searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

山歩塾さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

山歩塾では 毎月10回ほどの、エリアとコースに富んだ 初心者から登山中級者向け各グレード別の講習会を企画・実施しています ぜひご参加ください!

ブログタイトル
こじたの山歩記
ブログURL
https://sanpojuku.blog.ss-blog.jp/
ブログ紹介文
神奈川の登山ガイド高橋宏治のブログ。登山サークル'山歩塾'主宰 関東-甲信越を中心にご案内中 ご参加を希望される方はホームページ(http://sanpojuku.com/)の右横の各連絡先にご連絡ください!
更新頻度(1年)

159回 / 365日(平均3.0回/週)

ブログ村参加:2018/06/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、山歩塾さんの読者になりませんか?

ハンドル名
山歩塾さん
ブログタイトル
こじたの山歩記
更新頻度
159回 / 365日(平均3.0回/週)
読者になる
こじたの山歩記

山歩塾さんの新着記事

1件〜30件

  • 黒川鶏冠山 苔とタマゴダケ

    黒川鶏冠山へ。すばらしいところでした。 柳沢峠には30分くらい  国道と反対側の三窪高原にはよく来ていたのですが (大菩薩に抜けたことはあったかも)こちらには久しぶり。 往復12kmの長丁場ですが、静かな森を比較的 平坦に歩けるということで。 じつは数日前、六本木峠=大菩薩嶺間でクマの出現情報あり 心配して鈴(笛)も持って鳴らして歩いていますが、 今日はにぎやかなメンバーなのでだいじょうぶでしょう。 ヤマブドウ もう実がない? 大ブナ。地図には「ブナの巨木」 尾根乗り越し、網を抜けて「ブナの森」の外に出ます 木の橋やぬかるみなど、少しだけ足元が心配なところもありましたが、 山が深くて人もいず(この日はけっきょく遭遇者0)、きれいです。 シミズさんの「事件です」の掛け声 カケスみたい その六本木。足早に去りま..

  • 大菩薩峠 甲斐大和発着!

    大菩薩峠へ。塩山から上がる県道が(まだ)復旧中不通で、急きょ甲斐大和駅にご集合いただきました。林道をチェックしていたのですがリサーチ不足ですみませんでした。 上日川峠に駐車、福ちゃん荘へ。 唐松尾根に入ります。霧が涼し気です。 でも展望が、、それでなければお花がと思い、期待の上部にも来ましたが。 何やらお花はなにも見ないで来てしまいました。何があったのでしょう?!? 2030mの雷岩に到達。 楽勝よ!?「通」の皆さまは嶺に行かないでいいということで、ご飯にしまーす。 コガネムシきれい。 シカさんが親し気に近づいてきます。若者グループが多い! ちょっとガスが晴れてきたみたい 大菩薩湖が見えてきました。 このコースはこの稜線歩きがうれしいです 今日は富士山、南アルプスは望むべくもないですが、塩の山や塩山の街が見えてきました。 ..

  • 雌阿寒岳 アイヌコタン

    ご希望の方々ともう一日泊まって、雌阿寒岳に登りました。この旅の前半とうって変わって涼しくなりました。 いちおう3つ星 温泉ホテル御前水、夕食をいただいて、アイヌコタン 玄関のふくろう たいまつ行列を毎日?やっているようです 新型コロナウイルスが早く終息しますように、との長のお祈り 優雅な所作 チェックアウトのときにメロンパンの差し入れ(うれしい!) 温泉横の駐車場から歩き出し コケがきれい 1合目から よくわからない間隔で10合目まで案内してくれます エゾアカマツの根っこがすべりやすそうですが、きれいです。 清水さんが後ろから撮ってくださっていました。3合目で灌木帯に、周りが開けてきます。 きれいな胞子? オンネトーや山麓が見えてきました。雲も流れて好転するかと期待したのですが。 シモツケかな メカンフスマかな 花期は7-8..

