searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
ⅾaigoron
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2018/08/31

1件〜100件

  • 猫と毛虫の楽園(その後)

    ⚠前半は猫画像、後半はマイマイガの幼虫や卵塊の画像を交えた内容となっております。 木登り猫ズ コメス(1歳 ♂) トットラ(1歳 ♂) うちの最年少チーム、1歳の仔達はよく木登りして遊びます。 8歳のさくらんぼも負けていませんよ。ダッシュして木に駆け上り、 枝歩き。 白虎も8歳、 スモも8歳。 ※3つ子です。 台の上でゴロンゴロンしたミケボ、危うく落ちそうに。 爪でガッチリホールドしたのでセーフでした。 「汚ないけど広い所で寛ぐにゃ」 柿のヘタデッキ。 柿のヘタ+栗の花デッキ。 後で掃いておきます…。 ムシトリナデシコ 「にゃぉ〜ん!」 コメス。 「 きゅいん…、きゅい~ん」 ※鳴きながらやっ…

  • 初夏のブルーベリー畑と猫

    裏山の畑にブルーベリーを植えて4年目になります。 5月、このブルーベリー畑が毛虫の楽園と化していました…。 仕事の傍ら一人で世話している為、どうしてもマイペース(怠け…)になり、 管理が疎かになりがちです。 猫の手もかわいい。 畑への道のり この日は、ついて来る猫と道草しながらブルーベリー畑へ。 ただ、モフ(真ん中の猫)は、daigoronではなく、スモ(上の猫)の後をついて歩いている感じです。モフは玄関から一歩出た先になると逃げてしまい、近づく事は出来ません⤵。 でも、スモの事を超がつくほど慕っているので、スモが近くにいる限りdaigoronがいても平気なようなのです。 三毛猫ズ。 前脚ピー…

  • 初夏のブルーベリー畑と猫

    裏山の畑にブルーベリーを植えて4年目になります。 5月、このブルーベリー畑が毛虫の楽園と化していました…。 仕事の傍ら一人で世話している為、どうしてもマイペース(怠け…)になり、 管理が疎かになりがちです。 猫の手もかわいい。 畑への道のり この日は、ついて来る猫と道草しながらブルーベリー畑へ。 ただ、モフ(真ん中の猫)は、daigoronではなく、スモ(上の猫)の後をついて歩いている感じです。モフは玄関から一歩出た先になると逃げてしまい、近づく事は出来ません⤵。 でも、スモの事を超がつくほど慕っているので、スモが近くにいる限りdaigoronがいても平気なようなのです。 三毛猫ズ。 前脚ピー…

  • エゴノキの花

    5月下旬、エゴノキが開花を迎えました。曇天や雨、暴風も吹いたりと荒れた天候が続きましたが月末は晴れた事もあり、今回初めてエゴノキの花を撮影してみました。 花開いた姿も綺麗ですが、蕾がまた可愛いらしい。 フラワークラスター。 一生懸命に吸蜜や花粉を集めするハナバチ類で、あちこちからパワフルな羽音が聞こえます。香りもほのかに漂っています。沈丁花やクチナシの香りを薄めて、青臭さをほんの少しプラスしたような芳香だと感じました。 コマルハナバチ。 約一週間経過。蕾状態の花もありますが、どの木も大部分の花は終わりに近くなっています。落花する時は花ごとストンストンと垂直に落ちて来るので、まるで雪が降っている…

  • ジムグリとヤマカガシ、猫

    去年の話になりますが、畑で蛇と遭遇し、モフィーヌが捕獲を試みるも失敗に終わった事がありました。 その蛇の種類は分かりませんでしたが、ブロガーさんにジムグリのようだと教えて頂いたお陰で、早々に種類の特定が出来ました。 当時のブログです。 daigoron1990.hatenablog.com そのジムグリ(無毒)の幼蛇がなんと庭に。 今まで知らない蛇だったので、また発見出来てテンション上がりました。 残念ながら亡骸での出会い…。 胴体に小さい傷がありました。猫に捕まえられ、放置されたようです。 ジムグリは自分にとって、何となくミステリアス響きです。 由来は「地潜り」から来ていて、地中等に潜る習性…

