EGUCCIBLOG
読者になる
住所
エクアドル
出身
エクアドル
ハンドル名
ぐっさんさん
ブログタイトル
EGUCCIBLOG
ブログURL
https://egucciblog.blogspot.com/
ブログ紹介文
青年海外協力隊2018年度1次隊エクアドル派遣、職種は観光。アマゾン地区を中心に活動します。
自由文
-
更新頻度(1年)

79回 / 359日(平均1.5回/週)

ブログ村参加:2018/06/20

ぐっさんさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(IN) 14,814位 15,021位 17,111位 18,489位 19,976位 25,178位 27,757位 974,975サイト
INポイント 20 20 10 10 20 9 36 125/週
OUTポイント 40 30 50 60 60 36 126 402/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 1,285位 1,300位 1,382位 1,458位 1,555位 1,692位 1,785位 43,055サイト
中南米旅行 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 218サイト
海外生活ブログ 657位 671位 739位 800位 870位 1,067位 1,100位 35,142サイト
エクアドル情報 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 20サイト
青年海外協力隊 6位 7位 11位 11位 11位 12位 15位 403サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 18,756位 18,516位 19,449位 21,122位 22,792位 24,916位 26,779位 974,975サイト
INポイント 20 20 10 10 20 9 36 125/週
OUTポイント 40 30 50 60 60 36 126 402/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 1,382位 1,368位 1,421位 1,526位 1,661位 1,768位 1,904位 43,055サイト
中南米旅行 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 218サイト
海外生活ブログ 1,067位 1,051位 1,108位 1,194位 1,298位 1,410位 1,491位 35,142サイト
エクアドル情報 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 20サイト
青年海外協力隊 8位 9位 9位 9位 9位 9位 10位 403サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,975サイト
INポイント 20 20 10 10 20 9 36 125/週
OUTポイント 40 30 50 60 60 36 126 402/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,055サイト
中南米旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 218サイト
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 35,142サイト
エクアドル情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 20サイト
青年海外協力隊 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 403サイト

ぐっさんさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ぐっさんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ぐっさんさん
ブログタイトル
EGUCCIBLOG
更新頻度
79回 / 359日(平均1.5回/週)
読者になる
EGUCCIBLOG
  • 対話の時

    最近も、キトの中心部付近でいろんなものが燃やされ、警察との戦いで撃たれる人や怪我人、逮捕者が多数出ていた。 そして、軍人の中には民族の人もいて、戦いをやめて国民・民族側にまわる人もいた。 この12日間、いろんな情報・動画を見続けてきた。 ▼暴動に関してまとめた過去のブログ記事 https://egucciblog.blogspot.com/2019/10/blog-post.html 今日、10月13日の15時から大統領・政府と国民・先住民族の代表たちとの対話が行われるはずだったが、15時には始まらず、遅延していた。 この対話次第で今後の生活に大きく影響するからエクアドル隊員で注目している人は多くいた。今日は外出が出来ず、スーパーも休みで連絡所内にある食料もどんどん減ってきていた。 Facebook、Twitter、Youtubeなどで情報収集をする日々、対話に関してもいつ始まるのかを調べていた。 結局18時前くらいに突然始まっていた。 噂の大統領 1人5分以内で話すように言われているのに、 いろんな人が5分以上言いたいことを話し続け、19時30分くらいまで議論が進んでいる感じはしなかった。 その状態で15分の休憩に入った。 先住民族団体の代表 任地のパスタサ県からも多くの先住民族の人たちが集まっていて、 代表者がテレビに映っていた。 15分休憩のはずが、30分、1時間、2時間くらい経過しても、 一向に対話が再開せず、まとまらずに終わるのでは?と不安に思っていたら、 また突然対話が再開された…かと思ったら、 問題になっていたガソリンに対する補助金廃止の法令883を取り消すという発表が一番にされた。新しい法令を作成する必要はあるみたいだけど、とりあえず暴動の原因は解決したんじゃないかな。 あとは道路がぐちゃぐちゃな状態、 地方は食べ物がなくて危ない状態だから、 物流と道路の整備への迅速な対応が求められる。 明日は買い物に行けるかな? 安心できることを祝って美味しいものが食べたい。 みんな、もうちょっとしたらエクアドルにおいで! もうちょっとしたら、またいいところになると思うよ!!

  • ニカラグアとベネズエラ

    エクアドルの行方は? 首都のキトに来て、滞在して10日目。 今日(10月9日)は一番大きなデモが行われたみたいで、1万人を超える民族の人たちがキトの旧市街に集まっていた。 JICAボランティアが滞在する連絡所付近では、平和を訴える集団が騒いでいた。 外出禁止になっているから、ツイッターや隊員、同僚からの情報が頼りになっている。 他国の隊員やエクアドルの隊員内で、 ニカラグアやベネズエラのようになるのでは?という心配の話題が一部、出ている。 そのため、各原因や動きを少し調べてみた。 ニカラグア 2018年4月に独裁色の強い大統領が社会保障費の削減を決め、その抗議活動が発端。 抗議デモは全土で行われて多くの死者が出た。 抗議デモで大統領の座を追われるだろうと予想されたが、大統領は強硬に鎮圧。 コスタリカに亡命する国民も多くいたらしい。 国全体が危険と判断されてJICAボランティアの派遣を中止、派遣予定だった僕の同期(2018年度1次隊)も別の国に派遣となった。 ソース:https://globe.asahi.com/article/12124584 ベネズエラ ベネズエラには2人の大統領が存在する。 A大統領は反政府側のリーダーを政治的に排除し、立候補できない状態に追いやった上で大統領選挙を実施。 そんな状況での大統領選挙は民主主義の最低限も満たさないとして、A大統領の本来の任期が切れた後に、反政府側は大統領不在時に関する憲法に基づいて、国会議長が暫定の大統領(B)として就任した。 この正当性の認識の相違で2人の大統領が誕生。 アメリカ(オバマ大統領)は新しい大統領(B)を支持し、Aに対して個人制裁を行った。 経済全体に影響を与える制裁を開始し、金融取引や石油貿易に関する制裁措置、ベネズエラ政府や国営企業が発行する債券の取引にアメリカの法人やアメリカ人が関与するのを禁止した。 ベネズエラの外貨獲得の9割以上は石油輸出で、その半分以上はアメリカ市場に向けたものだったため、大きなダメージとなった。 石油価格の下落や産油量の縮小、対外債務などで外貨不足が深刻化して、食料品などが不足。財政赤字を安易な紙幣増発で埋め合わせたことにより、通貨価値が下落して170万%の

