プロフィールPROFILE

しゃおさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
生きづらさをかかえて
ブログURL
http://hattatu-shuhu.blog.jp/
ブログ紹介文
母親との関係に苦しみ、アダルトチルドレン、不安障害、対人緊張の自覚もある主婦の心のつぶやき。
更新頻度(1年)

65回 / 338日(平均1.3回/週)

ブログ村参加:2018/06/15

しゃおさんのプロフィール
読者になる

しゃおさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,909サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
メンタルヘルスブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,517サイト
ひきこもり女性 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 244サイト
生きづらさ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 617サイト
主婦日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,023サイト
ひきこもり主婦 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 631サイト
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,909サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
メンタルヘルスブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,517サイト
ひきこもり女性 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 244サイト
生きづらさ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 617サイト
主婦日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,023サイト
ひきこもり主婦 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 631サイト
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,909サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
メンタルヘルスブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,517サイト
ひきこもり女性 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 244サイト
生きづらさ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 617サイト
主婦日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,023サイト
ひきこもり主婦 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 631サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、しゃおさんの読者になりませんか?

ハンドル名
しゃおさん
ブログタイトル
生きづらさをかかえて
更新頻度
65回 / 338日(平均1.3回/週)
読者になる
生きづらさをかかえて

しゃおさんの新着記事

1件〜30件

  • 親からの心理的束縛

    私の親は70代後半だが、二人とも元気だ。私は長年親の過干渉に悩んできたが、今も私の子育てや子どもについてあれやこれや細かいことに口出ししてくる。物理的に離れて暮らすようになっても、心理的に親の支配下に置かれ、自分が自分らしく生きることができないできた。私自

  • スクールカウンセラー

    子どもが学校に行けなくなって、2か月。スクールカウンセラーの先生の所に行ったら、「まず、学校には行けないでしょうね」ということで、適応教室を勧められる。この先生、上の子のことは面識なく知らないだろうに、書類だけの情報で、いかにも知ったようなかんじで話されて

  • 育てられたように育ててしまう

    子どもが学校に行けなくなって、自分の今までの在り方を考えている。亭主関白で、短気で気分屋の父。父とのけんかが絶えない母。小さい頃はよく、「なんであなたはいつもそうなの?あなたを見てると情けなくなってくる」と事あるごとに言われて育った私。自分のしたいことで

  • 自分の中の生きづらさたち

    いろいろなことがグルグルして、からまった糸をほぐすことができなくなってしまった。原家族とのこと。現家族とのこと。自分の特質(AC ADHD ASD HSP)うつ病?躁うつ病?パーソナリティ障害?更年期障害自分はどうしたいのか。これからどう進んで行きたいのか。とにかく

  • コップの水

    コップに半分の水が入っている。コップの水を「半分も入っている」と見るか、「半分しか入っていない」と見るか、という有名なドラッカーの理論がある。要は客観的な一つの事実を、どうとらえるかということだと思うが、この差は小さなことのように見えるけど、日常生活の中

  • 自尊感情の育て方

    子どもが学校に行けなくなった。私の自己否定感の強さが、とうとう子どもに害を及ぼし出した。というか、今まで見えなかった害が、形になって表面化した。きっと子どもは、これまでずっと我慢していたのだ。そして我慢の限界に達し、エネルギーが不足し、外に出ることができ

  • 子どもが不登校になった

    私はずっと、母との関係に悩んできた。自分の自己否定感にさいなまれてきた。子どもが最近学校に行けなくなってしまった。どうしよう。私のせいだ。私が自分自身を肯定できないから、子どもも自己肯定感が持てないのだと思う。頭では理解できる。けれど、どうしたらいいのだ

  • 成長しない自分・・・

    私は子どもの頃から他の子と遊べなくて、幼稚園は途中でやめてしまった。不登校ならぬ不登園。小学校へ上がってからも、友達はできなかった。どうやって話しかけたら良いのか分からないし、「遊ぼう」と言われたら、どう答えたらよいのか、分からなかったのだ。私が黙ったま

