『いつも、いつでも元気炸裂!』
読者になる
住所
出身
ハンドル名
『いつも、いつでも元気炸裂!』さん
ブログタイトル
『いつも、いつでも元気炸裂!』
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/fumiel-shima
ブログ紹介文
どんな環境やどんな状況でも、どんな人とでも明るく元気な笑顔で交流するよう心がければ自他ともに更に元気
自由文
-
更新頻度(1年)

230回 / 339日(平均4.7回/週)

ブログ村参加:2018/08/19

『いつも、いつでも元気炸裂!』さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(IN) 39,606位 35,466位 32,483位 32,500位 32,560位 35,938位 39,877位 974,800サイト
INポイント 0 0 0 0 10 10 0 20/週
OUTポイント 0 0 10 10 0 0 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 559位 449位 373位 388位 385位 471位 586位 27,210サイト
いきいき男性 2位 2位 1位 1位 2位 2位 3位 18サイト
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(OUT) 66,105位 66,321位 66,448位 77,639位 圏外 圏外 90,938位 974,800サイト
INポイント 0 0 0 0 10 10 0 20/週
OUTポイント 0 0 10 10 0 0 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 918位 909位 916位 1,200位 圏外 圏外 1,251位 27,210サイト
いきいき男性 5位 4位 4位 4位 圏外 圏外 6位 18サイト
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,800サイト
INポイント 0 0 0 0 10 10 0 20/週
OUTポイント 0 0 10 10 0 0 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,210サイト
いきいき男性 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 18サイト

『いつも、いつでも元気炸裂!』さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、『いつも、いつでも元気炸裂!』さんの読者になりませんか?

ハンドル名
『いつも、いつでも元気炸裂!』さん
ブログタイトル
『いつも、いつでも元気炸裂!』
更新頻度
230回 / 339日(平均4.7回/週)
読者になる
『いつも、いつでも元気炸裂!』
  • 台風一過の青空が広がっているが、被災地のことを思うと・・・

    ここさいたま市は時折少し強い風は吹いているが台風一過の青空が広がり、気持ちのいい朝を迎えたが、風害、水害のあったところの人たちのことを思うと手放しで喜んでいるわけにはいかない。昨夜から刻々と伝わってくる被害の様子は『今回の台風はいまだかって体験したことがないような・・・』という言葉で報道されているとおり広範囲にわたる甚大な被害状況を残酷な映像で伝えている。大小様々な川の水位があがり、氾濫した川、ダムの放流による氾濫の恐れのあるところなど、この時間になってもテレビの画面の下部分に「河川の氾濫相次ぐ・・・」と絶え間なくテロップが流れ、警戒を促している。連日、台風の情報と共に気象情報のデーターや温暖化との関連なども伝えられており、今後の地球規模での対策が必要であることも身近な問題として益々真剣に取り上げられなければな...台風一過の青空が広がっているが、被災地のことを思うと・・・

  • 予想を上回る台風19号にはやはり神経を・・・

    今まで自然災害の影響が殆どなかったさいたま市だし、川や起伏のない場所なので台風の影響もないだろうと思っていたが、今回の19号は特別な台風だということで、我が家でも多少の対策を・・・と今朝から庭の物干しや植木鉢などが風に煽られて飛ばないよう、ロープでの固定や移動したりして風の様子を見ているのだが・・・。今のところ風はなく、雨が少しずつ強くなってきたかな?…という状況だがテレビなどの報道によると関東地方は間違いなくピークに近付きつつあるようだ。マンションの管理会社が雨水の排水溝からの万が一の逆流に備えて一昨日あたりから通常の土嚢置き場からマンションの通路に土嚢を運んでくれてあるので接続部から吹き出す雨水についての対策はできているのだが、雨水が排水溝に勢いよく流れ込む音が室内へも大きく響いてくるので妻は少し不安げな様...予想を上回る台風19号にはやはり神経を・・・