  • 山桜と猫

    4月の第3週目に開花~満開を迎えた山桜。 散りかけの桃の花と、 木蓮。 桃は買った桃の種を植えたら成長し、小さめですが実も生るように。 一晩で全ての桃が行方不明になりましたが…。 嵐のような風が開き始めた花や蕾を花序ごと持ち去ったので、花つきはまばらです。 風がもろに当たる裏山尾根の山桜は、花が殆どありませんでした。 「一緒にお花見するにゃ」 時期外れですけどね💦。良かったらお付き合い下さい。 下は板を渡したキャットウォークもどきになっています。 毛繕いや幹にスリスリして、伸び~。 前後しっかり伸ばして、次なる場所へ。 樹上。 樹下。 幹と同系色。 丸太の上。 デッキ。 原っぱ。 岩の上。 不…

  • 里山猫便り~3月

    梅の木 ミケボの枝渡り。 幼猫期はよく高い木枝まで登っていましたが、現在は低木登りを嗜む程度。 大好きな方とお散歩 Afternoon Cat's マタタビ粉で酔いつぶれる幼猫。 椿リースと複雑な表情のモフィーヌ。 才能の開花 庭の外れでノラミの仔(直虎 ♀ 生後11ヶ月)がシマヘビ(無毒)を捕まえました。 まだ致命傷は負ってなさそう。逃げてくれ。 「逃がさニャイ…」 直虎を蛇から離そうと試みたのですが、スーパー野生猫発動中につき通用せず。 シマヘビは隙間へ逃げようとした所を引っ張られてしまいます。アグレッシブ~…。 またドン引きされるような画像をアップしてしまい…大変失礼しました。 愛らしい…

  • 里山の桜巡り

    (2021年4月撮影) 桜と猫。 (2019年撮影) (2020年撮影) 〜お付き合いありがとうございました〜 にほんブログ村

  • ミノムシ

    玄関前の梅には、 大きなミノムシが居候しています。 遡ること4ヵ月。外から帰ってきた幼猫がこの大型ミノムシをくわえて来ました。 長さは5cm程あります。明るい屋外で観察してみました。 猫が咥えたから中身は死んでしまったか…な?簑をこじ開けてみた。 オーイ生きてる? 無事でした。 簑は意外と頑丈で本気咬みされない限り、牙が貫通する事は無さそう。 初めて見る簑の中身。何でだろう、可愛い…。可愛くないですか? もっさりとした動きですが、危険を察知すると一瞬で簑の中に入り、入り口を閉じます。 調べるとオオミノガという種類で、寄生蠅によって数は激減しているようです。 今となっては貴重らしいので外へ放そう…

  • 猫の舌

    避妊手術後、元気喪失となったノラミ…。 術後5日目からは寝る姿にも余裕がみられ、ドライフードを食べられる位に回復しました。 術後3週間経過しました。すっかり元気を取り戻したノラミ。術後1日経った夜は、体が硬く冷たかったので焦りました。 舌をチョビ出し寝。 スリスリ…。 ノラミを撫でている物体は、「猫じゃすり」という商品です。 猫の舌のようなフォルムで、裏返すとヤスリみたいな形状になっています。 猫にとっては、これが猫の舌の突起部分(糸状乳頭)を思わせ、猫同士のグルーミングと似た感覚になり、リラックスするのだそうです。 猫じゃすりを知ったのは確か3年位前。朝のニュース番組内の便利グッズ紹介コーナ…

  • 雪の朝と猫~1月

    今年の1月は積雪日が3回ありました。 いずれも降雪は夜間に限り、翌日には溶けてなくなる積雪量の為、 溶けぬ内、陽の低い内に雪散歩へ…。 19日。 ソリ…ならぬトロ舟引き。 31日。 前回乗って気に入ったのか、始発地点の庭先から乗車する猫。 ブルーベリー畑。 暫く停車します。 サビーヌを撮影中…、 後ろから視線を感じたので振り返ると、発車待ちしていました。 畑を後にし、進みます。 ミケボ途中乗車。 お花摘みの為…、一旦下車。 斜面下が気になる様子のサビーヌ。 多分、何かいます。 さくらんぼでした。家で休んでいましたが、追いかけて来たようです。 もうすぐ こちらに駆け寄るさくらんぼ。 さくらんぼに…

