそういう意味ではなくて、不完全で完璧でない部分も含めて、陰と陽、全てを包括した大きな丸というか、その陰陽全てを包括しているのが私であった、という感覚です。それは私が今まで出会ってきた人の要素の全てが実は私の中にもあって、そ...

  • エンパスの鏡の人生

    この世界は自分の心の投影であり、人間関係は自分と内なる自分との関係の投影である。これはスピリチュアル的にはよく言われていることですが、エンパスはその特性から特に人の鏡となりやすく、出会う相手を自分の写し鏡として色々なことを学ばさせられる人生であり、かつ、相手から見ても自らが相手の写し鏡となって、出会う相手に学びを与える存在だと言われています。一般的にエンパスのオーラは繊細で純度の高い写し鏡のように...

  • 全ては愛されたいがためだった

    仕事が忙しく、かつ長時間労働で、かなり忙殺された毎日を送っています。そんな毎日の中でも、自分の中にふと何気なく浮かんでくる考えや、気持ちがあって、そんな心情をしたためています。今までの自分の人生を振り返ってみると、私の行動や生き方の諸々全ては、ただ愛されたいがため、それだけだった気がします。ただただシンプルに「愛されたい」そして私のその「愛されたい劇場」に巻き込まれた今までの数々の人たち、なんか色...

  • 人の評価は相対的なものである

    仕事を始めてから毎日が追われるように過ぎていきます。本来の私は、ふわふわお花畑系スピリチュアル脳な私で、漂うように生きていますが(笑)、今はただただ現実の怒涛の渦に巻き込まれて、ふわふわスピに夢見心地に逃避も出来ない毎日を過ごしています。力強く毎日を生きる中で、無駄にグラウディング力が高まり、ただ日々の現実的な生活に追われ、自分を省みる余裕も無くなっている今日この頃です。今までの人生で、転職を重ねる...

  • 自分の中の白を認める統合(2)

    続きです。こんな感じで、今までの私の人生は自分の中の見ないようにしていた部分、禁止していた部分を自分の中にもあると認めて、自分の一部として統合するという学びが多かったのです。私は陰マスターというか、私はもう自分の中のどんな闇でも受け入れますよ?カルマどんと来い!みたいな感じで長らく過ごしていたんですけど、そういえば私は、必死で陰の部分を認める作業はしてきたけれど、気がついたら自分の中の陽の部分を認...

  • 自分の中の白を認める統合(1)

    最近、仕事を始めてHSPには自殺行為の長時間労働で、拘束時間は1日11時間で既に疲労困憊しています。疲労とストレスと緊張で自律神経が乱れて、寝て起きてからも心臓の動悸がずっと続いています。救心飲みたい、救心‥。偏った心と体と思考をゼロ地点まで戻すために、空いた時間にホ・オポノポノを無心に唱えていたら、ふっとある気づきがやってきました。それは今まで私が出会ってきた色々な人たちの素敵な所や長所は、私の中には...

  • 彼氏みたいな私と彼女みたいな女友達

    ふっと昔の友人たちのことを取り止めもなく思い出したので書いてみます。今ではもう連絡も途絶えてしまった過去の友人たちの話です。特定の誰か一人の人の話というわけではなく、過去に私の友人だった人は総じてこんな人が多かったという話です。こういう傾向の人が多かった的な話です。若い頃、私の友人となった女友達たちは、なんか私の彼女!?みたいな感じの人が多かったです。例をあげると、まずエスコートするのはいつも私で...

  • 真の問題解決は思考を手放した先にある

    あるスピリチュアルYouTuberが「思考ではなく五感を使うことが大切だ」と言っていて、これに私なりの解釈など色々付け加えるとすると、ある意味、引き寄せの話にはなるけれど、未来を、世界を作っていくのは思考ではなく、五感なのだと私も思います。いくら頭で楽しい未来を想像していたとしても、心で不安を感じていたとしたら、その感じている不安の方が未来を作っていく。なので楽しい未来を引き寄せたいのなら、頭で考えるので...

  • 慌てず騒がず努力は必要、でも張り切り過ぎは禁物

    少し前に夫の転勤が決まりましたが、諸事情あって、いつものようにすぐに引っ越しというわけではなく、引っ越し日は未定なのですが、まだまだ引っ越しまで期間がありそうということで(多分、引っ越しは秋か冬かな〜?)、内定をいただいていた会社に短期間スパンでの転勤族というのをご了承いただいた上で、入社させていただくことになりました。ありがたや〜。なので来月から忙しくなります。しかし何度も転職を繰り返していると段...

  • がっかりされる女

    徒然と今までの人生を振り返っていたら、思い出したことは、私は小さい頃から“がっかりされる女“でした。がっかりされるというのは、恋愛方面の話ではなく、人間関係においてです。これを自覚したのは小学生低学年くらいからだった気がします。私は小さい頃からド内向型HSPの性格で、過度に内気、大人しい、怖がり、人見知りな子供で、まずこういう子供って、同じ子供から見ても(大人から見てもそうかもしれないけど)、悪い子じゃ...

  • 今世、子供を産まない意味

    スピ系YouTubeを見ていて、今世、子供がいない人は、”子供を育てる以外のことをやりにきた人”と言っていました。「子供を育てる以外のこと」とは人によって色々あって、ある人は仕事だったり、自分の子供という特定の誰かにこだわらない何かを愛するためだったり、地球や動物、植物を愛することだったり、もう無数に人によって目的は色々あるわけですけど、その中の一つに「今世は自分を愛して育むこと」というのがあるらしいです...