  • 教師いじめ問題で教師にあるまじき行為を他人事のように言う校長には呆れる。

    東須磨小学校の教師達が教師に行った数々のいじめの内容がだんだんと明らかになってきている。この問題に対するネットの反応も大きく、いじめというより犯罪であるという声や実名報道すべきだとか当該教師たちを人事異動ではなく免許剥奪や懲戒免職にすべき・・・などの声も聞かれる。この事件(?)は昨年から続いているというが、今年の6月に別の教師から報告を受けた校長は事実を把握し、被害を受けた教師からも聞き取りをし、暴力による体の腫れなども確認しているにも拘わらず、市の教委には報告もしなかった・・・。先生に憧れ、希望、目標でもあった先生と言う職業に就き、胸膨らませていた若き教師がこんな形で体調を崩し、学校を休むとは・・・主犯格の女性教師は校長からの信頼も厚く、「女帝」などと呼ばれ、教師たちはその力を恐れ、いじめられた教師のことを報...教師いじめ問題で教師にあるまじき行為を他人事のように言う校長には呆れる。

  • 爺ちゃん、婆ちゃんがラグビーの「にわかファン」になったっていいじゃないか。

    ラグビーW杯では日本代表が3連勝で一次リーグA組首位となり、13日のスコットランド戦がベスト8をかけた試合となり、この試合に勝つか引き分ければ或いはアイルランドがサモア戦で勝って勝ち点で並んでも日本の決勝トーナメント進出がきまるという。にわかファンの一人でもある私はラグビーには詳しくないが日本がスコットランド戦に負けたけた場合でもスコットランドやアイルランドの試合を含む様々な条件、状態により決勝トーナメントに進出できる場合があるというが、できれば勝って進出してもらいたいと思う。我が家の後期高齢者である我々二人は熱心な(?)野球ファンであり、ラグビーに関しては正ににわかファン。ワールドカップが日本で行われることはわかっていても過去に試合を観たこともなく、代表選手の名前なども3人程度しか知らず、到底ファンとは言えな...爺ちゃん、婆ちゃんがラグビーの「にわかファン」になったっていいじゃないか。

  • 勢いに乗る阪神に便乗し、私もさらなる元気力アップに日々努力しようと思った。

    CSのファーストステージを乗り切った我が阪神タイガースは今日から宿敵巨人とのファイナルステージへ・・・。レギュラーシーズン最終章から驚異的とも奇跡的とも言える勝利で下剋上第一幕を無事終えた阪神には、ファイナルステージをも見事突破し、久々の日本シリーズへ・・・というファンの期待が一段と大きくなってきている。ファイナルは狭い東京ドームで行われるので、ホームラン数183本と阪神の2倍を誇る巨人に有利・・・という見方もあるようだが我が阪神にも12球団一のリリーフ陣の驚異的な実績があり、短期決戦でもそれは十二分に活かされるものだと思う。この防御率と足を絡めた戦いは決してホームラン量産の巨人に劣るものではないし、すべてにおいて「挑戦」「積極的」を軸に動く攻撃的野球は巨人がクリーンナップにでもけち臭いバントをさせる作戦とは違...勢いに乗る阪神に便乗し、私もさらなる元気力アップに日々努力しようと思った。

  • アルソミトラのように・・・

    葉と実裂けた実この記事をご覧の皆さんは『アオギリ』という植物(木)をご存じだろうか?街路樹としても見ることがあるようだが、私は妻に教えられ、近くの公園で見た。幹、葉、花,、実のいずれもが独特で今の時季のアオギリ葉を見ると誰もがちょっと不思議だと思うような珍しい植物である。葉が桐に似ており、幹が緑色であるためアオギリと呼ばれるらしい。アオギリの説明の中には初夏の頃になると花弁のない奇妙な形をした黄色い花が咲き、花の後にはエンドウ豆のような袋状の実ができ、その中に幾つかの種子が入っており、10月頃に熟すと幾つかに裂けて分かれ、船のような形になる・・・というような表現があった。私が見たものはまさにそのとおり・・・」果実の皮が写真()のように幾つもの小さい種がついた葉っぱのように見えた。このボートに乗ったような種が風に...アルソミトラのように・・・

  • 結束した阪神タイガースの勢い止まらず、CSファーストステージで先勝!

