chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
やしまファーム https://blog.goo.ne.jp/yashima-farm

自家製のぼかし肥料を使い、化学肥料と化学農薬は使わず、安心安全な野菜作りを目指しています。

やしまファーム
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2018/06/09

arrow_drop_down
  • 年末に向けて。

    12月28日12月15日に盛り土を多くして寒さ対策をしておいた里芋。年末の消費に向けて、収穫です。里芋は、ばらし作業に手間がかかります。水洗いして、直売に出しました。年末に向けて。

  • ニンニクと混植の大根収穫。

    12月30日8月に種まきした大根の収穫はほぼ終わりましたが、ニンニクと同時に9月に種まきした大根が大きく育ちました。霜が降るようになり、葉が弱ってきています。このあたりは、らっきょうとの混植です。抜いた穴に、追肥。おたま一杯分のぼかし肥料を抜いた穴に入れました。不揃いの大きさの大根。ニンニクと混植の大根収穫。

  • ブロッコリーの収穫。

    12月30日11月19日に初収穫をしたブロッコリー。その後、大きくなったものから順に収穫しています。寒さが増して、アントシアニンにより赤みがかってきました。たくさん採れました。ブロッコリーの収穫。

  • 踏み込み温床の仕込み。

    12月27日踏み込み温床の準備です。枠をすこしだけ改良しました。2019年2月に作ったものを改良です。内側の支えを無くして、外側から抑える様にしました。落ち葉を積んで、踏んで、湿らせて、4歳の次男、昨年に続いて今年もお手伝いしてくれました。踏み込み温床の仕込み。

  • じゃがいもの芽欠き。

    12月26日6月に掘って、段ボール箱に入れて遮光保存していたじゃがいも。だいぶ芽が育ってしまいました。熟成されて味は最高ですが、芽のせいで、ちょっと柔らかくなっています。芽欠きを行いました。もうしばらく保存して、食します。じゃがいもの芽欠き。

  • 皇帝ダリア、霜に負けました。

    12月17日皇帝ダリアが霜に負けました。昨年も、一昨年もほぼ同じくらいの時期です。のこぎりで切り倒して、すっきりしました。株分けの希望があったので、節で切って、ネットに入れて、土に埋めてみました。この方法が上手くいくかどうかはわかりませんが、春の彼岸すぎくらいに出してみて、芽の保存状況を見てみようと思います。皇帝ダリア、霜に負けました。

  • 霜対策に不織布。

    12月17日霜降りがはじまったので、葉物の霜対策として、不織布を被せてみました。どれくらい効果があるかは未知数ですが、お正月まで葉物を持たせたいと思っています。べた掛けして、レンガやブロックで重しをしました。霜対策に不織布。

  • 青梗菜、初収穫。

    12月15日味美菜から半月遅れで、青梗菜の収穫開始です。左が青梗菜、右が味美菜。手前が青梗菜です。10月30日に徒長気味の苗を植えましたが、無事に収穫を迎えることが出来ました。横から見ると、しっかりした青梗菜。初収穫です。青梗菜、初収穫。

  • 里芋、越冬のための盛り土と収穫。

    12月15日前日の霜降りで、葉がすっかり負けました。茎を切り、ショベルで土を盛って防寒対策。まだ根はしっかりしています。ばらして、水洗いして、綺麗になりました。里芋、越冬のための盛り土と収穫。

  • 本格的な霜のシーズン。

    12月14日急に寒くなり、霜降りです。緑肥用のライ麦は、霜に負けずに頑張っていますが、奥のクロタラリアは、寒さに弱いので枯れてしまいました。本格的な霜のシーズン。

  • 追加まきエンドウが発芽。

    12月8日11月20日に、欠株個所に追加で種まきをしたエンドウ。雑草に紛れて、追加でまいたエンドウも発芽しました。こちらは、10月25日に種まきしたもの。ちょっと育ちすぎかな?越冬、大丈夫かな?追加まきエンドウが発芽。

  • 漉き込み作業。

    12月8日10月15日に漉き込み作業を行ったクロタラリア。わずかながら残したものに、すっかり花が咲いています。雑草が目立ち始めました。2度目の耕運です。来年は、きゅうり等の夏野菜を予定しています。ネコブセンチュウ対策、しっかりできたかな?土の中の残渣も、だいぶ分解された様子です。漉き込み作業。

  • そら豆の定植。

    12月8日種まきが遅めでしたが、しっかりした苗に育ってくれました。12月2日に比べると、更に一回り大きくなった苗。50㎝間隔で定植。霜対策として、トンネル支柱を立てて、不織布で覆いました。遅めの定植ですが、しっかり根付いて欲しいです。近所のホームセンターでそら豆の苗が売られていました。たかっ!1株150円ですか?種から育てて良かった。そら豆の定植。

  • 梅の剪定。

    12月8日寒さが増し、梅の葉もすべて落ち、剪定しやすくなりました。収穫直後の剪定後に続いて、冬の剪定を行います。背丈を抑えるために、しっかり剪定しました。梅の剪定。