  • 根室半島② 霧多布岬-厚岸

    根室半島② 霧多布岬-厚岸 (根室 釧路) 宿の主人のすすめもあって 帰り道の前に金毘羅神社へ。えっここに金毘羅さん。 高田屋 嘉兵衛(たかたや かへえ)は淡路島生まれ。wikiより::: 兵庫津に出て船乗りとなり、後に廻船商人として蝦夷地・箱館(函館)に進出する。国後島・択捉島間の航路を開拓、漁場運営と廻船業で巨額の財を築き、箱館の発展に貢献する。ゴローニン事件でカムチャツカに連行されるが、日露交渉の間に立ち、事件解決へ導いた。淡路島に資料館があるほか 司馬遼太郎も『菜の花の沖』という本で書いているようです。 タカスさんは香川ご出身。縁は異なものです。展望台からは根室港が見渡せます。 りっぱな神社さんです。宮司さんが招いてくださってお神輿を拝見しました。 今年はできなかったけど、8月のお祭りも盛大のようです。 霧多布岬へ この海ぎわの車道は、十勝の広尾町ま..

  • 根室半島① 春国岱 納沙布岬

    根室へ移動  春国岱・納沙布岬などへ 塘路から北東へ茅沼・標茶経由で行こうかとも思ったけど、北海道の距離感覚には気をつけたほうがいいですね(渋滞なく飛ばせそうなんだけどそれでも)。 こちらはR44号線沿いの茶内の酪農展望台です 北側に広大な根釧台地 海方面は帰りに通ります。 モンキーパンチさんがこちら浜中のご出身なんだそうです。不勉強ですみませんが、世界を舞台にする 五右衛門 次元、、懐かしい名キャラクター・ルパンの物語の原風景がここにあるのかと、今なお遠い土地の故郷をこのように応援していると、感慨を深くするのです。 道の駅 スワン44ねむろ 風蓮湖に向かって鳥類の観察場所になっています お昼どきですが朝ごはんも遅かったので、春国岱へウォークへ。 アオサギ(高須さん)ツルはいないかなあー アオサギ(高須さん) 春国岱、アイヌ語でシ..

  • 釧路川カヌーツアー

    とうろの宿さんの早朝の湿原コースに参加 気持ちよかったです 5時半スタート 道東だし明るくなるのも早い 運転手さんやガイドさんも2人ついて 大がかりです 緊張が伝わってきていいですね 釧網線の橋下で乗り込み 3人艇、、、 お一人、強力な漕ぎ手がいらっしゃる こちらは いけめん若手ガイド じんちゃんの6人艇 あまり漕がないですんでますが、その分 観察や撮影ができます ゆるやかな時間です 以前の増水でハンノキが傷んでいるとか 右側には人は入れないんだそうです 左側は車道や鉄道 遠くから音が聞こえてきて通過電車 ルパン電車!でした(高須さん写真) エゾシカさん 水飲み カモが並行遊泳 珍しいんだそうですよ(高須さん撮影) そうそう、ミンクも見かけました。 オジロワシがたくさんいました。撮影間に合いませんが、..

  • 釧路湿原

    釧路湿原 待ち遠しかった北海道へ。早朝の7:40発の便にて エアドゥさん、よろしくお願いします 離陸して宇都宮上空 日光が見えて、ひょっとして登ったばかりの燧ケ岳も? 襟裳岬通過 降下始めます 早い! 雄阿寒・雌阿寒 空港から恋問へ 毛ガニ。。。見るたびに むかし、カニを食べてる頭のうすい上司を見て、先輩が「毛がに~人が 毛ガニ食べてる」の囁きが思い出されてしまう。。。 北斗の釧路市湿原展望台を少しだけ歩いて 隣の展望台から 歩きに出たのはこちら 温根内木道 一周できなさそうだけど あれ~すごい暑いんですけど 先週はストーブをつけていたのに、30度近い猛暑だったみたいです 木陰!木陰! サワギキョウ 雨よりいいかもしれないけど 日傘活躍 展望台 ちょっとの日陰に入って休憩 貴重..