  • 私が気をつけていること

    雑談みたいな話なんですけど、「この人、いったい何歳なのかな〜?」みたいなのってあるじゃないですか。大人になると人に年齢を聞くのは失礼なので、私は人の年齢をよっぽど親しい人じゃない限り、自分から聞くことはないんですけど、大体これくらいかな?みたいなある程度、心の中で予測はつけて話すじゃないですか。で、私みたいにアラフォーともなると、個人差が激しいというか、20代はもう肌の艶で絶対20代!!ってばっちり確...

  • 海岸線とノスタルジー

    昔々、ほんの少しだけ住んでいた海辺の町がありました。たまたま通りかかったので、20数年近くぶりにその町に車で行ってみました。その町だけ時が止まっていたかのような、ノスタルジックさで、町は昔の姿のまま佇んでいました。私がかつて住んでいた場所から、自転車で15分ほどすると、海水浴場があります。私も一人で明け方に日の出を見に自転車を漕いで、その海を見に行ったことがあります。明け方にも関わらず、犬の散歩をして...

  • 感謝の心が足りないから鬱になる

    実家の母はよく、私に「感謝の心が大切」と口を酸っぱくして言っていました。高校生の頃、いじめを受けて、醜形恐怖症になり、かろうじて学校には行っていましたが、自殺未遂や自傷行為を繰り返し、鬱っぽくなっていた時に、よくこの言葉を母が私に言いました。「いじめはあなたに悪いところがあるから、いじめられるのよ?自分の悪いところはどこかちゃんと考えてそこを治しなさい。そうすればいじめられなくなる。人のせいにせず...

  • 「実るほど頭を垂れる稲穂かな」

    タイトルのことなんですけど、「立派な人ほど謙虚である」みたいな意味なんですけど、この言葉をうちの父から小さい頃、よく聞きました。実家の父は読書家で、実家には結構な量の書籍がいっぱいあって、父の影響で私も小さい頃からよく本を読んでいる子供でした。逆に大人になった今はほとんど本を読まなくなってしまったんですけど、学生の頃、私の国語の成績が良かったのは、小さい頃、本を沢山読んだ影響があるからだと思います...

  • アダルトチルドレンは受け取り下手

    一人で仕事もせずボーッとしていると、徒然と昔のことを取り止めもなく、思い出してしまいます。何回も書いてるけど、暇だからだと思います(笑)3月から仕事を始める予定でしたが、夫の転勤がわかり、引っ越し日も未定のため、足止めを食らった感じで、何もできず宙ぶらりんな毎日です。最近、アダルトチルドレン関連のYouTubeをよく見るのですが、アダルトチルドレンの人は受け取り下手というか、褒められたことは真に受けず、受け...

  • 私は私を愛したい

    アダルトチルドレンあるあるで、私は若い頃、ものすごく承認欲求が高かったです。今は昔よりは、マシになった方だと思います。謎の渇望感というか、自分が自分を愛せないので、代わりに、誰かに私を愛してほしい、とずっと思っていました。誰にも愛されなかったら、認められなかったら、死んだほうがマシくらいに思っていました。だけど本当は、私は誰かに私を愛してほしいわけじゃないことも、心のどこかでわかっていました。他の...

  • 転勤は突然に

    前回の記事で就職先が決まったと書きました。3月から働く予定でしたが、最近突然、夫の転勤が決まったので、私の就職は保留になりました。保留というのは、実は今回の転勤は諸事情があって、時期がまだ未定なのです。転勤することは決まったのですが、時期がもしかしたら遅いと来年になるかもしれない。もしくは、早いとあと2、3か月後とか、まだ時期が未定なのです。今は調整中でまだはっきりとした時期がわからないのです。私が...

  • 流れるままに流されて

    就職先が決まりました。色々、気になることや、考えさせられることがあり、頭痛で寝込んだりしながらも、このまま何もなければ(多分)働きに出る予定です。なんとなく流されるままに、ここまで来てしまいました。気がついたら、というか、なんとなく応募してみたら、なんとなく受かってそのままという感じです。あれやこれや先のことを憂いたりすると、どんどん不安や憂鬱が膨らんできてしまうので、もう何も考えないことにします。...

  • コントロールはできない

    私はついつい色々なことをコントロールしようとしてしまう。コントロールできると思ってしまう。例えばこれから出会うだろう人のこと、これから待ち受けている魂の学び、出来事など。ある程度、ここまでカルマの解消を進めてきたし、こういうことを人間関係で学んできたから、次は大体こういうことが起こるかも、とかこんな感じになるかな、みたいな推測というか、目星をつけてしまう癖があります。ある程度、次に待ち受けているこ...

  • クレーマーを自分で引き寄せていた話

    なんのサイトだったか忘れてしまったんですけど、精神世界系のサイトを見ていた時に、「仕事で忙しい環境に身を置いて、自己価値を満たすというか、自分が役に立っていると思いたい人がいる」みたいなことが書かれているサイトがありました。で、こういう人はアダルトチルドレンというか、自己肯定感が低い人に多い、みたいなことが書かれていたと思います。これは私も思い当たることがあって、ちょっとニュアンスは違うんですけど...

  • 友人の結婚式と疎外感

    20代から30代前半にかけて、学生時代の友人たちの結婚ラッシュがあり、何回か友人の結婚式に参加したことがありました。その時、感じたことについて書きます。友人の結婚式に呼ばれて、私は友人席のテーブルにつくわけですけど、そのテーブルには学生時代の懐かしい他の友人たちや同級生もいて、思い出話などもしながら、ワイワイ楽しくやってるわけですね。それで披露宴の最中に、新婦である友人の母親がジュースやビールを持って...