  • とろ~り焼き芋。

    12月6日自家製サツマイモのベニハルカ。石焼き芋にしました。しっとり、あま~い、芋羊羹のような美味しさです。とろ~り焼き芋。

  • 綺麗な筋。

    12月2日何度か霜に当たりながらも、少しずつ生長しています。綺麗なまっすぐの緑の筋。見ていてほれぼれ。50㎝間隔で筋蒔きしましたが、失敗でした!60㎝間隔にすればよかった。畝間の中耕に、スパイラルローターが入りませんでした。綺麗な筋。

  • アスパラガスの片付け。

    12月2日今年は株の養生を優先したアスパラガス。夏には青々していましたが、すっかり茶色くなりました。刈り取って、焼却。病気予防のために、必要な作業だとか。すっきりしました。この後、株周りを中耕しておきました。アスパラガスの片付け。

  • そら豆の苗、そろそろ定植かな。

    12月2日11月24日にようやく発芽をお知らせしたそら豆。ハウスの中でしっかり育ちました。そろそろ定植できそうな大きさです。そら豆の苗、そろそろ定植かな。

  • 越冬前の茎立ち。

    12月2日10月25日に定植した茎立ち。欠株が出たところには、補植をしていました。越冬前、ここまで育ちました。今は、上に向かって育っていますが、霜が降り続けると、地面に這うようになるはず。越冬前の茎立ち。

  • 味美菜の収穫。

    11月30日10月30日に定植を行った味美菜と青梗菜。定植からちょうど1か月。今年は寒さが遅いおかげで、ここまで育ちました。青梗菜はまだちょっと早そうだけれど、この味美菜は採っても良さそう。味美菜、初収穫です。味美菜の収穫。

  • 撤収開始。

    11月24日ソバージュ栽培のトマトの残骸。枯れてしまっていますが、片付ける暇がなく現在に至っていました。残渣をネット事まとめて、アーチ支柱から外しました。しまった、出勤時間だ。アーチの解体はまた後日。撤収開始。

  • 遅めの発芽。

    11月24日11月7日に種まきをしたそら豆。遅い種まきでしたが、ハウスの中で管理をし、ようやく芽が見えてきました。まだ、芽が見えていない種もありますが、大丈夫かな?遅めの発芽。

  • 満開の皇帝ダリア。

    11月24日皇帝ダリア、今年も満開です。朝日に照らされて、青空をバックに撮影。今年は暖かい日が続いているので、長持ちしています。昨年は、12月16日に霜に負けました。満開の皇帝ダリア。

  • すっかり開花。

    11月23日10月15日に漉き込んだ際、少しだけ残してあったクロタラリア。立派に花咲きました。黒っぽい、豆の鞘が育っています。漉き込んだ方も、しっかり分解された様子です。すっかり開花。

  • 屋内へ取り込みました。

    11月20日10月30日に掘ったサツマイモ。ハウスのなかで寝かせていました。今年は、本格的な寒さが来るのが遅かったので、今までハウスの中で置けましたが、そろそろ屋内に移さなきゃ。段ボール箱に入れて、家の中に入れました。屋内へ取り込みました。

  • 追加で種まき。

    11月20日10月25日に種まきを行ったエンドウ。(と、ほうれんそう)エンドウは、発芽不良なのか、それとも虫の食害か、カラスのいたずらか、育っていないところが目立ちます。同じ品種の種を買いなおしました。欠けているところに、追加で種まきです。追加で種まき。

  • 補植。合計150本でした。

    11月20日10月25日に定植したたまねぎ。こうしてみると順調そうですが、タネバエの被害や、ネキリムシの被害が多発。タネバエの被害株は、次々と枯れています。倒されたばかりの株発見。掘ってみたら、出てきました。ネキリムシ。欠株が多すぎて、来春の収穫が激減しそうなので、不本意ながら、ホームセンターで苗を買ってきました。たまたま見つけた苗が、ヒーローという品種。とりあえず、100本で足りるかと思いましたが、途中で足らなくなり、50本追加しました。そろそろ、寒さが本格的になりますが、しっかり根付いて欲しいです。補植。合計150本でした。

  • 初収穫。

    11月19日11月3日に薬散を行ったブロッコリー。葉の食害は収まった様子です。一番大きなものを、初収穫!写真にはありませんが、花蕾の中に虫が入り込んでいました。ヨトウムシ?茶色っぽい悪そうな奴でした。初収穫。

  • 初霜。

    11月17日朝、畑がうっすら白くなりました。発芽したばかりのライ麦、緑が濃くなってきました。最寄りの気象台では、最低気温が2.1℃。地表近くは、凍るほどの氷点下になったみたいですね。初霜。

  • ネギ苗の発芽。

    11月11日10月28日に種まきをしたネギ。手前2トレイが購入種、奥の1トレイが自家採種した種です。順調に発芽しています。ネギ苗の発芽。

  • そら豆の種。

    11月11日11月7日に種まきをしたそら豆。豆が水を吸って、割れてきました。発芽まであと少しかな?こちらが、種まき時の11月7日の写真。過去に、そら豆を上手に育てた経験がないので最近は敬遠していたけれど、種売り場で次男にせがまれて、買ってしまいました。セルトレイに土を詰めて、種が半分隠れるくらいに種まきしていました。そら豆の種。