  • 桧枝岐=燧ケ岳② 長蔵小屋 沼田街道

    長蔵小屋の朝 日ノ出は見れませんが、色や光の変化を楽しみます  ちょうど背後から上がってくるようで 燧の上に、雲があって染まってくれました 沼もきれいに撮れるかな 景鶴山! 燧ケ岳にも陽が当たってきました。 きれいだなあ。(午後から天気が崩れそうだから)朝早く出て行った方々も、楽しまれていらっしゃるでしょうか。 静かな朝の景色の移り変わりを楽しみました。 コバイケイソウの枯れた姿 ご飯をいただいて出発。もう眩しい。暑い。 沼山峠へ 沼田街道は真田氏が開いたとも読みました 古道らしい落ち着いたいい道 クワバラさんとシミズさんとは 前年の六十里越えに続く古道歩きですね けっこうな大木が倒れています そういえばこの道もしばらく通行止めで、再開したばかりだったのです。 多少の急坂があり、こうしてロープを伝うところもありま..

  • 桧枝岐=燧ケ岳① 七入山荘 御池

    桧枝岐から燧ケ岳を周遊。御池ロッヂが今年は休業ということで七入山荘に宿泊。  5月は中止になりましたが、9月はやるのだそうです(この日から3日後)。 橋場のばんば 縁切りや大切にするのに有名なのだとか 左の裁ちばさみ、大きい! 歌舞伎は見られないけど 勉強しいこうと伝承館見学 映画やテレビのなかった時代の村の娯楽 江戸時代に都で見てきた村の方々が真似たものだとか 舞台を見せていただきましょうと言ったところ 今晩、テストを兼ねたリハーサルがあるのだとか。 いちど山荘に戻ります。すばらしい虹がかかりました。 山荘のごちそう。近年、建て直してとてもきれい。Gotoにも参加中。 リハーサルは少し見せていただくつもりが、引き込まれて小一時間、最後まで拝見しました。すばらしかった!演目「奥州安達ケ原袖萩祭文の段」のストーリーも興味深かったです。 翌..

  • 四阿山=根子岳

    去年に続いて四阿山へ 今年は山麓・菅平に泊まって 根子岳も狙いました

  • 小諸ちょい散歩 オモロ-(古め)

    中軽井沢から小諸へ この区間は しなの鉄道なんですよね 後方は離山 小諸到着 次の駅の滋野は 池ノ平や地蔵峠へタクシーをお願いする駅、そして高峰温泉・車坂峠からの帰りに練馬・新宿行きのバスに乗っていただいたりしていましたね。 今回は少し時間ができたので ぶらぶら駅の南側から歩いてみました。 三ノ門は二層の城門・重文 うーん これは見どころが多そうで、にわかに思い立って回るにはきついか 懐古園=本丸の分は 次回にとっておくことにします 千曲川を眼下に見下ろしてみたかったけど、 今回はこの堀の深さや城壁などで堅牢さを味わいます 廃城ではありますが、藤村記念館や小山敬三美術館なども敷地内外にあります。 牙山、黒斑山だ! 線路をわたって本陣のほうに行ってみます 旧北国街道です 手前の信濃追分で中山道を分けているのでした ..

  • 軽井沢ハイク 小瀬林道-星野

    軽井沢ハイク。昨年、白糸の滝から小瀬まで歩いて、(旧)三笠ホテルを訪ねました。 今年は小瀬まで来て、林道を星野、中軽井沢方面へまいります ツリフネソウきれいだな キツリフネ?だったかな 緑が暑さをガードしてくれています そこそこ蒸し暑さもありますが 1100mくらいの標高と、 清流の上を吹く冷風に助けられました セリ(セリモドキ)?と、アザミ たまに車が通りかかりますが、足元が平らで心配ないので歩きやすいです けっこう歩いて、それでも標高を下げていって暑さを感じたころ、 冷たーい水に手をひたせました。 オタカラコウとツリフネソウ ミゾソバ タデ科だけどありがたみがあるなあ シシウド フレッシュ! クリンソウに遅ければ オオサクラソウかなあ 野鳥の森へ 注意書きがたくさん 星野っていう地名なんです..

