searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
音・風・水
ブログURL
https://pygmysunfish.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
音楽と収穫と熱帯魚と、時々インド人....
更新頻度(1年)

33回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2018/07/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、こなこなさんの読者になりませんか?

ハンドル名
こなこなさん
ブログタイトル
音・風・水
更新頻度
33回 / 365日(平均0.6回/週)
読者になる
音・風・水

こなこなさんの新着記事

1件〜30件

  • 上野大根 疎抜き終了

    作業を始めて10日たちました。その間、ニンニク植えたり那須、唐辛子、夕顔出荷したり、インドの野菜収穫したりで抜いた時にはもう立派な大根になってました。疎抜いた大根はおひたしに。ビール飲みながら今にも眠ってしまいそう。前回の『Les Négresses Vertes』に引き続き私のお気に入り、フランスの暴れん坊『Mano Negra』の再、再々登場。眠気も吹っ飛ぶワールドワイド・スーパーロックグループの雄たけびをどうぞ。Mano Negra...

  • インドのコロナ

    南インドの国民的歌手、S・P・バーラスブラマニアム/S P Balasubrahmanyam/எஸ். பி. பாலசுப்பிரமணியம் が25日コロナのため亡くなりました。享年74歳。このサイトでもたびたび紹介していた南インドの映画音楽で私が一番好きな曲、映画『Chinna Thambi』の挿入歌『 Povoma Oorgolam 』を歌った歌手、歌った曲は4万曲以上、「世界で最も多く映画の曲を歌った男性歌手」としてギネス世界記録に登録されている偉大な歌手です。現在、イ...

  • 疎抜き 二日目

    見事に生えそろった上野大根の畑。疎抜きとは間引きのこと。二粒三粒、一緒に生えてきた大根の苗を一本にします。本当のところ何本あるのでしょう。一日どんなに頑張っても1000本。三通り分しかできません。一緒に生えてきた雑草も取ってきれいにしていかなければいけないのでとても時間がかかります。他の家は土曜日、日曜日に家族親戚総出でやっつけてしまって、秋空の下、今日畑にいるのは私だけ、黙々と大根の芽を摘み取ってい...

  • GoToトラベルキャンペーン

    「首が飛ぶちゅうに、ヒゲのしんぺえしてどうするだ!」映画『七人の侍』より村の長老の台詞。命あっての物種、はっきり言って経済なんて後回しでいい。戦後の焼け野原みたいにみんな貧乏なら何も恥ずかしいことなどないだろうに。The Fall - Prole Art Threatザ・フォール1976年結成、イギリスのポストパンクバンド。マーク・スミス / Mark E. Smith率いるポスト・パンクバンド。マークスミス以外のメンバーはほぼ流動的、メンバ...

  • 奇譚、目黒寄生虫館  参

    前回からの続きです。『奇譚、目黒寄生虫館  壱』『奇譚、目黒寄生虫館  弐』長期のインド旅行の結果、お腹のお友達とともに無事帰国したすくなひこな。帰国後真っ先に、目黒寄生虫館に電話いたしました。「ぜひ、来館ください!いろいろ話を聞きたいので!!!」少々興奮気味の寄生虫館館長さん、次の日曜日に行く約束をして。 常夏のインドから極寒の東京へ、季節は冬、真っ黒のフェイクファーのコートとエナメルのとんが...

  • 上野大根 種まき

    逐一進行状況をアップできればと思っていたのですがなかなかできませんね。ビニールマルチ650メートル。播種20000粒。上野大根、種まき終了。写真撮る暇もなし。Joy Division - Atrocity Exhibition...

  • 奇譚、目黒寄生虫館  弐

    前回からの続き。『目黒寄生虫館 壱』真っ青な空と眼下に広がる湖と。取り残された二人とラクダ2頭。時折乾いた熱風が大地を渡って行きます。湖のほとりに座って水を覗き込むと何やらしきりに動いているものがあります。無数に泳ぐこの生き物が、あれが何だったのか、長い年月がたっているにもかかわらずいまだにその正体がわからないのですが、図鑑の中にも、もちろんネットでも見たことがありません。体は透明で、両手に大きなは...