  • 大学時代嫌だったこと

    特にオチはないいんですけど、大学時代のちょっとした話なんですけど、今でも時々思い出してしまう嫌だった話を書きますね。大学に入ってすぐの頃、私はなぜか一度も話したことない同じクラスの派手目なある男子に好かれて、その男子から「橙ちゃん可愛ーっ、可愛ーっ」とやたら連呼されてたんですけど、このブログでも散々書いてますけど、私は美女でもなんでもなく、友達もさして多くない、地味な学生だったんですけど、周りから...

  • どの視点からの幸せなのか

    現在、就職活動中です。候補のA社との相性はどうか、就職した場合、どんな未来が待っているのか、など私はついついタロットカードなどで占ってしまったりするんですけど、例えばこの職場に入れば良い未来が待ってます!みたいなカード結果が出たとするじゃないですか。これって魂視点というか、ハイヤーセルフ視点からの良い結果なのか、顕在意識の私からみた良い結果なのかどうかということですよ。どういう意味かと言うと、顕在...

  • 人から突っ込まれることが死ぬほど嫌

    私は人から突っ込まれることが死ぬほど嫌です。嫌を通り越して、屈辱に近いかもしれません。“突っ込まれる“というのは、ノリツッコミのツッコミや、冗談でのいじりのことではなく、「でも、あなたも悪いところあるよね?」とか「あなただって、こういうところができてないでしょ?」とか「でも、あなたも〇〇じゃない?」みたいな突っ込みの類のことです。こいつ自分のことわかってないな〜とか、身の程知らずだな〜とか、自分のこ...

  • 回避性パーソナリティ障害とエンパスと一人相撲

    私は若い頃、回避性パーソナリティ障害だったと思います。今もその傾向は残っているけど、若い頃よりは社会性を多少は身につけて、だいぶマシになった気がする。私は医師から回避性パーソナリティ障害と診断されたわけではないけど、完全なる自己診断ですけど、多分そうだったと思う。私は10代半ばから20代前半にかけて、ありとあらゆる精神科にかかっていました。いわゆるドクターショッピングというやつですね。でも医師から「あ...

  • 人間関係ですぐ辞める人の印象。2タイプについて

    ただいま就職活動中です。HSPあるあるだと思いますが、私は転職歴がやたら多いです。そもそも夫が転勤族なので多いのもあるのですが、転勤が理由じゃなくて、人間関係が理由で辞めたところも多々あります。そもそも一番のポイントであるその人個人の仕事の出来や能力、適性がどうかについては、今回は置いとくとして、人間関係だけにスポットを当てるとすると、転職歴が多い人の印象は、協調性がなさそう、クセが強そう、どこに行...

  • 私のカルマの解消張り切り過ぎ問題

    就職活動をすると言っておいて、なかなかやる気が出ない私です。最近、似たような記事ばかり書いてしまっていますが、なんかこう今まで、カルマの解消を張り切り過ぎてたな‥と思います。まあ、私の今世の生まれてきた目的が地球でのカルマの解消を済ませることなので、何か問題が起こるたびに「カルマ来た〜!よっしゃここで絶対、清算するでぇぇ!!」と無駄に張り切り過ぎてたな‥と思います。張り切り過ぎて、空回りしてることも...

  • カルマを迎え撃つ!

    これからの就職活動をどうするか考えていたら、考えすぎて、もう何をどうしたら良いのかよくわからなくなりました。就職先の一番の決め手は条件などもありますが、結局のところ、人間関係です。ですが、こればかりは入ってみないとわからないですからね。どうせまた就職したら、魂の課題、待ってましたとばかりに用意されてるんでしょ?カルマまだありますよ。はいどうぞ!!今度はこのカルマ、精算しましょうね♪みたいな感じにな...

  • 山の行、里の行

    最近、家にいてずっと引きこもっていると、過去の嫌な出来事を反芻したりして鬱々とすることが多くなりました。お籠りの山の行を終えて、そろそろ里の行に出る頃なのかもしれません。ということで、そろそろ就職活動をしたいと思います。里に降りて、お金を稼いでこようと思います。...

  • 対処に追われる人生

    私がスピリチュアルかぶれであることが理由なのもあるけど、今までの人生、いつも何かの対処に追われるような人生だったと思います。今は仕事をしていないせいか、外界との関わりが一切なく、凪のような日々を送っているのですが、また仕事を始めだしたら色々あるんだろうな‥。「何かの対処に追われる」というのは、例えばまあ生きていると何かしら色々、ゴタゴタしたことがあるじゃないですか。で、私はスピリチュアル的にかなり...

  • 黒歴史が追いかけてくる

    去年の夏に仕事を辞めて以来、ずっと無職なので、そろそろ仕事を探さなくては‥と思っています。と言っても、また多分、夫の転勤があると思うので、働いてもせいぜいあと1年くらいだと思います。なので、どうせまたすぐに辞めることになるとは思いますが‥。年末の帰省や、還付申告など、やるべきことはとりあえずひと段落したので、気持ち的にもホッとしている今日この頃なんですが、暇だとついつい過去の黒歴史を反芻してしまう癖...

  • 自分自身に寛ぐ

    前回の記事(今年の抱負。醜形恐怖症と上手く付き合うということ)で、今年の抱負について考えていたところ、もう一つ今年の抱負が思いつきました。タイトルの「自分自身に寛ぐ」ということですが、これは私が昔から求めてやまないもので、かつ、今現在も手に入れられていないことだな、と思い至りました。学生の頃から、ずっとうっすらと感じていたこと。自分と他人との決定的な違い。それは、他の人は私と違って、自分自身に安心し...

  • 今年の抱負。醜形恐怖症と上手く付き合うということ

    あけましておめでとうございます。今年も細々と、この心のつぶやきブログを続けていきますので、よろしくお願い致します。さて、年が明けたということで、今年の抱負は何にしようと、ふと考えていたところなのですが、新年早々、やっぱり自分の顔が気になる醜形恐怖症気味な自分なのでした。今現在は思春期の時ほどの重症ではないものの、小さい頃から、いつもずっと、うっすらと、時には深刻に、自分の顔を気に病んでいる、悩んで...