    昨日・・・レギュラーシーズン後半に奇跡的な6連勝で見事にCSの切符を勝ち取った阪神の勢いはそのままファーストステージの試合にも繋がった。先発のピッチャーは西・・・シーズン中、前半は味方の援護に恵まれず勝ち星が増えなかったが、後半は本来の安定したピッチングが功を奏し、阪神投手陣の要として活躍した西勇輝選手は最終的には10勝にとどまったが第1戦の先発として我々も大きな期待をしていた。ところが試合が始まると初回にいきなり連続ヒットを打たれ、3番で出場の筒香にはホームランを見舞われ3失点・・・更にロペス、宮崎にも痛打を浴びて1アウトも取れないまま無念の交代。私は阪神の勢いを信じ、逆転を期待しつつ試合の進行を観ていた・・・我が阪神は4回に1点を返すも、5回にはDeNAに致命的とも思える4点を追加され敗色が濃くなりかけたが...結束した阪神タイガースの勢い止まらず、CSファーストステージで先勝!

  • 関西電力幹部の金品受領問題の内容が次々と明るみに・・・

    関電は当初の説明では高浜町の森山元助役(故人)から金額を受け取ったとしていたがその後、関電が業者に発注した工事代金の一部が直接還流していたことも明るみに出た。はじめは保身のため小出しにしていたものが次第に明らかにされると見え透いた嘘を重ね、あろうことか「儀礼の範囲」などと言う都合のいい説明に・・・そしてこの拡大解釈にも問題があると見るや「相応の金額なので改めて良識の範囲外」として整理しなおしたなどと説明・・・最初は役員の名前や受け取ったものの内容を「個人情報を」理由に明確にせず、組織防衛の為の誤魔化しや嘘がばれると小出しにし、拡大解釈へと変わっていった。彼らが何と言おうが世の中を欺いたことに間違いはないし、儀礼の範囲という拡大解釈によって会社の組織や原発関連部門を守ろうとしたことは明らかである。森山元助役の悪事...関西電力幹部の金品受領問題の内容が次々と明るみに・・・

  • 坊主憎けりゃ袈裟まで憎い・・・のたとえ以上に。

    私は時々(事あるごとに・・)安倍晋三本人や安倍政権を批判、非難している。正直に言えば批判よりも非難が多いかもしれない。集団的自衛権が閣議決定され、安保法案、カジノ法案など国民の生活に大きな影響をきたすような問題法案が次から次へと強行採決され、共謀罪や特定秘密保護法の成立などで横暴を極め、今なお改憲を振りかざし暴走し続けようとしている安倍政権には腹が立つことばかりである。米軍基地問題でも依然として『沖縄いじめ』を続行し、今年の広島市での「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」や長崎市での「原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」でも唯一の被爆国であるのに「核兵器禁止条約」への署名を拒否し続け、核軍縮について「各国の橋渡しに努め、対話を粘り強く求める必要がある」といつもの口先だけのパフォーマンス。条約についても「アプローチは異なるが条...坊主憎けりゃ袈裟まで憎い・・・のたとえ以上に。

  • 今年3度目のセミの話題で・・・

    今年はセミの鳴き声を聞き始めたのはかなり遅い時季だったと思うがいつの間にか(かなり前から)近くの公園や雑木林などのそばを通ってもセミの声が全くしなくなっていたことにも気づかなかった。それに気づいたのは昨日、ニューシャトル(さいたま新都市交通)の原市駅の横を通った時である。気のせいか、夏の頃とはちょっと違うあまり元気のなさそうな「ツクツクボウシ」の鳴き声が聞こえてきた。『えっっ?今頃ツクツクボウシが?・・・』と思ったが間違いなくツクツクボウシの鳴き声だった。私のイメージでは晩夏から初秋にかけては郷愁を呼ぶようなヒグラシのあのカナカナ、カナカナ、という声が聞こえてもツクツクボウシはもっと早い時期のアブラゼミなどの蝉しぐれの頃で季節外れ(?)だと思ったのだ。不思議に思い、ネットで検索するとヒグラシのほうが早く、成虫は...今年3度目のセミの話題で・・・

  • 悪事がばれたから謝罪とはなんとも見苦しい・・・見え透いた言い訳などせず全員辞任しろ!