  • ライ麦の発芽。

    11月9日11月2日に種まきしたライ麦。1年前の種だったので、発芽が心配でしたが、問題なく芽が出てきました。真夏の暑い期間にハウス内に放置した記憶があって、保存状態が悪かったので、心配していました。こちらが、出たばかりの芽です。ほんのり紫。小さなアスパラガスみたいですね。チンアナゴ?にょろにょろ?ライ麦の発芽。

  • たまねぎにたねばえの被害。

    11月7日10月25日に定植を行ったたまねぎ。おやおやおや…よく見ると、欠株多数。弱々しい苗を引き抜くと、腐っている感じ。腐った中からはうじ虫。たまねぎ種ばえの幼虫です。10月上旬のぼかし肥料の元肥が悪かったか!?被害が集中しているところもあります。たねばえは、腐った臭いにつられて寄って来るらしいので、未熟の肥料がダメなことはわかっていましたが・・・。3週間では追熟が足りなかったのかなぁ。来年以降の反省にしなければ。残しておいた予備苗は、50本ほど。これを植えても、欠穴には足りませんでした。たまねぎにたねばえの被害。

  • オクラの撤収。

    11月7日9月下旬にピークを迎え、10月上旬までは収獲を続けていましたが、涼しくなるにつれて収穫も減り、今ではこの姿。引き抜くと、簡単に抜けました。ネコブセンチュウの気配大!オクラ、撤収完了です。オクラの撤収。

  • 大根、初収穫。

    11月7日大根が丁度良い大きさに育ちました。種まきから生長の記録がありません。過去写真を探しても、見つからず。8月下旬だった気がしますが・・・。収穫に丁度良さそうな大きさです。抜いてみたら、良い感じでした。大根、初収穫。

  • 里芋、初収穫。

    11月7日9月28日に除草と土寄せを行った里芋。秋の深まりとともに、葉の色も悪くなり、生長もそろそろストップ。今季初収穫です。茎葉を落とし、四方からショベルを入れて、掘りだしました。軽く土を落とすと、子芋が沢山!何年も自家採種している土垂れです。この畑に馴染んだのか、良い芋が採れています。里芋の収穫は、このばらし作業に手間がかかります。2株分の芋たち。水洗いして、綺麗になりました。里芋、初収穫。

  • 皆既月食。

    11月8日天体ショー、皆既月食。帰宅時にはすでに、食のピークになっていました。家族そろって、庭でお月見をしていたので、長男に一眼レフを委ねたら、三脚を持ち出してきて、固定して撮影してくれました。ウサギに見えなくもないが・・・うちの一眼レフの望遠レンズでは、これが限界。でも、2014年に撮影した時はオートしか使えなかったが、今回はマニュアルで撮影しました。2018年の記事も見つけたけれど、それに比べると、撮影の技術があがってますね(笑)シャッタースピード(?)の調整で、後ろの星まで写るとは!皆既月食。

  • ネギの初収穫と土寄せ、種まき。

    11月7日9月18日に除草と土寄せを行ったネギ。前回の土寄せ後、大雨が降り、土がカチカチ。越谷黒一本太を初収穫。例年、春扇を育てていたので、越谷黒一本太は久々の栽培。皮を剥いたら「あれ?こんなに柔らかかった?」と言った感じで、下仁田ネギに近い感触の柔らかさでした。機械を使って土寄せです。土寄せ前、土寄せ後。時期的に、最後の土寄せになるかなぁ?10月28日に種まきした来年用のネギの苗。種まきが遅かったので、気温が低く、発芽に時間がかかっています。ようやく芽が出てきた感じです。ネギの初収穫と土寄せ、種まき。

  • 土浦の花火大会。

    11月5日3年ぶりに開催の土浦の花火。コロナ感染の影響で、2年お休みでした。その前の年と、さらにその前は、途中中断となり、実質5年ぶりの花火です。今までは10月開催だったけれど、今年から11月開催になりました。気温は下がりますが、風の勢いなど、気象条件が穏やかになることが理由みたいです。一眼レフの使い方も徐々に覚え、シャッタスピードをアナログにして撮影してみました。今年は、最後まで見ることが出来ました。土浦の花火大会。

  • ライ麦の種まき。

    11月2日土づくりの為、ライ麦を育てます。きゅうりと、かぼちゃと、スイカの跡地です。60㎝間隔で紐を張って、紐の上に足跡をつけて、足跡の窪みにライ麦の種をばらばらと筋蒔き。薄く土をかけて、出来上がりです。ライ麦の種まき。

  • ブロッコリーに薬剤散布。

    11月3日9月3日に定植を行ったブロッコリー。青虫が発生!有機の農薬を散布します。よく見ると、小さな蕾が。蕾の周りにも、アオムシの食害があります。犯人(虫)は、こいつらかな?ブロッコリーに薬剤散布。