  • 目黒寄生虫館

    寄生虫館で寄付を募っているというニュースを耳にした。東京にいた時はよく訪問させていただいた。今夜はそんな目黒寄生虫館にまつわるお話。もう何年前になりますか。インドに初めて行ったとき、まずはタイにわたって、カオサン泊、バンコクで二週間遊んで、現地で買った航空チケットはミヤンマー経由のカルカッタ行き。ヤンゴンで友達のおじいさんの家に三週間泊まって(当時のミヤンマーは軍事政権で個人宅での外国人宿泊は重罪...

  • 上野大根 準備

    上野大根を作る畑に機械を入れる。雑草の中に一筋の道ができる。今日一日、私は言い訳せずに生きていただろうか。THE HOLLIES - He Ain't Heavy He's My Brotherホリーズビートルズ・ブームにのって1963年にデビューしたイギリスのバンド。1966年のヒット曲『バスストップ』で一躍世界的人気バンドに。 『He Ain't Heavy He's My Brother』はビートルズに夢中だった小学生の時にビートルズ以外で何故かよく聞いてた一曲。母親にホ...

  • Teisco 1960's VEG-120

    長らくご無沙汰しています。コロナ禍の中皆さんご無事でお過ごしでしょうか。私は毎日朝から晩まで、それこそ暗くなっても電灯を持ち歩いての農作業でございます。何分一人でやっているものですので毎日が仕事に追われるばかり。一通りすべての準備が終わってやっと最近時間的な余裕もできてきた。移植し終わった一万株を優に超える様々な野菜の苗も、ここへきての梅雨の恵みで無事にすくすくと育ち、予定より若干遅れはしたが、や...

  • 夜明け前

    変な時間に寝てしまって夜中の二時に起きた。夜明け前の酒盛り。シーザーサラダに馬刺し。メバルにイサキ、ハマチにトビウオ。最近ケーブルを変えたステレオで音楽聞きまくり。雨が降らないなぁ。ものが育たない。植えたものが黄色くなってきた。明るくなってきた。このまま畑に行こう。昨日決めたことだけはやっつけよう・・・・・・ところで、バンクシーて絵が下手だよね。Throbbing Gristle - 20 Jazz Funk Greats...

  • お田植え

    仕事が終わって軽く夕食を食べている30分の間に開け放った軽トラの窓枠を鬼蜘蛛の赤ちゃんに占領されてしまった。なので、鬼蜘蛛の赤ちゃんと軽トラで一緒に畑の最終見回り、今日の仕事の締めくくり。本日お田植え完了。『あと』の高さを調節して、水の加減を管理して。田植えが終わって一つ仕事をやり終えたというより、前からの仕事が終わらないうちにまた一つ仕事が増えちゃったってところ。夕闇の蜘蛛といえば思い出すことがあ...

  • 春蝉忘備録 2020/5/14

    ハルゼミが鳴いた。畑の上の山の頂上と右隣の稜線の松林で一匹ずつ、同時に鳴きだしました。今年はちょっと早め、2016年の12日に次いで二番目。2015年と同じ14日に鳴きました。ハルゼミの鳴くころは私も大忙しです。お田植えを待つ早苗。苗から育ててます。今年はビニールハウスも新調して耕作規模も去年の4倍。作ったはいいけどコロナのせいでしっかりお金にできるのかどうか、でも、やらなきゃ何も始まらないし、去年からの約束...

  • シャグマアミガサタケ

    4月29日マツまじりの竹林の土手で発見。シャグマは赤い熊と書いて赭熊、なんともおどろおどろしい形をしています。この異様な姿を見て食べようと考える人は少ないと思いますが、下手をすると死ぬこともある猛毒のキノコ。しかしながら学名の『esculenta』は食べることもできますよという意味だそうで、実際にフィンランドやスウェーデンでは毒抜きして普通に食べているそうです。ただ、毒抜き最中の湯気を吸っても中毒するというこ...

