searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

やしまファームさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
やしまファーム
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yashima-farm
ブログ紹介文
自家製のぼかし肥料を使い、化学肥料と化学農薬は使わず、安心安全な野菜作りを目指しています。
更新頻度(1年)

326回 / 365日(平均6.3回/週)

ブログ村参加:2018/06/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、やしまファームさんの読者になりませんか?

ハンドル名
やしまファームさん
ブログタイトル
やしまファーム
更新頻度
326回 / 365日(平均6.3回/週)
読者になる
やしまファーム

やしまファームさんの新着記事

1件〜30件

  • ライ麦の様子。

    1月18日緑肥用のライ麦がずいぶん大きく育っています。麦は、本来は寒さが緩むころに大きく育つものなのでしょうけれど、種まきが早かったからか、すでに大きく育っています。この通り、もさもさに生長。場所によっては、寒さに負けてしまっている様子も。変わってこちらは、11月7日に種まきした第2弾。第1弾は10月21日に種まきだったので、半月の差です。第1弾に比べると、可愛い大きさ。冬越しするにはちょうど良さそうなサイズです。麦の種まきは、11月に入ってからが適期なのかなぁ。ライ麦の様子。

  • 脇芽、収穫。

    1月15日連日の氷点下により、葉のダメージが大きくなっています。前回、半月前の紹介時には、まだ葉がしっかりしていましたが、現在ではご覧の通り。側花蕾も、冷え込みで、アントシアニンによる変色が始まっています。久々のブロッコリー側花蕾の収穫です。脇芽、収穫。

  • 踏み込み温床の準備。

    1月15日勤務先の敷地から出た落ち葉。今年も、踏み込み温床に役立てます。とりあえず、4袋を踏み込みます。11月に撤収した枠をそのまま使います。落ち葉を入れて、水をかけて、米ぬか振って・・・を何度も繰り返して、ふんわりした状態から、濡れて、くっつきあって(ぬれ落ち葉と言う表現がなんとも・・・)これで、4ネット分です。あと、3ネットくらい入るかな。続きは後日。踏み込み温床の準備。

  • 梅の開花。

    1月15日花梅の開花がはじまりました。11日には、開花を確認していました。昨年の記録を見ると、開花確認が1月31日なので、半月以上も早い!花梅なので、実がほとんどなりませんが、毎年、早い時期から楽しませてもらっています。こちらは、昨年は一つも収穫できなかった実梅。11月29日に剪定を行っていました。蕾は、まだまだといった感じです。梅の開花。

  • ニンニクと混植の大根を収穫し、追肥。

    1月15日久々のブログ更新になりました。極寒期で、作業がほとんどなくなっているのと、高校受験を控える娘対応で、多忙で畑に出れない事とで、ブログ更新が疎かになっていました。12月9日に除草作業をおこなったニンニクとらっきょうの畝。こちらの畝には、わずかながら、大根を混植していました。らっきょうの中央列に混植した大根。抜いた穴に、ぼかし肥料を追肥です。昨年も、ほぼ同時期におなじような作業をしていたみたいですね。おたまで穴に入れました。大根を混植していない所には、ばら蒔きで追肥。写真ではわかりづらいですが、ぼかし肥料をばらまきました。こちらが、収穫した大根。種まきは9月27日に、ニンニクと共に行っていました。この他に、もう一畝、ニンニクに混植した大根が残っています。ニンニクと混植の大根を収穫し、追肥。

  • 味美菜。

    1月6日ほうれんそうと同じ畝で育てている味美菜。種まきは、10月9日でした。無防備でしたが、時期が遅かったためか、そんなに虫食いもありません。寒さで外側の葉が痛みかけていますが、何枚か剥がせば問題なしでした。自家消費ですが、美味しく頂けました。味美菜。

  • 冷え込み厳しい朝。

    1月3日出勤前、犬の散歩がてら、畑のパトロール。新年、最初の畑紹介です。最寄りの気象台では、最低気温が-6.1℃。散歩に出た、午前7時過ぎには、-5℃くらいでした。こちらは、キャベツとブロッコリー。菜の花用の白菜と茎だち。一部でとう立ちしているニンジン。とう立ちした茎は、寒さに負けています。ネギは、3列でスタートしましたが、徐々に収穫をして残り2列。ニンニクとらっきょう。ニンニクとたまねぎ。たまねぎは、地面にへばりつくように、寒さに耐えています。冷え込み厳しい朝。

  • 今年もよろしくお願いします。

    令和3年1月1日今年も、昨年同様、元日から出勤ですが、勤務先から見た富士山です。年末年始は、工場の操業が止まるからか、空気が澄んでいて、富士山が綺麗に見えます。こちらは、筑波山。通勤途中、車内から撮影した初日の出です。今年もよろしくお願いします。今年もよろしくお願いします。

  • 大根は残り少なくなりました。

    12月28日12月7日から収穫を開始した大根の第2弾。残りが少なくなってきました。次の収穫は、ニンニクと混植した大根が残っています。地上部の葉も、霜にあたって傷みはじめています。短めの大根。程よい大きさで使い勝手が良いです。第1弾と同じ種なのに、作型が違うと長さが違う?大根は残り少なくなりました。