  • エクアドルの暴動に関して

    2019年10月初旬からエクアドル全土で起こっているデモやストライキ、暴動に関して、正しくないかもしれないけどまとめてみた。 ・10月1日エクアドルがOPEC脱退 ・10月1日か2日のどっちかに大統領が、ガソリンに対する補助金の廃止や、消費税の引き上げ(12%→15%)、公務員の有給削減(30日→15日)、一部公務員の給料を20%削減などなどを宣言する。※実行されたか不明確なものもある。 ・IMF(国際通貨基金)からの支援の条件が。「ガソリンの補助金の廃止」 →債務危機に直面しているエクアドル政府は、この補助金の廃止で国際通貨基金(IMF)から支援を受けることができる。石油輸出国機構(OPEC)からは脱退することで強調減産から抜け出して、増産によって債務削減を図りたいという考えらしい。 ソース: https://www.traicy.com/20191003-ecuador ・ガソリンが123%値上がり(2.23倍)になり、10月3日にタクシーやバスの運転手組合がストライキを決行。大統領は60日間の非常事態宣言を発令した。 ・10月4日夜、ストライキの終了宣言が発表されたが、終了?なに言ってるの?っていう感じで全く落ち着かず、エクアドル全土で道路閉鎖や長距離バスの運行停止という状況は変わらない。タクシーは動き出していた。 ・10月5日以降もバスがないから、移動ができない。 運よくバスに乗れたエクアドル人がいるみたいだけど、普段3・4ドルで行ける区間が17ドルかかったらしい。 ・10月9日に首都のキトに先住民族の人たちがエクアドル中から集まってデモを行うという情報が入る。車の荷台に乗って移動したり、主要道路を塞ぐように大行進をする映像・写真がSNSで出回り始める。 ・10月7日月曜日だけど、エクアドルの山岳地帯全土やその他地帯も多くの学校が休みになる。10月9日に備えてスーパーで食材を買い貯めるために売り切れ続出。 デモやストライキが起こってからこの間、旧市街や各地で暴動、破壊活動やスーパーを襲っての強盗がキトの各所で頻発する。警察のバイクが燃やされたり、タイヤが燃やされたり。タイヤに関しては何本燃やせば気が済むの?ってくらい燃やされてる。 ・10月8日、先住民族の人たちがキトに集合し始める。 公共

  • キトの日本庭園

    短期ボランティアの方の職場見学 7月から10月まで3ヶ月、 造園という職種で活動されている児玉さんの職場に行ってきた。 キトの中心部にある、カロリーナ公園の中にある植物園に、 日本庭園があって、児玉さんはそこの管理をされている。 「ZEN」という名前の庭園。 日本語の「禅」だと思うけど、エクアドルで発音すると「セン」になる。 2018年に日本とエクアドルは国交100周年を迎えた。 この庭園はそれを記念して造られたものらしい。 児玉さんは、庭園から駐車場の車が見えないように植樹をしていて、 竹林を作ろうとしていたり、池の排水問題を解決しようと動いていた。 庭園横には盆栽の博物館があり、 さまざまな盆栽が飾られている。 植物園出入口横のお土産屋さんでは、盆栽を購入することも可能だ。 日本庭園以外にも多種多様な植物を見ることができるから、 大都会キトの中でも大自然を満喫できるこの植物園、お薦めしたい。 児玉さんは4月からパラオで長期ボランティアとして 2年間活動される予定。 みんな、エクアドルにおいでよ! いいところだよ!! 世界一周中、南米周遊中のみなさん、お待ちしてます! 江口友晴 青年海外協力隊 2018年度1次隊:観光 エクアドル・パスタサ県プーヨ にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村