  • 信州みのわ花街道

    ゴールデンウイーク外出自粛でどこにも行けないあなたへ。農業資材調達のついでに箕輪までドライブしてきました。花街道道路の両側を何キロにもわたり紅白の桃の花が埋め尽くしています。去年、母親と訪れた時に、ふと、『死んだら、きっとこんなところに来るんだろうな』と、しみじみつぶやいたのを思い出します。今の時期にはちょっとシャレにならないけど。梅でもない、桜でもない。天国は桃の花が咲き誇ったこんなところ。桃源...

  • さくら

    辰野町の桜。今年の桜はいつにもましてうつろに見える。今年こそは心ゆくまで桜を楽しもうと思っていたのに。桜のうつろな輝きが肺炎のレントゲンの白くぼやけた映像と重なったりする。またぞろ、桜だけカメラに収めてみても面白くもないので道路標識と一緒に写してみる。諏訪でも伊那でもコロナウイルスの感染者が出始めている。メメントモリ死を見つめて。中世のこんな言葉が現代によみがえるとは思ってもみなかった。しかし、私...

  • ブログ七年目

    エイプリルフールに始めたブログ。嘘のように7年も続きました。工場の仕事も昨日で終わって、さあ始めようと思ったらあいにくの大雨。畑にも出れずに二度寝したら今になっちゃった。派遣社員の季節労働だったけど、歓送迎会もしていただいて。総務部所属だったからパソコンも机もあって、朝礼でみんなの前で話までして。最後はあいさつする時間までいただいた。感無量。今日はブログさぼっちゃおうかなと思ったけど、せっかく7年も...

  • 三月の蛙

    今、帰ってくる山道で、ヘッドライトに光るカエルの、前を跳ねて横切るのを見た。慌ててハンドルを切って、轢き殺さずに済んだ。小さかったのでアマガエルだろう。3月に蛙のを見るのは初めて。ちょっとびっくりしたので書き留めておく。明日の伊那の予報は晴れ時々雪。...

  • かみ雪

    モモが死んだ。キミちゃんの膝の上で抱かれながら死んだ。おとといの晩にそれほど苦しまずに死んだ。その日は朝から変な日だった。会社に行くのに財布も携帯も、今まで忘れたことが無い物まで家に置いてきてしまった。一日中地に足がついていないようなふわふわした感じがした。同僚に、何か悪い予感がすると朝一番に伝えた。今回の工場勤めはなかなか過酷なものだった。この会社でも一番大変な部署だった。工場で扱う材料を管理す...

  • 擬態     

    又吉直樹彼が進行役を務めるNHKのヘウレーカって番組昆虫の擬態をテーマに二週にわたって放送していた。擬態又吉直樹偽物が公共電波に乗って発言できるこの国に明日はない。...

  • ニンニク追肥

    今日は勤めが休みだったのでニンニクと玉ねぎの追肥をします。いつもなら雪が積もって根雪になって、どこに何を植えたのかわからなくなってしまう季節ですが、この間の季節外れの雨ですっかり雪はなくなってしまいました。それでも外は氷点下の冷え込み。ここは標高約1000メートル。平場よりさらに4~5度は気温が低い。それでも何度も経験する信州の冬、この日もハイネックのトレーナー一枚に作業用のチョッキ、マイナス5度を越...

  • Pinterest 死ね!

    ちょっと毒づいてみたいと思う。調べたいことがあって画像で検索していると『Pinterest』のサイトに飛ぶ。それも頻繁に。仕事で疲れて帰って、ビール飲んでリラックスして、ソファーにもたれながらの自由な時間。それを『Pinterest』が無神経に邪魔をする。これこそが世間でいう厚顔無恥というもの。インスタとどこが違うか知らないが、画像検索でインスタに邪魔されたことはない。死ね、消えろ、この世から即退場。『Pinterest』...

  • タール火山

    令和二年、最初の記事がフィリピンの大災害。フィリピン最大の観光地、タガイタイのタール火山が12日の午後、噴火しました。タガイタイには何度も訪れていてパズルマンション / The Puzzle Mansionやソニアス ガーデン / Sonya's Gardenの紹介をしたばかり。毎年滞在していたダスマリニャスやマラゴンドンはタール火山の目と鼻の先。今回の大噴火でマニラでも降灰があったようです。一年前のタール火山。カルデラ湖にポツンと浮か...