  • 令和最初の迷い猫 

    2020年 4月…。 新たな迷い猫(ノラミと命名)がやって来た。 当初は庭先で過ごしていたノラミですが、先住猫に受け入れられたらしく、家へ侵入するようになります。 茂みで鳴くノラミ。 性格は大人しく気の優しい猫です。空腹だと台所漁りを始めますが…。 ノラミ…、5月4日に3匹を出産。同時期に野良猫(コユと命名)も4匹出産し、一気に大所帯に。 計♂5匹♀2匹の7匹が新たに加わります。 離乳した仔猫の世話は大変ですが、思いがけない出来事もありました。 一組の里親さんが見つかったのです。 里親さんになった方は、ラジオで仔猫の里親募集されていたお宅とうちを間違えてやって来た事がきっかけで知り合いました。…

  • 節分の夜

    つい最近知ったばかりですが…、今年の節分は2日ですね。 鬼の面をつけたり、恵方巻を買ったりという事はしないのですが、 お飾りを玄関先にかけたり、豆まきはしています。 豆まきに使用する豆。 栽培していて沢山あるという理由から、青大豆(鞍掛豆という品種)を使います。 熱々に煎ったら豆まき開始。 節分のお飾りは柊と豆の鞘です。青魚の頭を柊に刺していたのですが、不思議な事にいつの間にか無くなっているので…今年からやめましたっ。 煎り鞍掛豆、えぐみが無く美味しいです。 お付き合いありがとうございました。 にほんブログ村

  • ワイルドリースと猫

    2018年 初めて作ったリース 2019年 モサモサリース 今年 不気味さを醸し出すリース 撮影モードと光量の関係で画像が暗く、PCで明暗度を調整しても変化が無かった為、見えにくいかもしれません。 実際に飾る場所は玄関脇の壁で、本当はモミの木やトウヒでリースを作ってみたいのですが身近に無く…、敷地内の杉とヒノキを利用しています。 飾りの植物は庭先の南天、コニファー系の葉、シルバーアニバーサリー、松ぼっくり、西洋ヒイラギを使ってみました。 「ぺろっ」 🕯お付き合いありがとうございました🕯 にほんブログ村

  • 紅葉猫

    紅葉が紅く色づきました。 紅葉の幹はツルツルで降りる時が一番難しそう。 念の為、手で受け止めるようにしていますがこの後、 向かいに立ってある朽ち木に飛び移ったのでした😲。 夏日下の紅葉見。 お付き合いありがとうございました。 にほんブログ村

  • におい

    クンクン。 なんだこれ?クンクン、クンクン。 コツン。 フレーメン反応が起きた猫の図。 雄同士。年下猫の…。 雌猫の…。 ここで誰かがおしっこした? 口がぽかんとなる生理現象は何故なのでしょうか…? 鼻中隔(鼻腔内を左右に分けている隔壁の鋤骨部)に位置する鋤鼻器官(フェロモン受容器)、 が関係しています。鋤鼻器官は情報収集や識別等をするところで、開口部は切歯の裏側にあります。ここから匂いを取り込み、舌を口蓋に押し当てる事で匂い物質が鋤鼻器官へと流れていく仕組みとなっているようです。だから口を開ける必要があるんですね。 因みにデンマークの外科医、ルズヴィ・ルーウィン・ジェイコブソンが発見…

  • 熊の💩?

    ⚠お食事前、中、後の閲覧には不向きな内容となっております⚠ 元迷い猫の三毛猫↓が、 裏山の繁みで鳴いていたので向かった所、こちらの糞を見つけました。 接近してみた。 ネット検索での判断はやはり難しいものの、見つけた数点の画像からツキノワグマの糞に近いように思えました。 お腹の緩い猪の画像にも似ていたので自信ありませんが💦。 市内での熊目撃情報を見る限りでは、うちから一番近い場所で7〜8km離れた温泉街エリアでの目撃が毎年のように数例あります。 お付き合いありがとうございました。 にほんブログ村