    原発はコストがかからない・・・などと大嘘をつき、世の中を欺いてきた政策がここへきてまた信頼できないものだということが露呈・・・。原発誘致による大きな利権が業者、政権の莫大な利益、効果につながっていることは周知の事実だが、事故による保証はもとより今後の処理や安全性の問題なども確認されないまま依然として原発再稼働に目が向けられている。そして今回、関西電力関係の原発の安全対策と言う名の特需でつながる連中の悪行が少しずつ明るみに出始めた。金で人心を操ろうとする根性の腐った奴ら、その金に目が眩む疎かな奴ら・・・今回の関電の事件に関する悪人どもは一人たりとも許してはいけないと思う。日本は犯罪に対して寛容すぎるのではないかと思う。改憲などにうつつを抜かし、国民の身近に起こる重要重大なことから目を反らし口先だけのパフォーマンス...悪事がばれたから謝罪とはなんとも見苦しい・・・見え透いた言い訳などせず全員辞任しろ!

  • 全員の力を結集して『やったぞ、阪神タイガース!』

    阪神にとって、CS進出がかかる大一番であり、また日本のプロ野球にとって今期の最終戦となった昨日の中日戦・・・我が阪神が今季初の6連勝で見事に大逆転でのCS進出を決めた。シーズン後半は不振に喘いでいた大山が前日のホームランに続く快打で決勝点をもぎ取り、自慢の投手陣がその力を確実に発揮しての完封劇は阪神らしい試合だったと思う。この勢いのままCSを勝ち上がり、日本シリーズでは『これこそが下剋上・・』と言われるような試合に繋げていってほしい。CSでも鳥谷の活躍を期待し、そして日本シリーズでは甲子園で再びファンの前にその雄姿を見せてほしいとすべての阪神ファンは願っていることだろう。全員の力を結集して『やったぞ、阪神タイガース!』

  • 昨日は我が阪神タイガースが奇跡とも思える逆転CS出場にあと1勝とした。

    CS(クライマックスシリーズ)出場に向けて4連勝中だった阪神は昨日、打線の爆発と小刻みな投手リレーによって5連勝・・・CS出場に望みを繋いだ。今月に入り、中旬までは僅差の試合を含め、勝ったり負けたりでほぼ絶望的と言われたCS出場だったがその後(16日以後)は7勝1敗・・・しかも直近(昨日まで)の試合は3連続完封・・・2リーグ制以降球団最高記録の42イニング無失点という好成績でCS出場が夢ではなくなったのだ。最近は投打もかみ合うようになり、昨日は将来の大砲として期待される陽川や4番に戻った大山にもホームランが出るなど好材料もあり、今日の試合に大きな期待がかかるだろう。阪神ファンとしては全選手の結束で『最後のここ一番!』を勝ち取ってほしい。今シーズンの後半、鳥谷選手の退団、横田選手とメッセンジャー選手の引退など幾つ...昨日は我が阪神タイガースが奇跡とも思える逆転CS出場にあと1勝とした。

  • 秋が刻々と次第に深まっていく様子が・・・

    昨日は早朝からわれら『爺さんカルテット』の集まりのため川越方面へ・・・車を走らせ窓を少し開けるとひんやりとした風が流れ込み秋を感じさせた。荒川を渡り終えしばらく進むと民家の庭の大きな酔芙蓉(スイフヨウ)の木が目に入った。8月の下旬に我が家の近くの民家に咲く酔芙蓉のことを記事にしたが、昨日見たものは高さもあり、枝もかなり大きく広がった木であった。特徴である朝は真っ白な花をつけ時間と共にピンク・・・更に夕刻までに濃い紅色に変化していくこの酔芙蓉は一日花で夕刻には萎んでしまうのだが酒を飲んで徐々に顔が赤くなる様子に似ていることから名前に「酔」という字が使われているのはまさにそのとおり。こんな大きなものは珍しいのでは・・・?と思い、約束の時間に余裕があったので車を停めて近づき、その花の大きさにあらためて驚いた。色が変化...秋が刻々と次第に深まっていく様子が・・・