  • 95歳

    元気なおばあちゃん おばあちゃんと息子娘たち 息子娘は全員で12人いるらしい。 8月末、ホストマザー(65)のお母さんの誕生日会が開催された。 1年前、プーヨに来てから最初の大きいイベントもこの誕生日会だった。 2回目のおばあちゃんの誕生日会。 御年95歳。 95歳ってこんなに元気なのか…っていうくらい元気。 肉でも何でもたくさん食べるし、自分でちゃんと歩くし、自分の家族のことをちゃんと覚えていて話しているし。 おばあちゃんの息子娘、つまりホストマザーの兄弟は合計12人。 その12人の息子娘もそれぞれ3人以上の子どもがいて、 その子ども、つまり孫たちも息子娘がいる。 超大家族! 今回も昨年も全員は集まれていないみたいだけど、 たぶん、半分もいないくらいだと思うんだけど、 それでも多いよ!!! この写真、全員、ひ孫。 孫じゃないよ? ”ひ孫”だよ? 写真撮り忘れたけど、 ひ孫の息子娘、玄孫もいるよ。 そんな大家族での誕生日会。 食材の量も半端じゃない。 豚一頭丸々食べた。 エクアドルでは、よく道端で豚が丸々吊るし上げられているんだけど、 そんな感じで会場の家に着いたら吊るし上げられていた。 豚肉は焼いたり揚げたり煮たりして、 あっという間に食べ尽くされた。 他にも大量のジャガイモやトウモロコシ、サラダ、ミカン、モテっていうトウモロコシみたいなやつ、ビールやらケーキやらお菓子やら。。。。昼過ぎから夕方にかけて、のんびりワイワイ食べて飲んで楽しい時間だった。 なんて立派な家。 #ハンモックのある生活 #トゥングラウアが見える生活 エクアドルの気候や自然が好きやし、 家族はじめ、エクアドル人のことも好き。 「一緒に働くこと」以外はね!(笑) みんな、エクアドルにおいでよ! いいところだよ!! 世界一周中、南米周遊中のみなさん、お待ちしてます! 江口友晴 青年海外協力隊 2018年度1次隊:観光 エクアドル・パスタサ県プーヨ にほんブロ

  • JICA海外協力隊写真展@ぎふメディアコスモス

    9月に岐阜県岐阜市にあるメディアコスモスにて、 岐阜出身者や岐阜にゆかりのある隊員の写真が飾られる。 名称:JICA海外協力隊写真展@ぎふメディアコスモス 日時:2019年9月10日(火)~9月13日(金) 場所:岐阜市立図書館「ぎふメディアコスモス」ドキドキテラス 僕が写っている写真はないが、 任地の観光地で同期隊員をモデルにした写真や エクアドル、アマゾンならではの写真を展示してもらう。 平日で4日間という日程だけど、時間のある人は足を運んでみてほしい。 メディアコスモス自体、すごいオシャレでずっと居られる場所だから、 行ったことがない人は1回行ってみてほしい。 最近、青年海外協力隊を目指しているというメッセージを数人から受け取った。 青年海外協力隊自体は必要だし、めちゃくちゃ良い制度だと思う。 ただ、ちゃんとした活動ができているのは全体の2割くらいじゃないかな…とも思う。 現地の人は、無料の働き手としてボランティアを要請していたり、 ボランティアを要請した現地の人がその後退職して、ボランティアが着任する頃には受け入れ態勢が整っていなかったり、 配属先の経営が成り立っていなかったり、 ボランティアが必要ないくらい整っていたり・・・・と課題・問題は十人十色にある。 要請によって当たりハズレの差がすごいのも否めない。 しかし、他国同期や同国他隊次の隊員など、日本全国に仲間ができて、 外国語を使って仕事ができて、実際に2年間海外に滞在することができる。 現地での生活を通して自分の価値観が変わるかもしれない。 「世界を変える力」になれるかはその人次第だが、 自分の世界が変わる体験にはなるんじゃないかな。 青年海外協力隊、挑戦してみる価値はあると思う。 みんな、エクアドルにおいでよ! いいところだよ!! 世界一周中、南米周遊中のみなさん、お待ちしてます! 江口友晴 青年海外協力隊 2018年度1次隊:観光 エクアドル・パスタサ県プーヨ にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村

  • 最近の変化

    県庁の変化 最近、県庁にいろいろ変化が見られる。 隣接されてたピザ屋さんが閉店になったと思ったら、 壁が壊されて、一体化工事が始まっていたし、 県庁の入り口にパスタサ県産の商品が展示されるようになった。 茶葉やチョコレート コーヒーやチョコレート、黒糖など 酒類や辛子 チョコレートやジャム、辛子 ピーナッツ、チョコレート、サトイモ粉 けっこういろんな商品あったんや! 知らなかった! 見たことない物もたくさん! 問題は、これらが一般的に発売されていない。 買おうと思ったら、 生産者に電話するか、稀に開催される物産展に行くしかない。 「一般的に販売」にっていうのは難しいけど、 せめて、プーヨのお土産屋とかで販売してほしいな。 エクアドルでは、 ちゃんとしたスーパーマーケットなどで販売するために、 ちゃんとした品質、衛生的な製品ですよっていう登録をするために、 登録する商品1つごとに大金を支払う必要があるらしい。 だから、日本企業は容易に日本食品をエクアドルで売り出せず、 なかなか進出しづらいらしい。 そのため、小さい集落などで作った小規模な商品は登録に向いていない。 だから、まずはローカルな場所で取り扱ってほしい。 これに関しても、アドバイスはすでに過去数回している。 先日の大型フェリア後も、 フェリアに対するアドバイスとして、 「フェリア内の商品を市内で購入したい」 と書面で伝えている。 それを受け入れるかどうかは県庁次第だし、 何か意見を求めてくるかどうかも県庁次第。 とりあえず、アドバイスだけはしておく。 みんな、エクアドルにおいでよ! いいところだよ!! 世界一周中、南米周遊中のみなさん、お待ちしてます! 江口友晴 青年海外協力隊 2018年度1次隊:観光 エクアドル・パスタサ県プーヨ にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村