  • 晩秋のブルーベリーと猫

    好天続いた週末。 今、ブルーベリーが紅葉を迎えています。 遊んでうたた寝する猫。 折れていた枝で遊ぶ。 お付き合いありがとうございました。 にほんブログ村

  • 秋の猫

    岩の上の一匹だったのが、 我も我もと乗ってくる。 毛繕い。 カエデ。 お付き合い感謝にゃ。 にほんブログ村

  • 斑紅葉

    お付き合いありがとうございました。 にほんブログ村

  • Halloween Forest

    魔猫達の棲む森に迷い込んだ生物は生きては帰れない… なんてねっ お付き合いありがとうございました🌝 にほんブログ村

  • 必殺!ハンター猫

    うちの一歳以降の猫達をみていると、庭先からフィールドを広げ、林や原っぱ、畑へ出かけるようになり、時には狩りを成功させて帰ってくる事も。 猫達が捕獲してきた動物は4種類。名前を知っていたのは1種類だけでした。 うちの家族が無知過ぎでしょうか💦。皆さんは知っていますか? 良かったらその動物4種をご覧下さい。⚠屍画像あります。閲覧注意。 1.アカネズミ アカネズミ目(齧歯目)ネズミ科 白いお腹に黄、赤、茶褐色の体毛がチャームポイント。 冬の時期や若い個体は暗褐色~灰色をしています。 雨の夜、まだ乳離れしてないような赤ちゃんネズミをくわえて帰宅。 雨の夜、こちらは立派な成獣くわえてご帰宅です。 今春サ…

  • 3年目の実り

    ダイゴロン(私)と猫達は里山を開拓、開墾した土地で暮らしています。 以前は耕作放棄地だった場所にブルーベリーを挿木してから3年経ち、実もつき 始めました。ここ2年の畑の様子をまとめてみました。 画像は無いですが、ここは篠竹が生い茂り、一歩も入れない状態でした。 元は梨畑だったので張り巡らされたワイヤー撤去にも一苦労。 家族で週末を利用した開拓&開墾の日々が始まりました。目標は移住です。 父と兄は免許を取得し重機操作や伐採を担当。その兄は整地も一段落し、住居も 完成した頃、仕事でアメリカへ。両親は寝耳に水状態でした。 永住したいようで8年間帰国していません。 私はここの環境が気に入ったし、この先…

  • 新しいお線香と9月の庭先で

    昨日、ドラックストアにて気になったペット用お線香。猫飯優先で結局購入しなかったのですが、なんと同日に母が購入していました。 隣には黒缶のキャンドル&線香が陳列しており、以前このお線香を購入したんですが全く気づきかないでいました💦。 素敵なパッケージだったので作者さんを検索。 boojil.com 一緒に雲の形の香立てが入っています。煙が殆ど無く、香りはお花畑をイメージしたというフルーティーフローラル。仄かな香りでとても気に入りました😸。 因みにこちらが黒缶線香です。インパクト大。 クロアゲハが庭へやってきました(ブレブレ🦋ですが…)。 ブットレアの花の蜜を次から次に移動し吸っています。 一方、…

  • 緑陰の猫たち

    ブットレア… …の下で寛ぐ猫たち。 ブットレアをバックに。 パンパスグラス。 花穂にバッタ。 モフィーヌ、休憩中。 モフは葉に潜み、通りかかる猫に飛びついたりしていました。 この葉はギザギザして触ってられない。動物は毛があるから平気なのかな…。 冬は枯れ葉のカサカサ音が猫にとっては興奮するようで…、 今は亡きモフの仔が兄弟達と遊んでいたっけ…。 暑い中訪問してくれてありがとにゃ〜❤ にほんブログ村

  • 梅雨の猫

    アナベル。 今年の梅雨は豪雨続き。頭が垂れてしまいました。 今年の春にうちにやってきた迷い猫…。 これで三毛猫は3匹になりました…。 梅雨明けも近い予感。 にほんブログ村

  • 外部寄生虫と猫〜その2

    実家で暮らしていた頃、譲ってもらった猫や近所の野良猫にはノミが沢山おりました。なので猫といえばノミというイメージが強かったのですが、こちら里山では迷い猫、野良猫、飼い猫とノミの寄生は今の所ありません。 その代わりというかマダニが身近にいます。最初、自分含め両親までもがマダニの存在を知らず、バスマットにコロコロとした物体が動いたのを見た時はナニコレ状態でした。 寄生・刺咬されているのは野良猫と大人の雌猫が殆どです。雌猫は狩りに積極的に出かけているようで行動時間も長いです。 幼猫や一部の雄猫には寄生がみられないので、山の笹薮、草藪等に行かないようにすれば防げる問題なんですけどね…。中々うまくいかな…

