住所
-
出身
-
ハンドル名
雪乃 精レイさん
ブログタイトル
ゆきのスピリッツ〜創作の宴
ブログURL
http://yukinospirit.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
裸の恩返し…妄想?現実?狸の森でピーマンのゲホと私、モゴの会話が始まりました☆
自由文
更新頻度(1年)

14回 / 81日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2018/07/13

雪乃 精レイさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 02/15 全参加数
総合ランキング(IN) 307 296 278 274 240 227 266 949549サイト
INポイント 730 870 580 660 920 1330 750 5840/週
OUTポイント 470 550 520 630 920 1170 680 4940/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 7 6 5 5 5 5 5 12156サイト
純文学小説 1 1 1 1 1 1 1 341サイト
ファンタジー小説 2 1 1 1 1 1 1 1183サイト
エッセイ・随筆 1 1 1 1 1 1 1 741サイト
今日 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 02/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 2704 2505 2241 2200 1998 2001 2366 949549サイト
INポイント 730 870 580 660 920 1330 750 5840/週
OUTポイント 470 550 520 630 920 1170 680 4940/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 37 36 35 35 32 35 37 12156サイト
純文学小説 1 1 1 1 1 1 1 341サイト
ファンタジー小説 1 1 1 1 1 1 1 1183サイト
エッセイ・随筆 2 2 2 2 2 2 2 741サイト
今日 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 02/15 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 949549サイト
INポイント 730 870 580 660 920 1330 750 5840/週
OUTポイント 470 550 520 630 920 1170 680 4940/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 0 0 0 0 0 0 0 12156サイト
純文学小説 0 0 0 0 0 0 0 341サイト
ファンタジー小説 0 0 0 0 0 0 0 1183サイト
エッセイ・随筆 0 0 0 0 0 0 0 741サイト

雪乃 精レイさんのブログ記事

?
  • 裸の恩返し 146

    ゆきのスピリッツ~創作の宴~ 裸の恩返し 146 もくもくの雲「ぽかん。ぽかん。」 じーじ中学生「ヒ、ヒョロイガキだと…。グホ、ゴホ…。」ヘルメットダンプー・見回り隊「そうだ、ヒョロイヒョロイ。勝負はついた。さぁ、ここから消えろ。邪魔だ。ぐるぐーる。」 じーじ中学生「まだだ、まだ勝負はついてない。僕はここから離れないぞ。」 ヘルメットダンプー・見回り隊「なんだって?そこで土にまみれてダウンしている坊や...

  • 裸の恩返し 145

    ゆきのスピリッツ~~創作の宴~ 裸の恩返し 145 もくもくの雲「ぽかん。ぽかん。」 ヘルメット・ダンプー見回り隊「へっ。ヒョロイ、ガキが。どうだ、参ったか。ぐるぐーる。」 じーじ中学生「ゴ、ゴホ…ググ…。」 じーじ回想録「わしはグーンと持ち上げられてドーンと地面にたたきつけられたんじゃ。ほんの数秒、あっという間の事じゃ。あきらかに力の違いを感じた瞬間じゃった。ア♪チョイと東~京音頭ヨイヨイ♪」 ピコた...

  • 裸の恩返し 144

    ゆきのスピリッツ~創作の宴裸の恩返し 144モクモクの雲「ぽかん。ぽかん。」じーじ回想録「あの時のわしは何も考えとらん。ただ一つ。みんなの沼、うんじゃら沼を守る。この使命感にただ、ただ燃えたんじゃ。後の事は何も考えなかった。ア♪チョイと東~京音頭ヨイヨイ♪」じーじ中学生「な、なんだよ…なんだよ…。喧嘩なのか。や、、、やってやるよ!」ヘルメットダンプ―・見回り隊「喧嘩?なーにビビってんだ?え?声が震えてんじ...

  • 裸の恩返し 143

    ゆきのスピリッツ~創作の宴裸の恩返し 143モクモクの雲「ぽかん。ぽかん。」じーじ中学生、心の言葉「ぼうずだと…?僕の…僕の髪は生えている。」じーじ中学生、心の言葉「去れ…?どうして…どうしてここから去らなきゃならない?」じーじ中学生、心の言葉「消えろ…?なぜ?なぜ消えなきゃならない…。」ヘルメットダンプ―・見回り隊「おい、鉄格子から手を放せ。わかんねーのか?聞いてんのか?おー?ぐーるぐる。」じーじ中学生「...

  • 2019年がはじまりました

    2018/7/7から始まった小説ブログ、ゆきのスピリッツ~創作の宴【裸の恩返し】は皆様の応援で無事新年を迎えられました。ありがとうございます。141回にもなった回数を見て次につながる言葉を考えました。…141…いよいよ本番と読み解きます。今年一年、全力で駆け抜けたいと思っています。どうぞ変わらぬ応援よろしくお願いi致します。感謝。いよいよ本番全力始動☆ 皆様のおかげでゆきのスピリッツ~創作の宴は現在、子カテゴリー3...