  • 石割山 まだ暑い

    神奈川県の方には新松田駅集合にて石割山へ デジカメを忘れてしまい、シミズさんやイシカワさんから画像をちょうだいしました。 「きらら」の駐車場から湖畔を平野へ ボート遊びも良さそうです 鳥居からの急な階段を上がっていっきに汗が出ました。やっと平たくなって涼しくなりました。その急な階段ではスケートの実業団?女性選手たちがダッシュをしていました。すごい! 石割神社 3回まわる? ほかにも女性が多い。 晩夏の花 タマガワホトトギスきれい ええっ こんなところも よかった 見えました 富士山 お昼をいただいて記念写真 なんか今年は、遠目から見ても富士山が静寂なのです これが見たかったフシグロセンノウ オレンジ 私の後ろ姿 ありがとうございます すたすた歩いていそうですね 林を抜けると絶景を前にいいのですが  照らされるし、風がな..

  • 蓼科山

    蓼科山へ 前日は上諏訪温泉に泊まりました Gotoで いつもよりちょっといいホテルです 夕飯に出かけますが ちょうど夕陽のいいころでした 駅前のこちら アベさんが探してきてくださいました 諏訪 味噌カツ丼はじめ 気の利いた定食があって 一杯も楽しめました コロボックルヒュッテ こんなプランもあるのですね いいなあ さて登山口5時半到着 じつは湖畔を見ていただける豪華?朝食ビュッフェが付いていたのですが、午後の天気が怪しかったのでキャンセルして4時半に出てきました。 すでに第一駐車場がほぼ満車になっていたのにはびっくりしました。土曜日だからでしょうか。 北八ツを歩いた後だからか、いっそう苔が愛でられます。 苔むす とは 苔「生す」と書くようですが、この「生やかし」がいいと思うのです。 カラマツと苔のみち 将軍平を通過して..

  • 北八ツ池めぐり② 雨池=八柱山

    北八ツ池めぐり 2日目は先ず雨池へ ヒュッテの3階から日の出が見られるとか 外に出たりもしてみましたが やはりヒュッテから見えました 2日目の始まり 朝食とおいしいーコーヒーをいただいて出発。 お世話になりました。前回は雪山のときに立ち寄らせていただきましたが、また冬にも来たいなあ。奥さまも2階から手を振ってくださいました。 雨池へ 木道が続きます。 北側ですがゆるい登りを歩いて、ちょっと汗かいたわ こちらも苔がきれい ちょっと道を外してしまいました。 こんなのがゴロゴロしていて足元が悪いところもあります。 お一人、sさんが軽い捻挫で腫れてしまいました。テーピングで応急処置。 ヒョウモンチョウがお慰み。 雨池分岐。Sさんと付き添いの方で先に林道を進んでいただいていることにしました。 雨池。ちょっと雲多いけど..

  • 北八ツ池めぐり① 白駒池=高見石

    北八ツ池めぐり① 白駒池=高見石 茅野駅集合。麦草峠をベースにしますがいろいろ悩んで、北八ツ岳ロープウェイから入ることに。 労せずして2000mの高地に立てるのがすばらしい。 涼しくて気持ちいいー アサギマダラ登場 この前は春山の北横岳でしたが、今回は反対へ。 縞枯山の裾、冬はクロカンのコースになる斜面を横切ります。 苔のいいところです。 シシウドごりっぱ。オダマキなども咲いていました。 草地の向こうに天狗岳だ! いい雰囲気ですね。暑い夏だから涼しく長く歩けるところをチョイスしました。 南側もいい苔のかんじです。 途中の東屋で休みながら、半分くらい来ました。 近年、整備が進んでいるようです。 苔もきれい。 そうか、「苔の道」と名付けられたんだ。 最初の池は干上がっていました。 お世話になり..

  • 尾白川渓谷~諏訪藤森の地

    尾白川渓谷へ お一人ヒロセさんになってしまいましたが、数年前からのプランだったので。 駒ケ岳神社で冷たい水をくんで出発 黒戸尾根(=甲斐駒)への道を分けます 始めの滝は千ケ淵は 親子連れさんも遊んでいるようなところ  それでその先に渓谷へ進む道が通行止めになってしまっているのです。それで樹間の道を往復します。 こちらも けっこう荒れています。 渓谷探勝道といっても、滝をめぐって涼しさを得られないのはきついですが、竜神平まで来て早ランチにしました 行者が修行したとあります。 遠目から見下ろす神蛇滝 これから先もこのような荒れたところも。背筋は涼しくなります。 ちょっといい感じに。 ここをたどって、さらに林道を横切って日向山に登るルートだったというのだから厳しいです。 しっかりした道の名残り。 岩や苔が楽しい。 不動の滝が..