  • 外部寄生虫と猫~その1

    〜その1というタイトルですが全2回の予定です。過去現在と猫に寄生した外部寄生虫について綴っていきたいと思います。 1.猫小穿孔ヒゼンダニ ◆猫疥癬と呼ばれる感染症。皮膚表面ではなく、皮膚内部に潜り繁殖を繰り返す厄介な寄生虫です。ミミダニ症の原因であるミミヒゼンダニはキュウセンヒゼンダニで違う分類になります。 ◆この感染症に罹患した猫を見つけたのは2018年の秋。 庭へ引っ越してきた3匹の野良猫一家です。個人(猫)差はあるものの、耳の縁や頭から首周辺の皮膚病変に加え、前脚で掻く仕草がやたらと目につきました。仔猫2匹の内、一匹は「アアアアー!!!!!」と、かなり大きく悲痛な鳴き声で顔を掻いていまし…

  • 蛇と猫

    本日は32℃の真夏日でした。 畑へ。 畑内でエンカウント発生。 目の前をうねうねと蛇が這っていました。 怯んでいるいる自分とは正反対にモフィーヌがすかさずアタック。 蛇は尾をカラカラ鳴らし、林の方へ逃げていきます。 蛇の胴体は見当たらず(潜ってるような感じ)、尾だけが地表に出ている状態。 尾は左右に小刻みに震わせてカラカラと鳴らしています。 モフィーヌは蛇をものにしようと暫く粘っていたが、失敗に終わったのだった。 離れた場所で呼んでも来ようとしないモフィーヌ。 〜蛇狩りを終えて〜 は〜、 まだイライラするにゃ。 オジロもモフィーヌの所へ駆けつけたのですが、傍観していただけでした。 毒蛇かもしれ…

  • 春の猫たち

    蕗の花。 畑も遊び場。 案山子? 落下椿。 ミニ水仙。 イエイオン。 ムラサキツユクサの上で、 一人(匹)遊びに夢中。 行者ニンニク。 猫草。 ジャーマンアイリス。 バッタの赤ちゃん。 ソメイヨシノ。 穀雨の季節。 山桜開花。 幼木。 山桜は葉と花が同時咲きです。 こちらでは例年だとGWの時期に見頃を迎えます。 さっきまで一緒にいたと思ったら…。サビーヌ、野ネズミ捕獲してきました。 雄猫が寄って来たので元来た道を引き返します。 一通り遊び終わったら放置される野ネズミ。その度に埋葬です…。 ヒエッ 🐭💦 サビーヌの弟。 夜も運動会。 三陸つぼみ菜。 猫達にお付き合い下さり、ありがとうございます。…

  • 桜エビ芋と猫

    桜エビ芋畑のオジロ。 ~去年10月頃~ この冬越しした芋を撮影しようとしたら…、すかさずやってきたモフィーヌ。 ごろん、 ごろ~ん。 きっと長さのイメージ比較に協力してくれたんだね。 でも、位置が逆だったら更に良かったかも。 ↓ポチッ!!としてみてにゃ↓ にほんブログ村

  • 癒しの雪

    暖冬小雪だった冬。 積雪があったのは、この日だけ。 水分が多く、陽が差したらすぐ溶けそうな雪質。 束の間の銀世界。 3月29日は、積雪した地域も多かったですね。こちらもご覧の通りでした。 折角の雪だったのに、ゆっくり起床&外出で散歩が出来なかったのが残念⤵⤵ 翌朝。 姉妹猫。 低温だった為か細かくサラサラした雪です。 踏んだ感触が気持ちの良いプチスノーハイクとなりました。 見てくれてありがとにゃ!! にほんブログ村

  • モフの子供、他界

    モフが昨年3月に続き、8月4日に出産した5匹の内の一匹が今朝死んでしまいました。 名前は、なんきち (♀)といいます。 下記ブログのアップ画像、下から数えて2番目と8番目のキジ白模様の猫です。 daigoron1990.hatenablog.com 2月からは、モフ含めその子供(6匹の♀と一匹の野良猫♀の計8匹)の避妊手術ラッシュでした。 病院は避妊手術だと2日間入院するスタイルですので、4月30日に預け、5月2日に元気に退院したなんきち。 食欲は5日までには普通にありましたが、ここ数日間はアピールの度に勢いよく鳴いてたのが静かになり、気にかけていた所でした。 6日未明、続けざまに嘔吐したので…

  • 春本番猫

    こちらは4月中旬から週末にかけソメイヨシノが満開になりました。 夜間の気温も高くなり、猫達は外で過ごす時間が増えてきたように思います。 水にゃ♪♪ うろ(洞)