  • 裸の恩返し 142

    ゆきのスピリッツ~創作の宴裸の恩返し 142モクモクの雲「ぽかん。ぽかん。」鉄の格子「ギ…ギギギィ…。ガシャ、ガシャ。」ヘルメットダンプ―・見回り隊「ドスドス、ぐるぐる。ぐるぐる。ドスドス。」サンさん太陽「チラ、ギラ、ピカリ。」ヘルメットダンプ―見回り隊「おい、そこで張り付いてるぼうず。何してる?ぐーるぐる。」じーじ中学生「や、約束だ。ヘルメットの番長と約束したんだ。」ヘルメットダンプ―見回り隊「あ?約束...

  • 裸の恩返し 141

    ゆきのスピリッツ~創作の宴裸の恩返し 141モクモクの雲「ぽかん。ぽかん。」じーじ中学生「ゴクッ…。酷い…。酷すぎるじゃないか…。」ヘルメットダンプ―「▲※◇…。◆□●◎!!ワイワイ、ガヤガヤ。」じーじ中学生「この人数はなんだ…。いち、にい、さん…10人か?15…15人はいるじゃないか。」ヘルメットダンプ―「▲※◇…。◆□●◎!!ワイワイ、ガヤガヤ。」じーじ中学生「もうここには…もうここにはこないはずじゃなかったのか…。ちくしょー...

  • 裸の恩返し 140

    ゆきのスピリッツ~創作の宴 裸の恩返し 140 モクモクの雲「ぽかん。ぽかん。」 中学生じーじ「こ、この…うんじゃら沼には…僕の仲間がいる。春にはオタマだ。オタマは成長すればカエルになる。夏の今はザリガニ。二つの大きなハサミを持ってるマッカチンだ。秋にはトンボも水面にやってくる。そうだ、みんな僕らの仲間でここは大切な家なんだ。」 ヘルメット・ダンプ―番長「そうか。ナ・カ・マ…。イ・エ…。おじさん達のしよう...

  • 裸の恩返し 139

    ゆきのスピリッツ~創作の宴 裸の恩返し 139 モクモクの雲「ぽかん。ぽかん。」 じーじ回想録「両手は横に水平に開いたままブルブルしちょる。つっぱった腕はとおせんぼ。両足はハの字に開き大地に踏ん張った。ここは通さんとな。わしはヘルメット・ダンプ―の番長といよいよ二人きりになったんじゃ。」 子供・ピコたかし「じーちゃんは番長と何を話したの?ピコ。」 じーじ回想録「わしは緊張とこの沼を守らにゃならんという...

  • 裸の恩返し 138

    ゆきのスピリッツ~創作の宴 裸の恩返し 138 モクモクの雲「ぽかん。ぽかん。」 じーじ14歳中学生「…。」ヘルメット・ダンプ―番長「うーん。それ相当の思いがここにあるようだな…。そうだろ?」 副番長・元祖ヘルメット・ダンプ―「おい、なんとか言え。そこで手を広げて黙ってねーでよ。おー?聞いてんのか?おい!」 以下三名のヘルメット・ダンプ―、コーラス隊「仕事になんねーぞ。そこどけ、そこどけホ~ラ。ホラホラ。ア...

  • 裸の恩返し 137

    ゆきのスピリッツ~創作の宴裸の恩返し 137モクモクの雲「ぽかん。ぽかん。」じーじ回想録「当時のわしは中学生じゃ。わしを囲むように次々とヘルメットを被った男達が続々と集まってきよった。 もっさり髭のヘルメット・ダンプ― ぶっとい黒ぶちメガネのヘルメット・ダンプ― 大柄デッカイ体のヘルメット・ダンプ― ダンプから降りてわしと話している目の前、細面のヘルメットダンプ―乗組員は一番偉い奴とみた。 子供心になん...

  • 裸の恩返し 136

    ゆきのスピリッツ~創作の宴裸の恩返し 136モクモクの雲「ぽかん。ぽかん。」じーじ回想録「わしは大事な沼を埋め立てられると聞いて一切の言葉を失ったんじゃ。運が悪いことに辺りには誰一人仲間はいなかった。そう、あの時のわしは孤立無援…しかしな、ここでわしがなんとかしなきゃならんと思って行動に出たんじゃ。チョイナ♪アラヨ♪」子供・ピコたかし「じーちゃん!ヘルメットを被ったダンプの大きな男の人たちは5人もいるん...

  • 裸の恩返し 135

    ゆきのスピリッツ~創作の宴 裸の恩返し 135 モクモクの雲「もくもく。もくもく。」 ズガガガ・ダンプー「ズガガガガガガガ。ガー。ウイーン。キ~コ、キキキ。ガガガ―ン。」 じーじ回想録「あれはな…もう二度と聞きたくないイヤーな音じゃ。思い出したくもない。じーちゃんな、沼っていっちょるが名前をつけておってな。名前すら口に出すと悲しゅうてな。もう忘れた事にしちょったんじゃ。チョイナ♪アラヨ♪」 子供・ピコ...

  • 裸の恩返し 134

    ゆきのスピリッツ~創作の宴 裸の恩返し 134 モクモクの雲「もくもく。もくもく。」 ザリガニ釣りの名人・じーじ「あの日は今日の様なもくもく~っとした雲が空に立ち上っておった。ア、チョイと東~京音頭ヨイヨイ♪」 子供・ピコたかし「ん~、きれいでまっしろな、もくもくの雲だね。ピコ。」 ザリガニ釣りの名人・じーじ「うんうん。わしと、たかすぃの頭の上にある真っ白なもくもく雲じゃ。チョイナ♪アラヨ♪」 モクモク...