  • 青梗菜と味美菜の定植。

    10月30日10月3日にセルトレイに種まきした青梗菜と味美菜。直まきすり暇がなく、セルトレイでした。10㎝間隔で定植。寒さが増す前に、収穫できるかな?それとも、青菜として収穫はできずに、春の菜の花になるか。青梗菜と味美菜の定植。

  • 芋掘り。

    10月30日10月9日に試し掘りを行いましたが、本格的な寒さがやってくる前に、掘ってしまいます。朝の最低気温が5度を下回るようになり、葉が赤っぽくなってきました。蔓を切って、(この作業が中腰で辛かった)マルチを剥がして、土を少し乾かして、土を乾かす間に、隣のきゅうり地帯を耕していました。良い感じの大きさの芋がたくさん採れました。一輪車で運んで、水洗い。綺麗になった後は、しばらく寝かして、箱詰めして屋内保存です。前回掘って、寝かしておいた芋を焼き芋にしてみました。熟成20日では、まだ短かった様子で、水分たっぷりの芋、甘みもイマイチでした。芋掘り。

  • ニンジンが荒らされた。

    10月28日今年は種まきが遅く、生長が遅めなニンジン。半月前に比べると、少しずつ大きくはなっていますが、寒さが増す前にどれだけ大きく育つか・・・心配です。倒されたニンジン発見。根元を探ると出てきました。カブラヤガの幼虫。抹殺!ニンジンが荒らされた。

  • きゅうりアーチの撤収。

    10月28日9月上旬まで収穫を続けていたアーチきゅうり。でもこの時期では、さすがにカラカラに乾いています。ネットを外して、支柱をばらして、マルチを剥がしました。この後は、耕して、ライ麦の種まきをしようかな。きゅうりアーチの撤収。

  • ネギの種まき。

    10月28日来年用のネギの種まきです。春扇の種、1袋当たり2.5mlしか入っていません。1穴2~3粒でまきました。種まき中に思い出しました。春に咲いたネギの花から採った種があったことを。ネギって、固定種?F1?試しに1トレイ、種まきしてみました。ネギの種まき。

  • しっかり芽が出ました。

    10月28日10月12日に萌芽が揃わないとお伝えしましたが、その後、揃って芽が出てくれました。良かった!嘉定種。このあたりは、混色の大根の種まきを忘れたみたいですね(笑)殆ど欠けることなく芽が出ています。大根の間引きをしなければ・・・。大ニンニクは、萌芽が遅めです。まだ完全ではありませんが、植え付けた穴からはほぼ萌芽を済ませた感じです。大きく育てるため、1穴飛ばしの千鳥植えです。しっかり芽が出ました。

  • エンドウの種まき。

    10月25日エンドウの種まきを行いました。今年も、エンドウとたまねぎは隣同士。支柱の関係上、隣がたまねぎだと都合が良いんです。たまねぎの定植の延長で、妻が手伝ってくれました。エンドウの隣には、今年も混植のほうれんそうを筋蒔き。エンドウは15㎝間隔で、1穴2粒。妻仕事。器用にほうれんそうの種を並べてくれました。エンドウの種まき。

  • 茎立ちの定植。

    10月25日9月18日にセルトレイへ種まきをした茎立ち。丁度植え頃。50㎝間隔で定植しました。ネキリムシに注意。茎立ちの定植。

  • たまねぎの定植。

    10月25日たまねぎの定植を行いました。10月9日に元肥をまいて、耕してあった場所に銀ネズマルチを張りました。マルチの穴に土を乗せて、指で穴をかけて、セルトレイから抜いた苗を、田植え形式で植え付けました。たまたま、休みの重なった妻がお手伝いしてくれました。1+1は3になるように、効率の良い作業でした。約700本の苗を、約40分で定植完了!たまねぎの定植。

  • 鉄道開業150周年記念JR東日本パス。

    10月21日~23日鉄道開業150周年記念JR東日本パスのニュースを見た長男。「行きたい!」とのことで、弾丸ツアー!京都の出張が決まる前から、この切符利用を決めており、日程的に京都の出張はパスしたかったなぁ・・・。3日間有効で、JR東日本等の新幹線を含めた列車が乗り放題。3日間を有効に使おうとのことで、金曜日に仕事を終えて速攻で列車旅です。中学2年の長男と、4歳(親の付き添いで無料)を引き連れての男3人旅です。初日は、上野から山形へ。山形新幹線つばさに乗車しました。22時過ぎに山形について、ホテルに一泊。翌朝、6時半にチェックアウトして、仙山線で仙台へ。仙台で途中下車して、駅を眺めて、9:05のはやぶさで新青森を目指します。大混雑の車内。新幹線内、次男は膝の上でした。新青森に到着後、パスの適用外だが、フェ...鉄道開業150周年記念JR東日本パス。