  • 梅見猫

    平成三十一年、うらうらに照れる日に…… 猫主の梅畑に萃(あつ)まりて宴会を申(の)ぶ…。 初春の令月にして、気淑(よ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫(くゆ)らす。 加之(しかのみにあらず)、曙(あさけ)の嶺に雲移り、松は羅(うすもの)を掛けて蓋(きぬがさ)を傾け、夕の岫(くき)に霧結び、鳥は縠(うすもの)に封(と)ぢられて林に迷ふ。 庭には新蝶舞ひ、空には古雁帰る。 ここに天を蓋(きぬがさ)にし、地(つち)を座(しきい)とし、膝を促(ちかづ)け、觴(さかづけ)を飛ばす。 言を一室の裏に忘れ、衿(ころものくび)を煙霞(えんか)の外に開く。 淡然に自ら放(ゆる)し…

  • 小正月の猫

    こちらの地域では小正月に枝飾りをつける風習があります。 繭玉飾り、ミズキ団子、団子下げ、団子さし、団子の木飾り…等と地域で呼び方や飾り方も様々なようです。 実家では、鯛、大判小判、かぶ、ひょうたん、宝船等の形をした舟煎餅とボールのような舞玉が木の枝に吊るされているものを購入し、神棚に飾っていました。 何の意味があるのか、実はよく分からなかったのですが、五穀豊穣、家内安全、年祝い、学術成就、無病息災、商売繁盛を祈願し、今年1年の福を呼ぶという縁起物と知り、猫達の健康を祈願して作りました_( _´ω`)_。 本来は団子を作って刺した後、焼いたり団子汁にして食べたとされます。 今回は米粉で飾り用に団…

  • 年越し猫 

    今日は大晦日にゃ…。 ……。ところでこの変なのは何にゃ…? 不格好になってしまいましたが門松です(;^ω^)。 門松 - Wikipedia 閲覧、読者登録して頂いた皆さま、本当にありがとうございます。 来年もどうぞよろしくお願いいたします。

  • 木と猫〜6

    樹上にいるミミズク …のようなミケボ スルスルスルー… 冬の雑木林へ 樹木のサークル !? あそこ!なんか臭うにゃ! 結果、口ぽっかーん。唇が引きあがるフレーメン反応が起きました。 針樅(ハリモミ) 先端が針のように鋭い葉で触れると思ってた以上に痛いです。 三頭木と三匹 股木の間で にほんブログ村

  • ♪♪猫ちゃんの⤴クリスマス

    Happy Holidays! にゃに?この変なものは? 里山産クリスマスリースにゃ!だから材料費ゼロにゃ〜。 靴下の中身も空っぽ(ゼロ)だったにゃ… にほんブログ村

  • ヤマモミジ〜三毛猫編〜

    落ち葉の上の3匹。 5匹集合❢ 前回の撮影から3日程経ちましたが、 モミジはまだ落葉すること無く、赤々としていました。 前回はモフィーヌだったにゃんけど…、 今回は私が主役にゃ〜!! ミケボ撮影会の始まりです。 そろそろギャラ多くしてよにゃ❢ …。お付き合いありがとうございました😹 にほんブログ村

  • ヤマモミジ

    自宅周りの木々は紅葉のピークを終えてしまいましたが、 ヤマモミジだけは今、紅葉を迎えています。 「……。」 にほんブログ村

  • 深秋的猫

    ミケボ ノーマルミケボ アドレナリン全開ミケボ 紅葉の木の下 🍂カモフラージュ🍂 落ち葉ベット …の撮影現場 三毛猫二匹 オジロ 母猫からパンチ&キックを受けているオジロ やっと収束…怖かったにゃ… サビーヌ モフィーヌ ゼロ・グラヴィティ? 蜂谷柿 アキアカネ 落ち葉潜り スモ 抱っこの要求 白虎 鼻孔 後ろ姿 さくらんぼ 丸太渡り 今は鳥より落ち葉に夢中にゃ❢ 最後までありがとうございました❢ にほんブログ村

  • 猫とヤマガラ

    10月初旬から中旬に撮影した写真をアップしたいと思います。 黄葉、落葉が進み、エゴノミも大分少なくなったエゴノキに登る猫。 この猫はチッチロの兄弟猫で名前は紋次郎といいます。 低い枝木にも止まるようになったヤマガラを見て、狩猟本能が刺激された模様です😳。 ※チッチロはこんな猫です=^_^=↓ ↓ ↓。 daigoron1990.hatenablog.com daigoron1990.hatenablog.com 本能が刺激された者は他にも…。 ハンター化したサビーヌ 月半ば頃になると、地上に降りてくるヤマガラがみられました。 木になってる状態のエゴノミが無くなってしまい、落ちた実を拾っていたよ…