  • スティックセニョールの収穫。

    12月28日側花蕾の収穫が続いています。こちらは、スティックセニョール。冷え込みが厳しくなり、生長がゆっくりになりましたが、葉の陰に花蕾があります。このように、葉に隠れているので、見落とさないように腰を落として、探します。側花蕾の収穫。スティックセニョールの収穫。

  • 寒さに耐えるネギ。

    12月25日冷え込みが厳しくなり、寒さに強いはずのネギの葉も、ダメージを受けています。冷え込み前は、ピンッと立っていた葉が、折れて垂れ下がっているものがあります。スコップで、肩の土をよけて、根元に差し込んで土を柔らかくしてから、抜き取りました。抜いたネギは、ネギ巻き巻きを使って、まとめて運搬。ハウスの中で、温まりながら皮むきをしました。寒さに耐えるネギ。

  • じゃがいも掘り。

    12月24日12月15日の霜に負けた秋じゃがいもの葉。連日の氷点下で、すっかり枯れました。葉が芋のありかの目安になります。掘ってみました。これで、15株分。秋じゃがいもは、春じゃがいもに比べて、極端に収穫量が少ないですね。じゃがいも掘り。

  • 里芋掘り。

    12月24日年末用に、里芋を掘ります。多忙でもあり、今年は里芋をほとんど掘っていませんでした。11月下旬に盛り土をして、冬越し準備をしていましたが、それ以来の収穫です。厚めに盛り土をしていましたが、スコップで表土を除けると、切り落とした茎葉の根元が出てきました。これを目安に、スコップで掘ります。1株分の塊がでてきました。余計な根がほどほどに分解されて、初期の収穫よりも簡単に掘ることが出来ます。合計5株を収穫。時間の都合、ばらし作業は翌日。この写真で、3株分です。ばらした後は、洗浄。綺麗になりました。里芋掘り。

  • 冷え込み厳しい。

    12月22日1週間ほど前から、急に冬らしくなり、最低気温が連日、氷点下になっています。この日の最低気温が−5.5℃。11月下旬から収穫を行っている菜の花がカチカチに。寒々しい光景。本格的な寒さがやってきました。冷え込み厳しい。

  • 寒さで葉が負けたじゃがいも。

    12月15日朝の最低気温が-3.6℃。元気だった秋じゃがいもの葉も、寒さに負けました。一晩でぐったりと。これからは、必要な時に、必要な分だけ掘っていく予定です。寒さで葉が負けたじゃがいも。

  • おかひじきの片づけ。

    12月15日約3か月ぶりに登場のおかひじき。すっかり枯れています。片付けずに、放置しすぎです。反省。残渣をまるめて、片付けて、マルチを剥がして、残渣は野焼き。一気に燃えました。おかひじきの片づけ。

  • 寒さに負けた皇帝ダリア。

    12月15日朝の最低気温が、最寄りの気象台では、今季最低の-3.6℃。前日まで元気だった皇帝ダリアも、とうとう寒さに負けました。花も、ほとんど終わっていたので、悔いはありません。この通り、緑だった葉が、茶色く変色。こちらは、玄関前。背丈が低かったですが、開花も遅めで、花がまだ残っていましたが、寒さに負けました。一輪車に溜まった水に張った氷。1㎝くらいかな。畑のライ麦の土も、真っ白。土に水分が少ないからか、霜柱は立っていませんでした。葉についた水滴が、氷っていました。寒さに負けた皇帝ダリア。

  • ニンジンのとう立ち。

    12月9日前回、とう立ちをお伝えしましたが、更にとう立ちが増えました。今のところ、累計5本かな。間もなく、開花しそうです。普通種子だった「五寸ニンジン」だけで、とう立ちが見られています。コート種子の「ベーターリッチ」は、とう立ちがありません。暖冬の影響なのか、とても大きなニンジンに育っています。洗って、綺麗にして、袋詰め。ニンジンのとう立ち。

  • レンゲの除草。

    12月9日11月24日に紹介したレンゲ。半月経過しましたが、見た目はほとんど変わっていません。前回紹介時に、雑草だらけとお知らせしましたが、緑に見える部分の、おそらく半分くらいは雑草です。アップで見るとこんな感じ。赤っぽく紅葉しているのが、レンゲの花。他の、緑の葉が雑草です。ハコベとホトケノザと、この写真にはありませんがナズナが大部分を占めていました。こちらは、レンゲが多めです。ニンニクの除草をした流れで、レンゲの除草もしたくなり、始めてみました。レンゲは、ばら蒔きだったので、範囲が広く、そう簡単には終わりにならなそうです。目につくところから、雑草を抜きはじめています。これからも、暇を見て少しずつレンゲの雑草抜きをする予定。レンゲの除草。