  • 色々全てはグレーである

    年末に近づいてきましたね。夫の実家や自分の実家に行ったりしないといけないので、それが終わるまではなかなか心が落ち着かない日々になりそうです。エンパス的には長時間、他人と一緒にいないといけないこの時期の親戚付き合いはとてもしんどいです‥。夫からは「橙は空気を読みすぎるから疲れるんだよー」と言われます。別にこちらから積極的に読みに行っているつもりはなくて、勝手に(人の気持ちが)入ってくるんですよね‥。さて...

  • 回避的な私の田舎での学び

    私は思いっきりど田舎で生まれ、ど田舎で育った完全なる田舎者です。高校を卒業するまで、実家暮らしでしたが、実家は居心地が悪く、心の中でいつも「ここではないどこか遠くへ行きたい、実家から遠く離れたい」とずっと切望していた子供でした。大学からは念願の一人暮らしをさせてもらって、そのまま社会人も一人暮らしをして、転勤族の夫と結婚してからは、全国を渡り歩く生活が始まりました。転勤先は地方都市などに行くことが...

  • エンパスと占星術。自分を守ろうという気持ちが希薄

    前回の「自尊心のない状態で外を出歩くと危ない」で書いたことの補足みたいな記事になりますが、私は小さい頃から自尊心が他の人に比べると、ゼロと言えるほどありませんでした。もっとわかりやすく言い換えると、「自分を守ろう」みたいな気持ちがすごく希薄だったような気がします。それは今現在もですね。なので周りの人が、自分は間違っていない!と自分の正当性を強く主張したり、プライドが高すぎて謝れない、自分の非を認め...

  • 自尊心のない状態で外を出歩くと危ない

    今後の予定として、今年いっぱいは仕事はせず、来年から就職活動をする予定です。時間が沢山あるので、一人で家にいるとボーッとこれまでの人生を、なんとはなしに振り返ってしまうのですが、終わってみればどの経験も良い悪いはなくて、ただの体験があった‥、それだけのような気がします。今まで生きてきた中で、目も当てられないような恥ずかしい失敗も沢山あり、思い出すと今でも恥ずかしい気持ちや、自分を罰するような気持ち...

  • アンチエイジングと思考と人相

    私はエンパスもあって、その人の醸し出す雰囲気から、何となくこの人はこういう人だろう、みたいな分析というか推測をしてしまう癖があるんですけど、雰囲気以外にその人の持つ人相もその人自身を表す有用な情報だと思っています。「意地悪な人は、意地悪そうな顔つきをしている」というのは、世間一般でもよく言われており、とてもわかりやすい例えですが、これ以外にも人の人相を見ているとその人がどういう思考体系を持っている...

  • アダルトチルドレンの料理教室

    独身の頃、1年ほど料理教室に通っていました。毎回、その場でグループ分けをして、1グループ、4〜5人でグループを組んで、そのグループの中でみんなで連携しながら、手順にそって料理を作っていきます。その料理教室は当時の私と同じように、独身の20〜30代の女性がほとんどでした。料理の花形といえば、包丁を握って食材を切る係や、メイン料理の調理、味付けです。一方、雑用といえば、調理で使った器具を洗ったり、テーブルセッ...

  • 夫の生き霊の話

    今年の夏に仕事を辞めてしまったので、そのまま引きこもり主婦な生活をしています。夫は毎朝、出勤していくのですが、私は一緒に朝起きられず、夫は朝ごはんも食べない人なので、夫はそのまま1人で出勤して行きます。夫よ、ぐうたらな妻でごめん‥。夫が帰ってくるのが、夜遅いので、2人で夜ご飯を食べ終わって、お風呂に入って、就寝する頃には1時過ぎになり、そのままだらだらYouTubeなどを見て起きているので、寝るのが結局、2時...

  • 内向型女、学校で暴力のターゲットになりやすかった話(6)

    続きです。電話はすぐにつながって、私はK君のお母さんに暴力のことを相談しました。そうしたらお母さんが怒った声で「うちの息子がね。あなたにメガネを壊されたと言ってますけど」と言いました。私は絶句しました。「K君が私を叩いてきて、その時にK君が自分でメガネを投げて壊したんです」と経緯を説明しました。そう言ってもお母さんは私がメガネを壊したと言って、信じてくれずに、そのまま電話を切りました。K君との関係は結...

  • 内向型女、学校で暴力のターゲットになりやすかった話(5)

    続きです。私は小さい頃から、わりと良心的で、倫理観や道徳観念がしっかりあった方だったので、K君は知的障害があるから、K君が私に暴力をしてくるのは仕方のないこと、これくらい我慢しなくてはならない、と何度も思うように努力しました。多分、小さい頃から他の誰よりも、周りと協調しながら、平和に穏やかに過ごしたいと考えていたし、暴力的なことは大嫌いな子供だったのに、小学校の時からずっとK君から叩かれ続けているん...

  • 内向型女、学校で暴力のターゲットになりやすかった話(4)

    続きです。その話し合いで、K君のお母さんが言うには、K君が大人しい女子生徒を狙って暴力行為をしてくる理由として、私は知りませんでしたが、K君は登下校の時などに男子生徒から、障害のことをバカにされたり、揶揄われたりしたことがあったのだそうです。先生の見ているところでは、男子たちはK君のことをいじめたり、揶揄ったりしてはいませんでしたが、登下校の時など先生の目の届かない所で、K君は男子生徒の一部から、いじ...

