searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
旅する放浪中年、荒野をめざす?
ブログURL
http://oyajikouya.blog.jp/
ブログ紹介文
そんなわけで書き始めた、中年オヤジの慎ましやかで平凡な旅の備忘録。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2018/06/24

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、hanakomoumouさんをフォローしませんか?

ハンドル名
hanakomoumouさん
ブログタイトル
旅する放浪中年、荒野をめざす?
更新頻度
集計中
フォロー
旅する放浪中年、荒野をめざす?

hanakomoumouさんの新着記事

1件〜30件

  • 鎮守神社に初詣に行ってきた。

    近くの氷川神社に初詣に行ってきた。元旦から続く、雲一つない青一色の空の下。自転車を漕ぐ足の躍動が、心地よく車輪から地面へと伝わり、新年の冷たく新鮮な風を切って、後方に抜けていく。新年初の鎮守神社(ちんじゅじんじゃ)へのお参りは、やはりちゃんと正式に?一の

  • あけましておめでとうございます  -2019年元旦-

    新年あけましておめでとうございます。今年も例年通りの美しい初日の出を見ることができました。日頃、このブログを訪れ、読んでくださっている方に、心より感謝し、美しい初日の出の写真をシェアします。ひとり旅ブログを書き始めてはや8か月が経ちました。文章を書くのが遅

  • 晩秋の神宮外苑に行ってきた。

    新宿で用事を済ませた後、ふと思い立って、神宮外苑に行った。オリンピックに向け、駅の拡張工事が進む千駄ヶ谷駅に降り立ち、工事用の仮囲いがしてある東京体育館の脇を抜け、何回か行ったことのある定食屋で、ボリュームたっぷりの定食を堪能した後、店を出て、外苑西通り

  • 秋の道央ひとり旅 -富良野の夜再び、そしてエピローグ編ー

    ヘッドライトを点灯した車が目立ち始めた国道を、富良野に向けひた走ります。富良野の市街地に入り、山手の方にある新富良野プリンスの駐車場に着く頃には、太陽は沈み薄暗い夕暮れの空となりました。駐車場に車を止めて、辺りを見渡すと、ホテルの建物とは反対方向の森の奥

  • 秋の道央ひとり旅 -美瑛の丘と天人峡編(その2)ー

    JR富良野線の踏切を越えて天人峡方面に左折すると、左右を山に囲まれた広い田畑の広がる平坦な直線道路が続きます。収穫が終わり、すっかり冬支度の整った枯草色の田畑の向こうに、綺麗な青空を背景に、彩り豊かに紅葉した山の稜線がくっきりと浮かび上がり、美しいコントラ

  • 秋の道央ひとり旅 -美瑛の丘と天人峡編(その1)-

    朝早くには、雲の中に迷い込んだかのようにすっぽりとホテルを包み込んでいた靄が晴れ、薄っすらと太陽の光が差し込み始めました。豊富な種類の食材のある朝バイキングを堪能し、旅支度をした後、タクシーでレンタカー屋さんに向かいます。タクシーの運転手に、気になる天気

  • 秋の道央ひとり旅 ー四季彩の丘と富良野の夜編ー

    札幌から旭川までは、特急で約1時間半。そこから丘の最寄り駅までは、JR富良野線でのんびり各駅停車の旅です。旭川駅に降り立ち、ガラス張りの近代的な空間の広がる駅構内から外を眺めると、葉の落ちだした木々達が、初秋の穏やかな雰囲気を醸し出しています。まだ発車まで

  • 秋の道央ひとり旅 ー朝の札幌お散歩編ー

    雨の予報が、朝からいい天気となりました。我ながら、自分の晴れ男ぶりには驚かされます。ホテルをチェックアウトすると、東京で出し忘れた郵便物を出すため、教えられた郵便局へ。郵便局の通りに出ると、あれ、見たことのある建物が、赤レンガの立派な建物が、通りの奥に見

  • 秋の道央ひとり旅 ープロローグからいきなり札幌編?ー

    「晴れた美瑛の丘が見たい。」それは、学生時代から今日に至るまで果たし得てない、自分の夢だった。最初の美瑛の丘は、円筒形にまかれた干し草に、しとしとと雨の降る丘。そして次の美瑛の丘は、漆黒の夜の闇の向かうから、ラベンダーの甘い香り広がる丘。「今年こそ、花と

  • 信州まったり一人旅  -諏訪大社下社春宮編-

    朝起きると、恒例の朝風呂にゆっくりと浸かってから、早速下社春宮(しもしゃはるみや)に向かいます。昨晩、若女将に熱く勧められた?”万次の石仏”も春宮の近くにあるようです。春宮までは、石仏への参拝も入れて往復ぎりぎり1時間。8時の朝食までにぎりぎり戻れるでしょ

  • 信州まったりひとり旅 -下諏訪の居酒屋編-

    「腹減った。早く温泉は入って、夕飯だ。」夏色の弁当を食べたきり、水しか飲んでいない。腹も減るはずです。下諏訪の温泉街のだらだら坂を登り、小さなわき道に入ると昔ながらの風情のある今日の温泉宿に到着します。早速、フロントで美味い居酒屋を教えてもらい、その前に

  • 信州まったりひとり旅 -諏訪大社上社本宮編ー

    さて、前宮を後にし,上社本宮までは徒歩20分の距離。炎天下の国道をひたすら歩きます。途中、行くと山手のはるか上手に神社を発見。のぼりに”天空の長寿神””北斗神社”とある。山肌にへばりつくように積み重ねられた石の階段が、山の中腹にある神社の建物まで、真っすぐに

  • 信州まったり一人旅  -諏訪大社上社前宮編-

    夏色の空に誘われて旅に出た。新宿駅で夏色の駅弁を買って、早速、12時発のあずさに乗り込む。今回の旅の最初の目的地は、諏訪大社のある長野県諏訪市である。諏訪大社は、僕の産土神社が長崎の鎮西大社諏訪神社、通称"お諏訪さん"ということで、(長崎んもんは、親しみ込め

カテゴリー一覧
商用