  • ウィンウィンは自己満足にすぎない。

    日米貿易協定の結果・・・トランプに尻尾を振るシンゾー犬はまたもや口先だけで実効性のない「ウィンウィン」を持ち出しお茶を濁そうとしている。『日米両国にとって利益のあるウィンウィンの合意』とはちゃんちゃらおかしい。大嘘つきで卑怯者の安倍晋三はまたしても得意の詭弁を弄し、あたかも大きな成果があったかのように強調して見せたがウィンウィン発言への評価は厳しい。選挙をにらみ、ほんの少しだけ農家への配慮を見せただけではないか。アメリカとのFTA交渉を避けてきたはずの日本がトランプ安倍会談で急変・・・、二国間で貿易を自由化するTAG(物品貿易協定)の締結の為の交渉を始めることに合意したという。この対応の変化に対し、大嘘つきで卑怯者のコウモリは日米両国が「TAGとFTAは一体」であることを認識している筈なのに「TAGとFTAは全...ウィンウィンは自己満足にすぎない。

  • やっぱり子供の笑顔と清々しい挨拶は何物にも代えがたい・・・・

    毎日車に乗る私は走行中、当然のことながらいろんな人たちに出会う。横断歩道ではもちろん、信号のない交差点でも横断しようとしているのではないかと思われる人を見かけると後続車の速度や車間、周囲の状況などを一瞬確認はするが必ず停止して横断を促すようにしている。昨日、信号のない交差点で姉妹と思える小学生ぐらいの子供たちを見かけ、いつもどおり停止したところ、その姉妹(?)は道路を渡り終えたその場所でふり返り揃って笑顔と共にお辞儀(会釈)をしてくれたのだ。その子供たちはこういう場合には挨拶は当然・・・と思っているのか、無意識のうちに体が反応するのだろう。同じ状況でも会釈どころか無表情で通り過ぎる大人も多いが、昨日の子供たちの親や家族の普段のしつけや何気ない教えのようなものが子供たちの行動に自然に現れるのだろうが二人の顔が一段...やっぱり子供の笑顔と清々しい挨拶は何物にも代えがたい・・・・

  • 秋の空に大きな鴎と始祖鳥が飛来する姿を見てひとりほくそ笑む。

    大きなカモメ始祖鳥友人からもらった玄米を精米に行くと自動精米機には先客がいた。その客はかなりの量を精米中で、ちょっと時間がかかりそうだった為その間、車内で待つか、少し涼しい風が吹く外で待つか、一瞬考えたが今日の爽やかな空気を感じながら外で待つことにした。上空を見るとこれこそが真っ青な空ではないかと思うようなきれいな空が広がり、ところどころに薄く伸びたように拡がる雲の塊が・・・上空の風は強いのだろうか、その薄い雲の塊は瞬く間に広く大きく広がっていき添附写真のようになったのである。時々雲を眺めることも趣味(?)の一つとして楽しんでいる私にとって、先ほどの雲も心をおおらかにしてくれるような気がした。一つは『始祖鳥』、そしてもう一つは大空を飛来する大きな鴎に見えて、少しずつ変化する姿を見る私の首は気が付くと痛くなり始め...秋の空に大きな鴎と始祖鳥が飛来する姿を見てひとりほくそ笑む。

  • 『雷乃収声(かみなりすなわちこえおさむ)』で本格的な秋の始まりの筈が・・・

    {少しずつ大きくなった獅子ゆずが15個}『昨年の実』『初めてのみかん』『光る椿の実』最近、興味をもちはじめ、その意味や由来などについても知りたいと思っている二十節気や七十二候だが今日は秋分の日なので調べると初候(七十二候)の『雷乃収声(かみなりすなわちこえおさむ)』だということだった。今年は大きな台風や大雨と共に大きく鳴り響いていた雷も鳴りを潜め、いよいよ秋が深まっていくのか・・・と思わせるようなこの『雷乃収声』・・・・台風15号に続き、17号でも雨による被害が大きかったようだ。千葉県の人たちの苦労は計り知れないものだと思う。昨日、ここさいたま市では朝から強い陽射し(日差し・日射しのほうが的確かも?)が夏を思わせ風と空は秋色を感じさせるような天候であったが関東各地も強風だったり北海道は大雨に見舞われるという状況...『雷乃収声(かみなりすなわちこえおさむ)』で本格的な秋の始まりの筈が・・・