  • 宮ケ瀬D&W 昼下がりの蛭ジョニー

    海老名駅集合にて宮ケ瀬へ 昨年の箱根はちょっとは涼しかったけど、今年は標高もそれほど高くないから暑い 盆休み明けでも人は多いかんじ さて歩かねば、気をつけてロング周回みちへ トイレ、日影、日傘、休憩 少しの登りもきついかも クルーズは運休したまま? 昨年秋に乗ったときは気持ちよかった 噴水、少し見れた 無事に吊り橋を渡り終え。 百日紅の満開 鳥居原の食堂にて 冷やし中華! 午後、それから鳥屋の奥の水沢川の林道崩壊でも見に行こうと思ったら、通行止めに。。。 それではと松茸山公園のバーベキュースペースから河原に下りてみると 気持ちよさそうな樹間の道が復旧されたとか でもしばらく行くと、風の通りが悪くて暑くて引き返すことに 嫌な予感がして足元を見ると いるわいるわ、昼下がりの蛭ジョニーたち 晴天続きだし大丈..

  • 夏休み@富士山麓② 母の白滝 浅間神社

     木無山 浅間神社 母の白滝  LINE_V2020824_094426.MP4

  • 夏休み@富士山麓① 三ツ峠山

    長くて暑い夏ですが、どこかへ行こうかということで、家族で富士山麓へ。ムスメとは三ツ峠山へ泊まりました。 空いていそうで、それなりに賑やかな山中湖畔 それで なんと最初に訪れたのは図書館 山中湖情報創造館というのだそうです 入場制限中 富士山コーナーが充実していました! ちょっと参考にさせてもらって、10月にそのコースに行ってみることにしました。 湖畔で、セブンイレブンお弁当で、ディスタンスランチ。 「ホテルで仕事をしたい!」というママは置き去りにして、ムスメといいところへ。 「ここどこ?」 河口湖の上、御坂の天下茶屋でした。 バヤリース・ジュースでご満悦 誰で有名か?中学生ならアタリマエー 商いしてマス  汗かかないで登るはずが、久しぶりではりきるから、、、 汗だくで中間点に。こんなはずでなかった。 ウェル..

  • 五色ケ原へ② 獅子岳越え

    獅子岳⇒ザラ峠⇒五色ヶ原 目の前の鬼岳を巻いて、その先に獅子岳 急な下りを クルマユリにも励まされて けっこう下ります 登り返してくる方々がみなきつそう 明日は、、、 竜王!岳の貫禄 雪渓横断 アイゼンはいらなかったかんじ 鬼岳へ 下りたら下りたで登りが急に見える シナノキンバイ群生 来た方はすごい絶景になっていました 鬼=竜王=雄山です 往古の巡礼の順路は ザラ峠からあちらに向かうのだったようですので  その感激がわかるようです あそこまで行くのかあーとか、お花畑とか 鷲田さんには、ご自分が黒部平から一の越まで上がった道もずっと見えていました。 左下に黒部湖展望 明日はあちらに下りてみたらラクかしら こんなクサリ場下りもあります ホツツジ開花中 毛がないのは イワギキョウ ザラ峠目前に到達 ..

  • 五色ケ原へ① 浄土山

    雷鳥荘宿泊にて 五色ケ原へ 柴崎さんと室堂でお会いして 「鷲田さんはまだかなー」 どうやら黒部湖上から一の越へ歩いて!?上がっているらしい タテヤマリンドウ! ではということで こちらで待ち合わせ やっほい 名物ソフトクリーム そして鷲田さん現る 夕食あと、虹がかかりました いつもの同時期より静かな雷鳥荘です とくに団体お客さんの不在でしょうね 奥大日岳の横に日没 翌朝 少し涼しいかな 無風にてミクリガ池に映る「逆さ立山」 エゾシオガマ ヨツバシオガマ シナノキンバイ ヤマガラシ 始めは舗装のみち 去年から引き続き工事中の室堂山のカルデラ展望台から五色ケ原、奥には左・槍ケ岳から薬師岳まで すでになつかしい剣 浄土山に雷鳥さん 一の越の向こうに立山 高山の花をたくさん見て、お昼も..