  • 内向型女、学校で暴力のターゲットになりやすかった話(3)

    続きです。暴力事件簿② K君の話小学校の時にK君という知的障がいの男子がいました。K君は学習の大幅な遅れはありましたが、普段の会話や意思疎通は全く問題なくできる子でした。支援学級で、数コマは健常児の生徒とは別の授業を取ってはいましたが、それ以外はほとんどの時間を、健常児と同じ教室で、一緒に勉強して過ごしていました。小学校生活の6年間、私はK君と同じクラスになることが多かったのですが、物心ついた時には、と...

  • 内向型女、学校で暴力のターゲットになりやすかった話(2)

    続きです。その男子2人からの暴力は、ただシンプルに暴力のみで、いつも半笑いで蹴ったり殴ったりしてくる感じでした。物を隠されたりとか、「バカ」とか「死ね」とかの言葉での暴力は多少はあったけど、記憶の限りあまりなくて、ただただシンプルに暴力でした。ある自習の時間、教師がいない時間の時に、やっぱり2人が殴ったり蹴ったりしてくるので、私は耐えきれなくなって1人で教室を飛び出しました。案の定、教師もいないので...

  • 内向型女、学校で暴力のターゲットになりやすかった話(1)

    私の小中学校時代の時の話なのですが、学校での暴力というと、男子児童間での喧嘩やいじめとして起こるイメージだと思いますが、実は私は男子生徒から殴ったり、蹴ったりされやすい女子児童でした。学校の中で最も弱者と言えば、大人である教師よりも子供である生徒。男子児童よりも肉体的に弱い女子児童。女子児童の中でも、私のような大人しい内向型のHSP女子児童というのは、学校の中でも最弱者と言えるのではないでしょうか。...

  • 頭の良い人が好き

    ”頭が良い“と言うのは、学歴が良いとか、勉強ができるという方の”頭が良い”ではなく、人が嫌な気持ちになることを言わない、失言が少ない、人が聞かれたくないことを聞かない、そういう配慮ができる人のことです。ある人にとっては、言われても全然気にならないことでも、ある人にとっては言われたらめちゃくちゃ傷つくし、嫌な気持ちになることもあるので、この人は何に傷つくのか、人それぞれ個人をよく観察して洞察し、個々に対...

  • エンパス的に理解できないこと。エンパスあるある

    まあまあ昔の話ですが、結婚している友人とおしゃべりをしていた時に、友人のお姑さんの話になって、友人曰く、お姑さんから「何があっても絶対あなたの味方になるから、なんでも相談してね!」と言われたので、夫(姑から見たら息子)の愚痴を、姑に相談したら、夫を庇うだけで全然私の味方してくれなかった‥と愚痴っていました。私は「そっかぁ、それは大変だったね‥」と言いつつも、なんで姑さんに夫の愚痴を言ってしまうんや!!...

  • 苦労が顔に出ない人

    先日、あるヒーラーさんにスピリチュアルリーディングをしていただく機会がありました。そのヒーラーさんは、人の過去世、現世に引き継がれたカルマ、今世の課題など、相手を見ただけでピタリとわかるという、ものすごい能力の高いヒーラーさんなんですけど、私を見て「あなた今までとても苦労してきたのね。でもこれからは今までの苦労した経験が生かされてくる時がくるわ。でもあなた、全然苦労が顔に出ていないのね。珍しい」と...

  • 対照的な夫婦。夫婦は合わせ鏡

    このブログでもたびたび書いていますが、若い頃、私はビジネス大食いでした。過去の関連記事 ビジネス大食いの終焉と逆流性食道炎「出されたものは残さず食べなければ失礼」「作ってくれた人に感謝の気持ちを持って、美味しい美味しいと言いながら完食しないといけない」「エンパスなので作ってくれた人の気持ちを感じてしまい、断れず食べ過ぎてしまう」これらの強迫観念のようなものが昔からありました。義理の母は料理上手で、...

  • 子供を産まないこと。サイレントアピール

    多くの人が子供を欲しい理由として、子供が好きだから、自分の遺伝子を残したい、とか、結婚したら子供を産むのが当たり前だから、など人によって色々な理由があると思います。その理由の中の一つ「孫を産んで親孝行したい。親を喜ばせたい」という理由をあげている人を、特にとても多く見かける気がします。個人的に、実際に出産する女性よりも、肉体的、精神的に出産、子育ての負担の比較的少ない(←個人差はあると思います)男性...

  • 天邪鬼な性格と心のブロック

    つくづく自分でも天邪鬼な性格だと思います。このブログを読んでくださっている方には、私がかなり屈折した人間であることは、多分バレていると思いますが。なんか世間で「〇〇ってダサいよね〜」みたいな風潮あるじゃないですか。例えば「学生時代の女子の連れションってマジ理解できないよね」とか、スピ界隈だと「ふわふわなお花畑スピリチュアルはダメ。現実派の地に足がついたスピリチュアルが良し」みたいな、そういうことを...

  • 霊的向上への道「パスワーク」のレビュー

    Amazonのおすすめに出てきて、レビューもなかなか良く、気になったので購入してみました。ざっと読んだので、かなり適当ですが、感想を書いてみました。       この本はスピリチュアルの本質的なことが書かれており、魂の霊的向上、成長のための方法を記した本です。スピリチュアルにかなり詳しい人なら、言ってることは大体わかりますが、スピリチュアルに馴染みがない人だと、なんのこっちゃワケワカメな本だと思...

  • 呟き。今まで色々なことがあり過ぎた

    私の今までの人生、色々なことがあり過ぎた。良いこともあったけど、みっともないこと、恥ずかしいこと、屈辱的なこと、辛いこと、ものすごく沢山あった。アラフォーになってもういい歳なのに、それでも色々なことは次々と色々やってくる。いい歳して怒られたりとかね(笑)大人になったら落ち着く、とか嘘だな、と思います。だけど、ありきたりな言葉になってしまうけど、その時の自分は精一杯できることをしたんだよね。だからそれ...