  • そろそろ植え頃。

    10月21日定植の準備は進んでいますが、暇が・・・。苗もしっかり育ちました。朝日に照らされています。いつでも植えて良いよー、と言った感じの苗。セルトレイがそろそろ窮屈になってきました。そろそろ植え頃。

  • 出張、京都。

    10月20日本職の出張で、京都まで来ました。昨年の3月に家族旅行で来て以来の京都。出張でも、昨年の3月に来ていますが(笑)秋の京都は初めてです。青空と京都タワー。仕事後、新幹線の時間まで2時間ほど余裕があったので、京都タワーに登ってみました。清水寺までは、時間的に行くことができなかったので、双眼鏡で覗いて、お参り。にしんそばを食べて、帰りの新幹線からは富士山を眺めて。良い出張でした。出張、京都。

  • 秋じゃがに土寄せ。

    10月15日9月3日に定植をした秋じゃがのデジマ。定植時及び、生長途中の記事が抜けていますが、急に土寄せになりました。よく見ると、花芽が出ています。秋じゃがに土寄せ。

  • クロタラリアを漉き込む。

    10月15日10月9日に刻んだクロタラリア。程よく乾いて、小さくなりました。耕して、漉き込みます。春までに何度か耕して、分解を促します。来年はきゅうりを育てようかな。クロタラリアを漉き込む。

  • 今年は萌芽がそろわない・・・。

    10月12日9月23日に植え付けを行ったニンニク。植え付け直後に、強い雨が降って、土が固められてしまったためか、萌芽が揃っていません。出たばかりのところや、まだ芽が出てこないところもあります。例年は、一気にそろって萌芽した嘉定種。ちょっと心配です。今年は萌芽がそろわない・・・。

  • たまねぎの定植準備。

    10月9日たまねぎの苗の育苗中ですが、定植予定地に元肥をまいて、耕して土づくり。ネギと里芋の間がたまねぎ予定地です。たまねぎの苗は、良い感じに生長中。たまねぎの定植準備。

  • クロタラリアを刻む。

    10月9日花芽が発生したクロタラリア。日に日に開花しています。第1弾は、刻まずに無理やりロータリーで耕しましたが、絡んでしまうもの多数だったので、今回はしっかり刻んでから漉き込みます。刻み途中・・・。先は長い。途中から、長男がお手伝いしてくれました。写真右側に、隣の畑との障壁を残して、刻み完了!漉き込みは、少し乾いてからの後日にします。障壁部分です。どれくらい花が咲くか、寒さには強いのか、実験です。クロタラリアを刻む。

  • サツマイモの試し掘り。

    10月9日9月15日に蔓返しを行ったサツマイモ。試しに数株、掘ってみます。蔓を切って、マルチを剥がして、数時間置いて土を乾かしてから芋掘りです。次男がワクワクしながら、引き抜きました。翌週、保育園で芋ほりを行い予定なので、その練習として数株、掘ってもらいました。植え付けが6月13日だったので、約4か月。小ぶりの芋が多かったです。一輪車で運んで、水洗いしたら、綺麗なサツマイモになりました。ベニハルカは、寝かすととっても甘くなります。サツマイモの試し掘り。

  • モロヘイヤを撤去。

    10月9日9月中旬までは収穫していましたが、花芽が増えてからは放置していました。根こそぎ抜いて、撤去。しばらく乾かして、冬になったら燃やしましょう。モロヘイヤを撤去。

  • 筋が緑に見えるようになったニンジン。

    10月6日9月28日に中耕、土寄せを行ったニンジン。筋蒔きの。筋が緑に見える様になりました。種まきから約1か月半。まだまだ頼りなさそうな大きさの苗です。筋が緑に見えるようになったニンジン。

  • 芝刈り。

    10月5日3月30日に張った芝生。間のコンクリート土間は、昨年12月に作っていました。目地が埋まり、綺麗になっています。過去に何度か芝刈りを行いましたが、2ヶ月ほど放置してしまいました。うーん、伸び放題。芝刈り機が、絡んで刈りづらかったです。刈り高を長めに調整してから、芝刈りしました。手押しリール式の芝刈り機。芝刈り完了。鋏を使って、際もしっかり切りました。ちょっと長めですが、見た目すっきり綺麗な芝生になりました。芝刈り。

  • クロタラリアに花が・・・。

    10月6日7月29日に種まきをしたクロタラリア第2弾。タイミングを逃して、すっかり花が咲く始めています。花芽が見え始めるまえくらいが、柔らかくて漉き込みに適しているはずだったのですが・・・。マメ科の植物なので、花も特徴的な形です。漉き込む前に、刈払機で刻む必要がありそうですね。クロタラリアに花が・・・。

  • 一気に生長、たまねぎ苗。

    10月4日9月22日から外気で日光浴をさせていたたまねぎの苗。朝日に照らされてキラキラ輝いています。しっかりした苗になってきました。定植まであと3週間ほどです。一気に生長、たまねぎ苗。