  • 歌合戦 2019 

    今年も残すところあとわずか。今年ブログで紹介した数々の名曲を通してこの一年を振り返る『音・風・水』恒例、年末歌合戦。今季の半分は訳あってブログをお休みしていましたが、その分実生活では立ち止まることなく走り続けたこの一年。あっという間に過ぎていったこの月日を懐かしく思う暇もなく、過ぎ去っていった時を糧にしてまた新たな気持ちでスタートする新しい年を、皆様と共に希望に満ちた一年にできたらと、そう心に強く...

  • 梅花藻 / 日本の水草

    バイカモキンポウゲ科キンポウゲ属の多年草。糸のように細かい葉を房のようにつける。低水温の比較的綺麗な川、水路などで見られる。流水でしか育たず止水域では見られない。夏に梅のような白い小さな花をたくさんつけるので梅花藻の名前がある。水流のない水槽での育成は困難で高水温にもとても弱い。見つけたのは街中に普通に見られる小さな水路、2メートル近く水の流れに伸びあがっていた。60㎝、背丈のないロータイプの水槽。...

  • 今年もありがとう 2019

    今年もありがとうございました。皆様のおかげで何とか一年乗り越えることができました。贈り物もたくさんいただきました。いぼ仙人さんからは水槽のLEDをいただきました。かなり高価なもののようで値段を調べるのが怖いです。おまけに地野菜の人参も送ってもらいました。調べてみたら彩誉という岸和田の人参だそうで見た目肩が張ってがっしりとした様子、肉質も重く締まっていて何より甘い。一本皮も剥かずにバリバリかじってしま...

  • 『続・フィリピン・南国の光』 救急搬送

    フィリピンで救急車に乗ることになった。これがその救急車。Mitsubishi L300。日本ではデリカと呼ばれていた三菱製の商用車を改造したもの。三菱デリカは国内の生産が中止になってもう久しく、すでに日本ではほとんど走っているところを見かけなくなったが、ここフィリピンでは現在でも生産販売が続いており街中でもよく目にするヒットモデルの一つ。ちなみにフィリピンで車といえばほとんどが日本製。いよいよ救急車に乗り込む。...

  • ヒメコレクション 2019 お品書き その一

    今年も始まりました!2019 諏訪湖姫、ヒメコレクション。もうすでに大量の苦情、否、諏訪湖姫を称賛する喜びの声が方々で上がっておるぞ。申し遅れました。一年ぶりの降臨、この時期限定で現れる常世の国主神、常世神少彦名でございます。当ブログを管理しているのはわしの専属秘書の現世すくなひこな。しかし彼ばかりに任せているわけにはまいりません。こういった大事な席にはきっと出向いて行かねばなりませんからな。昨年まで...

  • 13日の金曜日

    もうそろそろ何か書こうと思って。それならさっきあったことを書こうかと思って。電話である人と喧嘩になった。喧嘩になったって言ってもあっちから一方的に仕掛けてきたんだけど。今日は満月。凍える満月の夜の現代の怪談。その人の事業に道筋を立てて。いろいろな人に引き合わせて。ある程度地固めができた時点で。ま、実は予想していたことだけど。心配になってこちらから電話かけたのではない。わざわざ俺に電話をよこしておい...

  • 上野大根 諏訪湖姫コレクション 2019 

    今年もやります姫コレクション!もうすでに西から東から参加希望の声後を絶たず、残りの大根もあとわずか。今年最後の大根はかき集めてもあと三名ほどとなりました。我こそはという方はぜひこの機会に幻の大根、諏訪湖姫をぜひともご賞味ください。つきましては下記メールアドレスにご連絡ください。suwakohimedaikon@gmail.com上野大根・諏訪湖姫 5~10本 簡単な包装にて着払い、送料はお客様負担でお願いしています。『上野大...

カテゴリー一覧
商用