  • 近隣の子供たちの笑顔や笑い声が私にいろんな活力を与えてくれる。

    私の住むマンションは築22年になるが管理組合(自治会)と管理会社の連携と取り組みがいい状態で機能しているので外見も、共有部分もきれいで設備、清掃、植栽などの管理もしっかりしているため22年の経年劣化などもほとんど感じない。管理組合役員(理事会)のメンバーは毎年行われる定期総会で立候補者がいなければくじ引きによって選出される。(2年任期で毎年半数改選)私も数年前のくじ引きで理事に選出され2年間いろんな業務改善や修理等の問題に携わったが、長く続いた管理会社との良いコミュニケーションのお陰で無事勤めあげることができた。管理会社から派遣されている管理人の方もすべての面で素晴らしい方で私たちはいつも感心と共に感謝している。この建物自体の劣化はあまり感じなくても最近は「経年」を強く思うことがある。それは子供たちの笑い声や燥...近隣の子供たちの笑顔や笑い声が私にいろんな活力を与えてくれる。

  • 田んぼアートに感動し、足取りも軽くカラスウリ自生の場所へ・・・

    一昨日、行田市の田んぼアートを見て、その後、深谷市で新幹線の橋脚下に自生し、金属ネットのフェンスに絡みつくカラスウリを採ってきた。田んぼアートは全国100か所以上の場所で作られており、その説明には田んぼをキャンバスに見立て、色の異なる稲を使って巨大な絵や文字を作り出すプロジェクト、またその作品・・・とされているようだ。『古代蓮会館』の高さ50メートルの大パノラマ展望室から見る田んぼアートには「がんばれ日本代表」の文字と共に姫野和樹選手、リーチ・マイケル選手、田中史朗選手の雄姿が見事に描かれていた。館内には稲の成長と共に次第にはっきりとしてくる絵や文字の画像が時系列で撮られた写真などによって展示されていたが、6月、7月の頃に比べ、8月、9月のパネルには稲の成長により鮮やかにくっきりと絵や文字が映し出された様子が表...田んぼアートに感動し、足取りも軽くカラスウリ自生の場所へ・・・

  • 池袋暴走殺人事故の犯人飯塚幸三が未だにのうのうと生きている。

    世の中では警察が「元通産省キャリア官僚」「瑞宝重光章受章者」である飯塚幸三を現行犯逮捕しなかったことがが不公平だと受け止められているが『逃亡のおそれ』又は『罪証隠滅のおそれ』のいずれにも該当しないということで逮捕されなかっただけではなく、その後の事故車の状況や解明が進んでいると思われるにも拘わらず、送検すらされてないため、事故の解決へのスタートラインにすら立っていないのが現状である。警視庁は、飯塚元院長を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の疑いで書類送検する方針を固めているというが・・・。このまま何のお咎めもなく・・・或いは軽い罪での結末や、執行猶予などで処理されてしまうのだろうか。この事故で松永真菜さん(31)と長女莉子ちゃん(3)を亡くした夫の松永さんと真菜さんの父親である上原義教さんが昨日、東京地...池袋暴走殺人事故の犯人飯塚幸三が未だにのうのうと生きている。

  • 煽り、エアガンの男逮捕に思う。

    当然のことで、むしろ遅すぎた感のある「煽りエアガンの男」逮捕でこの男の素性や性格などが少しずつ明るみに出ているが、この男の行動は、一般人にもある「承認欲求」や「自己顕示欲」を遥かに超えた異常なもので決して許されるものではない・・・というより厳罰に処すべき悪質な行為である。現在の世の中では男は男らしく、女は女らしく・・・という言葉は一種の差別を表し良くない・・・と言われているようだが私たちの年代では差別感などには該当しない、純粋な「らしさ」を良しとする気持ちが未だに残っており、こういう男を「男らしくない情けないやつだ!」と思うのではないだろうか。その理由は先ず同乗の女性をおいて一人で逃げたこと。そして逃げ切れないと思った時、一人では何もできず、友人(?)に付き添われて出頭したこと。さらにエアガン発射などについて前...煽り、エアガンの男逮捕に思う。