  • 美味しいキト

    ちょっとした贅沢 最近、首都のキトに日本人向けのお店が続々とできている。 エクアドル隊員が絶賛していたので行ってきた。 まずは、CCNUというショッピングモールの1階にできたレストラン 「YAO'S」 カツカレーが美味しいとのことで、 カツカレーを目指して行った。 トンカツは言うことなし! カレールーはもう少し量と野菜が欲しいところ。 でも、料理以外に肉まんじゅうやエンパナーダなどのちょっとした前菜、甘めのお茶、食後のレモン酒もついて合計で8ドルなら価値ありでぜひお勧めしたい。 そのカツカレーの3日後に同期や後輩隊員と一緒にまた行って他のメニューを調査。 今回はソースカツ丼を注文。 トンカツは相変わらず文句なし。 ご飯の量も大盛でお腹いっぱいになるには一番いいかもしれない。 メニューが豊富なのでキトに行くたびにいろんなメニューを試してみよう。 次に日本で修業した韓国人経営のパン屋さん 「BENCHTIME」 エクアドルのJICAオフィスとカロリーナ公園の間くらいにあるパン屋さん。 さすが、日本で修業しただけのことはあって、完璧なまでに日本の味になっている。 料金は高めだから、頻繁には買えないけれど、 今回は中間報告会終了のご褒美として、 クリームパン、メロンパン、カニクリームパンを買ってみた。 エクアドルのパン屋でも少し高級な美味しいパン屋さんがあるけど、 やっぱり日本の味が美味しいを思う。 健康診断で驚愕の体重だということが発覚したから、 今後は減量活動に専念する。 でも、こういうのを食べたいから、任地で減量活動を積極的にやって、 キトでも運動はするけど、こういう美味しいものは解禁するようにしたい。 みんな、エクアドルにおいでよ! いいところだよ!! 世界一周中、南米周遊中のみなさん、お待ちしてます! 江口友晴 青年海外協力隊 2018年度1次隊:観光 エクアドル・パスタサ県プーヨ にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ にほんブログ村 にほんブログ村 旅

  • 波乱?の中間報告

    中間報告会終了! 8月15日・16日、2018年度1次隊の中間報告会が行われた。 本来、1次隊と2次隊の2グループ分の発表を1日で行うはずが、 人数が多いことが原因で1次隊だけで2日間かけて行われた。 僕の発表は1日目の最後から2番目。 1人20分の発表時間。 正直、不本意な内容だった。 写真提供:粟島さん 配属先からは、同僚2名と上司1名の3名が参加。 通常、同席する同僚は1名か2名だから3名は多い。 JICAや他の隊員が行っていることを知れるから、まぁいいか。 僕の前の人が発表している途中で、 話す予定ではなかった上司が、 「トモ、俺も話す!」と急に言い始め、 「ん?は!?」となり、 上司だし、短く話すって言ってるから断れず、 その場で「トモ、日本語を教えてくれ!」と言い始め、 「ん?は!?今!?」となり、 「こんにちは」、「ともだち」、「ありがとう」を教えた。 そして、発表のときになり、上司が話し始めた。 そのときの心境は、 「いや、長い長い長い長い!!」 もう、笑うしかなかった。 口パクで「長い」をひたすら繰り返していた。 他の隊員も、たぶん「長くね?」と思っていた。 僕のプレゼンだけでも13分前後必要で、 他の同僚も途中と最後で話す予定になっていた。 いつも、発表などするときは早口になってしまうから、 気を付けてゆっくり話さなきゃなーと思っていたけど、 そんなことを言っている場合ではなくなった。 結果、原稿丸読み 写真提供:粟島さん 上司が長いこと話すから焦って、 話す内容が頭から消え、 ひたすら、原稿を読んだ。 最後も同僚が話す予定だったから、 僕がみんなにお礼と締めの言葉を言う前に同僚にマイクを渡したら、 同僚が締めてしまった。 僕の口からお礼も何も言うこともなく、 すぐに席に戻ったから質問を受け付けることもなく終わった。 見せ方はどうであれ、発表は終わった。 1年後の最終報告は、 他の隊員は見学できず、

  • 大型フェリア

    8月10日 8月10日はエクアドルの独立記念日。 今年は8月10日が土曜日だったから振替で金曜日から3連休だった。 パスタサ県には「Diez de Agosto(8月10日)」という集落があって、 その集落で盛大なフェリア(物産展)が開催された。 会場には多くの地元民が集い、盛大に盛り上がっていた。 ここでは、今まで見たことがないようなパスタサ県産の商品がたくさんあった。 お茶(グアナバナ、レモン、グアユサ) ワイン(ハマイカ、グアユサ) ワイン(パイナップル) 地ビール コーヒー① コーヒー② マンハールという甘いクリーム その他、チョコレートやアヒ(辛いソース)、手作り石鹸、アクセサリー、革製品などなど多くの物が販売されていた。 その中で、今自分の中で話題のサチャインチオイルがあった。 パスタサ県産としては商品化がされていないと思っていたけれど、 勘違いか聞き間違えたか、商品化されていた。 小瓶で1本を8USDで買い、さっそく少し飲んでみた。 少しだけ青臭いけど飲めなくはないし不味いわけではない。 サチャインチオイルの健康効果や価値を 世間に広めていければ売れないことはないと思う。 しかし、 これらの商品は市内では一切販売していない。 「なんでやねんっ!」 って声を大にして言いたい。 そういうところから改善していった方が、 個人事業主さんたちも潤うし、 県としてもいろんな商品をアピールすることができる。 確か、以前にこのことに関しても同僚や上司に伝えたことがあったけど、 どんな回答が返ってきたか覚えていない…。 覚えてないっていうことは良い回答ではなかったんだろうな。 もう一回、聞いてみよう。 いろんな助言をしているけど、反映されているのか? 「それがエクアドルだ」って言うなら、 助言の意味がないから闘わなきゃなー。 みんな、エクアドルにおいでよ! いいところだよ!! 世界一