  • 醜形恐怖症回想録。どこの世界線の話?

    私は最近よくYouTubeで、醜形恐怖症関連の動画をよく見ています。醜形恐怖症で悩んでいる方は、美容整形も繰り返している人が多い印象です。今日、何気なく見た動画で、美容整形を繰り返している、ある若い女性のYouTuberの方の動画を見たんですが、その女性は美容整形を最初にしようと思った理由は、学生時代に男子からブスと中傷されたことがきっかけだったと語っていました。その女性は高校生の時に、同じ学校の先輩と付き合っ...

  • 多分人間ドラマが好きすぎた

    薄々気づいてはいたんですが、今までの人生の中で色々、辛いことやピンチなこと、困難なことってあって、しかも過去世でもやたら奴隷多めのハードモードな人生が多かった私なんですけども、「こんな辛いことを乗り越えた私」「こんなこと経験しちゃった私」「乗り越えた私ってなんだかんだ最強じゃね?」と、魂のどこかで、悦に入っているというか、楽しんでしまっている自分に気がつきました。スピ界隈では過去世自慢というものが...

  • INFJ型。心だけでもこうでありたいよね

    INFJ型は男女問わず、よくいうと女性的、悪くいうと軟弱というか、ひ弱そうなイメージの人が多そうですけど、かく言う私も、胃弱でいかにも虚弱体質の、ガリガリ体型の内向型の大人しい女ですが、せめて体型は無理でも、心の中だけでも、こうでありたいよね、メンタルマッチョでありたいよね、ということで、私の理想の心のイメージをのせてみました。ドンピシャで、心にぴったりとハマるフリー画像がなかったのですが、なんとなく...

  • 他人のプライドとメンツを守らなければ!という謎の使命感

    前回の記事(エンパス、人を立てすぎてしまう)の続きのような、記事になるんですけども、人と接する中で、この人はこの部分にプライドを持っている、とか、私にこういうことを言われたくないだろうな、とかなんとなくわかるじゃないですか。で、特に私の若い頃の話なんですけども、相手のプライドの部分がエンパス(共感覚)により、頭の中になだれ込んでくると、反射的に「この人のプライドを守らなければ!」という謎の使命感が湧い...

  • エンパス。人を立てすぎてしまう

    特にオチはない記事なんですけど、私の性格として、昔から人を立てすぎてしまうところがある気がします。礼儀や人間関係を円滑にするために、ある程度は必要なことかもしれませんが、私の場合、ちょっと人より過剰な気がします。なんというか、人のプライドに異様に敏感な気がします。なので常に人のプライドやメンツを傷つけていないか、すごく気にしてしまいます。裏を返すと、私自身は側から見ると、いつもニコニコヘラヘラして...

  • 醜形恐怖症と生きていく

    少し前にも同じような記事を書きましたが、最近、プライベートでzoomを使う機会がちょくちょくあり、その影響か、醜形恐怖症が再発しそうになっています。あるネット記事を見たのですが、コロナ禍でzoomなどのオンラインを使用する機会が増えて、自分の顔に悩む人が増えているのだそうです。ウェブカメラで四六時中、自分の顔を見ていると、メンタルに影響を及ぼし、自己肯定感が低くなりやすいという研究結果もあるそうです。私も...

  • 自分を深掘りするのをやめた日々

    退職してから、扶養加入のための書類を用意したり、職場で仲の良かった人たちと連絡を取り合って、食事に行ったり、仕事中は忙しくて、なかなか手をつけられなかったネットの証券口座の開設をしたり、あれやこれや色々していたら、気がついたら、もう8月が終わろうとしていました。次の就職先はまだ何も決まっておらず、しばらくゆっくりして今後のことを考えようと思います。仕事を辞めたことで時間はいっぱいあるので、eラーニン...

  • コンプレックスは人それぞれ(2)

    続きます。以前、義母とテレビを見ていたときに、某女性アスリートが映ったのですが、それを見て義母が「〇〇(女性アスリートのこと)は、お胸がぺったんこで、ちょっと残念ねぇ」と突然、言い出したので、びっくりしました。私はその女性アスリートのことを「すらっと長身で手足が長くて素敵だなぁ」としか思ったことがなかったので、その女性アスリートが巨乳かどうかなんて、気にして見たことがなかったので、意表をつかれた感じ...

  • コンプレックスは人それぞれ(1)

    私はこのブログでもよく書いているように、元醜形恐怖症であり、中年になった今でもルッキズムに毒されている人間です。顔の中でも、私のコンプレックスは特に鼻で、YouTubeで私と似た鼻の人を見ると、話の内容そっちのけで、鼻ばかり見てしまいます。私の鼻も他人から見るとこういうふうに見えているのか‥と色々考えてしまいます。人の顔を見るときも鼻を真っ先に見てしまいます。個人的に顔のパーツの中で一番重要なのは、鼻だと...

  • 予定は未定。これからのこと

    今月、仕事を退職しました。また無職になりました。遅い夏休みが来ました。色々なことがありました。また気が向いたら記事にまとめるかもしれませんが、気分次第です。仕事は退職しましたが、今後も仲良くしていけるような人も出来て、良い出会いもありました。まあ、しんどいことの方が多かったですけども‥。今後の予定は未定です。これからゆっくり考えようと思います。今年の夏は冷麺ばかり食べていました。この盛岡冷麺は近く...