  • ミケボ達の母

    後に母猫となるモフとの出会いは、2016年11月の早朝。 「ニャ〜!!」「ミャー!!」という鳴き声が外から聞こえてきました。 徐々に声は大きくなります(家に接近している)。 今日は(飼い猫が)騒がしいな~…と思っていたら、初めて見る仔猫でした🐱。 親らしき猫は見当たらず、身元不明の二匹。 自ら家の中に入ったタイミングでケージに入れ、慣れるまで隔離飼育しました。 手前がモコ(♂)、奥がモフ(♀)。 モフ(♀)が鳴くとモコ(♂)がダッシュで駆け付けるお兄ちゃんっぷりでした🐱 生後一ヶ月半〜二ヶ月位の時に飼い猫となったわけですが、 モフは警戒心が強いのか未だにあまり甘えたりしてきません😿。 仔猫期、…

  • 好奇心は猫を殺した

    ミケボを見て浮かぶフレーズがあります。 "Curiosity killed the cat." 直訳すると『好奇心は猫を殺した』というイギリスの諺です。 好奇心は命を縮める、好奇心は身を滅ぼすという戒めで、必要以上に他人のプライベートへ介入したがったり、興味本位の質問が過ぎる人に対し、忠告の意で使います。 諺は時代背景や宗教観、国民性で変遷するもの。 元とされる言い回しは、 "Cere killed the cat.”(心配は身の毒という意味合い)で、19世紀後半辺りに好奇心へと変化した模様です。 ↓ ↓ウィキペディアに詳細がまとめられています(丸投げでスミマセン)。 Curiosity ki…

  • 朴の木

    台風も通過、吹き返しも収まった後の空。 雲行きが怪しいですにゃ… 今度は、寒冷渦の影響で夜半から翌日まで強風が吹き荒れました⤵⤵。 強風で折れた朴の木枝 朴葉いい香りにゃ バリバリ ムシャムシャ ぼぇ〜 不味い…! 朴葉で焼いた和牛ステーキ食べたい…テンダーロインがいいにゃ〜 うちじゃ和牛は到底無理にゃよ〜… にほんブログ村

  • 木と猫〜5 

    ポポー 果実 熱帯フルーツと思いきや、北米原産で耐寒性も高く、無農薬で育てられます。 蒟蒻 柊。自宅でPC画像を見て気づいたのですが、 葉上にイラガの幼虫(赤丸部分)が。イラガの逆鱗に触れなくて良かったです…。 エゴノキ 倒木ブリッジ 葉っぱをパクー コナラ 無患子(ムクロジ) 樹上の実(10/07撮影) 落下した実 今年から実が沢山なり始めたので、石鹸水等に利用したいと思います。 お付き合いありがとうございました😹。 にほんブログ村

  • 木と猫~4

    エゴノキ 果実はヤマガラの好物。この時期になると、猫の遊び場のテラス周辺にあるエゴノキへ、ひっきりなしにやって来ては実を咥えていきます。 殻には有毒なエゴサポニン(溶血作用や胃腸障害を起こす)が含まれますが、脚で実を挟み、丈夫な嘴で殻を外し、無毒である中の胚乳を食べます。界面活性作用があるサポニンが含有されているという事で、エゴノミもかつては石鹸代わりとして使われていた事も。ただ、サポニンの含有量が多い若い実の時期に限られます。 ヤマガラの生態が詳しく載っていました↓ ↓。貯食行動の様子が面白かったです。 野鳥シリーズ44 ヤマガラ | あきた森づくり活動サポートセンター モフィーヌも木登り参…

  • 木と猫〜3

    コナラ もみじ グミ 山桜 こっちの桜は歯が立たないにゃ! 桃の木 耳黒組 幼猫達にグルーミングするスモ 蝉猫 上:さくらんぼ(♀) 下:もんきち(♂) 今回も閲覧ありがとうございました! 今のところ、8月4日に生まれた仔猫も順調に成長中です。 良かったら↓ ↓クリックお願いします(*^-^*)