  • Tシャツ作ってみた。

    予想以上に良い! 同期隊員が任地のアマゾンツアーに参加したときの写真を使って、 Tシャツを作ってみた。 日本のあるサイトでTシャツをデザインできるところがあり、 それを利用してイメージ図を作成。 そのイメージを服屋さんに見せながらノートにデザインやメモを書いてもらった。 裏写真バージョン 表写真バージョン インスタグラムでいろんな人からアドバイスを貰い、 とりあえず、試作品として写真付きTシャツを2枚作ってみた。 今回、Tシャツを作成したのは、 よく人気観光地で見かける観光スポットTシャツが任地に無く、 作ってみたかったから! 任地パスタサ県の人気観光スポットと言えば、 Mirador Indichuris(展望台インディチューリス) ターザンブランコができたり、 アマゾンっぽい景色、アマゾン川の支流を眺めながらハンモックでゆったりできるスポット。 エクアドルのいろんな観光関係のインスタグラムアカウントが、 パスタサ県の写真を出すときは9割ここの写真が使われている。 だから、Mirador IndichurisのTシャツを作ってみた! 表写真バージョン 裏写真バージョンの表 裏写真バージョンの裏 思ったよりも写真がキレイだしいい感じ! 1枚から作れて、表も裏も印刷して1枚8ドルなら安い! コンゴウインコを入れてみたのと、入れなかったのと2パターン。 胸の真ん中に文字を入れてみたけど、 僕のデザインでは「PASTAZA」だけだったのに、 裏と同じように「AMAZONIA EN ECUADOR」も入れられた。 そして、思ったよりも文字が大きめで、 位置が低めだった。 日本でたまに見かけていた、 胸よりちょい高めの位置にある小さめの文字(ロゴ)をイメージしていた。 ああいうの、オシャレで若者が着てくれそう。 観光Tシャツとしては表写真が王道。 着やすさとしては裏写真が理想。 難しい…。 みんな、エクアドルにおいでよ! いいところだよ!! 世界一周中、南米周遊中のみなさん、お待ちしてます! 江口友晴 青年海外協力隊 20

  • 地域振興で夜明けの兆し!!

    県庁の地域振興課?みたいなところが取り組もうとしている、サチャインチオイルのプロジェクトに参加することになった。 もっと早く、この課の人と出会いたかったー。 観光課の数倍、モチベーションが高い。 課なんて関係なく活動できるから、積極的に関わっていこう。 県知事や上司、他課の同僚と朝6時30分から会議。 この会議に参加していた1人の男性は、2回日本に行ったことがあるという。 日本で行われたイベントにサチャインチオイルを持って参加したらしい。 (会議後に話したら、神戸牛の市場価値に関して熱弁していた。) その人が会議に商品例を持ってきてくれて、サチャインチオイルの試飲をさせてくれた。 サチャインチオイルは飲めるオイル。 サチャインチオイルとは、 生産国としてはペルーが有名で、熱帯雨林地区に育ち、 栄養素や抗酸化作用など、評価がものすごく高い。 その効果は、アレルギー緩和、アンチエイジング効果、視力のドラブルに。。。と本物のスーパーフードだとわかった。 あっさりしているから、スプーン1杯分くらいなら抵抗なく飲めるし、それで健康が保たれるなんて今後お世話になるしかない。 このサチャインチオイルをパスタサ県にある地方の村ですでに育てている。 地域振興課の上司としては一村一品運動でこのサチャインチオイルを盛り上げていきたいとのこと。 さっそく、村に行って生産者さんたちと会議を行った。 全生産者がサチャインチオイルを栽培しているわけではなく、全体の半分くらいが生産をしていたが、県庁がペルーから種を仕入れてくるから、希望者は種を購入することができる。。。ということらしい。 その後、すでに栽培されているサチャインチオイルの畑を実際に視察。 とある家庭の裏山にたくさんのサチャインチオイルの木が生い茂っていた。 このようにサチャインチオイルを栽培している家庭がいくつかあるという。 サチャインチオイルはこの種から抽出される。 まだ、この村では製品として広く販売をしてないようだが、 今後、一緒にやっていけたらと思う。 みんな、エクアドルにおいでよ! いいところだよ!! 世界

  • 任地変更の選択肢

    5回目の会議 8月1日、調整員とJICAの現地スタッフが配属先に来た。 勘違いなのか何なのか、 僕の知らない・見落としてた?ところで 今回の会議で実際に中間報告を同僚・調整員の前で発表することになっていた。 そして、会議室に行くと、上司の姿がない。 まさかの不在。 さすが、エクアドル。 事前にアポを取っていて、 本人からも承諾のメールが来ているのに、 当日になってみないとわからない。 そして、代わりに別の部署の男性が会議に参加した。 新しいカウンターパートや、異動した元カウンターパートが参加して会議が始まり、 担当の調整員はいつも通りかそれ以上にパワフルに話をしていた。 現在、エクアドルには3名の調整員がいて、 2名は冷静沈着な紳士、 1名が感情的でパワフルな女性だ。 2時間半にも及ぶ会議、中間報告のプレゼンが終わり、 新しいカウンターパートと一緒にやっていこう!みたいな感じになった。 中間報告の内容で問題提起をしたので、その辺も理解してもらえた。 同僚がオフィスに戻った後、 調整員とJICA現地スタッフから話があるとのことで3人で話をした。 「任地変更の件、キトの観光省が選択肢として今ならある」ということだった。 正直、なぜこのタイミングなんだ?って思ったし、調整員にも言った。 今まで無かったのは仕方ない。 8ヵ月くらい前に任地変更の相談をしたときに、その選択肢があれば迷わず飛んで行った。 でも、ちょうど今、会議をし終わって、「これからやっていこうぜ!」っていうときに任地変更の話が出ても行きたいとは思えなかった。 …ということで、今後もプーヨに居ることになった。 そして、上司の代わりに参加した別部署の男性が、 OVOP(一村一品運動)をやりたいと言い出し、 一緒にサチャインチオイルに関して活動するようになりそうだ。 サチャインチオイルってどっかで聞いたな…って思ったら、 お笑い芸人「タイムマシーン3号」のネタだった。。。(笑) みんな、エクアドルにおいでよ! いいところだよ!! 世界一周中、南米周遊中のみなさん、お待ちしてます! 江口友晴 青年海外協力隊 201