  • 里芋の除草、土寄せ。

    9月28日7月の除草後、無手入れだったため、再び雑草が覆っています。根元までびっしり。一輪車5杯分くらいの雑草を抜いて、運びました。草を抜いた後は、畝方を耕して、足を使って土寄せしました。土寄せ完了。いつ、試し採りしようかな?里芋の除草、土寄せ。

  • ニンジンの除草、中耕、土寄せ。

    9月28日種まきからちょうど1か月。ニンジンは、初期生長が遅いですね。どれがニンジンの芽で、どれが雑草だか、わかりません。慎重に見極めながら、草抜き。草を抜いた後は、ねじり鎌で、列間を中耕。1か月で、この大きさかぁ・・・。先は長い!5列、筋まきしましたが、まだ緑の筋が見えませんねぇ。ニンジンの除草、中耕、土寄せ。

  • 茎立ちの発芽。

    9月23日9月18日に種まきを行った茎立ち。発芽しています。茎立ちの発芽。

  • たまねぎ苗を外気に晒します。

    9月22日9月14日に発芽をお伝えしたたまねぎ。ハウスの中から、外に出しました。外気に晒して、日光浴。徒長予防も兼ねています。ひょろひょろしています。しっかりした苗になーれ。たまねぎ苗を外気に晒します。

  • ニンニクの植え付け。

    9月23日ニンニクの植え付けです。比較実験で、ほぼ透明の銀ネズマルチと、光を遮る黒マルチを用意しました。写真奥が銀ネズ、手前が黒です。暖地系の嘉定種。ジャンボニンニクは、実家の母から、黒ニンニク用としてのリクエストです。マルチの穴にあわせて、指で掴んで押し込みます。ニンニク2個ほどの深さを目安。中央の列は、大根の混植です。中学2年生の長男と、実家の父が手伝いに来てくれました。土を被せて、完成です。ニンニクの植え付け。

  • オクラがピーク。

    9月19日9月7日に収穫を開始した、遅まきのオクラ。2日後には、収穫量が増えてきましたが、その後の生長で一気に大きくなりました。自分の背丈を超えました。密植しているからか、徒長気味かな。花盛り。中1日での収穫量。68本採れました。オクラがピーク。

  • ネギの除草、追肥、土寄せ。

    9月18日9月11日に刈払機で草刈りを行ったネギ。株元の雑草が残っていたので、しっかり手作業で除草です。ネギの株元にはびこる雑草。一輪車を進めながら手で抜きました。3列の除草が終わり、春に仕込んだぼかし肥料をまいて、追肥と土寄せを行います。平面だったネギの畝が、立体になりました。涼しくなって、ネギの生長も再開する時期。株元にしっかり土寄せしました。ネギの除草、追肥、土寄せ。

  • 茎立ちの種まき。

    9月18日翌日に4歳の誕生日を控えた次男。最近は、手先が器用になってきました。お手伝いしたいとのことで、一緒に種まき。6月に採種した種をまきました。「1穴、2粒ね」と声掛けをしながら種まきでしたが、穴を飛ばし飛ばしまくものだから、土の穴に入れて、土の穴に入れていないのかわからなくなってしまいました(笑)「あれ?ここ入ったっけ」よーく見ながら頑張りました。茎立ちの種まき。

  • ミョウガはいつが旬?

    9月17日7月下旬に初収穫をしましたが、盛夏には終了が減り、涼しくなってきて再び、みょうがっ子が出てきた様子。しかも、数が多め。ミョウガの旬は、今頃なのかな?上にオシロイバナが覆いかぶさっていたためか、綺麗な発色です。ミョウガはいつが旬?

  • 定植準備。

    9月16日8月5日に1回目の漉き込みを行い、8月24日に2回目の漉き込みを行ったクロタラリア。分解が進んでいる様子です。春に仕込んだぼかし肥料をまいて、耕しました。残渣がロータリーに絡むことなく、スムーズでした。次作はニンニクを予定しています。定植準備。

  • 地這いきゅうりvsカラス。

    9月16日8月3日に定植した地這いきゅうり。暑さ等で、半分以上枯れました。ようやく実ったと思ったら、カラスに突かれました。隣の畑の落花生を狙ってきているカラスの集団。その数30羽ほどが、毎朝電線に止まっています。落花生を盗んで、うちの畑に入ってきて食べて、ついでにきゅうりをいたずらした感じです。地這いきゅうりvsカラス。

  • サツマイモの蔓返し。

    9月15日前回の紹介から1か月半。両肩に蔓が生い茂っています。芋が太る時期なので、蔓返しを行いました。伸びたツルが、途中の土と接したところで根を伸ばすと、そこに新しい芋が発生してその先の葉から運ばれる栄養がその新しい芋に回ってしまうため、元々の芋に栄養が不足してしまうことを予防する作業です。蔓を剥がしていると、見つけました。小さな小さな芋。とりあえず、蔓を剥がして畝の上に整理して、畝脇の雑草を刈払機で綺麗にしました。あとは、芋掘りまでそのままで大丈夫のはず。サツマイモの蔓返し。