  • 弥陀ヶ原 天狗平=獅子ケ鼻岩

    剣 立山と歩いて、予備日は使わずにすみまして1日フリーです。翌日の昼にクライアントと待ち合わせるまで、ゆっくり過ごして、午前中は弥陀ヶ原に下りてみました。 午後3時になると人も少ない。 ターミナルの中のジオラマ 開山の有頼少年 今年も雷鳥荘 いちだんと周りが赤くなってますね 雷鳥坂 長いよなあ。土曜日だからテントはそこそこ ありがたい夕食 お一人様はテーブルをシェアしていたのですが、隣の方と意気投合 暮れなずむ立山 翌朝はゆっくり  昼くらいから雨が降りそうだけど、、、8時半、やはり出かけますか 去年行けなかった獅子ケ鼻岩へ。雷鳥さんの見送り 雷鳥荘からだから旧道が通じていれば登り返さなくていいのだけど。。。 地獄谷をまわって、この下に出られたみたい おおっーミネズおおっ うれしいな カラマツソウ 天狗平通過 ..

  • 立山3000m縦走

    お2人と立山3000m縦走へ あの雄山まで歩きます  去年は内蔵助小屋に泊まりながら虹や氷河も楽しみました。 昨日登った剣岳 週末ということも あってたくさんの人が歩いています 別山から鹿島槍 ラクに歩ける、広い稜線が気持ちいい 右奥に竜王岳もちらりと 天気もいいしなあ 真砂岳から別山を振り返り 真砂岳は尾根伝いに歩きます 昨年はここから いい夕陽を見れました 富士の折立へ 今日いちばんの登り!? 登り切った! 若者で混んでいるけど 3人で撮っていただきました 大汝山へ おなじみの休憩所 お兄さんは忙しそうです 混んでいるけど、まあ、登りましょうか 堂々たる剣岳、ふたたび 槍ケ岳も見えてきました そろそろ来年に行こうかなあ 雄山へ 大人数グループともすれ違い ..

  • 2020年 剣岳② 登頂=ヨコバイ

    剣岳頂上からの眺望も格別  ガスが湧いてきたようです おっと「ハート♡」? お弁当をいただきながら 30分くらいゆっくりできました 山頂の祠 北方稜線へ続く岩稜 キケン 早月尾根は小屋がやっていないのだけど登ってきた人が少なからずいらっしゃいました。 周りにいた方々も だんだん減ってきた さあ、最後にまたお参りして下山へ 雲上からの去り際 もう1枚 富沢さんのブログからいただきましたよ。 ヨコバイ 下山がまた大事です。かけかえ方式で安心に はしごも 平蔵・避難小屋まで下りてきた 登りの道を上に分けて、右横を歩きます さらにクサリ下り これを下れば なんとか平らに ハハコグサ やっと花にも目がいくように 前剣へ。 登りで(時間 遅いのに!)、下り道に入ってくる人が多い 声を..

  • 2020年 剣岳① 室堂=登頂

    長雨でたいへんだった7月の末日、剣岳へ。ちょっと心配なシーンもありましたが、山岳ガイドの富沢さんのリードすばらしく、梅雨明けのナイスな天気にも恵まれました。 室堂へ 扇沢を9時ごろだったか アルペンルートは途中駅もがらがら  ズバリでなくスバリ。と針ノ木岳 室堂に昼ごろ、ルーズ集合。富山駅経由で順調に、、、肉まんやさん以外の軽食やが閉鎖されていて辛い(レストランの朝定食1650円!)。 あれ、ヒロコさんが、、、ということで富沢さん・先行グループを追っかけることに 雷鳥坂。 晴れてきて立山が雄大に見えてきました。 地獄谷を振り返り。無意識に早かったみたい。 先行隊をキャッチアップ! 雷鳥が見れていたようです。「早かったねえ 乗り物に乗った?」「走ってんの」 やあやあと合流して、いっしょに小屋に入れます。 お世話になります。レジェンド..