  • 中間報告準備

    2年の任期、折り返し地点の1年が過ぎて残すところあと1年。 いろんな人から、「大丈夫か?」と心配の声をもらっている。 心配かけて申し訳ない気持ちと、心配してくれてありがたい気持ちと半々。 任地変更をするにしても、このまま留まるにしても、 中間報告には同僚が来るみたいだから、 今は騒がずに大人しくオフィスで中間報告の準備をしている。 もうパワーポイントはだいたい完成して、原稿を作成している段階。 活動って言っても、そんなにしていないから、分析データ多め。 8月1日に調整員が来る予定で、そのときに準備しておくようにも言われている。 たぶん、エクアドル同期の中でも準備が早い方だと思う。 パワーポイントで、未完成部分は、「2年目の活動計画」だけなんだけど、 正直、やりたいことは明確になっていない。 2年目は県庁にいる予定もない。 パスタサ県にいるとしても、別の団体や農家などを見て回ろうと思う。 現状、「2年目の活動」というスライドには「知らない」としか書かれていない。 とりあえず、まだ何も浮かばないし、調整員が来るときもこれでいこうかな。 他国隊員の近況報告を見ていると、 エクアドルの中間報告会とは雰囲気も形式も違って面白いと思った。 出発日が2日しか違わなかったペルーが6月下旬にもう中間報告が終わっていたり、 スーツではなく民族衣装を着て、とても華やかだったり、 ポロシャツなどカジュアルな感じだったり、 隊員全体で集まって報告ではなく、配属先でこじんまりと行われていたり、 1人40分という長時間の発表だったり。。。。などなど 国によってこんなにも違うのか。 エクアドルの中間報告会は・・・・ ・総会と重なるからほぼ全隊員が参加する。 ・だいたいみんなフォーマル ・発表はスペイン語のみ ・1人につき15分の発表と5分の質問などで合計20分 ・1次隊&2次隊(8月)、3次隊&4次隊(1月)で2グループ同時に発表する。 ※今回は2018-01が15人もいるから、2018-01だけで2日間行い、2018-02は10月に行う。 それにしても、 なんでエクアドル人って写真撮るときに、 無言

  • 仕事してます感

    非報(同僚の人事異動)の日、その後の話。 調整員に同僚の異動を連絡し、JICAの現地スタッフから電話確認が入った。 同僚間で僕の活動に関して引継ぎをしたらしいけど、不安しか感じない。 たぶん、引継ぎでとにかく僕を連れまわすように言われたんだろう。 急に、地図を配りに行く仕事に付いてくるように言われた。 前々から外出やイベントは事前に言うように依頼していたが、 そのことは引き継がれていなかった。 「いつ行くの?」と聞くと、「今からだ」と言われる。 いや、前もって情報を共有することできないの? お菓子しか共有してくれないの? そして、この地図は4月には完成していた地図だ。 今、7月末だけど、この約4ヵ月間、配っていなかったのか…。 今回は、サトウキビ関係のお店とお土産屋、動物園に届けた。 サトウキビ関係のお店で、 同僚が僕の活動してます感のある写真を撮ってくれた。 同様に、同僚の仕事してます写真も撮影した。 これがエクアドル。証拠写真が全て。 普段活動できていない僕にとっては貴重な写真だ。 ここは、10店舗以上同じ物を売っている店が軒を連ねている。 同僚に対して、効率の悪さや同じ物を売っている理由を聞いた。 「これがエクアドルだ。」って言われた。 いや、どんだけ商売下手なんだよ。 隣県の人気温泉街バーニョスもこれと全く同じ状態だ。 特に個性的でもなく、大きな需要もない同じ物を軒並み並んで販売している感覚はよくわからない。 そして、バーニョスで販売されている飴は僕の任地パスタサ県で収穫されたサトウキビを主に使用している。 アマゾン1日ツアーといい、サトウキビといい、 パスタサ県に入るはずのお金がバーニョスに搾取されている事実が否めない。 次に、お土産屋に地図を持って行き、 商品を見ていると、「PUYO」と入っているお土産が極めて少ない。 グラスなどの割れ物、またはTシャツ1種類、あとは大きめの置物などしかない。 なぜ、PUYOの文字が入っているお土産が少ないのか同僚に聞いても、「わからない」と言われ、以前も何度か観光課としてお土産や特産品に関わらないのか聞いたが、 「NO」

  • 非報速報

    夜明け前が一番暗い。 明けない夜はない…とかカッコイイ言葉があるけど、 俺の夜明けいつ!!??? みんな、エクアドルにおいでよ! いいところだよ!! 世界一周中、南米周遊中のみなさん、お待ちしてます! 江口友晴 青年海外協力隊 2018年度1次隊:観光 エクアドル・パスタサ県プーヨ