  • たまねぎの発芽。

    9月14日9月8日に種まきを行ったたまねぎ。種まきから5日目の9月12日までは、重ねて乾燥防止していました。12日に平置きしてから3日目。揃って発芽です。たまねぎの発芽。

  • 刈払機作業。

    9月15日ナスとピーマンの畝間が草だらけ・・・。おさぼりの影響です(笑)刈払機で草刈りしました。マルチの際の雑草を狩る際に、マルチを切ってしまったところもありますが、撤収時に影響がでるかどうか。刈払機作業。

  • ミニトマトはもう駄目そう。

    9月14日ソバージュ栽培のミニトマト、8月下旬までは好調でしたが、その後の降雨で一気にお終いに。悲しいかな、夏の終わりを感じます。ミニトマトはもう駄目そう。

  • オクラの収穫。

    9月11日9月7日に下の方の葉を落としたオクラ。7月13日に種まきをしてから間もなく2ヶ月。徒長気味なので、しゃがんでオクラの森の中で作業です(笑)葉がチクチク痒くなるので、長袖必須。立派なオクラを収穫。大きすぎそうですが、柔らかかったです。初採りは自家消費。間もなく4歳になる次男が喜んで食べました。オクラの収穫。

  • ネギの間の草刈り。

    9月11日7月20日に除草を行って以来、放置してしまっていました。綺麗に除草しておいたのに、こんなに・・・。刈払機でほかの場所を草刈りしたついでに、ネギの畝間も草刈りです。畝間の雑草はすっきりしましたが、株元の雑草はとり切れていません。時間を見つけて、手で抜かなければ。そろそろ土寄せのタイミングですね。何年か前、土寄せをさぼったら、台風の強風で倒されてしまったことがあったので、秋の台風シーズンはこまめに土寄せしなければ・・・。ネギの間の草刈り。

  • たまねぎの種まき。

    9月8日たまねぎの種まきを行います。昨年とほぼ同時期での種まき。今年は、中晩生のあまがし2号、1品種に絞りました。昨年は、早生種を育てましたが、例年、早生種はうちの畑には合わないみたいで、今年は断念。妻が手伝ってくれました。が、条件は、自宅の敷地内で・・・とのことで、南側のウッドデッキにトレイを運んでの種まきでした。1穴1粒ずつ、1トレイ200穴のを、全部で6トレイ種まきしました。しっかりみずやりしてから、トレイを重ねて乾燥防止とし、5日目で平置きにする予定です。たまねぎの種まき。

  • オクラの下葉、処理。

    9月7日9月1日に花芽をお伝えしたオクラの第2弾。下葉の処理を行います。潜って、下の方の葉を切り落としました。途中、ちらほら開花しているものを発見。実もつき始めています。曲がりものばかりでしたが、初収穫です。オクラの下葉、処理。

  • 保護しておいたスイカ、収穫。

    9月7日9月1日に獣の被害をお伝えしまいたが、その際に襲われなかった、籠で保護しておいた小玉スイカです。籠を外しました。収穫の目安は、蔓の根元の巻きひげ。付け根の巻きひげは・・・枯れています。ということは、きっと熟しているはず。切るのが楽しみです。保護しておいたスイカ、収穫。

  • 久々にまっすぐのきゅうり。

    9月7日こちらは、7月21日に定植した第4弾。暑さで半分くらい負けました。隣のスイカ・かぼちゃが草だらけ・・・。久々に、まっすぐの、美味しそうなきゅうりが生りました。こちらは、第3弾きゅうり。曲がり・凸凹。凸凹は空洞果で味はイマイチです。中1日での収穫です。少ない量で、寂しいですね。夏も終わりです。久々にまっすぐのきゅうり。

  • 切り戻したモロヘイヤ、復活。

    9月5日8月21日に切り戻しを行ったモロヘイヤ。約半月でここまで復活。新しく伸びた芽には、花芽もなく、美味しそうです。切り戻したモロヘイヤ、復活。

  • ブロッコリーとキャベツを定植。

    9月3日7月26日に種まきをしたブロッコリーとキャベツの苗。ちょっと植え時を過ぎてしまいましたが、まだ大丈夫そう。夢ひびきの発芽率が低く、苗数が足らなくなってしまいましたが、50㎝間隔で定植です。しっかり根付いてくださいな。ブロッコリーとキャベツを定植。

  • オクラ、第2弾の花芽。

    9月1日お盆過ぎには、膝丈ほどの大きさでしたが、胸の高さまで一気に生長しました。オクラの茂みの中を覗くと、葉の付け根に花芽を発見。オクラ、第2弾の花芽。

  • 第2弾、そろそろ収穫だったのに・・。

    9月1日8月中旬に結実をお伝えした小玉スイカの第2弾。やられました。地上からの獣の仕業かな?奥に見える、緑の籠を被ったものはどうにか助かりました。すごい食べっぷり・・・。アライグマかな?第2弾、そろそろ収穫だったのに・・。