  • 今日は中秋の名月・・・さすがに空気も少しひんやりと・・・

    昨日も少し涼しい風を感じたが、今朝はちょっと肌寒い位で腕に当たる空気もひんやりとしている。台風の直後は炎天下を思わせる猛暑だったが、僅か数日で・・・いや、一日にして秋の気配を感じるとは・・・今日は中秋の名月・・・地域や天候にもよるが本来ならば各地で満月一歩手前の「名月」を愛でる様子が伝えられるところだろう。今年は台風がもたらした大きな爪痕、傷痕が大きく、復旧に追われる千葉県では停電、断水、などで未だに多くの人たちが日々の生活も成り立たないという苦境に立たされおり、名月を仰ぎ見る気持ちにもなれないかもしれない。東京電力の懸命な活動が続いているが、予想を大きく超える被害の状況が作業に大幅な遅れてなってあらわれているようだ。作業に支障のない天候が続き、住民の方々が一刻も早く、元の生活に近づけるよう祈るばかりだ。いまな...今日は中秋の名月・・・さすがに空気も少しひんやりと・・・

  • またもや悪質な煽り運転・・・何故即刻逮捕しないのか

    東名高速での煽り運転しながらエアガン発射という事件が伝えられている。連続でのクラクション、煽り運転だけでもとんでもないことなのに、あろうことかエアガン発射とは・・・本人は粋がってるつもりだろうがまさに狂気の沙汰である。被害に遇った車にはエアガンの銃弾痕が何個もついてるという。既に被害届が出され、映像も提供され、その状況がわかっているにも拘わらず、警察はなぜ即刻逮捕しないのか?・・・。また例によって『本人が特定できない・・・』などと言って事態の重要性を認識しないのだろうか?警察も真剣に取り組んでいると信じたいが、これらの煽り運転に限らず、他のいろいろな事件においても明らかに犯人(加害者)と思われる人物特定出来そうなものでも警察の動きは実に鈍い。更に言うならば、被害者の人権よりも加害者の人権を重く見て擁護とも思える...またもや悪質な煽り運転・・・何故即刻逮捕しないのか

  • 台風の爪痕が大きく市民の悲惨な状況に追い打ちをかける天候

    昨夕関東各地で大気の状態が不安定になり各地で落雷やゲリラ豪雨による被害が発生しその状況が生々しく報道された。ここさいたま市でもいまだかって体験したことがないような雷による轟音と闇を切り裂くような激しい稲妻が絶え間なく続き、近くでの落雷を想像させるような状態が長時間続いた。今朝のニュースでは隣接する伊奈町での豪雨や落雷の様子も伝えられていたが都内の駅周辺や道路の状態を見ても如何に激しい天候だったかがわかる。台風による甚大な被害が発生した千葉県各地からのニュースには目を覆うようなものが多く、被災者たちのことを思うといたたまれない気持ちになる。今なお広い地域に渡る停電が続き、断水、食料不足、交通麻痺など生活に大きな支障をきたし、熱中症による死者も出ている。こんな時こそ政府は先頭に立って、その対策と復旧作業に全力を尽く...台風の爪痕が大きく市民の悲惨な状況に追い打ちをかける天候

  • 「徹子の部屋」が私の反省心を呼び起こし、貴重な時間となった。

    先日(9月4日)の「徹子の部屋」の出演者は女優の高橋ひとみさんだった。常日頃、高橋ひとみさんには好印象をもっており、番組内で対談中の優しい笑顔、穏やかな表情は私たちが16年以上も前に参加した撮影時と少しも変わっていなかった。車の運転が何よりも好きだった私が定年退職後に選んだ仕事が運送業・・・、2003年ごろはまだ本業(運送業)がそれほど忙しくなかったので、以前から興味を持っていた映画やテレビの世界を覗いてみたいと思い、時間のある時は副業としてエキストラをやっていたのだが・・・・・その時のテレビドラマシリーズの撮影時に私たちエキストラは初めて高橋さんに会い、彼女の優しく思いやりのある人柄に触れたのだが、それは都内での撮影時も、何日かの宿泊を伴う地方での撮影時にも変わることなく高橋さんは私たちが待機している場所に自...「徹子の部屋」が私の反省心を呼び起こし、貴重な時間となった。