  • 孤独死大国

    孤独死大国 予備軍1000万人時代のリアル [単行本(ソフトカバー)]菅野 久美子双葉社2017-03-18 共同体社会が崩壊し、地域でのつながりが希薄になりつつある今の日本で、孤独死というのは、これからどんどん増えていくのだと思う。前半は、孤独死した人のリアルな現場、その

  • 死について

    最近また自分の死について、よく考える。孤独死するのはいいのだが、どこかの山の奥でなくては。部屋で腐乱してしまうと、他の人に迷惑がかかる。それだけは、絶対に避けたい。絶対に人には見つからないように、獣に食べてもらえるように。真っ暗な森の中で、死んでいく自分

  • 薬漬けになる

    最近、あまりにもしんどくて、心療内科に行って薬をもらってきた。6種類くらいの薬を、夜寝る前に飲んでベッドに入ったら、まる二日間、何も飲まず食わず、ひたすら寝るはめに。おそらく水のかわりに焼酎で薬を飲んでしまったのと、ふだん薬を飲んでいないのに急に6錠も飲ん

  • 親との関係が私を苦しめる

    私はずっと、親の過干渉に悩んできた。そして、家にいることが非常にストレスだった。とにかく家を合法的に出るために、勉強をがんばった。勉強さえしていれば、親は上機嫌だった。私の気持ちなどおかまいなしに・・・。彼らは「子どものため」と言いながら、親が良いと思っ

  • 引きこもり

    きっかけは、些細なことかもしれない。いじめや過労。学校や職場での人間関係。。。ちょっと疲れた、休みたいと思って、学校や仕事に行かなくなる。そのあとうまくリフレッシュできれば、あるいは環境を変えることができれば、短期間で社会復帰できたかもしれない。しかし復

  • 生きづらさについて

    一口に「生きづらい」と言っても、その生きづらさは人それぞれ。ただ生きづらい状態というのは、金銭的なことよりも、周囲の人との関係がうまくいっていないことが原因となっている場合が多いのかなと思う。親や兄弟姉妹との関係。子どもとの関係。姑との関係。夫との関係。

  • 「毒親」の正体

    「毒親」の正体 ――精神科医の診察室から ((新潮新書)) [新書]水島 広子新潮社2018-03-15私自身、自分の親との関係に悩み、そして子どもとの関係に悩んできた。ものすごい過干渉、親の勝手な思い込みからの決めつけ。暴言、否定の数々・・・。そして公衆の面前での不適切な

  • 久しぶりの更新になってしまった・・・

    いろいろあり、思うことも多かったのに、ブログに気持ちをまとめることから逃げていたような気がする。自分自身の生活のこと、最近起きた事件のこと、、。8050問題については、早急になんとかしないと、社会のひずみが大きくなっていくのではないかと危惧している。自分自身

  • 自殺のコスト

    自殺のコスト [単行本]雨宮 処凛太田出版2002-01-01ちょっと古い本だが、気になって読んでみた。自殺をするときにかかるコストが、具体的に書かれていて、興味深い。ちょっと衝撃的だったのは、今の時代、クスリで眠るように死ぬというのは無理そうだということ。薬は、飲ん

  • 0円で生きる

    0円で生きる: 小さくても豊かな経済の作り方 [単行本(ソフトカバー)]鶴見 済新潮社2017-12-18お金を出せば、何でも手に入る今の世の中で、あえてお金を使わないで生きていく術を、著者の実体験に基づいて書かれている本。東大を卒業しているのに、まるでホームレス出身の人

  • 最悪な月

    毎年この時期は、いつも精神状態が悪くなる。自分では制御不能になり、まるで悪魔にとりつかれたように、マイナスのことばかり考えてしまう。厚生労働省の統計でも、3月に自殺をする人は、5月と並んで多いようだ。なぜかは分からないが、私は毎年3月になると、「死にたい