  • 新しい農具。

    12月10日除草用に、以前から気になっていた三角ホーを購入しました。ついでに、ショベルも。商品名は「ステンレスショベル」でした。あ、このあたりでは、スコップって言うんだっけ。新品道具購入記念に、ブログ記事にしておきます。早速、三角ホーで、茎立ちの中耕、除草を行いました。柄が細いので、長時間握っていると手が疲れましたが、そのうち慣れるかなぁ。茎立ちの株間の雑草がなくなり、更に株元に土寄せができて、スッキリしました。新しい農具。

  • 秋じゃがの試し掘り。

    12月9日1週間前に比べると、目立った変化はありません。ちょっと、掘ってみたいなぁ・・・。手前の株を、1つ・・・。抜いてみました。土を掘ると、大きな芋が出てきました。おぉ、立派!秋じゃがも、必要な時に必要な分だけ掘る方法が保存性が良かったので、今年もそうします。秋じゃがの試し掘り。

  • 久々の2ショット。

    12月10日猫のムーとミミィ。きょうだい猫ですが、性別が違うからか、最近はあまりべったりくっつかなくなりました。久々に、2匹一緒に箱に入っていたので、おもわず撮影。最近は、ムーはモズクと親子のように仲良ししていたので、ミミィと一緒にいるのは、珍しいんです。久々の2ショット。

  • ニンニクの除草。

    12月9日前回の紹介から1か月。雑草が更に、増えた様子。このあたりが、一番雑草が多いところ。上から見ると、草だらけです。写真手前側から手を伸ばして、除草しました。18㍍の畝1本で、このバケツ3杯分の雑草が採れました。2畝全体、除草完了!手作業の除草後は、機械を使って通路の中耕・除草です。ニンニクの除草。

  • 満開過ぎました。

    12月10日今年は、皇帝ダリアが長い間頑張っています。寒さに弱い皇帝ダリア、強い霜が降ると一晩でアウト。例年、11月中に霜に負ける事が多くありましたが、今年は12月まで頑張っています。ちなみに、昨年は11月29日に負けました。開花から間もなく約1か月。蕾の残りもほとんどなく、終盤です。来週あたりから、冷え込みが厳しくなるので、そろそろおしまいになりそうです。こちらは、11月22日の写真。朝陽が昇ってすぐの、青空をバックにした写真です。今年は、台風の接近・上陸が無かったので、背丈の高い皇帝ダリアも、強風の影響を受けることなく、目視で約4㍍ほどの背丈にまで伸びました。満開過ぎました。

  • 大根第2弾の収穫。

    12月7日9月13日に種まきを行った大根の第2弾。第1弾の収穫がほぼ終わり、第2弾へシフトです。丁度よい太さに育ってきました。除草を怠ったため、ハコベも一緒に育っています。葉も綺麗な大根が採れました。見た目の良い野菜は、味も良い、がモットーなので、この大根は絶対美味しいはず!大根第2弾の収穫。

  • 側花蕾収穫中。

    12月7日朝の最低気温が、一桁の日が続いています。ブロッコリーは、側花蕾の収穫が続いています。日中は、15度前後まで上がる日が多いので、それなりに生長は続いています。アオムシの発生も、それなりにありますね。ブロッコリーの脇芽とスティックセニョールです。側花蕾収穫中。

  • 追加まきのスナップエンドウが発芽。

    12月6日11月21日に追加で種まきを行ったスナップエンドウ。追加まきの時期が遅くて、発芽が心配でしたが、種まきから2週間ちょっとで、ようやく発芽を確認。10月27日に種まきした第1弾との大きさ比べ。第1弾が左で、第2弾が右。第2弾は、こうして比べてみると、どれだかわからないくらいの大きさです。追加まきのスナップエンドウが発芽。

  • 菜の花用の白菜と茎立ちの様子。

    12月7日10月30日に定植をした茎立ちと、菜の花用の白菜。しっかり根付いてくれた様子です。写真手前が、白菜。前日に、2歳の次男が畑で収穫を行った際に、足跡を沢山残していきました(笑)こちらは、白菜。この大きさなら、冬越しは問題なさそうです。白菜として、結球させることは到底無理ですが、このまま、春まで育てる事で美味しい白菜の菜の花が採れます。こちらは、茎立ち。10月14日に定植した第1弾が奥に、手前が10月30日に定植の第2弾です。茎立ちも、このサイズなら冬越しは問題なさそうです。菜の花用の白菜と茎立ちの様子。

  • ほうれんそうのとう立ち。

    12月6日記録にはありませんが、10月9日に種まきをしたほうれんそう。立派に育っているように見えます。ただし、よく見ると、一部の株に花芽が!原因は、これですね。街灯。何年か前も、同じ失敗しなかったっけかなぁ。夜に、街灯に照らされると、感化して花芽が出来てしまう。懲りないなぁ、自分。見ると、すべてに花芽があるわけではなさそうなので、大丈夫そうなものを選んで収穫しました。ほうれんそうのとう立ち。

  • 今季の秋じゃがは期待できそう!

    12月2日11月7日に土寄せを行ったじゃがいも。今年は、まだ、強い霜が降っていないので、頑張って生長を続けている様子です。10月30日に見つけたつぼみは、開花せずに終わってしまいました。今季の秋じゃがは期待できそう!

カテゴリー一覧
商用