  • 県庁へ助言

    言いたいこと言ったった!っていうことで、 正式な書面として下記のアドバイス・意見を伝えた。 スペイン語原文と日本語訳 1. El gobierno provincial debe preparar las fotos y las informaciones completamente de la página web de pastaza.travel. 1.県庁観光課のウェブサイトの写真や情報を整えなさい。 (これは前からずっと言ってる。) 2. El gobierno provincial necesita otro voluntario de otro país para promover turismo. No necesita el voluntario japonés. Porque muchos turistas visitan la Provincia de Pastaza de EEUU, Alemán y otros países. 2.パスタサ県に来ているのは、アメリカ人やドイツ人などなんだから、県庁に必要なのは、日本人ボランティアではなく、アメリカやドイツなどからのボランティアだ。 3. La Provincia de Pastaza necesita tener algo único turístico, aprovecharlo y mostrar algunas diferencias con otras provincias del oriente para que los turistas puedan entender cada característica. 3.パスタサ県は唯一無二と呼べるものを持ち、活用し、観光客に特徴が伝わるように違いを示しなさい。 4. ¿Qué es el buen punto de quedarse en la Provincia de Pastaza? Los turistas no pueden entenderlo. 4.パスタサ県に宿泊するメリットは何か?観光客はそれを理解できない。 5. ¿Qué tipo de turistas quiere invitar como el gobierno provincia

  • 令和元年度遠洋練習航海

    日本の海上自衛隊が練習航海として、 エクアドルの最大都市グアヤキルに寄港するということで、 入港式やレセプションパーティーに参加させてもらった。 日本でも自衛隊関係のイベントに関わったことがないから、 とても貴重な経験になった。 素敵な生演奏や生歌をBGMに、 食事中も海上自衛隊の幹部候補生の人たちとたくさん話す機会があった。 海自の人たちからしても、青年海外協力隊というのは未知の世界で、 お互いにいろんな質問をし合っていると、あっという間に時間が過ぎて、 レセプションパーティーが終了した。 もうちょっと食べられたなー。 甘いもの食べられなかったなーとちょっと後悔。 後輩隊員が、会場から早く出ると先着順で日本酒が貰えると教えてくれて、 升付きで日本酒を獲得。いい記念品・お土産になる。 あと、この海上自衛隊の人の中に、 他国同期の観光隊員の妹さんがいた。 レセプションパーティー前にイグアナ公園で、 偶然に写真撮影をお願いされて、話したら妹さんで驚き。 パーティー中も、話をしたり、他のエクアドル隊員の同期と妹さんで写真を撮ったりして、楽しい時間を過ごした。 会うことはできなかったけど、 前職時代のお客さんの友人も海自としていたみたい。 いやー、しかし、世間って狭いな。 みんな、エクアドルにおいでよ! いいところだよ!! 世界一周中、南米周遊中のみなさん、お待ちしてます! 江口友晴 青年海外協力隊 2018年度1次隊:観光 エクアドル・パスタサ県プーヨ

  • 活動の終着点

    結局、自分にできることってなんなん?って考えたときに、動画やガイドブックの作成とか形に残る物が浮かんでいたけど、 後輩隊員と話していたときに、「分析」っていうことでけっこうスッキリした。 今までも分析して、一部報告してきたけど、違う角度や方法で、今後も1人でもできるのかな?って思えた。今の同僚を例えるなら「井の中の蛙」 井の中の蛙に大海の存在を教える、自分たちの立ち位置を理解させる。 観光促進に可能性があるのか、考えさせて理解させる。 「観光客・観光地とは何か」というのを理解させる。 別の方法で収入源を作り出した方が良いのか、考えさせて理解させる。 JICAの観光隊員はここに向いていないことを理解させる。 そのために、自分はいろんなことを「分析」していく。 しかし、毎日8時間することでも、毎日8時間できることでもない。 他県の観光地・街、任地の農園とかに行ったり、 他隊員の活動をサポート・見学したりしながらやっていこう。みんな、エクアドルにおいでよ! いいところだよ!! 世界一周中、南米周遊中のみなさん、お待ちしてます! 江口友晴 青年海外協力隊 2018年度1次隊:観光 エクアドル・パスタサ県プーヨ

  • いや...誰得?カビの記録

    湿気が多い地域で活動している隊員のみなさん、気を付けよう。 2018年8月からアマゾン地帯の任地プーヨに住み始めて、 今までカビが発生したもの一覧。みんな、エクアドルにおいでよ! いいところだよ!! 世界一周中、南米周遊中のみなさん、お待ちしてます! 江口友晴 青年海外協力隊 2018年度1次隊:観光 エクアドル・パスタサ県プーヨ

  • キトのオススメお土産市場

    エクアドルのサッカーユニフォームをはじめ、ポンチョや可愛い柄の毛布、セーター、テーブルに敷く布やストール、アクセサリー全般、Tシャツ、チョコレート、コーヒー、お茶、民族系の置物などなどエクアドルを代表するお土産が勢揃い!オタバロも、 お土産や民芸品を求める観光客が大勢来て、エクアドル内で最も経済効果のある市場として有名だけど、 このMercado Artesanal La Mariscalも、Tシャツはオタバロと同じ値段だし、 時間がない…っていう人には最適なお土産市場じゃないかなーと思う。 しかも、Mercado Artesanal La Mariscalは、 Wifi完備で充電もできる! 同じ物を売っている店が多いから、「このTシャツのMサイズが欲しい!」と思ったら別の店を見てみればあるかもしれないし、行ってみる価値あり。 みんな、エクアドルにおいでよ! いいところだよ!! 世界一周中、南米周遊中のみなさん、お待ちしてます! 江口友晴 青年海外協力隊 2018年度1次隊:観光 エクアドル・パスタサ県プーヨ