  • ホームレスにあこがれる

    たぶんこんなことを考えている人は、私の周りにはいないのだが、私はひそかにホームレスにあこがれている。住む家をなくし、ネットカフェに寝泊まりし、行き倒れになって、行旅死亡人として処理される。そのためには、なるべく新たな人間関係は持たないようにし、これまでの

  • 寂しい

    子どものことや、日常のことを、夫に話しても、いつも無関心。「どうしたらいい?」と聞いても、「ううん、そうねえ」という言葉しか返ってこない。私が話している途中ですぐいびきをかくし、子どもが目の前で困っていても、自分はパソコンに夢中。子どもがヘルプを求めた時

  • 絶望感の中で

    昨日は最悪な状況で、またアルコールと薬を一緒に飲んでしまう。自分の身体を痛めることに、快感のような気分を味わう。頭が締め付けられるような頭痛と、胸がキュッと締め上げられるような感覚で、起きているとしんどく、今日はただひたすら横になる。全てがどうなっても良

  • どう生きていったらいいのか分からない

    なんだかいろいろなことが滞ってきて、何をどうしたらよいのか分からない。このまま目が覚めなければいいいのに。。。消えてしまいたい。。。楽になりたいという気持ちしかない。何とかしないといけないのだが、何とかしようとする気力がない。自分の子どもがかわいそう。子

  • 学校に行かなければいけないこともない?

    私はどんなに体調が悪くなっても、学校や会社を休むという発想自体がなかったので、人に移る病気以外は、休まなかった。けれど自分から他人と関わることがひどく苦手だったので、外に出ると、ひどい緊張状態で、18歳で家を出てからは、精神的に不安定な状態が長く続いた。学

  • 決めることができない

    目の前の何かを選択しなければいけない状況というのが、苦手だ。Aを選んでもBを選んでもどちらでも良いということは、私にとってとんでもなく大きなストレスなのである。思えば、大学の学部を選ぶ時も、特に進みたい専門分野もなく、仕方がないので、募集要項にあった一番上

  • 落ちこぼれ

    私の親戚は、社会的に成功している人が多い。優秀な人が多いのは喜ばしいことだとは思うが、プライドが高いというか、見栄っ張りというか、できない人は、思いっきり馬鹿にする。まあ以前は、障害者や社会的弱者に対して、社会も今ほど知識や理解がなかったから、仕方がない

  • 生きづらいことについて

    一口に「生きづらい」と言っても、いろいろあるのだと思う。アダルトチルドレン(AC)発達障害(ASD、ADHD、LD)精神障害(うつ病、双極性障害、統合失調症、不安障害、依存症など)貧困(ホームレス、生活保護、ネッコカフェ難民など)HSP生まれ育った家庭環境、経済的な理由

  • 漂流老人ホームレス社会

    漂流老人ホームレス社会 (朝日文庫) [文庫]森川すいめい朝日新聞出版2015-07-07著者は精神科医で、路上にいるホームレスの人たちに声をかけ、福祉につなげることをしている。それは彼自身が感じていた「生きづらさ」が、彼をそのような行動に駆り立てたのだ。しかし並大抵の

  • 過敏で傷つきやすい人たち

    過敏で傷つきやすい人たち (幻冬舎新書) [新書]岡田 尊司幻冬舎2017-07-28過敏で傷つきやすい人は、些細なことで傷つき、音や人間関係や生活の様々なところで、生きづらさを感じている。HSPといった、過敏性に苦しんでいる人は、なぜ苦しむのか。この苦しみはどこから来るの

  • 貧乏くさい?私

    以前は自分でヘアカットをしていたが、最近1000円以下で、まあまあ上手な美容室を見つけたので、3回に1回はカットをしに行くようになった。ここはヘアカラーも2000円以下でできるので、ついでにお願いしている。服を買うのはだいたい1000円以下のもの。元値から半額になって

カテゴリー一覧
商用