  • リズ・ブルボー「LOVE・LOVE・LOVE」のレビュー

    リズ・ブルボーの著書を久しぶりに買ったので、ざっくり思った感想などを書きたいと思います。         この本は”自己受容”の大切さ、重要性を説いた本です。印象に残ったフレーズは「私たちは、思い通りの自分になっていない自分を受け入れない限り、思い通りの自分になることができない」という箇所です。私はこのブログでも何度も書いていますが、若い頃から醜形恐怖症を患っていました。今でも、若い頃...

  • カルマはあるのか、ないのか

    私はこのブログでよく「私は自分のカルマを解消するために、今世生まれてきた」とか「今までカルマの解消に追われる人生だった」と言っているように、カルマ思想にどっぷりな人間ですが、一つ注釈を加えるとすると、カルマとは別に罰のようなものではなく、言い換えるとその人自身が学ぶべき「魂の課題」のことだと、以前から捉えています。魂の課題というのは、皆それぞれ抱えているものだし、逆に地球に生まれてくる目的というの...

  • INFJは拗らせHSP?

    私は夫と外食などをして、店員さんを呼ぶ時に「すみませーん」と呼ぶんですけど、夫曰く、「声ちっさ!全然聞こえない。もっと腹から声を出せ(笑)」とよく言われます。私としては精一杯、声を張り上げて呼んでいるつもりなんですけど、全然、小さくて聞こえてないらしいです。事実、何度呼んでも店員さんに気付いてもらえず、夫が呼ぶと一発で店員さんは気付いて、来てもらえるということがしょっちゅうです。こんな感じなので、外...

  • zoomと醜形恐怖症

    最近、zoomのやりとりで、ズーム画面に写る自分の顔を、動画でマジマジと見る機会があって、普段は醜形恐怖症はもう克服しました〜みたいなことをこのブログでもよく書いてるんですけど、こうやってzoomのカメラで嫌でも自分の顔を見てると、普段は気にしないようにしている自分の顔のアラが気になって、顔のコンプレックスになっている部分を暇さえあれば考えてしまったりして、醜形恐怖症が再発しそうになります。というか、実際...

  • INFJ型、自分らしさを出していこう(3)

    続きです。こんな私なので、私は私らしさを出してはいけない、隠さないといけない、自分を表現してはいけない、とずっと思っていました。そうしないと異端なものとして、攻撃されるから。どうにか普通に見られるように、私は私であってはいけない、とずっと思っていました。若い頃は、自分の悪いところばかりに目を向けてしまっていて、自分を肯定してくれる人の声には一切、耳を傾けず、自分を否定する人の声ばかり聞いていました...

  • INFJ型、自分らしさを出していこう(2)

    続きです。そんな私の思春期にも、奇特な信奉者みたいな人が、ちらほらいたんですけども、若い頃って、それこそ外見の美しさ、もしくは、外見はダメだとしても、その人のコミュ力の高さとか、人脈の多さ、性格の明るさ、元気さ、とかで人の魅力をはかりますから、そのどれも持っていない私が好かれてるのを見て、「なんであんな奴が好かれてんの?」みたいな感じで、もう周りから見たらかなり謎な存在だったんですよ。私が。例え、...

  • INFJ型、自分らしさを出していこう(1)

    私はMBTI分類で言うと、INFJ型の性格です。INFJ型は人口の中でも1%未満とも言われ、希少な性格型であり、かなりマイノリティな性格型です。ちなみにHSPは、INFJ型やINFP型の割合が多いそうです。世間の大多数から見たら、完全に変わり者枠であり、光の部分も持ち合わせているが、どちらかというと闇属性。陰陽で言ったら、陰の部分多めであり、実際、今までの人生も、陰の部分をとことん味わう人生でした。INFJの人生の課題は、自...

  • 善悪とは何か

    スピリチュアルを極めていくと、善悪というものを意識しなくなるというか、何事も善悪で単純に判断できるものではないという心境になってきます。一見、悪いことに思える出来事でも、後から自分の成長のためには必要な出来事だったと思うことも今までの人生の中で多かったです。光と影、両方あって今の自分というか、光だけでも、影だけでも、どちらかだけでは、今の自分は成り立たないという感じですね。長い長い輪廻転生の歴史か...

  • 変容の時期。さなぎから蝶へ。

    ブログを書かない間に、色々なことがあって、色々、考えることもあり‥。体調もあまり良くない日が続いています。前回のツインの話 (君は僕だ。ツインの話(1)) の続きも書きたいところですが、時間と気力がいるので、ツインの話は退職して、時間ができた時に、まとめて書こうかなと、思います。私がスピリチュアルリーディングを学んでいるセラピストの先生から、私は今、変容の時期を迎えている、ということを言われました。オラ...

  • 君は僕だ。ツインの話(1)

    私はYouTubeを見るのが趣味なんですけど、少し前からおすすめ動画に上がってきたのか、元AKBの前田敦子さんこと、あっちゃんのシングル曲、「君は僕だ」を見てから、なぜかその曲が頭から離れなくなって、エンドレスで聞いていたんです。元々、当時リリースされた時からこの曲自体は知っていたんですけど、なぜか最近、急に聞き出すようになったんです。    この曲自体はもう結構、前の曲なんですよね。ちなみに、あっちゃんの...

  • ピンチな時ほど冷静に。心を強く持って自分を立て直す。

    職場の人間関係が、なかなか緊張感のある展開になっております。こういう体験は人生で何度か経験しましたが、ピンチな時ほど冷静に、心を強く持って、自分を立て直していくことが大切だと毎回、思います。そして自分のやるべきことを、粛々とやっていくこと。頭を冷やして、相手のせいにしたりとか、かといって自責に走りすぎることなく、冷静に状況を見極めて、俯瞰的な視点を持つことが大事ですな。ただ、難点というか、悪いとこ...

