プロフィールPROFILE

安立じろうさんのプロフィール

住所
未設定
出身
広島県

絵と日記を書いてる 30代のおじさんです

ブログタイトル
メビウスの雲
ブログURL
https://uran503.muragon.com/
ブログ紹介文
絵と日記
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2018/08/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、安立じろうさんの読者になりませんか?

ハンドル名
安立じろうさん
ブログタイトル
メビウスの雲
更新頻度
集計中
読者になる
メビウスの雲

安立じろうさんの新着記事

1件〜30件

  • 灰ヶ峰

    昔「電波少年」に出演したことがあるBluem of Youthが歌った「線路沿いの恋」 この歌詞の冒頭にある 「二時間かけてたどりつく灰ヶ峰の眩い夜景…」 の灰ヶ峰は広島県の呉にある山だ 歌詞にある通り呉の夜景が綺麗に見える場所である ここは僕がメーテル(妻)に結婚の告白し...

  • メビウス線

    かつて手塚治虫氏が点線で陰影をつける 技法に影響を受け、それを 「メビウス線」と名付けた このメビウス線を描いていたのが フランスの漫画家ジャン・ジロー通称メビウス 彼の絵は手塚治虫や大友克洋、鳥山明や松本大洋など日本の漫画家たちに多大な影響を与えた 彼は下書きなどをせずに...

  • 分岐点

    ドラえもんの作者、藤子・F・不二雄先生のSF短編集の中に収録されたお話 「分岐点」 これはある男が二人の女性のどちらかを選ぶという分岐点で、それぞれの女性と結婚した場合のその後が描かれている 二人の女性と結婚した彼はどちらの選択が正しかったと思ったのであろうか 生きていれば...

  • イノシシと道路と僕(妄想)

    先日、深夜に車で帰宅途中、道路をイノシシの親子が横断していた 幸い僕の車だけだった 僕は車を停めイノシシが道路を渡りきるまで待っていた 以下妄想 猪母「さぁさぁお前たち早く歩いて歩いて、車様が待っておられる」 僕「あ、お構いなく。僕だけなんで」 猪母「いえ、そう言う訳には、...

  • 映画館(寸劇)

    人前で手を繋ぐのは恥ずかしいから そんなことを言われ彼女と付き合って半年になるが未だに手を繋いだことがない 色々と考えた 僕は人前で堂々と手を繋ぎたい! そして思いついた 人前で自然と手を繋げる方法を! 映画館 周りには沢山の人がいるがみんなが観ているのはスクリーンだ ここ...

  • スメハラ反抗期

    とある朝 ピノコ(娘3歳)をギュッと抱きしめた すると ピノコ「おとうさんとぅさい(臭い)」 と、言って僕の手を振り解きメーテル(妻)の元へ 嘘でしょ 一般的には"お父さんと結婚する"からの"お父さん臭い"じゃないんですかね? いきなり臭いですか? まぁいい。イヤ良くないけ...

  • オシャレな美容院とオサレな僕

    コミュ障の人が苦手としてる場所の一つに美容院がある かくいう僕も生粋のコミュ障であり美容院は大の苦手だ あのオシャレな空間でオシャレな美容師さんとオサレな僕がサシでオシャレな会話をしなければならないのだ えー 喋らなくていいじゃん! スマホ見てればいいじゃん! 雑誌見てれば...

  • 放課後〜after school〜

    教室のドアを開けると窓のカーテンがたなびき甘い香りを乗せた風が僕の側を吹き抜けた ガタッ と、窓のそばの机が揺れる 「安立君!今日こそは教えてよね!」 窓のそばの机の上に座った女子は少し怒った口調で話した 茶髪のショートで色白、細身の彼女は僕の同級生で名前はK子ちゃん 彼女...

  • ごはんは腹八分目

    先日旅行で行ったホテルの夕食の出来事 僕とメーテル(妻)は会席料理、アトム(息子)とピノコ(娘)はお子様プレートを1つ頼んでいて、それを分けるようにしていた ここで僕が言った一言が後々の事件を引き起こしてしまうとは、この時は知る由もなかった 僕はピノコも食べるだろうから「お...

  • 鳥居の上の石

    「鳥居の上に石を投げて乗せたら願いが叶う」 この風習は色々な地域であるらしい 僕の住んでいた田舎でも、この風習はあった 子供の頃、誰かから聞いたであろう、その風習を半分遊びまじりにやっていた ただ、もし先に乗ってる石を過って落とした場合、その石も戻さないと良くないことが起こ...

カテゴリー一覧
商用