  • プロ野球ファンには残念なニュースが続く・・・一方では素晴らしい活躍と期待で盛り上がる話題も・・・

    最近ファンの間で大きな話題となっている鳥谷敬選手(阪神)の今シーズン限りで阪神を退団するというニュースに続き、広島の永川勝浩投手の現役引退が発表され、そして松坂大輔投手(中日)の去就問題が近々議論されるという。私は阪神ファンとしても鳥谷選手の数々の記録や貢献度は高く評価しているつもりだが出場機会は少ないとは言え、今年の成績は目を覆うばかりのこの状態では引退勧告もやむなし・・・と思う反面、いやまだまだいける・・・とも思っているので球団に対しては多少の不満もあるのだ。彼の経験、実績、他の選手が見習うべき練習などはまだまだ活用すべきなのではないだろうか。本人は既に退団を決め、残る試合に最善を尽くす考えのようで、その後も現役続行を希望していることが報道されており、彼を必要と考えている球団も複数あるとのこと。来期は心機一...プロ野球ファンには残念なニュースが続く・・・一方では素晴らしい活躍と期待で盛り上がる話題も・・・

  • 日ロ首脳が会談・・・安倍首相は『平和条約を議論したい・・・』と述べたようだが これまた彼特有の実のないパフォーマンスか。

    私は今まで何度も何度も安倍晋三や安倍政権を強烈な言葉で批判したり罵ったりしてきたが、今回の会談についても進展が認められないのに例によってその口先だけのパフォーマンスで外交の成果があったかのように自慢げに語るのではないかと想像し、無性に腹が立つ。私はいつも安倍晋三のことを『大嘘つきで卑怯で臆病なコウモリ』と名付けことあるごとに嘘つき、卑怯者と罵り、蔑んでいるがこんなに平然と嘘をつく首相は過去にいただろうか?いや絶対にいない筈である。『トランプ大統領と信頼関係を作ることは日本の首相として最低限の義務だ』と述べ、日米同盟の重要性を語るさまはまさにトランプに尻尾を振るポチであり、プーチンや習近平へのごますり態度は卑怯なコウモリそのもの。日本の独自外交などはかけらもなく言葉だけのアピールを重ね、保身を貫く卑怯者安倍晋三は...日ロ首脳が会談・・・安倍首相は『平和条約を議論したい・・・』と述べたようだがこれまた彼特有の実のないパフォーマンスか。

  • マイナンバー新ポイント制度は何のため?誰のため?希望者は果たしているのか。

    低迷しているマイナンバーカードの普及を進めるため、政府はカードを持っている人に対し、買い物などで利用できるポイントを与える制度を導入することになった・・・という。そもそもマイナンバーカードのメリット、デメリットを考えると、あってもなくてもいいようなメリットよりも『個人情報漏洩』などの不安材料のほうが強いと考える人が多いのではないだろうか。カードを保険証として使える制度や申請方法、申請から交付までの流れなどを広めたいと考えているようだが私は『笛吹けども踊らず』という状態が続くのではないかと思う。確かに行政にとっては都合のいいことが増えるのだろうが、個人的には目先の小さなメリットよりも安全性などを考え、『個人に番号を割り振り、業務を処理するだけでいいだろう・・・』ということで『必要なし・・・』の声が減少するとは考え...マイナンバー新ポイント制度は何のため?誰のため?希望者は果たしているのか。

  • 二十四節季や七十二候が楽しみの一つに・・・

    昨日から七十二候では次第に稲が実り、穂を垂らす頃となり収穫の時期が近付いたという意味の『禾乃登(こくものすなわちみのる)』となった。少し前までは青々としていた田んぼが少しずつ金色に変わっていき、稲穂の先が重く垂れ下がるようにして色づいていく様子が目に浮かぶようである。初秋という風情ある言葉からもいろいろな光景、情景が浮かび上がり、この季節ならではの感慨深さも多くの人たちの心に行き交うのではないだろうか。気がつけば近隣の民家の塀の上から伸びた柿の実も少しずつ色づいている。各地からのコスモスの花だよりも伝わってきている。秋は気候、収穫、観光、いずれも季節的に一番いい季節なのかもしれないが、私は何故か哀愁のようなものを強く感じ、やがて冬が来るというちょっと静かで寂しい思いのほうが強く、やはり、春から夏の明るい季節、そ...二十四節季や七十二候が楽しみの一つに・・・

カテゴリー一覧
商用