  • 統合とは何かわかった気がする

    少し前からインディゴエッセンスのステディを飲用しています。            これは解説書を読むと「自分の全側面を統合し、再結合させ、力の乱用を解放し、恐れのエネルギーや家系、先祖から受け継いだカルマを愛に変換する」作用があるらしいです。これはインディゴエッセンスの中の、ピンクエッセンスブレンドシリーズのもので、ピンクエッセンスはブレンド1から4まであって、摂る順番があって、そ...

  • 給湯器が故障。冷水シャワーで邪気払い!?

    自分の波動が変わって、新しいステージに行くときに、電化製品や物が壊れたりすることは、スピリチュアル界隈では、よく知られている事象の一つです。新しくなった自分のエネルギーと、今までの物のエネルギーが合わなくなり、その時に、自然と壊れたり、故障したりするみたいです。うちでも最近、急に給湯器が壊れて、お湯が出なくなり、お湯の蛇口を捻っても、水しか出ない状況になりました。私が最近、会社の退職を決意した時と...

  • 戦う必要はないし、傷つく必要もない

    現実の生活が色々、盛り沢山なことがありすぎて、不安とプレッシャーに押し潰されそうです。また記事に書ける時が来たら、書くつもりです。私の好きなブロガーの方が「外が内の反映なら、相手の強さは、あなたの中にもある」といった意味のことを書いていて、私は常日頃、自分は気が弱くてヘタレで‥みたいなことを、このブログでもよく書いていますが、この言葉を読んで、私の中で相手は圧倒的に強くて、脅威で、反面、自分はなん...

  • 「学びはすでに完了している」

    北斗の拳の「おまえはもう死んでいる」みたいなタイトルですが。最近、ストレスからか寝付きが悪くなったり、頭や体が重くなるような状態が続いていて、今の仕事をもう辞めようかな、と考えるようになりました。私の中で、今のこの職場での学びは「今のゴタゴタした人間関係を修復して良くしていくこと」「周りの陰口や攻撃などの、自分や他の人に向けられるもの全て含めて、気にしなくなること。気にならなくなること」これが、学...

  • 「自分の中にもある」とやっと実感したこと

    最近、会社の人間関係のストレスから、相手に対する恨みつらみや、罵詈雑言をひたすらノートに書き殴る、といったことをやったんですね。いつもは、ホ•オポノポノを唱えて対処するんですが、自分の中にモヤモヤがずっと溜まっていて、最近、頭がずっと重く、少し鬱状態のようになっていたので。「色々、ノートに鬱憤や本音を書き殴って、スッキリしてから、感謝の言霊とか、ホ•オポノポノを唱えた方が、より効果的である」というよ...

  • エンパスが他人の鏡になってしまうという問題

    タイトルのことなんですけど、これはエンパス界では結構、あるあるなんですよね。HSPあるあるではなく、エンパスあるあるですね。私が持っている、このHSP本でも、「相手の性格を鏡のように反射する」という項目で、この件が記載されていました。         作者の方はHSPであり、かつエンパスであると思いました。私のことなんですけど、リーディングを教えてもらっているセラピストの先生からも、長年お...

  • べき思考との縁切り

    以前、縁切り神社という記事を書いて、「人との縁は切らなくていいけど、自己否定との縁切りはしたい」みたいなことを書いたことがありますが、今、まさに「〜べきである」という、べき思考を手放したいな、と思っています。最近、職場の人間関係に、ついに耐えられなくなって、以前からお世話になっている、ミディアム(霊能者)の方に相談したんです。で、やっぱり、今の人間関係の問題の原因は、私の中の自己否定が原因で(やっぱ...

  • 善も悪も超えて統合を果たす

    昨日、YouTubeでタロットカード占いの動画を見ていたら、こんなメッセージを言っていました。「あなたに今、起きている出来事は、あなたが何か悪いと思うことや、闇と感じるものを、忌み嫌ったり、悪いものとして排除したりするのではなく、その先の、善も悪も超えて、全て自分の中にあるものとして、統合していく、達観した視点を持っていくために起きていることである」みたいな内容のことを言っていました。これはすごく自分に...

  • 私にとって悟りのようなもの

    以前も似たような記事(変わろうとしなくていい)を、書いたことがありますが、あるスピリチュアルYouTuberの方が言っていたんですけど、というか、結構色んな人が同じようなこと言ってますけど、スピリチュアル的な究極の気づきというか、ゴールのようなものって「私は変わる必要なんてなかった。私は私のままでよかったんだ」ということに、気づくことらしいですね。私はこの理論というか、この考えに大きく納得しているんですけど...

  • 自分も許して他人も許す

    最近、良い意味で、力みが抜けてきたというか、あまり周りの人に対して構えなくなってきたな、と感じています。前までは、職場の人の態度や言動に、いちいち心の中で反応したり、傷ついたりしていたんですが、最近はそれも結構流せるようになってきた気がします。「人の悪口を言ってはならない」「誰かを傷つけてはならない」などの、こうでなくてはならない、というような、私の中のジャッジが、良い具合に抜けてきたからな気がし...

  • 自分の顔を受け入れるということ

    ここ最近、とある事情で、ズームで人とやり取りをすることが増えたのですが、ズームのカメラに写った自分の顔を見て、大人げなく落ち込んでいます。写真もそうだけど、動画の自分の顔も「私、こんなひどい顔してるのか…」と、今更ながらショックを受けております。だけど、人から見たら「いつものあんただよ」って感じなんでしょうね。「私の顔はこんなにひどいはずない」と、思っているのは自分だけなんでしょう。私は写真慣れや...

ブログリーダー」を活用して、橙さんをフォローしませんか?

ハンドル名
橙さん
ブログタイトル
カモミールの旅
フォロー
カモミールの旅

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用