  • ニンジンの種まき、やり直し。

    8月29日8月3日にニンジンの発芽をお伝えしましたが、その後の発芽数は少なく、まばらな状態となり、リセットしました。なので、まき直しです。夏休み終盤の長男がお手伝いしてくれました。耕したところを、レーキで均し作業。溝を作って、種まきしました。間引きの手間を省くため、5㎝くらい間隔で種まきです。ニンジンの種まき、やり直し。

  • 今年は調子がいい。

    8月26日例年、お盆過ぎには、収穫量が減ることが多くありましたが、今年は順調に収穫できています。適度な降雨はあり、ある程度裂果するものもありますが、全滅するほどではなく、程よく収穫が続いています。キャロルロゼを中心に、一通り収穫しました。今年は調子がいい。

  • 2度目の耕運と第2弾の生長。

    8月24日8月5日に漉き込みを行ったクロタラリア第1弾。漉き込まれなかったものが少々残っています。雑草もちらほら。2度目の耕運を行います。残渣の分解がまだ進んでいない様子で、ロータリーに絡みました。1畝進んでは、絡んだ残渣を外して、の繰り返し。2度目の耕運を行いました。次作は、ニンニクを予定していますが、植え付けまでに分解が進むか・・・。これからのお湿りにかかっていそう。7月29日に種まきした第2弾は、ムラがありますが、どうにか育っています。2度目の耕運と第2弾の生長。

  • モロヘイヤを切り戻し。

    8月21日モロヘイヤの一部で、花芽を持ってきたので、南側の一部を思い切って切り戻ししてみました。南側手前が、第2弾です。7月中旬から収穫をしていました。北側が、6月下旬から収穫をしている第1弾。花芽のないところを選んで収穫します。こちらも、収穫後、適宜切り戻しをして、花芽を除去していく予定です。モロヘイヤを切り戻し。

  • ズッキーニが採れた。

    8月23日初期に収穫した後は、未受粉なのか、実が大きくならずに腐ってしまうものが多くありましたが、樹自体は、ニョキニョキと伸び続けていました。採り頃の実を発見。よく見たら、採り頃すぎの巨大果実もありました。ズッキーニが採れた。

  • 草刈り。

    8月21日家の裏、名義上は市道になるんですが、通る人は誰もおらず・・・。草が伸びるばかりです。メリキム機で除草作業。すっきりしました。草刈り。

  • ビニールハウスの仕上げ。

    8月19日8月17日に張り替え作業を行った続きです。天井をハウスバンドで留めて、これで、強風が吹いても、きっと耐えてくれるはず。サイドの換気窓もハウスバンドで留めました。仕上げに、天井の上には、遮光ネットを張ります。以前は、中に遮光ネットを設置していましたが、今回は大きめのネットを外に掛けてみます。遮光ネットのお陰で、ハウス内が随分涼しく感じました。ビニールハウスの仕上げ。

  • モロヘイヤの花。

    8月19日モロヘイヤが、気づいたら自分の背丈を越しました。害虫はあの後、見ていません。害虫は見ていませんが、見たくないものが見えてしまいました。花です。短日植物であるモロヘイヤ。夏が終わりに近づくと、花芽をつける性質があります。花や種には毒があると言われているので、花が咲きたものは、処分しています。花芽のない、若いところを選んで収穫。モロヘイヤの花。

  • ミニトマト、中2日での収穫量。

    8月19日8月13日に、台風に備えて誘引をしていましたが、台風の被害はほとんどありませんでした。中2日での収穫です。こちらは、イエローミミ。イエローミミは、甘みがあって人気です。こちらは、プレミアムルビー。本日の収穫は、約3㎏。小分けにして、行ってらっしゃい。ミニトマト、中2日での収穫量。

  • 地這いきゅうり、植えなおし。

    8月19日8月2日に定植した際に残った苗。水を切らさないようにしていましたが、葉が黄色っぽくなってきています。潅水チューブで水やりをして、枯れない様に頑張っていましたが、強めの南風が数日間吹いて、風に負けて枯れてしまったものが半分くらいあります。カリカリに枯れています(涙)老化気味ですが、8月2日の植え残り苗を定植しました。今頃の時期に定植して、どこまで育つかどうかわかりませんが、とにかく、頑張れ!地這いきゅうり、植えなおし。

  • オクラ、第2弾の生長。

    8月19日10日前には、葉の影に下のマルチが見えていましたが、一気に葉が茂って、見えなくなりました。そろそろ、蕾が着くころかな蕾はありましたが、まだ小さめ。開花までもう数日かかりそう。7月上旬から収穫を続けている株は、くたびれ気味?花が咲いていますし、実もついていますが、なんだか、収穫量が少ない感じです。よく見ると、落果している様子。葉の付け根に1個ずつ花が咲いて実が着くはずなのに、花が咲いても実が着かずに落果してしまっているところが多くあります。中2日での収穫は、わずか数本でした。後から種まきした株からの収穫が始まらないかな?オクラ、第2弾の生長。

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、やしまファームさんをフォローしませんか?

ハンドル名
やしまファームさん
ブログタイトル
やしまファーム
フォロー
やしまファーム

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用