  • 小銭が無くても

    この箱は、株式会社シャインが販売元のいたずらBANKという商品です。 白いボタン(お皿スイッチ)の上に硬貨を置き、軽く押すと「にゃ〜ん」という鳴き声と共に中から猫の手が出てきて中に落とすという仕組みの貯金箱です。 20枚しか入らないので500円玉で貯めています。 数年前から動画も結構アップされ、二番煎じでございますが 貯金箱以外の使い方がこちらです。 ぽち(もちろん小銭無し) と押すと出現する謎の物体にビビりながらも、果敢に攻撃をする猫達 猫にとっては不思議な箱。押しては攻撃の繰り返しです。 ぽち(by モフィーヌ♀) にゃ〜ん おまえっ、いい加減に出てこいにゃ! とまあ、基本的に扱いがハード…

  • サビ猫と三毛猫

    サビーヌ(♀) キイロコスモスの花壇で。 かわうそ(♀)〜6月に庭で発見した野良猫の子〜 さくらんぼ(♀)〜すも、白虎の姉妹〜 みけぼ(♀) まずは左顔から。 右。 斜めからの〜。 正面。 そういえば、サビも三毛と同じく雌猫ばかりだと思い、錆猫Wikipediaへ。要するに 赤(染色体X)と黒(X)の毛色が入っているサビ猫と三毛猫は雌(XX)になる…という解釈でいいのかな。 もし雄が生まれたらそれは、通常二本の染色体が三本になった核型異常型か二種類の性染色体をもっているキメラ、或るいは遺伝子の突然変異という事で、雄猫が生まれるのはかなり低い確率なんですね。 猫の飼い方の本や雑誌しか読んだことな…

  • 幼猫、学習の時期 

    注)蛇画像あり 何故か、しなりのある不安定な枝の上を突き進むオジロ(♂) Uターン時に足を踏み外し、懸垂状態に…。 この後、ぶら下がり状態になったので下ろしてさしあげました(;´・ω・)。 母猫による狩り(幼シマヘビVer.)の練習を受けるダンテ(♂)※手前の猫 ※端末本体に保存してたデータを取り出せなく、普通紙に印刷していた画像をスキャン。全体的に粗いです。幼蛇は猫パンチを母子から受けながらも激しい抵抗。が次第に戦意喪失。無毒蛇なので火ばさみで草むらへ離しました。その後生き延びたかは不明…。 松の木を登ろうとする、みけぼ(♀) これらは2018/3月31日生まれの猫達です。 オジロ、ダンテ、…

  • 続き

    はじめに 6日3:08頃、北海道胆辰地方中東部を震源とする地震が発生しました。 大規模土砂崩れとなった厚真町吉野地区は、 安否不明者多数という事で大変な状況下にありますね。 日本のどこに活断層があるか確認してみようと思いました↓ ↓ 直下型地震に備えて 東胆振、日高にも活断層 | 北海道ニュースリンク 次兄の奥さんの両親が札幌市在住なんですが、ライフライン停止等の 影響がありそうです。 三回目の投稿は前回のテーマに画像を加えただけです。 すも、の… 雪上ダッシュ! チッチロも負けずにダッシュ頑張りました! チッチロですが、こんな感じで木に近づいていき…、 ポーズをとったところで撮影しました。 …

  • 木と飼い猫〜2

    木登りはオールシーズン!だそうです。 雪化粧した木とチッチロ(♂) 二月。今年初めての雪が積もった日。 雪の上を歩く感触を楽しみつつ、雪景色でも撮影するか(∩´∀`)∩、 と外に出たら、有志猫ズ(すも&チッチロ)が後を追ってきました。 (肉球の状態が心配なので早めに帰宅しましたが) なんか今日はひんやりするけどついていきます! 私のお腹の上で一休みしているすも。 肉球が冷えて限界だったのか、飛びついてよじ登って来ました。 土手の斜面を登ってた時で足元のバランスを崩し、 仰向けに倒れてしまった。。 肉球が回復するまで暫しこの状態でいました。。 チッチロよ、この木を越えて進むのじゃ。 さすがに肉球…

  • 木と飼い猫

    梅とすも(♂) 杉の丸太 梅花爛漫 だい(♂) 白虎(♀) 倒木の上で 山桜とゴメス(♀) ねむの木とオジロ(♂) 山桜とハクビシン(野生) 6/13撮影。初めてみたよ。数日間の間だけ庭先の木に来ていました。

ブログリーダー」を活用して、ⅾaigoronさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ⅾaigoronさん
ブログタイトル
daigoron’s diary
フォロー
daigoron’s diary

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用