  • 村をはしご

    村や施設を1日中はしごするという初めての体験。ある日、上司から急に「Pomonaで会議があるから同行しなさい」言われた。 Pomonaっていうのは、いつもアマゾン1日ツアーで行く方面の地名。 とりあえず同行してみたら、 1ヵ所で会議…ではなく、各集落を周って書類にサインをしてらうだけで、特に出番はなかった。そして、他の課の人も3人いて、道路整備のために整備が必要な道路のデータを調べに同行していた。集落訪問中も観光客が来る。 ガイドがプーヨ(任地)の旅行会社の人じゃないから、 バーニョス(隣県の人気観光地)からの外国人観光客だ。 仲良くしてくれているキチュア族のお父さんに 「バーニョスからは観光客はどのペースで来るの?」と話を聞いた。 そしたら、 「バーニョスからは毎日たくさん来てるよ。プーヨからは全然来ないね」という回答。 まぁ、予想通りの回答だ。 わかっている事実だけど、「やっぱりかぁ。。。」と少し肩を落として巡回再開。 みんな、エクアドルにおいでよ! いいところだよ!! 世界一周中、南米周遊中のみなさん、お待ちしてます! 江口友晴 青年海外協力隊 2018年度1次隊:観光 エクアドル・パスタサ県プーヨ

  • 田辺農園見学

    田辺農園さんは、エクアドルにある日本人経営のバナナ農園で、 エクアドル内ではここのバナナを購入することはできず、100%輸出用だ。 日本では、ローソンなどで販売されている。日本では、バナナと言えばフィリピンだけど、 輸出国としてはエクアドルが世界一位。 ”生産国”としてはブラジルとインドがトップ争いをしているそうだけど、 国内で消費しているらしい。 エクアドル内のバナナ農園は合計15万ヘクタールほど フィリピン内のバナナ農園は合計5万ヘクタールほどだそうだ。 その中で田辺農園さんは350ヘクタールのバナナ農園に加えて、 60ヘクタールの竹林など広大な土地を所有している。 1ヘクタールで100m四方、つまり10,000㎡が350個分だから・・・・ものすごく広い。収穫したバナナの25%ほどは出荷されず廃棄になるらしい。 変な形だったり、大きすぎたり、熟していたりするとダメとのこと。 廃棄になったバナナはぼかし肥料にしたり、ミミズに与えて堆肥にしたりして、 循環型農業を形成している。みんな、エクアドルにおいでよ! いいところだよ!! 世界一周中、南米周遊中のみなさん、お待ちしてます! 江口友晴 青年海外協力隊 2018年度1次隊:観光 エクアドル・パスタサ県プーヨ

  • 世界遺産の街クエンカ

    街の歴史地区が世界遺産となっている 「クエンカ」という街に初めて行ってきた。 スペインの植民地時代の雰囲気がまだ残っている。 アマゾンの街並みとは似ても似つかない。 もはや、ヨーロッパに来たのかと思うくらい綺麗で整った街だった。エクアドルを代表する観光地のレベルを知れた視察旅だった。 みんな、エクアドルにおいでよ! いいところだよ!! 世界一周中、南米周遊中のみなさん、お待ちしてます! 江口友晴 青年海外協力隊 2018年度1次隊:観光 エクアドル・パスタサ県プーヨ

  • 1年越しの勘違い発覚

    昨日、4回目の上司と同僚、調整員とのミーティングがあった。政権交代後だから、新しい県知事や上司にJICAの説明をする+僕の活動状況の確認などを目的としたミーティングが行われた。任地変更のことを前に相談していたので、ある程度の状況はJICA側も理解してくれていたと思う。みんな、エクアドルにおいでよ! いいところだよ!! 世界一周中、南米周遊中のみなさん、お待ちしてます! 江口友晴 青年海外協力隊 2018年度1次隊:観光 エクアドル・パスタサ県プーヨ

  • 新聞デビュー

    地元・岐阜新聞に載りました~!みんな、エクアドルにおいでよ! いいところだよ!! 世界一周中、南米周遊中のみなさん、お待ちしてます! 江口友晴 青年海外協力隊 2018年度1次隊:観光 エクアドル・パスタサ県プーヨ

  • FAMツアー

    日本の旅行会社などを呼んでFAMツアーを行うために、 ざっくりとしたプランと料金を出してみた。 内容としては、成田⇒キト⇒プーヨ(アマゾンツアー)⇒キト⇒ガラパゴス諸島⇒キト(オタバロ、ミンド、パパジャクタのオプション)⇒成田というルート。みんな、エクアドルにおいでよ! いいところだよ!! 世界一周中、南米周遊中のみなさん、お待ちしてます! 江口友晴 青年海外協力隊 2018年度1次隊:観光 エクアドル・パスタサ県プーヨ

  • やけくそ後の変化

    やけくそになってから、 残る同僚がいるってわかったから、話し合いができるようになって楽になった。 4月5月は話し合っても、すぐにみんな辞めてしまうと思い込んでいたから話し合いもろくにできなかった。みんな、エクアドルにおいでよ! いいところだよ!! 世界一周中、南米周遊中のみなさん、お待ちしてます! 江口友晴 青年海外協力隊 2018年度1次隊:観光 エクアドル・パスタサ県プーヨ

  • やけくそになってみた

    いろんな国から共感や励ましのメッセージ・コメントをいただきました。日本から電話をしてくれた後輩もいて、いろんなアドバイスをしてくれました。みんなから元気をもらいました。本当にありがとうございます。みんな、エクアドルにおいでよ! いいところだよ!! 世界一周中、南米周遊中のみなさん、お待ちしてます! 江口友晴 青年海外協力隊 2018年度1次隊:観光 エクアドル・パスタサ県プーヨ

  • 2度目の転機の狭間

    県庁の同僚が退職したけれど、未だにオフィスでいつも通り座って雑談をしたり、ネットサーフィンをしている状況に我慢の限界を感じている。

カテゴリー一覧
商用