  • 前橋 前泊ウォーク

    剣岳に向かう前日、富沢さんと同行させていただくために前橋に前泊 暑いけれど、群馬では高崎ばかりでなじみのうすい街なので歩いてみました。先ずは群馬大橋へ。 先ず、利根川の水量の多さにびびりました。まだまだ大丈夫そうですが。 サイクリングロードが整備されている横にサクラ 水量多い水路が入り込んできています ヤマダ電機のドーム競輪場 臨江閣は庭園を歩けます 明治のころの迎賓館で行幸もあったとか それでは展望台目当てに県庁ビルへ 四方へすばらしい展望 条件よければ、谷川岳や上毛三山、それ以上も期待できそうです。いいなあ。 ゆるキャラ常連 すき焼き! 陶製のジオラマ。さてここはどこからどこでしょう。榛名というより赤城かな 昭和庁舎 前橋城(厩橋城)跡 利根川の現在親水公園になっているところあたりから、前橋駅方面に広々と。資料によ..

  • 秋川滝めぐり

    夏の定番・秋川へ。今回は滝にフォーカスしてめぐってきました。 デッキができて歩きやすくなった竜神の滝 手始めに一つ 滝めぐりは最初に下りて、登り返すパターンが多いです 蛇の湯温泉 コケでしぶい兜造り 秘湯を守る会の会員です バス停の案内書ですが いい味を出しています 数馬分校記念館 後ろのブランコは楽しかったでしょうね 神社に寄ってからの 九頭竜の滝 とても整備が行き届いている森へ 食堂でお昼をいただいて歩き出し。ギンバイソウ 梅に似ているけどアジサイ科 敷きなおして ふかふかのチップ道 自然にディスタンス 秋川奥の濃い緑 あちらが八王子の方かしら 三頭の大滝 涼しい風が伝わってきます 当初の都民の森のコースも減っていますが、こちらは人気のコースですね トチノキ 大木 秋も良さそうです..

  • 大山下社:突然の雨とヒル難でした

    夏山へ行かれる方のトレーニングに、日曜日、下社-大山-見晴台へと定番コースに向かいましたが。。。 朝方の雨も上がって さわやかで気持ちいい さあいざ、と登山道に取り付きます 大木の根元 メオトスギ ここまで順調 山頂で昼食のイメージ そのあとしばらくしてゴロゴロ、んん 電波も入るし雨雲レーダーを確認してみると 想定外の雨雲が接近中、下山へ とりあえず参集殿さんに入って 雨宿りと食事 モンベルカードでコーヒーもいただきました そして持ち直しそうなので、トレーニングにだし、南尾根経由でバス停まで下りてみようかと、それが気が付くと(もっと下の方で気をつけたらいいと思っていた)ヒルさんがたくさん。 うわあっ、と目に見えるものは落として(時間がかかるような取り方をしていたら 次々に取り付かれそう)、下社に引き返して靴の中などを見て退治していきました。..

  • 五竜岳③ 登頂-翌日下山

    16時までもどってくださいねという 小屋の方の声をきざんでアタックへ 雪渓の上は気をつけなくては 西側はこんなかんじです 東側はこんなかんじです 雲海 ワシダさんが撮っていてくれました 映ってる! このあたりかな この手前のトラバースが登りも下りもいやらしい さあ頂上へ 荒っぽい岩稜をぬって ずかずかと 強風でなくてよかった 立山方面!? たまに晴れるんだけど、、 唐松岳が見えてきた 登頂! 黄色い山頂標識が破壊されている 残骸、持ち帰ってます 高妻~頚城山塊も見えてきました しばらくゆっくりしていましたが、そろそろ下山開始 白馬方面も晴れてきた 唐松岳の向こうに 白馬 左・旭岳から右端・本峰が見えました ダイコンソウ 下りてきた 16時。このあと八峰を10時間くらいかけ..

カテゴリー一覧
商用